赤ちゃんに保険は必要ない?親にかけるべき?理由や保障内容を解説

基本的に赤ちゃんに保険は必要ありません。しかし「本当に必要ないのかわからない」「親はどんな保険に加入すれば良いのかわからない」と悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

これらの悩みは実際のデータや具体的な理由を知ることで解決できます。この記事では赤ちゃんに保険が必要ない理由や親にかけるべき保険について具体的に解説していきます。

新しく家族ができた方はこの記事を参考にして、今後のライフプランを立ててみてください。

【あなたや家族に保険は必要?最適な保障は?】

保険のことで迷ったら、一人で悩まずプロに無料で相談・解決!過不足ない最適な保障で自分や家族に安心を。
ほけんのぜんぶの無料保険相談
ほけんのぜんぶ
  • 保険も保険以外のお金のことも相談できる
  • 子育て世代からシニア層まで!幅広い層にニーズあり
  • 相談料無料で24時間265日受付してもらえる
  • 取扱保険会社数30社以上

赤ちゃんができたらなぜ保険に加入する必要があるの?具体的な理由を解説

赤ちゃんができたらなぜ保険に加入する必要があるの?具体的な理由を解説

「なんとなく赤ちゃんができたら保険が必要そう」と考えている方はたくさんいますが、なぜ必要なのか明確に理解できていない方もいらっしゃいますよね。

そこで以下では赤ちゃんができたら保険が必要になる理由を解説していきます。これから新生活が始める中で保険は大切な要素になりますので、参考にしてみてください。

必要な生活費が変わる

子どものいる世帯の年齢層別消費支出

※出典:内閣府「子どものいる世帯の年齢層別消費支出」より

赤ちゃんができると必要な生活費が変わってきます。内閣府の調査によると、0歳から2歳の子どもがいる家庭は消費支出の金額自体は変わらないものの、自分の娯楽に使う金額が減って教育資金や生活費に充てられるという結果が出ています。

しかし、3歳から5歳からは実際に教育費がかかるようになってくるため、生活費は徐々に増えていきます。

※参照:内閣府「子どものいる世帯の年齢層別消費支出」より

保険は必要な生活費が多くなるにつれてより重要性が増してきます。そのため、今後に備えて保険に加入する必要性が出てくるのです。
子どもが独立する年齢を22歳と仮定すると、年間に必要な生活費は右肩上がりに増加していきます。そのため、赤ちゃんができた段階で将来に備えて保険に加入する必要があるのです。

子どもの教育資金を貯める必要がある

赤ちゃんができたら教育費の準備が必要です。教育費は保育園に入園させる場合は最短で0歳から必要ですが、幼稚園に入園させる場合は3歳から必要になります。

上記表からもわかるように、3歳から5歳にかけて教育費の負担が本格化してきます。赤ちゃんができたタイミングから教育プランを立てておくと計画的に資金確保ができるのです。

公立 私立
幼稚園 223,647円

527,916円

小学校 321,281円

646,889円

中学校 488,397円

1,406,433円

高等学校 457,380円

969,911円

※出典:文部科学省「平成30年度子供の学習費調査の結果について」より

表は1年間にかかる各課程の学習費調査の結果です。つまり、入学から卒業まではより大きな費用がかかり、親はこれからこれらの教育費を準備する必要があるのです。

子どもの教育費は総額1,000万円から3,000万円程度かかると言われており、公立か私立、実家か一人暮らしかで大きく変わってきます。ライフプランに合わせて教育資金を用意するようにしましょう。

親が働けなくなった時の収入減少に備えられる

親が働けなくなった時の収入減少に備えられる

赤ちゃんができた時に親が保険に加入していると、働けなくなった時の収入減少に備えられます。特に世帯主の方が働けなくなってしまうと、収入減少は避けて通れません。

このような事態の時に保険に加入しておけば、これまでの生活を維持しながら世帯主は治療に専念できます。また、万が一のことがあった時も残された家族に生活できる資金を残せるため、保険は重要な存在なのです。

特に赤ちゃんができたばかりの家族は貯蓄が十分でない可能性が高いです。貯蓄ができるまでの繋ぎとして保険を活用することもおすすめします。

\赤ちゃんの保険を考え始めたら/ 保険相談
おすすめ6選

赤ちゃん自体に保険をかける必要性はある?

赤ちゃん自体に保険をかける必要性はある?

