【最新】おすすめ人気の保険相談窓口厳選10選徹底解説

生命保険や医療保険への加入や見直しを検討しようと思っても、内容が分からなくて「どの保険を選んで良いか分からない……」とお悩みの人も多いのではないでしょうか。

そんな時に頼りになるのが、プロに無料で相談できる「保険の相談窓口」です。

ファイナンシャルプランナーや保険募集人といった専門資格を持ったプロの相談員に保険について分かりやすく教えてもらえるうえ、家計全体の見直しも一緒にお願いできます。

本記事では、保険の相談窓口についてさまざまなポイントを解説し、その活用方法についてもFPの目線で徹底解説していきます。

保険相談窓口のおすすめ商品人気比較ランキング

保険相談窓口のおすすめ商品人気比較ランキング

ひとくちに「保険の相談窓口」といっても、その種類は多岐に渡ります。どの相談窓口も同じではなく、相談員(コンサルタント)の数や質、取り扱う保険の数や種類、サービスの内容まで千差万別です。

今回は、数あるなかでもFP目線で特におすすめできる相談窓口を10社、紹介します。

 おすすめの保険相談窓口10選
  1. 保険見直しラボ
  2. ほけんのぜんぶ
  3. 保険見直し本舗
  4. ほけんガーデン
  5. 保険無料相談ドットコム
  6. 保険マンモス
  7. 保険市場
  8. マネードクター
  9. 保険チョイス
  10. 保険クリニック

保険見直しラボ

保険見直しラボ

保険の見直しラボは、全国に70店舗の拠点を持つ保険相談窓口です。指定の場所に相談員が訪れる「訪問型」の保険相談窓口でもあり、訪問型代理店としては国内最大級の規模を誇ります。

「大きな保険代理店のほうが安心できる」という人におすすめできる窓口です。
保険見直しラボのおすすめポイント

  • 32の保険会社から相談者に合った保険をオーダーメイドできる
  • 顧客満足度は驚異の97%
  • コンサルタントの業界経験歴が約12年と非常に長い
  • 過度な営業行為や失礼な対応があった場合「イエローカード制度」がある

保険に関することなら保険を知り尽くしたプロの相談員に何でも相談できます。「保険の押し売りをされないか不安……」という人も安心してください。

イエローカード制度では、過度な営業行為や失礼な対応があった場合、店舗に連絡することでコンサルタントを変更してもらえます。

この仕組みがあることによって「不要な保険の勧誘」や「無理な押し売り」の心配をせず、じっくり話を聞くことができますよ。

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶは、保険の相談もお金の相談も全て1本化できる保険相談窓口です。ほけんのぜんぶの特徴は、相談員の多くがファイナンシャルプランナー(FP)の資格を持っていることでしょう。

相談員のFP資格の取得率は100%(入社1年以上のプランナーが対象)を誇ります。

FPは国家資格と民間資格に分かれていますが、いずれも保険以外にもさまざまな知識を保有するお金の専門家です。ざっと挙げただけでも、以下のような内容を学習します。

  • 保険
  • 税金
  • 相続
  • ライフプランニング
  • 資産運用 など

保険募集人資格だけを持つ相談員と比較して、アドバイスの引き出しが多いことが期待できますね。

保険の相談をするだけでプレゼントをもらえるのも嬉しいポイントです。FP無料相談の実施後、もれなく以下のようなプレゼントがもらえますよ。(2021年8月現在)

もれなく選べるプレゼント
  • 新潟県産精米 新之助2kg
  • ウェルチ100%果汁ギフト(9本セット)
  • い・ろ・は・す天然水
  • 久原本家茅乃舎だし8g×12袋入り無添加
  • アンパンマン砂場セット
  • ごっつん防止リュック

取扱う保険会社数も35社と、非常に多くなっています。「十分な選択肢の中から最適な保険を選択したい……」と考えている人にもおすすめですよ。

保険見直し本舗

保険見直し本舗

保険見直し本舗は、TVCMなどでもおなじみの大手保険サービスです。全国に直営店を300店舗以上展開しており、契約実績も100万件以上と十分な実績を持っています。

相談者の世帯1つにつき1名の担当者がつく体制が特長で、ずっと同じ担当者と長くつきあえます。

自分の家庭の状況を知り尽くした担当者なら、安心して保険相談ができますね。
  • 「保険相談」「保険の提案」「加入手続き」「アフターフォロー」まで全てが無料
  • 40社以上の保険会社の商品取り扱っているためさまざまな保険商品の比較が可能
  • 相談の選択肢が多い
  • 来店相談のほかにも、訪問、オンライン、電話のいずれの相談形式にも応じてくれる

