SUICA

キャッシュレス決済の導入加速化により、電子マネーを利用する機会も増えました。電子マネーは支払いの手間が省けるだけでなく、ポイントを貯めるという観点からもおすすめの決済サービスです。

今回は電子マネー”Suica”が付帯したクレジットカードを4つ紹介します。モバイルSuica登録やオートチャージについても解説していますので、ぜひ参考になさってくださいね。

オートチャージ対応!!Suica付帯おすすめ
クレカをチェック!!

Suica付帯おすすめクレジットカード

1JALカードSuica CLUB-Aカード

JALカードSuica CLUB-Aカードがおすすめな理由

理由1電車利用でJALマイルが貯められる!

理由2入会特典でたくさんのマイルが獲得可能

理由3国内・海外旅行保険付帯!

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
旅行保険 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 審査可能年齢
11,000円(税込) 0.50% 最高1年間

国内:最高5,000万円

海外:最高5,000万円

18歳以上

ポイント1電車利用でJALマイルが貯められる!

JALカードSuica CLUB-Aカードは、電車に乗りながらJALマイルが貯まるクレジットカードです。電車や駅ビルなどでJALカードSuica CLUB-Aカードを利用すると、JRE POINTが貯まります。

JRE POINTはJALマイルと交換可能なので、電車利用でポイントを貯めてマイルと交換できます。Suicaカードでマイルを貯めたい方は、JALカードSuica CLUB-Aカードが効率よくマイルが貯まるカードとしておすすめです。

ポイント2入会特典でたくさんのマイルが獲得可能

JALカードSuica CLUB-Aカードに入会し初めて搭乗すると、特典として最大5,000マイルがもらえます。また毎年初回搭乗として最大2,000マイルがもらえるため、年1回以上飛行機に乗る方は初年度合計最大7,000マイルのボーナスを受取り可能です。

JALカードSuica CLUB-Aカードは、搭乗ボーナスとしてフライトマイルの最大25%分のマイルが別途もらえます年1回でもJAL航空便を利用される方であれば、初年度年会費分は十分元を取り得るカードといえるでしょう。

ポイント3国内・海外旅行保険付帯!

旅行が好きな方にとってクレジットカードの旅行保険は必須の付帯サービスです。JALカードSuica CLUB-Aカードには、最高5,000万円補償の旅行傷害保険が付いています。

国内・海外ともに利用可能な保険なので、安心して国内・海外さまざまな場所へ旅行に出かけられます。

普段Suicaを使っていてマイルを貯めている方なら、JALカードSuica CLUB-Aカードはぜひとも利用を検討すべきです。

2「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カードがおすすめな理由

理由13つの機能が1枚に集約!

理由2オートチャージ機能付帯!

理由3Suicaチャージでポイント還元率1.5%

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
旅行保険 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 審査可能年齢
524円(税込) 0.50% 最大2年間

国内:最高1,000万円

海外:最高500万円(自動付帯)

18歳以上

ポイント13つの機能が1枚に集約!

「ビュー・スイカ」カードは、クレジットカード・定期券・Suicaという3つの機能が1枚に集約されたカードですSuica利用でJRE POINTが貯まるため、JRE POINTカードとしての役割も果たしてくれます。

「ビュー・スイカ」カードの年会費は524円(税込)です。年会費無料のカードも多いため、年会費が無駄だと考える方も多いでしょう。

「ビュー・スイカ」カードは非常に機能性が高いカードです。Suicaカードを探している方にとっては、「ビュー・スイカ」カードが相性のよいカードとなるでしょう。

ポイント2オートチャージ機能付帯!

Suicaをよく利用される方にとっては、チャージ金額不足で改札を通過できないことは大きなストレスです。「ビュー・スイカ」カードはオートチャージ機能が付いています。

一定の金額以下になると自動的に「ビュー・スイカ」カードからSuicaへチャージが行われます。オートチャージ機能を活用すれば、残高不足の心配なく日々の通勤・支払いに利用可能です。

ポイント3Suicaチャージでポイント還元率1.5%

「ビュー・スイカ」カード経由でSuicaチャージを行うと、通常の3倍ポイントが貯まります。「ビュー・スイカ」カードは基本還元率が0.50%と低いですが、Suicaチャージならいつでも還元率は1.50%です。

Suicaチャージだけでなく定期券の購入もポイント3倍です。通勤・通学で定期券を利用している方は、「ビュー・スイカ」カードが非常にお得なカードだといえます。

ビュー・スイカカードは、すでにSuicaを利用している方なら持っておいて損のない1枚ですよ。通勤・通学など生活するだけでザクザクポイントを貯められます。

3ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードがおすすめな理由

理由1ビックカメラならポイント二重取り!還元率11.5%

理由2基本還元率1.00%

理由3年会費実質無料!

