生命保険料の相場は?毎月いくら払ってるか徹底調査!

生命保険の加入や見直しをする際に、みんなが保険料を毎月いくら払ってるのかの相場は気になるポイントのひとつです。

この記事では、生命保険文化センターが行った調査より、年代やライフスタイル、年収別の保険料の相場のデータを解説します。

最後まで読めば、自分の家庭に適した保険料と保障の適切な範囲が分かるようになりますよ!

※生命保険文化センター「平成30年度生命保険に関する全国実態調査」 令和元年度 生活保障に関する調査

年代別|生命保険に毎月いくら払ってる?

生命保険に毎月いくら払ってる?【年代別】

生命保険に毎月いくら保険料を支払っているかは、加入者の年代によって大きく差が出てきます。

まずは、2人以上の世帯を対象にした世帯調査より、1世帯あたりで支払っている保険料の平均額を見ていきましょう。

世帯主の年齢 年間払込生命保険料(世帯全体)
月あたり払込生命保険料(概算)
29歳以下 23.3万円 1.9万円
30~34歳 29.8万円 2.5万円
35~39歳 38.0万円 3.2万円
40~44歳 34.5万円 2.9万円
45~49歳 42.7万円 3.6万円
50~54歳 48.3万円 4.0万円
55~59歳 45.3万円 3.8万円
60~64歳 43.9万円 3.7万円
65~69歳 33.8万円 2.8万円
70~74歳 29.9万円 2.5万円
75~79歳 35.3万円 2.9万円
80~84歳 29.5万円 2.5万円
85~89歳 36.5万円 3.0万円
90歳以上 22.5万円 1.9万円

表:生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」をもとに作成

世帯主が29歳以下の世帯では保険料が低く、30代、40代と年齢が上がるにつれ保険料が高くなります。

50代の世帯でピークに達していることがわかりますね。

続いて、単身世帯も含む1人あたりの保険料のデータを見ていきましょう。

年齢 年間払込生命保険料(1人あたり)
月あたり払込生命保険料(概算)
20代 13万円 1.1万円
30代 18.8万円 1.6万円
40代 19万円 1.6万円
50代 24.3万円 2.0万円
60代 18.8万円 1.6万円

表:生命保険文化センター「令和元年度 生活保障に関する調査」をもとに作成

1人あたりのデータでも、年齢が上がるにつれ保険料が高くなり、50代がピークとなっています。年齢が上がるにつれ支払っている保険料が高くなる理由として、契約年齢が高いと保険料も高くなることが挙げられます。

これは、年齢が上がるにつれ病気や死亡などのリスクが高まるためです。

 加入時の年齢だけでなく、更新型の保険でも更新時の年齢を元に新たな保険料が適用されます。

また、結婚や子育てなどライフステージの変化により、生命保険への加入が増えることも一因といえるでしょう。

子どもが生まれたことによる死亡保障の増加学資保険への加入、老後に備えて個人年金保険などに加入するといったことが考えられます。

保険料を見直したいならプロに相談無料保険相談窓口
厳選4選をチェック

ライフステージ別|生命保険に毎月いくら払ってる?

生命保険に毎月いくら払ってる?【ライフスタイル別】

同じ年代でも、家族構成や子どもの有無、働き方などライフスタイルによって生命保険の保険料の相場は大きく変わってきます。

続いて、「未婚・既婚」「子どもの有無や子どもの年代」「共働きと専業主婦世帯」といったライフスタイル別で、保険料の相場を比較していきましょう。

未婚・既婚

人生の大きなライフイベントのひとつが結婚です。結婚してパートナーができると、生命保険の必要性も上がると考えられます。

独身の場合と結婚している場合では、支払う保険料にどのような差が出るのでしょうか。

単身世帯を含んだ調査で、未婚・既婚の1人あたりの保険料のデータを見ていきます。

世帯分類 年間払込生命保険料(1人)
月あたり払込生命保険料(概算)
未婚 17.4万円 1.5万円
既婚 20.1万円 1.7万円

表:生命保険文化センター「令和元年度 生活保障に関する調査」をもとに作成

未婚と既婚では、年間約27,000円、月あたり約2,000円の差が出ています。やはり支えるべき家族が出来ると、多くの人が新たに生命保険に加入したり、保障を増やしたりしているようですね。