MDRT(保険・金融の専門家による国際組織)の会員である相談員が多数在籍しているなど、コンサルタントの質を担保してくれているのも嬉しいですね。

ほけんガーデン

ほけんガーデン

ほけんガーデンは、全国展開している訪問型の相談窓口です。相談でも契約でも、料金は一切かかりません。

ネット予約と電話予約の両方に対応しており、相談場所も自宅以外にカフェ、プランナーの事務所を指定することもできます。

できるだけ人目を避けて相談したい人にとって、選択肢が多いのは嬉しいですね。

取扱い保険会社が48社と非常に多いのも特徴で、幅広いラインナップの中から保険を選びたい人に特におすすめできます。

またほけんガーデンは人柄と経験で厳選したプランナーによって、無料のライフプランを作成してくれるのもメリットです。

MM
ほけんガーデンでは将来に必ず必要になるお金と万が一の事態に備えるお金を正確に把握する「ライフプランニング」を推奨しています。

とはいえ、一般人がいきなり正確なライフプランを作成することは非常に難しいでしょう。

ほけんガーデンであれば単純な保険の相談だけでなく、ライフプランを無料で作成してくれたうえで人生全体を考えた保険プランを提案してくれます。

保険無料相談ドットコム

保険無料相談ドットコム

保険無料相談ドットコムは、電話・オンラインでの保険相談が可能な保険の相談窓口です。お客様満足度は驚異の97.6%を誇ります。

自宅以外の希望の場所を選択することもできるため、相談者の都合に合わせた方法をチョイスできます。

面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富なのも魅力です。面談後にアンケートを提出することで後日プレゼントを受け取ることができます。

プレゼントの種類は非常に多岐に渡ります。一部を抜粋すると以下のとおりです。

 もらえる豊富なプレゼント(一部抜粋)
  • 新潟県産コシヒカリ2kg
  • 丸大ハム煌彩セット
  • 利久の牛たん真空パック110g
  • 仙台銘菓 萩の月(6個入り)

無理な勧誘をされていると判断した場合、店舗に連絡することで案内の終了や担当の変更などの対応が即座にとられるのも安心ポイントです。

はじめての相談で「無理な相談をされたらどうしよう……」と感じている人にもおすすめできます。

保険マンモス

保険マンモス

保険マンモスは訪問型のスタッフ紹介サービスで、15年以上の歴史をもつ老舗の保険相談窓口の1つです。

「保険を売りません」をキャッチフレーズにしており、評判の良い相談相手を相談者に紹介してくれます。具体的には、申し込み内容をもとに、お客様情報に合わせてマッチングしたFPを紹介してくれます。

 

15年以上の経験で培われた保険マンモス独自のノウハウが活かされています。

 

 

保険マンモスのおすすめポイント

  • 累計の申込数は35万件を突破

  • 全国に3,500人以上の提携FP

  • 顧客満足度95%以上

日本マーケティングリサーチ機構調べによる保険の関する調査では、以下の3つの部門で高評価を獲得しています。

  • 自分にあった保険が見つかる保険相談
  • 優秀なFPに相談できる保険相談
  • 知人に紹介したい保険相談

3つもの部門で高評価を得ている顧客満足度の高さが魅力的ですね。

保険市場

保険市場

保険市場は、取り扱い保険会社数が業界最大級の84社を誇る相談窓口です。業界のなかでも特に老舗で、東証一部上場企業であるという安心感はほかにはないメリットといえます。

対応地域も全国(離島除く)に広がっています。契約後に引越ししたとしても、現地の代理店にアフターフォロー業務を引き継いでもらえます。

MM
さらにオンライン相談限定のサービスとして、人気のコンサルタントを指名予約できるようになりました。

総勢100人以上の保険市場のコンサルタントの中から、特にお客様からの評価が高くオンライン相談実績の豊富な人気の20人が選定されています。

利用者は20人の中から、自分が納得する担当コンサルタントを指名できるようになっています。

マネードクター

マネードクター

マネードクター(旧:保険のビュッフェ)は、完全予約制の訪問型の相談窓口です。予約はネット・電話に加えてLINEでもOKです。

相談料はもちろん無料で、オンライン相談にも対応しています。

パソコンやスマートフォンとネット環境があれば、自宅にいながらオンライン相談が可能です。マネードクターという名称でも分かるとおり、「お金かかりつけ医」としての機能も持っています。

MM
保険だけにとどまらず「ライフプランに合わせた貯金方法」「資産運用」など、人生に必要なお金について相談者とプランナーが一緒に考えることができます。

具体的には、以下のような相談に対応しています。

マネードクターのライフプランニング

  • 保険プランの提案

  • 保険の見直し

  • 家系の見直し

  • 将来のキャッシュフロー診断

  • 子どもの教育費準備

  • 住宅ローン相談

なぜこのようなサービスが可能なのかというと、マネードクターでは一定の基準を満たした経験豊富なファイナンシャルプランナー(FP)のみが在籍しているためです。

生命保険募集人資格を持つことで保険の相談に乗れるだけでなく、国家資格「ファイナンシャル・プランニング技能士」「相続診断士」「住宅ローンアドバイザー」など、お金にまつわるあらゆる資格を持つFPも多数在籍しています。

