カードローンの最適な選び方9つのポイント|初心者必読

「お金を借りたいけれど、自分に最適なカードローンがどれかわからない」「どうやって選べばいいか選び方がわからない」このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

カードローンを選ぶ際には、金利や融資限度額、審査スピードなど様々な方法が挙げられます。自分に合ったカードを選ぶことで、借入をスムーズに行うことができたり返済負担を減らすことが可能です。

今回の記事では、カードローンの選び方のポイントを9つの項目に分けて解説していきます。

そもそもカードローンとは?種類やフリーローンとの違いを解説

「どの種類のカードローンがおすすめ?」とお悩みの方の中にも、カードローンの特徴や種類・フリーローンとの違いについてわからないという方も多いのではないでしょうか。

まずは、カードローンの特徴や種類について詳しく解説していきます。

カードローンとは

そもそもカードローンとは、融資(ローン)の中でも消費者金融会社や銀行などの金融機関が発行する借入専用のカードです

申し込みの際に利用限度額の申請を行い、発行したカードは限度額の範囲内であれば自由に借入と返済が可能になります。

したがって、お金が必要なたびに申し込みを行う必要がないということがカードローンの最大のメリットです。

借入の際には銀行やコンビニにあるATMにカードを差し込むだけで手軽にお金を借りることができます。

カードローンの種類

カードローンの種類

カードローンの種類を大きく分けると、次の2つが挙げられます。

カードローンの種類

  • 消費者金融系カードローン
  • 銀行系カードローン

消費者金融系カードローン

消費者金融系カードローンとは、プロミスやSMBCモビットなどの消費者金融会社が発行するカードローンです。

特徴は審査スピードが非常に早いという点で、最短30分〜1時間ほどで審査が完了します。

審査スピードが早いことで、契約までスピーディーに済ませることが可能で、最短で即日のカード発行も可能です。

したがって借入を急いでいるという場合には消費者金融系のカードローンがおすすめとなります。

MM
また、会社によっては利息無料期間が30日程度設定されており、短期間での利用であれば銀行系カードローンよりも金利負担が少ないです。

銀行系カードローン

銀行系カードローン

銀行系カードローンは三井住友銀行や三菱UFJ銀行などの銀行が発行しているカードローンです。

消費者金融系のカードローンに比べても設定されている金利が安いため、利息の負担を減らすことができます。

MM
例えば、三井住友銀行カードローンの金利は、年率1.5%~14.5%であり、消費者金融系カードローンと比べてもはるかに安いです。

借入金額や借入期間が増えるほど利息の負担が大きくなってしまうため、長期間お金を借りる予定のある人やたくさんお金を借りる必要があるという場合には銀行系カードローンがおすすめです。

カードローンとフリーローンの違い

カードローンとフリーローンの違い

カードローンと似た融資商品として「フリーローン」が挙げられます。フリーローンは資金使途が自由なローンであり、借入希望金額と返済期間を契約時に設定して融資を行います。

MM
借入金額や返済期間があらかじめ決まっているため、一度お金を借りたあとは返済するだけです。もし追加でお金が必要な場合には再度申し込みを行う必要があります。

一方でカードローンは限度額を設定し、限度額の範囲内で何度でも借入が可能です。したがって、追加でお金が必要な場合にも対応しやすいことがメリットとなります。

あなたに最適な1社はこれだ!! おすすめのカードローン
5選をチェック

おすすめのカードローン5選を徹底比較!

プロミス
三井住友カード
カードローン
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
アコム
SMBCモビット
プロミス
三井住友カード
アコム
SMBCモビット
実質年利
4.50%~17.80%
1.5%~15.0%
1.8〜14.6%
3.00%~18.00%
3.00%~18.00%
借入限度額
最大500万円
900万円
10〜500万円
最大800万円
最大800万円
無利息期間
30日
-
30日
審査期間
最短30分
最短5分で
即時発行可能

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30
最短翌営業日
最短30分
最短30分
融資スピード
最短即日
最短5分で
借入れ可能

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30
最短翌営業日
最短即日
最短即日
WEB完結
融資まで
融資まで
可能※お申し込みまで
融資まで
融資まで
取引手数料
不要
-
-
不要
不要