赤ちゃんを授かった方の中には「赤ちゃんに保険をかける必要はあるかな」と疑問に思っている方もいらっしゃいますよね。大切な子どもだからこそ、安心して子育てに専念したいという気持ちになるでしょう。

そこで以下では赤ちゃん自体に保険をかける必要はあるのか具体的な理由を添えて解説していきます。また、保険をかける場合のおすすめ商品もまとめていますので参考にしてみてください。

基本的に赤ちゃんに保険をかける必要はない

基本的に赤ちゃんに保険をかける必要はありません。なぜなら、0歳を除く子どもの入院受療率は低水準であるため、保険に加入する分の金額を貯蓄に回した方が効率よく備えられるからです。

以下の表は性・年齢別にみた人口10万人対の入院受療率です。

年齢 総数 男性 女性
0歳 1,167 1,208 1,124
1〜4歳 169 191 146
5〜9歳 86 94 77
10〜14歳 94 100 86
15〜19歳 113 116 110
20〜24歳 158 134 182
30〜34歳 291 199 385
40〜44歳 311 327 296
50〜54歳 552 628 475
60〜64歳 997 1,188 811
70〜74歳 1,712 2,002 1,457

※出典:公益財団法人 生命保険文化センター「どのくらいの人が病気やケガで入院しているの?」より

表の結果からわかるように、年齢が上がるにつれて人口10万人対の入院受療率が高くなっていることがわかります。このことから、子ども時代は入院する確率は低いため、保険に当てる費用を貯蓄や資産運用等でまかなうべきということです。

\赤ちゃんの保険を考え始めたら/ 保険相談
おすすめ6選

「どうしても心配だから保険をかけたい」という場合の保険

赤ちゃんにかける保険

赤ちゃんができた方の中には「それでも心配だから赤ちゃんにも保険をかけたい」と考えている方もいらっしゃるでしょう。保険に対する考え方は人それぞれのため、必要性感じれば加入することをおすすめします。

以下では子どもにも保険をかけたい方におすすめの保険を紹介します。これから赤ちゃんに保険をかける予定の方は参考にしてみてください。

おすすめ1医療保険

赤ちゃんにかける保険は医療保険をおすすめします。なぜなら赤ちゃんは呼吸器系の疾患などで入院するケースがあるため、医療保険に加入していると保険金を受け取れるからです。

順位 病名
1位 周産期に発生した病態
2位 呼吸器系の疾患(喘息や肺炎)
3位 先天奇形・変形及び染色体異常
4位 神経系の疾患
5位 新生物(腫瘍)

※参照:厚生労働省「患者調査(2017年)」より

赤ちゃんは上記表の病気で入院することが多いため、早期に加入しておくことで万が一入院した時には保険金がおりる可能性があります。

しかし、先天性の病気にかかっていたり、保険加入前から病気を持っている場合は保険に加入できない可能性があるため注意が必要です。

おすすめ2共済の子ども保険

共済で販売している子ども保険は安い掛け金で保障を持てます。そのため「保険には加入したいけれども、できるだけ安い金額で加入したい」と考えている方でも加入できるのです。

具体的な保障内容は各共済によって異なるため、ご自身が住んでいる地域の共済や食材配達で販売している保険の内容を確認してみることをおすすめします。

MM共済であれば個人賠償責任保険も追加できる可能性があります。
個人賠償責任保険とは、自転車の事故や遊んでいる時に他の人のものを壊してしまった時に保障される保険のことです。基本的に損害保険の領域になりますが、共済はどちらの保険も取り扱っています。
子ども共済に数百円追加で支払うと保障される団体もあるため、関わりのある共済で取り扱っている内容を確認しながら比較検討してみてください。

赤ちゃんに保険をかけるメリット・デメリット

赤ちゃんに保険をかけるメリット・デメリット

「赤ちゃんに保険をかけようか悩んでいるけれども、メリットやデメリットはわからない」と悩んでいる方もいらっしゃいますよね。保険はどちらも理解した上で総合的に判断することが大切です。

そこで以下では赤ちゃんに保険をかけるメリット・デメリットについて解説していきます。赤ちゃんの保険について悩んでいる方は参考にしてみてください。

赤ちゃんに保険をかけるメリット

 赤ちゃんに保険をかけるメリット

  • 安く保険に加入できる
  • 貯蓄がないときの経済的負担を軽減できる

メリット1経済的な負担が少ない

赤ちゃんに保険をかけても経済的な負担は少なく加入できます。なぜなら、赤ちゃんにかかる保険料は月に1,000円から2,000円程度であることがほとんどだからです。

そのため、今貯蓄がない方や給料が上がらずに悩んでいる方でも、比較的生活を圧迫させずに用意できるようになっています。

メリット2貯蓄がないときの経済的負担を軽減できる

赤ちゃんに保険をかけると貯蓄がないときの経済的負担を軽減できます。なぜなら公的医療保険では負担してもらえない入院にかかる費用などを負担してもらえるため、実質負担額が少なくなるからです。

