クレジットカード 在籍確認なし

クレジットカードを作る時に、審査の過程で勤務先に在籍確認が行われることがあります。在籍確認が行われることで「審査に落ちるのではないか」「勤務先に電話をされるのが好ましくない」と感じる方もいるでしょう。

在籍確認はもともと虚偽の情報で申し込まれていないか確認するものであり、クレジットカードの在籍確認は審査に必要な項目ではありますが、必ず行われることではありません。

そこで本記事では、在籍確認がなしの可能性にある傾向の人はどのような人が多いのかまとめてみました。

自分は在籍確認の対象になりそうかか要チェックです。

クレジットカードは在籍確認なしで作れる?

クレジットカードは在籍確認なしで作れる?

クレジットカードの在籍確認とは、クレジットカードの申込者が、きちんと支払い能力があるか、嘘の情報で申し込んでいないか確認するために行われるものです。

注意!
そのため、クレジットカードには在籍確認は絶対にないとは言い切れないのが現状です。

しかし、一般的に申込者へ連絡するのではなく勤務先へ電話をすることが多いため、勤務先にバレやすくなることが懸念する人も多くいることでしょう。

最近では店頭受付や即日発行のクレジットカードも増えており、在籍確認がある確率は低くなってきている傾向と考えられます。

発行までのスピードは、クレジットカードがより普及されたことと関係が深いと考えられます。

勤務先に在籍確認の電話がかかってくる理由

勤務先に在籍確認が行われる一番の理由は「申込者の返済能力を確かめるため」で、申告した内容が正確なものか確認しています。

MMクレジットカードの作成は申込者の信用力が担保となるため、信用力に欠ける人は在籍確認が必要になるのです。

在籍確認では、勤務先での収入や借入額を聞かれることはなく、氏名や住所、電話番号が申し込み情報と一致しているかを確かめています。

返済が行われずカード会社が損をするのを防ぐために行っています。

在籍確認と本人確認の違い

クレジットカードの作成時、在籍確認とは別に本人確認を行う場合があります。本人確認は在籍確認とは違い、申込者が本当に実在する人物なのかを確かめるために行われており、在籍確認同様電話がかかってきます。

注意!
本人確認は、在籍確認とは異なり本人が電話に出なければ、審査完了となりませんので必ず電話に応答するようにしましょう。

クレジットカードの在籍確認を求められにくい傾向の人とは?

クレジットカードを使用しているイメージ

クレジットカードの在籍確認は、申し込み情報などによって行われにくい可能性があります。まずは、在籍確認が求められる確率が低い方について見ていきましょう。

 在籍確認が求められにくい傾向の人とは

  • 信用情報に傷がなく信頼できる方
  • 1つの勤務先の勤続年数が長い方
  • スピード審査をしているクレカに申し込んだ方
  • 派遣社員や専業主婦の方

1信用情報に傷がなく信頼できる方

信用情報とは、クレジットカードの利用履歴やローンの借り入れ状況などの個人情報のことを指します。

MM過去に返済が遅れてしまったり、自己破産や債務整理を行った方は信用情報にそのことが記されており、ある一定期間その情報は残り続けます。

「返済が遅れてしまった」「他にもローンを借りている」という方は在籍確認が行われることがあり、信用できる人物か見定められます。

信用情報はクレジットカードだけでなく、カードローン等の借入時も審査の過程で確認されているためとても重要です。

自己破産や債務整理の情報は5年程度記録して残ることが一般的です。

21つの勤務先の勤続年数が長い方

1つの会社に長年勤めているという方は、クレジットカード会社からすると「安定した収入がある」「この先もやめない可能性が高い」として信用されやすい傾向です。

勤務先の情報は申込者の返済能力を確かめる上で重要な指標となりますが、長期の間同じ会社に勤めている方は在籍確認が行われる確率が低いです。

きちんと支払いができる人だと認められればアルバイトでも在籍確認はありません。

3スピード審査をしているクレカに申し込んだ方

スピード審査をしているクレカに申し込んだ方

最短即日発行や即日審査をしているクレジットカードは、審査にかけている時間が短いため在籍確認が行われないことが多いです。

また、クレジットカードの審査をスコアリングシステムのみでしていたりと、スピード審査をしているクレジットカードはそもそも在籍確認が含まれていないこともあります。

本人の信用情報や収入、勤務状況が重要になります。

4派遣社員や専業主婦の方

派遣社員や専業主婦の方は、クレジットカードに申し込んでも在籍確認が行われないケースが多いです。在籍確認は勤務先に電話連絡するのが一般的ですが、派遣会社は派遣社員の氏名を把握していない可能性があることを考慮して行われません。

また、主婦が申し込む際、勤務先を夫が勤めている会社に設定するのですが申込者以外の在籍確認はトラブルのもとになりかねないため行われない確率が高いです。

勤務の仕方や生活形態によって働いていても在籍確認されないことが多いです。

クレジットカードの在籍確認を求められる傾向・可能性のある人とは?

