おすすめの仮想通貨(暗号資産)と取引所は?銘柄の選び方も解説!

「仮想通貨は種類がたくさんあってどれを選べば良いのかわからない」と思う人も多いでしょう。また、取引所も国内外に多く存在しているため、どこに口座を開設するかも悩みどころです。

確かに、仮想通貨は3,000種類以上あると言われており、選択肢の幅も広いです。しかし、仮想通貨も取引所も安全性の高いものを選ばないと、損失を出してしまう可能性があります。

そこで今回はおすすめの仮想通貨取引所と銘柄を5つずつ厳選して紹介します。おすすめ取引所は取扱通貨数を比較してランキング形式で紹介しています。

仮想通貨の選び方についても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

【アプリも充実】おすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所ランキング

初心者でも使い勝手が良いアプリを提供しているおすすめの仮想通貨取引所を5つ厳選して紹介します。どの取引所も金融庁の登録があるため、セキュリティ性が高いとされています。

※ランキングは2021年7月時点の取扱通貨数が多い順に記載しています。

コインチェック
Coincheck
bitbank
bitFlyer
bitbank
ビットフライヤーbitFlyer
取引所手数料
無料
メイカー:-0.02%
テイカー:0.12%
約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
(単位: BTC)
販売所手数料
無料
無料
(一部銘柄を除く)
無料
レバレッジ
なし
なし
2倍
最低取引額
0.005通貨単位以上
(500円相当額以上)
0.0006 BTC
0.00000001BTC
(1円から取引可能)
取引通貨数
15種類
11種類
13種類

1Coincheck

仮想通貨のおすすめ取引所ウォレット

Coincheckがおすすめな理由

理由1500円からビットコインが買える

理由216種類の仮想通貨を取り扱っている

理由3スマホアプリがシンプルでわかりやすい

取扱仮想通貨数 取引手数料 入金手数料 出金手数料 最低注文数量 アプリ対応
16種類 無料
  • 銀行振込:無料(振り込み手数料はお客様負担)
  • コンビニ入金:770円(税込)〜
  • クイック入金:770円(税込)〜
407円 0.005BTC以上 かつ500円(相当額)以上から

※出典:https://coincheck.com/ja/

Coincheckは、500円からビットコインが購入できる初心者でも始めやすい取引所です。本人確認書類の提出をすると、最短1日で口座開設できます。

[frame-memo text=”ビットコインを含めた合計16種類の仮想通貨を取り扱っており、ビットコイン以外の仮想通貨を検討している人に特におすすめです。”]

スマホアプリのダウロード数もNo.1※1となっており、初心者でもわかりやすく使いやすい仕様です。

仮想通貨のつみたてや貸仮想通貨にも対応しており、取引に不安がある人でも安心して仮想通貨を扱えます。

※1 2020年1月 – 12月(データ協力:App Annie)

2bitbank

初心者にもおすすめ!仮想通貨取引所

bitbankがおすすめな理由

理由1セキュリティ性が日本一と評価されている※6

理由2申し込み手続きは3分で完了し最短1日で口座開設

理由3ワンタップで仮想通貨を手軽に購入できる

取扱仮想通貨数 取引手数料 入金手数料 出金手数料 最低注文数量 アプリ対応
10種類
  • Maker:
  • -0.02%
  • Taker:0.12%

無料(銀行への入金時の振込手数料は、お客様負担になります。)

550円/770円(3万円以上) 0.0001BTC

※出典:https://bitbank.cc/ ※6 2018年10月3日 ICORating調べ

bitbankは、最先端の高いセキュリティで資産を守ってくれる取引所です。「仮想通貨取引に参入したいけれど安全面が不安」という人に特におすすめになります。

[frame-memo text=”70のテクニカル分析が使えるTrading Viewは、上級者には嬉しい機能です。”]