生活のさまざまなシーンについて何でも相談できる安心感が、マネードクターの強みですね。

保険チョイス

保険チョイス

保険チョイスは、ファイナンシャルプランナーが考えた保険相談サービスです。来店型と訪問型、いずれかから選択できます。

全国150店舗以上の保険代理店と提携しており、事務局がベストな保険代理店を選別してくれます。

担当者は全員が保険の販売資格を持つ有資格者です。保険会社からの手数料で運営しているため、何度相談しても利用者が支払う手数料は発生しません。

「FPが監修している」という安心感を得たい方にも向いている相談窓口といえます。

保険だけでなく結婚・出産・マイホーム購入など、ライフステージに応じて保険を見直すことで固定費の削減を一緒に行えるでしょう。

保険クリニック

保険クリニック

保険クリニックは「2020年度オリコン顧客満足度調査に来店型保険ショップ」で第1位の実績がある保険の相談窓口です。

MM

 

独自開発の「保険iQ(いっきゅう)システム」を利用することによってコンサルタントの主観に頼ることなく、数多くの保険のなかからお客様にピッタリの保険選びをサポートしてくれます。

 

たとえばIQファミリーの保険ロボアドバイザーなら、簡単な質問に答えるだけで、自分に合った保険を自動的に分かります。必要な情報は「あなたの性別」「あなたの年齢」のたった2つです。

また「IQくんのmyにち」というアプリもリリースされています。

お金・ライフスタイル・保険のそれぞれのプロが知って得する情報を発信してくれるサービスです。

アプリをインストールしておくだけでお得な情報が入手できますから、保険クリニックの利用者なら必須のサービスといえそうですね。

iQのmyにちなら家じゅうの保険証券をスマホでひとまとめにできる機能もあります。事故に遭った場合や病気で入院した場合、いざというときにアプリを開けばいつでも保険会社の種類や保険料などを確認できます。

保険相談窓口とは

保険相談窓口とは

保険相談窓口は、保険の相談を受け付けている来店型の保険ショップのことです、

個室を利用してファイナンシャルプランナー(FP)などの資格を持つプロが、保険選びを手伝ってくれます。

相談できる内容は主に以下の3つです。

 

保険相談の内容

  • 自分に合った保険選び

  • 保険の契約

  • 保険の見直し

ひとくちに保険といっても、その種類はさまざまです。数多くの保険会社から販売されていることで「自分に合った保険が分からない……」という人も多いのでは?

保険相談窓口なら保険選びから契約・見直しまで、一括してプロにお願いできます。

自分と違った視点でアドバイスを受けられることで、保険選びの参考にできるでしょう。

保険相談を利用して保険を決める6つのメリット

保険相談を利用して保険を決めるメリット

保険の相談窓口を利用することで、自分だけで保険を決めるよりも多くのメリットを享受できます。ここでは保険相談窓口を利用するメリットを紹介します。

 

 保険相談をするメリット

  • 自分では分からない専門的なアドバイスをもらえる

  • 中立的なアドバイスをもらえる

  • 面倒な契約手続きを手伝ってもらえる

  • 数多くの保険商品から選べる

  • 何回利用しても相談料がかからない

  • 店舗型と訪問型などから好きな方式を選べる

自分では分からない専門的なアドバイスをもらえる

保険の相談窓口にいる相談員は、保険募集人資格やファイナンシャルプランナー(FP)などの資格を持つプロです。「保険募集人資格」は保険相談員にとっては必須の資格で、これがないと保険の相談受付や提案をすることができません。

誰もが保険に精通したプロですから、安心してアドバイスをもらえるでしょう。

保険は金融勝品の1種で、パンフレットをみても仕組みが分からない部分も少なくありません。複雑な仕組みや専門用語でも、保険のプロであれば一般人でも分かりやすく噛み砕いて説明してくれます。

中立的なアドバイスをもらえる

保険の相談窓口は、各保険会社よりも取り扱う商品の数が多いのが一般的です。

これは複数の保険会社の商品を取り扱っているためで、自分たちの保険商品しか取り扱わない保険会社と比較して保険の種類や数が当然に多くなります。

保険の種類が多くなれば、顧客にも窓口にもメリットがあります。

  • 顧客のメリット:保険の選択肢が増える
  • 相談員のメリット:自社の商品を無理にセールストークしなくても良い

このように、それぞれにメリットがあります。自分にぴったりの保険選びをしやすいのが、保険の相談窓口の特長といえますね。

面倒な契約手続きを手伝ってもらえる

保険相談を利用して保険を決めるメリット

保険のような金融商品の契約にあたっては記入する書類が多く、面倒に感じる人も少なくありません。自分でネット保険を探して契約する場合、煩雑な契約を自分だけでこなす必要があります。