例えば赤ちゃんが入院した場合、以下の料金は公的医療保険の対象外になります。

  • 差額ベッド代
  • 食費
  • お見舞いにかかる交通費など

公的医療保険は治療にかかる金額は負担してもらえます。しかし、入院にかかる差額ベッド代やご自身がお見舞いに行く時にかかる交通費などは負担してもらえません。

このような時に医療保険などの保険に加入しておくと、貯蓄がない家庭でも赤ちゃんを治療に専念させられるのです。

\赤ちゃんの保険を考え始めたら/ 保険相談
おすすめ6選

赤ちゃんに保険をかけるデメリット

赤ちゃんに保険をかけるデメリット

 赤ちゃんに保険をかけるデメリット

  • 地域によっては公的医療保険が手厚い場合がある
  • 保障内容が古くなる可能性が高い

デメリット1地域によっては公的医療保険が手厚い場合がある

地域によっては公的医療保険制度が手厚い場合があります。なぜなら国から受け取れる保険金だけではなく、県や市区町村から受け取れる助成金もあり、具体的な内容は地域によって異なるからです。

例えば神奈川県であれば「小児医療費助成」東京都であれば「乳幼児医療助成費制度」などが用意されており、支払われる金額や条件はそれぞれ異なります。

このように赤ちゃんに対しての公的セーフティーネットが手厚い地域もあるため、場合によって「もらいすぎ」の状況が出てきてしまうのです。

もし、ご自身が生活している地域の保障が手厚い場合は、公的医療保険と貯蓄でまかなえる可能性があります。そのため、住んでいる地域の公的医療保険を確認してから加入を判断するようにしましょう。

デメリット2保障内容が古くなる可能性が高い

赤ちゃんが保険に加入し長期間持っていると、保障内容は古くなります。なぜなら保険は医療技術の進化や公的医療保険制度の変更で都度改訂が行われていますが、同じ保障を持ち続けていると変化に取り残されてしまうからです。

例えば将来的に契約者を変更する前提で、親が契約者、被保険者が赤ちゃんの終身医療保険に加入したとしましょう。この場合、契約者の名義を変更する時には保障は古くなっているため、十分な保険金を受け取れなくなる可能性が出てきます。

MM赤ちゃんを保険に加入させるときは、見直しできる定期型の保険に加入することをおすすめします。

赤ちゃんができた時の親の保険おすすめ3選

ちゃんができた時の親の保険おすすめ3種類

「赤ちゃんに万が一のことがあったときは貯蓄で、親の万が一には保険で対応したい」と考えている方もいらっしゃるでしょう。実際、親が働けなくなると経済的な負担が大きくのしかかるため、保険が重要になります。

そこで以下では赤ちゃんができた時の親にかける保険を紹介していきます。今保険の加入を検討している親は参考にしてみてください。

 赤ちゃんができた時の親の保険おすすめ

  • 死亡保険
  • 学資保険
  • 医療保険

死亡保険

死亡保険とは被保険者が死亡や高度障害状態になった時に保険金を受け取れるものです。まとまったお金を一時金で受け取ったり年金形式で受け取ったりできるため、生活を立て直せます。

死亡保険は大きく3つに分けられます。それぞれ保険金の受け取り方や計画期間が異なるため、ご自身にあった保険を見つけてみてください。

  • 定期保険
  • 終身保険
  • 収入保障保険

親は家庭の生活費だけでなく、子どもの教育資金を用意しなければなりません。子どもの教育費総額は1,000万から3,000万円かかると言われているため、大きなリスクに備えることが大切です。

特に世帯主に万が一のことがあった場合、家庭は大きく崩れてしまいます。残された家族の生活を守るためにも必要な金額を死亡保険で用意しておきましょう。

\赤ちゃんの保険を考え始めたら/ 保険相談
おすすめ6選

学資保険

赤ちゃんができた時の親の保険おすすめ|学資保険

学資保険は子どもの教育資金を貯める目的で加入する保険です。「貯金では使ってしまうかもしれない」「資産運用はリスクが怖い」という方は学資保険で教育資金を用意しましょう。

