夫婦でも家族全員でも使える!家族カードおすすめ比較ランキング

家族カードは、カード本会員の家族向けに発行されるクレジットカードです。基本的なサービス・特典はほとんど本会員カードと同じでありながら、ほとんど全ての場合で本会員カードよりも安い年会費で利用できる優れものです。

今回の記事では、家族カードの発行におすすめのクレジットカードを10枚紹介しています。家族カードの発行を考えている方は、ぜひ参考になさってくださいね。

【年会費無料】夫婦利用におすすめ家族カード徹底比較!

三井住友カード(NL)
JCBカードW
ライフカード
VIASOカード
イオンカード
セレクト
三井住友カード ゴールド(NL)
JCBゴールド
dカード GOLD
アメックスゴールドカード
三井住友カードNLナンバーレスカード
JCBカードW
ライフカード エンボスレス
VIASOカード
JCBゴールド
dカードGOLD
アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
年会費
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
初年度年会費無料
通常5,500円
条件達成で永年無料
ネット入会で
初年度無料
2年目以降
11,000円税込
11,000円税込
31,900円税込
還元率
0.5%〜5.0%
1.0%〜10.5%
0.5%〜1.5%
0.5%〜12.5%
0.5%
0.5%〜5.0%
0.5-5.0%
1%~4.5%
1.0%
発行
最短5分
最短3営業日
最短3営業日
最短翌営業日
最短翌日
ネット申し込みで
最短即日発行
郵送受け取り:
最短翌日お届け※
最短5日
申し込み後
通常2週間程度
国際ブランド
VISA
Mastercard
JCB
VISA
Mastercard
JCB
Mastercard
VISA
Mastercard
JCB
VISA
Mastercard
JCB
VISA
Mastercard
AMEX
特典
キャンペーン
最大8,000円相当
プレゼント
Amazon利用で
ポイント15%
キャッシュバック
(最大10,000円)
最大10,000円相当
プレゼント
最大10,000円
キャッシュバック
最大10,000円
相当プレゼント
最大
11,000円相当
プレゼント
Amazonご利用で
最大20,000円
キャッシュバック
最大
20,000ポイント
プレゼント
最大
50,000ポイント
プレゼント
申込対象
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く
18歳以上
満20歳以上で安定した収入のある方
20歳以上で
ご本人に安定継続収入
のある方
(学生不可)
20歳以上で
安定した継続収入
がある方
(学生不可)
-

1三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)の家族カードがおすすめな理由

理由1本会員同様の充実したサービスを利用できる

理由2家族一人目は初年度年会費無料

理由3家計管理が簡単

ブランド ポイント
還元率
ポイント
有効期限
旅行保険 ショッピング保険 ETCカード 申込条件

最大5% ~24ヶ月

海外:最高2,000万円※1

満18歳以上(高校生除く)

※1 事前に旅費などを当該カードでクレジット決済することが前提

ポイント1本会員同様の充実したサービスを利用できる

三井住友カード(NL)は、本会員はもちろん、家族カードであっても以下の店舗のなかから自身で選択したお店3店での利用で通常ポイントに加えて利用金額200円につき2%ポイントが還元されます。

  1. セブンイレブン
  2. ファミリーマート
  3. ローソン
  4. マクドナルド

さらに、上記のお店でVisaのタッチ決済またはMastercardコンタクトレスを利用して支払うと、通常のポイント還元0.5%に加えて2.5%、さらに2.5%のポイントが還元されます。

つまり、この場合通常のポイント0.5%から考えると10倍になるためお得感がかなりありますね。

 

