30代におすすめのクレジットカード4選|男女別の選び方も解説!

30代になって新しくクレジットカードを持ちたいという方も多いのではないでしょうか?

これまで現金払いだった人も、クレジットカードを利用していた人も、30代になると会計をスマートに済ませるために、ステータス性の高いカードを持ちたいという人も多いです。

しかし、クレジットカードの種類は豊富すぎるほどあるため、どのカードが30代におすすめなのかわからず迷ってしまうことも考えられます。

今回は、30代におすすめのクレジットカード選び方などのポイントについて、詳しく解説していきます。

30代男女におすすめのクレジットカード徹底比較!

JCBカードW
三井住友カード
(NL)
ライフカード
エポスカード
VIASOカード
JCBカードW
三井住友カード(NL)
ライフカード エンボスレス
VIASOカード
年会費
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
還元率
1.0%〜5.5%
0.5%〜5.0%
0.5%〜1.5%
0.5%~
0.5%〜12.5%
発行
最短3営業日
最短5分
最短3営業日
最短即日
最短翌営業日
国際ブランド
JCB
VISA
Mastercard
VISA
Mastercard
JCB
VISA
Mastercard
特典
キャンペーン
Amazon利用分20%(最大10,000円)プレゼント!
最大8,000円相当プレゼント
最大10,000円相当プレゼント
2,000円相当
プレゼント
最大10,000円
キャッシュバック
申込対象
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く
18歳以上

1JCB CARD W

JCBカードW

JCB CARD Wの特徴

特徴1WEB入会限定のクレジットカード

特徴2年会費永年無料いつでもポイント2倍

特徴3JCBオリジナルシリーズパートナーでポイント最大10倍

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
即日発行 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 審査可能年齢
無料 1.00% 2年間 × 最高100万円(海外) 18歳〜39歳

特徴1WEB入会限定のクレジットカード

JCB カード WはWEB入会限定のクレジットカードです。申し込み年齢は18歳〜39歳。条件を満たしている方であれば公式ページからいつでも申し込めます。

「JCB カード W」申し込みの流れ
  1. 公式ページからインターネット入会申込
  2. インターネットで口座設定
  3. 入会審査・カード発行
  4. 郵送でカード受け取り

オンライン口座設定には、インターネットバンキング契約カード、キャッシュカード、預金通帳などが必要です

JCB カード Wの年会費は永年無料です。入会・所持ともにコストは一切かかりません。39歳までにカードを発行すれば、40歳以降も年会費無料のまま継続できます。

特徴2ポイントは常に2倍!高いポイント還元率

JCB カード Wは、JCB一般カードと比較してポイントがいつでも2倍です。基本ポイント還元率は1.00%と高水準。メインカードとしておすすめです。

一般的に還元率が1.00%を超えるクレジットカードは高還元率カードと呼ばれています。大半のクレジットカードの還元率は0.50%程度です。平均的なカードの2倍の速さでポイントが貯まるのは大きな魅力と言えます。

年間100万円カード決済する場合、還元率0.5%と1.00%では獲得ポイントに5,000ptも差が出ますよ。

特徴3JCBオリジナルシリーズパートナーでお得!

JCB カード Wは、JCBオリジナルシリーズパートナー(優待加盟店)の利用でポイント獲得倍率が大幅にアップします。JCBオリジナルシリーズパートナーには、50を超える店舗が加盟しています。

JCBカードオリジナルシリーズパートナー(一例)
  • スターバックス(10倍)
  • セブンイレブン(3倍)
  • Amazon(3倍)
  • 高島屋(3倍)
  • モスバーガー(2倍)
  • 洋服の青山(2倍)
  • U-NEXT(2倍)

ポイント獲得にはポイントアップ登録を行う必要がある店舗があります。詳細は公式ページで確認してください

JCB カード Wなら、人気のお店で最大10倍のポイント獲得が可能です。JCBオリジナルシリーズパートナーの店舗で決済すれば、還元率は最高5.5%まで上昇します。

2三井住友カード(NL)

三井住友ナンバーレスカード

三井住友カード(NL)がおすすめな理由

理由1年会費永年無料最短5分で発行

理由2自身で選択したお店3店が常時+0.5%ポイント還元

理由3電子マネー、タッチ決済にも対応!

