アルトコイン おすすめ

「おすすめのアルトコインはどれ?」「2022年に伸びてきそうなアルトコインが知りたい」と、アルトコインへの投資を検討している人も多いでしょう。

ビットコインと違い、アルトコインは1通貨あたりの価格が安いものが多く、初心者でも購入しやすく、将来性のあるコインを購入しておけば、億り人になれる可能性も否定できないポテンシャルがあります。

そこで今回は、アルトコインのおすすめ銘柄5つを紹介し、国内でアルトコインを多く取り扱っている仮想通貨取引所をピックアップしました。

アルトコインの選び方も解説しているので、ぜひ参考にして今後に期待できるアルトコインを探してみてくださいね。

アルトコイン(Altcoin)とは

アルトコイン

アルトコインは「ビットコイン以外」の仮想通貨

アルトコインとは「Alternative coin(代替コイン)」の略称で、ビットコイン以外の全ての仮想通貨の総称です。全てビットコインの後に作られたもののため、ビットコインの問題を改善した仮想通貨となっています。

MMアルトコインは種類が豊富で、2022年3月現在では2,000種類以上が取引されているといわれれていますが、実際は100通貨程度が主流となっています。

アルトコインはビットコインと比較して1通貨あたりの価格が低いので、少額でも通貨量を多く確保できるのメリットです。

価値が跳ね上がる可能性もあり、将来性のあるアルトコインを安いうちに購入しておけば、多くの設けを出せる可能性があります。

たとえば、アルトコインの代表格であるイーサリアム(ETH)は、2019年1月~2022年1月の間に約40倍も値上がりしていますよ!

アルトコイン(Altcoin)の役割とは?

多くのアルトコインは、ビットコインの問題点を改善する目的や役割で作られています。

MMそもそもビットコインの開発目的は「国や銀行を通さない状態でも、手数料を抑えて国境を越えて送金できるコインを作ること」でした。

しかしビットコインは、世界で最初に作成された仮想通貨であるため「電力を大量に消費する仕組み(マイニング)」「送金に時間・コストがかかる(スケーラビリティ問題)」なども問題を抱えています。

そのため、より快適に仮想通貨を活用できるよう、問題点を解決するようなアルトコインが多く誕生しているのです。

ほとんどのアルトコインはビットコインをもととした仕組みを採用しています。開発スピードも早い傾向にありますよ。

アルトコインのおすすめ銘柄5選

イーサリアム(ETH)

イーサリアム

イーサリアム(ETH)の特徴
  • スマートコントラクト機能による取引自動化
  • 時価総額はビットコインにつぐ不動の2位
  • 分散型アプリケーションを構築する開発環境を提供するプラットフォーム

イーサリアム(ETH)は、2022年3月時点で時価総額2位のアルトコインです。アルトコインの代表格と位置付けられています。

MMイーサリアムの最大の特徴は「スマートコントラクト機能」です。

スマートコントラクトとは、「自動的に取引をすることができる機能」を指します。取引に第三者を介する必要がないため信頼性・透明性が高い取引が可能です。

たとえば自動販売機のように「ユーザーが欲しい商品を選んで代金を投入する」というルールが満たされると、自動販売機が自動で「選ばれた商品を出す」というシステムとなります。

スマートコントラクトは透明性や信頼性が高いシステムのため、多くの導入事例があり事務コストの削減に貢献していますよ。

銘柄名の基本情報

通貨名 イーサリアム(ETH)
現在レート(1通貨)
¥409,588.28
時価総額 ¥49,233,398,809,110
購入可能な主な仮想通貨取引所
  • コインチェック
  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン
  • bitFlyer
  • BITPOINT
  • bitbank
  • Huobi Japan
レバレッジ取引可能な主な仮想通貨取引所
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin
  • bitFlyer

アルトコイン取扱多数! 仮想通貨(暗号資産)
取引所おすすめ6選!

