生命保険料はみんな毎月いくら払ってるの?

「他の人は生命保険にどのくらいお金をかけているのだろう?」と気になっていませんか?万一の際にも安心な保障は用意したいですが、お金はかけ過ぎたくないものですよね。

そこで今回は、生命保険の加入者が毎月いくら保険料を払っているのか、データを用いて詳しく紹介します。

保険料の決め方や安く抑える方法についても紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

生命保険に毎月いくら支払っているか調査!

生命保険の保険料を算出するためのメモと計算機

さっそく、生命保険に加入している人が毎月掛けている保険料をみていきましょう。

年代別の保険料

年代 年間保険料 月額保険料
20代 23万3,000円 1万9,416円
30代 33万9,000円 2万8,250円
40代 38万6,000円 3万2,166円
50代 46万8,000円 3万9,000円
60代 38万8,500円 3万2,375円
70代 32万6,000円 2万7,166円
80代 33万円 2万7,500円
90代以上 22万5,000円 1万8,750円

生命保険料を安く抑えたいなら 無料保険相談窓口
おすすめ4選をチェック

出典:公益財団法人生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」より

20代

20代の月額保険料は1万9,416円程度。90代以上に次いで2番目に安い保険料となっています。

MM20代は就職・転職・独立など、職が定まらずほかの世代に比べて収入や貯蓄が少ない世代です。

そのため、金銭的な余裕があまりなく保険に回せるお金も、必然的に少なくなっていると考えられます。

30代

30代に入ると、20代に比べて保険料が約1万円高くなっています。30代は結婚・出産など、ライフステージの変化が大きい年代なので、20代よりも保険の加入を真剣に検討し始める時期です。

万一の家族の生活保障のために、保険を検討する人が増えていると考えられます。

40~60代

他の人が生命保険に毎月いくら払っているのか調べる男性

40~60代の月額保険料は、3万円台と高額になっています。なかでも50代が最も高く、3万9,000円です。

子どもの教育費用がかさむ時期にあたる40~60代。とくに50代は子どもが大学へ進学するタイミングにあたります。

注意!
50代は、男女ともにがんのリスクが急増する年代でもあります。

自身はもちろん、家族が安心して生活を継続できる大きな保障を備えている人が多いと考えられます。

備える保障が大きいために、保険料も高くなっているのでしょう。

収入別の保険料

生命保険に掛ける金額は、年齢だけでなく収入によっても差が出てきます。

年収 年間保険料 月額保険料
200万円未満 21万円 1万7,500円
200~300万円未満 30万円 2万5,000円
300~400万円未満 27万9,000円 2万3,250円
400~500万円未満 36万9,000円 3万750円
500~600万円未満 34万6,000円 2万8,833円
600~700万円未満 38万円 3万1,666円
700~1,000万円未満 42万9,000円 3万5,750円
1,000万円以上 61万円 5万833円

出典:公益財団法人生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」より

年収が高くなればなるほど、保険にかける金額も増える傾向です。保険料が一番安いのは年収200万円未満の世帯で、月額1万7,500円となっています。

1,000万円以上の世帯では月額保険料は5万円超えと、飛び抜けて高い金額です。

最適な保険料を知るには

紙と計算機とボールペン

自身の年収に対する最適な保険料を知りたい人は、世帯年収に占める保険料の平均比率である7%程度で計算するのがおすすめです。

MM令和3年の調査によると平均の保険料の支払い額は、世帯収入の6.7%※となっています。

たとえば年収200万円では最適な年間保険料は14万円、400万円の世帯であれば28万円程度が目安です。

仮に年収400万円の世帯が保険に月々3万円掛けていたら高いということになります。この比率は自身が掛けている保険料が少ないのか、それとも多いのかを判断する際に非常に便利なものです。

自身の年収から最適な保険料を算出して、保険料を払い込みすぎていないかどうかチェックしてみましょう。

ライフステージ別の保険料

ここでは夫婦のみ、子どものいる世帯、高齢夫婦の3通りを比較してみていきたいと思います。

家族構成 年間保険料
夫婦のみ(40歳未満) 24万3,000円
夫婦のみ(40~59歳) 37万3,000円
子どものいる世帯(乳児) 34万5,000円
子どものいる世帯(保育園児・幼稚園児) 41万3,000円
子どものいる世帯(高校・大学生) 46万2,000円
子どものいる世帯(就学終了) 45万9,000円
高齢夫婦(就業中) 32万円
高齢夫婦(無職) 25万6,000円

出典:公益財団法人生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」より

40歳未満の夫婦のみの世帯では、年間保険料が24万3,000円で月額に換算すると2万250円となっています。これは他の家族構成と比べて一番少ない金額です。

保険料が一番高いのは、高校・大学生の子どもがいる世帯になります。年間保険料は46万2,000円、月額保険料は3万8,500円です。

子どもがいる世帯と夫婦のみの世帯では、大きな差がありますね。

生命保険料の平均はいくら?