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
旅行保険 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 審査可能年齢

永年無料 最大5% ~24ヶ月

海外:最高2,000万円※1

満18歳以上(高校生除く)

※1 事前に旅費などを当該カードでクレジット決済することが前提

ポイント1年会費永年無料、最短5分で発行!

三井住友カード(NL)は、条件なしで年会費がずっと無料

所持していることでコストがかかることが一切ありません。

また、インターネットからの申込み後たったの5分でカードが発行されるので、すぐにクレジットカードが必要な方やクレジットカードを作りそびれていた方には特におすすめの1枚です。

ポイント2自身で選択したお店3店が常時+0.5%ポイント還元

  1. セブンイレブン
  2. ローソン
  3. マクドナルド

三井住友カード(NL)を利用すると、通常ポイントに加えて利用金額200円につき2%ポイントが還元されます。

さらに、Visaのタッチ決済またはMastercardコンタクトレスを利用して支払うと、通常のポイント還元0.5%に加えて2.5%、さらに2.5%のポイントが還元されます!

つまり、通常のポイント0.5%から考えると10倍になるためお得感がかなりありますね。

ポイント3電子マネー、タッチ決済にも対応!

三井住友カード(NL)では、以下の電子マネーが利用できます。

  • iD
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • TiTaPa
  • WAON

電子マネーは専用の端末にタッチするだけでサインレスで決済が完了することから、利便性も高く手軽なため近年重宝されている方も多いのではないでしょうか。

利用金額によってはサインや暗証番号が必要となるケースもありますが、利用金額が少ない場合は暗証番号の入力も不要なケースもあり大変スムーズです。

出典:公式サイト

3ライフカード

ライフカード エンボスレス

ライフカードがおすすめな理由

理由1年会費永年無料

理由2不正利用への補償付き

理由3お得にポイントが貯まる

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
ポイントの使い道 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 申込条件
無料 0.5% 最大5年間 Vプリカギフトなど × 日本国内在住の18歳以上(高校生除く)で、電話連絡が可能な方

ポイント1年会費無料

ライフカードの年会費は無料です。初年度だけでなく、次年度以降も永年無料なので安心して使うことができます。またはじめてカードを持つ人にとっても使いやすいため、おすすめです。

さらに、ライフカードは家族カードの年会費も永年無料です。家族カードを発行し家計での支出をライフカード に集約すれば、より効率的にポイントを貯められるでしょう。

ポイント2不正利用への保証付き

もしもライフカードを紛失したり盗難にあい、不正利用された場合は損害保証が付きます。

ライフカードに登録した時点で、自動でついてくる会員保証制度となっていますので、盗難・紛失等ありましたらすみやかに連絡するようにしましょう。

ポイント3お得にポイントが貯まるシステム

ライフカードにはお得にポイントが貯まるシステムが充実しています。

ライフカード のポイントプログラムの例
  • 初年度はポイント1.5倍付与
  • 誕生月のショッピングはポイント3倍
  • 年間50万円以上の利用で300ポイントが付与&次年度の基本ポイントが1.5倍

年間200万円以上使う人は、次年度は基本ポイントが2倍となるため、よく使うほどお得にポイントを貯めることが可能です。

ポイント4入会キャンペーンがお得

ライフカード では新規入会プログラムを常時開催しています。お規入会&カード利用に応じて最大10,000円相当のポイント(2,000ポイント)を獲得可能です。

ライフカード新規入会プログラムの内容
  • カード発行で1,000円相当(200ポイント)
  • カードショッピング利用で最大6,000円相当(1,200ポイント)
  • 家族もしくわ友達の紹介で3,000円相当(600ポイント)

※本プログラムは2020年12月25日現在の内容です。予告なく終了することがあるので公式サイトより最新情報を確認してください

ライフカード は年会費永年無料です。カード発行で1,000円相当のポイントがもらえるため、発行するだけでプラスになる1枚といえます。また、ポイントの有効期限は最長5年間。ポイントがすぐに失効する心配もありません。

4エポスカード

エポスカードエポスカードがおすすめな理由

理由1マルイの割引・全国1万店舗での優待特典

理由2海外旅行保険が自動付帯

理由3年会費無料でゴールドカードが発行できる

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
ポイント
の使い道
無料 通常0.50%
最大15%
2年間 マルイ割引
・プリペイド移行
・ネット通販割引
・商品券、ギフト券
・他社ポイント移行
・グッズ交換
・寄付
・年会費支払い
旅行保険 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 申込条件
海外500万円 - 無料 -