未婚の場合は既婚者に比べて保険料が低くなっていますが、それでも月あたり約1万5,000円の保険料を支払い、保障を用意しています。

万が一のことがあったときに親にお金を残したい、医療保険で病気になったときに備えたいといったニーズがあると考えられるでしょう。

保険料を見直したいならプロに相談無料保険相談窓口
厳選4選をチェック

子どもの有無・子どもの年代別

続いて、子の有無と子の年代別に集計したデータを見ていきましょう。

ライフステージ 年間払込保険料(世帯全体)
月あたり払込保険料(概算)
夫婦のみ(40歳未満) 24.3万円 2.0万円
夫婦のみ(40~59歳) 37.3万円 3.1万円
末子乳児 34.5万円 2.9万円
末子保育園児・幼稚園児 41.3万円 3.4万円
末子小・中学生 40.3万円 3.4万円
末子高校・短大・大学生 46.3万円 3.9万円
末子就学終了 45.9万円 3.8万円

表:生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」をもとに作成

保険料が最も高いのは、「末子が高校・短大・大学生」の世帯です。反対に、最も低いのは「夫婦のみ(40歳未満)」の世帯となっています。

 子どもがいる世帯では、大黒柱に万が一があったときの生活費や教育費の備えとして、高額な保障が必要になります。

高額な保障を用意すればその分保険金額も高くなるため、子どもがいる世帯では保険料も多く支払っているのも納得です。

一般的に、大黒柱が亡くなったときに必要な保障額は末子の誕生時が最大で、成長に合わせて徐々に減少していくとされています。

共働き世帯と専業主婦世帯

続いて、共働き世帯と専業主婦世帯の保険料を見比べてみましょう。

就労形態 年間払込保険料(世帯全体)
月あたり払込保険料(概算)
夫就労・妻無職 35.9万円 3.0万円
共働き(妻はパート・派遣) 37.5万円 3.1万円
共働き(除くパート・派遣) 55.8万円 4.7万円

表:生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」をもとに作成

 一般的に、専業主婦世帯では夫に万が一のときがあったとき、働きに出るまでの期間の生活保障が必要になるため、共働き世帯よりも手厚い補償が必要です。

しかし、専業主婦世帯よりも共働き世帯の方が生命保険に多くお金をかけているようです。

妻が働くことにより家計に余裕が生まれ、生命保険にもお金をかけられるようになるのかもしれません。

年収別|生命保険に毎月いくら払ってる?

 

生命保険に毎月いくら払ってる?【年収別】これまでは、ライフステージなどによる生命保険の保険料についてみてきました。しかし実際のところは、家計からいくら保険料を捻出できるかも関係してくるでしょう。

ここでは、世帯年収別の保険料の平均を見ていきます。

世帯年収 年間払込保険料(世帯全体)
月あたり払込保険料(概算)
200万円未満 21.0万円 1.8万円
200万円以上300万円未満 30.0万円 2.5万円
300万円以上400万円未満 27.9万円 2.3万円
400万円以上500万円未満 36.9万円 3.1万円
500万円以上600万円未満 34.6万円 2.9万円
600万円以上700万円未満 38.0万円 3.2万円
700万円以上1,000万円未満 42.9万円 3.6万円
1,000万円以上 61.0万円 5.1万円

表:生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」をもとに作成

世帯年収に比例して、支払っている保険料の相場も上がっていることが分かります。

 これは世帯年収が上がれば保険料を支払う余裕が生まれることだけでなく、年収が高い世帯ほど生活費の水準が高く、死亡保険金額が高額な傾向にあることも要因として考えられます。