注意!
学資保険は子どもと親に年齢制限があります。子どもが成長してからだと契約を断られてしまう可能性があるため、早期加入を検討しましょう。

学資保険は大学入学(18から20歳程度)の満期に向けて目標金額を積み立てていきます。そのため、加入した年齢が高いほど毎月の負担額は大きくなるため、注意しましょう。

医療保険

医療保険は病気やケガなどの生存中に起こるリスクを保障してもらえる保険です。入院にかかる費用や入院中も家族にかかる生活費をまかなえます。

赤ちゃんが生まれて間もない頃は貯蓄も少ない家庭が多いですよね。入院中にも家賃や光熱費、通信費などのインフラにかかるお金は減らないため、医療保険に加入することで負担を軽減しつつ治療に専念できるのです。

似たような保険にがん保険や三大疾病保障保険などもありますが、若いうちは生活習慣病よりも事故などで入院するケースが多いです。そのため、医療保険で備えることをおすすめします。

赤ちゃんの保険に加入する前に必ずするべきこと

ほけんのぜんぶ
マネードクター
保険無料相談
ドットコム
保険市場
ニアエル
みんなの生命保険アドバイザー
ほけんのぜんぶ
マネードクター
保険無料相談ドットコム
保険市場
ニアエル_ロゴ
みんなの生命保険アドバイザー_ロゴ
取扱保険会社数
38社
31社
22社
84社
-
-
特徴
相談員の100%が
FP資格を所持!
FP1,270名、
MDRT会員612名
が在籍!
お客様満足度
驚異の97.6%!
オンライン相談
実績60,000件
以上!
全国約1,500店舗から30秒で来店予約可能!
相談満足度97%、相談実績40万件以上!
対象地域
全国どこでも可能(離島除く)
全国どこでも可能(離島除く)
一部対応できない地域あり
全国どこでも可能(離島除く)
全国どこでも可能
全国
一部対応外
オンライン保険相談
可能
可能
可能
可能
-
-
キャンペーン
6つの中から選べるプレゼント
5つの中から選べるプレゼント
4つの中から選べるプレゼント
-
-
A5ランク黒毛和牛もれなくプレゼント

ここまで保険について解説してきましたが、保険は人それぞれ・家庭によって、必要な保障や金額も異なります。もしも保険やお金のことに困ったり迷っているなら、無料の保険相談窓口でプロに相談することをおすすめします。

生命保険は専門分野なので、用語も仕組みも難しいものが多いですよね。

一人で悩まず、今はどの窓口もオンライン相談も実施していますので、自宅や職場から、空いた時間をみつけて保険や今後の資金、老後生活のことなどもFP資格を持ったプロに無料で相談してみましょう。

 おすすめの保険相談窓口の選び方
  • 相談員の質の高さ
  • 取り扱い保険会社数
  • 相談場所(オンライン、店舗、指定箇所など)
  • アフターフォローの有無

もちろん来店しての相談も可能です。上記に挙げるおすすめの保険相談窓口の選び方から、弊サイトが自信を持っておすすめする保険相談窓口を厳選してご紹介します!

ほけんのぜんぶ
マネードクター
保険無料相談
ドットコム
保険市場
ニアエル
みんなの生命保険アドバイザー
ほけんのぜんぶ
マネードクター
保険無料相談ドットコム
保険市場
ニアエル_ロゴ
みんなの生命保険アドバイザー_ロゴ
取扱保険会社数
38社
31社
22社
84社
-
-
特徴
相談員の100%が
FP資格を所持!
FP1,270名、
MDRT会員612名
が在籍!
お客様満足度
驚異の97.6%!
オンライン相談
実績60,000件
以上!
全国約1,500店舗から30秒で来店予約可能!
相談満足度97%、相談実績40万件以上!
対象地域
全国どこでも可能(離島除く)
全国どこでも可能(離島除く)
一部対応できない地域あり
全国どこでも可能(離島除く)
全国どこでも可能
全国
一部対応外
オンライン保険相談
可能
可能
可能
可能
-
-
キャンペーン
6つの中から選べるプレゼント
5つの中から選べるプレゼント
4つの中から選べるプレゼント
-
-
A5ランク黒毛和牛もれなくプレゼント

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ

まず1番に紹介するおすすめの無料保険相談窓口は「ほけんのぜんぶ」です。

 ほけんのぜんぶの無料相談おすすめポイント
  • 保険の相談だけでなくお金の相談全てが1本化できる!
  • 相談員の100%※1がファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を所持
  • 取扱い保険会社数35社!
  • 保険相談で豪華プレゼントがもらえる!