クレジットカードと南京錠

 続いてクレジットカードに申し込んだとき、在籍確認を求められるのはどのような方なのか確認していきましょう。

在籍確認を求められる可能性・傾向のある人

  • 審査難易度が高いクレカに申し込んだ方
  • 新規申込が少ない時期に申し込んだ方
  • 信用情報に問題がある方
  • クレジットヒストリーがない方
  • キャッシング枠を高く設定した方
  • 申込に虚偽の内容が含まれている方
  • 転職を何回もしている方
  • クレカの保有枚数が多い方

1審査難易度が高いクレカに申し込んだ方

在籍確認が行われるケースとして、一般カードではなく審査難易度の高いハイステータスカードに申し込んだ方が該当されることがある傾向です。

MM一般カードは、年会費無料でなるべく早く持つことができるという魅力があるため、ハイステータスカードほど返済能力を重要視しない傾向があります。
また、ハイステータスカードは年会費で一般カードの手数料分を補えるため、素早い審査をする必要がないです。在籍確認がどうしても嫌ならハイステータスカードは避けましょう。
高い年会費がかかるカードは在籍確認をされることが多いです。

2新規申込が少ない時期に申し込んだ方

新規申し込みが多い時期は毎年4月ごろで、新生活をスタートさせる社会人や学生などが影響しています。新規申し込みが多いということは、クレジットカード会社の繁忙期であり対応に追われているため在籍確認が行われる可能性が低いです。

