個人事業主におすすめのクレジットカード!選び方や審査も解説

近年、フリーランスなど個人で仕事を請け負う人が増えてきました。その流れにより、個人事業主でも申込可能なクレジットカードが続々登場しています。

そこで今回は、個人事業主におすすめのクレジットカードを紹介します。

ビジネスカードとして最適な選び方や審査についても触れていますので、ぜひ参考になさってください。

個人事業主におすすめのクレジットカード4選徹底比較

セゾンコバルト・
ビジネス・
アメリカン・
エキスプレス・
カード
JCB CARD Biz
アメリカン・
エキスプレス・
ビジネス・
カード
楽天ビジネスカード
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
JCBカードBiz
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
楽天ビジネスカード
年会費
1,100円(税込)
1,375円(税込)
13,200円(税込)
2,200円(税込)
還元率
0.50%〜
0.47~1.49%
1.00%〜
1.00%〜
発行
最大3営業日
1週間程度
公式サイトに
記載なし
5営業日
国際ブランド
AMEX
JCB
AMEX
VISA
特典
キャンペーン
最大8,000円相当
プレゼント
最大30,000円分の
Amazonギフト券
プレゼント!

2022年9月30日(金)まで
初年度年会費
無料
2,000ポイント
プレゼント
申込対象
個人事業主または
フリーランス、
経営者の方
(高校生を除く)
20歳以上
公式サイトに
記載なし
20歳以上

1セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

特徴1登記簿謄本・決算書不要

特徴2入会特典で8,000円相当のポイント獲得

特徴3ビジネスシーンで利用するサイトでポイント4倍獲得

国際ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額 申込可能年齢
1,100円(税込) 0.50%〜 永久 一律の制限なし 18歳以上

ポイント1登記簿謄本・決算書不要

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、登記簿謄本・決算書なで申し込み可能です。カードの申し込みはインターネットで完結するので、忙しい個人事業主の方でも気軽に申込みできます。

ポイント2入会特典で8,000円相当のポイント獲得

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに入会すると、特典として永久不滅ポイントが1,600ポイントプレゼントされます。

 入会特典詳細
  • 特典1:入会翌々月末までにショッピング5万円(税込)以上の利用で永久不滅ポイント1,000ポイントプレゼント
  • 特典2:入会翌々月末までにショッピング5万円(税込)以上の利用かつ1回以上のキャッシング利用で永久不滅ポイント300ポイントプレゼント
  • 特典3:入会翌々月末までにショッピング5万円(税込)以上の利用かつ追加カードの発行で永久不滅ポイント300ポイントプレゼント

永久不滅ポイントの大きな特徴は有効期限がないことです。ポイントが失効しないため、経費の支払いなど時間をかけて有効活用できます。

ポイント3ビジネスシーンで利用するサイトでポイント4倍獲得

ビジネスシーンで役立つサービスの利用で常の4倍ポイントが貯まります。ポイント4倍の対象サービスは次のとおりです。

4倍ポイントサービス対象サイト
  • アマゾン ウェブ サービス
  • エックスサーバー
  • お名前.com
  • かんたんクラウド
  • クラウドワークス
  • サイボウズ
  • サクラインターネット
  • マネーフォワード クラウド
  • モノタロウ
  • ヤフービジネスサービス

対象サービスで使えばポイント還元率は2.0%までアップします。すでに対象サービスを利用している個人事業主の方はもちろん、これから利用を検討している方も必見です。

セゾンコバルトビジネスアメックスは、年会費がリーズナブルながら特典が充実しています。最初の1枚としておすすめですよ。

2JCB CARD Biz

jcb card biz一般

JCB CARD Bizの特徴

特徴1申し込み時、法人の本人確認書類が不要

特徴2支払い方法が多岐に渡る

特徴3貯まったポイントをマイルや他ポイントに移行可能

国際ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 申込可能年齢
1,375円(税込) 0.47~1.49% 最大2年間 最高3,000万円 最高3,000万円 最高100万円 20歳以上

ポイント1申し込み時、法人の本人確認書類が不要

クレジットカード申し込み時の、現在事項全部証明書・履歴事項全部証明書などの法人の本人確認書類が不要なため、書類の発行手続きの手間を省くことが出来ます。

ポイント2支払い方法が多岐に渡る

ボーナス1回払い・スキップ払い・ショッピングリボ・分割などの多岐に渡る支払い方法を選ぶことが出来ます。

QUICPay、ApplePay、GooglePayなどにも対応しているため、キャッシュレス決済も可能です。
また、設定可能な講座の種類が豊富であり、法人名義はもちろんのこと、代表者の個人名義での決済も可能です。

ポイント3貯まったポイントをマイルや他ポイントに移行可能

貯まったOki Dokiポイントを提携先各社のマイルやポイントなどへ交換することが出来ます。

Oki Dokiポイントとは?
1,000円(税込)の利用でOki Dokiポイント1ポイントが貯まるポイントサービスです。有効期限はカードの種類によって異なりますが、獲得月より2~5年間となります。

クレジットカードの明細利用データと会計ソフトのデータを連携することにより、会計処理作業を効率化することも出来ます。

参照:公式サイト

3アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの特徴

特徴1利用限度額に一律の制限なし!

