FXのスプレッドとは?計算方法やおすすめFX会社も比較して紹介

「FXでよく聞くスプレッドって何?」「いまいちスプレッドの意味が分からない」とお困りの方はいませんか?スプレッドは「買値と売値の差」で金融や証券の用語です。

そのためスプレッドが狭ければ利益が出やすくなるというメリットがあります。本記事ではFXのスプレッドについてFX会社5社のスプレッドやスプレッドが低いFX会社5社をを徹底比較してご紹介します。

スプレッドが広がる理由や時間帯も記載していますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

FXのスプレッドとは

スプレッドとは

買値と売値の差

FXのスプレッドとは冒頭でも紹介した通り、買値と売値の差のことを指しています。この差が広ければ広い程私達にかかるコストが増えるため、FXのスプレッドは狭い方が良いとされています。

MMまたスプレッドには2種類あり原則固定スプレッドとは例外を除いてFX会社が通貨ペアごとに定めているスプレッドを固定してレートを提供している状態のことです。

変動制スプレッドとはレートの変動によって広がったり縮まったりするスプレッドのことで、FX初心者の場合ある程度FXに慣れるまでは原則固定スプレッドでの取引をおすすめします。

原則固定の例外とは震災等の天変地異や大企業の倒産等、市場に大きな影響を与えるトラブルが発生した際のことです。

FXのスプレッドによる取引コストの計算方法

FXのスプレッドによる取引コストの計算方法は「通貨数×スプレッド」です。ちなみに日本円とペアになる通貨のことを「クロス円」と呼びます。

MM例えば米ドル/円の通貨ペアを取引する際に取引通貨数が1,000通貨、スプレッドが0.2銭だと考えて実際に計算してみると「1,000×0.2銭(0.002円)=2」でこの取引にかかるコストは2円です。

ということは取扱い通貨数が1万通貨ならば「10,000×0.2銭(0.002円)=20」になります。ポイントとして計算の時に0.2銭をそのまま「×0.2」とするよりも銭を円に換算した方が早く答えを求めることができます。

ドルストレートの場合はpipsから銭に変換して計算してみよう

※出典:DMM FX

上記の計算はクロス円と呼ばれる「米ドル/円」での計算方法でした。しかし全ての通貨ペアがクロス円というわけではなく、「ユーロ/米ドル」のように米ドルとのペア通貨のことは「ドルストレート」と呼びます。

MMそれを踏まえて上の画像を見てみるとドルストレートのスプレッドが「銭」ではなく「pips」になっていますよね。このpipsは1pipsが1銭(0.01円)です。

この要領で画像の豪ドル/米ドルの0.9pipsを銭に直すと0.9銭(0.009円)ということになります。銭に変換後は、クロス円と同様の計算方法「通貨数×スプレッド」でコストを計算することができます。

以上のようにクロス円以外は最初にpipsを銭に変換してから計算する必要がありますのでFX初心者さんは注意してくださいね。

主要FX会社のスプレッド比較表

審査のイメージ

※このスプレッド比較表は2022年3月時点のものです。変動する可能性があるため正確なスプレッドは公式サイトをご覧ください。

FX会社 SBI FXトレード DMM FX MATSUI FX GMOクリック証券(FXネオ) 外為どっとコム
米ドル/円 0.09銭

0.2銭

0.2銭

0.2銭

0.2銭※原則固定(例外あり)

ユーロ/円 0.3銭 0.5銭 0.5銭 0.5銭 0.5銭※原則固定(例外あり)
ポンド/円 0.69銭 1.0銭 1.1銭 1.0銭 1.0銭※原則固定(例外あり)
豪ドル/円 0.38銭 0.7銭 0.7銭 0.7銭 0.7銭※原則固定(例外あり)
NZドル/円 0.9銭 1.2銭 1.2銭 1.2銭 1.2銭※原則固定(例外あり)
メキシコペソ/円 0.20~0.29銭 0.2銭 0.3銭 0.2銭 0.2銭※原則固定(例外あり)
ユーロ/米ドル 0.19pips 0.4pips 0.4pips 0.4pips 0.4pips※原則固定(例外あり)
豪ドル/米ドル