また、同調査より世帯年収に対する年間払込保険料の割合を見ると、以下の通りとなります。

世帯年収
年間払込保険料対世帯年収比率
200万円未満 12.0%
200万円以上300万円未満 12%
300万円以上400万円未満 8%
400万円以上500万円未満 8.2%
500万円以上600万円未満 6.3%
600万円以上700万円未満 5.8%
700万円以上1,000万円未満 5.1%
1,000万円以上 4.5%

表:生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」をもとに作成

世帯年収が上がるにつれ保険料は増えていますが、年収に占める割合は徐々に下がっていってることが分かります。また、世帯年収に対する年間払込保険料の全体平均は7.2%です。

 年収に対しおよそ5~10%の範囲で保険料を支払っている家庭が多いと考えられます。

保険料を見直したいならプロに相談無料保険相談窓口
厳選4選をチェック

毎月支払う保険料を減らしたいなど悩みがあるなら?

毎月固定費として一定金額が出ていく保険料。やはり、誰もが「少しでも安く抑えられたいいのに…」と思うもの。とはいえ、保障が不十分になってしまっては元も子もありませんよね。

保険にまつわることについて迷っているなら、無料の保険相談窓口でプロに相談することをおすすめしています。

生命保険は専門分野なので、用語も仕組みも難しいものが多いですよね。

一人で悩まず、今はどの窓口もはオンライン相談を実施していますので、自宅や職場から、空いた時間をみつけて保険や今後の資金、老後生活のことなどもFP資格を持ったプロに無料で相談してみましょう。

 おすすめの保険相談窓口の選び方

  • 相談員の質の高さ
  • 取り扱い保険会社数
  • 相談場所(オンライン、店舗、指定箇所など)
  • アフターフォローの有無

上記に挙げるおすすめの保険相談窓口の選び方から、弊サイトが自信を持っておすすめする保険相談窓口を厳選してご紹介します!

保険市場

保険市場

保険市場は、取り扱い保険会社数が業界最大級の84社を誇る相談窓口です。

業界のなかでも特に老舗で、東証一部上場企業であるという安心感はほかにはないメリットといえます。

対応地域も全国(離島除く)に広がっています。契約後に引越ししたとしても、現地の代理店にアフターフォロー業務を引き継いでもらえます。

さらに、オンライン相談限定のサービスとして、人気のコンサルタントを指名予約できるようになりました。

MM
総勢100人以上の保険市場のコンサルタントの中から、特にお客様からの評価が高くオンライン相談実績の豊富な人気の20人が選定されています。

利用者は20人の中から、自分が納得する担当コンサルタントを指名できるようになっています。

ほけんのぜんぶ

おすすめの無料保険相談窓口2位:ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶは、保険の相談もお金の相談も全て1本化できる保険相談窓口です。ほけんのぜんぶの特徴は、相談員の多くがファイナンシャルプランナー(FP)の資格を持っていることでしょう。

相談員のFP資格の取得率は100%(入社1年以上のプランナーが対象)を誇ります。

FPは国家資格と民間資格に分かれていますが、いずれも保険以外にもさまざまな知識を保有するお金の専門家です。ざっと挙げただけでも、以下のような内容を学習します。

  • 保険
  • 税金
  • 相続
  • ライフプランニング
  • 資産運用 など

保険募集人資格だけを持つ相談員と比較して、アドバイスの引き出しが多いことが期待できます。

また、保険の相談をするだけでプレゼントをもらえるのも嬉しいポイントです。FP無料相談の実施後、もれなく以下のようなプレゼントがもらえますよ。(2021年8月現在)

もれなく選べるプレゼント
  • 新潟県産精米 新之助2kg
  • ウェルチ100%果汁ギフト(9本セット)
  • い・ろ・は・す天然水
  • 久原本家茅乃舎だし8g×12袋入り無添加
  • アンパンマン砂場セット
  • ごっつん防止リュック