1三井住友カード カードローン

三井住友カード カードローン

三井住友カード カードローンがおすすめな理由

理由1金利が1.5~15.0%と安い

理由2利用限度額は最大900万円

理由3返済実績に応じて翌年度利率が0.3%引き下げになる

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
1.5%~15.0% 900万円 最短5分で即時発行可能 最短5分で融資可能
借入方法 返済方法 WEB完結
カードレス融資
申し込み条件

・ATM

・口座振替(WEB、電話)

元金定額返済 可能 20歳〜69歳
※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

ポイント1金利が年率1.5%15.0%と安い

三井住友カード カードローンの金利は年率1.5%~15.0%と安い水準で、銀行系カードローン並みの金利となっています。

カードローンの利息は1日借りただけでも発生するため、頻繁にお金を借りる人や長期間返済が続く人は特に金利を抑えることが望ましいです。

MM
例えば、金利が17.8%のカードローンを利用して30万円を30日間借りた場合、4,389円の利息がかかります。

三井住友カード カードローンの上限金利である15.0%30万円を30日間借りた場合だと3,698円と抑えられるため負担が少ないです。

したがって、なるべく利息負担を減らして借入したいという場合には、三井住友カード カードローンが適していると言えるでしょう。

即時発行申込なら最短5分で審査完了!三井住友カード
カードローンを申込む

※お申し込みの時間帯や状況により、審査にお時間をいただく場合がございます。
※通常発行をお選びした場合は、審査時間は5分となりません。

ポイント2利用可能限度額は最大900万円

三井住友カード カードローンのご利用限度額は最大900万円となっており、カードローンの中では利用可能限度額が大きいです。

MM
一般的なカードローンの場合500万円〜800万円までが利用限度額のものも多いため、三井住友カード カードローンは特に利用限度額が大きいことがわかるでしょう。

したがって、なるべくたくさんの金額を借入したいというニーズがある場合には、より利用限度額の大きい三井住友カード カードローンに申し込みを行うことがおすすめです。

ただし、利用限度額は審査結果に応じて設定されるため、必ずしも900万円まで限度額が付帯されるとは限りません。

ポイント3返済実績に応じて翌年度利率が0.3%引き下げになる

三井住友カード カードローンでは、返済実績に応じて翌年度の利用残高分から適用利率を0.3%引下げるサービスがあります。

MM
例えば、三井住友カード カードローンの設定金利が上限の15.0%の場合でも1年間延滞しなかった場合、翌年度の金利は14.7%となります。

さらに、三井住友カード カードローンの金利引き下げサービスは最大1.2%まで引き下げすることができます

4年間返済実績に問題なければ当初15.0%の金利が13.8%となるため、さらに金利負担を抑えてお金を借りることが可能です。

長期的にカードローンを使う可能性がある場合には年々金利がお得になる三井住友カード カードローンがおすすめと言えるでしょう。

即時発行申込なら最短5分で審査完了!三井住友カード
カードローンを申込む

※お申し込みの時間帯や状況により、審査にお時間をいただく場合がございます。
※通常発行をお選びした場合は、審査時間は5分となりません。

2プロミス

プロミスがおすすめな理由

理由1"瞬フリ"で10秒振込!

理由2来店不要で最短1時間融資も可能!

理由3オペレーターも親切・丁寧!

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
4.50%~17.80% 1万円~500万円 最短30分 即日
借入方法 返済方法 WEB完結
カードレス融資
申込可能年齢
  • 口座振込
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • 提携ATM
  • インターネット
  • 口座振替
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • コンビニ
対応
  • 年齢18歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
  • プロミスの基準を満たす方

(※主婦・学生でもアルバイト・パートなど安定した収入のある場合はお申込いただけます。ただし、高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。)

ポイント110秒振込サービスの「瞬フリ」

24時間365日最短10秒で振り込みされるサービスがプロミスにはあります。もちろん、土日・夜間でも関係なく対応しており、予想外の出費が必要になったときもカバー出来ます。

プロミスはオリコン顧客満足度ノンバンクカードローン部門2年連続1位(2020〜2021)※1の人気カードローンですよ。

最短30分審査&最短30分融資プロミス
お申し込みはこちら

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

ポイント2来店不要で最短1時間融資も可能!

