カードローンの利息は高い?計算方法と賢い使い方を詳しく解説!

カードローンに関するこちらの記事を読むと分かることは以下の3点です。

カードローンの金利
  • カードローンの利息の計算方法
  • カードローンの利息を少しでも抑える方法
  • カードローンの無利息期間は主に「初めて契約をした翌日から」と「初めて借入をした日の翌日から」の2つ

利息の仕組みを知ることでカードローンは便利かつ安全に利用できますよ。

カードローンの利息に関する基礎知識

カードローンはローンの1つなので、借りた後は必ず「利息」をプラスした金額を返済する必要があります。利息を理解する上では「金利」と「利息」の違いを見ておきましょう。

  • 金利:カードローンの借入金額に対して発生する利息の割合のこと
  • 利息:金利によって計算された、借入金額に追加して支払うお金のこと

どちらも混同されがちですが、しっかりと意味が分けられているので覚えておきましょう。

そしてこの金利は「利息制限法」という法律の上限範囲内で各カードローン会社が設定をしています。

  • 借入金額が10万円未満:年20%
  • 借入金額が10万円以上100万円未満:年18%
  • 借入金額が100万円以上:年15%
MMカードローンの金利は借り入れた額にしたがって上限が異なります。そのため、50万円を借りたのに金利が20%になっていた場合は違法ということになります。

カードローンの利息を計算する

カードローンで借入をするなら、利息の計算は知っておくと返済期間の計算や総返済額の把握に役立ちます。

利息の計算方法は複雑ではないので、自分でもすぐに分かりますよ。
利息の計算方法
  • 借入金額×実質年率(金利)×借入日数÷365(日)=利息

※うるう年の場合は366日

例えば、30万円の借入金額で金利が18%適用され、借入日数が40日の場合を計算します。

300,000円×18%×40日÷365日≒5,917円

利息はおよそ5,917円となり、借入元金80,000円とその金額をプラスすると最終的に返済する金額は85,917円となります。
もし同じ金額80,000円を金利15%で40日間借りた場合はどうでしょうか?

300,000円×15%×40日÷365日≒4,931円

金利が5%下がっただけでこれだけの違いが出ます。

借入を検討している人は、いくら返済することになるのかを事前に計算しておくと借りすぎ防止にもつながります。

多くのカードローン会社は「残高スライドリボルビング方式」を採用

先ほど利息計算方法を具体例を交えて紹介しましたが、カードローンの毎月の返済額は一定ではないことが多いです。

それは多くのカードローン会社では「残高スライドリボルビング方式」をとっているからです。

残高スライドリボルビング方式とは

借入額を段階に分けて、その段階の中で返済額が一定になる支払い方式のこと

例として、金利18%で借り入れた場合の最低返済金額を見てみましょう。

借入残高 毎月の最低返済額
1~100,000円 4,000円
100,001~200,000円 8,000円
200,001~300,000円 12,000円
300,001~400,000円 13,000円

残高スライドリボルビング返済のメリットは、主に以下の2点が挙げられます。

  • 毎月の最低返済額が範囲内で一定なので返済計画が立てやすいこと
  • 好きなタイミングで繰り上げ返済も可能

毎月の返済金額が把握しやすいので、借入前に「どれくらいまで借りても無理なく返済できるか」を計算しやすいのがメリットといえます。

しかし次に挙げるようないくつかのデメリットも存在します。

  • 返済期間が長引く可能性
  • 借りすぎに繋がる可能性

残高スライドリボルビング方式はあくまで「毎月の最低返済金額」を決める方法なので、ずっと最低金額だけを返済しているとなかなか完済できないこともありえます。

返済期間が伸びるとそれだけ「利息」が増えてしまうので、なるべく返済期間は短くしましょう。

利息の計算は返済シミュレーションを利用してみよう

詳しい利息をさっと手軽に計算するなら「返済シミュレーション」も積極的に活用してみてください。毎月の返済額や完済までの期間などが瞬時に出るので大変便利です。

返済シミュレーションは、各カードローン会社の公式サイトでも可能なことが多いので、利用の前にぜひ計算してみてください。

事前登録も必要なく、無料で利用できるのでカードローンを初めて利用する方にぜひおすすめ!

カードローンの利息に関する注意点と対策法

カードローンを利用する場合、どのカードローン会社で借りるかも重要です。会社選びには主に以下のポイントを抑えておきましょう。

実際の返済額はシミュレーションと異なる

先ほど紹介した利息の計算方法はあくまで基本的なものです。そのため、実際の返済額はカードローン会社によって違いが生まれることがあります。

なぜなら、借入期間を決める際の最初の日である「起算日」が会社によって違うからです。
利息の計算は「日割り」となっているので、起算日が1日違うだけでも返済額が異なります。

実際の金額が分からない・不安があるという場合には、実際にカードローン会社に問い合わせるのがおすすめの対策法です。

実際に適用されている金利を比較する

カードローン会社の多くでは金利を表示する際に「〇〇%~◇◇%(年率)」と範囲を設定していることが多いです。

そのため、実際に自分が借入を行った際に適用される金利はこの範囲内なので、一番低い金利ばかりというわけではありません。

MM一般的に、借入金額が少ない方が金利が高い傾向にあります。実際に自分がどの程度の金利が適用されるのかは、審査が終わって契約に移らないとはっきりとは分かりません。

適用される金利を把握してから、契約を進めるかどうかを判断してもOKです。

カードローンの利息が無料になる方法

カードローン会社はサービスの一環として「無利息期間」を設けているところもあります。無利息で借入できる条件は各カードローン会社ごとに違うので、申し込み前に必ず確認しましょう。

