IOST 今後

現在は3円台で推移している仮想通貨「IOST」。さまざまな分野から期待されている通貨ですが、いまいち価格が上がらないため、IOSTの今後に不安を感じている人もいるのではないでしょうか。

大きな損失を出さないためにも、今後の見通しを知っておきたいですよね。そこで、今回はIOSTの今後の展望についてさまざまな情報をもとに徹底予想していきます。

価格上昇が期待できるポイントや購入する際の注意点もあわせて紹介しますので、IOSTの保有を迷っている人や、すでに保有している人は参考にしてみてくださいね。

仮想通貨「IOST」とは

コイン

IOSTはInternet of service tokenの略。2018年1月にブロックチェーン技術がさまざまなサービスで使われるようになることを目指して開発された仮想通貨です。

現在のIOSTの価値は3.3円程度※1。まだまだマイナーなコインではありますが、ドローン企業、VRコンテンツのプラットフォームなど、さまざまな企業と提携しており将来性を期待されている通貨となっています。

※1出典:アイオーエスティー(IOST)/円のリアルタイムチャート・価格・相場 | 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の購入/販売所/取引所-Coincheck(コインチェック)

IOSTの特徴

特徴①送金速度が速い

1つ目はIOSTの送金速度の速さです。仮想通貨で最も有名なビットコインは1秒間に5~10件程度※1しか処理ができません。対して、クレジットカードは1秒間の処理速度が約3,000~4,000件※2とされています。

そのため、仮想通貨はこれまであまり実用的とはいえなかったのです。

しかしIOSTの処理速度は1秒当たり8,000件となっています。

これはクレジットカードの2倍を超える速さです。IOSTが実用化されれば、現在よりもさらに決済がスムーズになることが期待されています。

※1出典:コンセンサスアルゴリズムとは?ブロックチェーンで使われる代表的な種類を解説 – DMMビットコイン

※2出典:IOSTとは?暗号資産(仮想通貨)としての特徴や今後・将来性を解説-Coincheck(コインチェック)

特徴②独自のコンセンサスアルゴリズム「PoB」を採用

IOSTはコンセンサスアルゴリズムに独自で開発した「PoB」を採用しています。コンセンサスアルゴリズムとは、取引が正しく行われているかどうかを調べるためのルールです。

仮想通貨は多くの場合、管理者がおらずブロックチェーン技術によって成り立っています。ブロックとは取引データをまとめたもの。これをチェーンのようにつなげて管理が行われています。

新しいブロックを古いブロックにつなぐことで、取引に問題がないかどうか照合できるようになっているのです。

これにより不正取引を防止しています。ビットコインやイーサリアムなど、多くの仮想通貨はコンセンサスアルゴリズムに「PoW」が用いられています。

PoWは仮想通貨の取引データが承認されるまでに膨大な計算を要する方法です。

対して、PoBはネットワークへの貢献度の高さによってブロックを作る権利がもらえるものです。

ブロックを1回作った時点で貢献度はリセットされる仕組みとなっています。「PoB」は多くの仮想通貨が取り入れている「PoW」よりも処理能力が高いとされており、IOSTに期待が集まっています。

IOSTが購入できる 仮想通貨取引所
おすすめ厳選比較

特徴③スケーラビリティ問題の解消が期待できる「EDS技術」を活用

IOSTの取引をする人

IOSTは「EDS」という技術が用いられています。このEDS技術が現在の仮想通貨の取引上ネックとなっているスケーラビリティ問題の解消に役立つということで注目を集めています。

 スケーラビリティ問題とは、取引量が多くなることで取引時間が長くなったり、手数料が高くなったりするものです。

IOSTのEDS技術では取引の際に必要となる作業を分割して行うようになっています。少量ずつ並行して作業が進められるので、スムーズな取引が可能になるとされています。

特徴④Dappsを開発できるプラットフォーム

Dappsを開発可能なプラットフォームであることもIOSTが注目を集める理由のひとつ。Dappsとは分散型アプリケーションのことです。

これまでのアプリケーションには必ず管理者が存在していました。しかしDappsには管理者が存在しません。その代わり分散管理採用されています。

またDappsのプログラミング言語はJava Scriptです。

有名な言語であるため、多くの人が開発に携わりやすいのもDappsの魅力となっています。

IOSTが購入できる 仮想通貨取引所
おすすめ厳選比較

【2022年2月】IOSTの価格推移

IOSTにはたくさんの魅力があることがわかりましたが、現在の価格はどのくらいなのでしょうか。

IOSTの価格は現在、3.3円程度で推移しています。

日本円にして300円程度です。ビットコインの価格が500万円程度なので、IOSTはとても低いことがわかります。2021年度中、IOSTは2回ほど8円を上回ったことがありました。

しかし下落を繰り返して現在の値段に至っています。2022年2月現在は上がり調子で来ていますが、このまま上昇の波にのっていってくれるのかは気になるところです。

※出典:アイオーエスティー(IOST)/円のリアルタイムチャート・価格・相場 | 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の購入/販売所/取引所-Coincheck(コインチェック)

IOSTの今後の展望を予想!100円まで届く?

