借り換えにおすすめカードローン5選!審査基準やデメリット解説

カードローンを利用している人の中には、下記のような悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか。

「毎月のカードローン返済額に苦しんでいる、、、」

「カードローンの返済額がなかなか減らない、、、」

そこで今回はカードローンの負担の軽減を期待できる「借り換え」という方法について詳しく解説します。カードローンの借り換えを検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

カードローンの借り換えとは?

借り換えとは、返済金額を減らすことを目的としてカードローンを切り替える行為です。

カードローンは、ローン商品によって金利が異なります。現行のカードローンよりも金利が低いローンによって融資を受けられれば、金利が低い分返済金額を抑えることが可能です。

今よりカードローンの返済金額を抑えられることが、借り換えの大きなメリットだと言われています。

カードローンは借入残高に応じて毎月の返済額が決まっています。借り換えで総返済額は減っても、毎月の返済額は減らない可能性は大いにありますこの点はしっかりと頭に入れておきましょう。

MM「返済総額が下がる=毎月の返済額が下がる」訳ではありません。カードローンを借り換える際は、金利だけでなく月々の返済額も確認しましょう。

おすすめカードローン借り換え5選徹底比較!

ここからは、おすすめの借り換えカードローンを5つ紹介します。300万円・150万円など高額な借り換えができるローンもあります。借り換えを検討されている方は、ぜひ参考になさってください。

オリックスクレジットVIPローン

オリックスクレジットVIPローンがおすすめな理由

理由1最短60分審査・最短即日借入可能

理由2カウンセリングデスクに相談できる

理由3会員限定サービスあり

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
1.70~17.80% 800万円 最短60分 即日
借入方法 返済方法 WEB完結
カードレス融資
借入審査対象年齢
・コンビニATM
・都市銀行
・郵便局
・提携ATM
・口座振り込み
・口座振替
・ATM返済
可能 20〜69歳

ポイント1最短60分審査・最短即日借入可能

オリックスクレジットVIPローンは、審査が最短60分・最短即日借入可能なカードローンです。

 申し込みはWEBから行うため来店不要。本人確認も電話確認となるため、契約完了まで店舗へ出向く必要がありません。

最短即日振込みを希望する方は、平日14:30までの手続き完了が条件です。土日祝日や平日14:30以降の申込みは、最短即日振込みの対象になりませんので注意しましょう。

ポイント2カウンセリングデスクに相談できる

オリックスクレジットVIPローンは、サポート体制が充実していることも特徴です。

オリックスクレジットVIPローンは、カードローン初心者が安心して利用できるように「カウンセリングデスク」を設置しています。

カウンセリングデスクには、マネー専門のスタッフが在籍。お金や借入にかんする疑問や不安に答えてくれます。

専門家にいつでも相談できるので、安心して借入・返済できます。

ポイント3会員限定サービスあり

オリックスクレジットVIPローンには、充実の会員限定サービスが付帯しています。

オリックスクレジットVIPローンを契約すると、オリックスグループが展開する様々な施設・サービスを優待価格で利用可能です。

オリックスクレジットVIPローン特典内容(例)
  • ビジネスホテル・シティホテル優待価格
  • リゾートホテル優待価格
  • レンタカー基本料金優待価格
  • レストラン優待価格

こうした会員限定特典を活用できることは、オリックスVIPローンならではの魅力です。

注意事項
オリックスVIPローンは、30代以降の安定した収入のある方(正社員や経営者の方)におすすめのカードローンです。

以下の方は審査に通らない可能性が高いと考えられるため当商品のお申込みをおすすめしません。

  • 20代やパート・アルバイトの方
  • 大手消費者金融で審査に落ちた経験のある方
  • 延滞や滞納経験(携帯料金や家賃など含む)のある方
  • 既に年収の1/3に近いお借入れのある方
  • 既に複数社からのお借入れのある方

