ゴールドカード おすすめ徹底比較

ゴールドカードは、ステータスの高さが魅力的なカードです。ワンランク上のサービスを受けることが期待できます。そのため「一度はゴールドカードを持ってみたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ゴールドカードを持ちたいと考えている方向けに、おすすめのゴールドカード5枚を紹介します。さらに、ゴールドカードを選ぶ重要ポイントも解説しています。

20代や30代で発行できるゴールドカードも多くありますので、年代にかかわらず参考にしてみてください。


ゴールドカードを選ぶ3つのポイント

ゴールドカードを選ぶ際には「年会費」「年齢」「特典」の3つをチェックすることをおすすめします。3つのポイントを押さえることで、自分に適した1枚を発行可能です。

1年会費

ゴールドカードの年会費はカードによってばらつきがあります。基本的に年会費が高いカードほど、特典やサービス内容が豪華になる傾向にあります。

年会費をチェックする際、最も重要なポイントはコスパの高さを考えることです。「年会費が安い=お得」と短絡的に考えるのではなく、特典やサービス内容と照らし合わせることが必要です。

多少年会費が高くても、そのぶん特典やサービスが充実していれば、年会費以上のメリットが受けられることを期待できます。

ゴールドカード選びでは、年会費に対するサービスの質、「コスパの高さ」を比較しましょう。

ゴールドカードクレジットカード
おすすめはこちら

2年齢

一般的なクレジットカードの場合、基本的に高校生を除く18歳以上で安定した収入があれば申し込み可能です。多くのカードは、学生や未成年でも申し込めます。

一方、ゴールドカードの場合、「20歳以上」「30歳以上」などカードによって年齢条件があるのが一般的です。指定の年齢以上でなければ、そもそもゴールドカードに申し込みできません。

ゴールドカードを発行する際は、自分が申し込み可能なカードのなのか事前に確認しましょう。

3特典

ゴールドカードには、一般カードよりも豪華な特典が付帯しているのが通常です。空港ラウンジサービス・高額な旅行保険・グルメ優待サービスなどが、その一例です。しかし、どれだけ豪華な特典が付帯していても利用しなければ意味がありません。

ゴールドカードを発行する前には、一度特典内容を確認。利用可能性があるか考えて申し込むのがおすすめです。


ゴールドカードおすすめ
人気比較ランキング

JCBゴールド

JCBゴールドがおすすめな理由

理由1インターネット限定入会キャンペーンがお得

理由2安心・安全のセキュリティ

理由3条件クリアで「JCBゴールド ザ ・プレミア」へアップグレード

 

ブランド 年会費 ポイント
還元率
国内旅行保険 海外旅行保険 ショッピング保険 追加カード 審査スピード 申込条件
11,000円(税込)※1 0.50%〜 最高5,000万円 最高1億円※2 最高500万円
  • ETC
  • QUICPay
  • 家族カード
最短当日 20歳以上で、ご本人に安定継続した収入がある方

※1オンライン入会の場合は初年度無料。
※2日本出国前にJCBゴールドで旅行代金を支払った場合最高補償額は1億円。そうでない場合は5,000万円。

最大16,500円分プレゼント!!! JCB CARDゴールド
お申し込みはこちら

ポイント1インターネット限定入会キャンペーンがお得

JCBゴールドでは、インターネット新規入会キャンペーンを実施しています。

JCBゴールドカードの入会キャンペーン
  • 新規入会&利用でもれなく5,000円プレゼント(2021年3月31日まで)
  • インターネットからの入会で年会費11,000円(税込み)が初年度無料
  • カード入会後、友達紹介で最大4,000円分のJCBギフトカードプレゼント(2021年3月31日まで)
  • 家族カード入会で最大4,000円分プレゼント(2021年3月31日まで)

キャンペーンを活用すれば、最大16,500円相当のプレゼントが受け取れます発行するなら、お得に入会できる今がチャンスです。

ポイント2安心・安全のセキュリティ

個人情報を流出させないためには、カード会社のセキュリティ対策が大切なポイントです。JCBゴールドは以下3つのセキュリティシステムで、個人情報をしっかりと守ってくれます。

JCBゴールドカード3つのセキュリティ
  • 不正検知システム
    24時間365日体制で不審なカード利用がないかチェック
  • 本人認証サービス
    インターネットショッピングを利用する際、本人認証を行い不正利用を事前に防止
  • カード紛失・盗難
    カードの紛失・盗難時には、届出日から60日前にさかのぼり、それ以降の損害額を補償