プロミスでは、スマートフォン・PCから10秒で振り込みが出来るだけではなく、アプリローンも充実

MM
アプリローンとは、アプリで新規申し込みから借入まで完結でき、カードなしで原則24時間利用が可能な新しいお金の借り方です。
アプリローンであっても最短1時間融資、初めて借入をする方なら30日間無利息です。
スマホに無料のアプリをダウンロードし、あとはWeb完結で契約するのみという手軽さが魅力です。
無人契約機へ足を運ぶ必要がなく、ローソン銀行ATMやセブン銀行ATMの「スマホATM」で24時間いつでも、カードレスで必要なときにすぐにお金が借りられるのが最大のメリットで、自宅に送られてくる郵送物も一切ありません。

ポイント3オペレーターも親切・丁寧!

プロミスでは、いつでも丁寧に不明点が解決するまでオペレーターが寄り添いながら対応してくれます。2021年オリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン1位になっており、人気評判の高さは折り紙付きです。

もし取引中に、不明点がありどうしても問い合わせしなければならない場合もご安心ですね。

最短30分審査&最短30分融資プロミス
お申し込みはこちら

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

3三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

バンクイック

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」がおすすめな理由

理由1Web完結で24時間いつでも申し込める

理由2ATM利用手数料がいつでも0円!

理由3金利が年1.8%〜年14.6%と銀行ならでは!

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
1.80%〜年14.60% 10万円~500万円 最短翌営業日 審査状況により翌日以降の場合もある
借入方法 返済方法 WEB完結
カードレス融資
申込可能年齢
  • 口座振込

  • 提携コンビニATM

  • 三菱UFJ銀行ATM

  • 口座振替

  • 提携コンビニATM

  • WEB完結:可能
    ※申込みまで
  • カードレス融資:×
満20歳以上65歳未満の原則安定した収入がある人

ポイント1Web完結で24時間いつでも申し込める

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、消費者金融カードローンなどと比較して一般的に制限があるイメージがある銀行カードローンにおいて、Web完結が可能で、かつ24時間いつでも申し込むことが可能です。

MM
Web完結をしたい場合は三菱UFJ銀行の口座があることが条件となります。

なお、三菱UFJ銀行を開設しておらず、口座がない状態であっても申し込みは可能です。銀行口座を持っていないことが金利や利用限度額に影響することもありません。

口座を持っていれば、入力の項目が少なくなったり、カードが手元に届く前でも借り入れが可能になるメリットがあります。

ポイント2ATM利用手数料がいつでも0円!

三菱UFJ銀行はもちろんのこと、提携しているコンビニのATMを利用する際でも手数料は無料、0円です。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の最低返済額は月額1,000円からと大変魅力的ですが、手数料もかからないとなると非常に利用しやすいですね。

提携しているコンビニは以下の通りです。

  • 三菱UFJ銀行 
  • ローソンATM 
  • セブン銀行ATM 
  • コンビニATM E・net

ポイント3金利が年1.8%〜年14.6%と銀行ならでは!

たとえば消費者金融カードローンだと年利最低3.00%、最高で18.0%のところ、銀行カードローンならではの年利である1.8%〜14.6%と、比較するとその年利の低さは一目瞭然です。

たとえば、金利年14.6%で10万円を借り入れした場合の利息は以下のとおりです。

金利年14.6%で10万円を借り入れした場合の利息
  • 翌日の返済の場合…利息40円(100,000円×14.6%×1日÷365日)
  • 30日で返済した場合…利息1,200円(100,000円×14.6%×30日÷365日)
上記のことからも、非常に借り入れがしやすいことがわかりますね。

 

どうしても明日必要だという場合でない場合は、一度銀行カードローンの利用を検討するのは有効な手段でしょう。

出典:公式サイト
※在籍確認が行われる可能性がございます。

4アコム

アコムがおすすめな理由

理由1驚きの審査手続のスムーズさ!

理由2初めて利用の方は30日間金利が0円!

理由3スマホアプリも使いやすい!

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
3.00%~18.00% 1万円~800万円 最短30分 即日
借入方法 返済方法 WEB完結
カードレス融資
申込可能年齢
  • 口座振込
  • 店頭窓口
  • アコムATM
  • 銀行
  • コンビニ
  • ショッピングセンター
  • インターネット
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
  • 口座振込
  • 口座振替
対応 成人以上

ポイント1驚きの審査手続のスムーズさ!

