FXアプリ

FXは口座の開設から取引まで、パソコンなしでスマートフォンではじめられます。多くのスマホ用のアプリから簡単に口座の開設ができますが、ここで注意したい点が思っていた機能がついていなかったなどの事態です。

今回はこのようなミスが起こらないように、はじめてFXアプリで取引を行う方に向けて、各アプリの特徴について紹介していきます。

スマホで取引をはじめるFX初心者には、以下のアプリをおすすめします。

※このランキングは当サイトからの申込件数および、サイト閲覧数を元に作成しています。

1DMM FX

おすすめのFX口座ランキング1位DMM FX

DMM FXがおすすめな理由

理由1専用アプリが使いやすい

理由2取引口座数が多い

理由3LINEで気軽にサポートが受けられる

最低取引単位 10,000通貨
スプレッド(原則固定、例外あり)
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 21通貨ペア
スワップポイント(ドル/円) 買い:7円
売り:−10円

ポイント1専用アプリが使いやすい

DMM FXは独自のスマホアプリ『スマートフォンアプリ DMMFX』を無料で用意していて、パソコンだけでなくスマートフォンからも取引が可能となっています。

売買取引のほかに履歴チェック・チャート分析まで行えるので幅広い機能が搭載されています。

初心者の方におすすめなのが「ワンタッチ注文」です。分析チャートを見ながら瞬時に注文ができるので、タイミングを逃しません。

ポイント2取引口座数が多い

DMM FXは、取扱い口座数が80万口座(*1)を突破しております。
初心者でも分かりやすい取引ツールに、充実したサポート体制低レバレッジなど、多くの投資者に支持されています。

*1 DMM FXと外為ジャパンFXを合算した口座数(2020年8月31日時点)

ポイント3LINEで気軽にサポートが受けられる

DMM FXは業界内で初めてLINEでの問い合わせにも対応していることで知られます。
LINEで「友達登録」を行えば、時間を気にせず問い合わせが出来るのがメリットです。

LINEなら個人情報を必要としないので、情報漏洩のリスクも低く、ユーザーの安心と満足度の高さに繋がっています

2外為どっとコム

外為どっとコムがおすすめな理由

理由1自分でリスク管理ができる

理由2初心者から上級者まで使えるツールが豊富

理由3FX投資に関する情報が豊富

最低取引単位 1,000通貨
スプレッド
  • 0.2銭(米ドル/円)※1
    原則固定※例外あり、
    スプレッドの情報採取日:2021年8月30日
  • 0.4銭(ユーロ/円)※1原則固定※例外あり
  • 0.6銭(ポンド/円)※1原則固定※例外あり
通貨ペア 30通貨ペア
スワップポイント(ドル/円) 買い:7円
売り:−32円
※1…キャンペーン期間:2021年8月2日(月)午前9時~2021年9月4日(土)午前3時 提示時間帯:対象期間中の各営業日午前9時~翌午前3時
※2…口座開設月から翌々月末まで(2021年8月2日(月)午前7時00分より開始

ポイント1自分でリスク管理ができる

外為どっとコムでは、ロスカット設定を自分で設定できるのが特徴です。

 ロスカットとは?

損失の拡大を防ぐためにある一定の水準を下回った時に強制決済するシステム

外為どっとコムでは50~100%の範囲でロスカットレベルを設定できます。なお他社ではあらかじめレベルが設定されていて自分では変更できないのが通常です。

ポイント2初心者から上級者まで使えるツールが豊富

新リッチアプリ版 初心者におすすめの新ツール
Webブラウザ版 わかりやすさを追求したブラウザ版ツール
iPhone・iPad・Android版アプリ 直感的に操作できるツール

外為どっとコムでは、初心者から上級者まで使いやすい取引ツールを用意しています。

初心者の方におすすめなのが『新リッチアプリ』です。ワンタッチで決済・注文が出来るだけでなく、画面サイズも4パターンから変更できるので見やすさを自分で設定できるのも魅力的!