0.59pips

0.9pips 0.9pips 0.9pips 0.9pips※原則固定(例外あり)
最小取引単位 1通貨 10,000通貨 1通貨 10,000通貨 1000通貨
通貨ペア数 34通貨 21通貨 20通貨 20通貨 30通貨

上の表は主要FX会社のクロス円によるスプレッド比較表になります。特にSBI FXトレードが群を抜いてスプレッドが狭いことがわかりますね。

こちらの表は通常時のスプレッドでFX会社によっては「スプレッド縮小キャンペーン」というものを行っている期間もあるため、あくまで一つの参考としてご覧ください。

スプレッド・最小取引単位・通貨ペアの種類で最も優れているのはSBI FXトレードですがMATSUI FXは最小取引単位、外為どっとコムは通貨ペア数で優れています。

比較結果を見ているとSBI FXトレードがメリットは大きく感じますが、FXにとって取引ツールや情報力、スワップポイント等も大切なポイントです。

徹底比較!スプレッドが狭いFX会社5選

SBI FXトレード

SBI FXトレードのおすすめポイント
  • スプレッド通常時が業界最狭水準
  • 最小取引単位1通貨からOK
  • 取扱い通貨ペア数が34通貨と豊富
  • FX取引で暗号資産がもらえるキャンペーン開催中(2022年4月16日まで)

SBI FXトレードは他FX会社を圧倒するスプレッドの狭さが魅力のFX会社です。クロス円もドルトレードもスプレッドが狭くどちらの取引をする方もコストを抑えることができます。

MMまた最小取引単位は1通貨からOKですので初めてFXに挑戦する方や「とりあえず小額から投資したい」という方におすすめです。

その他にも取扱い通貨ペア数は34種類と同業界内では種類が豊富で、現在FX取引をすると暗号資産「ビットコイン・イーサリアム・XPR」から一つもらえるキャンペーン開催中です。

SBI FXトレードは大手ネット証券SBIグループのFX会社なので信頼度も高い点が魅力となっています。
名称 SBI FXトレード
通貨ペア数 34通貨
取引単位 1通貨~
スプレッド
  • 米ドル/円:0.09銭
  • ユーロ/円:0.3銭
  • ポンド/円:0.69銭
  • 豪ドル/円:0.38銭
  • NZドル/円:0.9銭
  • メキシコペソ/円:0.20~0.29銭
  • ユーロ/米ドル:0.19pips
  • 豪ドル/米ドル:0.59pips
口座開設 約2日
ツール
  • スマホ:SBI FXトレード FX
  • PC:Rich Client NEXT

キャンペーン

※1:2022年4月15日まで

※2:2022年4月16日まで

 

  • 新規口座開設プログラム:新規口座開設+取引で最大5万円キャッシュバック※1
  • FX取引で仮想通貨がもらえるキャンペーン※2
  • 新規で口座開設をした方に500円プレゼント(期限未定)

※出典:公式サイト

DMM FX

DMM FXのおすすめポイント
  • スプレッド縮小キャンペーン開催中(2022年6月1日まで)
  • スマホ本人確認で最短1時間で取引OK
  • 取引ツールが豊富
  • 口座開設・新規取引量に応じて最大20万円キャッシュバック

DMM FXは2022年3月現在対象の通貨でスプレッド縮小キャンペーンを開催しているFX会社です。対象は「スイスフラン」「ニュージーランド」「カナダ」のクロス円通貨です。

MMまたスマホ本人確認を利用して口座開設を行った場合は最短1時間で取引ができるため、すぐにFXを始めたい方におすすめのFX会社となっています。

加えて取引ツールが豊富で、スタンダードなツールから本格的なツールまで充実しています。現在口座開設・新規取引量に応じて最大20万円キャッシュバックキャンペーン開催中です。

その他にも、DMM FXでは取引応援ポイントサービスによるキャッシュバックが行われています。
名称 DMM FX
通貨ペア数 21通貨
取引単位

10,000通貨

スプレッド
  • 米ドル/円:0.2銭
  • ユーロ/円:0.5銭
  • ポンド/円:1.0銭
  • 豪ドル/円:0.7銭
  • NZドル/円:1.2銭
  • メキシコペソ/円:0.2銭
  • ユーロ/米ドル:0.4pips
  • 豪ドル/米ドル:0.9pips
口座開設 スマホ本人確認で最短1時間
ツール
  • スマホアプリ DMM FX
  • DMMFX for smart phone
  • DMMFX PLUS
  • DMMFX STANDARD
  • 取引通信簿
  • プレミアムチャート

