アメックスカードの特徴とは?種類やポイント還元率などを紹介!

アメックスは、数あるクレジットカードのなかでも多くの人に支持されています。国内だけでなく海外でも使用できる場所が多いため、使い勝手が良い点も人気の理由です。

そこで今回は、アメックスの特徴やカードの種類をはじめ、ポイント還元率などを紹介していきます。充実した付帯特典についても解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 この記事のポイント
  • アメックスの特徴について理解できる
  • アメックスのカードの種類を知れる
  • 付帯されている特典や保険内容について把握できる

アメックスとは

アメックスはクレジットカードの国際ブランドのことです。正式名称を「アメリカンエキスプレス」といい、1850年にニューヨーク州で誕生しました。

なお、日本に事業所を構えたのが1917年になりますので、そこから数えても100年以上もの歴史があります。

アメックスが選ばれる理由

カード発行に必要な手続き

アメックスが多くの人に支持され選ばれる理由には、主に次のものが挙げられます。

アメックスが選ばれる理由
  • ステータス性が高い
  • 多くの場所で決済に使える
  • ポイントを貯めやすい
  • ポイントの用途が幅広い

ステータス性が高い

アメックスはステータス性が高いことから、多くの人に評価され人気を集めています。その理由としては、日本で初めてゴールドカードを世に送り出したのが、アメックスだからといわれています。

海外でもアメックスは富裕層向けのクレジットカードとなっていることからも、ステータス性を意識した選び方をする人にはおすすめです。

時代が進むにつれて発行しやすくなっているという情報もありますが、ステータス性の高さはアメックスの特徴といえるでしょう。

使用できる店舗が多い

アメックスは使用できる店舗・施設が多い点も、人気を獲得している理由といえます。クレジットカードを使うにあたり、やはりできるだけ多くの場所で決済できる点は外せません。

また、アメックスはJCBとパートナーシップを結んだことで、今までよりもさらに使用できる場所が増えました。コンビニ・タクシー・飲食店をはじめ、オンラインショッピングでも支払いに活用できます。

アメックスの公式ホームページには、新たに追加された使用可能な施設や店舗が紹介されていますので、ぜひチェックしておいてください。

ポイントを貯めやすい

クレジットカードを使用するにあたり、最近ではいかにポイントを貯めやすいかを重視する人は少なくありません。アメックスのポイント還元率は1%となっており、高め数値です。

参考までに、下記に他社クレジットカードの還元率を表にまとめています。

JCBカード 0.5%
三井住友カード 0.5%
ライフカード 0.5%
楽天カード 1%
Orico Card THE POINT 1%
dカード 1%
リクルートカード 1.2%
エポスカード 0.5%
Yahoo! JAPANカード 1%

かつ、アメックスは上述した通り多くの店舗で決済に使用してポイントを貯められることに加え、独自のポイントプログラムである「メンバーシップ・リワード」というものを採用しています。

メンバーシップ・リワードとは?

年会費に参加費として年額プラス3,300円(税込)を支払うと参加できるポイントプログラムです

参加することでポイントの有効期限がなくなったり、ボーナスポイントとして対象となる加盟店で利用した場合に還元率が3%にアップしたりします。

メンバーシップ・リワードの加盟店

なお、下記がボーナスポイントの対象となる加盟店です。

  • Yahoo!Japan
  • iTunes Store、Appstore
  • JAL公式サイト
  • HIS公式サイト
  • Amazon
  • アメリカンエキスプレス・トラベルオンライン

対象の店舗をよく使う方であればメンバーシップ・リワードへの加入を検討する価値は十分ありますよ。

アメックスで貯めたポイントの使い道は?