※レートは2022年3月28日時点の値を参照(CoinMarketCap
出典:公式サイト

リップル(XRP)

リップル

リップル(XRP)の特徴
  • 国際送金が速い
  • 時価総額ランキング9位
  • 中央集権的システムでブロックチェーンを利用していない

リップル(XPR)は、数ある仮想通貨中でも国際送金の速さが強みのアルトコインです。リップルの送金スピードは約3.3秒と非常に速く、加えて送金に関する費用は約0.05円と低価格で利用できます。

MM送金スピードの速さの理由として、リップルは世界中の金融機関が参加している送金ネットワークを使用して送金を行っている点が挙げられるでしょう。

またリップルは仮想通貨では珍しい「中央集権的システム」となっており、ブロックチェーンを利用していない点も特徴です。リップル社は実質的なXRPの管理者で、マイニングがありません。

ビットコインの送金にかかるコストや時間の問題を解決してくれるアルトコインです。

基本情報

通貨名 リップル(XRP)
現在レート(1通貨)
¥107.03
時価総額 ¥5,153,696,050,093
購入可能な主な仮想通貨取引所
  • コインチェック
  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン
  • bitFlyer
  • BITPOINT
  • bitbank
  • Huobi Japan
レバレッジ取引可能な主な仮想通貨取引所
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin
  • bitFlyer

アルトコイン取扱多数! 仮想通貨(暗号資産)
取引所おすすめ6選!

※レートは2022年3月28日時点の値を参照(CoinMarketCap
出典:公式サイト

エンジンコイン(ENJ)

エンジンコイン

 

エンジンコイン(ENJ)の特徴
  • 「Enjin Platform」で使われる仮想通貨
  • 時価総額ランキング71位
  • サムスンやMicrosoftと提携している実績

エンジンコイン(ENJ)は、NFT(非代替性トークン)のプラットフォームである「Enjin Platform」で使用されている仮想通貨です。

MMエンジンコインを利用すれば、ゲームのアイテムを現実世界の価値で売買し、取引が可能となっています。

ゲーム内で不要になったアイテムは仮想通貨に戻せる点や「サムスン」や「Microsoft」と提携している点など、将来性も期待できる仮想通貨です。

エンジンコインは「マインクラフト」というゲームとも提携しており、投資家達からの期待度が高いアルトコインと言えます。

基本情報

通貨名 ENJIN (ENJ)
現在レート(1通貨) ¥222.92
時価総額

¥193,316,066,734

購入可能な主な仮想通貨取引所
  • コインチェック
  • GMOコイン
レバレッジ取引可能な主な仮想通貨取引所 ×

アルトコイン取扱多数! 仮想通貨(暗号資産)
取引所おすすめ6選!

※レートは2022年3月28日時点の値を参照(CoinMarketCap
出典:公式サイト

パレットトークン(PLT)

パレットトークン

パレットトークン(PLT)の特徴
  • 手数料が安く仮想通貨初心者向け
  • 国内初となるIEOの対象銘柄
  • 「クロスチェーン技術」によりNFTをイーサリアム上に移動することも可能

パレットトークン(PLT)は、エンターテインメント領域に特化したNFTプラットフォーム「パレット(Palette)」で利用されるコインです。

手数料が安く価格が安定しているため、仮想通貨に投資を始めようと考えている初心者にもおすすめできます。

MMNFT市場の拡大によって問題が浮き彫りになっている「ガス代問題」「著作権問題」などの課題解決を目指しています。

ブロックチェーン同⼠の相互運⽤性を実現する技術である「クロスチェーン技術」を採用している点も魅力です。

クロスチェーン技術を使えば、イーサリアム上にNFTを移動し、イーサリアム上のマーケットプレイスでも取引が可能となります。

国内初となるIEOの対象銘柄としても話題になったコイン。取引所が発行元企業やプロジェクト内容を審査するので、安全性が高いのも魅力ですね。

基本情報

通貨名 パレットトークン(PLT)
現在レート(1通貨) ¥38.56
時価総額 ¥15,577,381,919
購入可能な主な仮想通貨取引所
  • コインチェック
  • GMOコイン
レバレッジ取引可能な主な仮想通貨取引所 ×

アルトコイン取扱多数! 仮想通貨(暗号資産)
取引所おすすめ6選!

