カードローンとキャッシングの違い|どっちがおすすめか徹底解説

カードローンやキャッシングなど、万が一お金に困った際に生活の支えとなるサービスとして人気を集めています。

そこで今回は、そもそもカードローンとキャッシングとはどういったサービスで、違いは何かを比較しながら解説していきます。

また、人気のカードローンについてもランキング形式で発表していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

カードローンとは

カードローンとは、消費者金融などの貸金業者や銀行などの金融機関が提供しているサービスです。現金を引き出す・返済することをATMなどで気軽にできることから人気を集めています。

最近ではネット上からの手続きで口座に振り込まれるサービスも定着しつつあり、非常に使い勝手が良く利用者も増加傾向にあります。

キャッシングとは

一方で、キャッシングとはクレジットカードに付帯されている機能です。クレジットカードのショッピング枠とは別に設けられたキャッシング枠を使い、ATMなどで現金を引き出して使用できます。

ショッピング枠 買い物やサービス利用で使える金額の総額のこと
キャッシング枠 クレジットカードを使って現金を引き出す際に利用できる金額の上限のこと

カードローンと非常に似たサービスですが、クレジットカード機能を有している点が大きな違いといえるでしょう。

カードローンとキャッシングの違いを比較

カードローンとキャッシングについて、金利・審査・限度額などの違いを比較していきます。

金利について比較

それぞれの金利の相場は次のとおりです。

消費者金融
カードローン
18.0%前後
銀行
カードローン
15.0%前後
クレジットカード
キャッシング金利
上限18.0%

 

カードローン金利比較

まずは、カードローンの金利です。

プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
三菱UFJ銀行 1.8%~14.6%
三井住友銀行 年1.5%~14.5%

 

クレジットカードキャッシング金利比較

下記はクレジットカードのキャッシングを利用した際の金利です。

JCBカード 15.0%~18.0%
三井住友カード 15.0%~18.0%
楽天カード 18.0%
セゾンカード 12.0%~18.0%
イオンカード 7.8%~18.0%

 

金利は利息となって返済額に大きく関係するので、事前に確認しておいてください。

審査について比較

審査については、カードローンの場合は申し込みをする審査が開始され、次のポイントがチェックされると予測できます。

カードローンの審査でみられると予測できるポイント
  • 返済能力を有しているか
  • 過去に金融事故を起こしていないか

返済能力が乏しいと判断された場合は、貸す側も貸し倒れとなるリスクを避けることから審査落ち濃厚であると考えられます。

一方で、キャッシングについては、キャッシング枠を付帯して申し込めばクレジットカード利用の審査が実施され、その場合には通過するとキャッシングは自動で付いていますので別途再審査を受ける必要はありません。

審査基準については公表されていないためあくまで目安です。

限度額について比較

限度額について、カードローンの場合は500万円~800万円など高額融資を可能としています。
※必ずしも全てのローン・キャッシングの限度額が下掲の表の範囲内に収まるとは限りません。

カードローン
限度額
(目安)
500万円〜800万円
クレジットカード
キャッシング限度額
(目安)
数万円〜数百万円

クレジットカードキャッシングの場合は、通常のクレジットカード決済となるショッピング枠と現金を引き出せるキャッシング枠に分かれています。

以下の例について考えてみましょう。

Aさんはショッピング枠が30万円、キャッシング枠が10万円のクレジットカードを使っています。10万円のキャッシングをした際にショッピング枠として利用できるのはいくらでしょう?
回答 30万円ー10万円=20万円

このようにクレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠は繋がっているため注意しましょう。

ショッピング枠の残りの使用可能金額はキャッシング枠の使用状況により変わってきますので、計画的に利用しましょう。
総量規制とは

総量規制とは、年収の3分の1を超える借入ができないように制限している法律です。総量規制の対象となるサービスは主に次のとおりです。

総量規制の対象
  • 消費者金融カードローン
  • クレジットカードキャッシング

上記のサービスは貸金業法の規制に該当することから、総量規制の対象となり年収の3分の1を超える借入はできません。しかし、銀行カードローンは総量規制の対象外となるため、年収の3分の1を超える借入が可能です。

総量規制は、貸金業者からの借入を対象にしています。

融資までの期間について比較

融資までの期間について、消費者金融カードローンの場合は最短即日融資に対応しているところが多いです。

しかし、銀行カードローンについては即日融資には対応していないため、急ぎでお金を用意しなければならない場合は使いにくいでしょう。

クレジットカードのキャッシングについては、クレジットカードの申し込みをした当日は利用できませんが、既にキャッシング枠の設定されたカードを所持している場合は即日融資に対応しています。

ただし、クレジットカード会社により取扱いは異なるため、事前に問い合わせておく方が無難です。

結局カードローンとキャッシングはどっちがおすすめ?

