【比較】ブラックカードおすすめランキング|所有する条件や特典は?

クレジットカードの中でも所有している人は数少なく、経済界のステータスともいえるブラックカード。詳細はあまり知られていませんが、気になっている人は多いでしょう。

この記事で分かること
  • ブラックカードの所有条件・年会費など
  • ブラックカードのメリット
  • おすすめのブラックカード

この記事を最後まで読んでいただければ、ブラックカードについての知識を得られます。

今、ブラックカードを利用するか悩んでいる方やこの先ブラックカードのインビテーションを受けたいと願っている方の参考になる記事です。

【比較一覧】ブラックカードおすすめランキング!

それではさっそく、おすすめのブラックカードランキングからご紹介します!

今回はポイント還元率が高い順にブラックカードをランキングにしています。
是非参考にしてみてください。
※ポイント還元率に幅があるカードの場合、還元率の下限で比較しております。

楽天ブラックカード

おすすめな理由

理由1利用限度額は300万~1,000万円程度

理由2ポイント有効期限は実質無期限

理由3ポイント還元率がspu利用で最大16倍

ブランド
年会費
ポイント
還元率
申し込み方法 特典
Mastercard 33,000円(税込) 2% 招待制
  • プライオリティ・パス
  • ラウンジ無料
  • 優待コースすべてを享受

楽天カードのブラックカードにあたるのが、楽天プレミアムカードブラックです。楽天プレミアムカードを使い続けていて、なおかつ楽天の設けている基準を満たしている方にインビテーションが送られて発行可能になります。

MM
楽天ブラックカードを保有していれば海外1,300カ所以上の空港ラウンジが無料で利用できるプライオリティ・パスに申し込めます。

24時間365日対応してくれる専任コンシェルジェがついてくれるという特典もあります。

楽天ブラックカードは国際ブランドにJCBかMastercardを選べます。自分がよく利用する店舗で扱っているブランドを選ぶとよいでしょう。

楽天ブラックカードを保有するとトラベルコース・楽天市場コース・エンタメコースという3つの優待コースすべてを利用できます。旅行時の加算ポイントがアップし、楽天市場でのお買い物も+1%加算されます。

楽天ブラックカードは最高1億円という充実した海外旅行保険を自動付帯しています。配偶者を含む家族も補償対象となっているので安心です。

ラグジュアリーカード

おすすめな理由

理由1申し込みができるブラックカード

理由2最大還元率2.75%の賞品交換が可能

理由3重量感のあるスチール製ブラックカード

ブランド
年会費
ポイント
還元率
申し込み方法 特典
Mastercard 110,000円(税込) 1.0~1.5% 申し込み可能
  • 一流ホテルのルームアップグレード
  • ラグジュアリーソーシャルアワー

ラグジュアリーカードのブラックカードは基本インビテーション制のブラックカードには珍しく申し込みが可能です。年間11万円(税込)つまり、月額9,200円弱で充実した優待を受けることができます。

MMラグジュアリーブラックカードの還元率は1.25%。賞品交換なら最大2.75パーセントの還元率です。

ラグジュアリーソーシャルアワーでは、5つ星ホテルやバーラウンジで行われているワインのテイスティングイベントでリーズナブルに上質なワインを楽しめます。カード会員同士で交流できる場が設けられているいう点も魅力です。

旅行や特別な食事、イベント時だけではなく365日24時間対応してくれるコンシェルジュがいるのでお家時間もより充実させられます。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

おすすめな理由

理由1ハイステータス

理由2専任パーソナルコンシェルジェ

理由3世界格国のホテル・空港で優待特典を受ける

ブランド
年会費
ポイント
還元率
申し込み方法 特典
アメリカンエキスプレス 385,000円(税込) 約0.6% 招待制
  • パーソナルコンシェルジュ
  • スイートルーム半額
  • プライベートクラブ利用可能

アメックスのセンチュリオンカードはクレジットカードとして、ブラックカードとして相当なハイランクのカードです。発行枚数は公表されておらず詳細は持つ人のみぞ知る謎に包まれたリッチカード。

センチュリオンカードを所有していると専任のパーソナルコンシェルジュがつきます。電話をかければ本人確認不要で様々な用事を代行してくれます。

きわめて充実した優待サービスも特徴的です。世界中の空港ラウンジを無料で利用できますし、エアポートまでの送迎サービスも行われます。スーツケース2個までは無料で配送されるサービスもあります。