取扱う保険会社数も35社と、非常に多くなっています。「十分な選択肢の中から最適な保険を選択したい……」と考えている人にもおすすめですよ。

保険無料相談ドットコム

保険無料相談ドットコム

保険無料相談ドットコムは、電話・オンラインでの保険相談が可能な保険の相談窓口です。お客様満足度は驚異の97.6%を誇ります。

自宅以外の希望の場所を選択することもできるため、相談者の都合に合わせた方法をチョイスできます。

面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富なのも魅力です。面談後にアンケートを提出することで後日プレゼントを受け取ることができます。

プレゼントの種類は非常に多岐に渡ります。一部を抜粋すると以下のとおりです。

 もらえる豊富なプレゼント(一部抜粋)
  • 新潟県産コシヒカリ2kg
  • 丸大ハム煌彩セット
  • 利久の牛たん真空パック110g
  • 仙台銘菓 萩の月(6個入り)

無理な勧誘をされていると判断した場合、店舗に連絡することで案内の終了や担当の変更などの対応が即座にとられるのも安心ポイントです。

はじめての相談で「無理な相談をされたらどうしよう……」と感じている人にもおすすめできます。

マネードクター

マネードクター(旧:保険のビュッフェ)は、完全予約制の訪問型の相談窓口で、予約はネット・電話に加えてLINEでもOKです。

相談料はもちろん無料で、オンライン相談にも対応しています。

パソコンやスマートフォンとネット環境があれば、自宅にいながらオンライン相談が可能です。マネードクターという名称でも分かるとおり、「お金かかりつけ医」としての機能も持っています。

MM
保険だけにとどまらず「ライフプランに合わせた貯金方法」「資産運用」など、人生に必要なお金について相談者とプランナーが一緒に考えることができます。

具体的には、以下のような相談に対応しています。

マネードクターのライフプランニング
  • 保険プランの提案

  • 保険の見直し

  • 家系の見直し

  • 将来のキャッシュフロー診断

  • 子どもの教育費準備

  • 住宅ローン相談

なぜこのようなサービスが可能なのかというと、マネードクターでは一定の基準を満たした経験豊富なファイナンシャルプランナー(FP)のみが在籍しているためです。

生命保険募集人資格を持つことで保険の相談に乗れるだけでなく、国家資格「ファイナンシャル・プランニング技能士」「相続診断士」「住宅ローンアドバイザー」など、お金にまつわるあらゆる資格を持つFPも多数在籍しています。

生活のさまざまなシーンについて何でも相談できる安心感が、マネードクターの強みですね。

毎月支払う保険料の決め方ポイント

毎月支払う保険料の決め方ポイント

これまで、統計データから支払っている保険料の相場について見てきました。では実際に生命保険に加入する際には、どうやって保険料を決めていけばいいのでしょうか。

一般的に、保険料が高くなるほど保障も手厚くなりますが、保険料が高すぎて家計が苦しくなってしまっては本末転倒です。逆に、保険料が安いからといって保障が不足してしまっても不安が残ります。

生命保険の保険料について考える際には、支払える保険料と必要になる保障のバランスを意識することが大切です。

以下のステップに沿って、保障内容や保険料を決めていきましょう。

適切な保険料の決め方3ステップ
  1. 加入する目的を明確にする
  2. 必要な保障額を決める
  3. 家計に対して無理のない保険料にする

加入する目的を明確にする

保険に加入する際の一番大切なポイントが、加入する目的を明確にすることです。

生命保険は基本的に、自分や家族に万が一のことが起きた際、生活を保障するために加入するものです。

 あらゆるリスクに備えて保障を用意しようと、さまざまな種類の保険に加入したり、たくさんの特約などを付けたりしている方もいるかもしれませんが、全てのリスクをカバーしようとしてしまうと、保険料は莫大な額になってしまいます。

例えば…

独身の場合

扶養する家族はいないので、大きな死亡保障は必要ありません。家族のためというよりは、自分のために、入院や手術などの出費に備えた医療保障を準備しておくと良いでしょう。