アコムは最短即日融資に対応しているカードローンです。現金が必要になった場合、審査手続をスムーズに進めてもらえるのは大きなメリットでしょう。

審査手続は最短30分。スムーズに手続が完了すれば最短30分間で融資を受けることも可能ですよ。

ポイント2初めて利用の方は30日間金利が0円!

消費者金融の中でも初回金利0円サービスを行っている業者は限られています。アコムのカードローンはその限られた業者の一つであり、サービスが適用される場合契約日翌日から30日間以内に返済すれば、金利がかからずに済みます。

お借入れの翌日から30日ではないのでご注意ください。

ポイント3スマホアプリも使いやすい!

アコムはスマホアプリを提供しています。スマートフォンアプリが非常に見やすく、使いやすい仕様となっているので簡単に各種手続ができます。

自宅に郵送物が届くのは控えたい、という方でもスマホアプリなら安心して申し込めます。

出典:公式サイト
※在籍確認が行われる可能性がございます。

5SMBCモビット モビットカードローン

SMBCモビットがおすすめな理由

理由124時間振り込み融資可能!

理由2都合に合わせて返済ができる!

理由3メガバンクどれかの口座を持つ方は便利!

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
3.00%~18.00% 1万円~800万円 最短30分 即日融資
借入方法 返済方法 WEB完結
カードレス融資
申込み条件
  • 口座振込
  • 提携ATM
  • 提携ATM
  • 口座振替
対応 満20歳~満69歳の安定した定期収入がある方

ポイント124時間振り込み融資可能!

大型連休や年末年始など、銀行が閉まってしまう時期があります。その際、まとまった資金が必要になった場合、便利なサービスがSMBCモビットです。

審査に通り契約をしておけば、原則24時間365日振込融資に対応してくれます。カードローンは契約しておくだけでは利息は発生しません。万が一の備えとして契約しておいて損はないサービスです。

ポイント2都合に合わせて返済ができる!

カードローン利用者の中には、毎日決まった日に返済し続けるのは負担に感じる方が多いです。SMBCモビットの返済日は、以下4つから選択できます。

  • 毎月5日
  • 毎月15日
  • 毎月25日
  • 月末

SMBCモビットは、返済方法・返済日時に融通が効くカードローンです。自分の都合に合わせて無理がない返済ができます。

ポイント3メガバンクどれかの口座を持つ方は便利!

SMBCモビットは、対象の銀行口座を持っていれば便利に利用できるカードローンです。

WEB完結可能な銀行口座
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行

上記いずれかの銀行口座を持っておけば、面倒な手続きは不要。申し込みから融資を受けるまで、ネットで完了できます

smbcモビットは、2020年オリコン顧客満足度「ノンバンクカードローン女性満足度第2位」※1と高い人気を誇っていますよ。
こちらの記事もおすすめ

※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※1 出典サイト

6レイクALSA

レイクALSAのおすすめポイント

理由1WEB完結でスムーズに申し込みできる

理由2カードレスで借り入れ可能

理由3最短25分で借り入れできる

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
4.50%~18.00% 1万円〜500万円 お申込み後、最短15秒 WEB完結なら最短25分での即日融資も可
借入方法 返済方法 WEB完結
カードレス融資
申し込み条件
・指定口座振込
・セブン銀行ATM
・新生銀行カードローンATM
・提携ATM
・スマホATM取引※1
・インターネット返済※2
・新生銀行カードローンATM
・指定口座引き落とし
・提携ATM
・銀行振込
可能 ・満20歳〜70歳

※1 2020年12月23日(水)よりセブン銀行ATM「スマホATM取引」によるお借り入れのご利用を停止しています。(2022年1月19日現在)  
※2 2020年12月8日(火)20時より、「Web返済サービス」のご利用を一時停止させていただいております。(2022年1月9日現在)

レイクALSAのおすすめポイント

新生フィナンシャル株式会社が運営するレイクALSAは、どの消費者金融よりも長い無利息期間です。無利息期間サービスを利用すれば、初回契約の翌日から5万円以内の借り入れで最大180日間利息が0円で借り入れできます。

 

【レイクALSA】無利息注意事項

 

