ふるさと納税8つのメリットデメリット

お得に使えると人気のふるさと納税ですが、「名前だけは聞いたことあるけれど、どんなものかよく分かっていない」という方も多いのではないでしょうか?

こちらの記事ではふるさと納税がどのような仕組みなのか、基礎的なところから解説します。

ふるさと納税のメリットやデメリット確定申告や還付金にまつわる注意点についてまで徹底解説します。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは?

まずはふるさと納税の仕組みについてご説明します。ふるさと納税は、このような仕組みで成り立っている制度です。

自分の好きな自治体に寄付できる仕組み

ふるさと納税とは、自分の好きな都道府県、市区町村に、寄付ができる仕組みです。

納税という言葉が使われているものの、所得税などの納税とは異なり、自分が住んでいる地域に限定せずにお金を使えますので、あくまで寄付と同じ仕組みと考えておくとわかりやすいでしょう。

使い道を指定できる

ふるさと納税の場合、普通の寄付金とは異なり、“自分が渡したお金を何に使ってもらいたいのかを指定できる”という特徴があります。

例えば、医療や福祉、教育に子育てまで、選択肢は多数用意されていますので、自分のお金を特定のことに使ってもらいたいと思うときにも、ふるさと納税は便利でしょう。

このように、渡す地方自治体を選べるだけではなく、お金の利用目的を選べるという点もふるさと納税の魅力です。

支払も簡単

ふるさと納税は全国の各自治体サイトや、ふるさと納税サイトを利用して行います。

MM
支払はクレジットカードでもOKで、いつでもどこでも手軽に行えるのが特徴です。

またクレジットカード以外にも、コンビニ決済や各種通信会社決済、オンライン決済システムを活用しているサイトもありますので、都合に合わせた支払ができます。

最新保存版!! おすすめのふるさと納税
サイトをチェック

ふるさと納税の8つのメリットや人気の理由

ふるさと納税のメリット

ここからは、ふるさと納税を行うメリットや、人気の理由について解説します。

返礼品がもらえる

ふるさと納税はただお金を支払うだけではなく、支払ったお金に対して返礼品がもらえます

返礼品は自治体ごとに異なりますが、地域の特産品をもらえることが多いでしょう。

お米やお肉、魚などの食品類を中心に、様々な返礼品ギフトを楽しめるのが人気の理由です。中には、ブランド米や高級食材の返礼品がもらえる自治体もあります。ふるさと納税をすることで、美味しくて貴重なギフトを堪能できるでしょう。

返礼品のラインナップが豊富

ふるさと納税の返礼品は非常にラインナップが豊富で、サイトを見ているだけでもつい目移りしてしまうほどの品数があります。その種類の豊富さから、返礼品目的でふるさと納税を利用している方も少なくありません。

上記で紹介した食品類の他にも、以下に挙げる商品があります。

返礼品のラインナップ例
  • お酒やジュースなどのドリンク類
  • 調味料
  • スイーツやフルーツ
  • お総菜や野菜
  • 乳製品
  • 工芸品
  • 旅行券
  • 雑貨類
  • 家具家電など

ありとあらゆるウィンドウショッピングをしている感覚でふるさと納税を楽しめるのも、大きなメリットと言えるでしょう。

最新保存版!! おすすめのふるさと納税
サイトをチェック

寄付金控除や税金還付がある

ふるさと納税の8つのメリットや人気の理由

ふるさと納税で使われた寄付金は、税金の控除対象となります

MM
自己負担金額から2千円を引いた金額が、所得税や住民税などの控除対象となるため、税金を抑えたいにも人気があります。

またふるさと納税は控除上限金額内であれば、実質自己負担金額が2千円になります。

上限金額は人によって異なりますが、寄付後、控除手続きをすればお得にご当地商品を楽しめる方法です。

ポイントも貯まる

ふるさと納税の8つのメリットや人気の理由

ポイントサイト経由でふるさと納税を利用した場合、別途ポイントも貯められます。ふるさと納税で得たポイントを通常の買物にも利用できますので、日々の暮らしをお得にしたい方はポイントサイト経由でふるさと納税を行うといいでしょう。