特徴2国内・海外旅行保険付帯!

特徴3ポイントはマイルに交換可能

国際ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額 申込可能年齢
13,200円(税込) 1.00%〜 3年間 最高:5,000万円 最高:5,000万円 一律の制限なし
(公式サイトに記載なし)

ポイント1利用限度額に一律の制限なし!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには一律の利用制限が設けられていません。会社規模や利用履歴から、個別に利用限度額が設定されています。

業績や信用情報に問題がなければ、会社の成長に合わせて自由に限度額を設定できます。成長スピードが速い個人事業主の方にとっては、大きなメリットです。

ポイント2国内・海外旅行保険付帯!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには、国内・海外旅行保険が付帯しています。どちらも最高5,000万円の補償が受けられるため、出張が多い方にとっては使い勝手の良い特典です。

年会費は1万円を超えていますが、万が一の備えと考えれば十分許容範囲だといえます。全国・世界をフィールドに仕事をしている個人事業主の方に適した1枚です。

ポイント3ポイントはマイルに交換可能

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードで貯まったポイントは、ANA・JALを含む世界17の提携航空会社マイルと交換可能です。

 提携航空会社一覧
  • ANA
  • JAL
  • デルタ航空
  • ヴァージン アトランティック航空
  • タイ国際航空
  • キャセイパシフィック航空
  • シンガポール航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • スカンジナビア航空
  • アリタリア-イタリア航空
  • フィンランド航空
  • エティハド航空
  • エミレーツ航空
  • カタール航空
  • エールフランス/KLM航空
  • チャイナエアライン
  • カンタス航空

ポイントの使い道としてマイルが選択できるのは、ビジネスマンにとって大きなアドバンテージです。飛行機を頻繁に利用する方ほど、相性の良いカードといえます。

年会費は高額ですが、そのぶん特典や補償が充実しています。事業がある程度かたちになっていて、サービスの質を重視したい方におすすめです。

4楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカードの特徴

特徴1ETCカードを無料発行できる

特徴2ポイント還元率1.00%

特徴3Visaビジネスオファー搭載

国際ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額 申込可能年齢
2,200円(税込) 1.00%〜 1年間 最高5,000万円 最高5,000万円 300万円 300万円 20歳以上

ポイント1ETCカードを無料発行できる

楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードとセットで利用するビジネスカードです。年会費2,200円(税込)で発行可能。ETCカードは無料で1枚まで発行できるため、車を使う機会が多い個人事業主の方にもおすすめです。

ポイント2ポイント還元率1.00%

楽天ビジネスカードのポイント還元率1.00%です。ビジネスカードで還元率1.00%を誇るカードはそう多くはありません。還元率の高さは経費削減にも効果があります。

ポイント3Visaビジネスオファー搭載

Visaビジネスオファーとは、Visaビジネスカード所有者を対象にしたサービスです。ビジネスに欠かせない各種サービスが優待価格で利用可能。開業したての個人事業主に方には、大きなメリットがあります。

Visaビジネスオファーの内容
  • ウォータースタンド
  • クラウド翻訳『トランスマート』
  • メリービズ バーチャル経理アシスタント
  • スマイルワークス
  • エグゼクティブ センター
  • マネーフォワード クラウド会計・確定申告
  • オフィス・デポ・ジャパン

Visaビジネスオファーの中には、会計・経理をサポートするサービスも含まれています。個人事業主にとって避けられない作業を優待価格で支援してくれるのは嬉しいポイントです。

楽天プレミアムカードは個人用。楽天ビジネスカードは事業用と、使い分けできる点も大きな魅力ですね。

個人事業主用クレジットカードの選び方

個人事業主用クレジットカードの選び方

個人事業主がクレジットカードを持つ場合、主に以下3つのポイントを重視して選ぶことが大切です。まずはカードの選び方を確認していきまし

ょう。

 個人事業主用クレジットカードを選ぶポイント
  • ポイント還元率が高いこと
  • 年会費が安いこと
  • カード利用枠が大きいこと

1ポイント還元率が高いこと

ビジネスカードは一般カードと比較してポイント還元率が低く設定されています。一般カードでは、還元率が1.00%以上であることも珍しくありませんが、ビジネスカードは還元率0.50%前後のカードがほとんどです。