初心者でも簡単に取引ができるデザインになっています。初心者から始めて、チャートを読めるようになってきた段階でも詳細なテクニカル分析を使用できます。

初心者の方でも取引に慣れた上級者の方でもストレスなく利用できる取引所だと言えます。

3bitFlyer

仮想通貨のおすすめ取引所ウォレット

bitFlyerがおすすめな理由

理由1ビットコイン国内取引量No.1※4

理由2100円から仮想通貨取引を始められる

理由3スマホアプリは初心者でも簡単に扱える

取扱仮想通貨数 取引手数料 入金手数料 出金手数料 最低注文数量 アプリ対応
13種類 無料
  • 銀行振込手数料:各銀行所定額
  • クイック入金手数料:無料(住信SBIネット銀行から入金の場合)
  • クイック入金手数料:330 円(税込)/件(住信SBIネット銀行以外から入金の場合)
  • 三井住友銀行:220円〜440円(税込)
  • 三井住友銀行以外:550円〜770円(税込)
0.001BTC

※出典:https://bitflyer.com/ja-jp/ ※4 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2020年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyerは、国内のビットコイン取引量がNo.1の実績がある安心の取引所です。取扱通貨は13種類と豊富で、通貨によっては100円などの少額から取引を始められます。

[frame-memo text=”T-POINTをビットコインに変えられるので、T-POINTを普段から活用している人にもおすすめです。”]

アプリは初心者にやさしいシンプルなデザインで、直感的に操作が可能です。

上級者に向けてもテクニカル分析などが可能なプロ向け取引所「bitFlyer Lightning」があり、レバレッジ取引などが可能です。

4GMOコイン

仮想通貨のおすすめ取引所ウォレット

GMOコインがおすすめな理由

理由12021オリコン顧客満足度No.1の安心の実績※2

理由2最短10分で口座開設完了※3

理由3スマホアプリに「ノーマルモード」と「トレーダーモード」

取扱仮想通貨数 取引手数料 入金手数料 出金手数料 最低注文数量 アプリ対応
14種類
  • 販売所:無料
  • 取引所:Maker-0.01%、Taker0.05%
  • 即時入金:無料
  • 振込入金:無料(振込手数料はお客様負担となります。
無料
  • 取引所:0.0001BTC
  • 販売所:0.00005BTC

※出典:https://coin.z.com/jp/ ※2 オリコン顧客満足度:https://life.oricon.co.jp/rank-cryptocurrency/cash-transaction/ ※3 9:00~24:00(メンテナンス時を除く)は最短10分で審査完了、それ以外の時間帯は翌日9:00以降の審査完了となります。

GMOコインは、2021オリコン顧客満足度でNo.1を獲得した取引所です。口座開設までのスピードが最短10分と非常に早く、すぐに取引を開始したい人に特におすすめです。

[frame-memo text=”取引ツールも充実しており、スマホアプリには初心者向けの「ノーマルモード」と上級者向けの「トレーダーモード」が用意されており、自分に合わせて使用できます。”]

「取引のタイミングはよくわからない」という初心者でも、ワンコイン(500円)から仮想通貨を積み立てられる「つみたて暗号資産」を利用して徐々に取引に慣れていくことも可能です。

5DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinがおすすめな理由

理由1口座開設が最短1時間とスピーディ※5

理由2初心者から上級者まで使えるアプリ

理由324時間365日のサポート体制

取扱仮想通貨数 取引手数料 入金手数料 出金手数料 最低注文数量 アプリ対応
12種類 無料
  • クイック入金:無料
  • 振込入金:無料(銀行手数料はお客様負担)
無料 0.001BTC

※出典:https://bitcoin.dmm.com/ ※5 『スマホでスピード本人確認』を利用して7:00-22:00の間に口座開設申込をいただいた場合。それ以外の時間帯は7:00以降の審査完了となります。

DMM Bitcoinは、申し込みから口座開設までが最短で1時間と非常にスピーディな取引所です。出入金の手数料も無料なので、コストをかけずに取引を始められます。

[frame-memo text=”アプリは初心者から上級者まで満足できる仕様で、PC版とほぼ同じ機能を兼ね備えています。”]