生命保険料とスマホの計算機

生命保険文化センターの調査によると、世帯の平均年間払込保険料は38万2,000円となっています。

MM単純計算すると月額3万1,833円が平均になります。

しかし詳しい分布を見ていくと、一番多い金額は12~24万円未満。その後は12万円未満、24~36万円未満と続いています

そのため、最も多い保険料の支払い額は、月額にすると1~2万円程度であるとわかります。

平均額3万円程度と高額ですが、分布を見るとそこまで高い保険料を掛けているわけではない人が多いということですね。

生命保険料を安く抑えたいなら 無料保険相談窓口
おすすめ4選をチェック

※出典:公益財団法人生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」より

生命保険の保険料を決める2つのポイント

保険料を決める際には、知っておいてほしいポイントがあります。ここでは、2つのポイントを紹介します。

1.必要保障額を把握する

生命保険の保険料の決め方をスマホで検索

考えてほしいポイントとして、自分にとって必要な保障金額になっているかどうかが挙げられます。保険料が平均額と同じくらいだからといって、現在の保障額が適正とは言い切れません。

また、逆に平均より高かったからといって、安く抑えようと金額ばかりに着目して選ぶのもおすすめできません。

MM保険料の安さは大切ですが、それよりも先に必要保障額をカバーできているかどうかをしっかりと確認しましょう。

死亡保障を備えたい場合には、まず自分が死亡したときの家族の収入(公的年金・労働収入・貯蓄など)を考える必要があります。収入を算出できたら、残された家族に今後必要となる支出を割り出しましょう。

生活費はもちろん、子どもの教育費、住宅ローン・カーローンの残債などが支出に該当します。

収入からこれらの支出を引いたときに金額がマイナスになったとしたら、それが最低限備えるべき保障額です。

2.できるだけ保険料の安いものを選ぶ

必要保障額を算出できたら、あとは保険料シミュレーションを行って保険料の安いものを選びましょう。いくら同じ保障だったとしても商品によって保険料は違うからです。

保険料を決めるときには、必要保障額をカバーできる保険をピックアップしたうえで、それぞれの保険料を比較検討するのが大切です。

生命保険の保険料を抑える4つの方法

「保険料はできる限り安く抑えたいけど、どうしても高くなってしまう」と悩んでいる人も少なくありません。ここでは、保険料をできる限り安く抑える方法を紹介します。

一つずつ試してお得な保険料で保障を備えましょう。

1.適切な保障額に設定する

生命保険の保険料を抑えるための方法を調べる男性

適切な保障額を設定しましょう。万一の生活費や教育資金などを、すべて保険金で備えなければならないわけではありません。

MM貯蓄はもちろん、遺族年金や配偶者の収入、会社からの保障などもあります。

収支バランスを算出したうえで、不足する金額をカバーできる保障額にしましょう。

ここでは、子供の教育費に備える場合と、独身で死亡保障を検討する場合の2つのケースを紹介します。

生命保険料を安く抑えたいなら 無料保険相談窓口
おすすめ4選をチェック

子どもの教育費に備える場合

子どもの教育資金を保険で確実に確保したい人も多いでしょう。ここで国公立の学校に通う場合にかかる費用と、私立の学校に通う場合にかかる費用をみていきます。

まずは国公立の学校に通う場合の費用についてです。

学校の種類 1年間でかかる費用 在学中にかかる費用の総額
幼稚園 22万3,647円 67万941円
小学校 32万1,281円 192万7,686円
中学校 48万8,397円 146万5,191円
高校 45万7,380円 137万2,140円
大学 77万1,000円(初年度)
157万3,000円(在学中)
549万円

出典:日本政策金融公庫 「令和2年度教育費負担の実態調査結果 子ども1人当たりにかける教育費用」より
出典:文部科学省「平成30年度子どもの学習費調査の結果について」より

すべて国公立の学校で通った場合、大学卒業までにかかる金額は1,092万5,958万円です。そのため、最低でも1,000万円は保険で備えておくのが良いでしょう。

続いては私立の学校に通う場合をみていきます。

学校の種類 1年間でかかる費用 在学中にかかる費用の総額
幼稚園 52万7,916円 158万3,748円
小学校 159万8,691円 959万2146円
中学校 140万6,433円 421万9,299円
高校 96万9,911円 290万9,733円
大学(文系の場合) 95万1,000円(初年度)
152万1,000円(在学中)
551万4,000円

幼稚園~大学まですべて私立の学校に通う場合、大学卒業までにかかる金額は2,381万8,326円です。

経済的に余裕のある人は、すべて私立の学校で通っても問題ないように2,500万円程度を備えておくと良いでしょう。

 

