FXにおける円高と円安について

毎月の支払いが発生する携帯電話の料金。これをクレジットカードで支払えたら便利なだけでなく、ポイントが貯められるメリットもあります。

そこで今回は、携帯電話料金をクレジットカードで支払うのがおすすめな理由を解説し、おすすめのクレジットカードを紹介します。

クレジットカードで支払う際の注意点も解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

携帯電話料金はクレジットカード払いがおすすめな理由

まずは、携帯料金をクレジットカードで払うのがおすすめな理由について解説しましょう。

おすすめな理由
  • ポイントが貯まる
  • 貯まったポイントを料金の支払いに充てられる

ポイントが貯まる

携帯電話料金はクレジットカード払いがおすすめな理由

なんといってもクレジットカード利用のメリットは、ポイントがもらえるという点でしょう。

[frame-memo text=”携帯・スマホを利用していれば必ず発生する料金であり、プランによってはひと月数千円~2万円程度と高額になることもあります。”]

よって、月々の携帯料金をクレジットカードで支払うと1年間で多くのポイントを貯めることが可能です。

料金の支払いはカード払いの他に「口座振替」「振込用紙を使用して現金での支払い」などがあります。しかし、クレジットカード以外での支払いはいずれもただ料金を払うだけなので、ポイント付与などはありません。

では、ここで例を挙げて考えてみましょう。例えば、毎月1万円の携帯料金を還元率1.0%のクレジットカードで支払った場合に獲得できるポイント数は以下のようになります。

料金 ポイント獲得数(月)
ポイント獲得数
(年)
10,000円 100pt 1,200pt
このように、固定費である携帯料金をクレジットカードで払うと、毎月安定してポイントを貯めることができます。
毎月発生する料金なので、支払いによってポイントが貯まればお得ですよね。

貯まったポイントを料金の支払いに充てられる

携帯電話料金はクレジットカード払いがおすすめな理由

毎月貯まるポイントの使い道として、翌月以降の携帯電話料金の支払いに充てることも可能です。

 支払いに使えるポイントはキャリアや会社によって異なるので、ご注意ください。

ここでは、大手3社キャリアを例にして、利用できるポイントと対象クレジットカードを紹介します。

キャリア ポイント 対象カード例
docomo dポイント dカード
SoftBank Tポイント Yahoo! JAPANカード
au Pontaポイント au PAYカード
もし上記のキャリアを利用していれば、ポイントの対象となるクレジットカードを選ぶのも一つの手です。

各クレジットカードの特徴は、以下で詳しく紹介します。

携帯電話料金をクレジットカード払いにする際の注意点

ここでは、携帯電話料金をクレジットカードで支払う際の注意点について解説します。

注意点
  • クレジットカードの有効期限を確認する
  • 利用限度額以上の支払いは不可
  • 解約前には別のカードへの変更手続きを行う
  • 紛失・盗難・悪用時にはカード番号が変更される

クレジットカードの有効期限を確認する

携帯電話料金をクレジットカード払いにする際の注意点

カードには必ず「有効期限」が存在します。発行をしてから3~5年程度で更新が必要になります。

注意!
しかし、有効期限が過ぎたカードのままでは利用ができないので、携帯電話料金の支払いができなくなってしまいます。

一般的には有効期限が近づくと自動的に新しいクレジットカードが送られてくるため、期限の切れたクレジットカードは各クレジットカード会社の指示に従って処分しましょう。

新しいクレジットカードも、カード番号はそのままなので変更手続きなどは不要です。

利用限度額以上の支払いは不可

クレジットカードは、契約時に利用限度額が設定されてます。この限度額を超えるとカード払いは利用できなくなり、携帯電話料金も支払えなくなってしまいます。

よって、定期的に利用額を確認し、利用限度額に達していないかチェックしておきましょう。

利用状況は、各クレジットカード会社の会員ページなどですぐに把握できますよ。

解約前には別のカードへの変更手続きを行う

携帯電話料金をクレジットカード払いにする際の注意点

もしもクレジットカードを解約する場合には、その前に携帯電話の支払い方法の変更手続きを済ませておきましょう。

変更手続きをする前にクレジットカードを解約をしてしまうと、支払い方法が変更されていないままで請求が続き、携帯電話料金の払い忘れが発生する恐れもあります。

紛失・盗難・悪用時にはカード番号が変更される

もしクレジットカードを失くしてしまった・盗まれた、第三者に悪用された時には、すぐにクレジットカード会社に連絡をして利用停止を依頼しましょう。

[frame-memo text=”また、クレジットカードを再発行する場合には、カード番号が変更されます。”]