また、近年のキャッシュレス社会に伴い、以下の電子マネーが利用できる点も見逃せません。

  • iD
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • TiTaPa
  • WAON

電子マネーは専用の端末にタッチするだけでサインレスで決済が完了することから、利便性も高く手軽なため近年重宝されている方も多いのではないでしょうか。

利用金額によってはサインや暗証番号が必要となるケースもありますが、利用金額が少ない場合は暗証番号の入力も不要なケースもあり大変スムーズです。

ポイント2家族一人目は初年度年会費無料

家族カード1枚めの作成は、初年度の年会費が無料。また、翌年度以降は、家族カードでの前年の利用回数が3回以上であれば再度年会費は無料になります。

3回以上の利用回数というのは、意外とハードルが低いので簡単に年会費無料にできそうですね。

2JCB CARD W

JCB CARD Wの特徴

特徴1国内・海外どこでも常にポイント2倍

特徴2JCBオリジナルシリーズパートナーでポイント最大10倍

特徴3手続きはすべてWEB完結

ブランド 年会費 年会費(家族カード) ポイント
還元率
海外旅行保険 国内旅行保険 買い物保険 ポイント有効期限 申込可能年齢

無料 無料 1.00% 最高2,000万円 最高100万円 2年間 18歳〜39歳

JCB CARD Wは、JCBオリジナルシリーズの年会費無料カードです。還元率が1.00%と高い点が特徴であり、家族カードは何枚でも無料で作れます。

JCB CARD Wは、JCBオリジナルシリーズの利用で最大10倍のポイントが獲得可能です。WEB入会限定カードであり、手続きがすべてWEBで完結する点も大きなメリットです。

スタバで10倍・Amazonやセブンイレブンで3倍など、普段の生活でお得にポイントが貯まる1枚です。

こちらの記事もおすすめ

3ライフカード

ライフカードの特徴

特徴1年会費永年無料

特徴2誕生月は基本ポイント3倍!

特徴3『LIFE DESK(日本語サービス)』付帯

ブランド 年会費 年会費(家族カード) ポイント
還元率
海外旅行保険 国内旅行保険 買い物保険 ポイント有効期限 申込可能年齢
無料 無料 0.50%〜 5年間 18歳以上

ライフカードは、家族カードを何枚でも無料発行できるクレジットカードです。付帯保険はありませんが、海外アシスタンスサービス”LIFE DESK”など充実の特典が付帯しています。

海外アシスタンスサービス”LIFE DESK”とは?
海外旅行をサポートするサービスです。ホテルやレストランの予約やカード紛失対応など海外で充実したサポートが受けられます。

また、ポイントプログラムが充実していることもライフカード の特徴です。誕生日ポイント3倍・入会から1年間ポイント1.5倍など、効率よくポイントが貯まります。

L-Mall(エルモール)を経由すると最大25倍のポイントが貯まりますよ。ネットショッピングする際は、積極的に活用しましょう。

4三菱UFJカード VIASOカード

VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカードの特徴

特徴1ポイントは自動でキャッシュバック!

特徴2海外旅行保険が手厚い!

特徴3最短翌営業日発行対応

ブランド 年会費 年会費(家族カード) ポイント
還元率
海外旅行保険 国内旅行保険 買い物保険 ポイント有効期限 申込可能年齢

無料 無料 0.50%〜 最高2,000万円 年間最高100万円 18歳以上

三菱UFJカード VIASOカードは、年会費無料でありながら海外旅行保険が充実しています。指定された費目をカードで支払うだけで、保険が適用されます。

海外旅行保険の内容
  • 傷害による死亡・後遺障害(最高2,000万円)
  • 携行品の損害(1旅行につき20万円程度)
  • 傷害・疾病による治療費用(100万円程度)

三菱UFJカード VIASOカードの大きな特徴は、ポイントが自動でキャッシュバックされることです。ポイントの使い途に困ることがなく、さらにポイントが失効してしまう可能性もありません。

家族カードは無料で発行できます。自動キャッシュバックのため、家計管理が楽になることもメリットですね。

5イオンカード セレクト

イオンカード セレクトの特徴

特徴1WAONオートチャージに対応!

特徴2無料でゴールドカードを発行!