繁忙期以外は審査時間に余裕があるため在籍確認を行う可能性も考えられます。

3信用情報に問題がある方

信用情報に問題がある方

クレジットカードを申し込む上で、信用情報に何か問題があると在籍確認や本人確認が行われやすくなります。

特に3ヶ月以上返済が遅れてしまったり、何かしらの理由で信用情報に傷がある方はクリーンな状態にしてから申し込むと良いでしょう。

注意!
債務整理や自己破産を過去5年以内にしている方は、そもそも申し込み段階で審査に落ちていることが多いです。

自分の信用情報は、個人信用情報センターなどに問い合わせることでわかりますので活用してみてください。

4クレジットヒストリーがない方

クレジットヒストリーとは、申込者のクレジットカード利用履歴のことを表し使用経験があるのか、返済が遅れたことはないかを確認できます。

初めてクレジットカードに申し込むという方は、このクレジットヒストリーが無いため在籍確認が行われることもあります。

クレジットヒストリーは大事な信用情報として扱われます。

5キャッシング枠を高く設定した方

クレジットカードの申し込みの際は、キャッシング枠を設定できますが借入限度額ギリギリにすると在籍確認の可能性が高まります

キャッシング枠を設定する方は、お金に困っているのではないかと判断されやすく審査が慎重になりやすいため注意してください。

キャッシングが不要な方はむやみに設定しないほうが審査にも通りやすくなります。

6申込に虚偽の内容が含まれている方

申込に虚偽の内容が含まれている方

虚偽申告をしてしまうと当然のことながら、勤務先についても嘘をついているのではないかと疑われるため、在籍確認が行われる可能性が高くなります。

他社からの借入額を小さくして申告したり、本人の収入などの情報に虚偽があるとすぐバレてしまいます。信用してもらうためにも虚偽申告はやめましょう。

相手は審査のプロなため、嘘は通じないと思ったほうが良いです。

7転職を何回もしている方

勤務先を何回も変えている方は、本人に何か問題があるのではないかと疑われてしまうため在籍確認が行われやすいです。在籍確認が行われる基準としては以下の通りです。

 転職を繰り返す方で在籍確認が行われる基準

  • 過去に2回以上の転職を経験している
  • 3年以内に転職をした経験がある

アルバイトやパートであればあまり問題ありませんが、会社員の方で転職の頻度が高い方は要注意です。

8クレカの保有枚数が多い方

クレジットカードを短期間に何枚も発行していると、「お金に困っているのではないか」「他の借り入れの返済ができていないのではないか」と疑われてしまいます。

また、短期間に何回もクレジットカードの申し込みをしていると、「多重申し込み」と判断され審査に通りづらくなるため注意してください。

カードローンの借り入れ数が多い場合も同様に在籍確認が行われやすくなります。

激甘?在籍確認なしで作りやすいクレジットカード5選

JCBカードW
三井住友カード
(NL)
ライフカード
エポスカード
三菱UFJカード VIASOカード
JCBカードW
三井住友カード(NL)
ライフカード エンボスレス
三菱UFJ VIASOカード
年会費
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
還元率
1.0%〜5.5%
0.5%〜5.0%
0.5%〜1.5%
0.5%~
0.50%
発行
最短3営業日
最短5分
最短3営業日
最短即日
最短翌営業日
国際ブランド
JCB
VISA
Mastercard
VISA
Mastercard
JCB
VISA
MasterCard
特典
キャンペーン
Amazon利用分20%(最大10,000円)プレゼント!
最大8,000円相当プレゼント
最大10,000円相当プレゼント
2,000円相当
プレゼント
最大10,000円キャッシュバック
申込対象
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く
18歳以上
18歳以上で安定した収入のある方 または18歳以上で学生の方(高校生を除く)

1JCB CARD W

JCBカードW

JCB CARD Wの特徴

特徴1WEB入会限定のクレジットカード

特徴2年会費永年無料いつでもポイント2倍

特徴3JCBオリジナルシリーズパートナーでポイント最大10倍

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
即日発行 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 審査可能年齢
無料 1.00% 2年間 × 最高100万円(海外) 18歳〜39歳

特徴1WEB入会限定のクレジットカード

JCB カード WはWEB入会限定のクレジットカードです。申し込み年齢は18歳〜39歳。条件を満たしている方であれば公式ページからいつでも申し込めます。

「JCB カード W」申し込みの流れ
  1. 公式ページからインターネット入会申込
  2. インターネットで口座設定
  3. 入会審査・カード発行
  4. 郵送でカード受け取り

オンライン口座設定には、インターネットバンキング契約カード、キャッシュカード、預金通帳などが必要です

JCB カード Wの年会費は永年無料です。入会・所持ともにコストは一切かかりません。39歳までにカードを発行すれば、40歳以降も年会費無料のまま継続できます。

特徴2ポイントは常に2倍!高いポイント還元率

JCB カード Wは、JCB一般カードと比較してポイントがいつでも2倍です。基本ポイント還元率は1.00%と高水準。メインカードとしておすすめです。

一般的に還元率が1.00%を超えるクレジットカードは高還元率カードと呼ばれています。大半のクレジットカードの還元率は0.50%程度です。平均的なカードの2倍の速さでポイントが貯まるのは大きな魅力と言えます。

年間100万円カード決済する場合、還元率0.5%と1.00%では獲得ポイントに5,000ptも差が出ますよ。

特徴3JCBオリジナルシリーズパートナーでお得!

JCB カード Wは、JCBオリジナルシリーズパートナー(優待加盟店)の利用でポイント獲得倍率が大幅にアップします。JCBオリジナルシリーズパートナーには、50を超える店舗が加盟しています。

JCBカードオリジナルシリーズパートナー(一例)
  • スターバックス(10倍)
  • セブンイレブン(3倍)
  • Amazon(3倍)
  • 高島屋(3倍)
  • モスバーガー(2倍)
  • 洋服の青山(2倍)
  • U-NEXT(2倍)

ポイント獲得にはポイントアップ登録を行う必要がある店舗があります。詳細は公式ページで確認してください

JCB カード Wなら、人気のお店で最大10倍のポイント獲得が可能です。JCBオリジナルシリーズパートナーの店舗で決済すれば、還元率は最高5.5%まで上昇します。

2三井住友カード(NL)

三井住友ナンバーレスカード

三井住友カード(NL)がおすすめな理由

理由1年会費永年無料最短5分で発行

理由2自身で選択したお店3店が常時+0.5%ポイント還元

理由3電子マネー、タッチ決済にも対応!

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
旅行保険 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 審査可能年齢

永年無料 最大5% ~24ヶ月

海外:最高2,000万円※1

満18歳以上(高校生除く)

※1 事前に旅費などを当該カードでクレジット決済することが前提

ポイント1年会費永年無料、最短5分で発行!