またチャート分析画面から新規注文の際に自動入力で決済できるので、打ち間違えの心配もなくスムーズな取引が可能です。

特に初心者の方におすすめなのが『ぴたんこテクニカル』です。過去のデータから予測チャートを表示してくれるので、取引タイミングを見極める際に役立ちます。

ポイント3FX投資に関する情報が豊富

外為どっとコムは業界内でもFX投資情報のコンテンツに力を入れています。

高機能チャート テクニカル分析用高機能チャート
取引情報 外為注文情報・売買比率情報・ポジション比率情報
レート・騰落率 各通貨ペアの詳細情報がすぐに分かる
動画・レポート 初心者から上級者向けの為替番組と経済レポートが豊富
これらの情報は外為どっとコムでしか得られないものばかりなので、FX投資の勉強としても非常に有用です。FX投資を始める前にぜひ参考にしてほしいコンテンツばかりです。

3YJFX!

YJFX!がおすすめな理由

理由1最低取引単位が1,000通貨からOK

理由2取引手数料が無料

理由3デモ口座でトレードの練習ができる

最低取引単位 1,000通貨
スプレッド(例外あり、午前9時〜翌午前3時)
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 24通貨ペア
スワップポイント(ドル/円) 7円/日

2020年11月16日~2020年12月15日の平均値・小数点以下四捨五入

ポイント1最低取引単位が1,000通貨からOK

YJFX!は最低取引単位が1,000(為替レートが1ドル=100円の場合)通貨なので、FX初心者の方やお試しでチャレンジしてみたい方にもおすすめです。

「投資を初めてみたいけど、最初から10万円以上を使うのは不安」という方に支持されています。

ポイント2引手数料が無料

FX投資で気になるのが取引に関する手数料です。しかしYJFX!であれば入出金や口座開設費用、取引手数料が必要ないのがメリットです。

とにかくコストを抑えて投資したい方・初めての方にもおすすめといえます。

※但し、外貨出金手数料は1回につき1,500円が発生

ポイント3デモ口座でトレードの練習ができる

YJFX!には「デモ口座」の開設もできます。

 デモ口座とは?

仮想マネーを使ってFXの取引を疑似的に体験できる専用口座のこと。

実際にお金を使うわけではないので、安心してFX投資の練習と勉強が可能となります。
またデモ口座の開設費用も完全無料なので、FX投資を初めてしてみようという方にも良いです。

4GMOクリック証券 FX ネオ

GMOクリック証券 FX ネオが証券おすすめな理由

理由1取引高が世界最高※1

理由2取引ツールが豊富かつ使いやすい

理由3低コストでFX投資が可能

最低取引単位 10,000通貨
スプレッド(原則固定、例外あり)
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 20通貨ペア
スワップポイント(ドル/円) 買い:7円
売り:−10円

ポイント1取引高が世界最高

GMOクリック証券は2012年から9年連続国内1位を維持している※1ことで知られます。取引高は成立した売買取引数のことなので、活発に取引をしているユーザーが多いという事でもあります。

初心者が始めやすいだけでなく上級者も継続して取引をしていることが分かります。

*1ファイナンス・マグネイト社調べ、出典:https://www.click-sec.com/corp/news/press/20210129-01/

ポイント2取引ツールが豊富かつ使いやすい

名称 特徴
PC はっちゅう君FXプラス
(取引専用ツール)
・操作性重視でスピーディな注文が可能
・豊富な分析ツール
PC ブラウザ取引画面(ベーシック画面) ・1画面に必要な情報をコンパクトに表示
PC プラチナチャートプラス
(チャート分析ツール)
・チャート分析がメイン
PC FXツールバー
(情報提供専用ツールバー)

・他の作業中でも常時レートなどを確認できる

注:「Internet Explorer」で動作

スマホ GMOクリックFXneo ・高度なチャート機能搭載のアプリ

以上が用意されているツールですが、初心者には「ブラウザ取引画面」か『はっちゅう君FXプラス』がおすすめです。チャート分析を見ながらそのページから取引が出来るのも強みです。

ポイント3低コストでFX投資が可能

GMOクリック証券のスプレッドは狭めなので、流動性の高い通貨ペア取引をメインに行う人におすすめです。

狭めのスプレッドはFX初心者にも人気なので、コストを抑えた投資をするならGMOクリック証券もおすすめです。

5松井証券

松井証券

松井証券がおすすめな理由

理由11通貨単位から取引可能

理由2レバレッジ率を1倍から選択可能

理由3取引手数料0円、業界最狭水準のスプレッド

最低取引単位 1通貨から
スプレッド(全時間帯)
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 20通貨ペア
スワップポイント(ドル/円) 7円/日

ポイント11通貨単位の少額取引から開始可能

多くのFX取引は最低1,000通貨からの取引が条件ですが、MATSUI FXは1通貨という少額取引が可能

MM
例えば米ドルが1ドル100円(レバレッジなし)の場合100円から、さらに証拠金は1通貨単位約5円で取引が可能という計算に。

もちろん1通貨単位だけでなく、1,000通貨や10,000通貨単位での取引も可能ですので、初心者の方も、FX取引に慣れた方の需要も満たす柔軟さが魅力です。

ポイント2レバレッジ率を1倍から選択可能!