特徴3家族カード最大3枚まで無料発行対応

ブランド 年会費 年会費(家族カード) ポイント
還元率
海外旅行保険 国内旅行保険 買い物保険 ポイント有効期限 申込可能年齢
無料 無料 0.50%〜 年間最高50万円 2年間 18歳以上

イオンカード セレクトは、イオン系列のお店で割引やポイント倍率アップが受けられるカードです。WAONへのオートチャージでは、200円ごとに1WAONポイントが貯まります。

直近年間ショッピング利用100万円以上など所定の条件をクリアした方は、イオンゴールドカードへのグレードアップが可能です。

イオンゴールドカードは年会費無料で利用できるため、手軽にゴールドカードを持ちたい方にもイオンカード セレクトはおすすめできます。

イオンゴールドカードには、全国のイオンラウンジや空港ラウンジが使える豪華特典がついていますよ。

家族カードにおすすめのゴールドカード5選

1三井住友カード ゴールド (NL)

三井住友カード ゴールド (NL)の特徴

特徴1両面ナンバーレス仕様

特徴2年間100万円の利用で年会費が永年無料

特徴3ネット申し込みで最短即日発行

ブランド 年会費 年会費(家族カード) ポイント
還元率
海外旅行保険 国内旅行保険 買い物保険 ポイント有効期限 申込可能年齢

5,500円(税込)※1 550円(税込)※2 0.50%〜 最高2,000万円 最高2,000万円 年間最高300万円 2年間 20歳以上

※1 年間100万円以上の利用で翌年度以降の年会費が永年無料
※2 年1回利用で翌年無料

三井住友カード ゴールド (NL)は、年間100万円以上利用することで、翌年度以降の年会費は永年無料で持つことができます。

お得なポイント還元

  • セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニ3社とマクドナルドでの利用でポイントが最大5%還元されます。

  • あなたが街でよく利用するお店を3つまで登録しておくと、さらにポイントが+0.5%還元されます。
    ※いずれも諸条件があるため公式HPにて確認して下さい。

ネットからの申し込みなら、最短5分で即時発行される点も大きな魅力です。また、スマートフォンにカードの設定をすれば、iDマークのある店舗などでスマホのみで簡単にお支払いが可能

発行後はVpassアプリ内でカード番号が確認できるので、カードの到着を待つ必要がありません。

2JCB ゴールド

JCBゴールドの家族カードがおすすめな理由

理由1入会でJCBギフトカードプレゼントキャンペーン中

理由21人目年会費無料ではサービスを受けられる

理由3家族全員でOki Dokiポイントを貯めて合算できる

ブランド 年会費(家族カード) ポイント
還元率
海外旅行保険 国内旅行保険 買い物保険 ポイント有効期限 申込可能年齢

1,100円(税込) 0.50%〜 最高1億円 最高5,000万円 最高500万円 2年間 満18歳以上(高校生除く)

※初年度無料

家族全員で貯めることで効率よくざくざくとポイントを貯めることができるJCBゴールド。JCBで得られるポイント”Oki Dokiポイント”は、JCBカードの毎月の利用合計額1,000円(税込み)ごとに1ポイントが付与されます。

Oki Dokiポイントの利用方法例

  • 商品と交換する 
  • お買い物で使う 
  • 支払金額に充当する 
  • マイルや他社ポイントに移行する など

 

JCBゴールドは、キャンペーン期間中に家族カードに新たに入会し、キャンペーンの参加登録をした人全員にもれなく最大4,000円分のJCBギフトカードがプレゼントされます。

最大2名分までの家族カードがキャンペーンの適用となりますので、これを機に入会することを検討してみてください。

3dカード GOLD

dカード GOLDの家族カードがおすすめな理由

理由11枚目の家族カードは年会費無料!

理由2家族カード本会員にまとめてポイントを貯めることができる

理由3家族会員ごとにETCカードを申し込める!

