生命保険の加入率を年代・世帯収入・ライフステージ別に紹介

「生命保険を検討しているけれど、他の人はみんな保険に入っているのかな?」と気になる人も多いのではないでしょうか。保険は経済的な負担がかかるものであるため、慎重に検討したいですよね。

そこで今回は、生命保険の加入率を、世代やライフステージ別に詳しく解説していきます。

生命保険の必要性や選び方もあわせて紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

生命保険の加入率はどのくらい?

生命保険の加入率を調べる男性

まずは全体を通しての生命保険の加入率をみていきましょう。公益財団法人生命保険文化センターの調査によると、生命保険の加入率は88.7%となっています

MM約9割の人は、何らかの生命保険に加入していることが分かります。

現状の数値でも高いと感じるかもしれませんが、平成27年度の加入率は89.2%です。そのため、以前よりも加入率は減少していることが分かります。

ここで、平成27年度と平成30年度の保険の種類ごとの加入率を比較してみていきましょう。

平成27年度 平成30年度
民間保険 78.6% 79.1%
簡易生命保険 13.4% 11.5%
JA 8.5% 9.8%
県民共済・生協 28.8% 28.4%

※出典:公益財団法人生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査 世帯加入率」より

民間保険・JAの加入率は上昇していますが、簡易生命保険・県民共済・生協は減少しているのが分かります。とくに簡易生命保険は1.9%と大きく減少。これが加入率の低下の大きな要因であると考えられます。

生命保険の加入を検討しているなら 無料保険相談窓口
おすすめ6選をチェック

簡易生命保険とは?

生命保険について調べる女性

簡易生命保険とは以前、によって運営されていた生命保険のことです。郵便局で販売されており、学資保険、養老保険、終身保険、年金保険などさまざまな保険商品が取り扱われていました。

注意!
郵政民営化により旧簡易生命保険法の廃止がなされてからは、新規加入・契約の見直しなどができなくなっています

※出典:独立行政法人郵便貯金簡易生命保険管理・郵便局ネットワーク支援機構より

民間保険とは?

民間保険とは、任意で加入できる保険のことです。各保険会社が提供しているもので、医療保険・介護保険・就業不能保険・個人年金保険など、日常に潜むさまざまなリスクをカバーできる商品が販売されています。

簡易生命保険の加入率が大きく下がっているのは、新規加入の停止が原因だといえそうです。

簡易生命保険が新規で加入できなくなった分、民間保険への加入率が増加しているのだと考えられます。

【年代別】生命保険の加入率

生命保険の加入率を調べる女性

生命保険の加入率は、全体を通して約9割となっています。しかし、全年代で9割の人が加入しているわけではありません。加入率は年齢によっても大きく異なっています。

年齢 加入率
30歳未満 76.4%
30~34歳 83.2%
35~39歳 86.4%
40~44歳 91.3%
45~49歳 92.9%
50~54歳 92.3%
55~59歳 92.2%
60~64歳 90.4%
65~69歳 86.9%
70~74歳 83.6%
75~79歳 77.4%
80~84歳 66.2%
85~89歳 61.9%
90歳以上 57.1%

生命保険の加入を検討しているなら 無料保険相談窓口
おすすめ6選をチェック

 

※出典:厚生労働省「生命保険(個人年金保険を含む)の加入状況 世帯主の加入率(世帯主年齢別)」より

30歳未満

30歳未満の加入率は70%台と平均にも達していません。

MM病気やケガのリスクに対する危機意識が、そこまでないことが関係していると考えられます。

また、20代は結婚していない人も多く、自身に対する保障のみを備えればよかったり、独立や転職などによって収入が不安定になりやすかったりする時期でもあります。

他の年代より生命保険の必要性を感じにくく、加入率が低めの水準なのだと考えられます。

30代

30代の生命保険加入率を調べる男性

30歳を超えると、加入率は一気に80%台まで上昇しています。これは結婚・出産により家族が増え、万一の生活保障を考える人が多くなるからだと考えられます。

また、30代は20代と比べて職が安定しており、収入が増える人が多いです。

MM経済的な余裕が出てきて保険に回せるお金ができるのも、加入率が増加する理由のひとつといえます。

さらに、女性は30代から乳がんのリスクが急激に上昇するといわれています

がん治療では、1回あたりの治療費が数百万円に及ぶ先進医療での治療をすすめられることがあります。先進医療での治療は公的医療制度の対象外であり、費用は全額自己負担です。