クレジットカード払いを利用した場合、支払金額に応じてカードのポイントも貯められます。

自治体を応援できる

ふるさと納税では自分が住んでいる自治体だけではなく、好きな自治体に寄付ができます。

災害が起きたところに寄付をしたい、自分の実家がある地域に寄付をしたいなど、自分の都合に合わせて各自治体を応援できる点も、ふるさと納税の魅力と言えるでしょう。

最新保存版!! おすすめのふるさと納税
サイトをチェック

3,000円から選べる

寄付と聞くと高いイメージを持つ方もいるかもしれませんが、ふるさと納税は安い場所ですと3,000円から行えます

3,000円では通常手に入らないような特産品を用意している自治体もありますので、金額を気にせず寄付をしたい方、お得に地域限定商品を欲しい方にもぴったりです。

利用するタイミングが自由

ふるさと納税の8つのメリットや人気の理由

ふるさと納税は現状利用期間が決められておらず、思い立ったときにすぐにでも利用できます。

MM
24時間365日、いつでもどこでもネット上でふるさと納税ができるので、控除目的で利用する方は、11月~12月の間に利用する方も多いです。

給料やボーナスが振り込まれてから利用するも良し、気が向いた時に利用するも良しという、ユーザーに合わせた使い方ができるのも特徴です。

他の控除との併用可能

ふるさと納税は住宅ローン控除などの他の控除とも併用が可能です。

例えば住宅ローン控除で控除しきれなかった場合は、ふるさと納税で残り分を控除することもできます。

控除の内容によっては使えない場合もありますが、生活をお得にする上で嬉しいポイントと言えるでしょう。住宅ローン控除の他にも、医療費控除との併用も可能です。

最新保存版!! おすすめのふるさと納税
サイトをチェック

おすすめのふるさと納税サイトを厳選公開!

ANAのふるさと納税

ANAのふるさと納税

2016年に開設されたANAのふるさと納税サイトは、寄付をした自治体に多くの人が足を運んでほしいという思いから、寄付額に応じてマイルがたまる仕組みになっています。

そんなANAのふるさと納税のおすすめポイントは以下のとおりです。

ANAのふるさと納税サイトのおすすめポイント

  • ANAのマイルが貯まる!
  • ANAのクレジットカードを使用するとマイルが最大2.5倍貯まる!
  • 新型コロナウイルス被害支援や災害支援寄附で自治体や地域への支援を行うことができる
  • エリア別特集が充実している
  • ”プロが選ぶ返礼品特集”で質の良い返礼品が紹介されている

おすすめポイントその1

ANAのふるさと納税の最大のおすすめポイントとして、寄附金額の1%分ANAのマイルが還元される点が挙げられます。

MM
寄付金100円…1マイル
寄付金1,000円…10マイル

寄付金10,000円…100マイル

ANAのマイルを貯めているなら、ANAのふるさと納税を利用することで更に効率よくマイルを貯めることが可能です。

おすすめポイントその2

ANAのふるさと納税に掲載されている自治体は、全自治体においてクレジットカードでの寄附に対応しています。また、決済時にANAカードを利用するだけで寄附時に獲得できたカードのポイントをマイルに交換することが可能

普段からANAカードを利用していてもしていなくても、これを機にANAカードでふるさと納税を利用してマイルをざくざく貯めましょう!

※ANA VISAプラチナプレミアムカードの場合。
※お持ちのカードの種類により、貯まるポイントが変わります。

ふるさと納税ニッポン

ふるさと納税ニッポン

「ふるさと納税ニッポン」のふるさと納税サイトは、芸文社から年に2回ムック本『ふるさと納税 ニッポン!』を発刊している専門誌発行部数No.1を誇るふるさと納税関連誌のパイオニア的存在。

レポーターによる取材をもとに作られた記事や、生産者の顔がわかる安心感を届けています。

また、実際に寄附をして返礼品を受け取った会員によるリアルな口コミが掲載されているため、求めている返礼品に出会えること請け合いです。

返礼品は、価格帯や地域、使い道はもちろん、冷蔵・冷凍や常温といった特徴といった方法で探すことが可能なので、まさにかゆいところに手が届く検索機能を持っています。

※自社調べ

さとふる

さとふる

さとふるは、数あるふるさと納税サイトの中でも、5年連続認知度ナンバー15年連続利用意向ナンバー14年連続会員登録率ナンバー13年連続利用率1位という、4部門で連続ナンバー1を記録しています。

多くの方に認知され、何年も連続で使われ続けているということは、使いやすさも保証されているという証拠ですね。

また、初めてふるさと納税をする方でも安心して利用できるよう、配送予定日や到着予定日の連絡はもちろん、不在票投函時のメール通知、さらに返礼品が受け取れなくなる場合の期日通知といった詳細をメールにて知らせてくれます。

まさに、ふるさと納税初心者にとってかゆいところに手が届くサービスを提供していることがうかがえます。

 さとふるのメリット

  • 人気がある自治体と組んで、さとふるにしか無いオリジナルの返礼品が用意されている
  • 比較的大容量の返礼品が多いため、量が沢山欲しい人に◎
  • 毎月あるキャンペーン対象日に寄附すると5%のAmazonギフト券がもらえる!