ブランド 年会費(家族カード) ポイント
還元率
海外旅行保険 国内旅行保険 買い物保険 ポイント有効期限 申込可能年齢

1枚目無料
2枚目以降1,100円(税込)
1.0%〜 最高1億円 最高5,000万円 年間最高300万円 4年間 20歳以上

dカード GOLDは、特にドコモユーザーに非常におすすめなクレジットカードです。ドコモケータイやドコモ光の利用料金はなんとポイント10倍で、3年間で最大10万円までのケータイ補償も受けられます。

基本還元率も1.00%と高く、ポイントは最大4年間利用可能です。

dカード GOLDで貯まるdポイントは、d払いに対応している加盟店約266万店で支払いに充当ができるため非常に汎用性も高いでしょう。

d払い対応の加盟店抜粋

  • 街のお店
    マクドナルド セブンイレブン ローソン ファミリーマート マツモトキヨシ welcia ツルハドラッグ GU ユニクロ アカチャンホンポ IKEA ベビーザらス Loft ほっともっと クロネコヤマト など
  • ネットのお店 
    Amazon メルカリ ラクマ minne Oisix dinos 無印良品ネットストア ショップディズニー タワーレコードオンライン じゃらん など

こちらの記事もおすすめ

※2021/09/13現在

5アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの特徴

特徴1最高1億円補償!海外旅行保険付帯

特徴2プライオリティ・パスに年会費無料で登録可能

特徴3対象のレストランで1名無料!

ブランド 年会費 年会費(家族カード) ポイント
還元率
海外旅行保険 国内旅行保険 買い物保険 ポイント有効期限 申込可能年齢
31,900円(税込) 13,200円(税込) 1.00%〜 最高1億円 最高5,000万円 年間最高500万円 3年間 20歳以上

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、プライオリティ・パスが無料で申し込みできるステータスの高いカードです。年2回まで世界各国の空港ラウンジを無料で使えます。

また、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードには、『ゴールド・ダイニングby招待日和』という特典が付帯しています。

国内外約200店舗のレストランで所定のコースを2名以上で予約すると1名分が無料です。夫婦で外食する際などに利用したい特典といえます。

家族カードは1枚まで年会費無料です。年会費3万円以上の豪華特典を無料で受けられます。
アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カードのキャンペーン情報

アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カードキャンペーン情報

  • ご入会後3ヶ月以内のカード利用で合計40,000ポイント獲得可能

家族カードの選び方ポイント

ポイントの貯めやすさで選ぶ

家族カードの選び方ポイントの画像

ポイント還元率が高いクレジットカードは、家族カードを作るのに向いています。なぜなら、家族カードの利用額についてもポイントは付与されるからです。

MM
家族で協力すれば、本会員が一人でポイントを貯めるよりも効率よくポイントが貯められるでしょう。

一般的に、クレジットカードの還元率の平均は0.5%程度です。しかし、中には年会費無料のクレジットカードで1.0%の還元率が設定されているケースもあります。

特定の店舗での支払いで還元率がアップする特典が用意されているカードもあるため、できるだけ還元率のよいカードを選びましょう。

特約店はカードごとに異なり、ガソリンスタンドや飲食店、薬局などさまざま。家族がよく利用するお店でお得に使えてポイントを貯めやすいカードを選びましょう。

年会費で選ぶ

家族カードの選び方ポイントの年会費のお金の画像

家族カードには年会費が無料のものと、年会費がかかるものがあります。年会費の金額はカードによっても異なりますが、一般的にハイステータスなものほど年会費も高くなる傾向にあります。

MM
家族カードを選ぶ際には、できるだけ年会費無料のクレジットカードを選ぶのが大切です。

年会費の高い家族カードを選ぶと、せっかくポイントを貯めても年会費で相殺されてしまいます。

ただし、クレジットカードによっては付帯サービスや特典が充実したものもあり、活用次第ではもとが取れるものもあります。

年会費を払うだけの価値があると感じた場合には、年会費無料にこだわる必要はありません。

付帯サービスが充実したクレジットカードは年会費がかかる傾向にあります。しかし、ほとんどのクレジットカードでは、家族カードは本会員よりも年会費が安く設定されているのでお得です。