※レートは2022年3月28日時点の値を参照(CoinMarketCap
出典:公式サイト

オーエムジー(OMG)

オーエムジー

オーエムジー(OMG)の特徴
  • OMG Network上で使用される独自コイン
  • 取引は高速で安価
  • 銀行口座を持てない人でも簡単にアクセス可能

OMGは、イーサリアムをベースに作成されたOMG Network上で使用される、独自の仮想通貨です。イーサリアムをベースとしていますが、イーサリアムよりも取引速度が速く、手数料が安いのが特徴です。

MM「MoreVP(MoreViable Plasma)」と呼ばれる独自のネットワークを利用し、複数の取引をまとめて1つの取引として扱うことで高速で安価なサービスを実現しています。
また、東南アジア圏では銀行口座を持てない人も珍しくありません。OMGは銀行口座を必要としないので、より多くの人が利用できると期待されている通貨でもあります。

さらに今後、DeFi(分散型金融)やNFT、レンディングなどでサービスを拡大していくと考えられ、需要が増加すると期待できるコインですよ。

基本情報

通貨名 オーエムジー(OMG)
現在レート(1通貨) ¥682.40
時価総額 ¥95,743,104,389
購入可能な主な仮想通貨取引所
  • コインチェック
  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン
  • bitbank
レバレッジ取引可能な主な仮想通貨取引所 GMOコイン

アルトコイン取扱多数! 仮想通貨(暗号資産)
取引所おすすめ6選!

※レートは2022年3月28日時点の値を参照(CoinMarketCap
出典:公式サイト

アルトコインが取引できるおすすめ仮想通貨(暗号資産)取引所6選

Coincheck
DMM Bitcoin
BITPoint
bitFlyer
bitbank
Coincheck
dmmbitcoin
bitFlyer
bitbank
取引所手数料
無料
無料
無料
約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
(単位: BTC)
メイカー:-0.02%
テイカー:0.12%
販売所手数料
無料
無料
無料
無料
無料
(一部銘柄を除く)
レバレッジ
なし
2倍
2倍
2倍
なし
最低取引額
0.005通貨単位〜
(500円相当額以上)
0.0001BTC
(約1,000円相当)
0.00000001BTC単位
0.00000001BTC
(1円から取引可能)
0.0006 BTC
取引通貨数
17種類
20種類
12種類
15種類
13種類
※当サイト内の各記事は執筆当時の各取引所の商品情報となりますので、最新の商品情報については各取引所のホームページをご確認ください。

Coincheck(コインチェック)

おすすめの仮想通貨取引所Coincheck

Coincheckのおすすめポイントは次のとおりです。

Coincheckのおすすめポイント
  • マネックス証券のグループ会社なので、セキュリティ体制が万全
  • 取り扱っている仮想通貨17種類が約500円から購入可能!※1
  • アプリにも2段階認証・PINコードロック付きで安心
  • 最短5分で口座解説が完了する
  • 国内仮想通貨取引アプリダウンロード数No.1!※2
  • 購入時は最短10秒、スマホから簡単に買える!

Coincheckで取り扱っている仮想通貨(暗号資産)は17種類になります。これは日本国内で仮想通貨を扱う取引所では国内最多※2です。さらに最低500円から売買ができるため、初心者の方でも始めやすいのがポイントです。

今は東証1部上場企業であるマネックス傘下になり、金融庁にも登録された取引所です。
デメリットとしてあげられるのは、取引所で売買できる仮想通貨(暗号資産)がビットコインだけであるという点です。その他の仮想通貨は販売所を経由する必要がありますので、手数料が少し割高になっています。

Coincheckのアプリについて

初心者にもおすすめ!仮想通貨取引所

Coincheckのアプリでは、仮想通貨(暗号資産)の値動きをチャートによって一目で確認することができます。さらに仮想通貨(暗号資産)ごとにチャット機能が実装されていますので、取引の動向などの情報を交換可能です。

