カードローン 返済

病院代を支払う際、多額となるケースが少なくないことから、現金ではなくクレジットカードで支払いたいと考えている人は少なくありません。

そこで今回は、病院でクレジットカードは支払いに使えるのかを解説していきます。また、病院でクレジットカードを使用するメリットについても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事のポイント
  • 病院でクレジットカードは使えるかを理解できる
  • 病院でクレジットカードを使うメリットを理解できる
  • クレジットカードを使用するメリットを理解できる

病院でクレジットカードは使用できる?

結論からいうと、病院でクレジットカードは使用できます。ただし、病院によって取り扱いが異なるため、どこでも使えるかといえばそうではありません。

基本的に、大学病院や総合病院などの大きな病院では多くがクレジットカード払いに対応しています。しかし、街にある小さなクリニックや診療所などでは、クレジットカード払いはできず現金払いのみということも少なくありません。

あくまで一般的な情報なので、事前に病院の公式ホームページを見る、もしくは電話で問い合わせるなどをしてクレジットカード払いに対応しているかを確認してください。

病院でクレジットカード払いが使えない理由とは?

上述したとおり、大学病院などの大きな施設を除き、街の小さなクリニックや診療所では現金払いのみという取り扱いは多いです。

その理由は?

小さな病院がクレジットカード払いに対応していない理由として手数料の負担を避けていることが考えられます

病院だけに限りませんが、クレジットカード払いをした際に発生する手数料は加盟店、つまりお店側が支払うものです。

そのため、クレジットカード払いにすることで病院側からすると利益が少なくなってしまうため、現金払いのみの取扱いとしているところが多いのです。

手数料を支払ってでもクレジットカード払いに対応する理由とは?

では、病院側が手数料を負担しなければいけないにも関わらず、なぜクレジットカード払いに対応するところがあるのでしょうか。その理由は、顧客を逃がさないため、そして新規顧客の獲得を狙っているからと考えられます。

現在、日本では国をあげてキャッシュレス化を推進しています。そのため、利用する側もクレジットカード決済を使用したいと考えているので、対応しておく方が要望に応えられるのです。

裏を返せば、少額決済であるため現金でも十分支払えることから、街のクリニック等ではクレジットカード払いに対応していないともいえます。

街の小さな病院は支払額があまり多くないことがほとんどですが、これからのキャッシュレス化の時代に対応するためには欠かせないでしょう。

病院でのクレジットカード決済導入率

クレジットカード決済に対応している病院は増えつつありますが、日本では全体の半分程度しか導入されていないのが現状といわれています。

キャッシュレス化が推進されていることにより、今や飲食店やさまざまな施設ではクレジットカードをはじめ、QR決済やデビットカード、電子マネーによる支払いは当たり前のように対応しつつあります。

今後、さらに日本でもキャッシュレス化が進んでいくことが想定されますので、病院での対応数が増えることを期待しましょう。

病院によってはクレジットカードの他に、電子マネーによる支払いに対応しているところもあります。

病院でクレジットカード払いをするメリット

病院での支払いにクレジットカードを利用する主なメリットとして、次のものが挙げられます。

 病院でクレジットカードを使用するメリット
  • 高額な医療費を後払いにできる
  • 分割で支払える
  • ポイント還元が受けられる

高額な医療費を後払いにできる

病院で支払う医療費は、場合によってはかなり高額となるケースが考えられるため、現金ではなかなか支払えないという人も少なくないでしょう。

クレジットカード決済が使えるとなれば、その特徴でもある後払いにできることから手元に現金が用意できなくても対応可能です。

また、現金がないときに万が一病気にかかったなどでも、一旦クレジットカードで支払っておくことができるため助かります。

医療費を分割できる

クレジットカードは一括払いだけでなく、分割払いにて支払うことが可能です。そのため、高額な医療費を分けて支払えるので経済的な負担の軽減を期待できます。

給料日前など、まとまったお金が用意できないときは分割払いにすることで、家計等を圧迫せず支払っていくことが可能です。

ポイント還元が受けられる

クレジットカードで医療費などの病院代を支払うことで、ポイント還元によりお得になります。クレジットカードによって還元率は異なりますので、事前に確認しておきましょう。

【要チェック】クレジットカードのポイント還元率

なお、下記表に各種クレジットカードの還元率を一例としてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

JCBカード 0.5%
三井住友カード 0.5%
ライフカード 0.5%
楽天カード 1%
Orico Card THE POINT 1%
dカード 1%
リクルートカード 1.2%
エポスカード 0.5%
Yahoo! JAPANカード 1%

病院代は高額となるケースがあるため、支払い額によっては大量のポイント還元が受けられます。

医療費控除について

医療費控除とは?
医療費が定められている一定額を超えた場合に所得控除されることです。

1月1日から12月31日の1年間で自分もしくは自分と生計を一緒にする配偶者や親族のために一定額以上の医療費を払った場合が対象となります。

現金払いのみ医療費控除の対象と考えている人は少なくありませんが、実はクレジットカードで支払ったものについても医療費控除の対象となります。

クレジットカード決済をした明細自体が、医療費控除に必要な添付書類です。

MMただし、クレジットカード払いをした際の金利(リボ払い・分割払い・キャッシングを利用した際の手数料)については医療費控除にあたりません。注意しましょう。

医療サービスを付帯しているクレジットカードがある

クレジットカードの種類によっては、医療関係のサービスが受けられるものがあります。例として挙げられるサービスは次のものです。

 クレジットカードに付帯している医療サービス一例
  • 専門スタッフが相談に応じてくれる電話サービス
  • 旅行傷害保険
  • 医師や医療施設を紹介してくれる