18歳以上
(高校生を除く)

※たまるマーケット利用時

ポイント1マルイの割引・全国1万店舗での優待特典

エポスカードは、特典が充実したクレジットカードです。

エポスカードには、全国10,000以上の店舗の優待割引が付帯しています。対象の居酒屋、アミューズメントパーク、スパなどで割引やポイントアップが受けられます。

中でも注目の特典は、マルイでの割引です。

 年4回実施される、会員限定「マルコとマルオの7日間」では、マルイの買い物代金が10%OFFとなります。

割引適用に回数制限は一切ありません。年に数回でもマルイを利用する方は、持っておいて損は無い1枚です。

ポイント2海外旅行保険が自動付帯

エポスカードには、海外旅行保険が自動付帯してきます。

自動付帯とは
クレジットカードを所有しているだけで保険が適用される仕組みのことです。

エポスカードには、最高500万円の海外旅行保険が自動付帯。カードを所有しているだけで、もしもの時に保険金が受け取れます。

エポスカードは、旅行保険代わりにも最適。ぜひ海外旅行に持っていきたいクレジットカードです。

ポイント3年会費無料でゴールドカードが発行できる

エポスカードは、カードの利用実績に応じてゴールドカードの招待状が届きます。エポスゴールドカードには、以下のようにメリットが多数あります。

EPOSゴールドカードのメリット
  • 国内空港ラウンジが無料利用
  • 年間10,000ptのボーナスポイント付与
  • 3ショップまでポイント3倍
  • 年間100万円カード利用でポイント還元率実質1.50%
  • ポイント有効期限なし

エポスゴールドカードの年会費は通常税込5,000円です。

 しかし、エポスカードから招待状が届けば年会費は永年無料です。

招待状を受け取るには、年間50万円以上のエポスカード利用が条件です。エポスカードを毎月4〜5万円程度利用し、ゴールドカードの無料発行を狙うのも良いでしょう。

5三菱UFJカードVIASOカード

VIASOカード

三菱UFJカードVIASOカードがおすすめな理由

理由1年会費永年無料

理由2自動でポイントをキャッシュバックしてくれる

理由3ショッピング保険・海外旅行保険付き

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
旅行保険 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 申込条件


無料 0.50% 1年間

海外:最高2,000万円

年間最高100万円まで補償

18歳以上で安定した収入のある方

または18歳以上で学生の方(高校生を除く)

ポイント1年会費永久無料

三菱UFJカードVIASOカードは年会費が永久に無料となっています。カード会社によっては2年目から有料になることもありますが、三菱UFJカードVIASOカードはずっと無料です。

また無料にあたってクリアしなくてはいけない条件もありませんので安心してください。

ポイント2オートキャッシュバックで手間いらず!

三菱UFJカードVIASOカードはオートキャッシュバックといってポイントが貯まると自動でキャッシュバックを行ってくれるため、ポイントの有効期限が切れてしまったりポイントを使い忘れるという心配がありません。

VIASOカードポイントは、1,000円で5ポイント付与されます。ポイントの有効期限は1年です。

ポイント3海外旅行損害保険がついている

三菱UFJカードVIASOカードには海外旅行傷害保険がついています。障害による死亡や後遺症に対して最大2,000万円、傷害や疾病の治療費は最大100万円を限度としており、海外旅行に頻繁に行く人におすすめのカードです。

またこの保険を使うための面倒な手続きはありません。

あらかじめ三菱UFJカードVIASOカードで旅行代金(事前に指定された費目)を支払うだけでOKです。

30代のクレジットカードの選び方

30代のクレジットカードの選び方

30代向けにおすすめなクレジットカードはどうやって選べば良いかわからずに悩んでいる方も多いでしょう。30代のクレジットカードの選び方としては次の5つが挙げられます。