キャンペーン

※1:2022年3月1日(火)7時00分 ~ 2022年6月1日(水)5時59分

※2※3:期間未定

  • CHF/JPY、NZD/JPY、CAD/JPYスプレッド縮小キャンペーン※1
  • DMM FXの新規口座開設+お取引で最大200,000円キャッシュバック※2
  • 取引応援ポイントサービス※3

※出典:公式サイト

MATSUI FX

MATSUI FXのおすすめポイント
  • スプレッドは比較的狭め
  • 1通貨から取引OK
  • サポート体制が万全
  • LINEで売買シグナルを受け取ることができる

MATSUI FXはスプレッドを他FX会社と比較するとそこまで違いはありませんがスプレッドの狭さに関しては文句なしのFX会社です。また1通貨から取引できるため小額投資をしたい方におすすめです。

MMMATSUI FXは7時~24時までの長時間サポートを行っており、些細な悩みや疑問も時間内ならばすぐに解決することができるためFX初心者でも安心して取引を行うことができます。

加えてLINEで友達登録をしておけば売買シグナルを受け取ることもできるため、利益チャンスを逃さないという点も魅力の一つでしょう。

MATSUI FXではこれからFXを始める方に向けて様々な耳より情報や動画を配信しています。
名称 MATSUI FX
通貨ペア数 20通貨
取引単位 1通貨
スプレッド
  • 米ドル/円:0.2銭
  • ユーロ/円:0.5銭
  • ポンド/円:1.1銭
  • 豪ドル/円:0.7銭
  • NZドル/円:1.2銭
  • メキシコペソ/円:0.3銭
  • ユーロ/米ドル:0.4pips
  • 豪ドル/米ドル:0.9pips
口座開設 最短4日
ツール
  • FXトレーダー・プラス
  • 松井証券 FXアプリ
キャンペーン ×

※出典:公式サイト

GMOクリック証券(FXネオ)

GMOクリック証券(FXネオ)のおすすめポイント
  • スプレッドが2種類から選ぶことができる
  • 10年連続FX取引高世界第一位
  • スワップポイントが高い
  • 新規口座開設+取引で最大30万円キャッシュバック

※出典:PR TIMES

GMOクリック証券(FXネオ)は通常モードと大口モードでスプレッドが分かれており、ご自身の取引スタイルでスプレッドを選ぶことができるFX会社です。

MMまたGMOクリック証券のFX取引高は10年連続第一位を獲得しており、FXならGMOクリック証券!と言っても過言ではありません。加えてスワップポイントが高い点も魅力です。

2022年3月現在、新規口座開設+取引で最大30万円キャッシュバックキャンペーンが開催されており、こちらはいつキャンペーンが終了するか未定なため気になった方はぜひ口座開設をおすすめします。

スワップポイントとは2国間の金利差のことで、高金利通貨を購入して保有していれば毎日利益を得ることができます。
名称 GMOクリック証券(FXネオ)
通貨ペア数 20通貨
取引単位 10,000通貨
スプレッド
  • 米ドル/円:0.2銭
  • ユーロ/円:0.5銭
  • ポンド/円:1.1銭
  • 豪ドル/円:0.7銭
  • NZドル/円:1.2銭
  • メキシコペソ/円:0.2銭
  • ユーロ/米ドル:0.4pips
  • 豪ドル/米ドル:0.9pips
口座開設 最短翌営業日
ツール
  • はっちゅう君FXプラス
  • FXツールバー
  • はっちゅう君365

キャンペーン

※期間未定

はじめてのFX口座開設+お取引で最大30万円キャッシュバック!

