ニュース

店舗テイクアウトでも、ECでも使えるスマホ決済アプリ「PayPay」と業界初のリアルタイム交換を開始。

2020.04.21

株式会社リアルワールド(代表取締役社長:菊池 誠晃、本社:東京都渋谷区、東証マザーズ: 証券コード 3691 以下「当社」)および、子会社である株式会社REAL FINTECH(代表取締役社長:巣山 貴裕、本社:東京都渋谷区)が運営する「RealPay(リアルペイ)」にて、インターネットサービス、コンビニや飲食店など全国200万カ所以上※1にて利用可能な、「PayPay(ペイペイ)」を交換先として新たに追加いたしました。今回交換先に追加したPayPayは、これまで毎月お得なキャンペーンを実施しており、また、昨今新型コロナウイルスの影響が拡大する中で、ネットショッピングや飲食店でのテイクアウトシーンでも利用可能です。RealPayは、ライフスタイルに応じた各種交換先の拡充を今後も更に進めてまいります。

 
 
logo
 

■国が推進するキャッシュレス、市場はますます拡大

バーコードやQRコードを利用したスマホ決済市場は、2025年にはおよそ9.7兆円の市場規模に達すると予測されるなど、今後も更なる拡大が見込まれています。※2
2018年に経済産業省がキャッシュレス決済比率を2025年までに40%にするという目標を発表、日本国内におけるキャッシュレス決済の浸透に向け、金融庁が推進する、キャッシュレス決済の支払いにおけるポイント還元を受けられる施策は2020年6月末まで継続予定となっています。過去、PayPayで実施した100億円規模のキャンペーンの際は、利用者数がキャンペーン前後で比較すると急増するなど、各社電子決済サービスが行ってきたキャンペーンの影響で、今まで利用していなかった多くの方がキャッシュレスに関心を持ち利用を開始するなど、今後もまだまだ市場の成長が見込まれると考えられます。※3

 

■「PayPay」のサービスとお得なキャンペーン

PayPayは、アプリをインストールし必要情報の登録とチャージをするだけで、スマホひとつで簡単・スマートにお支払いができる電子決済サービスです。コンビニ、ドラッグストア、飲食店など全国200万カ所以上※1で利用できる他、インターネットサービスや公共料金などの請求書払いにも対応しています。また、PayPayでは2020年4月1日から4月30日まで、以下キャンペーンを実施しております。

 

1:消費者還元事業の5%還元対象の店舗で、PayPay残高でお支払いをするとPayPay残高が最大10%戻ってくる

キャンペーン詳細:https://paypay.ne.jp/event/meti-20200401/

campaign
 

4月からの新生活で必要な物を購入するなど生活に必要な機会でご活用いただけます。

 

■RealPayの活用、PayPayの交換について

今回交換先として追加された「PayPay」はRealPayからほぼリアルタイムでの交換が可能です。通常時でも最大1.5%、キャンペーンも多く行っているPayPayでは、PayPay公式ストアやPayPayモールなど、オンラインショップでの利用だけでなく「送る・受け取る」、「わりかん」など多数の機能があり、ただの決済にとどまらない利便性の高いサービスです。

 

交換予定日 リアルタイム
交換可能R 1,000R~(100円~)
交換手数料 交換金額の5%

■RealPayhttps://realpay.jp/

新しい時代の報酬提供インフラ。ポイント交換先として、口座不要で現金を受け取れる「セブン銀行」や、モバイル送金・電子決済サービスの「LINE Pay」など、多種多様な交換先を保有。キャッシュレス社会に向けた報酬提供インフラを目指しています。外部からの流入報酬額は前期比280%成長。また、キャッシュレス区分の交換金額も前期比から680%増加。RealPayは今後も報酬の受け取り方法を一層拡充し、キャッシュレス社会に向けた報酬提供インフラとなることを目指し続けます。

 
graph
 

※1 店舗やタクシーなど、PayPayへの加盟契約申込数です。

※2 インフキュリオン「2025年のキャッシュレス決済市場は128兆円を突破。QRコード/バーコード決済市場は9.7兆円規模と予測」より

※3 Forbes JAPAN「100億円キャンペーン」はどれくらい効果があったのか? PayPayの利用動向を調査会社が発表

 

【取材に関するお問い合わせ先】

株式会社リアルワールド PR担当 佐藤

TEL:03-5465-0690 Email:pr@realworld.jp

  • ツイート
  • facebook いいね