携帯電話料金をクレジットカード払いにしている場合には、支払い方法を変更して新しいカード番号を登録する必要があるため、ご注意ください。

おすすめのクレジットカード4選

リクルートカード

リクルートカード
リクルートカードがおすすめな理由

理由1 どこでも基本1.2%の高還元率
理由2 ポンパレモールでの利用で最大4.2%付与
理由3 貯まったポイントをdポイントやPontaポイントに交換できる

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
旅行保険 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 申込条件

永年無料 1.20% 12ヶ月

海外:最高2,000万円
国内:最高1,000万円

海外:年間200万円
国内:年間200万円
満18歳以上(高校生除く)

出典:https://recruit-card.jp/?campaignCd=lisa0006 ※公式サイト

ポイント1普段使い・携帯電話料金の支払いでも1.2%もらえる

リクルートカードがおすすめしたい理由の1つ目は、基本のポイント還元率が1.2%という点です。

 例えば、10,000円の支払いでは120円分のポイントが還元される計算になります。

還元率が0.5~1.0%のクレジットカードも存在する中、1.2%の還元率は大きなメリットだと言えるでしょう。

プランによって携帯電話料金が高額になる場合は、効率的にポイントを貯められますね。

ポイント2ポンパレモールでの利用なら最大4.2%ポイント還元

リクルートカード

株式会社リクルートが運営するポンパレモールで本商品を利用すると、通常の1.2%にさらに3.0%加算されて最大で合計4.2%還元されることになります。

ポンパレモールには、以下のようにさまざまなジャンルでのショッピングを楽しめます。

  • ファッション
  • インテリア家具
  • 食品・スイーツ
  • ゲーム・おもちゃ
  • 家電・オーディオ
無料で会員登録ができるため、ぜひ活用してみましょう。
携帯料金の支払いによって貯めたポイントでショッピングを楽しむのも良いですね!

ポイント3貯まったポイントをdポイントやPontaポイントに交換できる

クレジットカードの支払いによって貯まったポイントを、dポイントやPontaポイントに交換することも可能です。

各ポイントは、それぞれの提携店・サービスで使用できます。

dポイントが使える主な提携店
  • マツモトキヨシ
  • マクドナルド
  • 洋服の青山
Pontaポイントが使える主な提携店
  • ローソン
  • じゃらん
  • ポンパレモール

上記の他にもさまざまな提携店があるため、公式サイトでご確認ください。

dカード

dカード
dカードがおすすめな理由

理由1 d払いユーザーならポイント3重取りも可能
理由2 特約店での利用で賢くためられる
理由3 ケータイ補償が手厚い

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
旅行保険 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 申込条件
永年無料 1.0% 48ヶ月

なし

海外:年間100万円
国内:年間100万円
満18歳以上(高校生除く)

出典:https://d-card.jp/st/

ポイント1d払いユーザーならポイント3重取りも可能

d払いを使って支払いをしている人なら、以下のようにポイントを3重に得ることも可能です

  • d払いの支払い方法に「dカード」を設定:+1.0%
  • dポイントカードの提示:+1.0%
  • d払いでの決済:+0.5%
つまり、計2.5%のポイントが貯まる計算になります。ただし、店舗によってポイント還元率やポイント付与の対象となる金額が異なる場合があるため、詳しくは公式サイトで確認しておきましょう。

ポイント2特約店の利用で賢く貯められる

dカード

dカード特約店での買い物に利用することでも、効率よくポイントを貯められます。

 特約店にもよりますが、100円(税込)の利用ごとに1~5%程度もらえます。

ここでは、その一部を紹介しましょう。

dブック 100円(税込)ごとに2%
ENEOS 200円(税込)ごとに1.5%
JTB 100円(税込)ごとに3%
mercari 200円(税込)ごとに2.5%
RING BELL 100円(税込)ごとに5%