セキュリティ面でもしっかりとした対策がなされています。主に以下の2つの機能で利用者の資産をしっかり守ってくれます。
  • 2段階認証付きのウォレット
  • PINコードロック

また仮想通貨の購入はアプリを使うとなんと最短10秒です。通貨を選択し、購入金額を入力するだけで購入可能なので、スムーズな取引が実現できます。

アプリのデザインは非常にシンプルで、初心者でも上級者でも使いやすいアプリになっています。

Coincheckの基本情報

名称 コインチェック(Coincheck)
取り扱い通貨数

17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
    ※現在購入・売却停止中
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン (ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
取引手数料 無料
最低取引量 500円

出典:公式サイト
※1 2020年9月 金融庁「暗号資産交換業者登録一覧」調べ
※2 対象期間:2018年1月~2019年12月 データ協力:App Annie

DMM Bitcoin

おすすめの仮想通貨取引所DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイントは次のとおりです。

DMM Bitcoinのおすすめポイント

19種類のレバレッジ、12種類の現物が取引可能

  • LINEでカスタマーサポートを受けられる
  • 取引まで最短1時間!口座開設手続きはスマホで完結

DMM Bitcoinで取り扱っているレバレッジは19種類で、レバレッジ取引においては国内ナンバー1になります。

また、全てが自己責任の仮想通貨。今が売り時なのか、ここからの資産形成に迷う...といった時に、DMM Bitcoinでは、LINEのアカウントでカスタマーサポートを受けることができます。

LINEは自動返信ではなく、有人のアカウントになるので、対応には少し時間がかかる場合があります。
そして、口座開設はスマホで完結します。メールアドレス・本人情報を入力し、スマホのカメラで本人確認書類と自分の顔を撮影すれば、AIが本人確認を行ってくれます。
そこから口座開設審査が行われ、最短1時間で口座開設が完了します。

DMM Bitcoinのアプリについて

初心者にもおすすめ!仮想通貨取引所

DMM Bitcoinにはスマートフォン版取引システムアプリが用意されています。こちらのアプリでは、次の項目を操作することができます。

  • 口座状況
  • レート
  • トレード
  • チャート
  • 入出金
  • 口座振替
  • マーケット
  • レバ手数料/証拠金
  • お問い合わせ

それぞれの操作方法もシンプルで、口コミでもサクサク動くのでストレスなく取引ができるという評価が見受けられます。

外出先からもスムーズなトレードが可能です。

DMM Bitcoinの基本情報

名称 DMM Bitcoin
取り扱い仮想通貨

【現物取引:12種類】

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ステラ・ルーメン(XLM)
  • イーサクラシック(ETC)
  • オーエムジー(OMG)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • モナーコイン(MONA)
  • トロン(TRX

【レバレッジ取引:19種類】

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ステラ・ルーメン(XLM)
  • イーサ・クラシック(ETC)
  • ネム(NEM)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ベーシック・アテンショントークン(BAT)
  • クアンタム(QTUM)
  • オーエムジー(OMG)
  • モナーコイン(MONA)
  • シンボル(XYM)
  • トロン(TRX
  • カルダノ(ADA)
  • ポルカドット(DOT)
  • アイオーエスティー(IOST)
取引手数料 無料
※BitMatch取引手数料を除く
最低取引量 0.0001BTC
※BitMatch取引手数料を除く
※出典:公式サイト
※当サイト内の各記事は執筆当時の各取引所の商品情報となりますので、最新の商品情報については各取引所のホームページをご確認ください。

BITPoint

おすすめの仮想通貨取引所BITPoint

BITPointのおすすめポイントは次の通りです。

 BITPointのおすすめポイント
  • 各種手数料等が無料!
  • レバレッジ取引や貸し暗号資産が利用できる!
  • TRX(トロン)、ADA(エイダコイン)などの取引ができる