MM
高級ホテルでは上級会員にふさわしい扱いをうけられます。部屋の無料アップグレードやレストラン・スパトリートメント利用料金の割引などの特典もセンチュリオンカードの大きな強みです。

アメックスプラチナカード保有者が受けている特典のほとんどをアメックスセンチュリオンカードを持っていれば受けられます。

注意!
センチュリオンカードは年会費が高く、取得が非常に困難なクレジットカードと予測できます。また、アメックスのクレジットカードを利用できる国内店舗が少なめな点がデメリット。

JCB THE CLASS

おすすめな理由

理由124時間対応コンシェルジュデスク

理由2世界の主要空港ラウンジを利用できる

理由3メンバーズセレクションのプレゼント

ブランド
年会費
ポイント
還元率
申し込み方法 特典
JCB 55,000円(税込) 0.5% 招待制
  • メンバーズセレクション
  • 会員制ラウンジ利用券

JCB THE CLASSはインビテーションを受けた人だけに発行されているJCBブランドのとして超ハイランクの高いクレジットカードです。ブラックカードにしては年会費が安く保持しやすいといえます。

24時間365日専用コンシェルジュが対応してくれます。接待に必要なお店探しや旅行の手配など忙しい時に面倒な作業を代わりにすべて行ってくれるコンシェルジュデスクは大変便利です。

申し込めば使えるプライオリティ・パス。世界中約1300箇所の空港ラウンジが利用できます。

 申し込みの連絡をしてから2週間程度でプラオリティ・パスが送付されます。前もって申し込んでおく必要があります。
カタログギフト式のメンバーズセレクションでは2~3万円分のプレゼントを1年に1度受け取ることができます。カタログは毎年3~4月頃に届くようです。

MMディズニーリゾート内のJCB会員制ラウンジも利用できます。ただしラウンジには10日前までに予約が必要です。

さらに、JCB THE CLASSでは最高1億円の国内・海外旅行傷害保険が自動付帯されています。わざわざ申し込む必要もないので、急な海外出張や海外旅行で万が一のことが起きても安心です。

Diners Club

ダイナースクラブプレミアム

おすすめな理由

理由1利用可能枠に一律の制限なし

理由2銀座プレミアムラウンジ・コンシェルジェサービスが利用可能

理由3プレミアムEXECUTIVEダイニングが利用可能

ブランド
年会費
ポイント
還元率
申し込み方法 特典
Diners 143,000円(税込) 0.40~1.00% 招待制
  • 高級ホテル上級会員資格
  • 誕生月プレゼント
  • マイル還元率2%

Diners Clubの誇る招待制ブラックカードです。プレミアムカードとしての上質なサービスとステータスを兼ね備えています。

24時間対応のコンシェルジュは旅行の手配やチケットの予約、プレゼントの準備などさまざまな要望に応えてくれます。

Diners Clubのポイントには有効期限がないため、好きなタイミングまで貯め続けて賞品に交換できます。賞品には期間限定のブランドアイテムやグルメも含まれています。

MMDiners Clubのプレミアムカードには最高1億円の海外旅行傷害保険が自動付帯されています。さらに、ショッピングリカバリーも年間500万円まで補償されています。

ブラックカードとは?

ブラックカード

ブラックカードとは、一般的にステータス等の面で最高ランクのクレジットカードのことを指します。特典やサービスの充実度などを見ると、ステータスの点で基本的にブラックカードの上にくるカードは無いといわれています。

クレジットカードの主な種類
  • 一般カード
  • ゴールドカード
  • プラチナカード
  • ブラックカード

ブラックカードを発行しているクレジットカード会社は少ないため、ブラックカードそのものの希少性が高いといえるでしょう。

ブラックカードについてはあまり詳しい情報が公開されていないので謎に包まれている部分も多く、持ち主のみぞ知るメリットもたくさんあります。

ここでは、ブラックカードの所有条件や気になる年会費、利用上限金額について紹介しましょう。

ブラックカードの所有条件

ブラックカード 招待 条件

ブラックカードは基本的に申し込み制ではありません。クレジットカード会社からインビテーションを受けなければ所有することは不可能なのです。

インビテーションの条件

インビテーションされる基準や条件は非公開のため、ハッキリしたことは分かりません。ただし、一般的に「高品質なカード利用実績を積んでいる事」が求められるといわれています。