ビジネスカードは毎月の利用金額が大きくなる傾向があります。そのため、還元率が少し違うだけで、獲得できるポイントは大きく変わってきます。できれば0.10%でも還元率が高いカードを選ぶのがおすすめです。

年間100万円カードを利用した場合、還元率0.50%と1.00%では獲得できるポイントに5,000円相当もの開きが出ますよ。

2年会費が高すぎないこと

個人事業主用クレジットカードの選び方

ビジネスカードで年会費無料のカードはほとんどありません。年会費がかかることを前提として、個人事業主用カードを選ぶ際には、年会費が高すぎないカードを選ぶのがポイントです。

大まかな基準としては、年会費1万円以下がおすすめです。年会費1万円以下でも十分な特典が付帯しているカードは多くあります。

MMETCカードや追加カードの発行を検討している方は、追加で発行するカードの年会費も確認しておきましょう。

3カード利用枠が大きいこと

主にビジネスカードは経費の支払いなどに利用します。事業の状況に応じて毎月の利用額が高額になることも少なくありません。そのため、カード利用枠として最低でも100万円はみておきたいところです。

個人事業主用カードの中には、一律の制限が設けられていないカードもあります。事業規模に合わせて利用枠を変更できるため、個別に限度額が設定されるカードを選ぶのもひとつの手です。

利用限度額は公表されているので必ず確認しましょう。

個人事業主用クレジットカードは審査が甘い?

個人事業主用クレジットカードは審査が甘い?

個人事業主用クレジットカードは、会社の収益ではなく個人の信用を重視した審査が行われると予測できます。

「個人事業主用クレジットカード=審査が甘い」というわけではなく、カードを発行できるかどうかはあくまで個人の信用次第と考えられます。

注意!
また、個人事業主用クレジットカードの審査基準はカード会社から公表されていません。カード会社が公にしているのは、申込み条件のみです。

ビジネスカードには、個人事業主が申し込めるカードと法人しか申し込めないカードがあります。個人事業主用クレジットカードを作成する際は、必ず申し込み条件に目を通しましょう。

個人事業主がクレジットカードを作る4つのメリット

個人事業主がクレジットカードを作る4つのメリット
ここで、個人事業主がクレジットカードを作る主なメリットを紹介します。
個人事業主がクレジットカードを作る4つのメリット
  • 経費の把握や会計処理が楽になる
  • 急な出費に対応出来る
  • 仕事とプライベートを分けることが出来る
  • ポイントやマイルを貯めることが出来る
上記について、1つずつ見ていきましょう。

1経費の把握が簡単

クレジットカードの利用明細書を見ることで、いつ、何の経費が掛かったかを把握することが出来ます。

また、利用明細書をダウンロードしプリントアウトすることで、確定申告の際に経費の証明としても使えます。紙の領収書やレシートを管理する手間が省け、経費の計上ミスも軽減されます。

明細利用のデータを会計ソフトと連動させて、自動で履歴を取得して帳簿に反映してくれるサービスもあります。

2急な出費にも対応できる

クレジットカードを持っていると支払いが1~2カ月後になるので、急な大金の支払いが必要になった時に手元に資金が足りなかったり予期せぬトラブルが起きたりした際の支出に対応出来ます。

急なビジネスチャンスを逃さないようにしましょう!

3仕事とプライベートを分けられる

仕事での支出とプライベートでの支出を分けて管理が出来るようになるため、正しい経費計上が可能になります。

特に個人事業主の方は個人用と事業用の支出を混同してしまう可能性があるので、クレジットカードを複数枚持つことをおすすめします。

4ポイントやマイルを貯められる

利用金額に応じてポイントが貯まるクレジットカードがあります。事業用の支出は個人の支出に比べて金額が高くなる傾向があり、より多くのポイントが貯まる可能性があります。

出張等で航空機を多く使う方は、マイルが貯まるカードを選ぶのも良いでしょう。

まとめ

今回は個人事業主におすすめのクレジットカードを7枚紹介しました。個人事業主にとってビジネスカードは、経費精算業務を効率的に行うために必須のカードです。

この記事で紹介したカードは「年会費」「特典」「利用限度額」「還元率」4つのバランスが取れた優良な1枚です。

普段の生活で使うクレジットカードとは異なり、カード利用枠も広がるので、ビジネスカードは使い勝手があるでしょう。

ぜひこの中から自分に合ったカードを選んでみてくださいね。

クレジットカードに関する関連記事

 おすすめのクレジットカードに関する関連記事

 各種クレジットカードに関する関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事