MM
一方の保険の相談窓口であれば、契約書類の書き方についてスタッフのサポートを受けることができます。

少しでも面倒な契約作業を楽にしたい人は、相談窓口の利用はおすすめできます。

数多くの保険商品から選べる

保険会社にもそれぞれプランナーが在籍しています。

ただ、あくまでもその会社の社員ですから、会社の利益をあげるためにはどうしても自社商品をメインに案内することになります。

注意!

同じ保険会社の商品だけの組み合わせが、必ずしも最適解とは限りません。

複数の会社をミックスして加入する場合、単一の保険会社のプランナーでは商品を取り扱えない可能性があります。

一方の保険の相談窓口であれば、複数の保険会社の商品のなかから選べます

死亡保険はA社、医療保険はB社といった具合に、保険会社の枠に縛られずに商品を選べる方が、自分にとってピッタリの保険を選べる可能性は高くなります。

保険商品は次々と新商品が発売されますし、同じ商品でも保障内容に改訂がなされることもあります。一般人が仕事をしながら最新情報を掴むのは非常に大変です。

保険の相談窓口なら、数多くの保険を取り扱いつつ、最新情報をもとにした提案が可能です。

何回利用しても相談料がかからない

保険相談を利用して保険を決めるメリット

保険の相談窓口は、何度利用しても利用料・相談料がかかりません。これは契約が成立した場合、対象の保険会社から相談窓口が手数料を受け取る方式のためです。

MM
保険は商品次第で一生の買い物になりますから、納得するまで何度でも足を運びたいものです。

「今回までは無料だけど、次回からは有料」というシステムでは、思い切って相談することが難しいでしょう。相談料が積み重なることで継続した相談ができなくなり、結局は自分で商品を選んでしまうことになります。

 

保険の相談窓口なら、納得するまで相談しても相談料は無料です。

 

店舗型と訪問型などから好きな方式を選べる

ひとくちに保険の相談窓口は、下記のようにいくつかの種類に分かれています。

保険相談の種類

  • 店舗型
  • 訪問型
  • オンライン型

訪問型は予約した時間に自宅まで来てくれるため、余計な移動時間も交通費もかかりません。自宅以外の喫茶店などを希望することもできます。

「家族に聞かれずに相談したい……」という場合でも便利でしょう。

ただし、2021年現在は新型コロナウイルスの影響のため、店舗型や訪問型など、対面方式の保険相談が難しくなっています。

MM
そこで、現在保険の相談窓口各社ではオンライン形式の保険相談を導入しています。

新型コロナウイルス対策と保険相談を並行して行える、現状に合った相談形式と言えますね。

気軽に立ち寄りたいなら店舗型

保険相談を利用して保険を決めるメリット

店舗型は自分で店舗に出向く必要があるのがデメリットです。ただ、仕事帰りに立ち寄れる位置にあればデメリットが小さくなります。

駅中やショッピングモールに店舗を構えていれば、さほど意識せずに立ち寄れるでしょう。また、他の形式にはない店舗型のメリットは「予約が不要なこと」です。

しっかりと予約をすれば待ち時間なくスムーズに利用できますが、予約がなくても対応してもらえます。

仕事が忙しく、保険相談のための時間を決められない人もいるでしょう。そんなとき、時間を決めなくてもフラっと立ち寄って相談できる店舗型のほうが相談しやすいでしょうね。