クレジットカード決済によって貯まったポイントは、後に買い物などで大いに活用できます。アメックスは、貯めたポイントをさまざまな使い方ができる点も選ばれている理由です。主な用途は下記になります。

アメックスで貯めたポイントの使い途
  1. マイルと交換をする
  2. 他社が提供しているポイントに移行する
  3. 支払いに利用する
  4. アイテムや商品券に交換する

1マイルと交換する

アメックスのポイントはANA・JAL・その他の提携航空会社のマイルに交換できます。各社の移行レートを下記表にまとめています。ぜひ目を通してみてください。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録済みの方 メンバーシップ・リワード・プラスに未登録の方
ANAマイル 1,000ポイント=1,000マイル 2,000ポイント=1,000マイル
JALマイル 2,500ポイント=1,000マイル 3,000ポイント=1,000マイル
提携航空パートナー 1,250ポイント=1,000マイル 2,000ポイント=1,000マイル

マイル移行レートは「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録することでアップします。よく飛行機に乗る方は、メンバーシップ・リワード・プラスへの加入を検討しても良いでしょう。

注意!
なお、ANAマイルに交換するには「メンバーシップ・リワードANAコース」への登録が必要です。

メンバーシップ・リワードANAコースの入会には、年間参加費として5,500円(税込)がかかります。飛行機に乗る回数やカードの利用額から、年会費の元が取れるか事前に確認しておきましょう。

2他社のポイントに移行する

アメックスを使い貯めたポイントは、「楽天ポイント」と「Tポイント」に移行できます。それぞれのレートは同じで、下記になります。
※2021年7月1日より、楽天ポイントへの移行レートが変更されますのでご注意をお願いいたします。

楽天ポイント・Tポイントへの移行レート

  • メンバーシップ・リワード・プラスに登録済みの方
    3,000ポイント=1,500ポイント
  • メンバーシップ・リワード・プラスに未登録の方
    3,000ポイント=1,000ポイント

ポイントは1回につき最少で3,000ポイントなければ手続きができません。移行方法自体は非常に簡単で、下記の手順で進めてください。

  1. メンバーシップ・リワード カタログサイトへログイン
  2. 楽天ポイント・Tポイントのいずれかを選択
  3. ポイント数を入力して移行ボタンをクリック

ちなみに、ポイントは300ポイント単位で使用でき、移行可能ポイントの上限もありませんよ。

3支払いに使う

貯めたポイントは、現金のように支払いで活用できます。例えば、下記のような使い方が可能です。

  • 買い物や公共料金の支払い
  • 飲食店での支払い
  • 旅行代金の支払い
  • オンラインショッピングでの支払い

さまざまな場所・店舗で使用できますので、現金支払いに比肩する使いやすさといえるでしょう。

利用シーン別ポイントの移行レート

下記に、各シーンで使用する際のレートをまとめています。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録済みの方 メンバーシップ・リワード・プラスに未登録の方
カード利用後の代金支払いの場合 1ポイント=0.5円~1円 1ポイント=0.3円
旅行代金支払いの場合 1ポイント=0.8円~1円 1ポイント=0.4円
店頭での支払いの場合 2,000ポイント=1,000円分の商品券 3,000ポイント=1,000円分の商品券
オンラインショッピングでの支払いの場合 1ポイント=0.5円~1円 1ポイント=0.3円

1ポイントあたりの価値が高くなるのは旅行代金の支払いに利用した場合です。アメックスは旅行好きの方と相性の良い国際ブランドといえますね。

4アイテムや商品券に交換する

貯めたポイントは支払いやマイル交換だけでなく、アイテムや商品券にも交換できます。アイテムでは、日常生活で役に立つ500以上のアイテムから選択可能です。

また、商品券に関しては「百貨店共通商品券」や「百貨店ギフトカード」などに3,000ポイントで1,000円分と交換できます。

その他にも、Amazonギフト券に3,000ポイントで1,000円分に交換ができたり、オリジナルイベントへの参加に使えたりと用途は幅広いですよ。

アメックスの種類

アメックスには、主に下記の種類があります。

  • アメリカンエキスプレスカード(一般)
  • アメリカンエキスプレスゴールドカード(ゴールド)
  • アメリカンエキスプレスプラチナカード(プラチナ)
  • アメリカンエキスプレスセンチュリオンカード(ブラック)

なかでも、アメリカンエキスプレスセンチュリオンカードはアメックスの中でも最高峰のステータスを誇るカードです。インビテーションが届かないと発行できない種類で、カード自体もチタンが使われており重みがあります。