サポート体制も整っており、24時間365日対応してくれるので、操作に迷った時にも安心です。

資産の95%をオフラインのコールドウォレットで保管するシステムなのでセキュリティ性も高いと言えます。

【将来性あり】おすすめ仮想通貨(暗号資産)銘柄ランキング

仮想通貨は3,000種類以上あるため選択肢が多く、どの通貨を購入すればいいのか迷う人も多いです。そこでここでは、将来性が期待できる仮想通貨5種類について、くわしく紹介します。

※おすすめの仮想通貨銘柄を2021年7月時点の時価総額が高い順に記載しています。

1ビットコイン

ビットコイン

ビットコインおすすめな理由

理由1全ての仮想通貨の基軸となる通貨

理由2時価総額No.1

理由3エルサルバドルで国の法定通貨に

 

通貨名 シンボル 時価総額順位 発行上限枚数 時価総額

レート

ビットコイン BTC 1位 21,000,000 BTC 65,902,535,691,265円 3,513,495.40円

※出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/bitcoin/ ※数値はすべて2021年7月16日現在のもの

ビットコインは、全ての仮想通貨の原点とも言える通貨です。2008年、サトシ・ナカモト氏によって考案され、市場に流通した最初の通貨になります。

仮想通貨の代表格で、時価総額は2位を大きく引き離して1位に君臨しています。

今後も仮想通貨の基軸としての役割を担うことが予想されています。中南米のエルサルバドルでは国の法定通貨とする法案が可決されたのも、将来性を期待できる要素と言えるでしょう。

反面、ビットコインの仕組みを支えているマイニングに膨大な電力を使うことから「環境に優しくない」という意見もあります。

2イーサリアム

イーサリアム

イーサリアムがおすすめな理由

理由1スマートコントラクトが魅力

理由2時価総額はビットコインに次ぐNo.2

理由3発行上限と半減期がない

通貨名 シンボル 時価総額順位 発行上限枚数 時価総額 レート
イーサリアム ETH 2位 データなし 24,943,630,657,920円 213,743.59円

※出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/ethereum/ ※数値はすべて2021年7月16日現在のもの

イーサリアムの特徴は、スマートコントラクト機能を搭載している点です。スマートコントラクトとは「賢い契約」という意味で、通常なら時間のかかる契約を自動で行ってくれるという大きなメリットがあります。

スマートコントラクトという仕組みは、さまざまな取引に応用できるとして期待されており、時価総額はビットコインに次ぐ2位です。

また、イーサリアムには発行上限枚数が設定されておらず半減期もないことから、今後も安定して供給される可能性が高いと言えるでしょう。

3リップル

リップル

リップルがおすすめな理由

理由1国際送金に使われ始めている

理由2処理速度が速く、処理コストが安い

理由3インド市場への進出

通貨名 シンボル 時価総額順位 発行上限枚数 時価総額 レート
リップル XRP 6位 100,000,000,000XRP 3,084,331,036,599円
66.82円

※出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/xrp/ ※数値はすべて2021年7月16日現在のもの

リップルは処理速度が非常に速いだけでなく、処理コストも安く、利便性の高い仮想通貨です。

リップルが提供しているxRapidでは、国際間の送金実験で2分で完了するという驚異のスピードを実現しています。

今、世界中で発生している自然災害などへの寄付が多く行われており、手数料が安く送金スピードもあるリップルを活用する動きが出始めています。

また、世界で2番目に人口の多い急成長中のインドへ向けた施策を発表しているのも、期待が持てる点です。ただし、インドでは仮想通貨の規制も検討されているので、今後の動きには注意が必要でしょう。

4ライトコイン

ライトコイン

ライトコインがおすすめな理由

理由1ビットコインから派生した古株の通貨

理由2発行上限枚数が多い

理由3ビットコインより取引承認スピードが早い

通貨名 シンボル 時価総額順位 発行上限枚数 2021年7月16日現在の時価総額 2021年7月16日現在のレート
ライトコイン LTC 13位 84,000,000LTC 927,764,791,275円 13,898.75円

