クレジットカード・キャッシング枠とは?返済方法・金利は?

クレジットカード機能の中には、「キャッシング」という機能が用意されています。

 この記事で分かること
  • キャッシングの使い方
  • キャッシングの返済方法
  • キャッシング出来ない時の対処法

キャッシング枠の仕組みや金利・返済方法なども紹介していくのでぜひ参考にしてください。

クレジットカードのキャッシングって何?

 クレジットカードのキャッシングとは?

クレジットカードのキャッシングとは、現金の借入を借りられる仕組みのこと。

多くのクレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2つがありますが、ショッピング枠は買い物目的、キャッシング枠は現金借入目的です。

しかしこの2つは分かれていますが、全く別の枠に分けられているのではなくショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれた金額の合計枠で考えます

そのため、キャッシング枠を利用するとショッピング枠の利用限度額に影響を与えます。
例としてショッピング枠が50万円で、キャッシング枠が20万円に設定されているクレジットカードで説明します。

クレジットカードのキャッシング枠

もし、50万円中ショッピングで40万円利用した場合、利用可能なキャッシング枠は10万円まで。
50万円中キャッシング枠を20万円利用すると、ショッピング枠の利用可能額は30万円までとなります。
ショッピング枠の残高によってキャッシング出来る金額が決まるという仕組みです。

 ショッピング枠を使いすぎてキャッシング枠が無くなってしまわないように気を付けましょう。

キャッシングのメリット

担保・保証人なしで使い方が限定されない」点がキャッシングの特徴の1つです。通常、住宅ローンや自動車ローンなどは利用目的が決められていて、保証人や担保がないと借入できません。

住宅ローンと同じようにクレジットカードのキャッシングも返済義務があるので、毎月きちんと返済ができれば初めての人でも安心して利用できます。

海外旅行先で非常に便利

外貨でも現地でキャッシングできるの?
カードにもよりますが、多くのクレジットカードが世界中の様々な通過と場所に対応しています。

海外旅行先で現金が必要になった場合や、現地のお金に両替する場合、海外のATMを使ってキャッシングするのが大変便利です。

慣れない海外で現金を多く持ち歩くことに不安を感じる人も多いため、必要な金額だけを引き出せるのは大変魅力的です。

また現地のATMで現金を引き出す方が、一般的に現地の銀行窓口や空港で両替するよりもレートが良く、手数料が安いのがメリットです。

為替手数料や為替レートは、クレジットカードの種類によって異なるので必ず公式サイトで確認をしましょう。

【初心者必見】クレジットカードのキャッシングの使いかた

キャッシングは「ATM・CD(マルチメディア端末)」と「口座振込」の方法が用意されています。
ここではそれぞれの利用方法について詳しく説明していきます。

キャッシングの申し込み方法

通常、クレジットカードの申し込みをする際に、一緒にキャッシング枠の設定をするのがスムーズです。申し込み方法は以下のとおりです。

キャッシングの申し込み手順
  1. 申請書・公式サイトから申し込み
  2. 審査
  3. クレジットカード発行
  4. 借入開始

すでにカードを持っている人の中で、カードの申し込み時にキャッシング枠を設定しなかった人も、キャッシング枠を設定する場合には別途審査を受ける必要があります。

必要書類はクレジットカード会社によって異なるので、各会社の公式サイトなどを確認しましょう。

なお、本人確認書類は「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」などです。

すでにカードをお持ちの人はキャッシング枠が利用できる状態かを確認しましょう。ついていなければ後から申請することもできますよ。

キャッシングの利用方法:ATM・CD

クレジットカードのキャッシングを利用する上で便利なのがATMやCD(キャッシュディスペンサー)です。

銀行のほかにコンビニやデパート・スーパーなどにも設置されていることが多いので、買い物ついでにキャッシングが利用できるのが特徴です。

  1. ATM・CDの画面内「お引き出し」を選択
  2. クレジットカードを挿入し、暗証番号入力
  3. 「お借入れ」をタップし返済方法を選択
  4. 借入金額を入力(1万円単位)
  5. 現金・カード・利用明細を受け取る

なお、ATMやマルチメディア端末の種類によっては営業時間・利用可能なクレジットカードが異なるので注意してください。

キャッシングの利用方法:振込

キャッシングを振込で利用する場合は、クレジットカード会社のホームページから申し込むか、専用ダイヤルに電話をして申し込むだけです。

自宅に居ながら、または近くにATMやCDがないという場合でも簡単に利用できるので便利です。口座に直接振り込んでくれるので、公共料金の引き落としに利用したいという場合にもおすすめです。