ほかの多くのFX口座と同様、MATSUI FXも証拠金として預けた金額の最大25倍のレバレッジで取引が可能です。

注意!
25倍のレバレッジをかけると、少額で大きな金額の取引が可能ですが、その分損失も大きくなってしまう可能性があります。
しかし、MATSUI FXではレバレッジが25倍だけでなく、以下のレバレッジコースが用意されていることで、証拠金率100%を実現。
  1. (スタンダード25倍コース)
  2. 低レバレッジ5倍コース
  3. 低レバレッジ10倍コース 
  4. レバレッジなしコース
レバレッジのコースとロスカット率が選択可能ですので、それぞれの投資方法に合わせたリスクの調整が可能です。

ポイント3全通貨ペア取引手数料0円、かつ業界最狭い水準のスプレッド

MATSUI FXでは、全通貨ペアにおいて取引手数料が0円ですので、安心して取引することが可能です。さらに、スプレッドは業界最狭水準

MATSUI FXのスプレッド
米ドル/円
0.2 銭
ユーロ/円  0.5 銭
豪ドル/円  0.7 銭
ポンド/円  1.1 銭
NZドル/円  1.2 銭
ユーロ/米ドル  0.4 pips
メキシコペソ/円  0.3 銭

※2021/09/09現在

※公式サイトの文言による

6FXプライムbyGMO「選べる外貨」

FXプライムbyGMO「選べる外貨」がおすすめな理由

理由1約定率が非常に高い

理由2短時間でこまめな取引が出来る

理由3初心者向きのセミナーや情報が豊富

最低取引単位 1,000通貨
スプレッド(午前8時〜翌日午前4時) 0.3銭(米ドル/円)
通貨ペア 20通貨ペア
スワップポイント(ドル/円) 買い:3円
売り:-18円

ポイント1約定率が非常に高い

FXプライムbyGMOは約定率が99.9%と大変高い水準を誇ります。

 約定率とは?

売買取引が成立する確率のこと

約定力は、注文に出した価格できちんと取引が成立できる力のことなので、高ければ高いほど良いでしょう。

※正常なレート配信が行われていた時間におけるFXプライムbyGMOの調査結果です。

※本調査結果は、FXプライムbyGMOがお取引における約定率を保証するものではありません。

ポイント2短時間でこまめな取引が出来る

FXプライムbyGMOは「スキャルピング」を公式に認めています。

 スキャルピングとは?

文短時間で売買注文を繰り返して、細かに利益の実績を貯めていく方法のこと。

翌日に持ち越さない取引スタイルなので、外出中・仕事中に「チャートが気になってしまう」という心理的負担が少ないメリットがあります。

スキャルピングを公式にOKを出している会社は少ないので、細かな利益を積み重ねたい人におすすめです。

ポイント3初心者向きのセミナーや情報が豊富

FX投資に限らず、投資には多くの情報や経験などが不可欠です。特にFX初心者の方であれば、どのように情報を集めればいいかという疑問をお持ちの人も多いはず。

そこでFXプライムbyGMOでは、FX投資に関する情報を配信したり、セミナーも開催しているのでFXに関する勉強が手軽に経験できます。

上級者向きのセミナーなどもあるので、初心者の方から上級の方にまで指示されています。

7LIGHT FX

LIGHT FXがおすすめな理由

理由1低コストからFX投資が始められる

理由2キャッシュバックが魅力的

理由324時間いつでもサポートが受けられる

最低取引単位 1,000通貨
スプレッド
(原則固定・例外あり、午前8時〜翌日午前5時)
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.4銭(ユーロ/円)
  • 0.9銭(ポンド/円)
通貨ペア 27通貨ペア 
スワップポイント(ドル/円) 買い:7円
売り:−7円

ポイント1低コストからFX投資が始められる

LIGHT FXはスワップポイントの付与率が高水準な通貨ペアがあるのが特徴です。
南アフリカランド・トルコリラ・メキシコペソの通貨に関して高い付与率!