無利息期間を用意する理由

元金だけ返済をされてもカードローン会社の収益には繋がりません。そこで「利息」を元金にプラスされることで収益を得ています。

しかし、無利息期間を設けることによって会社の収益にはつながらないのに、このサービスを設けているところは少なくありません。

なぜ無利息期間サービスがあるのでしょうか?
無利息期間を受けられる条件は、大抵の場合が「そのカードローン会社を初めて利用する人」となっています。これは新規顧客を獲得することが目的と考えられるからです。

無利息期間開始のタイミングが主に2種類

カードローンの無利息期間が始まるタイミングは主に「初めて契約をした翌日から」と「初めて借入をした日の翌日から」の2種類があります。

「初めて契約をした翌日から」無利息期間が開始される場合は、申込みをして審査に通り契約を締結した翌日から無利息期間が開始されます。

対して「初めて借入をした翌日から」無利息期間が始まる場合は、実際に借入をした次の日が無利息期間の開始日です。

MMそのため、後者の場合には契約をしても借入がなければ無利息期間が開始されないことを覚えておきましょう。

契約をしてもすぐに借入しない場合は、『初めて借入をした翌日から無利息期間が適用される仕組み』を提供しているローン会社を選ぶのも手です。

無利息期間を活用する上で気を付けること

借入をする場合にはいくつかの条件がありますが、大変便利な無利息期間は、利用する前にいくつかの注意点を把握しておきましょう。

無利息期間の注意点の例
  • 借り過ぎる可能性
  • 無利息期間内に返済が終わるとサービスも終了
  • 箇返済義務は通常の返済日と同じ
  • 延滞にはペナルティが発生する

注意点① 借りすぎる可能性

無利息期間内でも、契約時に結んだ利用限度額内であれば追加借入をしても無利息で借入可能です。これが理由で「借り入れたお金だけ返せばいいからいつでも返せる」と思って借りすぎてしまうケースもあります。

多くの会社では無利息期間を「30日(1ヶ月)程度」に設定しているところがほとんどです。特に翌月の給料日で完済をするならあまり長い日数とはいえません。

MM無利息期間サービスを利用する場合であっても無理なく返せる金額であることはもちろん、無利息期間内で返済しきる借り方がおすすめです。

注意点② 無利息期間内に返済が終わるとサービスも終了

無利息期間サービスが利用できる条件としてほとんどの場合に設けられているものに「初めてその会社で契約する人」が挙げられます。
その場合、無利息期間内に返済が完了し会社と契約を解除すると、次に契約をする場合の借入は通常の金利が適用されます。

無利息期間内で完済しおわっても解約をしていなければ、残りの日数も利息が発生せずに利用できることも非常に多いですよ!

注意点③ 返済義務は通常の返済日と同じ

一般的なカードローンの借入と同じように返済日には元金は必ず返済する必要があります。

カードローン会社によって毎月の返済日が決められている「約定日制」を返済方法で採用している場合は、無利息期間内であっても返済日がくることがあります。

注意点④ 延滞にはペナルティが発生する

無利息期間サービスが利用出来ても、「延滞」はしない方が良いです。なぜなら返済期限を1日でも過ぎれば「延滞」となり、「遅延損害金」というペナルティが発生するからです。

遅延損害金は借入残高に対して「上限20%(年率)」で計算される仕組みなのがほとんどです。

せっかくの無利息サービスが利用できても遅延損害金が発生してしまうと返済額が増えてしまう可能性があります。

カードローンの利息を少しでも抑えるには?

利用者の多くが、返済額が少しでも低くなったら良いと考えるのは普通のことです。
総返済額を少しでも抑えるためには利息の存在を無視できません。ここでは利息の発生を削減するポイントやコツを説明していきます。

1スポット返済を積極的に使う

多くのカードローン会社では毎月の返済以外にも返済が出来るシステムがあります。「繰り上げ返済」と呼ばれることもあり、手持ちに余裕がある時に返済日以外にも返済をするのがおすすめ。

返済期間の短縮が利息発生を抑えることに繋がるので、スポット返済を行うことで返済期間が短くなることが総返済額を抑えることに繋がります。

ただし、家計に影響を及ぼすほどのスポット返済を行うことは危険なので、ボーナスや臨時収入といったものをスポット返済に充てると無理なく返済できます。

2おまとめローンを使う

もし2社以上の会社で借入をしている場合は『おまとめローン』の利用も検討してみてはいかがでしょうか。

おまとめローンとは

2つ以上のローンがある場合に、ローンを1つだけにまとめる方法

3借り換えも検討する

カードローンの金利は独自のルールで決められています。そのため、現在支払っている利息よりも低い利息で借入出来るローンがあれば「借り換え」の検討もよいです。

別のローンに申し込むことになるので、新規申し込みと同様「審査」を受けて通過しなければ借り換えができません。

すでに借入れがある状態での審査は全くの新規借入れよりも厳しいといわれることがありますので注意してください。

まとめ

カードローンを賢く利用するには、今回紹介したことを参考にすることをおすすめします。

カードローンの利息は……
  • 無利息期間キャンペーンの利用は借入れをする直前がおすすめ
  • 返済シミュレーションを活用して返済プランを組み立てる

無理のない返済金額・返済期間をあらかじめ予想しておくことで、カードローンは安全・便利に利用できます。

おすすめ最新版!!人気のカードローン
3選をチェック!!

関連記事

人気記事

おすすめ

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事