※出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/litecoin/ ※数値はすべて2021年7月16日現在のもの

ライトコインは、ビットコインのデメリットを補う役割として同時期に生まれた仮想通貨です。機能面でもビットコインと共通する点があり、安定した仮想通貨と言えます。

取引承認スピードがビットコインの約4倍ほど早く手数料が安いのが大きな特徴で、送金などの利便性が高い通貨です。

発行上限枚数がビットコインの4倍ほどあることも着目すべき点と言えます。ビットコインよりも日常的に使えるように設計されているため、今後送金や決済手段として利用されるようになるだろうと予想される通貨です。

5ネム

ネム

ネムがおすすめな理由

理由1セキュリティが強固

理由2個人でICOができる

理由3世界各国と提携している

通貨名 シンボル 時価総額順位 発行上限枚数 時価総額 レート
ネム XEM 62位 8,999,999,999XEM 140,735,348,326円 15.62円

※出典:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/nem/ ※数値はすべて2021年7月16日現在のもの

ネムは、EigenTrust++というシステムを利用しているセキュリティ性の高い通貨です。EigenTrustとは、ネットワークに参加しているコンピュータなど(ノード)同士で監視し合い、悪質なノードを排除する仕組みのことです。

また、独自トークンであるICO(仮想通貨を発行して売り出す、クラウドファンディングのようなもの)が個人でできるのも魅力的です。

また、ネムはアラブ首長国連邦やマレーシア政府と提携しています。ネムはアップデートのたびにセキュリティも強固になっていくので、今後も提携する国や政府が増えていく可能性も期待できます。

仮想通貨(暗号資産)の3つの選び方

5つの仮想通貨をピックアップして紹介しましたが、その他の仮想通貨でもこれから伸びる可能性のある仮想通貨も存在します。

しかし、なんとなく投資してしまうと大きな損失になってしまう可能性があるので注意が必要です。そこでここでは、仮想通貨の選び方についてポイントを3つ紹介します。

1.将来性があるか

仮想通貨(暗号資産)の3つの選び方

仮想通貨を購入する際に注目したいのは「将来性」です。将来性のある仮想通貨でないと価値が下落していくため、損をしてしまう可能性が高いです。

そのため、仮想通貨を購入する際には「将来性」があるかどうかを見極める必要があります。将来性があるかどうかについては以下の3点に着目するのが良いでしょう。

将来性を判断するポイント
  • システムの信頼性
  • 使用目的・展望
  • SNSなどの評判・著名人の発言など

 

2.安全で信頼できるか

仮想通貨(暗号資産)の3つの選び方

仮想通貨は実物がないデジタルの通貨だからこそ、安全で信頼できるかどうかが重要になります。そのため、まずはホワイトリスト入りしている仮想通貨を選ぶのがおすすめです。

ホワイトリストとは?

金融庁に登録されている取引所が扱っている仮想通貨全部のこと。2021年7月現在で23種類がホワイトリスト入りしている。

仮想通貨には悪意ある攻撃をされるリスクもあるため確実に安全とは言えませんが、ホワイトリスト入りしている通貨に関しては他の仮想通貨よりも信頼できると言えるでしょう。