三井住友カード(NL)は、条件なしで年会費がずっと無料

所持していることでコストがかかることが一切ありません。

また、インターネットからの申込み後たったの5分でカードが発行されるので、すぐにクレジットカードが必要な方やクレジットカードを作りそびれていた方には特におすすめの1枚です。

ポイント2自身で選択したお店3店が常時+0.5%ポイント還元

  1. セブンイレブン
  2. ローソン
  3. マクドナルド

三井住友カード(NL)を利用すると、通常ポイントに加えて利用金額200円につき2%ポイントが還元されます。

さらに、Visaのタッチ決済またはMastercardコンタクトレスを利用して支払うと、通常のポイント還元0.5%に加えて2.5%、さらに2.5%のポイントが還元されます!

つまり、通常のポイント0.5%から考えると10倍になるためお得感がかなりありますね。

ポイント3電子マネー、タッチ決済にも対応!

三井住友カード(NL)では、以下の電子マネーが利用できます。

  • iD
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • TiTaPa
  • WAON

電子マネーは専用の端末にタッチするだけでサインレスで決済が完了することから、利便性も高く手軽なため近年重宝されている方も多いのではないでしょうか。

利用金額によってはサインや暗証番号が必要となるケースもありますが、利用金額が少ない場合は暗証番号の入力も不要なケースもあり大変スムーズです。

出典:公式サイト

3ライフカード

ライフカード エンボスレス

ライフカードがおすすめな理由

理由1年会費永年無料

理由2不正利用への補償付き

理由3お得にポイントが貯まる

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
ポイントの使い道 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 申込条件
無料 0.5% 最大5年間 Vプリカギフトなど × 日本国内在住の18歳以上(高校生除く)で、電話連絡が可能な方

ポイント1年会費無料

ライフカードの年会費は無料です。初年度だけでなく、次年度以降も永年無料なので安心して使うことができます。またはじめてカードを持つ人にとっても使いやすいため、おすすめです。

さらに、ライフカードは家族カードの年会費も永年無料です。家族カードを発行し家計での支出をライフカード に集約すれば、より効率的にポイントを貯められるでしょう。

ポイント2不正利用への保証付き

もしもライフカードを紛失したり盗難にあい、不正利用された場合は損害保証が付きます。

ライフカードに登録した時点で、自動でついてくる会員保証制度となっていますので、盗難・紛失等ありましたらすみやかに連絡するようにしましょう。

ポイント3お得にポイントが貯まるシステム

ライフカードにはお得にポイントが貯まるシステムが充実しています。

ライフカード のポイントプログラムの例
  • 初年度はポイント1.5倍付与
  • 誕生月のショッピングはポイント3倍
  • 年間50万円以上の利用で300ポイントが付与&次年度の基本ポイントが1.5倍

年間200万円以上使う人は、次年度は基本ポイントが2倍となるため、よく使うほどお得にポイントを貯めることが可能です。

ポイント4入会キャンペーンがお得

ライフカード では新規入会プログラムを常時開催しています。お規入会&カード利用に応じて最大10,000円相当のポイント(2,000ポイント)を獲得可能です。

ライフカード新規入会プログラムの内容
  • カード発行で1,000円相当(200ポイント)
  • カードショッピング利用で最大6,000円相当(1,200ポイント)
  • 家族もしくわ友達の紹介で3,000円相当(600ポイント)

※本プログラムは2020年12月25日現在の内容です。予告なく終了することがあるので公式サイトより最新情報を確認してください

ライフカード は年会費永年無料です。カード発行で1,000円相当のポイントがもらえるため、発行するだけでプラスになる1枚といえます。また、ポイントの有効期限は最長5年間。ポイントがすぐに失効する心配もありません。

4エポスカード

エポスカードエポスカードがおすすめな理由

理由1マルイの割引・全国1万店舗での優待特典

理由2海外旅行保険が自動付帯

理由3年会費無料でゴールドカードが発行できる

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
ポイント
の使い道
無料 通常0.50%
最大15%
2年間 マルイ割引
・プリペイド移行
・ネット通販割引
・商品券、ギフト券
・他社ポイント移行
・グッズ交換
・寄付
・年会費支払い
旅行保険 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 申込条件
海外500万円 - 無料 -

18歳以上
(高校生を除く)