横浜銀行 カードローン

横浜銀行 カードローンがおすすめな理由

理由1利用限度額が1,000万円

理由2日本全国から借入可能

理由3金利が1,5%〜と安い

金利(実質年利) 利用限度額 借入方法 返済方法 WEB完結
1.5%~14.6% 1,000万円 ・横浜銀行ATM
・コンビニATM
・インターネットバンキング
・口座引き落とし
・横浜銀行ATM
・コンビニATM
可能
口座開設 収入証明書 審査スピード 融資スピード 借入審査対象年齢
必要 借入額が50万円を超える場合のみ必要 3秒診断 最短翌日 20〜70歳

横浜銀行カードローンの利用限度額は1,000万円です。これは他のカードローンと比較しても非常に高く設定されているといえるでしょう。そのため、高額の借入を検討している方におすすめです。

横浜銀行の口座を持っていない方は、審査〜融資までの間にアプリから口座開設を申し込みましょう。

地方銀行でありながら日本全国で融資可能な点は、横浜銀行カードローンの大きな特徴だと言えます。

みずほ銀行 カードローン

みずほ銀行 カードローンがおすすめな理由

理由1金利は最大14.0%

理由2みずほダイレクトから「借入」「返済」可能

理由324時間受付可能で申し込みはWEB完結

金利(実質年利) 利用限度額 借入方法 返済方法 WEB完結
2.0〜14.0% 800万円 ・みずほダイレクト
・提携ATM
・口座引き落とし
・みずほダイレクト
・提携ATM
可能
口座開設 収入証明書 審査スピード 融資スピード 借入審査対象年齢
必要 必要 翌営業日以降 20〜66歳

みずほ銀行カードローンは、金利が2.0%〜14.0%です。上限が14.0%は、他のカードローンと比較しても低いといえる数字です。つまり、利用限度額ギリギリまで借りる場合、金利を抑えられることが想定できるカードローンだといえます。

みずほ銀行カードローンは、「普通預金のキャッシュカード」または「カードローン専用カード」で利用可能です。みずほ銀行をメインバンクとして利用している方は「うれしい特典」の最高ステージが適用されます。

うれしい特典の最高ステージでは、提携ATM手数料や振込手数料が無料になりますよ。

ろうきん カードローン

ろうきん カードローンがおすすめな理由

理由1金利が安い

理由2ATM引出手数料がキャッシュバックされる

理由3ネットから資金移動や残高確認が可能

金利(実質年利) 利用限度額 借入方法 返済方法 WEB完結
3.875%〜8.475% 500万円 ・ATM
・インターネットバンキング
・自動振替
・ATM
地域による
口座開設 収入証明書 審査スピード 融資スピード 借入審査対象年齢
必要 18〜65歳

ろうきんカードローンの最大のメリットは金利が安いことです。他行や消費者金融よりも5%ほど安い金利で利用可能です。

また、提携ATM引き出し手数料は全額キャッシュバックされます。コンビニやゆうちょ銀行などで実質手数料無料で利用できる点は、大きなメリットだと言えます。

インターネットバンキングを利用すれば、普通預金への資金移動や残高確認がいつでも利用できますよ。

オリックス・クレジット

オリックスクレジット カードローン

オリックス・クレジットがおすすめな理由

理由1金利(年)1.7%~17.8%

理由2提携CD・ATMが約173,000台

理由3申込から融資までWEB完結

金利(実質年利) 利用限度額 借入方法 返済方法 WEB完結
1.70~17.8% 30万円~800万円 ・ATM
・振り込み
・口座振替・振込返済・提携ATM・インターネット 可能
口座開設 収入証明書 審査スピード 融資スピード 借入審査対象年齢
必要 最短60分 最短即日※ 20歳以上69歳以下

※平日14:30までに手続き完了の場合

オリックス・クレジットのVIPローンカードなら、最短60分で審査結果が得られます。

カードローン借り換えのメリット・デメリット

初めてカードローンの借り換えを利用する際には、メリット・デメリットについて理解しておく必要があります。以下、借り換えのメリット・デメリットを3つずつ紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