3.流動性はあるか

仮想通貨(暗号資産)の3つの選び方

流動性とは、どれくらい取引をされているかの量とも言えます。頻繁に取引されているほうが、仮想通貨を適性な価格で取引できます。

一般に時価総額の大きい仮想通貨は流動性が高い場合が多いので、迷ったら時価総額の大きさで判断しても良いでしょう。

仮想通貨(暗号資産)で儲けるためのおすすめ方法3つ

仮想通貨は初心者でも利益を出せる可能性がありますが、損失のリスクもあります。そのため、リスクを減らすことが儲けるために重要になります。

ここでは、儲けるためのおすすめの方法を3つ紹介します。

1.余剰資金で少額から始める

仮想通貨(暗号資産)で儲けるためのおすすめ方法3つ

仮想通貨は儲かるからと、生活費や将来の積み立て金を削ってまで投資するのはおすすめしません。余剰資金で少額から参入するのが良いでしょう。

仮想通貨は必ず儲かるとは言えないため、生活費などを削ってしまうと生活ができなくなってしまう可能性があります。

また、資金がマイナスになってしまう可能性があるレバレッジ取引には特に注意が必要です。初心者のうちは大きく儲けようとせず、取引に慣れることを目的にしましょう。

2.チャートを読み解けるようになる

チャートを読み解けるようになれば、将来の予測ができるため、利益を出しやすくなります。初心者のうちは多くの指標があり読み解くのが大変に思えるかもしれませんが、覚えてしまえば便利に活用できます。

まずは「ローソク足チャート」と「移動平均線」に着目しながら、少額での取引でチャートの見方に慣れていくのがおすすめです。

3.複数の取引所に口座を開設する

仮想通貨(暗号資産)で儲けるためのおすすめ方法3つ

利用する取引所は複数あったほうがリスクを分散できます。取引所にはハッキングやサーバーダウンのリスクがあります。取引所が使用できなくなると、取引のチャンスを逃してしまう可能性も否定できません。

仮に2つの取引所に口座開設しておけば、一つの取引所が使えなくなったとしてももう一つの取引所で取引できるため、チャンスを逃さずに済むでしょう。

よくある質問

おすすめの仮想通貨取引所は?
Coincheck、DMM Bitcoin、bitFlyer、GMOコイン、bitbankの5つがおすすめです。どの取引所も金融庁に登録されており、安全性が高いと判断できます。

特にCoincheckは16種類の仮想通貨を取り扱っているため、購入したい通貨で取引できる可能性が高いでしょう。

おすすめのアプリは?
Coincheck、DMM Bitcoin、bitFlyer、GMOコイン、bitbankの5つがおすすめです。どのアプリも初心者でもわかりやすい仕様で使えるだけでなく、上級者向けのテクニカル分析を確認できるので、無駄がありません。
おすすめの仮想通貨の銘柄は?
ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル 、ネムの5つがおすすめです。どの仮想通貨も安全性が高く、今後世界中で使用されるようになる可能性があるので将来性にも期待できます。
仮想通貨の選び方は?
将来性、安全性、流動性の3つに着目して選ぶのがおすすめです。

将来性や安全性を判断するには、SNSなどの評判をチェックしたりどのようなシステムを導入しているか確認したりするのが良いでしょう。流動性は時価総額の大きさが目安になります。

仮想通貨取引のコツはある?
余剰資金で少額から取引を始め、チャートの見方がしっかり理解でき読み解けるようになることが、儲けを出すための近道です。

また、リスク回避のためにも複数の取引所に口座を作成しておくのがおすすめです。

ブロックチェーンとはどういう仕組み?
ブロックチェーンとは、取引情報(ブロック)を数珠つなぎ(チェーン)にしていくコンピュータ上の仕組みで、みんなで同じ情報を保有しながら監視し合う特徴があります。改ざんや不正は非常に難しいシステムです。
マイニングって何をして儲けているの?
マイニングとは、取引データを検証・承認し、ブロックに書き込んでいく作業です。マイニングに成功するとシステムの維持管理に貢献したとされ、新しく発行されるコインが報酬として付与されます。

この付与されたコイン分からマイニングにかかる費用(電気代など)を差し引いた金額が儲けになります。

まとめ

今回は、おすすめの仮想通貨取引所と銘柄について紹介しました。取引所はハッキングなどのサイバー攻撃を受ける可能性があるので、金融庁に登録されている安全性が高い取引所を選びましょう。

また、仮想通貨の銘柄を選ぶ時には、以下の3つに着目すると失敗しにくいと言われています。

仮想通貨の3つの選び方のポイント
  • 将来性
  • 安全性
  • 流動性

初心者のうちは、取引所で扱っている仮想通貨に絞って購入するのが安全です。

紹介した5つの取引所と5つの仮想通貨で、安全性の高い取引をしましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事