カードローンとキャッシングを比較すると、おすすめは消費者金融カードローンといえます。その理由について見ていきましょう。

1金利0円期間がある

ほとんどのカードローンでは、はじめて契約した人に限り30日間など一定期間金利0円というサービスを提供しています。

金利は利息として返済額に加算されますので、一定期間0円で利用できる点は、初心者にはリスクが軽減されるためおすすめです。

60日間・180日間など長期間にわたり金利0円で融資を受けられるサービスもあります。

2最短即日融資に対応しているところが多い

消費者金融カードローンは、最短即日融資に対応しているところが多いです。

クレジットカードのキャッシングも、キャッシング枠が設定されたカードさえあれば即日融資が受けられますが、ない場合は数日程度は待たなければカードが発行されません。

そのため、急ぎでお金を用意したい場合に、カードローンは大いに活用できるでしょう。

カードローン会社によっては、申し込みから融資まで最短60分というスピーディーな対応を可能としているため魅力的です。

3金利が低め

銀行カードローンの場合、だいたい上限金利は15.0%と、上限金利が低めで利用できます。

審査によって金利は変動しますが、そもそもの設定がカードローンとキャッシングで変わってきますので、事前に把握しておきましょう。

金利は少しでも安い方が返済が苦しくならないため、事前に必ずチェックしておいてください。

おすすめカードローンランキング

ここからは、おすすめのカードローンをランキング形式で紹介していきます。

プロミス

プロミスがおすすめな理由

理由1最短30分融資可能

理由2上限金利が低い

理由3手続きがWEBで完結

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
4.50%~17.80% 500万円 最短30分 最短30分
借入方法 返済方法 WEB完結
カードレス融資
申込可能年齢
・指定口座振込
・プロミスATM
・提携ATM
・三井住友銀行ATM
・インターネット返済
・口座振替
・店頭窓口
・プロミスATM
・コンビニ
可能 20〜69歳

ポイント1上限金利が低い

プロミスの金利は4.5%~17.8%と低めに設定されています。
少しの差でも返済額に関係してきますので、契約前は意識しておきましょう。

ポイント2最短即日融資に対応している

プロミスは最短即日融資に対応しているため、急ぎでまとまったお金が必要な場合でも活用できます。

WEB契約をすることで最短即日融資が可能で、多くのコンビニATM・銀行ATMなどで借入が可能です。

SMBCモビット

SMBCモビットがおすすめな理由

理由1提携ATMが多い

理由2WEB完結申し込み対応

理由3最短即日融資可能

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
3.00~18.00% 800万円 最短30分 即日
借入方法 返済方法 WEB完結
カードレス融資
申込可能年齢
・振込キャッシング
・提携ATM
・口座振替
・提携ATM
・銀行振込
・インターネット返済
可能 20〜69歳

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

ポイント1WEB完結申し込みに対応

SMBCモビットはWEB完結申し込みに対応しており、電話や郵便物なしでも利用可能という魅力的なサービスを提供しています。

審査結果のお知らせなど、SMBCモビットからの連絡はメールのみなので、比較的利用しやすいカードローンとして注目されています。

注意!
ただし、審査の際に確認が必要となれば電話連絡が入りますので、その点はご注意ください。

ポイント2提携ATMが多く利用しやすい

SMBCモビットは、提携ATMが全国におよそ140,000台※1あります。銀行やコンビニなど、さまざまな場所で借入や返済ができることから使い勝手の良い点も人気を獲得している理由です。

SMBCグループであることから、三井住友銀行ATMでの利用は借入・返済ともに手数料無料です。

※1 2019年9月現在

アコム

アコムがおすすめな理由

理由1最短30分審査

理由2初めてなら金利0円期間あり

理由3ネットやATMから24時間借入・返済できる

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
3.00~18.00% 800万円 最短30分 即日
借入方法 返済方法 WEB完結
カードレス融資
申込可能年齢
・ATM
・振り込み
・インターネット
・アコム ATM
・提携ATM
・店頭窓口
・口座引き落とし
可能 20〜69歳