BITPointは、入出金手数料や取引手数料、暗号資産の入出金手数料などが全て無料であり、あらゆるコストを抑えて取引ができます。

上記のように、様々な手数料が無料であるため、使いやすいウォレットとなっています。

初心者の場合は、コスト面も重視して口座を選ぶのが良いです。
また、貸し暗号資産サービスである「貸して増やすでは、保有している暗号資産を売却せずに貸すことで収益が発生する仕組みで、非常に人気の高いサービスとなっています。
注意!
現在、レバレッジ口座の新規開設は中止しているため、新規で利用することができません。
さらに、TRX(トロン)やADA(エイダコイン)など、他の国内仮想通貨取引所で取り扱っていない通貨の取引を行うことができます。
BITPointで手数料無料のサービス
  • 口座開設手数料
  • 口座維持手数料
  • 現物取引手数料
  • レバレッジ取引手数料
  • 暗号資産の入出金手数料
  • 法定通貨の入出金手数料(銀行の振込手数料は別途発生)

したがって、日本では取り扱いの少ないマイナーな通貨の取引を行いたい方はおすすめです。

BITPointのアプリについて

BITPOINTのアプリ

BITPointには、iPhone、Android専用のスマホアプリである「BITPoint」があります。

「BITPoint」では、保有資産の推移が時系列で把握できる「資産推移チャート」や現在の保有資産の内訳を分かりやすく表示した「資産内訳円グラフ」などを用いた保有資産の分析やチャート分析が特徴です。

口コミでも使いやすいという印象が多く見受けられたため、手軽に操作しやい方はBITPointの利用が適しているといえます。

スマートフォンから手軽にチャート分析、取引や注文、資産管理が行えるため、普段自宅にいない人や仮想通貨初心者の方におすすめのアプリです。

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerのおすすめポイントは次のとおりです。

  • 世界でもトップクラスのセキュリティシステム!
  • Tポイントをビットコインに交換、貯めることもできる!
  • 14種類の人気仮想通貨が100円から少額取引できる!
  • シンプルなホーム画面で、自分の資産がわかりやすい!
  • 手数料のかからない取引が多い!

bitFlyerは、アカウント作成や維持手数料はもちろんのこと、販売所全通貨売買手数料も無料※1

さらに、ビットコインやリップルをはじめとする人気の14種類の仮想通貨が100円という少額から売買できることから、初心者にとっても始めやすい点は自信を持っておすすめできます。

土日祝日であっても、スマホアプリやパソコンを使用してどこからでも簡単操作でアクセス可能。操作画面もシンプルで好評を得ています。

bitflyerとTポイント

bitFlyerの最大の特徴として、Tポイントを100ポイントからビットコインに交換できる&500円以上のビットコイン決済でTポイントが貯まる点が挙げられます。

投資初心者にとって、貯めたTポイントをビットコインに交換して投資ができるのはとても気軽に始められるきっかけになりますね!

bitFlyerのアプリについて

初心者にもおすすめ!仮想通貨取引所

アプリは、以下に挙げるメリットがあります。

bitFlyerのアプリのメリット
  • 最短即日で仮想通貨の購入が可能

  • 仮想通貨取引が初めての方でも簡単操作で仮想通貨(ビットコイン等)の売買が可能

  • 強固なセキュリティに全力を尽くしている

  • プロ向け仮想通貨(ビットコイン等)取引ツールも利用可能!

bitFlyerおよびユーザーが所有する仮想通貨の80%以上はコールドウォレットで保管され、管理は外部のネットワークから隔離しているという強固なセキュリティ施策を展開。
ウイルス・ハッキング対策としてセキュリティの脆弱性を定期的にチェック、さらにセキュリティのアップデートも継続的に行っているため、セキュリティ面において不安はないでしょう。
出典:公式サイト
※1 購入価格と売却価格の差であるスプレッドをお客様にご負担いただいております。
※2 App Ape 調べ