キャッシング審査で見られる項目

キャッシングを利用する場合には、審査を受ける必要があります。キャッシング審査では「属性情報」「他社からの借り入れ」「信用情報」の3つを主が重視されていると予測できます。

1属性情報

属性情報とは、クレジットカードを契約している本人の返済能力に関する情報のことです。カード会社によって、審査項目は異なりますが以下の項目はほぼどのカード会社でもチェックしていると考えられます。

主な属性情報
  • 年齢
  • 年収
  • 勤務先・職業
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 居住状況
  • 家族構成

以上のような項目をカード会社の独自基準でスコアリングして、基準をクリアしていれば「審査通過」、基準を満たしていなければ「審査落ち」となります。

2他社からの借り入れ

クレジットカード審査は甘い?審査基準とおすすめカードランキング

クレジットカード会社は、法律上の要請によりキャッシング申し込み審査の時に申込者が他社で借入をしているかも確認します。

MMクレジットカード会社は「貸金業法」の「総量規制」にある「利用者の年収の3分の1を超える貸付をしてはいけない」というルールに従っています。

この情報は「個人信用情報機関」に記録されており、クレジットカード会社は他社からの借り入れ状況も確認しています。

なお、住宅ローンと自動車ローンは総量規制の対象外なので安心してください。

3信用情報

信用情報とは、クレジットカードやローンなどをはじめとする金融取引の履歴のことで、個人信用情報機関に全て記録されています。

借入金額や返済状況・クレジットカードの利用状況が数か月~10年分のデータが参照可能です。
自己破産といった債務整理やクレジットカードの支払い延滞なども記録されるので、クレジットカード会社はこれらの情報を照合して審査を行うと考えられます。

審査基準は各カード会社が独自かつ非公開に設定しているので、過去に支払いを延滞したことがあるといって、どこのカード会社の審査に落ちてしまうということを断言することはできません。

キャッシングは即日利用可能?

急に現金が必要になったけどその日中で利用してもいい?
カード会社にもよりますが、一般的には申し込みから審査・借入までは数日は見ておく必要があります。

急にまとまったお金が欲しい場合に当日借入は難しいので、カードを申し込んだ段階でキャッシング枠の申請をしましょう。

返済方法は2種類

キャッシングも借金と一緒なので必ず返済の義務が発生します。返済方法は「翌月一括払い」と「リボ払い」の2種類から選べます。

ここではそれぞれの返済方法を詳しく解説していきます。

 リボ払いとは?

毎月の支払額を一定に決めて支払いをする方法です。

リボ払いのメリットは、高額な買い物をしても翌月の支払いは決められているので無理のない返済が可能という点です。

 ただし、分割払いとは異なり利息が発生するので利用額のほかに利息を一緒に返済する必要があります。
   ※お支払回数等によっては、分割払いでも利息が発生する場合があります。

キャッシングの金利を比較

ここでは代表的なカードの金利についてまとめました。金利は総合的な返済額に直結するので、どの会社で借りるかを決めるのにも見逃せないポイントです。

クレジットカード 金利(年率)
三井住友カード 15.0〜18.0%
JCBカード 15.0~18.0%
ライフカード 15.0~18.0%
楽天カード 18.0%
セゾンカード 12.0~18.0%
エポスカード 18.0%
イオンカード
7.8~18.0%

おおむね、クレジットカード会社の設定する金利は12~18%程度であることが分かります。

キャッシング金利の上限とは

キャッシング金利は「利息制限法」という法律によって上限が定められています。借入額が10万円未満の場合はが20%(年利)まで、10万円~100万円未満は18%(年利)まで、100万円以上は15%(年利)までです。

各カード会社は法律に従って、キャッシング金利の範囲を決定しています。

利息の計算方法

キャッシングを利用した場合、自分で利息を計算することが可能です。1か月=30日として返済する場合の計算方法で例を紹介していきます。

利息=借入額×金利(年利%)÷365日(うるう年は366日)×30日(1か月)