一般的に、他社の無利息サービスは30日間のところがほとんどであることを考えると、5万円以下の借り入れを考えている方はレイクALSAの方が6倍お得ということになります。

さらに、レイクALSAの無利息期間は、利用者の都合に合わせて選択できるのが特徴です。

無利息期間 対象金額
180日間 借入額の内5万円まで
60日間 借入額全額

5万円以内の借り入れなら最大6ヶ月間利息が無料になるため、少額ずつで無理のない返済ができます。

レイクALSAの審査基準について

レイクALSAの申込み条件は以下の通りです。

  • 満20歳以上70歳以下の国内に居住する方※1
  • 安定した収入がある方(パート・アルバイトでも一定収入がある)

レイクALSAではアルバイト・パートでも、安定的な収入が一定期間あれば契約の対象となっています。一方、日雇いや短期の仕事の場合には審査に通らない可能性が高いので注意しましょう。

※1 国内居住の方、日本の永住権を取得されている方

レイクALSAの審査時間について

すぐにお金を借りたいという方は、店舗窓口や自動契約機を探すよりもWeb申し込みをするのがスピーディーかつ便利です。

そもそもレイクALSAには店舗窓口がないため、パソコンやスマホからの申し込みが一般的です。Web申し込みなら24時間いつでも申し込みが可能な上、最短25分で融資が受けることができます

急な支払いが必要になった時にも、即日融資でしのげる可能性があります。すぐに融資を受けたいときは、公式アプリのe-アルサをインストールしましょう。

外出先でも、スマホさえあればどこからでも申し込み可能です。
こちらの記事もおすすめ

カードローンの選び方のポイント9選

カードローンの選び方のポイント9選

どのカードローンがおすすめかわからないと考えている人におすすめの選び方としては次の9つのポイントが挙げられます。

カードローンの選び方のポイント

  • 金利の安さ
  • 申込方法

  • 融資限度額

  • 審査スピード

  • 返済方法

  • 利息無料期間などのキャンペーン

  • スマホから借入可能か

  • 利用できるATMの多さ

  • 最低返済金額

それぞれの選び方のポイントについて、詳しく確認していきましょう。

金利の安さ

金利の安さ

カードローンを選ぶ際には金利が非常に重要です。金利が安ければ安いほど、返済にかかるコストは少なくなります。

MM
特に、金利負担は返済期間が長い人や借入金額が大きい人への影響が高いため、カードローンを長く使う場合に金利は見逃せません。

基本的には銀行系のカードローンが消費者金融系カードローンに比べて金利が低い傾向にあります。

注意!
ただし、消費者金融系カードローンでも金利無料キャンペーンなどが利用できる場合があるため、一概に銀行系カードローンがおすすめとは限りません。

また、業者によっては融資限度額や借入金額に応じて金利が変わる場合があるため、しっかりと確認する必要があるでしょう。

最短30分審査&最短30分融資プロミス
お申し込みはこちら

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

申込方法

申込方法

カードローンによって申込の方法は様々です。一般的には店舗の窓口やインターネットから申し込みができる場合が多いですが、他の方法も利用できます。

MM
例えば、消費者金融系カードローンでは、融資専用契約機という機械が設置されているものもあり、機械を使ってカード申込〜発行まで行うことが可能です。

店舗に出入りしているところを見られたくないという人でも融資専用契約機は外から見えにくい場所にあるためおすすめです。

また、郵送などでも申し込みができるカードローンがあるため、自分に適した申し込み方法が利用可能なカードローンを選びましょう。

融資限度額

融資限度額

カードローンによって利用可能な限度額が異なるため、自分の借入したい金額が利用できるカードローンを選びましょう。

MM
例えば、三井住友銀行カードローンの融資極度額は10万円〜800万円となっており、たくさんお金を借りたい人のニーズに合っています。

ほとんどのカードローンでも最大500万円の限度額まで融資できるものが多いため、500万円以上借りる予定がないという場合には気にする必要はないでしょう。

注意!
ただし、融資限度額についてはあくまでも上限金額が記載されていますが、必ずしも上限まで設定されるとは限りません。審査結果に合わせて申込者の限度額が設定されるという点に注意が必要です。