仮想通貨

2021年の下落から徐々に回復傾向にあるIOST。今後どのような展開になっていくのか気になる人も多いのではないでしょうか。

専門家の意見を調べてみましたが、IOSTはまだまだマイナーなコインであるためか、話題に上がっていませんでした。

さまざまな企業との提携を公表しているとはいえ、ビットコインやイーサリアムのように情報が飛び交っていないため、今後の展開についてはわからないのが実情です。

ただ、海外のAIプラットフォーム「Wallet Investor」の予想では今後上がることが予想されており、5年後の2027年には16円程度になるとの予測が出ています。

値段だけを見ると低いですが、現在と比べると5倍以上も高い金額です。

今後IOSTが実用化されたり多くの取引所に上場したりすれば、価格はさらに高騰する可能性が十分に考えられます。

100円まで届く見込みは今のところ見えていませんが、今後には期待できる通貨といえそうです。大きな利益を得たいと思っている人は、価格が低い今が買いの狙い目かもしれません。

IOSTが購入できる 仮想通貨取引所
おすすめ厳選比較

※出典:IOST Price Prediction: up to $0.0574! – IOST to USD Forecast 2022, Long-Term & Short-Term Price Prognosis-Wallet Investor

IOSTの価格上昇が期待できる4つのポイント

IOSTの見通しは明るいことがわかりましたが、実際のところどんなときに価格が上昇する可能性があるのかわからない人もいるでしょう。取引をするうえで、価格上昇は見逃せないポイントですよね。

IOSTの価格の上昇が期待できるのは以下の4つのポイントだとされています。

  • エアドロップが開催されるとき
  • DeFi銘柄が注目されるとき
  • 取引所に新規上場したとき
  • IOSTを活用するプロジェクトが増えたとき

エアドロップが開催されるとき

エアドロップとは暗号資産などを無料でもらえるイベントのことです。IOSTも過去に「IOSTを持っている投資家を対象に新しく作ったトークンを配布する」というイベントを開催しています。

エアドロップを受けられる対象がIOSTの保有のみに限定されているため、受けたい人はIOSTを購入しなければなりません。

これによってIOSTの価格は上昇することが予想されます。

実際に過去にエアドロップが開催された際には価格の上昇が見られました。現在エアドロップの開催予定は公表されていませんが、今後も行われる可能性はあるのでこまめに情報をチェックするのが大切です。

IOSTが購入できる 仮想通貨取引所
おすすめ厳選比較

DeFi銘柄が注目されるとき

コイン

DeFi銘柄が注目されるときもIOSTの価格上昇が期待できるポイントです。DeFiとは分散型金融システムのこと。主な管理者が存在しないなかで、一連の取引や通貨の発行がなされるものです。

多くのDeFiはイーサリアムのブロックチェーンをもとにしています。ただ、イーサリアムにはスケーラビリティ問題があります。

IOSTでもDeFiの開発が可能。スケーラビリティ問題を解消できる策も設けられています。

今後DeFiにIOSTが採用されるようになりIOSTの知名度が上がれば、価格の上昇も大いに期待できるでしょう。

取引所に新規上場したとき

現在、IOSTを取引できる国内取引所は「Coincheck」「OKCOINJAPAN」の2つのみ。それ以外の取引所ではいまだ取り扱われていません。

そのため現在価格が低いのは、取引できる場が少なく知名度が低いからではないかとも考えられます。もし新たに取引所への新規上場があれば、それだけでも価格高騰が見込める可能性があります。

IOSTを保有する場合には、新規上場の話が出ていないかどうか、こまめにチェックしましょう。

IOSTを活用するプロジェクトが増えたとき

IOSTを活用したプロジェクトが増えたときも価格上昇を見込めるポイントです。IOSTはゲームNFT医療・再生エネルギーなどさまざまな分野での活用が期待されています。

多くの分野でIOSTがどんどん利用されるようになれば、知名度も上がるので価格の上昇が期待できるでしょう。取引を始める際には、IOSTの活用に関する情報がないかチェックしてみるのもおすすめです。

IOSTが購入できるおすすめの取引所3選

Coincheck

Coincheck

Coincheckのここがおすすめ!

  • ダウンロード数No.1
  • 取引手数料が無料
  • 最短1日から取引開始できる

Coincheckは国内でダウンロード数No.1の仮想通貨取引所。取引手数料は無料であるため、コストを抑えてお得に投資ができます。スマートフォンから登録すれば、最短1日で取引を開始することが可能です。

仮想通貨の取り扱い数も国内No.1IOSTはもちろん、ビットコインやリップルなど幅広い仮想通貨の取引をまとめて行うことができます。

 

※出典:ビットコイン購入なら仮想通貨取引所 | Coincheck(コインチェック)

OKCOINJAPAN

OKCOINJAPAN

OKCOINJAPANのここがおすすめ!