家事が忙しいなら訪問型も検討

相談者が専業主婦だったり小さな子どもを育てている場合、店舗に赴くのが難しい場合も多いでしょう。そんな場合に利用したいのが訪問型の保険相談です。

MM
自宅や喫茶店など、自分が好きな場所を指定できます。

自宅を指定すれば、小さな子どもの世話で外出できない人でも気軽に相談できるでしょう。ただし、保険の相談窓口によっては対応窓口が異なる場合もあります。

気軽に相談したいならオンライン型がおすすめ

保険相談を利用して保険を決めるメリット

人の目を気にしないで気軽に相談したいなら、オンライン型が便利です。オンライン型なら以下のようなメリットを享受できます。

オンライン相談のメリット

  • 店舗に出向く必要がない
  • 時間や場所を選ばない
  • 誰にも見られずに保険の相談ができる
  • 新型コロナウイルス対策ができる

店舗に出向く必要がないのは訪問型でも同じです。ただ、訪問型は近隣住民が保険の相談員が来るのを見かけることもあります。

自宅が散らかっていて「相談員を呼ぶための片づけが面倒……」という人もいるのでしょうか。

オンライン型ならカメラで映る部分だけキレイにしておけば良いので、掃除も大変ではありません。相談員が自宅に来ることもなく、近所の人に見られる心配もありません。

さらに新型コロナウイルスの対策として叫ばれている「3密」を避けられるのもポイントです。

人と接触せずに画面上でやり取りができるため、東京など新型コロナウイルスが猛威を振るっている地域では特にメリットが大きいといえます。

保険の相談窓口のデメリット

保険相談を利用して保険を決めるメリット

保険の相談窓口は「数多くの保険で比較検討できる」「相談料がかからない」などのメリットが多いのですが、一方でデメリットに感じることもあります。

ここでは、保険の相談窓口でデメリットに感じやすいことを紹介します。

 保険相談窓口のデメリット

  • 保険相談によっては来店が必須
  • 将来のビジョンが決まっていないとアドバイスがあいまいになる

保険相談によっては来店が必須

保険の相談窓口は、大きく分けると以下の3つの種類に分かれています。

  • 来店型
  • 訪問型
  • オンライン型

近年は新型コロナウイルスの関係もあって非対面で相談できるオンライン型が利用されていますが、相談窓口によっては来店型を選択せざるを得ない場合もあるでしょう。

注意!
来店型は自分から足を運ぶため「時間」「交通費」などが余分にかかる点に注意が必要です。

一度の来店で相談が完了して契約まで進めばあまり問題もありません。ただ、何度も行き来することになると手間も時間もお金もかかってしまいます。

保険加入の目的や将来のビジョンなどを明確にしておき、できるだけ少ない回数で加入する保険が決まるように準備を進めておきましょう。

将来のビジョンが決まっていないとアドバイスがあいまいになる

保険相談を利用して保険を決めるメリット

自分に合った保険を決めるために的確なアドバイスを受けるには、以下のような情報を明確にしておくことが大切です。

事前準備

  • 保険に加入する目的
  • 将来の生活ビジョン
  • 年収
  • 現在のライフスタイル
  • 家族構成
  • 希望する保障 など

これらの条件を明確にしておかないと、紹介される保険が自分に合った保険かは分かりません。1つずつ相談員が聞き取りを行うことになってしまい、予想以上に時間がかかります。

相談員としてもできるだけ相談者に合った保険を選びたいと思っています。

希望や目標については余すところなく伝えるようにしたいですね。

保険相談窓口の選び方

おすすめの保険の相談窓口をランキング形式で紹介しましたが、どの相談窓口が合っているかは相談者それぞれで異なります。

ここでは、数ある中から自分に合った保険相談窓口を選ぶ方法を解説します。

保険相談窓口の選び方

  • 相談員の質は満足できるか
  • どのくらいの数の保険を取り扱っているか
  • 相談場所はどこか。指定した場所でも相談できるか
  • アフターフォローはしっかりしているか

相談員の質は満足できるか

保険相談を利用して保険を決めるメリット

保険の相談窓口を選ぶ際、もっとも重要なのは、当然ながら相談員の質です。

  • 保険業界の経験が長いのか
  • ファイナンシャルプランナーなどの資格を保有しているか

ファイナンシャルプランナーは保険資格のほか、税金や資産運用、人生設計(ライフプランニング)の知識も持っています。

MM
保険を決める際は人生設計のプランニングも必要です。

そのような知識を総合的に持っている相談員かどうか、プロフィールページなどから見極めましょう。

保険の契約にあたっては保険募集人の資格は必須ですが、ファイナンシャルプランナーの資格 (〇級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP、AFPなど)は必須ではありません。