がんは再発・転移のリスクも高い病気であるため、治療は複数回にわたって行われることも多く、治療費は高額になることが予想されます。

30代ではがんのリスクが高まることも、加入率の増加に関わっていると考えられます。

40~64歳では、生命保険の加入率が90%台と一番高い数値をマークしています。40~50代は、子どもが大学進学にあたる年代。大学にかかる費用は、教育費のなかで最も高額になります。

注意!
文部科学省の調査によると大学の初年度納入金額は、国公立大学で80~90万円※1、私立大学では100万円※2を超えるとされています。

この教育資金の形成はもちろん、万一の際にも子どもの教育や生活に支障をきたさないよう、保障を確保する人が多いために加入率が高いのだと考えられます。

また、50代は男女ともにがんのリスクが高まる時期です。とくに男性の場合は罹患率が急激に上昇※3します。

がんのリスクが高い世代であることも加入率の高さに関係しているといえるでしょう。

65歳以降の加入率は、年齢を重ねるにつれて徐々に減少。80代では60%台、90歳以上では50%台とかなり低い数値となっています。

しかし、平成18年度のデータを見ると、80~84歳の加入率は50%、90歳以上では36.4%。過去と比べると現状の加入率は大幅に増加していることが分かります。

MM過去のデータと比較して加入率が上昇しているのは、平均寿命が延びていることが関係していると考えられます。

2001年の平均寿命は女性84.93歳、男性78.07歳※1であったのに対し、令和元年の段階では男性81.41歳、女性87.45歳※3と、どちらも3歳程度長くなっているのです。

年齢を重ねるにつれて病気やケガ、介護のリスクは上昇していくため、長生きによるリスクから、加入率が増えているのでしょう。

加入率は世帯収入によっても大きな差があります。

年収 加入率
200万円未満 74.2%
200~300万円未満 81.1%
300~400万円未満 86.3%
400~500万円未満 89.5%
500~600万円未満 91.5%
600~700万円未満 95.7%
700万円以上 94.7%

※出典:厚生労働省「生命保険(個人年金保険を含む)の加入状況 生命保険・個人年金保険の世帯加入率(世帯収入別)」より

年収が低ければ低いほど、加入率は低くなっています。加入率が一番高いのは600万~700万円の世帯で95.7%です。

年収が高い人は、何らかの保険で保障を確保しているのが分かります。

【ライフステージ別】生命保険の加入率

買い物感覚で生命保険を検討している男女

個々のライフステージも加入率を左右する大きな要因のひとつです。ここで独身・子持ち・夫婦のみの世帯の加入率を比較してみていきましょう。

世帯構成 加入率
夫婦のみ(40歳未満) 73.3%
夫婦のみ(40~59歳) 91.7%
子どものいる世帯(乳児) 91.7%
子どものいる世帯(保育園・幼稚園児) 90.9%
子どものいる世帯(小中学生) 93.1%
子どものいる世帯(高校・大学生) 95.9%
子どものいる世帯(大学卒業) 90.8%
高齢夫婦(就業中) 89.1%
高齢夫婦(無職) 81.4%

出典:厚生労働省「ライフステージ別にみた生命保険の加入実態、生活保障意識」より

子どものいる世帯では、加入率が90%台となっています。高校生や大学生がいる家庭では、95%台とほとんどの世帯で加入しているデータです。

MM子どものいる世帯で加入率が高いのは、大学費用で多額の出費がかかるためでしょう。

一方で、40代未満の夫婦のみの世帯の加入率は70%台と落ち着いた数値です。子どもに対する保障を確保しない分、保険への加入意識は低いことが考えられます。

高齢世帯になると子どもの有無に関わらず80%台を維持しており、病気、死亡、介護リスクへの不安から保険で備えておく人が増える傾向です。

生命保険の加入は本当に必要?

多くの人が加入している生命保険。しかし、本当に入る必要があるのかと疑問に感じている人もいるでしょう。ここでは生命保険の必要性を解説していきます。

万一の生活保障を確保できる

パソコン操作をする女性生命保険に加入すれば、生活上のリスクに備えられます。生命保険には病気やケガ、死亡、介護のリスクから働けなくなったときの収入保障など、さまざまなリスクをカバーできる商品がそろっています。

注意!
扶養している家族がいる場合、自身に万一のことがあると家族の生活は困窮する可能性があります。

いくら現在健康であったとしても、事故によるケガや死亡のリスクや、病気で明日から入院する可能性も否定できません。

もしもの時にも、自分や家族が安心して生活を継続できるように、生命保険での保障の確保は大切といえます。扶養家族のいない独身の場合でも、病気ケガ、働けなくなったときの収入減少のリスクはあります。