  • スプレッドが狭い
  • 世界トップクラスのセキュリティが整っている
  • 24時間365日いつでも入出金可能

OKCOINJAPANはユーザー同士の注文をマッチングさせるために、スプレッドが狭くなっているのが特徴。コストを抑えてお得に取引をすることができます。

24時間365日入出金可能なので、自身の好きなタイミングでスムーズに取引を行うことも可能。セキュリティの高さも世界トップクラスで、安心な取引を実現しています。

※出典:OKCoinJapan|オーケーコイン・ジャパン|暗号資産の取引-OKCOINJAPAN

BINANCE

BINANCE

BINANCEのここがおすすめ!

  • 世界最大級の仮想通貨取引所
  • 売買手数料は全通貨0.1%
  • 取り扱い通貨が豊富

BINANCEは2017年に設立された世界最大の仮想通貨取引所。多くのユーザーが取引に利用しているため、約定しやすくなっています。売買手数料は全通貨0.1%。コストを安く抑えて利益獲得を目指せます。

取り扱い通貨も豊富。IOST・ビットコイン・リップルなど、国内の取引所で取り扱われている通貨はもちろん、国内取引所にはないものまで幅広く取り揃えています。

さまざまな仮想通貨の取引を行えるのがBINANCEの大きな魅力です。

※出典:Bitcoin、Ether、アルトコインを売買 | 仮想通貨取引所|バイナンス-BINANCE

IOSTを購入する際の注意点

IOSTへの投資を始める際には注意してほしい点がいくつかあります。注意点を抑えたうえで、IOSTへの投資をするかどうか検討しましょう。

ほかの上場通貨に比べて値動きが激しい

まずIOSTは値動きが激しいことに注意が必要です。上場している主要な仮想通貨もそれなりに下落と上昇を繰り返していますが、IOSTのようなマイナーな通貨はとくに値動きが激しいのです。

現にIOSTは昨年8円を超えた直後に5円まで暴落、その後は2~3円前後の値段で推移しているところからも、変動の波が大きいのが見て取れます

このようなことは今後も起こりうると十分に考えられます。短期で大きな利益を狙える反面、突然の暴落によって一気に資産がなくなるリスクもあることを覚えておきましょう。

※出典:アイオーエスティー(IOST)/円のリアルタイムチャート・価格・相場 | 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の購入/販売所/取引所-Coincheck(コインチェック)

情報収集が難しい

IOSTの今後について情報収集をする女性

IOSTはビットコインやイーサリアムなどに比べてマイナーな通貨。そのため話題に上ることが少なくなっています。投資はさまざまな情報を集めて分析をしながら行うものです。

ただIOSTは情報発信自体が少ないので、なかなか投資の判断を下すことが難しい商品になっています。

国内では仮想通貨取引所・コインチェックが情報を上げてくれていますが、ほかの情報媒体は基本的に海外メディアとなっています。

Google翻訳などのツールをうまく用いながら、情報をいち早くつかむ努力をすることが大切です。

よくある質問

IOSTとは?
Internet of service tokenの略。ブロックチェーン技術がさまざまなサービスで活用されるようになるのを目指して開発された仮想通貨です。
IOSTにはどんな特徴がありますか?
送金のスピードがクレジットカードの2倍速い、処理能力の高さが期待できる独自のコンセンサスアルゴリズム「PoB」を採用していることが挙げられます。

またスケーラビリティ問題の解消が期待できる「EDS技術」の活用、Dappsを開発できるプラットフォームであることも特徴です。

IOSTは今後どうなりますか?
専門家の意見などは見つけることができませんでしたが、AIの予想によると2027年には16円程度になるとの予測が出ています。
※出典:IOST Price Prediction: up to $0.0574! – IOST to USD Forecast 2022, Long-Term & Short-Term Price Prognosis-Wallet Investor
IOSTの価格上昇が期待できるポイントを教えてください。
IOSTはエアドロップの開催、取引所への新規上場、IOSTを活用できるプロジェクトの増加、DeFi銘柄が注目されるときに価格上昇が期待できます。
IOSTの取引におすすめの取引所は?
コインチェックです。国内の仮想通貨取引所のなかでダウンロード数No.1。取引手数料が無料なので、コストを抑えてお得に投資できます。

スマートフォンから登録すれば、最短1日で取引を開始することも可能です。
※出典:ビットコイン購入なら仮想通貨取引所 | Coincheck(コインチェック)

IOSTを購入する際の注意点はありますか?
ほかの上場通貨に比べて値動きが激しいこと、マイナーな通貨であるために情報を集めにくく投資の判断が難しいことに注意が必要です。

まとめ

今回は仮想通貨・IOSTの特徴から今後の展開まで詳しく解説しました。IOSTはまだまだマイナーな通貨ですが、魅力的な部分が多々あり多くの分野から期待を寄せられています。

AIの予想では2027年に16円程度になるという推測がなされていますが、何かのきっかけで知名度が上がれば、それ以上に価格が高騰する可能性は十分に予想できます

IOSTは今後も期待できる通貨なので、興味のある人は保有してみるとよいかもしれません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事