最短30分審査&最短30分融資プロミス
お申し込みはこちら

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

審査スピード

審査スピード

カードローンによって融資スピードは異なるため、急いでお金を借りたいという人は融資が早いものを選びましょう。

MM
カードローンに関しては融資スピード=カードの発行スピードなため、なるべく早く発行してくれるものが望ましいです。

発行スピードが早いカードローンの特徴は審査のスピードが早いことです。特に消費者金融系のカードローンでは最短30分程度で審査が完了するため、即日発行にも対応しています。

したがって、即日でお金を借りる必要がある場合には、消費者金融系カードローンの中から選ぶ必要があるでしょう。

返済方法

返済方法

カードローンによって返済方法は異なる場合があります。一般的にはATMから現金を入金して返済する随時返済と、定期的なタイミングで口座から引き落としされる約定返済が利用可能です。

そのほかにも、インターネットバンキングから随時返済ができる場合もあり、コンビニや銀行のATMに行かなくても返済ができて便利です。

また、約定返済についても毎月の所定の日にちに返済を行うだけでなく、35日ごとの返済が可能な場合もあるため、返済のペースを遅くしたい場合には検討するのがおすすめです。

最短30分審査&最短30分融資プロミス
お申し込みはこちら

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

利息無料期間などのキャンペーン

利息無料期間などのキャンペーン

消費者金融系のカードローンでは、利息無料期間が利用できる場合があるため、なるべく利息を抑えてお金を借りたい人におすすめです。

MM
例えば、消費者金融系カードローンのプロミスでは、初めての利用の際に契約日から最大30日間利息が無料になるため、1ヶ月程度は利息なしでお金を借りることができます。

借入の金利が高い傾向にある消費者金融系のカードローンですが、短期間の借入で済む場合には利息無料期間を活用することで銀行系カードローンよりも利息負担が少ないです。

したがって、利息無料期間があるかどうかでカードローンを選ぶ方法もおすすめできるでしょう。

スマホから借入可能か

スマホから借入可能か

カードローンの借入方法としては、銀行、コンビニなどのATMからカードを差し込んで現金を借りる方法が一般的ですが、スマートフォンから借入できるものがあります

MM
スマートフォン借入を行う方法としては、インターネットを活用して銀行口座に振込で借入できる方法と、アプリからQRコードを発行しコンビニATMなどで現金を借入する方法の2種類です。

スマートフォンから借入できるカードローンでは、利便性が高いというメリットがあります。ローンカードを持っていない場合でもいつでもお金を借りることが可能です。

また、外出ができない場合でも自宅から借入の手続きを行い銀行口座に振り込んでくれるため、忙しい場合にも役立ちます。

スマートフォン以外にも、電話からお金を借りることができるカードローンもあるため、借入方法について一度確認しておくとよいでしょう。

最短30分審査&最短30分融資プロミス
お申し込みはこちら

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

利用できるATMの多さ

利用できるATMの多さ

カードローンごとに対応しているATMが異なるため、どのATMで借入・返済ができるかは詳しく確認しておく必要があります。

利用可能なATMは自社ATMと提携ATMを見ることで確認が可能です。

特に、コンビニのATMで借入や返済を行う人も多いと思いますので近くのコンビニATMに対応しているか確認しておくと良いでしょう。

最低返済金額

最低返済金額

なるべく月々の返済金額を抑えたいという方は、最低返済金額に注目しておきましょう。

MM
最低返済金額はそれぞれのカードローンによって異なります。会社によっては1,000円から返済できる場合もあるため、返済負担を抑えたい場合には最低返済金額が少ないものを選ぶことが望ましいです。

ただし、返済金額は利率や借入残高によって決まるという場合もあるため、最低返済金額が低いカードローンでも希望通りの金額で返済できない可能性があります。

したがって、事前に返済シミュレーションなどを活用して、プランを立てておくようにする必要があるでしょう。

最短30分審査&最短30分融資プロミス
お申し込みはこちら

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

カードローンはどれを選べば良い?おすすめの選び方について解説

カードローンはどれを選べば良い?おすすめの選び方について解説

カードローンの選び方のポイントについて解説しましたが、比較の際の項目が多すぎてどれがおすすめなのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

ここからは、消費者金融系、銀行系のカードローンどちらがおすすめかについて、シンプルにわかりやすく解説していきます。

消費者金融系カードローンがおすすめな人

消費者金融系カードローンがおすすめな人の特徴として、次の3つが挙げられます。

 