有資格者が多いということは、相談員のスキル向上に積極的な会社と判断できますね。

また、相談員のコミュニケーションスキルや相性も見極める必要があります。

人間同士、どうしても相性があります。どれだけ知識があっても自分とコミュニケーションして相性が悪い場合、人生を任せる気持ちが起こらないのも事実です。

1回目の相談で雑談を交えたコミュニケーションを行い、気持ちよく話せる相談員なのかを見極めましょう。

どのくらいの数の保険を取り扱っているか

保険相談窓口の選び方

保険の相談窓口では複数の保険会社の保険商品を取り扱いますが、窓口ごとに取り扱う保険の種類・数は全く異なります

MM
保険の相談窓口を選ぶ際はできるだけ種類が多いほうが選択肢が広くなっておすすめです。

事前に保険の相談窓口の取扱商品数を確認し、比較してから相談に行きましょう。

保険の相談窓口の公式ホームページでは、取り扱いのある保険会社の数が公開されています。この数が多いか少ないかも、1つの判断材料になるでしょう。

相談場所はどこか。指定した場所でも相談できるか

相談窓口の場所は、できるだけ自宅に近いほうが望ましいでしょう。そのため保険の相談窓口の立地も確認しておきたいところです。

地方都市に住んでいる場合は保険の相談窓口がないこともあります。

MM
来店型の相談窓口を利用するなら、自宅からのアクセスは事前に確認してください。

よく行く駅やショッピングモール内に窓口があれば、私用や買い物のついでに立ち寄れるため便利です。

さらに全国展開されているかどうかも大切です。保険会社によっては、引越しで住所が変わった場合でも、引越し先の保険相談窓口に相談を引き継いでもらうことが可能です。

アフターフォローはしっかりしているか

保険相談窓口の選び方

保険は加入して「ハイ、おしまい」という商品ではありません。その後何十年あるいは一生にかけて加入をし続けます。

たとえば同じ店舗をずっと利用し続けている場合でも、実際に病気に罹患したり万が一のことが起きたりした場合、保険金の請求が必要です。

請求方法が分からない場合などは、相談時と同じあるいは事情を知ったスタッフが対応してくれると安心できます。

長年に渡って加入しているうちに、当初の人生設計と現実のライフスタイルが変わってくることもあります。

そんな時は保険の見直しが必要になることもあります。

MM
仮に引っ越ししたとしても、アフターフォローとして保険の見直し相談ができるのかどうかは大切なポイントです。

全国展開している保険の相談窓口なら、引っ越し後の拠点に引継ぎしてくれます。

どうしても保険相談窓口を決められないときは?

これまで保険の相談窓口の選び方を解説しました。しかし、比較してみても、どうしても選べないということも考えられます。

その場合は、いくつかの相談窓口をピックアップして何人かの相談員に相談を持ち掛けてみるのも良いでしょう。もし最初の相談員で満足できない場合、違う相談員に変更してもらうこともできます。

相談員を変えても無料で相談できますから、納得するまで探しましょう。

また「できるだけ最初の1回で良い相談員に会いたい」という場合は、やはり相談窓口の公式ホームページで相談員の自己紹介ページを見ておくことをおすすめします。

「多くの資格を持っている」「保険業界での経験が長い」といった良い相談員が多数在籍している相談窓口なら、最初の1回で良い相談員にあたる確率も高くなります。

保険相談するおすすめ時期・タイミングはいつ?

保険相談するおすすめ時期・タイミングはいつ?

人生では保険について深く考えるタイミングが何回もあります。適切な時期に保険を見直すことで、合理的な保障で安心を得られます。

ここでは、保険相談するのにおすすめの時期・タイミングをまとめました。

保険相談におすすめのタイミング

  • 結婚したとき
  • 子どもが生まれたとき
  • 住宅ローンを組んだとき
  • 退職したとき

結婚したとき

独身のあいだは守るべき人がいないため、民間の保険に加入する必要性は低いでしょう。一方で結婚して配偶者ができた場合、保険の見直しを行う絶好のタイミングです。

たとえば片方がもう片方の配偶者の扶養に入る場合、万が一の際に遺された配偶者が生活していけるだけの死亡保障が必要です。

また、片方がケガや病気で働けない場合は、医療保障を準備しておくほうが良いことも考えられます。

子どもが生まれたとき

保険相談するおすすめ時期・タイミングはいつ?

子どもができた時、人生のなかでももっとも保障について真面目に考えなければいけないときです。

子どもが成長して独り立ちするまでの間に必要になる金額をカバーできる死亡保障が必要になります。たとえば毎月一定額を年金のように受け取れる「収入保障保険」などが選択肢です。

専業主婦(夫)のほうに万が一のことがあった場合は収入は変わらないと思いがちですが、実際には保障の準備が必要です。

MM
遺された配偶者が仕事をしながら家事も並行して行うため仕事に充てられる時間が減ります。

実質的に収入が減ってしまう分だけ、家事・育児のサポートのためにも保険に加入しておく必要がありますね。また、子どもを大学まで進学させたい場合は「学資保険」「低解約返戻金型終身保険」も選択肢に入ります。

学資保険は万が一契約者である親が亡くなった場合、その後の保険料の払込が免除されます。一方で受け取る予定だった満期保険金や祝金については確実に受け取ることができるのが「メリットです。

契約時に定めた保険金を確実に受け取ることで、子どもの学費の一部を準備することができます。

住宅ローンを組んだとき

保険相談するおすすめ時期・タイミングはいつ?