独身で死亡保障を備える場合

生命保険の保障額で悩む男性

独身の場合には、子どもがいる家庭のような大きな死亡保障は不要です。自身の葬儀代をまかなえるだけの費用を備えておけば問題ありません。

MM株式会社鎌倉新書の調査によると、葬儀にかかる費用は208万円※1程度とされています。

葬儀代を備えるのであれば、200万円程度はカバーできる金額に設定すると安心です。

生命保険料を安く抑えたいなら 無料保険相談窓口
おすすめ4選をチェック

※1出典:株式会社鎌倉新書「第4回お葬式に関する全国調査」より お葬式代・葬儀の飲食費用・返戻品費用・お布施を合計した金額 

2.保険料を短期で支払う

保険料を短期でまとめて支払うのも良い手段です。短期払いを選択する場合、1回あたりの保険料は高くなりますが、全体を通して支払う保険料は少なくて済みます。

もしまとまった金額を支払える余裕があるなら、なるべく短期払いをするのがおすすめです。

月払いよりも年払い、年払いよりも半年払いといったように、できるだけ短い払込期間で支払うようにしましょう。

3.不要な特約はつけない

生命保険の保険料を調べる男性

保険のなかには豊富な特約を付帯できる商品がたくさんあります。貯蓄だけでなく死亡保障・医療保障を付けられるもの、医療保険にがん保障を備えられるものなど、さまざまな商品が販売されています。

注意!
特約は、付帯すればするほど保険料がどんどん高くなっていっていきます。

そのため、不必要な特約はなるべく付帯しないようにするのがおすすめです。

どうしても付帯したいときには、自身に必要な保障なのかどうかをよく考えて、本当に必要なもののみにしましょう。

4.割引制度を利用する

割引制度を利用する方法も有効な手段です。保険商品のなかには、たばこを吸わない人や血圧が正常値の人など、健康であれば保険料がお得になる割引制度があるものもあります。

割引制度がある保険商品は限られているので、健康に自信があるなら割引が適用される商品を検討してみるのも良いでしょう。

保険料を抑えたい人は通常の保険料だけでなく、割引制度を適用した後の保険料でチェックするのも良いといえます。


保険相談窓口おすすめ4選|保険料を見直したいなら

ここまで保険について解説してきましたが、保険は人それぞれ・家庭によって、必要な保障や金額も異なります。もしも保険について迷っているなら、無料の保険相談窓口でプロに相談することをおすすめします。

生命保険は専門分野なので、用語も仕組みも難しいものが多いですよね。

一人で悩まず、今はどの窓口もはオンライン相談を実施していますので、自宅や職場から、空いた時間をみつけて保険や今後の資金、老後生活のことなどもFP資格を持ったプロに無料で相談してみましょう。

 おすすめの保険相談窓口の選び方
  • 相談員の質の高さ
  • 取り扱い保険会社数
  • 相談場所(オンライン、店舗、指定箇所など)
  • アフターフォローの有無

上記に挙げるおすすめの保険相談窓口の選び方から、弊サイトが自信を持っておすすめする保険相談窓口を厳選してご紹介します!

保険市場

保険市場

おすすめの無料保険相談窓口1つ目は「保険市場」です。

保険市場の無料相談おすすめポイント
  • 取扱保険会社数が業界最大級の84社!
  • 東証一部上場企業で、業界のなかでも特に老舗で安心できる
  • オンライン相談可能&人気コンサルタント指名予約可能!
  • 店舗は離島除く全国にあるからフォロー体制も抜群!

無料保険相談の受付はチャットで簡単予約のほか、電話での当日予約も可能。相談件数累計52,000件※1を突破する実績と97.9%※2を超えるお客様満足度が、保険市場の質の高さを物語っています。

出典:公式サイト
※1…2021年8月2日現在

※2…2019年11月~2020年1月の期間中に保険市場 コンサルティングプラザで保険のお申し込みをいただいたお客さまの中で店舗評価アンケートにて満足度を星3つ以上と答えた方の割合

ほけんのぜんぶ

おすすめの無料保険相談窓口2位:ほけんのぜんぶ

2つ目に紹介するおすすめの無料保険相談窓口は「ほけんのぜんぶ」です。

 ほけんのぜんぶの無料相談おすすめポイント
  • 保険の相談だけでなくお金の相談全てが1本化できる!
  • 相談員の100%※1がファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を所持
  • 取扱い保険会社数35社!
  • 保険相談で豪華プレゼントがもらえる!