30代のクレジットカードの選び方

  • 年会費
  • ポイント還元率
  • ステータス性
  • 付帯保険
  • 優待サービス

選び方の詳細について、詳しく確認していきましょう。

年会費

クレジットカードには年会費が発生するカードも存在します。高機能なクレジットカードでも、年会費が高すぎる場合にはコストが重くなってしまう可能性が高いです。

あまりカードを利用していない人であれば、年会費が無料のものを選んでも良いでしょう。

また、ステータス性を重視したカードを選ぶ際には、年会費が見合っているかどうかを確認するのが望ましいです。

ポイント還元率

ポイント還元率

クレジットカードは利用金額に応じて所定のポイントがたまります。どのくらいポイントが還元されるかについてはカードによって異なるため、なるべく還元率の高いものを選びましょう。

一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%1.0%です。

また、通常の還元率だけでなく、特定のお店などでボーナスがもらえるカードもあるため、目先の還元率のみで判断するのではなく、自分のショッピングの傾向に合わせて選びましょう。

ステータス性

クレジットカードの中には、ゴールドカード、プラチナカードなどの高ランクカードがあり、一般カードに比べてステータス性が高いです。

ステータスカードは年会費が高くなってしまいますが、一般カード以上に充実したサービス内容となっています。

MM
また、カードのデザインでもでステータス性が高いことがわかるため、お店での会計時にも一目置かれるでしょう。

周りとは違ったカードを持ちたいという方はゴールドカードやプラチナカードにしましょう。

付帯保険

付帯保険

付帯保険とは、クレジットカードを発行した際に利用できる保険です。

旅行傷害保険やショッピング保険など、お買い物の際に利用できる便利な保険がついているカードがあり、限度額もそれぞれ異なります。

30代になり自由に使えるお金が増え、お買い物が多い方や海外旅行などによく行くという人については、トラブルを避けるため保険内容を充実させても良いでしょう。

注意!
付帯保険には自動付帯と利用付帯があります。自動付帯は自動的に保険が適用されますが、利用付帯の場合には旅費などをカード払いで決済した場合のみ保険が適用される点に注意が必要です。

優待サービス

クレジットカードには、様々な優待サービスがあります。特定のお店で優待ポイントがついたり割引になるサービスなどが代表例です。

そのほかにも、ゴールドカード以上のカードでは、空港ラウンジが無料で利用できたり高級レストラン・ホテルの予約サービスなども利用できます。

ただカードを持つだけではなく、優待サービスの充実度などに注目して、手厚いカードを選ぶと様々なシーンで役に立つでしょう。

MM
ただし、優待サービスが充実しているカードは年会費などのコスト面が高いか、ポイント還元率がほかに比べて劣る傾向にあるため、総合的なバランスも重要です。

男性・女性別の30代のクレジットカードの選び方

男性・女性別の30代のクレジットカードの選び方

クレジットカードはそれぞれのカードで機能が大きく異なるため、男性・女性という性別で分けて選び方を変えるという方法もあります。

ここからは、男性別、女性別におすすめなクレジットカードの選び方について、解説していきます。

男性におすすめなカードの選び方

男性の場合には、ビジネスシーンで使いやすいカードやステータス性の高いカードが好まれる傾向にあります。

MM
30代は仕事が忙しくなり、出張や会合などの機会も多くなる年代です。出張や会合の際に出しやすいカードや便利な機能がついているカードを選ぶとお得になります。

例えば、ゴールドカードやプラチナカードには、空港ラウンジが無料で利用できるものもあります。

出張で空港の利用が多い場合、待ち時間に専用のラウンジを利用して優雅に過ごすこともできるためおすすめです。

また、ステータス性の高いカードは周りからも一目置かれるカードのため、接待や会合の際の支払いなどもスマートに行えます。

一方で、ビジネスシーンでクレジットカードを利用することが少ない場合やステータス性を重視しない場合には、年会費が安くポイント還元率の高い一般カードなどがおすすめです。

女性におすすめなカードの選び方

女性におすすめなカードの選び方

女性におすすめなクレジットカードとしては、ポイント還元率、優待サービスが充実しているカードや女性限定のサービスが利用できるものです。

クレジットカードの中には「女性専用」のカードがあり、女性に嬉しいサービスや保険が付帯されているカードがあります。

女性専用カードであれば女性が使いやすいように作られているため、ほとんどの人におすすめできるでしょう。そのほかにも、ショッピングの頻度が多い場合にはポイント還元率を重視したカードなどもお得です。

30代から初めてクレジットカードを持つメリットはある?

30代から初めてクレジットカードを持つメリットはある?