とくに収入や貯蓄が少ない20代は、万一のときに経済的な面で困る可能性が高いため、生命保険には加入しておいたほうが安心といえます。

 

将来の資金形成に活用できる

コインの山から出た芽

生命保険には、貯蓄に使えるものもあります。たとえば学資保険は教育費を貯めるための保険で、子どもの小学校、高校、大学にかかる費用に備えられます。

MM子どもにかかるお金を貯金だけで貯められるか不安な人は、生命保険を活用するとよいでしょう。

老後の生活資金の確保に利用できる、個人年金保険という保険商品もあります。老後は、公的年金だけでは生活資金が不足するといわれています。

早い段階から個人年金保険で必要資金を備えておくのがおすすめです。

生命保険の選び方4つ

自分にあった生命保険を選ぶためには、以下の4つの項目に着目すると無駄なく必要な保障を備えた保険に加入できるでしょう。

生命保険の選び方

  • 今後のライフプランを考える
  • ライフプランを問題なく遂行できるか考える
  • 不足する保障を補える保険を選ぶ
  • 必要保障額を考える

1今後のライフプランを考える

自分にあった保険を探すために、まずは今後のライフプランを考えましょう。人生には就職、転職、独立、結婚、出産、マイホームの購入、退職などさまざまなイベントがあります。

ライフプランは、誰もが同じとは限りません。

理想の将来像を思い浮かべて、起こりうるイベントを書き出してみましょう。

2ライフプランを問題なく遂行できるか考える

ライフプランを書き出せたら、問題なく遂行できるかどうか考えます。例えば子供がいる家庭の場合を考えてみましょう。

MMまずは子どもが独立するまでの期間中、自身が病気やケガで休職したり、死亡したりした場合に生活費はもちろん教育資金に支障が出ないかを考える必要があります。

もし心配な部分がある場合には、安心な生活を送れるようにするために必要な保障を書き出します。

病気やケガの治療費の負担が不安ならそれをカバーできるもの、死亡時の生活保障が心もとないのであれば、手厚い保障を確保しましょう。

3不足する保障を補える保険を選ぶ

生命保険をPCで探す女性

安心な生活を送るために必要な保障を把握したら、それらをカバーできる保険を選びましょう。

治療費に備えるなら医療保険、死亡保障は死亡保険、働けないリスクには就業不能保険など、目的に合ったものを選ぶのが大切です。

4必要保障額を考える

最後に必要保障額を決めましょう。家族のために死亡保険を備える場合には、自身が死亡した後の家族の収入から出費を差し引き、不足する金額をしっかりカバーできる金額に設定すると良いです。

子どもの大学進学費用を確保したいのであれば、以下の金額を目安に設定しましょう。

保険相談窓口おすすめ6選|生命保険の加入に迷ったら

ここまで保険について解説してきましたが、保険は人それぞれ・家庭によって、必要な保障や金額も異なります。もしも保険やお金のことに困ったり迷っているなら、無料の保険相談窓口でプロに相談することをおすすめします。

生命保険は専門分野なので、用語も仕組みも難しいものが多いですよね。

一人で悩まず、今はどの窓口もオンライン相談も実施していますので、自宅や職場から、空いた時間をみつけて保険や今後の資金、老後生活のことなどもFP資格を持ったプロに無料で相談してみましょう。

 おすすめの保険相談窓口の選び方
  • 相談員の質の高さ
  • 取り扱い保険会社数
  • 相談場所(オンライン、店舗、指定箇所など)
  • アフターフォローの有無

もちろん来店しての相談も可能です。上記に挙げるおすすめの保険相談窓口の選び方から、弊サイトが自信を持っておすすめする保険相談窓口を厳選してご紹介します!

ほけんのぜんぶ
マネードクター
保険無料相談
ドットコム
保険市場
ニアエル
みんなの生命保険アドバイザー
ほけんのぜんぶ
マネードクター
保険無料相談ドットコム
保険市場
ニアエル_ロゴ
みんなの生命保険アドバイザー_ロゴ
取扱保険会社数
38社
31社
22社
84社
-
-
特徴
相談員の100%が
FP資格を所持!
FP1,270名、
MDRT会員612名
が在籍!
お客様満足度
驚異の97.6%!
オンライン相談
実績60,000件
以上!
全国約1,500店舗から30秒で来店予約可能!
相談満足度97%、相談実績40万件以上!
対象地域
全国どこでも可能(離島除く)
全国どこでも可能(離島除く)
一部対応できない地域あり
全国どこでも可能(離島除く)
全国どこでも可能
全国
一部対応外
オンライン保険相談
可能
可能
可能
可能
-
-
キャンペーン
6つの中から選べるプレゼント
5つの中から選べるプレゼント
4つの中から選べるプレゼント
-
-
A5ランク黒毛和牛もれなくプレゼント