例えば、年利18%で20万円借り入れ、30日後に一括返済する場合には、「20万円×18%÷365日×30日≒2,958円」

なお、1か月で完済できなかった場合は、翌月に残りの借入残高に対して同じ計算をして算出します。

キャッシングが利用できない原因と対処法

いざという時に「キャッシングが利用できない」という事態は大変困ります。しかし利用できないケースは意外とあります。

キャッシングが利用できない主な原因
  1. キャッシングの返済を滞納・延滞中
  2. 限度額を超えて借り入ている
  3. ショッピング利用の延滞している
  4. キャッシングに未対応のATMを利用した
  5. キャッシング枠を申請していなかった

1返済を滞納・延滞している

返済に遅れてしまうと、たとえ借入限度額まで利用していなくても一時的に利用がストップされることがあります。利用できるようにするためには、すぐに返済を済ませましょう。

2限度額を超えて借り入れている

キャッシングを利用する場合、必ず「利用限度額」を設定します。キャッシングが出来ない原因に多いのが、設定した利用限度額を超えて借り入れしようとしたケースです。

例えば、利用限度額を10万円に設定しており、既に9万円を借入利用した段階で、さらに3万円を借り入れようとすると限度額を超えてしまいます。

なお、利用限度額はキャッシング利用したお金が口座から引き落とされたときに満額の利用額まで戻ります。

3ショッピング利用の支払いを延滞している

キャッシングの返済は延滞していなくてもショッピング利用の支払いを延滞していても、新たにキャッシングできなくなる原因に繋がります。

それはショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれていることが理由です。

クレジットカードの借入の際は、ショッピング利用の支払いも遅れないようにしましょう。

4キャッシングに未対応のATMを利用した

キャッシングに未対応のATMで利用しようとすると、当然ながらエラーが出て借入れできません。利用する前には各カード会社でキャッシング対応しているATMを事前に確認することをおすすめします。

5そもそもキャッシング枠を申請していなかった

実はカードを持っているだけでキャッシングが出来るわけではありません。利用には必ず「キャッシング枠」がついていることが意外と忘れられやすいです。

 通常はカードを作成する際にキャッシング枠も設定しますが、この段階で枠を設定していないと、申請するまでは利用できないです。

多くのクレジットカードにはキャッシング枠を付けることができるので、カード会社の公式サイトまたは専用ダイヤルで確認可能です。

キャッシング枠はカードが手に入った後でも追加できるので、必要な場合は手続きを行いましょう。


即日利用可能
キャッシングおすすめ3選

クレジットカードのキャッシングはカードをお持ちの方なら利用できるメリットがありますが、クレジットカードを持っていなかったり、持っているカードにキャッシング機能がないと利用できません

通常クレジットカードの発行には通常2週間〜1ヶ月ほど時間がかかりますが、カードローンのキャッシングなら最短即日利用可能。24時間スマホからの申し込みが可能です。

プロミス

プロミスが1番おすすめな理由

理由1最短30分融資可能

理由2WEB完結(カードレス・郵送物なし)

理由330日間利息0円

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
4.50%~17.80% 500万円 最短30分 30分〜
借入方法 返済方法 WEB完結
カードレス融資
申込可能年齢
・指定口座振込
・プロミスATM
・提携ATM
・三井住友銀行ATM
・インターネット返済
・口座振替
・店頭窓口
・プロミスATM
・コンビニ
可能 20〜69歳

ポイント1最短1時間融資可能

プロミスは、業界大手のカードローン会社です。プロミスの特徴は、スピード融資に対応していることです。

 申し込みから融資までは最短30分!

プロミスは、急いでお金が必要な方に適したカードローン会社といえます。

※Oki Dokiランド利用時

最短30分審査&最短30分融資

ポイント2WEB完結(カードレス・郵送物なし)

プロミスは、WEB完結融資に対応しています。

 WEB完結融資なら、申し込みから借入まで全てがネットで完結。郵送物のやりとりは必要ありません。

口座振替による返済を選択すれば、カードレスでの借入が可能です。ネット環境さえあれば、いつでも必要な時に口座入金で借入できます。

周囲にカードローン利用を知られたくない方にも、おすすめです。

最短30分審査&最短30分融資

ポイント330日間利息0円

プロミスは、初回利用の際に30日間利息0円となるキャンペーンを行っています。※メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要です。