※出典:公式サイト

外為どっとコム

外為どっとコムのおすすめポイント
  • 頻繁にスプレッド縮小キャンペーンを開催している
  • 1,000通貨から取引OK
  • 取扱い通貨ペア数が30通貨と豊富
  • スマホ本人確認で最短即日取引OK

外為どっとコムは頻繁にスプレッド縮小キャンペーンを開催しているFX会社で凄腕トレーダーのレポート等、情報力にも魅力を持っています。

MM取引単位は1000通貨から取引ができ、取扱い通貨ペア数も30通貨と「私が取引したい通貨がない」という不安なくお好きな通貨を選んで取引することができます。

またスマホ本人確認を利用して口座開設をすれば最短即日取引を開始することができるため、DMM FXと同様すぐにFXを始めたいという方やまずはFXの知識を勉強してから取引したい方におすすめです。

口座開設月から翌々月末までに口座開設&1万通貨の取引を1回すると2,000円、更に取引に応じて最大30万円キャッシュバックキャンペーン開催中です。
名称 外為どっとコム(外貨ネクストネオ)
通貨ペア数 30通貨
取引単位 1,000通貨

スプレッド

※原則固定(例外あり)
※時間帯によってスプレッドに差があります

  • 米ドル/円:0.2銭
  • ユーロ/円:0.5銭
  • ポンド/円:1.0銭
  • 豪ドル/円:0.7銭
  • NZドル/円:1.2銭
  • メキシコペソ/円:0.2銭
  • ユーロ/米ドル:0.4pips
  • 豪ドル/米ドル:0.9pips
口座開設 最短即日
ツール
  • スマートフォンアプリ:外貨ネクストネオ「GFX」
  • リッチアプリ:外貨ネクストネオ(PC)

キャンペーン

※期限未定

外貨ネクストネオ口座開設キャッシュバックキャンペーン

※出典:公式サイト

スプレッドが広がるのはどうして?

スプレッドが広がる理由

経済指標の発表前後や経済イベント

スプレッドが広がる原因として重要な経済指標の発表前後や経済イベント等が挙げられます。例えば、最近だと新型コロナウィルスが原因でスプレッドに大きな影響を与えることになりました。

MM他にも主要国の首脳や政府高官、中央銀行の総裁等の発言によって相場自体が大きく揺れることになり、結果的にスプレッドの広がりに繋がることもあるのです。

特に米国の中央銀行にあたる米連邦準備制度理事会議長の発言は相場に大きく影響するため、議長の発言はトレーダー達は常に目を光らせています。

米連邦準備制度理事会はアメリカの中央銀行制度の「最高意思決定機関」です。

市場の流動性が少ない時間帯・時期

スプレッドが広がる原因として市場の流動性が少ない早朝や週末の深夜、年末年始等はどうしてもスプレッドが広がりやすい傾向にあります。

MMその他にも上記で紹介した重要な経済指標が発表される時間帯や自然災害、テロや災害等が発生した時にもスプレッドが広がりやすいです。

これらの理由を踏まえて、実際にFX取引を行っている方々の中には「日本時間の深夜から早朝はスプレッドが広がっているから取引はしない」という方もいます。

FX会社のスプレッドにある「固定スプレッド」の例外とは上記のような状況を指しています。

対策として許容スリッページを設定しておこう

許容スリッページの設定

スプレッドの広がり対策として効率的なのが「許容スリッページ」です。この許容スリッページはご自身が取引をしているFX会社のツールから設定することができます。

MM許容スリッページとは自分が注文した価格と実際に売買が成立した際の価格が変わってしまった場合、あらかじめ設定しておいた許容値の範囲外であれば売買を成立させないことです。

例えばドル/円が100円の時点で買い注文をしたとしましょう。許容スリッページを5銭に設定した場合レートが100.005銭までは売買成立ですが仮に100.006になった時点で自動的にキャンセルということです。

許容スリッページを設定しておけば仮にスプレッドが大きく広がってしまってもリスクを最小限に抑えて取引することができます。

まとめ

今回はFXのスプレッドについてご紹介しました。スプレッド以外にも「初心者向けのサポートの有無」「キャンペーン」等、ご自身のメリットでFX会社を選んでも良いでしょう。

FXにはレバレッジを最大25倍かけられるという魅力があります。そのためレバレッジが高くスプレッドが狭いFX会社もおすすめです。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事