1枚目のカードは無料、2枚目以降も本会員の半額以下の年会費というカードも数多く存在します。

付帯サービス内容で選ぶ

家族カードの選び方ポイントの年会費の買い物の画像

家族カード会員は、本会員に付帯されているサービスとほとんど同じものが利用できます。

MM
そのため、本会員だけでなく家族全員でお得にサービスを受けられるクレジットカードを見つけましょう。

例えば家族で旅行や出張をする機会が多い方は、旅行傷害保険が付帯されるカードがおすすめです。旅先での万が一のトラブル対応や傷害補償などをカバーしてくれます。

不正利用の際の際の補償や特定の店舗で優待を受けられるサービスなど、カードによってさまざまな付帯サービスがあります。

家族全員でお得に活用できるものを選んで下さい。

家族カードを持つ3つのメリット

家族カードを発行することで得られる主なメリットは以下3つです。それぞれどんな内容なのか詳しく確認していきましょう。

 家族カードのメリット
  • 家計管理が簡単
  • 家族も同じサービスが付帯
  • 審査で落とされにくい

1家計管理が簡単

家族カードの利用金額は本会員の利用金額と合算して計算されます。クレジットカードを複数枚持っていると、カード枚数分利用明細を確認しなければいけないので大変です。

しかし、家族カードなら利用明細が1枚に集約。カード代金の引き落とし日もまとめられるため、家計管理がグッと簡単になります。

2家族も同じサービスを受けられることが多い

基本的には家族カードも本会員と同じサービスを受けることができます。さらに、家族カードは年会費無料だったり、本カードより年会費が安かったりとコスト面でもお得です。

かりに年会費無料の家族カードを発行した場合、1枚分の年会費で家族みんなが同様のサービスを受けられます。特典やサービスをシェアできることは、家族カードの大きなメリットです。

[frame-memo text=”ただし、一部のサービスは本会員限定となるものもあります。よく条件を確認しておきましょう。”]

3審査が本会員を基準に行われる

家族カードを発行する際にもクレジットカード会社による審査が行われます。しかし、ほとんどの家族カードの審査は、本会員向けに行われるのが特徴です。

家族カードの審査で確認されるのは、本会員の信用情報や年収など。家族カードを所有する家族への審査は行われないのが通常ですつまり、家族に収入がない場合でも、通常は本会員の審査結果次第でカードを発行できます。

家族カードを作る際の4つの注意点

ここで、家族カードを作る際の4つの主な注意点を紹介します。

1利用限度額が共有される

家族カードの利用限度額は本会員の利用限度額と連動しており、本会員の利用限度額の一部を家族会員も使っているということになっています。

場合によっては、知らぬ間に利用限度額に達していて他の家族が支払い出来ないということも起きかねません。

注意!
カードは別々に利用出来ても利用限度額は共有されていることに注意が必要です。

2利用履歴が共有される

利用明細が1枚に集約されるという家計管理の便利さの反面、利用履歴を秘密にしたいという人には注意が必要です。

3クレヒスが育たない

家族カードを利用している場合、家族がいくらクレジットカードで支払いをしたとしても本会員のクレヒスしか育ちません。

クレヒスとは?
クレヒス(クレジットヒストリー)とは、クレジットカードやローンの利用履歴、またはそれに伴う信用情報のことをいいます。

そのため、家族カードしか利用したことが無い人の支払い実績は成長しないため、将来的に自分のカードを取得したいと考える人にとっては注意が必要です。

4本会員のクレヒスによりカードが使えなくなる場合がある

家族カードは本会員に依存しているため、本会員のクレヒス状況によっては、家族のクレジットカードの利用が停止される場合があります。

家族カードにはメリットもある反面、注意しなければいけないこともあります。今後のことを考えて入会しましょう。

まとめ

クレジットカードを発行する上で、家族カードを何枚まで発行できるのかは重要なポイントです。家族カードはほとんどの場合、格安の年会費で本会員とほぼ同様の特典が受けられる、メリット満載のカードです。

まだ家族カードを持っていないという方は、今回の記事をきっかけに発行を検討してみてくださいね。

関連記事

人気記事

おすすめ

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事