スワップポイントによる投資を検討している人におすすめです。

更にスプレッドも業界最狭水準で取り扱う通貨ペアがあり、取引手数料も無料なので低コストでのFX投資が可能となっています。

※出典:https://lightfx.jp/service/spread/

MMスプレッド以外に費用をかけなくて済むので、少額から始めたい人・少ない利益からコツコツ投資したい人に選ばれています。

ポイント2キャッシュバックが魅力的

LIGHT FXはキャッシュバックキャンペーンも実施しています。一般的に20,000円程度を設定しているところが多いですが、LIGHT FXはなんと最大50,000円もキャッシュバックしてくれます。

キャッシュバック費用もFX投資に回すことも可能なので、よりチャレンジの幅が広がります。

ポイント324時間いつでもサポートが受けられる

FX初心者の人に嬉しいのが24時間対応のサポートサービスです。トラブル対応をはじめ、疑問や不安にも電話で丁寧に説明してくれます。

なおフリーダイヤルなので通話料もかからないのが嬉しいですよね。

8LINE FX

LINE FXがおすすめな理由

理由1口座開設が即日も可能

理由2重要情報をLINEで通知

理由3スプレッドが狭い

最低取引単位 10,000通貨
スプレッド
(原則固定・例外あり、午前9時〜翌日午前3時)
  • 0.1銭(米ドル/円)
  • 0.3銭(ユーロ/円)
  • 0.6銭(ポンド/円)
通貨ペア 10通貨ペア
スワップポイント(ドル/円) 買い:10円
売り:-16円

ポイント1口座開設が即日も可能

LINE FXは最短でも当日に口座開設が可能です。多くのFX口座では申し込みから提出書類の確認・口座開設まで早くても数日かかるところが一般的。

速さの秘密は申し込みから口座開設までWeb上で行えることです。
そのため「思い立ったらすぐに始めてみたい!」という方にも選ばれています。

ポイント2重要情報をLINEで通知

FXは通貨ペアが急変動することが多い投資商材です。そのため、値動きに敏感に反応できることがFX投資で重要なポイントになります。

LINE FXであれば、これらの情報がLINEですぐに通知されるので取引のタイミングを見逃しにくいです。

ずっと相場を見られない社会人の方にもおすすめです。

ポイント3スプレッドが狭い

LINE FXでは狭めのスプレッドで取引が出来るのがポイントです。

 スプレッドとは?

FXで必要な取引コストの一つで、売値と買値の差額を指す。

なおスプレッドは原則固定なので、安定してコストを抑えたFX投資をしたいという方におすすめです。

FXとは?押さえておきたい基本

FXとは?押さえておきたい基本をご紹介

はじめてFXの取引を行う場合、FXに関する基礎知識は知っておくべきです。FXとは、Foreign eXchangeの略で、日本語では「外国為替拠出金取引」といいます。

外国の通貨同士を売買し、その差益を得ることを目的とした金融商品です。FXに限らずすべての売買で儲けるためには、「安く買って高く売る」が基本です。

円安・円高

円安とは、取引をしたい通貨に対して円が安くなっている状況です。たとえばドルに対して円が安くなっていると、「円安ドル高」といわれます。

1ドルが100円のときと比べて、1ドル110円になれば円安ドル高です。今まで1ドル(100円)で購入できたものが、110円出さなければ買えない状況となり、円の価値が下がっている=円が安くなります。

一方円高は円安の逆で、円の価値が上がっている状況です。たとえば1ドル100円と比べて、1ドル90円になれば円高ドル安です。

今まで1ドル100円で購入していたものが、1ドル(90円)で購入できるようになるため、円の価値が高くなります。

スワップポイント

FXとは?押さえておきたい基本をご紹介

FXは通貨ペアの金利差によっても稼げます。金利の低い通貨を売って金利の高い通貨を買うことで、営業日ごとにスワップポイントがもらえるのです。

たとえば2021年3月時点のトルコの政策金利は17.0%で、日本は-0.1%です。

スワップポイント(円)=数量×金利(%)÷360(日)× 円評価レート

トルコリラを買い日本円を売る場合は、「17.0%-(-0.1%)=17.1%」となり、金利差分のスワップポイントを受け取れます。このように中~長期で稼げるので、コツコツと利益を積み重ねられるのです。