カードローン借り換えのメリット

カードローン借り換えの主なメリットは3つあります。以下、借り換えのメリットについてそれぞれ詳しく解説します。

1金利を下げられる

カードローンは、カードローン商品によって金利設定が異なります。カードローン商品を提供する会社は、借り換え金利の公表が義務付けられています。

そのため、カードローンの金利は各社の公式HPから確認可能です。現行のカードローンよりも金利が安いカードローンを見つけることは決して難しくないといえるでしょう。

金利が下がれば、そのぶん返済総額も下がることに繋がります。金利を下げられることは、借り換えを行う最大のメリットといえるでしょう。

2利用限度額を増やせる

カードローンは利用限度額が決まっています。現行のカードローンよりも大きい限度額で契約すれば、利用可能枠の増額が可能です。

注意!
ただし、利用限度額が高ければ高いほど審査は厳しくなることが予測されます。

また、枠が増えた分、返済負担が重くなってしまうことも少なくありません。カードローンの限度額アップは、計画的に行いましょう。

3返済の利便性が向上する

カードローンによっては、返済可能な場所が豊富に用意されていることがあります。カードローンの主な返済方法は以下のとおりです。

  • 提携ATM
  • コンビニATM
  • インターネット
  • 口座振り込み
  • 店頭窓口

返済方法が豊富なカードローンに借り換えれば、返済の利便性が大きく向上します。自分のライフスタイルに応じて、柔軟な返済が可能です。

最新版!! おすすめのカードローン
5選をチェック!!

カードローン借り換えのデメリット

カードローンの借り換えには、メリットだけでなくデメリットもあります。ここでは、借り換えの主なデメリットを3つ紹介します。カードローンを利用する際は、デメリットについてもしっかりと把握しておきましょう。

1新たに審査を受けなければいけない

借り換えの際には、新しいカードローンに申込みを行います。つまり、新たに審査を受けなければ融資を受けられません。

審査基準はローンによって異なり、審査に通過しない可能性も十分に考えられます。また、審査結果が出るまでに時間がかかることもあり、借り換えは慎重に行う必要があります。

2返済合計額が増える可能性がある

借り換えをしたからといって、必ず返済合計額が減るわけではありません。借り換えの方法によっては、返済合計額が増える可能性もあります。カードローンの返済には「元金定額方式」と「元利定額方式」の2種類があります。

元金定額方式と元利定額方式の違いは?

元金定額方式は「一定の元金+別途利息」を毎月返済します。元利定額方式は「利息を含んだ一定額」を毎月返済するのが特徴です。

たとえば、毎月の返済額が1万円の場合、元金定額方式と元利定額方式で月々の返済額は以下のように異なります。

  • 元金定額方式:1万円(元金)+2千円(利息)
  • 元利定額方式:1万円(元金8千円+利息2千円)

元金定額方式は、元利定額方式に比べて、元金が減りやすいのが通常です。そのため、カードローンの借入額が同額でも元金定額方式の方が早く返済が可能となると期待できます。

注意!
一方で、元金定額方式から元利定額方式に借り換えた場合、元金の返済スピードが落ち最終的に返済合計額が増える可能性もあります。

借り換えを行う場合は、金利を確認するのはもちろんのこと、返済方式についてもしっかり把握しておくことが大切です。

3返済期間が長くなる可能性がある

借り換えを行うことで返済方法や毎月の返済額が変わり、返済期間が長くなる可能性があります。返済期間が長くなると、より多くの金利が発生することになり、結果的に返済額が増えてしまいかねません。