FPは国家資格と民間資格に分かれていますが、いずれも保険以外にもさまざまな知識を保有するお金の専門家です。ざっと挙げただけでも、以下のような内容を学習します。

  • 保険
  • 税金
  • 相続
  • ライフプランニング
  • 資産運用 など

保険募集人資格だけを持つ相談員と比較して、アドバイスの引き出しが多いことが期待できます。

また、保険の相談をするだけでプレゼントをもらえるのも嬉しいポイントです。FP無料相談の実施後、もれなく以下のようなプレゼントがもらえます。(2021年8月現在)

もれなく選べるプレゼント
  • 新潟県産精米 新之助2kg
  • ウェルチ100%果汁ギフト(9本セット)
  • い・ろ・は・す天然水
  • 久原本家茅乃舎だし8g×12袋入り無添加
  • アンパンマン砂場セット
  • ごっつん防止リュック

出典:公式サイト
※1…入社1年以上のプランナーが対象

マネードクター

3つ目に紹介する無料保険相談窓口は「マネードクター」です。

 マネードクターの保険相談おすすめポイント
  • 完全予約制の訪問型の相談窓口で予約はネット・電話に加えてLINEでもOK!
  • 相談料はもちろん無料で、オンライン相談にも対応!
  • 人生に必要なお金について相談者とプランナーが一緒に考えることができる
  • 一定の基準を満たした経験豊富なファイナンシャルプランナー(FP)のみが在籍!

パソコンやスマートフォンとネット環境があれば、自宅にいながらオンライン相談が可能です。

また、マネードクターという名称でも分かるとおり、「お金かかりつけ医」としての機能も持っています。具体的には、以下のような相談に対応しています。

マネードクターのライフプランニング
  • 保険プランの提案

  • 保険の見直し

  • 家系の見直し

  • 将来のキャッシュフロー診断

  • 子どもの教育費準備

  • 住宅ローン相談

生活のさまざまなシーンについて何でも相談できる安心感が、マネードクターの強みですね。

※出典:公式サイト

保険無料相談ドットコム

保険無料相談ドットコム

4つ目に紹介するのは「保険無料相談ドットコム」の無料保険相談窓口です。

 保険無料相談ドットコムの保険相談おすすめポイント
  • 電話・オンラインでの保険相談が可能!
  • お客様満足度は驚異の97.6%!
  • 自宅以外の希望の場所を選択可能

無理な勧誘をされていると判断した場合、店舗に連絡することで案内の終了や担当の変更などの対応が即座にとられるのも安心ポイントです。

はじめての相談で「無理な相談をされたらどうしよう……」と感じている人にもおすすめできます。

面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富なのも魅力です。面談後にアンケートを提出することで後日プレゼントを受け取ることができます。

 もらえる豊富なプレゼント(一部抜粋)
  • 新潟県産コシヒカリ2kg
  • 丸大ハム煌彩セット
  • 利久の牛たん真空パック110g
  • 仙台銘菓 萩の月(6個入り)
※出典:公式サイト

よくある質問

生命保険に掛ける月額保険料を年代別に教えてください。
20代は1万9,416円、30代は2万8,250円、40~60代では3万円程度となっています。50代が最も高く、3万9,000円です。
年収における最適な保険料の算出の仕方を教えてください。
年収に占める生命保険料の割合は平均で7%前後とされています。そのため自分にとって適切な保険料は、年収に7%を掛けて算出し、現在の保険料と照らし合わせてみるのがおすすめです。
30歳の夫婦のみ世帯の生命保険料は?
年間24万3,000円、月額で2万250円です。これは年齢・ライフステージ別で最も安い金額となっています。
大学生のこどもがいる世帯の生命保険料を教えてください。
年間保険料は45万9,000円、月額保険料は3万8,250円で最も高い金額となっています。これは子どもの教育費で最も出費がかさむ時期だからだと考えられます。
全体を通しての保険料の平均はいくら?
世帯の平均年間払込保険料は38万2,000円です。12~24万円未満が一番多い割合を占めており、多くの人は1~2万円程度を保険料に充てていることが分かります。
保険料の決め方を教えてください。
一番大切なのは必要保障額を確保できているかどうかで、平均額と同じ、または高くても最適な保障とは限りません。必要保障額をカバーできる保険のうち、安いものを選ぶとよいです。
生命保険の保険料を抑える方法を教えてください。
保障額を適切な設定にして、保険料はできる限り短期での払い込みにしましょう。また特約を必要なもののみに絞り込み、割引制度を上手に活用するのがおすすめです。

まとめ

今回は、実際に支払っている生命保険の月額保険料の平均を、データを交えて紹介しました。毎月の適正な保険料は、世帯収入やライフステージ、年齢によっても変動します。

 

しかし、保険料が平均値だったからといって、最適な保障を確保できているかは分かりません。必要な保障をカバーできる保険をピックアップしたうえで、保険料の安いものを選ぶと良いです。

短期での払い込みにする、不要な特約を付けないなどの工夫をすることで保険料は抑えられます。この機会にぜひ試してみてくださいね。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事