bitbank

おすすめの仮想通貨取引所bitbank

bitbankのおすすめポイントは次のとおりです。

bitbankのおすすめポイント
  • 24時間いつでもリアルタイムで日本円入金が可能
  • 本人確認書類を登録してから、取引開始まで最短1日
  • 本格的な分析で、プロフェッショナルな取引も可能
  • 仮想通貨取引国内No.1※3

bitbankではいつでもリアルタイムで日本円を入金することができますので、買い時を逃すことなく、仮想通貨の取引ができます。

アカウントの作成もスムーズで、メールアドレスと基本情報の登録は5分もかからずにできてしまいます。そこから、本人確認のために取引開始までは最短1日になります。

20歳以上であれば口座を開設することができます。
市場の状況は24時間365日更新されており、テクニカル分析のツールも豊富なので、プロフェッショナルな取引も可能です。初心者から上級者まで、多くの人に支持されている取引所になります。

bitbankのアプリについて

初心者にもおすすめ!仮想通貨取引所

bitbankは専用のアプリをリリースしています。画像はAndroidですが、iOS版もリリースされています。アプリは初心者でもわかりやすいシンプルなデザインで、ワンタップで仮想通貨を購入、売却することができます。

またユーザーにはセキュリティ面で評価されており、2段階認証携帯SMS認証の導入、出金時は詐欺被害に遭わないために、厳重なチェックがかかるなど、ユーザーからの信頼度が高いアプリになります。

利用者の目に見える対策が多いと、安心感が高まりますね。
また、マーケットに関するニュースを見ることもできるので、ニュースで市場の情報を仕入れて、取引を実行、なんてこともできます。
出典:公式サイト
※3 2021年2月14日時点、CoinMarketCap調べ

GMOコイン

おすすめの仮想通貨取引所GMOコイン

GMOコインのおすすめポイントは次のとおりです。

  • 入金・出金手数料等が無料!
  • 2種類の取引ツールから選べる!
  • 取引方法を数種類から選べる!

GMOコインは口座開設手数料・即時入金手数料・出金手数料・預入、送付手数料が全て無料です。口座開設のハードルが低いため、初心者の方でも始めやすいですね。

取引時には手数料がかかりますが、それでも安めといえます。
また、GMOコインは東証1部上場企業であるGMOインターネット株式会社のグループが運営しています。そのため、セキュリティ体制も非常に信頼できるものになっています。
  • 2段階認証
  • ログイン通知
  • 24時間監視
  • 定期的な脆弱性診断
  • 脆弱性情報収集

これらのサイバー攻撃対策で、安心安全な取引所を実現しています。

また、下記の複数の取引方法から自分にあった取引を選ぶことができます。

  • 現物取引
  • レバレッジ取引
  • 売りから取引可能
  • 複合注文を使った取引

初心者の方には現物取引、上級者には情勢に合わせた取引が可能な複合注文を使った取引、など、自分に合った取引スタイルで、仮想通貨を運用することができます。

GMOコインのアプリについて

初心者にもおすすめ!仮想通貨取引所

GMOコインは専用のスマホアプリがあります。こちらのアプリはシンプルなデザイン直感的な操作を実現しています。初心者の方でも簡単に仮想通貨の購入が可能です。

また、前回の終値から大きな価格変動があった場合には通知でアラートを送ってくれます。価格変動の情報を逃さないため、取引のチャンスを逃すことなく、仮想通貨の運用をすることができます。

現物の売買も暗号資産FX取引も全てこのアプリで完結しますよ。

GMOコインの基本情報

名称 GMOコイン
取り扱い仮想通貨

20種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • テゾス(XTZ)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • ダイ(DAI)
  • チェーンリンク(LINK)
取引手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
最低取引量 0.0001BTC
(販売所におけるBTCの最小注文数量)

取扱仮想通貨数で取引所をランキング化!