ポイント1スムーズな審査手続を実施

アコムでは申込みから審査まで、最短30分で完了します。そのため、最短即日融資に対応している点は人気の理由です。

事前にインターネットで申し込みをしてから、アコムの店舗や自動契約機にて手続きをすると時間を短縮できます。

ポイント2はじめてなら金利0円期間あり

アコムでは、契約がはじめての人であれば契約日翌日から30日間金利がかからない利息0円サービスを実施しています。

少額融資を希望しており、かつ30日以内に返済できる目処が立っている場合、利息なく利用できるため非常におすすめです。

カードローンとキャッシングを選ぶ際の注意点

カードローン・キャッシングを利用するにあたり、事前に注意すべき主なポイントを把握しておきましょう。

カードローン・キャッシング利用時に注意する主なポイント
  • 総量規制の対象であるか
  • 申込条件の対象者であるか
  • 金融事故を起こしていないか

総量規制の対象であるか

カードローンやキャッシングを利用するにあたり、注意すべきは総量規制の対象となるか否かです。総量規制は年収の3分の1を超える借入ができないという法律上の規制で、貸金業者を対象としています。

消費者金融カードローン・クレジットカードのキャッシングは総量規制の対象となりますので、高額の借入を検討している人は年収と照らし合わせておきましょう。

銀行カードローンは総量規制の対象外なので、その点も踏まえて検討してください。

申込条件について確認する

基本的なことですが、各サービスで申込対象となる条件は異なります。

カードローンにおいても、パートやアルバイトの人は申込み自体ができないということも考えられるため、申込条件も事前にチェックすべきです。

金融事故を起こしていないか

審査に関わる内容として、過去に金融事故を起こしていないかは重要なポイントです。返済の滞納や自己破産など債務整理をした場合、個人信用情報機関にブラックリストとして名前が登録されます。

すると、場合によっては5年から10年はカードローン等の審査落ちは濃厚だと予測できます。事前に、自分の信用情報に問題がないかを確認することも頭に入れておきましょう。

クレジットカードキャッシングとカードローンどっち?

信用情報への影響

利用することで信用情報にキズがつくのはカードローンとクレジットカードキャッシングのどちらですか?
回答 どちらも利用しただけでは信用情報にキズがつくことはありません。

ただし次のような場合には信用情報に影響を及ぼします。

  • 支払いが遅れる
  • 支払いが滞る
  • 支払いの催促を無視

カードローンでもキャッシングでも信用情報に影響を与えるため、必ず返済期日に遅れないようにしましょう。

住宅ローンへの影響

カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用することで住宅ローンの審査に影響はありますか?
回答 カードローン・キャッシング問わず、基本的には利用した履歴があっても住宅ローンに影響は与えません。

しかし、当然ながら期日を守らず返済が遅れることを繰り返すと、個人信用情報機関に記録されるため、住宅ローンの審査において悪影響を与えることが予測できます。

住宅ローンの利用を考えている際には、クレジットカードのキャッシングやカードローンの借入を完済した状態で審査に臨みましょう。

過払金への影響

カードローンやクレジットカードのキャッシングは過払金が発生することはありますか?
回答 2007年以降には過払金が発生しないケースが多くなっています。

過払い金とは、消費者金融やクレジットカード会社などが利息を取り過ぎていることを指します。利息制限法を超える利息をとっている貸金業者は超えた分を返済しなければなりません。

利息制限法とは
総額10万円以上100万円未満のキャッシングに対しての利息は年18%を超えてはいけないという法律のこと

どちらも過払金が発生する可能性はありますが、法改正のため2007年以降は過払金が発生しないケースが多くなっています。

また、クレジットカードのショッピング枠は借金ではなく立替金として扱われるため、過払金としては扱われません。

まとめ

カードローンやキャッシングは、現金を用意しなければいけない場合に活用できる便利なサービスです。

それぞれのサービスで金利は異なるため、どちらが安いかを調べること、限度額はそれぞれいくらになるかなど、用途に合った方を選びましょう。

カードローンとキャッシングを比較すると、金利の低さや最短即日融資に対応している点など、カードローンの方が使い勝手が良いためおすすめです。

まとまったお金を用意しなければいけない場合に備えて、おすすめのカードローンをチェックしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

人気記事

おすすめ

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事