結婚して家族が増えたら

自分に万が一のことがあった場合に備え、遺された家族の生活の保障が必要です。子どもがまだ小さいならば、今後の教育費もしっかり備えておく必要があります。

子どもが独立して夫婦だけになったら

家族のための大きな死亡保障は不要になります。病気や介護に備えた保障が必要になってくるでしょう。

このように、ライフステージで必要な保障の内容は変わってきます。「誰のために」、「何に備えるのか」を明確にして、加入する保険を絞れば保険料も抑えられるようになるでしょう。

保険料を見直したいならプロに相談無料保険相談窓口
厳選4選をチェック

必要な保障額を考える

加入の目的を決めたら、もしもの時にいくらお金が不足するのか(必要保障額)を考えていきましょう。

この必要保障額を生命保険の死亡保険金などで備えることになります。

 必要保障額をしっかり考えなければ、いざという時に必要な保障を確保できないばかりでなく、過度な保険金額にしてしまい無駄な保険料を支払うことにも繋がります。

必要保障額の基本的な考え方は、「万が一のとき遺された家族に必要な支出から、予想される収入や資産を引くこと」です。

万が一のとき遺された家族に必要な支出
  • 家族の生活費(子どもの独立まで・配偶者の年金受給まで)
  • 住居費
  • 子どもの教育費
  • 死後整理金(葬儀・お墓など)
    予想される収入や資産
    • 遺族年金
    • 死亡退職金
    • 自己資産(預貯金、有価証券など)
    • 配偶者の給与収入

      家族の生活費や子どもの教育費などは、家庭の状況やライフステージによって金額が異なってきますし、預貯金や遺族年金の額も働き方や年収によって変わります。

      つまり、必要保障額は人によって全く異なるということです。

      保険金額や保険料のデータを参考にするのも良いですが、まずは自分にとって必要な保障額をしっかり把握するようにしましょう。

      家計に対して無理のない保険料にする

      必要な範囲で十分な保険金額を確保しようとすると、毎月支払う保険料が思ったよりも高額になるということも少なくありません。

       いざという時の備えは大切ですが、生活に支障が出るまで保険料を支払うのは危険です。

      保険料は家計に対して無理のない範囲で設定するようにしましょう。

      先ほど紹介したように、世帯の年間収入に対する生命保険料の支出割合は7.2%となっています。このように、年収に対する割合を保険料の目安にするのも良いでしょう。

      生命保険文化センター「平成30年度生命保険に関する全国実態調査」

      しかし、この割合はあくまでも目安です。保険料が負担となるようであれば、家計の状況に合わせて調整することを検討してみてください。

      保険料を抑える手段としては以下のような方法が挙げられます。

      保険料を抑える方法
      • 保障内容を見直す

      • 貯蓄型ではなく掛け捨て型の保険にする

      • 保険期間を短くする

      例えば、一生涯保障が続き貯蓄性が高い「終身保険」よりも、保険期間が一定で掛け捨ての「定期保険」の方が保険料は割安です。

      必要な保障は、そのときのライフステージによっても異なります

       結婚や出産、子どもの独立などのライフイベントがあれば、保障内容が多すぎていないか、これからも必要なのか、別の種類の保険なら保険料がいくらになるかなどをシミュレーションするようにしましょう。

      その都度、今の自分にとって必要な保障と保険料のバランスがぴったりのものを選ぶことが大切です。

      まとめ

      年代やライフスタイル、年収別による生命保険の保険料についてご紹介しました。

      主にライフステージをはじめとした個々の状況によって生命保険で備えるべき保障額は変わり、それにより保険料も大きく差が出てきます。

       自分や家族にとって適切な保障を無理のない保険料でカバーするためには、適切な保障内容や保険期間などを設定することが大切です。

      家庭の状況や将来設計などをふまえつつ、定期的に保険の内容や家計に対する保険料の割合などを見直すようにしましょう。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事