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
旅行保険 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 審査可能年齢
524円(税込) 1.00% 最大2年間

国内:最高1,000万円

海外:最高500万円(自動付帯)

× 18歳以上

※初年度年会費無料・年1回以上利用で翌年無料

ポイント1ビックカメラならポイント二重取り!還元率11.5%

ビックカメラSuicaカードはビックカメラで最大11.5%のポイント還元が受けられるカードです

Suicaチャージ金額の上限は2万円なので、大型家電など金額が高いものは購入できません。しかし小物家電など2万円以下のものであれば、Suica支払いがお得です。

ビックカメラSuicaカード11.5%還元の内訳
  • Suicaチャージ還元(1.50%)
  • Suica支払い還元(10%)

※還元率は商品によって異なります。すべての商品で11.5%の還元が受けられるわけではありません

ポイント2基本還元率1.00%

ビックカメラSuicaカードの基本還元率は1.00%です。これはクレジットカードとして高還元率カードに分類できます。

基本還元率が高いカードは生活費の支払いにおすすめです。ビックカメラSuicaカードはビックカメラ以外の支払いでもおすすめできるカードです。

ポイント3年会費実質無料!

ビックカメラSuicaカードの年会費は税込524円です。しかし実際に年会費を支払うケースはほとんどないともいえます。その理由は、年1回以上ビックカメラSuicaカードを利用すれば、翌年度の年会費が無料になるからです。

ビックカメラSuicaカードは初年度年会費無料継続して利用するならずっと年会費無料で利用することも可能なカードです。

ビックカメラSuicaカードの大きな魅力は、条件を満たせば年会費を支払うことなく使えることです。

4ルミネカード

ルミネカードがおすすめな理由

理由1ルミネ・ニュウマンのお買い物がいつでも5%OFF

理由2Suicaオートチャージ機能付帯!

理由3ルミネ商品券への交換で1JRE POINTが1.2円の価値に!

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
旅行保険 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 審査可能年齢
1,048円(税込) 0.50% 2年間

国内:最高1,000万円

海外:最高500万円(自動付帯)

18歳以上

※初年度年会費無料

ポイント1ルミネ・ニュウマンのお買い物がいつでも5%OFF

ルミネカードはルミネ・ニュウマンのお買い物がいつでも5%OFFで利用できるクレジットカードです。

年に数回は10%OFFで利用可能な期間が設けられており、ルミネ・ニュウマンで買い物する機会が多い方にとっては大変便利なカードだといえます。

ルミネカードの年会費は税込1,048円です。5%OFFの特典が付帯していることにより、年間21,000円以上ルミネ・ニュウマンでショッピングする方であれば、年会費相当の還元は十分受けられます。

ポイント2Suicaオートチャージ機能付帯!

ルミネカードはSuicaオートチャージに対応しています。通勤・通学・ショッピングで利用可能なSuicaは、日々の支払いをスマートに終えられる便利な電子決済です。

オートチャージ機能があれば、改札で止められることもなくなります。Suicaをよく利用される方であれば、オートチャージ機能は必須だといえるでしょう。

ポイント3ルミネ商品券への交換で1JRE POINTが1.2円の価値に!

ルミネカード経由でSuicaチャージを行うと、1,000円(税込)につき15JRE POINTが貯まります。JRE POINTはさまざまなポイントや商品券と交換できるのですが、お得な交換方法はルミネ商品券です。

JRE POINTをルミネ商品券と交換するとポイント還元率は1.2%にアップします。通常還元率は1.00%なので、ルミネをよく利用される方であればルミネ商品券との交換がおすすめです。

※24,400ポイントを3万円分の商品券と交換した場合

ルミネで年数回でも買い物する方なら十分年会費の元を取ることを期待できます。都内在住の学生や若い方にも人気のカードです。

Suicaとは?