借り換えを行う際には、毎月の返済額だけでなく返済期間についてもしっかり確認しておきましょう。

カードローン借り換え審査でチェックされることが予測されるポイント

カードローンの借り換えでは、必ず審査が行われます。借り換え審査では、その人がきちんと返済してくれるか確認するために、さまざまな項目がチェックされます。

ここでは、借り換え審査でチェックされると考えられるポイント7個を紹介します。ぜひ参考になさってください。

ポイント1住居タイプ

住居タイプとは「賃貸物件」「購入物件」かということです。購入物件の場合は、住宅が担保として認められるため査定評価はアップすることがあります。

MMカードローンの借り換え審査に有利と考えられる購入物件ですが、賃貸物件だからといって必ずしも審査で不利益を被るという基準があるとも限りません。

ポイント2住宅ローンの有無

住宅ローンがある場合は、住宅ローンの返済額を加味した上で借入可能額が設定されると考えられます。簡単にいえば、収入から住宅ローンを引いた金額が収入として考えられることがあります。

住宅ローンの返済額が多いほど、収入が少ないとみなされることが予想できます。その結果、希望する金額よりも少ない額しか借入できない可能性もあります。

ポイント3勤務先情報・職業

カードローンの借り換え審査では、勤務先や職業を記入する必要があります。勤務先が「知名度のある会社」または「事業規模が大きい会社」であれば、返済能力が高いと判断される可能性があります。

カードローンでは、収入の安定性がチェックされるといわれています。勤務先の事業規模が大きければ、収入が安定していると判断してもらえることが期待できます。

勤務先情報によって融資可能額も引き上げられる可能性があるため、勤務先情報は重要な属性だと考えられます。

ポイント4雇用形態

雇用形態には「正社員」「派遣社員」「契約社員」「アルバイト」「パート」「無職」など、さまざまなものがあります。一般的に、カードローンの借り換え審査に通りやすいのは正社員といわれています。

その理由は?

正社員は他の雇用形態に比べて収入が安定していると判断される可能性が考えられるからです。

カードローンの審査では、一般的に、安定している正社員ほど融資を受けやすく、雇用が安定していない「アルバイト」や「パート」ほど融資が受けにくい傾向にあります。

ただし、非正規雇用だからといって、必ずしもカードローンの借り換え審査に落ちるわけではありません毎月、一定の収入があれば審査に通る可能性はあるといっていいでしょう。

ポイント5年収

年収は返済能力を判断する直接的な指標といえます。収入が多ければ多いほど、返済能力が高く高額融資しても問題ないと判断されることが予想できます。

年収を確認することで、総量規制に該当しているかどうかもチェックできます。そのため、借り換え審査では、まず年収が確認されるといわれています。

ポイント6勤続年数

勤続年数が長いほど、安定した収入を得ていると判断されることが考えられます。反対に勤続年数が1年未満の場合には、借り換え審査に落ちてしまう可能性が高くなると予想できます。

勤続年数が低いから融資を受けられないわけではありませんが、勤続年数が長いほど審査は有利になる可能性があります。

ポイント7個人信用情報

個人信用情報とは、主に「過去の返済履歴」「他社の借入件数」「他社の借入合計額」の3つです。個人信用情報は借り入れ審査においてかなり重要視されているといわれてます。

1過去の返済履歴

過去の返済履歴とは、過去にカードローンやクレジットカードを利用した際の返済履歴です。滞納や債務整理などの経歴があれば、審査でマイナスに影響することが考えられます。

2他社の借入件数

他社の借入件数とは、今ある借金の借入先件数のことです。他社の借入件数が多ければ多いほど、審査では印象が悪くなることが予期できます。

3他社の借入合計額

他社の借入合計額とは、今ある借金を合わせた金額のことです。カードローンの審査では「他社の借入額と新規借入額を足した合計が年収の3分の1を超えてはいけない」と法律で決まっています(総量規制)。

MMもし、年収の3分の1を超えていなくても、ギリギリの場合は審査に落ちやすくなることが予測できます。年収に占める借入合計額が大きい場合は、ある程度返済してから審査に申し込みましょう。

最新版!! おすすめのカードローン
5選をチェック!!