少額から取引ができるレバレッジ

FXとは?押さえておきたい基本をご紹介

FXはレバレッジを効かせられる点が、メリットのひとつです。レバレッジとは、預けた資金を担保に預けた額の数倍の取引きができる仕組みとなります。

株の信用取引に似ていますが倍率が信用取引の数倍もできるため、少ない金額で大きなリターンを得られる可能性があります

FX取引は24時間なので、日中働いていても取引ができる

株の市場は日本では朝の9時から15時、ニューヨーク市場は日本時間の21時から翌6時と限られているため、日本の市場は日ごろ働いていると手を出しにくい時間帯です。

一方FXは24時間どこかの市場が空いているため、市場の時間を気にすることなく取引を行えます。FXには活発に動く時間があり、それがニューヨーク市場の開きはじめの21時から翌1時ごろです

この時間帯ならば仕事終わりにリラックスした状況で取引ができるため、昼間仕事をしているサラリーマンの方や、学生の方でも取引ができるでしょう。

人気の通貨

通貨それぞれに特徴があり、その国の情勢や産業・経済と密接に関係してレートが変わっていきます。ここでは人気の通貨を紹介しましょう。

アメリカドル
  • 世界の通貨として流通
  • 情報量が多く判断しやすいため初心者でもはじめやすい
ユーロ
  • 世界第2位の流通量
  • イギリスを除くEU主要国の統一通貨
豪ドル
  • 天然資源に恵まれた資源国通貨
  • 先進国のなかでも高金利
スイスフラン 中立国として有事の際は避難通貨とされる
南アフリカランド
  • 新興国通貨なのでハイリスク
  • 流動性が高い

このように通貨によって、さまざまな特徴があります。南アフリカのランドやトルコリラなどは、高スワップポイント通貨として取引されているのです。

FX取引にアプリがおすすめの理由とメリット

FX取引はアプリがおすすめ!
FXはアプリで行うことがおすすめです。もちろんパソコンを使って取引もでき、PCにはPCのよさがあります。しかし取引の手軽さという点からは、アプリがおすすめといえるでしょう。

以下からはアプリでFX取引をするメリットや、デメリットについて解説していきます。

アプリで行うメリット

スマホが一台あれば、FXの取引を行えます。PCと比べたメリットについて紹介していきましょう。
FXアプリのメリット
  • 通勤途中や昼休憩中、寝る前の隙間時間を使っていつでも取引ができる
  • アプリであるため立ち上がりが早く、取引のタイミングを逃しにくい
  • 指標発表や設定の金額に達したときのアラート機能がついているため、チャートの動きを見逃しにくい

FXは世界経済の様子を反映するものが多くあり、重要な指標の発表や世界的事件やニュースが入った時に瞬時に対応できる方がよいのです。

起動の速さとアラート機能、そしてどこでもスマホ一台で完結できるアプリで行うことがおすすめといえるでしょう。

アプリで行うデメリット

PCと比べたときのデメリットもあるので、こちらも確認しておきましょう。
 FXアプリのデメリット
  • 画面がPCに比べて小さいため、押し間違いなど操作ミスが起きやすい
  • パソコンの画面に比べると、画面が小さいためチャートがみにくい
  • いつでも取引ができるぶん、チャートが気になってしまう

これらを補うためにiPadなど画面の大きなタブレットを使い、取引をする時間を決めて行うことでデメリットは小さくできます。

FXアプリの7つの選び方ポイント

FXアプリの7つの選び方ポイント

アプリは各社で機能が異なるため、まずはどういった機能が必要か確認しましょう。
FXアプリの選び方ポイント
  • チャートのみやすさ
  • 入出金機能
  • 取引単位
  • 分析ツールの種類
  • デモトレード機能
  • アラート機能
  • ヴィジェット機能

これらの機能はトレードスタイルによっては必要のないものもありますが、はじめてアプリを探す際にはチェックしておきましょう。

チャートのみやすさ

FXトレードでチャートは大切な役割を担い、チャートが自分好みにみやすくカスタマイズできれば、取引はより便利になります。

スマホ画面を4分割できるものや横画面で取引ができるもの、オリジナルの指標や移動平均線を表示できるものなど、多くの機能があります。

事前にホームページで、確認をしておきましょう。

入出金機能

FXアプリの7つの選び方ポイント

FXトレードではチャートやスプレッドなど、実際にトレードにかかわる部分が注目されがちですが、この入出金の機能も大切なポイントです。

ATMや専用口座への入出金は、手数料がかかってしまうものもあります。24時間手数料無料で儲けたぶんを口座へ移動させたり、拠出金を入金できる機能があると、便利に取引を行えるでしょう。