30代の方で、クレジットカードに魅力を感じていない人や現金払いでも十分と考えている人は多いと思います。30代が初めてクレジットカードを持つメリットは次の3つです。

30代が初めてクレジットカードを持つメリット

  • 利用金額に応じてポイントが貯まる
  • 空港ラウンジが無料で使える
  • 会計をスマートに済ませることができる

それぞれのメリットについて、詳しく確認していきましょう。

利用金額に応じてポイントが貯まる

クレジットカードの最大の魅力は、利用金額に応じてポイント還元が利用できるという点です。

ほかにも様々なサービスが受けられますが、誰でも利用できるお得なサービスはポイント制度といえるでしょう。

MM
例えば、ポイント還元率1%のクレジットカードで毎月10万円の支払いを行うと、1,000ポイントが貯まります。

一度に貯まるポイントは少額でも、1年、5年とポイントを貯めていくとたくさんのポイントが貯まるため、見逃せません。

貯まったポイントを使って、旅行をしたり、豪華なレストランに行ったり、好きなものを買うことができるため、クレジットカードを使う価値は高いです。

現金払いでもお店のポイントカードを使えばポイントは貯まりますが、クレジットカードの場合にはポイントカードと併用することができるため、2倍お得になります。

今まで現金払いが中心だった人もこの機会にクレジットカードを利用してみましょう。

空港ラウンジが無料で使える

空港ラウンジが無料で使える

30代の方で、旅行に行く機会が多い方や、出張などの機会が多い方もいるでしょう。

クレジットカードの中にはビジネスでも旅行でも便利な無料ラウンジ利用ができるものがあります。

ラウンジは通常利用するのに数千円かかるため、利用していなかった人も多いと思いますが無料でドリンクが飲めたり静かで快適に過ごせることがメリットです。

ラウンジに興味のある方はクレジットカードに申し込みをしてみましょう。

注意!
ただし、空港ラウンジが利用できるクレジットカードはゴールドカードなどの、年会費がかかる場合があるため注意しましょう。

会計をスマートに済ませることができる

クレジットカードがあれば、会計時に現金を出すことなく支払いができます

カードを出すだけで支払いができるため、小銭を出したりおつりの受け渡しなどの手間がかかりません。

普段のショッピングで便利に利用できるだけでなく、接待・会合の際やデートなど、あらゆるシーンの会計をスマートに行うことができるため、恥ずかしくない会計方法です。

会計をカッコよく、スピーディーに済ませたいという場合にはクレジットカードで支払いすると良いでしょう。

30代でも恥ずかしくないクレジットカードの特徴

30代でも恥ずかしくないクレジットカードの特徴

今までクレジットカードを利用していた人でも、30代になって年齢に見合うようなカードが欲しいという方も多いでしょう。

30代でも恥ずかしくないクレジットカードの特徴として、次の3つが挙げられます。

30代でも恥ずかしくないクレジットカードの特徴

  • ゴールドカード・プラチナカード
  • デザインがおしゃれなカード
  • メガバンク系や国際ブランドが発行するカード

それぞれの特徴について、詳しく確認していきましょう。

ゴールドカード・プラチナカード

30代でも恥ずかしくないクレジットカードとして、ゴールドカードやプラチナカードなどの高ステータスカードが挙げられます。

MM
クレジットカードには一般カードからブラックカードまで様々なランクがありますが、ランクの高いカードほど審査条件が厳しく、一部の人しか持つことができません。

したがって、ランクの高いカードを持っているということは社会的地位が高いということの証明にもなるため、会計の際にカードを出した時に一目置かれるでしょう。

ゴールドカード、プラチナカードは様々なカード会社から発行されていますが、どのカードもステータスとしては高いため、30代の方にもおすすめなクレジットカードです。

デザインがおしゃれなカード

デザインがおしゃれなカード

クレジットカードはカード会社によって様々なデザインのものがあります。30代でも恥ずかしくないカードを選ぶためにはデザインがおしゃれなものを選ぶことが望ましいです。

ゴールドカード・プラチナカードなどのステータスカードのデザインは洗練されたものが多く、どこで出しても恥ずかしくなりカードです。

一般カードの中にもデザインがシンプルでおしゃれなものや重厚感のあるデザインのカードもあるので、コストを抑えたい方は一般カードの中でもデザインが凝っているものを選びましょう。

注意!