【Q&A】カードローン借り換えの気になる疑問を解決

初めてカードローンの借り換えでは、分からないことも多いものです。ここでは、カードローンの借り換えで、よくある以下2つの疑問について解説します。

「クレジットカードのリボ払いも借り換えできるの?」

「借り換えはいくらまで可能?」

上記2点に疑問を感じている方は、ぜひチェックしてみてください。

クレジットカードのリボ払い分を借り換えたい

クレジットカードのリボ払いは借り換えできる?
クレジットカードのリボ払いもカードローンで借り換え可能です。

一般的にクレジットカードの金利はカードローンよりも高いです。ショッピングリボやキャッシングリボで利息が多い場合、カードローンに借り換えることで金利を抑えられます。

もちろん、カードローンを利用する際には審査を受けなければいけません。誰でも利用できるわけではないため、注意しておきましょう。

300万円の借り換えをしたい

高額な借り換えも可能?
300万円など、まとまった金額でも借り換え可能です。返済能力が認められれば、高額な借り換えも問題なく行えます。

複数のローンで融資を受けている場合、1つのローンに絞った方が金利を抑えられる可能性が高くなります。複数のローンを1つにまとめることを、「借り換えローン(おまとめローン)」と呼びます。

カードローンによっては、最高1,000万円まで融資可能なケースもありますよ。借り換え審査に通過すれば、高額な借り換えも問題なく利用できます。

「カードローン」「フリーローン」「借り換え専用ローン」の違い

カードローンの借り換えは、「フリーローン」「借り換え専用ローン」でも可能です。ここでは、それぞれどのような違いがあるのか、またどんな特徴を持っているのか紹介します。

カードローン

カードローンとは、賃金業者や金融機関が提供している「個人向け融資サービス」のことです。対応している銀行・コンビニのATMやネットからいつでも借入可能で、利用限度額の範囲内であれば何度でも借入可能です。

カードローンの特徴
  • 利用目的は問わない
  • 担保・保証人なしで借入可能
  • いつでもどこでも「借入れ・返済」可能

フリーローン

フリーローンとは、その名の通り資金の使い道が自由なローンのことです。借入可能額・期間は金融機関によって異なりますが、最高500万円・最長10年に設定しているケースが多いです。

カードローンと同じように、担保・保証人不要で借入可能ですが、必要資金を一括で借入しなければなりません。追加で借入を希望する場合には、再度審査を受ける必要があります。

フリーローンのポイント
  • 1回の審査で借入可能な回数は1回のみ
  • 利用目的は問わない
  • 主に銀行で対応している

借り換え専用ローン

借り換え専用ローンは、その名の通り利用目的を「借り換え」に絞ったローンです。借り換え専用ローンを利用することで、他のローンの借入を一本化させることが可能です。

借り換え専用ローンは「おまとめローン」と呼ばれることがあります。借り換え専用ローンは、銀行だけでなく大手消費者金融も実施しています。

借り換え専用ローンの特徴
  • 借り換えに特化したローン・新規借入は不可
  • おまとめローンと呼ばれることもある
  • 大手消費者金融でも利用できる

 

最新版!! おすすめのカードローン
5選をチェック!!

まとめ

今回は借り換えを検討されている方向けに、おすすめ借り換えカードローンを紹介しました。カードローンの借り換えで大切なポイントは以下3つです。

カードローンの借り換えで大切なポイント
  • 借り換えには、「金利を下げられる」「利用限度額を増やせる」ことができるなどのメリットがある
  • 返済方式によっては、借り換えでトータルの返済額が増えてしまう可能性がある
  • 審査基準や総量規制をクリアできれば、300万円の高額借入も可能な場合がある

カードローンの借り換えは金利を下げられる可能性のある便利な方法です。ぜひこの記事の内容を参考に、カードローンの借り換えを検討してみてください。

最新版!! おすすめのカードローン
5選をチェック!!

関連記事

人気記事

おすすめ

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事