Suicaは、JR東日本が発行している電子マネーです。鉄道・バスだけでなく、コンビニやドラッグストアなどさまざまな場所で利用可能です。Suicaは「カードタイプ」と「モバイルSuica」の2つに分類されます。

「モバイルSuica」はクレジットカードと紐付けることが可能です。オートチャージにも対応しており、毎回チャージする手間を省くことができます。

Suicaチャージは、現金とクレジットカードに対応していますが、クレジットカードからチャージする方がお得です。

その理由は?

ポイントの二重取りが可能だからです。クレジットカードからチャージを行えば、クレジットカードのポイントとJREポイントが同時に貯まります。

今回の記事では、クレジットカードからSuicaにチャージする方法、またSuicaチャージにおすすめなクレジットカードを紹介しています。

クレジットカードからSuicaにチャージする方法

クレジットカードからSuicaにチャージする方法は主に3つあります。それぞれどのような方法なのか、ぜひチェックしてみてください。

1駅のATM「VIEW ALTTE」でチャージ

JR東日本の駅構内に設置されているATM”VIEW ALTTE”では、ビューカードのクレジット決済でSuicaに入金(チャージ)が可能です。メンテナンスなどイレギュラーな状況を除き、始発から終電まで年中無休で利用できます。

VIEW ALTTEでチャージする方法
  1. 「クレジットカードによるチャージ」を選択
  2. 入金させたいSuicaカードを挿入
  3. チャージに利用するビューカードを挿入
  4. ビューカードの暗証番号を入力
  5. チャージする金額を選択
  6. 内容に問題がなければ「確認」ボタンをタップ
  7. カードと利用明細票の受取

ビューカードは、Suicaチャージで1.5%のポイント還元を受けることが可能なJR東日本発行のクレジットカードです。Suicaチャージなら還元率が高いビューカードが非常にお得です。

2Apple Pay経由でモバイルSuicaにチャージ

モバイルSuicaを利用している方であれば、Apple Pay経由でモバイルSuicaにチャージすることができます。

 Apple Pay経由でチャージする方法
  1. モバイルSuicaアプリを開く
  2. チャージしたい金額を入力
  3. 「チャージ」をタップし認証を受ける

事前にApple Payの設定・モバイルSuicaのクレジットカード登録を行っておく必要があります

モバイルSuicaはオートチャージ設定も利用可能。Suicaを利用する機会が多い方は、オートチャージが便利です。

3オートチャージ

オートチャージは、自動改札機にタッチするだけでスイカへの入金(チャージ)ができるサービスです。

予め設定した金額以下になると自動的にSuicaチャージが行われます。残高不足になることがないため、Suicaを利用する頻度が高い方はオートチャージがおすすめです。

MMオートチャージの設定は、インターネットもしくは郵送、VIEW ALTTEの3つから行います。

モバイルSuicaに登録したクレジットカードを変更する方法

モバイルSuicaアプリに登録したクレジットカードの変更は、以下の手順で簡単に行えます。ただしすでに他のモバイルSuicaのチャージに利用しているクレジットカードへの変更はできません(Apple Payを含む)。

 モバイルSuicaのクレジットカード情報を変更する手順
  1. モバイルSuicaアプリを起動
  2. トップページから「その他」を選択し「会員メニュー」をタップ
  3. 会員メニューから「クレジットカード情報」をタップ
  4. 変更後のクレジットカード情報を入力し「変更確認」をタップ
  5. セキュリティコードを入力
  6. 内容に問題がなければ「登録する」をタップ

頻繁にクレジットカード情報の変更を行うと、アカウントのロックがかかってしまう可能性があります。十分注意して変更手続きを進めるようにしましょう。

まとめ

今回はSuicaチャージでお得なクレジットカードを紹介しました。Suicaは通勤・通学だけでなく日々のショッピングで利用可能な電子マネーです。

今回紹介したカード経由でSuicaチャージを行えば、1.5%のJRE POINT還元が受けられます。日々の支払いをSuicaで行えばたくさんのポイントが獲得可能です。

Suicaをよく利用される方は、ぜひSuica付帯のクレジットカードを検討してみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事