それでは、本記事でご紹介した取引所を取り扱っている仮想通貨(暗号資産)の数でランキング化してみましょう。

MM
仮想通貨取引を始めたばかりの頃はメジャーな銘柄のみの取引をおすすめしますが、慣れてきたり他の銘柄が気になりだした頃にご自身が利用している取引所の取り扱い銘柄が多ければその分投資の幅は広がります。

取り扱っている銘柄数が多いほうがいい、または将来のためにも多くの銘柄の取引が可能な取引所を利用したい方も必見です!

※当サイト内の各記事は執筆当時の各取引所の商品情報となりますので、最新の商品情報については各取引所のホームページをご確認ください。
※取扱仮想通貨(暗号資産)数は2022年1月時点のものですので、今後ランキングが変動する可能性はあります。
※本記事で紹介した仮想通貨取引所の中からランキングを作成しています。

 

GMOコイン Coincheck bitFlyer
名称 GMOコイン DMM Bitcoin coincheck bitbank bitFlyer BITPOINT
取り扱い仮想通貨数 22種類 20種類 18種類  18種類 16種類 14種類 
詳細
このような結果となりました。実際に取引所を選ぶ際には、仮想通貨(暗号資産)の数だけではなく、セキュリティ面なども考慮しながら選ぶようにしてみてください。
マイナーな仮想通貨(暗号資産)でハイリターンを狙う方などは、ぜひ、取扱仮想通貨(暗号資産)が多い取引所を選んでみてください。


アルトコインを選ぶ3つのポイント

アルトコイン

アルトコインを選ぶ際には、以下の3点に着目するとよいでしょう。

アルトコインの選び方

  • 情報を積極的に発信している
  • 企業の出資やサポートの有無
  • 国内取引所に数多く上場している

1.情報を積極的に発信している

アルトコインを選ぶ際には「情報を積極的に配信しているか」をしっかり確認しましょう。仮想通貨は目的があって作成されますが、そのビジョンが明確で将来性が期待できるものでなければ、投資しても伸びる可能性は低いです。

MM開発が順調に進んでいるか、今後の展望が明確で有用性があるかなどは、情報を発信していないと判断できません。
仮想通貨のなかには、目的がはっきりしていても開発が難航し、開発途中で断念してしまうものもあります。

全く情報が発信されていないなら、計画の進み具合が順調でない可能性があるので要注意ですよ!

2.企業の出資やサポートの有無

「企業の出資やサポートはあるか」も、アルトコインを選ぶ際に重要なポイントです。仮想通貨を開発する際には、資金が必須です。

MM開発には多くの資金が必要になるものが多いので、企業が出資していたりサポートを宣言していたりするアルトコインを選びましょう。

企業が出資・サポートしているということは、出資企業がそのアルトコインに将来性があり期待しているという証拠でもあります。

どのような企業が出資・サポートしているかは、仮想通貨のサイトや「〇〇 出資企業」と検索すると確認できますよ。

3.国内仮想通貨取引所に数多く上場している

取引できるアルトコインのイメージ

アルトコインを選ぶ際には「国内取引所に上場しているか」もチェックポイントです。どんなに素晴らしいアルトコインでも、購入・売買ができる仮想通貨取引所がなければ取引ができません。

国内の仮想通貨取引所に多く上場しているなら、そのアルトコインは将来性や信頼性が高いと判断されていると考えられます。

国内取引所に上場しているアルトコインは知名度があるものがほとんど。知名度が高ければ突然価値がなくなるリスクを低く抑えられますよ。

まとめ

今回は、今後が期待できるおすすめのアルトコインとアルトコインを購入できる国内仮想通貨取引所を紹介しました。アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のこと。

ビットコインは世界初の仮想通貨のため、ビットコインの問題を改善する目的・役割で作られているアルトコインが多いです。

将来性のあるアルトコインを見極めるには、開発目的やビジョンが明確か、プロジェクトは止まっていないか、出資・サポートしている企業があるかなどの点をチェックすると、大きな失敗を防げるでしょう。

国内仮想通貨取引所に上場しているものは知名度があるので比較的安全!まずはアルトコインを多く取り扱っている仮想通貨取引所に、口座を開設してみましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事