逆に、キャラクターが描かれているカードや可愛らしいデザインのクレジットカードは、学生、20代向けというような印象を持たれてしまう可能性があるので注意が必要です。

メガバンク系や国際ブランド発行のカード

クレジットカードは様々なカード会社が発行していますが、カード会社によっては持っているだけでステータス性の高いカードがあります。

MM
特に、メガバンクなどの銀行が発行しているカードやJCBなどの国際ブランドが直接発行しているカードはステータス性が高く、30代におすすめです。

例えば、JCBカードやAmerican Expressなどの国際ブランドが発行しているカードはデザイン性、機能面ともに充実しています。

また、三井住友カードは三井住友フィナンシャルグループ傘下のカード会社であり、カードのステータスも高いです。

周りに一目置かれるようなカードを持つために、カード会社についても注意して選ぶと良いでしょう。

30代がクレジットカードを作る場合の注意点

30代がクレジットカードを作る場合の注意点

30代がクレジットカードを申し込む・発行する場合には、いくつか注意点があります。

30代がクレジットカードを作る際の注意点

  • ステータス性の高いカードは審査難易度が高い傾向にある
  • スーパーホワイトの場合、審査に通りにくい可能性がある
  • ステータス性を重視しすぎると、年会費がかさむ

それぞれの注意点について、詳しく解説していきます。

ステータス性の高いカードは審査難易度が高い傾向にある

30代になると、一般カードではなく、ゴールドカードやプラチナカードなどのステータス性の高いカードを持ちたいという方も多いでしょう。

しかし、ステータス性の高いカードは一般カードに比べて審査難易度が高い傾向にあるため注意が必要です。

具体的にどの程度審査難易度が高いかについては公表されておらず、どのくらいの年収水準で通るのかという明確なラインは不明となっています。

したがって、すでに一般カードを持っていて以前審査に通っているからといってステータスカードが通るわけではないということは考慮しておきましょう。

ステータスカードの中には、ランクが下のカードを使い続けているとインビテーション(招待)が受けられるものもあります。

MM
また、ゴールドカードの審査時にそのカード会社で一般カードの利用実績があると審査に有利になる可能性があるため、審査に不安な方は欲しいカードの一般カードから作るのが望ましいです。

スーパーホワイトの場合審査に通りにくい可能性がある

スーパーホワイトの場合審査に通りにくい可能性がある

クレジットカードを今まで持っておらず、現金払いしかしていなかった人の中には、スーパーホワイトと呼ばれる人がいますが、カードの審査時に不利になる可能性があります。

MM
スーパーホワイトとは、クレカ、分割払い、ローンなどのクレジット払いや借入を今まで利用しておらず、信用情報に全く情報のない(空白の状態)人を指します。

スーパーホワイトは信用情報がないため、過去に金融事故を起こして信用情報に全く履歴が残っていない「ホワイト」の人と見分けがつかないです。

したがって、本人は金融事故を起こしていなくても審査する側は過去に金融事故を起こしたのではないかと疑ってしまうため、審査に不利になる可能性が高いです。

注意!
特に、30代でローンやクレジットカード、各種分割払いを全く利用してこなかった人は珍しいため、疑われる可能性があります。

もし、スーパーホワイトの場合にはスマホ本体の分割払いを利用するなど、信用情報に履歴が残るように実績を作るのがおすすめです。

ステータス性を重視しすぎると、年会費がかさむ

30代になるとステータス性の高いカードを持ちたい人の多いでしょうが、必ずしもメリットばかりではありません

MM
ステータスカードは年会費が一般カードに比べて高額です。例えば、ゴールドカードの年会費は数千円〜数万円であるため、毎年のコストがかかります。

見栄だけを意識して年会費を支払ってしまうのはもったいないため、機能に見合っているカードを持つことが望ましいです。

まとめ

今回は、30代におすすめのクレジットカードや30代ならではのクレジットカードの選び方について解説しました。30代になると、20代の頃よりもステータス性の高く、機能が充実したおしゃれなカードを持ちたくなるでしょう。

全てを重視させすぎると、コストが重たくなってしまうので、自分が何を重視するかを考えながら発行したいカードを選ぶことが望ましいです。

今回の記事を参考に、クレジットカードの申込をしてはいかがでしょうか。

クレジットカードに関する関連記事

 おすすめのクレジットカードに関する関連記事

 各種クレジットカードに関する関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事