※たまるマーケット利用時

ポイント1マルイの割引・全国1万店舗での優待特典

エポスカードは、特典が充実したクレジットカードです。

エポスカードには、全国10,000以上の店舗の優待割引が付帯しています。対象の居酒屋、アミューズメントパーク、スパなどで割引やポイントアップが受けられます。

中でも注目の特典は、マルイでの割引です。

 年4回実施される、会員限定「マルコとマルオの7日間」では、マルイの買い物代金が10%OFFとなります。

割引適用に回数制限は一切ありません。年に数回でもマルイを利用する方は、持っておいて損は無い1枚です。

ポイント2海外旅行保険が自動付帯

エポスカードには、海外旅行保険が自動付帯してきます。

自動付帯とは
クレジットカードを所有しているだけで保険が適用される仕組みのことです。

エポスカードには、最高500万円の海外旅行保険が自動付帯。カードを所有しているだけで、もしもの時に保険金が受け取れます。

エポスカードは、旅行保険代わりにも最適。ぜひ海外旅行に持っていきたいクレジットカードです。

ポイント3年会費無料でゴールドカードが発行できる

エポスカードは、カードの利用実績に応じてゴールドカードの招待状が届きます。エポスゴールドカードには、以下のようにメリットが多数あります。

EPOSゴールドカードのメリット
  • 国内空港ラウンジが無料利用
  • 年間10,000ptのボーナスポイント付与
  • 3ショップまでポイント3倍
  • 年間100万円カード利用でポイント還元率実質1.50%
  • ポイント有効期限なし

エポスゴールドカードの年会費は通常税込5,000円です。

 しかし、エポスカードから招待状が届けば年会費は永年無料です。

招待状を受け取るには、年間50万円以上のエポスカード利用が条件です。エポスカードを毎月4〜5万円程度利用し、ゴールドカードの無料発行を狙うのも良いでしょう。

5三菱UFJカードVIASOカード

VIASOカード

三菱UFJカードVIASOカードがおすすめな理由

理由1年会費永年無料

理由2自動でポイントをキャッシュバックしてくれる

理由3ショッピング保険・海外旅行保険付き

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
旅行保険 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 申込条件


無料 0.50% 1年間

海外:最高2,000万円

年間最高100万円まで補償

18歳以上で安定した収入のある方

または18歳以上で学生の方(高校生を除く)

ポイント1年会費永久無料

三菱UFJカードVIASOカードは年会費が永久に無料となっています。カード会社によっては2年目から有料になることもありますが、三菱UFJカードVIASOカードはずっと無料です。

また無料にあたってクリアしなくてはいけない条件もありませんので安心してください。

ポイント2オートキャッシュバックで手間いらず!

三菱UFJカードVIASOカードはオートキャッシュバックといってポイントが貯まると自動でキャッシュバックを行ってくれるため、ポイントの有効期限が切れてしまったりポイントを使い忘れるという心配がありません。

VIASOカードポイントは、1,000円で5ポイント付与されます。ポイントの有効期限は1年です。

ポイント3海外旅行損害保険がついている

三菱UFJカードVIASOカードには海外旅行傷害保険がついています。障害による死亡や後遺症に対して最大2,000万円、傷害や疾病の治療費は最大100万円を限度としており、海外旅行に頻繁に行く人におすすめのカードです。

またこの保険を使うための面倒な手続きはありません。

あらかじめ三菱UFJカードVIASOカードで旅行代金(事前に指定された費目)を支払うだけでOKです。

クレジットカードの在籍確認を回避できる可能性のあるポイント

在籍確認のイメージ

在籍確認が行われる基準についてわかっても、実際回避するにはどうすれば良いのかわからないという方もいるでしょう。ここからは、在籍確認を回避できるかもしれないポイントをいくつかご紹介します。

 在籍確認を回避かもしれないポイント

  • スピード発行に対応しているクレカを選ぶ
  • 新規申込が多い時期に申し込む
  • クレジットヒストリーを良好に保つ
  • 他に借入しているなら返済を進める
  • クレジットカードの同時申し込みはしない

1スピード発行に対応しているクレカを選ぶ

先ほどご紹介した通り、スピード発行をしているクレジットカードは在籍確認が行われにくいためおすすめです。

スピード発行の基準は「最短即日発行」「最短即日審査」と記載されているクレジットカードで、年会費もかからず持ちやすいものが多くあります。

ゴールドカードなどのステータスカードが欲しいなら、在籍確認があると考えて申し込みましょう。

2クレジットヒストリーを良好に保つ

クレジットカードの審査は、申込者の信用度合いによって在籍確認や慎重な審査が必要になります。

そのため、以前クレジットカードを所持したことがある、すでに持っている方は常に良好な状態を保つようにすると良いでしょう。

継続的に支払いが行えていれば、複数枚クレジットカードを持っていても問題ありません。

3他に借入しているなら返済を進める

他に借入しているなら返済を進める

キャッシングやカードローンにてすでに借り入れをしているなら、返済を進めて借入残高を0円にしておくと良いでしょう。返済が進んでいない、滞っていると在籍確認以前に審査に通らないため注意してください。