2021年7月末時点で935もの自治体を掲載していますので、求めている寄附が見つかる可能性は限りなく高いでしょう。

ふるさと納税のデメリットや注意点

ふるさと納税の8つのメリットや人気の理由

ふるさと納税には紹介してきたように様々なメリットがありますが、その反面、利用時に気をつけないといけないポイントもあります。デメリットや注意点はこちらです。

制限や制約がある

ふるさと納税は寄付先が5自治体までと決められており、年間の納税先が6自治体以上となる場合、確定申告が必要になります。

こちらは会社員や専業主婦の方など、確定申告の必要が無い方も対象です。

控除目的で利用しない場合でも、複数の自治体に寄付をする際は確定申告をする必要があると頭に入れておきましょう。ただし、同じ自治体に複数回寄付する場合は、この限りではありません。

注意!
文章。A自治体に3回、B自治体に3回の計6回ふるさと納税をしていたとしても、自治体数は2箇所ですので確定申告対象にはならないのです。

もちろん、寄付金控除目的で利用するのであれば申告の必要はあります。

控除申請が面倒

ふるさと納税を控除目的で利用する場合、確定申告をする必要があります。

MM
確定申告は例年、翌年の2月中旬~3月中旬にかけて行われますので、期間内に申請をしましょう。

寄付後、自治体から“寄付金受領証明書”という証明書が届きますので、その年の分の源泉徴収票と、還付金受け取り用の口座情報、身分証明書と印鑑を用意して、税務署にて申告してください。

全ての自治体で行っているわけではない

ふるさと納税のデメリットや注意点

ふるさと納税は全国各地の地方自治体で行われていますが、残念ながら全ての自治体で行われているわけではありません。自分が応援したいと思っていた自治体が、ふるさと納税を行っていなかったというケースもよくあります。

ただし、今行っていなかったからといってこれから先も行われないかというと、そんなことはありません。期間限定でふるさと納税をしている自治体もあれば、ふるさと納税を始めるべく準備中の自治体もあります。

思い入れのある地域にふるさと納税をしたい方は、少し時間をおいてみるのも手でしょう。

同じ返礼品を頼めないことも

注意!
文章。ふるさと納税で使われている返礼品は、期間限定の場合も多いため、「前に食べたこの返礼品が美味しかったからもう一回ふるさと納税しよう!」と思っても、取扱いがない可能性があります。

注文した当時は期間限定と明記されておらずとも、取扱いがなくなってしまうケースもありますので、ふるさと納税の返礼品はあくまで一期一会だと言うことを頭に入れておきましょう。

名義が異なると控除対象外になる

ふるさと納税のデメリットや注意点

ふるさと納税を利用するときに、納税者と自分の名義が異なる場合は控除対象外となります。

MM
例えば、ふるさと納税をしたのは奥様で、納税をしたクレジットカードの名義が旦那様という場合、控除対象者はあくまで旦那様です。

寄付金受領証明書の名義も旦那様の名義で届きますので、クレジットカード決済をする場合などはその点注意しましょう。

控除金額オーバーに注意

ふるさと納税で控除される金額は人によって異なります。無限に控除されるわけではありませんので、控除前には制限金額をチェックしておきましょう。計算方法を下記にまとめましたので、参考にしてみてください。

所得税から控除する場合 ふるさと納税額-2,000円×所得税の税率
住民税から控除する場合(基本控除) ふるさと納税額-2,000円×所得税の税率
住民税から控除する場合(特例控除) ふるさと納税-(100%-10%-所得税の税率)

また、控除限度額は配偶者の有無や年収状況によっても異なります。自分の限度額が分からない場合は、シミュレーターなどを使って限度額をチェックしておくといいでしょう。

控除額シミュレーターはふるさと納税サイトにも用意されています。

ふるさと納税のやり方

ふるさと納税のやり方

ここからは、ふるさと納税の基本的なやり方について解説します。これからふるさと納税をはじめてみたいという方は、参考にしてみて下さい。

自治体を選ぶ

始めに、どの自治体に寄付するのかを選びます。自分の思い入れのある自治体がふるさと納税を行っているかわからない場合や、どんなふるさと納税があるか見てみたいという場合、まずはふるさと納税サイトをチェックしてみましょう。