住宅ローンを組んだあとは、今までとは逆に保険金額を減額させられるチャンスです。なぜなら住宅ローンは団体信用生命保険に加入するのが一般的だからです。

MM
団体信用生命保険は住宅ローンを借りた人が死亡・高度障害状態になった場合、保険金でローン残高を全額返済できる保険のことです。

これまで賃貸に住んでいて家賃を含めて死亡保障額を設定していた場合、マンションや戸建てを購入したあとは住宅ローンの返済額が死亡保険から外せる可能性があります。

退職したとき

退職を迎えて第二の人生を迎える場合にも、保険の見直しが必要な時期です。

ライフステージが変化したことで必要な保険が変わります。

まず子どもが十分に大きくなって独立しているのであれば、子どものための生活費・教育費のために確保していた死亡保障は不要になります。

自分に万が一のことがあった場合の葬式代や、遺される配偶者の生活費をカバーできる金額があれば良いという判断も可能です。

注意!
一方で、年齢を重ねるほど病気に罹患する確率は高くなります。

医療保険を充実させる必要性が高まります。医療保険に関しては安易に解約するのは避けましょう。健康状態が悪くなると、新しい医療保険に加入できないことがあるためです。

もし新しい医療保険への切り替えをするなら、新しい保険に加入できたあとに従来の医療保険を解約しましょう。

保険相談窓口を利用する際の注意ポイント

保険相談を利用する際の注意ポイント

保険の相談窓口を利用するには、保険に関する知識も持ち物も必要ありません。仕事帰りに手ぶらで立ち寄るくらいでも、親切丁寧に対応してくれます。

ただ、できるだけ効率的に相談を進めたいなら、事前に準備しておく方がいいこともあります。

ここでは、保険の相談窓口を利用する前に知っておきたい注意ポイントを解説します。

 保険相談窓口利用時の注意事項

  • 保険に加入する目的を決めておく
  • 相談前に保険証券を準備しておく
  • 相談前に少しでも保険の知識を身につけておく
  • 公的な保険・年金の制度を理解しておく
  • 相談予定のサービスの口コミを確認しておく

保険に加入する目的を決めておく

保険の相談窓口に向かう前、保険に加入する目的をしっかり決めておくことが大切です。

注意!
漠然と「そろそろ保険に加入しようかな…」といった程度の軽い気持ちだと「相談員の人に言われるがままに加入した」という結果になるかもしれません。

相談員が提案してくれた保険が自分に合っているかの判断が難しくなり、結果的に保険料を無駄に支払っているという可能性もあります。

 

何を目的としているのか分かっている状態なら、保険の相談員が状況の聞き取りにかける時間も少なく済みます。

保険に加入する目的は、たとえば「万が一の保障を準備しながら、老後資金の準備をしたい」といった内容であれば良いでしょう。

相談前に保険証券を準備しておく

保険相談を利用する際の注意ポイント

保険の窓口に相談に訪れる場合、特別な持ち物は必要ありません。保険について何も知らなかったとしても、そういった人達に向けて基礎からじっくり教えるのも窓口の役割です。

ただ、すでに加入している保険があれば保険証券を持って相談にいくと相談がスムーズに進められます。相談員に見せることで、加入している保険の契約内容が間違いなく伝わります。

注意!
自分の記憶に任せると間違った情報が相談員に伝わってしまい、提案される保険の内容が適切でなくなる可能性もあります。

近年は保険証券のペーパーレスも進んでいるため、インターネット上で保険証券を確認できる場合もあります。

持てる情報はできるだけ多く持っていく

保険証券以外にも、持てる情報はできる限り持っていきたいものです。たとえば以下のような書類があれば理想的です。

  • 源泉徴収票や確定申告書等、収入の詳細が分かる書類
  • 保有資産、ローンの残高が分かる書類
  • 家計簿など、毎月の支出が分かる書類

    もちろん、プライベートな資料はなくても話は進められますが、なるべく開示したほうが相談結果はより理想的なものに近くなります。

    相談前に少しでも保険の知識を身につけておく

    保険相談を利用する際の注意ポイント

    保険に関して相談員に全てお任せという姿勢だと、良い保険と出会えないこともあります。保険の相談窓口でも、公的な健康保険で十分カバーできる範囲の保険が勧められる可能性もあります。

    保険の知識があれば加入せずに「公的保険で済ませます」と回答することもできますが、何もかもお任せだと結果的に公的保険と被る部分の保険料が無駄になってしまいます。

    投資・資産運用の知識も重要

    保険だけでなく、資産運用の知識も持っておくことも大切です。保険のなかには保障部分以外に貯蓄性の高い保険や、資産運用ができる保険も存在します。

    外貨建て保険や変額個人年金保険などが代表例です。「将来の資産運用のために」と勧められる可能性もあるでしょう。

    注意!
    ただし、お金を効率よく増やすために保険に加入することが唯一の選択肢ではありません。

    資産運用はほかにも「株式投資」「投資信託」「不動産投資」などさまざまな方法があり、商品次第では「NISA」「つみたてNISA」「iDeCo(個人型確定拠出年金)」など利益に課税されない非課税制度を利用することで効率的に資産運用が可能です。