返済が終了してすぐだと信用情報が更新されていないため、ある程度期間を空けて申し込みましょう。
また、完済したという実績があれば返済能力があると信用されやすいため、積極的に返済を行うことをおすすめします。

4クレジットカードの同時申し込みはしない

クレジットカードを複数枚申し込んでいると「多重申し込み」と判断されクレジットカード会社は警戒します。結果的に在籍確認は避けられないため、クレジットカードを申し込む際は自分に最も適した1社に絞りましょう

まずは審査に落ちないような手段を取ることが大切です。

在籍確認でクレジットカードの審査に落ちる?

債務整理のイメージ

審査を進めていく過程で申込者の情報に問題が無くても、在籍確認により審査に落ちてしまうことがあります。審査に落ちてしまう原因についてはいくつかありますので確認しておきましょう。

在籍確認が取れなかった

在籍確認により審査に落ちる最もな原因としては、勤務先から「在籍していない」「確認ができません」などと言われてしまった場合です。

在籍確認が取れなかった場合は、再度本人宛の電話番号に連絡が入るため、必ず電話に出て説明しましょう。クレジットカードに申し込み後は、登録していない電話番号に対応できるようにしておくと良いです。

入社して間もない方や旧姓が勤務先に登録されている場合に起こりえます。

退職している勤務先を使用した

退職している勤務先を虚偽申告した場合に起こる事例です。場合によっては有休消化中であり、正式に退職していない方もいるでしょう。

MMしかし、勤務先からすると会社に来なくなった日が退職日と考える方もいるため、「退職した」と報告されることもあるでしょう。

退職のタイミングでクレジットカードを申請すると虚偽申告扱いをされたり、収入が無くなる不安を懸念されてしまうため新しく職に就くまで申し込まないほうが無難です。

今後退職が決まっているとなると審査に落ちる可能性もあるので注意です。

長期休暇で最近出勤していない

在籍確認の際に、「療養中で長期休暇を取っています」と回答を得た場合、審査落ちの原因になる可能性があります。どのくらいの期間長期休暇をしているかによりますが、返済能力の関係上マイナスの印象を与えてしまうことになります。

また、勤務が再開する目途が立っているなら、カード会社に伝えること問題なく審査に通過することもあります。

状況確認のために本人に連絡が来ますのでしっかり受け答えしましょう。

在籍確認を円滑に行ってもらうには

カード ネズミ捕り

クレジットカードの在籍確認の時間がかかると単純に審査時間が伸びてしまうため、カードが使えるまでに期間が空いてしまいます。最後に在籍確認をスムーズに行ってもらうためのポイントについて詳しく解説します。

自分が出やすい電話番号を伝える

勤務先の電話番号を記入するときは、自分が所属している部署の電話番号に繋がるようにしましょう。代表番号や他の部署に繋がる電話番号を伝えてしまうと、確認までに手間がかかり最悪の場合「在籍していない」と回答されてしまうこともあります。

MM内線番号があるなら、内線番号までしっかり伝えるとスムーズに在籍確認が行われます。

在籍確認が来た理由を考えておく

クレジットカード会社から在籍確認が来たときに「クレジットカーを作るため」と言いたくない方は、他の理由について考えておくと良いです。

そもそも、クレジットカードの在籍確認はお金に困っているからという理由でされるものではありませんので、安心してください。

営業の電話や遠い親戚からの電話などごまかすことは可能です。

まとめ

今回は、クレジットカードの在籍確認に焦点を当ててどのような方やどのような内容で連絡が来るのか詳しくご紹介しました。

在籍確認が行われるからと言って、審査に落ちやすくなるわけではなく申込者の情報が正しいか確認しているだけなので過度に警戒する必要はありません。

また、在籍確認をどうしても避けたいという方は、デビットカードなど在籍確認がない金融サービスを活用すると良いでしょう。

クレジットカードに関する関連記事

 おすすめのクレジットカードに関する関連記事

 各種クレジットカードに関する関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事