JCBゴールドカードは、かなり高い水準のセキュリティ体制を敷いています。日々の生活で使うクレジットカードだからこそ、安全面は何より重要です。安心して利用できることは、JCBゴールドの大きな魅力と言えます。

ポイント3条件クリアでワンランク上のカードへグレードアップ可能

JCBゴールドで一定の条件をクリアすると、ワンランク上の「JCBゴールド ザ ・プレミア」にランクアップできます。JCBゴールド ザ ・プレミアは、ゴールドカードのサービスはそのまま。更に高品質な特典が利用可能です。

JCBゴールドザ・プレミアのサービス内容(例)
  • 海外約1,300ヶ所の空港ラウンジを無料で利用可能
  • 国内の厳選されたホテルでの宿泊優待
  • 京都駅ビル内「JCB Lounge 京都」の利用特典

JCBゴールド ザ ・プレミアへの主なランクアップ条件は「MyJCBにメールアドレス登録を行っていること」「JCBゴールドのショッピング利用合計金額が2年連続で100万円(税込)を超えていること」の2つです

JCBゴールドザ・プレミアは、ゴールドカードの中でも人気を誇ります。一般的なゴールドカードに比べて特典が非常に充実しているため、JCBゴールド ザ ・プレミア狙いでのJCBゴールド入会もおすすめです。

三井住友カード ゴールド

三井住友カード ゴールドがおすすめな理由

理由1年会費割引特典が豊富に用意されている

理由2海外・国内旅行傷害保険が一部自動付帯

理由3国内主要空港のラウンジが無料で利用可能

ブランド 年会費 ポイント
還元率
国内旅行保険 海外旅行保険 ショッピング保険 追加カード 審査スピード 申込条件
11,000円(税込) 0.50%〜 最高5,000万円 最高5,000万円 最高300万円
  • ETCカード
  • 家族カード
  • バーチャルカード
最短翌営業日 30歳以上で、ご本人に安定継続した収入がある方

※インターネット入会で初年度年会費無料

最大11,000円相当プレゼント!!! 三井住友ゴールド
お申し込みはこちら

ポイント1年会費割引特典が豊富に用意されている

三井住友カードゴールドの年会費は11,000円(税込)です。しかし、年会費割引特典が豊富に用意されており、実際に支払う年会費を抑えられます。

三井住友カード ゴールドの年会費
  • インターネット入会で初年度年会費無料
  • WEB明細の利用で翌年度以降の年会費最大1,100円(税込)割引
  • マイ・ペイすリボの申し込み&利用で翌年度年会費半額
  • 1年間の利用金額に応じて翌年度年会費20%〜50%割引

1年間のカード利用額が100万円以上300万円未満の場合20%割引・300万円以上の場合50%割引が適用されます

三井住友カードゴールドは、1年間に300万円以上使えば年会費が5,500円(税込)になります。WEB明細利用やインターネット入会など、手軽に割引が受けられることも魅力です。

最大11,000円相当プレゼント!!! 三井住友ゴールド
お申し込みはこちら

ポイント2海外・国内旅行傷害保険が一部自動付帯

三井住友カード ゴールドには、海外・国内ともに旅行傷害保険が最高5,000万円まで付帯しています。そのうち、1,000万円が自動付帯、残り4,000万円が利用付帯となっています。

自動付帯とはカードを持っているだけで保険が適用されることです。三井住友カードゴールドの場合、旅行代金をカード払いしなくても1,000万円まで補償が受けられますよ。

また「本会員と生計を共にする19歳未満の同居親族」「本会員と生計を共にする19歳未満の別居の未婚の子」も保険の補償対象です。家族にも保険が適用されるのは嬉しいポイントです。

最大11,000円相当プレゼント!!! 三井住友ゴールド
お申し込みはこちら

ポイント3国内主要空港のラウンジが無料で利用可能

三井住友カード ゴールドには、国内31ヶ所の主要空港ラウンジが無料利用できる特典が付帯しています。カードを提示するだけで、フライトまで有意義な時間を過ごせます。

三井住友カード ゴールドは、国内での旅行や出張にも活躍する1枚ですね。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメックスゴールドカードがおすすめな理由

理由1入会後3ヶ月以内のカード利用で30,000ポイント獲得可能

理由2アメックスならではプロテクションサービスが受けられる

理由3家族カードの年会費が1枚無料

ブランド 年会費 ポイント
還元率
国内旅行保険 海外旅行保険 ショッピング保険 追加カード 審査スピード 申込条件
31,900円(税込) 1.00%〜 最高5,000万円 最高1億円 最高500万円
  • 家族カード
  • ETCカード
20歳以上

ポイント1入会後3ヶ月以内のカード利用で30,000ポイント獲得可能

アメリカン・エキスプレスは世界有数のクレジットカードブランドです。年会費はやや高めですが、そのぶん入会特典が30,000ポイントと充実した内容となっています。

アメックスゴールド入会30,000ポイント内訳
  • 入会後3ヶ月以内に1,000円以上のカード利用を10回達成で1,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内に20万円のカード利用で9,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内に50万円のカード利用で15,000ポイント
  • 合計50万円のカード利用で5,000ポイントプレゼント

アメックスゴールドの年会費は31,900円(税込)ですが、入会特典により初年度の年会費に迫る金額相当分のポイントを獲得することが可能です。

クレジットカードの入会特典には、達成条件が非現実的なものも少なくありませんが、アメックスゴールドの条件は、最大でも入会後3ヶ月以内に50万円以上のカード利用です。基本的に全てのショッピング利用が特典対象です。

条件達成に必要な1ヵ月のカード利用額は約17万円程度です。1ヵ月の生活費を可能な限りアメックスゴールドに変更すれば、十分達成可能な数字と言えます。

ポイント2アメックスならではのプロテクションサービスが受けられる

アメリカン・エキスプレスには、3つのプロテクション・サービスが付帯されています。

アメリカン・エキスプレスのプロテクションサービス
  • オンライン・プロテクション
    インターネットショッピングで第三者による不正使用が判明した場合、原則全額が返金される補償
  • リターン・プロテクション
    商品の返品を購入店が拒否した場合、購入から90日以内であることを条件に1商品につき最高3万円まで、1会員につき最高年間15万円相当額まで払戻しされる補償
  • ショッピング・プロテクション
    国内外問わずアメックスカードで購入したほとんどすべての商品に関して、破損・盗難などの損害を購入日から90日間、年間最高500万円まで補償

アメックスゴールドカードは、きわめて補償が充実したゴールドカードです。当然ながら、ネットショッピングでトラブルが発生する可能性は0ではありません。

もしものトラブルでも、プロテクションサービスがあれば安心です。心からネットショッピングを楽しめますよ。

ポイント3家族カードの年会費が1枚無料

アメックスゴールド家族カードの年会費は13,200円(税込)ですが、1枚目は年会費無料で発行可能です。家族カード会員も本会員と同等のサービスが受けられます。

家族カードでも、国内外の空港ラウンジが利用できたり、ポイントが貯まったりします。

dカードゴールド

dカードゴールドがおすすめな理由

理由1ドコモユーザー向けの特典が豪華

理由2国内主要空港のラウンジ利用が無料

理由3海外旅行保険の補償額が最大1億円

ブランド 年会費 ポイント
還元率
国内旅行保険 海外旅行保険 ショッピング保険 追加カード 審査スピード 申込条件
11,000円(税込) 1.00%〜 最高5,000万円 最高1億円 最高300万円
  • 家族カード
  • ETCカード
学生を除く20歳以上で、安定継続した収入がある方

※旅行代金をdカードゴールドで支払わなかった場合は最高5,000万円の補償

合計最大16,000pt!!! dカードゴールド
お申し込みはこちら

ポイント1ドコモユーザー向けの特典が豪華

dカードゴールドには、ドコモユーザー向けの豪華特典が用意されています。毎月のドコモのケータイ・ドコモ光利用料金をdカードゴールドで支払うと、1,000円(税抜)ごとに10%ポイント還元が受けられます。

例えば、毎月ドコモのケータイ代金1万円を支払っている場合、1年間で1万2千円の還元です。

さらに、dカードゴールドには3年間のケータイ補償も付帯しています。故障やトラブルに応じて最大10万円が補償されます。dカードゴールドはドコモユーザー必携のゴールドカードと言っても過言ではありません。

合計最大16,000pt!!! dカードゴールド
お申し込みはこちら

ポイント2国内主要空港のラウンジ利用が無料

dカードゴールド会員は、国内・ハワイの主要空港でラウンジが無料利用できます。利用方法はラウンジ入り口でdカードゴールドとフライトチケットの半券を提示するだけです。特別な手続きは必要ありません。