    資産運用の知識を持っていると「掛け捨ての保険と投資信託の組み合わせ」と併せて検討できるため、自分にとって最良の答えに近づきます。

    公的な保険・年金の制度を理解しておく

    保険相談を利用する際の注意ポイント

    民間の保険に加入する前には、公的な保険に関する知識を広めておくことは必要です。特に医療保険は公的な健康保険によってカバーできる金額を計算に入れておく必要があります。

    MM
    公的な健康保険の利用によって医療費の自己負担は3割以下に抑えられます。さらに高額療養費制度を使うことで毎月の医療費が一定以上になった場合、差額を払い戻してもらうことも可能です。

    たとえば70歳未満の方の高額療養費(平成27年1月診療分から)は以下のとおりです。

    【平成27年1月診療分から】
    所得区分
    自己負担限度額
    多数該当

    ① 区分ア

    (標準報酬月額83万円以上の方)
    (報酬月額81万円以上の方)

    252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
    140,100円

    ② 区分イ

    (標準報酬月額53万〜79万円の方)
    (報酬月額51万5千円以上〜81万円未満の方)

    167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
    93,000円

    ③ 区分ウ

    (標準報酬月額28万〜50万円の方)
    (報酬月額27万円以上〜51万5千円未満の方)

    80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
    44,400円

    ④ 区分エ

    (標準報酬月額26万円以下の方)
    (報酬月額27万円未満の方)

    57,600円
    44,400円

    ⑤ 区分オ(低所得者)

    (被保険者が市区町村民税の非課税者等)

    35,400円
    24,600円

    引用元:全国健康保険協会|高額な医療費を支払ったとき(高額療養費)

    たとえば年収の区分ウの人で自己負担30万円(医療費100万円)がかかった場合の自己負担は以下のとおりです。

    80,100円+(100万円-267,000円)×1%=87,430円

    30万円の自己負担が87,430円まで下がり、差額は後日に払い戻しされます。

    さらに療養を受けた月以前の1年間に、3ヵ月以上の高額療養費の支給を受けた場合は4ヶ月目からは「多数該当」として、さらに自己負担は小さくなります。

    区分ウの場合、自己負担は44,400円とさらに半分になります。

    そもそも民間の保険は公的な保険を補完するために加入する商品です。高額療養費や多数該当で賄える分の金額は除いて計算することが必要です。

    納得できるまで何度でも相談する

    保険相談を利用する際の注意ポイント

    保険は金融商品であり、なかには複雑な仕組みを持つ商品もあります。一見してシンプルそうな商品でも、何度か説明を聞かないと分からないこともあるでしょう。

    注意!
    理解が不十分なままで保険を契約してしまうと、いざ保険金を請求する段階になって請求の対象外になってしまうなど、思いもよらぬ結果になってしまうこともあります。

    そうならないためにも、納得するまで何度でも相談してください。

    保険の相談窓口は契約の際に保険会社から支払われる手数料によって運営されています。つまり、利用者から手数料や相談料を受け取ることはありません。

    何度も利用しても気に病むことはありません。

    何十年と払い込んでいくことになる商品ですから、納得するまで契約するべきではないのです。

    相談予定のサービスの口コミを確認しておく

    保険相談を利用する際の注意ポイント

    保険の相談窓口を利用する前に、口コミの内容を調べておくことも大切です。インターネットの検索サイトで「〇〇(サービス名) 評判」や「〇〇 口コミ」と検索すれば、そのサービスの口コミはすぐに調べられます。

    MM
    相談員の知識や保険の種類といった数値上で分からない満足度を知ることで、サービスの雰囲気を何となく掴むことができるでしょう。

    できるだけ口コミの評判が良い相談窓口を選択することが、良い保険に出会うための第一歩といえます。

    まとめ

    今回は保険の相談窓口の人気おすすめランキングと、相談窓口の選び方のポイントを解説しました。

    保険の相談窓口を選ぶために、それぞれの会社の特長や選び方を事前に把握しておきましょう。

    保険の相談窓口の仕組みや選び方について理解をしておくと、自身や家族の保険加入の際に役に立ちます。ただし、全てお任せにするのではなく、公的な健康保険や年金制度について事前に把握しておくことが必須です。これらの制度を理解しておけば、おすすめされた商品が自分にとって最適であるか理解しやすくなります。

    自身にとってもっとも安心できる保険相談窓口を選び、万が一のリスクに備えましょう。

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事