もし30日以内に返済すれば、利息は発生しません。カードローンが初めての方ならお得に借入できます。

※Oki Dokiランド利用時

最短30分審査&最短30分融資

SMBCモビット

SMBCモビットがおすすめな理由

理由110秒で簡易審査あり

理由2WEB完結なら電話連絡なし

理由3最短即日融資可能

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
3.00~18.00% 800万円 最短30分 即日
借入方法 返済方法 WEB完結
カードレス融資
申込可能年齢
・振込キャッシング
・提携ATM
・口座振替
・提携ATM
・銀行振込
・インターネット返済
可能 20〜69歳

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

web完結で簡単

ポイント110秒で簡易審査あり

SMBCモビットでは、10秒で借入可能か分かる「簡易審査」が可能です。

簡易審査を活用すれば、少ない入力項目でスピーディーに融資可能か判断できます。

SMBCモビットの簡易審査で入力する項目
  • 名前
  • 連絡先
  • 契約希望額など

簡易審査はSMBCモビットの公式HPから可能です。審査はもちろん無料ですので、気になる方は活用してみてください。

web完結で簡単

ポイント2WEB完結なら電話連絡なし

SMBCモビットは、WEB完結可能なカードローンです。

SMBCモビットでWEB完結を選択する最大のメリットは、職場への電話連絡なしで借入できることです。

 WEB完結なら必要書類の確認のみでOK。勤務先へ電話がかかってくることはありません。

電話連絡なしで借入したい方は、SMBCモビットのWEB完結を利用しましょう。

web完結で簡単

ポイント3最短即日融資可能

SMBCモビットは、最短即日融資に対応しています。

SMBCモビットの最速借入ルート
  1. ネットでカード申し込み
  2. コールセンターへ電話
  3. 審査結果
  4. 契約
  5. 振り込み融資

SMBCモビットは、素早く借入したい方にもおすすめのカードローンです。

web完結で簡単

アコム

アコムがおすすめな理由

理由1最短30分審査回答・最短即日振り込み

理由2最大30日間金利0円

理由3ネットやATMから24時間借入・返済できる

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
3.00~18.00% 800万円 最短30分 即日
借入方法 返済方法 WEB完結
カードレス融資
申込可能年齢
・ATM
・振り込み
・インターネット
・アコム ATM
・提携ATM
・店頭窓口
・口座引き落とし
可能 20〜69歳

ポイント1最短30分審査回答・即日振り込み

アコムは、最短即日融資可能。時間が必要な方におすすめのカードローンです。

アコム 申し込みから契約までの流れ
  1. 申し込み
  2. 申し込み内容確認
  3. 本人確認書類の提出
  4. 契約
  5. 振り込みによる借入

さらに、自動契約機(むじんくん)なら9:00〜21:00まで申し込み可能。その場でカード発行できます。仕事帰りでも借入できるカードローンです。

ポイント230日間金利0円

アコム は、はじめての方なら30日間金利0円です。

カードローンの返済額に影響する金利。無利息期間があるぶん、通常より支払う利息も少なくてすみます。

ポイント3ネットやATMから24時間借入・返済できる

アコム は、ネットやATMから24時間借入・返済できます。アコム の借入・返済方法は以下のとおりです。

  • インターネット
  • コンビニエンスストア
  • アコム 店頭窓口
  • アコム ATM
  • 振り込み・自動引き落とし

借入方法・返済方法が豊富なほど、カードローンは自分にあった使い方が可能です。

その点、豊富な借入・返済方法が用意されているアコムは、契約後も使いやすいカードローンといえます。

まとめ

今回はキャッシングに関して様々な利用法・返済・注意点などを紹介していきました。

この記事のポイント
  • 利用する場合はATM・CD(キャッシュディスペンサー)または振込でも利用可能
  • キャッシングが利用できない理由は、「限度額を超えていること」や「ATMが対応していない」「キャッシング枠を付けていない」等

クレジットカードのキャッシングは、無理のないプランをもって毎月コンスタントに返せれば非常に便利な方法といえます。

まとまった現金が急に必要になった時は、ぜひ今回の記事を参考にキャッシングの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

人気記事

おすすめ

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事