ラウンジが使えれば、空港で快適な時間を過ごせます。出張や旅行が多い方と相性の良いカードと言えるでしょう。

ポイント3海外旅行保険の補償額が最高1億円

dカードゴールドには、国内・海外旅行保険が付帯しています。国内旅行保険は最高5,000万円。海外旅行保険は最高1億円の補償内容です。
とくに注目は海外旅行保険です。年会費1万円前後のカードで最高1億円の補償が付帯しているカードはそれほど多くありません。そのためdカードゴールドは海外出張や海外旅行にも適した1枚と言えます。

楽天ゴールド

楽天ゴールドカードがおすすめな理由

理由1年会費わずか2,200円(税込)

理由2楽天市場でポイント最大5倍

理由3国内主要空港・海外空港ラウンジが年間2回まで無料で利用可能

ブランド 年会費 ポイント
還元率
国内旅行保険 海外旅行保険 ショッピング保険 追加カード 審査スピード 申込条件
2,200円(税込) 1.00%〜 最大2,000万円
  • ETCカード
  • 家族カード
20歳以上

ポイント1年会費わずか2,200円(税込)

楽天ゴールドカードは、年会費わずか2,200円(税込)と気軽に持てるゴールドカードです。ゴールドカードの年会費は、そのほとんどが1万円以上。楽天ゴールドカードは、相場を大きく下回る破格の年会費を実現しています。

収入が少ない20代の方や、コスパ重視の方にピッタリなゴールドカードです。

ポイント2楽天市場でポイント最大5倍

楽天ゴールドカード最大の特徴は、楽天市場で効率よくポイントが貯まることです。楽天市場で楽天ゴールドカードを利用すると、最大5倍のポイント還元が受けられます。

例えば、楽天市場で毎月2万円買い物している方は、1年間で最大1万2千ポイント貯まりますよ。

月間獲得ポイントに上限(5,000ポイント)はありますが、普段から楽天市場を利用している方には大きなメリットです。

ポイント3国内主要空港・海外空港ラウンジが年間2回まで無料で利用可能

楽天ゴールドカードには、空港ラウンジ無料利用特典が付帯しています。年間2回までという条件付きですが、2,200円(税込)という破格の年会費を考慮すれば魅力的なサービスです。

とくに年に数回しか旅行に行かない方にとっては、十分な特典内容でしょう。ダニエル・K・イノウエ空港(ハワイ)や仁川空港(韓国)など一部海外旅行で利用できることも、特筆すべきポイントです。

こちらの記事もおすすめ

マニマニ編集部イチオシのカードはこれ!

おすすめできる質の高いゴールドカードのみを5枚紹介してきましたが、マニマニ編集部が選ぶイチオシの1枚を厳選発表します!
マニマニ編集部の中でおすすめのゴールドカードは、ずばりこちらです!

JCBゴールド

JCBゴールドがおすすめな理由

理由1インターネット限定入会キャンペーンがお得

理由2安心・安全のセキュリティ

理由3条件クリアで「JCBゴールド ザ ・プレミア」へアップグレード

 

実際の利用者による口コミ評判をご紹介します。

気がつくとポイントが貯まってる!

Amazon等でショッピングをしている際、気がつくとポイントが貯まっていたりするのでラッキーな感覚です。また、ゴールドデスクにも繋がりやすく、対応も丁寧ですし、ゴールドカードとしての付帯サービスのよさも破格だと思います。
国内旅行にもおすすめ

会員専用サイトの使い勝手もよく、デザイン性も優れていると思います。
また、自国のクレジットカードブランドということもあってか国内旅行保険についても秀でていて、飛行機の遅延などにも対応しているのは有難いです。
海外旅行も糖分は行けなさそうですし、1枚持っていて損はない、そんなゴールドカードだと思います。

まとめ

今回はおすすめの人気ゴールドカードをランキング形式で5つ紹介しました。ゴールドカード作成ポイントは以下3つです。

ゴールドカード作成3つのポイント
  • ゴールドカードを申し込む前には年齢条件を確認する
  • 自分の利用シーンにマッチした特典のカードを選ぶことが重要
  • ゴールドカードは年会費よりコスパの高さを考える

ゴールドカードはステータス・特典内容ともに魅力的なワンランク上のカードです。この記事を参考に、自分に合ったゴールドカードを選んでくださいね。

関連記事

人気記事

おすすめ

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事