MM
ふるさと納税サイトでは地域検索ができる他、商品別、金額別に検索をできます。

安い物ですと3千円、高い物ですと10万円以上の商品もありますので、希望する寄付金額に合わせてチェックすると選びやすいでしょう。

寄付の手続きを行う

寄付をする自治体を選んだら次に、寄付の手続きを行います。手続きと言っても非常にシンプルで、オンラインショッピングの感覚でサイトを利用すればOKです。

ふるさと納税サイトの場合、商品をカートに入れて、名前や住所、クレジットカード情報などの個人情報を登録したら、寄付するボタンを押せば完了します。

その他面倒な手続きは一切不要ですので、買物をしている感覚で納税ができるでしょう。

返礼品の到着を待つ

ふるさと納税の手続きが完了したら、返礼品の到着を待ちます。発送は早い物ですと申し込みから数日、遅い場合1ヶ月前後で届きます。

注意!
文章。返礼品によっては離島など一部地域が配達エリア外になっている場合があるため、申し込みの際には自分の住んでいる場所が配達可能エリアかどうかを確認しておきましょう。

食料品を選ぶ場合は、事前に消費期限を確認することも大切です。消費期限が到着タイミングから逆算して切れる事がないかどうか確認しないと、到着する頃には消費期限が切れているという場合もあります。

お届け先や返礼品によってこれらの条件は異なりますので、申し込み前には必ず返礼品の詳細情報をチェックしておきましょう。

寄付金証明書の到着を待つ

基本的に、寄付金証明書は返礼品が到着してから届きます。

MM
申し込み完了日から寄付金証明書発行までに、1ヶ月~2ヶ月程度かかる商品も多いため、翌年の確定申告時に証明書を利用する場合、遅くとも10月頃までには申し込みしておくと安心です。

もちろん、12月にふるさと納税を利用したとしても、証明書の発行が2ヶ月以内であれば確定申告までには間に合います。証明書が届く時期と発行される時期はイコールではありません。

あくまでふるさと納税をした日が対象となりますので、その点は勘違いしないように注意しましょう。

注意!
文章。ただし、確定申告ではなくワンストップ特例制度を利用して申告する場合は確定申告よりも早めに証明書が必要になりますので、注意して下さい。

申請をする

ふるさと納税が終了したら最後、ワンストップ特例制度による申請や確定申告をして控除手続きを行います。確定申告の場合、時期は例年2月中旬~3月中旬までです。

MM
その年によって日にちは異なりますので、遅くとも1月頃にはその年の確定申告時期を確認しておきましょう。

申告は自分が住んでいる地域の税務署で行います。

元々確定申告や住民税申告をする必要のない給与所得者の方の場合、ワンストップ特例制度を使った申請も可能です。

ワンストップ特例制度とは?
ワンストップ特例制度とは、年間の寄付先が5自治体以内に利用できる制度で、申請書と本人確認書類を寄付した先の自治体に提出するだけで手続きが完了します。

ワンストップ特例制度で手続きをすると、翌年度分の住民税から対象金額が控除されますので、手間をかけずに手軽に行える方法をお探しの方にぴったりです。

注意!
ただし、ワンストップ特例制度を利用する場合は、寄付をした翌年の1月10日までが締切りのため、通常の確定申告よりも早めに提出しないといけません。

また確定申告の場合は所得税と住民税から還付・控除される手続きなのに対し、ワンストップ特例制度では住民税のみが控除対象となるため、その点は気をつけましょう。

ワンストップ特例制度を利用した場合、確定申告による控除申請は行えません

どちらの方法を使った方がお得になるかは人によって異なりますので、他の控除と比較して考えてみるといいでしょう。

ふるさと納税の控除における申告の注意点

ふるさと納税の控除における申告の注意点

ふるさと納税で控除をする際、確定申告時に少しだけ気をつけないといけないポイントがあります。

ワンストップ特例制度との併用はできない

ワンストップ特例制度は便利な制度ではありますが、上記の通り、確定申告による控除と併用はできません。

MM
例えば、確定申告で医療費控除や住宅ローン控除をしている場合、ワンストップ特例控除との併用ができないため、どちらか一方の控除しか受けることができないのです。

医療費控除などの他控除を受ける場合は、ふるさと納税申請も必ず確定申告によって手続きを行いましょう。

還付金振込みには時間がかかる

無事に各種申請を終えたとしても、還付金が振り込まれるまでには時間がかかります。こちらは自治体によっても異なりますが、基本的に確定申告を終えてから1~2ヶ月程度はかかると考えておきましょう。

申請になんらかの不備があった場合は修正手続きなどが必要になる可能性もあるため、もっと時間がかかります。

注意!
文章。生活にカツカツな状態でふるさと納税をしてしまうと、自分の首を絞めることになるため気をつけましょう。

まとめ

ふるさと納税はこのように、デメリットや注意点こそあるものの、楽しめる納税方法として親しまれています。美味しいギフトを楽しめたり、お得にご当地限定商品を手に入れたりと、様々な魅力があるふるさと納税。

初めての方でもオンラインショッピング感覚で手軽にできますので、気になる方ははじめてみてはいかがでしょうか?
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事