センチュリオンカードはアメックスのブラックカードのことで、インビテーション条件は公表されていません。

アメックスカードの特典

クレジットカードを利用するうえで、特典についてチェックすることは非常に重要です。アメックスの主な特典は下記になります。

 アメックスの特典
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 空港ラウンジの利用
  • 海外旅行中の24時間サポート

手荷物無料宅配サービス

アメックスを所持していると海外旅行に行く際、羽出発時と帰国時にスーツケースを1個無料で配送してくれます。

なお、対象となるのはカード会員1名となっており、空港についても羽田空港(第3ターミナル)・成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港のみ対応可能です。

空港ラウンジの利用

空港にてアメックスと搭乗券を一緒に提示すると、国内外29もの空港ラウンジを利用できます。また、カード会員だけでなく同伴者1名まで無料利用できますので、待ち時間を優雅に過ごすことが可能です。

さらに、プライオリティパスを所持している場合は、国内外1,200カ所以上の空港VIPラウンジを利用できますので、旅行やビジネスなどで飛行機移動が多い人にはおすすめです。

海外旅行中の24時間サポート

アメックスでは、海外旅行時において24時間サポートを受けられる「グローバル・ホットライン」を提供しています。

日本語で通話ができるため安心ですし、レストランの予約や緊急時の支援などに対応しているため、不明点が出た際や万が一の事態などにおいて、大いに支えとなってくれます。

なお、グローバル・ホットラインは24時間無料で連絡可能です。
アメリカン・エキスプレス・カードのキャンペーン情報

アメリカン・エキスプレス・カードキャンペーン情報

  • ご入会後3ヶ月間、ポイントが100円=10ポイント※1
  • 通常ご利用ポイント合計30万円*のカードご利用で3,000ポイント※2
  • カードご利用ボーナス本特典で獲得できるボーナスポイント上限27,000ボーナスポイント(カードご利用合計30万円分*)※3
※1…メンバーシップ・リワード®のポイントが、100円=通常1ポイント+ボーナス9ポイントとなります。
※2…2021年11月4日(木)お申し込み分まで
※3…*ポイントおよびボーナスポイント加算対象外の加盟店ならびに200円=通常1ポイント+ボーナス9ポイントとして換算される加盟店、年会費等のポイント加算対象外となるご利用分が一部あります。

アメックスの旅行保険は?

アメックスは、5,000万円から最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯されていますので、万が一の事態に備えることが可能です。なお、カードのランクによっては国内旅行傷害保険も付帯されていますので、手厚い内容となっています。

自動付帯と決済をした場合に付帯される利用付帯によって補償金額は異なりますので、事前に公式ホームページにてご確認ください。

アメックスは、出国後のカードによる決済も傷害保険の対象となります。

アメックスの審査について

アメックスを利用するには、定められている基準を満たして審査に通過しなければいけません。

注意!
アメックスの審査基準について一般的に公開されていません。

審査基準は公表されていませんので、審査に通るために何が必要か断言はできないのが現状です。

審査に通過するためのポイントは?

アメックスだけに限らず、クレジットカードの審査に通過するためには「信用」が大事だと予測できます。

そのため、過去に返済遅延をしたり金融事故を起こしたりしていないかは、審査時の主なチェックポイントとして考えられるでしょう。

日頃からお金の管理はきちんとしておくことが、クレジットカードの審査に通過するための重要な要素といっていいでしょう。

ブラックリストに登録されると、最長で10年間はお金関係の審査を通過することは非常に難しくなると予想できます。

まとめ

この記事では、アメックスの特徴や選ばれている理由などについて解説しました。カードブランドとしてステータス性が高い点は、多くの人に支持されている大きな理由といえるでしょう。

この記事のまとめ
  • アメックスはステータス性の高いクレジットカードといわれている
  • インビテーションがなければ申し込みができないカードの種類がある
  • 付帯保険や特典が充実している

また、そのステータス性からポイント還元率が高く、付帯保険や特典の充実度なども特徴です。

海外旅行保険は大変手厚くなっていますし、空港など飛行機利用における特典も充実していますので、ビジネス・プライベートのどちらでも大いに活用できます。ぜひ、アメックスの申し込みを検討してみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事