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ

まず1番に紹介するおすすめの無料保険相談窓口は「ほけんのぜんぶ」です。

 ほけんのぜんぶの無料相談おすすめポイント
  • 保険の相談だけでなくお金の相談全てが1本化できる!
  • 相談員の100%※1がファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を所持
  • 取扱い保険会社数35社!
  • 保険相談で豪華プレゼントがもらえる!

FPは国家資格と民間資格に分かれていますが、いずれも保険以外にもさまざまな知識を保有するお金の専門家です。ざっと挙げただけでも、以下のような内容を学習します。

  • 保険
  • 税金
  • 相続
  • ライフプランニング
  • 資産運用 など

保険募集人資格だけを持つ相談員と比較して、アドバイスの引き出しが多いことが期待できます。

また、保険の相談をするだけでプレゼントをもらえるのも嬉しいポイントです。FP無料相談の実施後、もれなく以下のようなプレゼントがもらえます。(2022年4月現在)

ほけんのぜんぶ キャンペーン情報

この機会に是非一度、気になっているお金のことや老後資金、教育資金、保険について専門家に相談してみましょう。

出典:公式サイト
※1…入社1年以上のプランナーが対象

マネードクター

2つ目に紹介する無料保険相談窓口は「マネードクター」です。

 マネードクターの保険相談おすすめポイント
  • 完全予約制の訪問型の相談窓口で予約はネット・電話に加えてLINEでもOK!
  • 相談料はもちろん無料で、オンライン相談にも対応!
  • 人生に必要なお金について相談者とプランナーが一緒に考えることができる
  • 一定の基準を満たした経験豊富なファイナンシャルプランナー(FP)のみが在籍!

パソコンやスマートフォンとネット環境があれば、自宅にいながらオンライン相談が可能です。

また、マネードクターという名称でも分かるとおり、「お金かかりつけ医」としての機能も持っています。具体的には、以下のような相談に対応しています。

マネードクターのライフプランニング
  • 保険プランの提案

  • 保険の見直し

  • 家系の見直し

  • 将来のキャッシュフロー診断

  • 子どもの教育費準備

  • 住宅ローン相談

生活のさまざまなシーンについて何でも相談できる安心感が、マネードクターの強みですね。
マネードクター キャンペーン情報
マネードクターでは、現在以下バナーより無料保険相談をするだけでもれなく豪華賞品のプレゼントを実施しています。
無料保険相談の予約フォームにて選択が可能ですので是非この機会にご利用ください。

※出典:公式サイト

保険無料相談ドットコム

保険無料相談ドットコム

3つ目に紹介するのは「保険無料相談ドットコム」の無料保険相談窓口です。

 保険無料相談ドットコムの保険相談おすすめポイント
  • 電話・オンラインでの保険相談が可能!
  • お客様満足度は驚異の97.6%!
  • 自宅以外の希望の場所を選択可能

無理な勧誘をされていると判断した場合、店舗に連絡することで案内の終了や担当の変更などの対応が即座にとられるのも安心ポイントです。

はじめての相談で「無理な相談をされたらどうしよう……」と感じている人にもおすすめできます。
無料保険相談ドットコムキャンペーン情報

面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富なのも魅力です。面談後にアンケートを提出することで後日プレゼントを受け取ることができます。

 もらえる豊富なプレゼント(一部抜粋)
  • 新潟県産コシヒカリ2kg
  • 丸大ハム煌彩セット
  • 利久の牛たん真空パック110g
  • 仙台銘菓 萩の月(6個入り)
※出典:公式サイト

保険市場

保険市場

4つめに紹介するおすすめの無料保険相談窓口は「保険市場」です。

保険市場の無料相談おすすめポイント
  • 取扱保険会社数が業界最大級の84社!
  • 東証一部上場企業で、業界のなかでも特に老舗で安心できる
  • オンライン相談可能&人気コンサルタント指名予約可能!
  • 店舗は離島除く全国にあるからフォロー体制も抜群!