FPは国家資格と民間資格に分かれていますが、いずれも保険以外にもさまざまな知識を保有するお金の専門家です。ざっと挙げただけでも、以下のような内容を学習します。

  • 保険
  • 税金
  • 相続
  • ライフプランニング
  • 資産運用 など

保険募集人資格だけを持つ相談員と比較して、アドバイスの引き出しが多いことが期待できます。

また、保険の相談をするだけでプレゼントをもらえるのも嬉しいポイントです。FP無料相談の実施後、もれなく以下のようなプレゼントがもらえます。(2022年4月現在)

ほけんのぜんぶ キャンペーン情報

この機会に是非一度、気になっているお金のことや老後資金、教育資金、保険について専門家に相談してみましょう。

出典:公式サイト
※1…入社1年以上のプランナーが対象

マネードクター

2つ目に紹介する無料保険相談窓口は「マネードクター」です。

 マネードクターの保険相談おすすめポイント
  • 完全予約制の訪問型の相談窓口で予約はネット・電話に加えてLINEでもOK!
  • 相談料はもちろん無料で、オンライン相談にも対応!
  • 人生に必要なお金について相談者とプランナーが一緒に考えることができる
  • 一定の基準を満たした経験豊富なファイナンシャルプランナー(FP)のみが在籍!

パソコンやスマートフォンとネット環境があれば、自宅にいながらオンライン相談が可能です。

また、マネードクターという名称でも分かるとおり、「お金かかりつけ医」としての機能も持っています。具体的には、以下のような相談に対応しています。

マネードクターのライフプランニング
  • 保険プランの提案

  • 保険の見直し

  • 家系の見直し

  • 将来のキャッシュフロー診断

  • 子どもの教育費準備

  • 住宅ローン相談

生活のさまざまなシーンについて何でも相談できる安心感が、マネードクターの強みですね。
マネードクター キャンペーン情報
マネードクターでは、現在以下バナーより無料保険相談をするだけでもれなく豪華賞品のプレゼントを実施しています。
無料保険相談の予約フォームにて選択が可能ですので是非この機会にご利用ください。

※出典:公式サイト

保険無料相談ドットコム

保険無料相談ドットコム

3つ目に紹介するのは「保険無料相談ドットコム」の無料保険相談窓口です。

 保険無料相談ドットコムの保険相談おすすめポイント
  • 電話・オンラインでの保険相談が可能!
  • お客様満足度は驚異の97.6%!
  • 自宅以外の希望の場所を選択可能

無理な勧誘をされていると判断した場合、店舗に連絡することで案内の終了や担当の変更などの対応が即座にとられるのも安心ポイントです。

はじめての相談で「無理な相談をされたらどうしよう……」と感じている人にもおすすめできます。
無料保険相談ドットコムキャンペーン情報

面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富なのも魅力です。面談後にアンケートを提出することで後日プレゼントを受け取ることができます。

 もらえる豊富なプレゼント(一部抜粋)
  • 新潟県産コシヒカリ2kg
  • 丸大ハム煌彩セット
  • 利久の牛たん真空パック110g
  • 仙台銘菓 萩の月(6個入り)
※出典:公式サイト

保険市場

保険市場

4つめに紹介するおすすめの無料保険相談窓口は「保険市場」です。

保険市場の無料相談おすすめポイント
  • 取扱保険会社数が業界最大級の84社!
  • 東証一部上場企業で、業界のなかでも特に老舗で安心できる
  • オンライン相談可能&人気コンサルタント指名予約可能!
  • 店舗は離島除く全国にあるからフォロー体制も抜群!

無料保険相談の受付はチャットで簡単予約のほか、電話での当日予約も可能。相談件数累計52,000件※1を突破する実績と97.9%※2を超えるお客様満足度が、保険市場の質の高さを物語っています。

出典:公式サイト
※1…2021年8月2日現在

※2…2019年11月~2020年1月の期間中に保険市場 コンサルティングプラザで保険のお申し込みをいただいたお客さまの中で店舗評価アンケートにて満足度を星3つ以上と答えた方の割合

ニアエル

おすすめの無料保険相談窓口ニアエル

5つめに紹介するおすすめの保険相談窓口はニアエルです。

 ニアエルのおすすめポイント
  • 掲載店舗数NO.1
  • 口コミ総数7,000件の実績
  • 予約まで最短30秒
  • 当日相談もネット予約可能
  • 大手生命保険会社のグループ会社の運営