24時間体制の電話相談サービス

クレジットカードによっては、気になる点があった際に医師や看護師などに電話をして気軽に相談できるサービスを提供しているものがあります。

急な体調不良は不安になるため、専門スタッフに対して気軽に相談できるサービスがあるのは大変魅力的です。なお、24時間365日体制で相談に乗ってくれることがほとんどなため、気になるときは遠慮せず相談してみましょう。

体調不良は急に訪れることがあります。些細なことでも相談することで、精神的な負担も軽減されるでしょう。

国内・海外旅行傷害保険

国内・海外旅行傷害保険は、多くのクレジットカードに付帯されている充実した補償サービスです。

カードのランクなど種類によって補償内容は異なりますが、万が一を想定して旅行時におけるケガや病気への対策として備えられます。主に付帯されている旅行傷害保険の内容は次のとおりです。

  • 傷害死亡・後遺障害
  • 傷害治療費用
  • 疫病治療費用
  • 賠償責任
  • 救援者費用
  • 携行品損害

上記はあくまで一例なので、補償内容は事前に所持するカード、もしくは今後申し込みをする場合は事前に確認しておいてください。

医師や医療施設を紹介してくれる

旅行中の緊急時において、万が一ケガや急な病気となった場合、専用ダイヤルに電話をすると医師や医療施設を紹介してくれるサービスが付帯されているものもあります。

特に海外では右も左もわからず不安な気持ちになるでしょう。そのようなときに、医療施設への移送などの手配もしてくれる手厚い補償があると安心です。

キャッシング機能付きのカードもおすすめ

現金を引き出せるキャッシングサービスを付帯したカードを使うことで、万が一医療費がない場合でも対応できる可能性があります。

そもそもキャッシングとは?
現金を引き出せるサービスのこと。クレジットカードを使いATMなどから利用可能な枠内であれば融資が受けられます。

そのため、医療費を用意できない、かつ病院がクレジットカード払いに対応していない場合はキャッシングを利用することで支払うことができます。

注意!
なお、キャッシングを利用する際は金利による利息がかかります。実際に借入した金額よりも多く返済しなければいけない点に注意しましょう。

【要チェック】クレジットカードのキャッシング金利

下記表に、主なクレジットカードのキャッシング金利をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。なお、金利はキャッシングの審査次第で変動します。

三井住友カード 実質年率15%~18%
JCBカード 実質年率15%~18%
楽天カード 実質年率18%
イオンカード 実質年率7.8%~18%
エポスカード 実質年率18%
オリコカード 実質年率15%~18%
ライフカード 実質年率15%~18%
セゾンカード 実質年率12%~18%

 

病院以外でのクレジットカードのポイントの貯め方

カードローン 借入方法

病院での支払いは高額となることも少なくないため、決済にクレジットカードを使用すると多くのポイントを貯められます。その他に、効率良くポイントを貯めるためのおすすめの方法として、次のものが挙げられます。

 おすすめのポイントの貯め方
  • 日頃からカード決済を多用する
  • 固定費を支払う
  • 還元率アップのネットサイトを経由する

カード決済を多用する

ポイントを効率良く貯めるには、日頃から決済にクレジットカードを多用する方法がおすすめです。

今では街中のスーパーやコンビニ、飲食店などさまざまな場所で支払いに使えますので、メインとして活用するとどんどんポイントを貯められます。

日頃の買い物を現金で支払っている人は、ぜひカード決済に切り替えてみてください。貯めたポイントを後々買い物に回せるため、結果として節約にも繋げられます。

カードの種類によっては提携店舗にて使用することで、還元率が2倍近くアップすることもあります。

固定費の支払いに使う

毎月支払っている固定費をクレジットカードに切り替えると、ポイントを効率良く貯めることが可能です。

【カード払いできる固定費】

  • 水道
  • 電気
  • ガス
  • 公共料金
  • 携帯電話料金

現金ではただ支払っているだけですが、必ず払うものをカード決済にすることで、ポイントが必然的に貯まっています。また、税金の支払いにも使える場合がありますので、事前に対応可能なものをチェックしておきましょう。

自治体によっては、公共料金の支払いに対応していない場合もありますので要確認です。

還元率アップサイトを経由する

主流となりつつあるネットショッピングでも、効率良くポイントを貯められます。

カードの種類によっては、ポイントアップサイトを経由して買い物をすることで通常と比較して何倍もの還元率となるため、大量のポイントを獲得可能です。

ものによっては20倍近く還元率がアップするものもあります。普段からネットショッピングをしている人は、ぜひチェックしておいてください。

各クレジットカード会社の公式ホームページには、ポイントアップサイトが掲載されていますので確認しておきましょう。

まとめ

この記事では、病院でクレジットカードを使えるかについて解説しました。結論、病院でクレジットカード決済は使えますが、すべての病院で使用できる訳ではありません。

 この記事のまとめ
  • 病院でクレジットカード決済は使用可能
  • 小さな病院では加盟店手数料を気にして使用できないケースが多い
  • クレジットカード決済分も医療費控除の対象
  • キャッシュレス化に伴い使用可能な病院は増加傾向にある

大学病院や総合病院など、大きな施設では基本的にクレジットカード決済には対応していますが、街中の小さなクリニックや診療所の場合はカード決済不可となるケースもあります。

病院でカード払いする場合、事前に使用可能かを確認することで高額な支払いを現金ではなくカード決済で対応できたり、大量のポイント還元が受けられることが期待できます。ぜひ利用を検討しましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事