無料保険相談の受付はチャットで簡単予約のほか、電話での当日予約も可能。相談件数累計52,000件※1を突破する実績と97.9%※2を超えるお客様満足度が、保険市場の質の高さを物語っています。

出典:公式サイト
※1…2021年8月2日現在

※2…2019年11月~2020年1月の期間中に保険市場 コンサルティングプラザで保険のお申し込みをいただいたお客さまの中で店舗評価アンケートにて満足度を星3つ以上と答えた方の割合

ニアエル

おすすめの無料保険相談窓口ニアエル

5つめに紹介するおすすめの保険相談窓口はニアエルです。

 ニアエルのおすすめポイント
  • 掲載店舗数NO.1
  • 口コミ総数7,000件の実績
  • 予約まで最短30秒
  • 当日相談もネット予約可能
  • 大手生命保険会社のグループ会社の運営

保険相談ニアエルは保険ショップや相談窓口の掲載店舗数NO.1を誇ります。日本全国に計1,500以上の店舗を用意しているため、いつでも近くの相談窓口で相談できます。

また、ニアエルは日本生命保険相互会社のグループ会社の「株式会社LHL」が運営しています。大手生命保険会社のグループ企業のため、安心して相談できるのも大きな特徴です。

「できるだけ名前を知っている会社に保険相談したい」という方でも問題なく相談できるでしょう。
ニアエル
ニアエルでは、相談者に合った相談窓口の提案をしてくれるのが特徴です。
例えば駐車場が必要な方、小さな子どもを連れている場合はキッズコーナーの有無、シニア世代に合わせた環境など選ぶことができるから、安心して保険やお金の相談ができるでしょう。

みんなの生命保険アドバイザー

おすすめの無料保険相談窓口みんなの保険アドバイザー

6つめに紹介するおすすめの相談窓口は「みんなの生命保険アドバイザー」です。

 みんなの生命保険アドバイザーのおすすめポイント
  • 業歴15年を超える老舗サービス
  • 相談実績40万件以上の実績※1
  • 顧客満足度95%以上※2
  • 登録専門家2,000名以上

みんなの生命保険アドバイザーは2004年からサービスを開始し、現在業歴15年を超える老舗サービスです。長きにわたって保険相談に携わってきた実績に基づいて、最適な保険を紹介してくれます。

また、登録している専門家は2,000名以上です。全国各地で対応しているため、地方に住んでいる方でも安心して保険相談できるでしょう。

みんなの生命保険アドバイザーキャンペーン情報

また、みんなの生命保険アドバイザーでは2022年7月10日までの期間限定で家計応援キャンペーンを実施中!家計や保険相談を終えたあとアンケートに回答するだけでA5ランクの黒毛和牛がもれなく全員にプレゼントされます。

この機会に家計や保険、老後資金など気になっているお金のことを専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

※1:2019年6月みんなの生命保険アドバイザー調べ
※2:2018年12月みんなの生命保険アドバイザー調べ

よくある質問

生命保険の加入率は?
生命保険の全体を通しての加入率は88.7%です。約9割の人が生命保険に加入していることが分かります。
年代別の生命保険の加入率を教えてください。

29歳以下は76.4%、30代は84.8%、40~60代前半は90%台となっています。60代後半から加入率は減少しますが、それでも50%以上は何等かの保険に加入しています。

世帯収入別の加入率は?
年収が低ければ低いほど加入率は低くなっています。年収200万円未満の加入率は74.2、一番多いのは600~700万円の世帯で95.7%です。
ライフステージ別の加入率はどのくらいですか?
子どものいる世帯では、加入率90%台をマークしています。一方で、40歳未満の夫婦のみの世帯では73.3%、無職の高齢夫婦世帯では81.4%と低くなっています。
生命保険の必要性を教えてください。

万一の保障を確保するため、また将来の資金形成をするために生命保険は重要なものです

生命保険の選び方は?
初めにライフプランを考えるのが大切です。自分が理想とするライフプランを書き出せたら、必要な保障を考え、それを補える保険を選びましょう。
子どもの大学費用に備えるには保障額をどのくらいにすればよいですか?
文部科学省の調査によると国公立大学の初年度納入金は80~90万円程度※1、私立大学の初年度納入金は130万円程度※2とされています。これを目安に設定するのがおすすめです。

※1出典:文部科学省「国公私立大学の授業料等の推移」より

※2出典:文部科学省 私立大学等の平成30年度入学者に係る学生納付金等調査結果について

まとめ

今回は、生命保険の加入率について詳しく見ていきました。生命保険は全体人口の88.7%が加入しています。

 

年齢・世帯収入・ライフステージによっても加入率には差がありますが、生命保険で保障を確保している人は多いです。

万一の際にも安心できるように、生命保険で保障を確保しておきましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事