おすすめな人の特徴

  • 急いでお金を借りたい人

     

  • 借入期間が短い場合

  • 借入金額が少額な場合

 

それぞれの特徴を詳しく確認していきましょう。

急いでお金を借りたい人

急いでお金を借りたい人

とにかく急いでお金を借りる必要がある場合には消費者金融系カードローンがおすすめです。

融資スピードの早さや、最短即日発行に対応している点などからもすぐにお金を借りたいというニーズに合っています。

借入期間が短い場合

お金を短期間のみ借りたいという場合には消費者金融系カードローンがおすすめです。

MM
利息無料期間が利用できるという点があり、30日以内であれば利息がかからないということから、短期間の借入に適しています。

最短30分審査&最短30分融資プロミス
お申し込みはこちら

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

借入金額が少額な場合

借入金額が少額な場合

借入金額が少額でも問題ないという場合には消費者金融系カードローンがおすすめです。

消費者金融系カードローンは金利が高い傾向にありますが、少額の借入であれば実質的に負担する利息の額が大幅には変わらないため、損をすることは少ないでしょう。

銀行系カードローンがおすすめな人の特徴

銀行系カードローンがおすすめな人の特徴として、次の3つが挙げられます。

おすすめな人の特徴

  • なるべく利息負担を少なくしたい場合
  • 長期間借入を検討している場合
  • 借入金額が大きい場合

それぞれの特徴を詳しく確認していきましょう。

なるべく利息負担を少なくしたい場合

ブラックカードホルダーをお持ちの方

なるべく支払う利息を少なくしたいという場合には銀行系カードローンがおすすめです。

消費者金融系カードローンよりも設定されている金利が低いため、利息の負担は少なくなります。

長期間借入を検討している場合

長期間の借入を検討している場合には、銀行系カードローンがおすすめです。

MM
借入の期間が長いほど利息の負担額は大きくなるため、元々の金利が低い方が利息負担を抑えることができます。

借入金額が大きい場合

借入金額が大きい場合や何度も借入を行う場合には、銀行系カードローンがおすすめです。借入金額や回数によっても利息負担は当然増えてしまうため、なるべく安い金利で借りられる方が支払い総額を抑えられるでしょう。

カードローンの選び方に関するよくある質問

カードローンのメリットは?
融資スピードが早い、何度でも借入可能、返済方法や借入方法が充実しているなどが挙げられます。

また、消費者金融系カードローンでは利息無料期間や特典が利用できるものもあり、サービスが充実していることがメリットです。

カードローンのデメリットは?
他の借入方法に比べて金利が高い場合があるということがデメリットとして挙げられます。

また、そもそも審査に通らなければ借入自体ができないため、最短即日融資などのメリットが消えてしまいます。

カードローンの利用方法は?
借入を行う際にはATMでカードを挿入し、借入する金額を選択するだけです。他にも、インターネットや電話などから借入が可能な場合もあります。

返済方法は口座から自動で引き落としになる約定返済の他にも、ATMやインターネットバンキングを通じた随時返済が可能です。

カードローンにリスクはある?
利用限度額内であれば何度でも借入ができるというメリットがある反面、むやみにお金を借りすぎてしまうと毎月の約定返済では返済しきれないというリスクがあります。

例えば、限度額30万円のカードローンを上限まで借りてしまうと、30万円の借金を抱えているということになるため、毎月返済では数年以上かかってしまいます。

安い金利のカードローンはある?
銀行系のカードローンは金利が安い傾向にあります。例えば、三井住友銀行 カードローンでは、年率1.5~14.5%の金利であり、非常に安いです。

ただし、キャンペーンや利用条件によっては金利が優遇されるカードローンもあるため、一概に額面の金利だけで決めるべきではありません。

まとめ

今回は、カードローンの選び方やおすすめについて解説しました。

カードローンを選ぶ際に特に重要なポイントは金利と審査スピードの2つです。どちらを重視するかによって銀行系か消費者金融系を選ぶべきかが異なります。

今回の記事を参考に、自分に合ったカードローンを申し込んでみてはいかがでしょうか。

最短30分審査&最短30分融資プロミス
お申し込みはこちら

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事