通貨の取引き単位

通貨の取引単位は通常1万単位ですが、1,000単位から取引ができる会社もあります。1,000通貨から取引ができるため、少額からでもはじめられるのです。

大きい単位で取引ができればそのぶん儲かったときの利益が大きくなりますが、損をした時の損失も大きくなります

注意!
仮に1ドル100円だと仮定したら1万通貨なので、100万円分の取引きを行っていることになるのです。

1,000通貨ならば、1/10の10万円です。

はじめてFXを行う際には1,000単位からはじめて、慣れてから大きな単位の取引を行うとよいでしょう。

分析ツール

FXアプリの7つの選び方ポイント

分析ツールはチャートのみられる種類や、チャートのなかに線を引けるものなど各社特徴があります。トレードスタイルにあった分析ツールを使うことで、スムーズに取引を行えます。

足の種類が豊富であったりテクニカル分析を行う機能が充実しているもの、時間軸を調整できるものなど各社特徴をもっているのです。

スマホの画面から取引を行うのでシンプルで、機能の充実したものを選びましょう。

デモトレード機能

情報から使いやすそうなアプリを選んだら、まずは実際にデモをしてみましょう。操作の使い勝手で思わぬミスをすることもあるので、実際の資金を入れる前にシミュレーションを行うことがおすすめです
デモなので失敗しても実際には損失はでません。この際に実際の取引に慣れておきましょう。

デモトレードでチェックしておきたい点をご紹介します。

数ある注文方法をすべて試してみる

売買の注文方法として指値と成行があり、逆指値といった条件付きの注文方法があります。購入ではなく売却から入るという方法もあるのです。

注文方法 特徴
IFD注文 ひとつ目の注文が成立するとふたつ目の注文が自動的に出されます
OCO注文 同時に2つの注文を出してひとつが成立したら、もう一方はキャンセルする注文方法です
IFDO注文 IFD注文とOCO注文を同時に注文できる方法です

このようにさまざまな注文方法がありますので、一通り試してみるとよいでしょう。

基本的な注文の条件はどのアプリでも同じですが、設定の仕方や注文の有効期限が異なる場合があります。スピード感やボタンの大きさなど、注文までの操作を確認をしてみましょう。

時間を設定して成行注文ができる会社もあります。

さまざまな通貨に触れてみる

FXアプリの7つの選び方ポイント

FXでは普段触ることのない通貨に触れられます。流通量が多く値動きが緩やかな通貨もあれば値動きの幅の大きな通貨や、国際問題や事件などで乱高下する通貨など、多種多様な通貨を取引できるのです。

比較的安全通貨といわれている米ドル・日本円・スイスフランなどは、世界情勢が不安定になると買われる傾向があります

一方で豪ドル・カナダドル・ニュージーランドドル、メキシコペソは資源国通貨といわれ、原油や資源価格の影響を受けるのです。

デモでは通常ではなかなか取引をしない通貨に触れてみることで、マイナー通貨とメジャー通貨の動きや値幅の違いなどを実感してみるとよいでしょう。

アラート機能

あらかじめ設定をしたレートに達すると、アプリを閉じていてもアラートで通知がされます。大切な情報をリアルタイムで取得できるのです

一方で外貨どっとコムや、SBIFXトレードなどは通知がありません。そのため気づきにくい反面生活や仕事をしているときに気が散らないため、オンオフを決めて取引したい方にはおすすめです。

ウィジェット機能

FXアプリの選び方

アプリの一部の画面をスマホのホーム画面に表示させられます。ニュースや天気予報などで使っている方も多いかもしれません。

この機能を使えばアプリを開かなくても、いつでも簡単にレートの様子を確認できます。

ウィジェット機能が搭載されているのは、GMOクリック証券・YJFX・セントラル短資FX、DMM FX(androidのみ)です。

まとめ

多くのFXアプリがありますが、それぞれのアプリで少しずつ違いがあります。自分のトレードスタイルをみつけ、自分に最もあったアプリを使うことが大切です。

無理にひとつのアプリに絞る必要はありません。それぞれのアプリには独特の特徴があるため、情報収集用・分析用など、用途にわけて登録してみるのもひとつの手といえるでしょう。

ぜひとも今回の記事を参考に、自分にマッチしたアプリをみつけ上手に活用をしていきましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事