保険相談ニアエルは保険ショップや相談窓口の掲載店舗数NO.1を誇ります。日本全国に計1,500以上の店舗を用意しているため、いつでも近くの相談窓口で相談できます。

また、ニアエルは日本生命保険相互会社のグループ会社の「株式会社LHL」が運営しています。大手生命保険会社のグループ企業のため、安心して相談できるのも大きな特徴です。

「できるだけ名前を知っている会社に保険相談したい」という方でも問題なく相談できるでしょう。
ニアエル
ニアエルでは、相談者に合った相談窓口の提案をしてくれるのが特徴です。
例えば駐車場が必要な方、小さな子どもを連れている場合はキッズコーナーの有無、シニア世代に合わせた環境など選ぶことができるから、安心して保険やお金の相談ができるでしょう。

みんなの生命保険アドバイザー

おすすめの無料保険相談窓口みんなの保険アドバイザー

6つめに紹介するおすすめの相談窓口は「みんなの生命保険アドバイザー」です。

 みんなの生命保険アドバイザーのおすすめポイント
  • 業歴15年を超える老舗サービス
  • 相談実績40万件以上の実績※1
  • 顧客満足度95%以上※2
  • 登録専門家2,000名以上

みんなの生命保険アドバイザーは2004年からサービスを開始し、現在業歴15年を超える老舗サービスです。長きにわたって保険相談に携わってきた実績に基づいて、最適な保険を紹介してくれます。

また、登録している専門家は2,000名以上です。全国各地で対応しているため、地方に住んでいる方でも安心して保険相談できるでしょう。

みんなの生命保険アドバイザーキャンペーン情報

また、みんなの生命保険アドバイザーでは2022年7月10日までの期間限定で家計応援キャンペーンを実施中!家計や保険相談を終えたあとアンケートに回答するだけでA5ランクの黒毛和牛がもれなく全員にプレゼントされます。

この機会に家計や保険、老後資金など気になっているお金のことを専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

※1:2019年6月みんなの生命保険アドバイザー調べ
※2:2018年12月みんなの生命保険アドバイザー調べ

赤ちゃんの保険でよくある質問

学資保険で返戻率を上げる方法はありますか?
返戻率を上げるには「保障機能を追加しすぎない」「保険料払込期間を短くする」「早期加入する」などの方法が考えられます。
学資保険以外に教育資金を貯める方法を教えてください

銀行預金や資産運用、会社員や公務員は財形貯蓄などの方法が考えられます。さまざまな方法を組み合わせながら生活に支障が出ないように準備してみてください。

祖父母が赤ちゃんに保険をプレゼントしたいと言います。必要でしょうか?
当時は返戻率が高く、保険に加入するだけで手元のお金が増える時代もありました。しかし現代の返戻率は少し落ち着いてきています。理解がある上で保険をプレゼントしようとしているか、一度確認してみてもいいかもしれません。

まとめ

基本的に赤ちゃんに保険をかける必要はありません。なぜなら、0歳を除く子どもの入院受療率は低水準であるため、保険に加入する分の金額を貯蓄に回した方が効率よく備えられるからです。

年齢 総数 男性 女性
0歳 1,167 1,208 1,124
1〜4歳 169 191 146
5〜9歳 86 94 77
10〜14歳 94 100 86
15〜19歳 113 116 110
20〜24歳 158 134 182
30〜34歳 291 199 385
40〜44歳 311 327 296
50〜54歳 552 628 475
60〜64歳 997 1,188 811
70〜74歳 1,712 2,002 1,457

※出典:公益財団法人 生命保険文化センター「どのくらいの人が病気やケガで入院しているの?」より

表の結果からわかるように、年齢が上がるにつれて人口10万人対の入院受療率が高くなっていることがわかります。このことから、子ども時代は入院する確率は低いため、保険に当てる費用を貯蓄や資産運用等でまかなうべきということです。

「それでも子どもには保険をかけたい」という方は以下の保険を検討してみてください。

  • 医療保険
  • 共済の子ども保険

一方親は保険に加入することをおすすめします。なぜなら生活費だけでなく1,000万から3,000万円かかる子どもの生活費を賄わなければいけないからです。

 赤ちゃんができた時に親が加入すべき保険

  • 死亡保険
  • 学資保険
  • 医療保険

特に世帯主の方に万が一のことがあると、家庭に大きな打撃を与えます。不測の事態があった時でも安心して生活できるようにあらかじめ備えておきましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事