では、高品質なカード利用実績を示すためにはどうすればいいのでしょうか。一般的には、下記3つが重要といわれています。

  • 継続的に利用すること
  • 利用額が高額であること
  • 返済の延滞がないこと

特に、返済の遅滞は信用度を下げる原因にもなり得ると考えられますので、計画的な返済を心掛けることが必要でしょう。

現状で、ブラックカードの招待を受ける方はクレジットカードの利用額が高額であり、社会的ステータスを持っている人であるということが予測できます。

年収条件

ブラックカードのインビテーションを受ける条件の1つとして「年収」も重要だと考えられています。一般的に年収1,000万円以上が目安となっているようです。

ただし、これより低い年収でも招待されている例があるため、あくまで目安として考えましょう。

招待無しで作れるブラックカードもある

国内で招待されなくても学生を除く20歳以上の人が誰でも申し込めるブラックカードもあります。LUXURY CARDブラックです。

インビテーションを受けなくても、申込みで発行できてビジネスの場で高いステータスを発揮できるブラックカードとして人気があります。

ブラックカードの年会費

ブラックカード 年会費

ブラックカードの年会費は?
5〜35万円程度。

クレジットカードとしてランクの高いブラックカードは、ほとんどの場合で年会費も高額です。カードを所有しているだけでも数十万の費用がかかります。中には、入会費用として40〜50万円を必要としているブラックカードもあるようです。

ここで、例として有名なブラックカードの年会費を紹介しましょう。

ブラックカード 年会費
アメックス センチュリオン 385,000円(税込)
SBIワールドカード 165,000円(税込)
スルガ Visa  Infinite 132,000円(税込)
ダイナースクラブ プレミアム 143,000円(税込)
JCB THE CLASS 55,000円(税込)
楽天ブラックカード 33,000円(税込)

年会費がかなり高いのが、ブラックカードがアメックスセンチュリオンです。年会費を払うだけでも相当な費用の負担となりますので、ブラックカード所有者に経済力は必須です。

ただ、楽天カードのように比較的格安な年会費で利用できるブラックカードもあります。もっとも、ブラックカードとしては特典がかなり少ないため年会費の安さも肯けます。

ブラックカードの利用限度額

利用限度額

本来クレジットカードには利用限度額が設定されており、限度額の枠内でのみ利用できます。ブラックカードはほとんどの場合、一見、無制限と思えるほど上限の高い金額の利用限度額が設定されています。

正確には一律の利用限度額はなく、個別の利用実績に応じて決定されるのがほとんどです。

決済額が高額であり高品質な利用実績が積み重なれば、どんなに高いものでもブラックカード一枚で簡単に購入できる可能性があります。

MMブラックカードなのに利用限度額が100万円なんて話を耳にしたことがあるかもしれません。ブラックカードを所有していてもほとんど利用していなければ利用限度額も縮小されて、いざ必要な時に使ってみたら限度額オーバーになったというケースもあるようです。

ブラックカードを持っている人が得られるメリット

ブラックカード メリット

ブラックカードはクレジットカードの最上級ランクに位置付けられていることがほとんどです。持っている人が得られるメリットとして挙げられるのが「特典が豪華」という点です。

ブラックカードの特典
  • 限定されたイベントの体験
  • 厳選プレゼント
  • 専用コンシェルジュ
  • 海外旅行保険の補償金額が増える
  • 空港ラウンジのサービスがアップ

自分でやるには時間がない、面倒だと感じることをコンシェルジュが代わりにやってくれます。レストランの予約や旅行プランの手配などがその例です

高級ホテルや航空券を予約すると、ブラックカードで支払うというだけで無料アップグレードしてくれるサービスもあります。

年会費が高い分、基本的に追加費用無料できわめて質の高いサービスを受けられるので特典は使えば使うほどお得といえるでしょう。


まとめ

ブラックカードのほとんどはインビテーションを受けなければ申し込めません。簡単には所有できない分、クレジットカードとしてきわめてランクが高く、保有しているだけで社会的・経済的なステータスとなり得ます。

記事のまとめ
  • ブラックカードを所有するなら一般的に「継続的なカード利用」「高額な利用額」「計画的な返済」が大事と考えられる。
  • 年収条件の目安は約1,000万円。
  • ブラックカードの年会費は一般的に5〜35万円程度。

国内で知名度の高いブラックカード5つの特徴を紹介しました。ブラックカードを持ってみたい、ブラックカードの条件や特典について知りたいという方のお役に立てればうれしいです。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事