上記以外にもさまざまな特約店がそろっています。そのほか割引サービスを行っているお店もあるので、普段使いにも活躍の場が多い商品といえるでしょう。

出典:https://d-card.jp/st/services/points/use.html

ポイント3ケータイ補償を利用できる

ドコモの携帯・スマートフォンを利用している人が受けられるサービスです。

 ケータイ補償とは、事故または盗難に遭う・紛失・修理不可能な状態になった際に、同じ機種・色のものに交換をする際の一部金額を補償してくれるものです。

なお、補償を受ける際には所定の審査を受ける必要があるため、ご注意ください。

補償期間は対象となる端末を買ってから1年以内となっています。

Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)

Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)
Yahoo!JAPANカードがおすすめな理由

理由1 Yahoo!ショッピングとLOHACOでの利用なら3%付与
理由2 新規入会&3回の利用で最大7,000円相当のボーナス
理由3 Tポイントは携帯電話料金にも利用可能

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
旅行保険 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 申込条件
永年無料 1.0% 12カ月

なし

海外:年間200万円※1

国内:年間200万円※2

満18歳以上かつ安定して継続した収入があること(高校生除く)

出典:https://card.yahoo.co.jp/ ※1-2Yahoo!ショッピングでの購入商品の場合

ポイント1Yahoo!ショッピングとLOHACOでの利用なら3%付与

Yahoo!ショッピングとLOHACOでお買い物をする際に、クレジットカードで決済をすれば3%もらえるのが特徴です。

 Yahoo!ショッピングは出店数も多いECサイトのため、ショッピングを楽しみながら効率良くポイントも貯められます。

さらにLOHACO利用特典である「PayPayボーナスライト」は、コンビニをはじめとする多くのお店でも使えるため便利に活用できるでしょう。

ポイント2新規入会&3回の利用で最大7,000円相当のボーナス

Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)

2021年1月12日(火)から常時開催しているキャンペーンで、新規入会時に2,000円相当、そしてクレジットカードを3回利用すると5,000円相当のPayPayボーナスが付与されます。

Yahoo!JAPANカードでPayPayにチャージすることも可能なので、PayPayユーザーにとっても便利です。

ただし、チャージ後の取り消しやキャンセルはできないため、ご注意ください。

ポイント3Tポイントは携帯電話料金にも利用可能

Tポイントカード機能がついているYahoo!JAPANカードの場合、貯まったポイントをソフトバンクの携帯電話料金の支払いに充てることできます。

 ソフトバンクの利用料金1,000円(税込)につきTポイントが5ポイントが付与されます。

月々の携帯電話料金だけでなく、ソフトバンクの機種代金や修理代金にも利用できるため、幅広く活用できるでしょう。

利用前にはTカード番号の登録を忘れずに行いましょう。

au PAYカード

au PAYカード
au PAYカードがおすすめな理由

理由1 Pontaポイントが効率よく貯められる
理由2 新規入会から最大6カ月間で合計最大10,000Pontaポイントがもらえる
理由3 貯めたポイントは携帯電話料金の支払いにも使える

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
旅行保険 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 申込条件
1,375円(税込)※条件付きで無料 1.0% 12カ月

海外:最高2,000万円

海外:年間100万円

国内:年間100万円

満18歳以上(高校生除く)

出典:https://www.kddi-fs.com/function/basis/

ポイント1Pontaポイントを効率よく貯められる

本商品を決済に利用すれば、どこで使ってもPontaポイントが100円(税込)につき1ポイントがもらえます。

 コンビニやファストフード店など提携している店舗も多いので、効率良く貯めたい人にもおすすめです。

提携店舗には、ライフやローソン、すき家など身近なお店が充実しているため、普段よく利用する店舗が対象に含まれていないか、公式サイトで確認してみると良いでしょう。

ポイント2新規入会から最大6か月間で合計最大10,000Pontaポイントがもらえる

au PAYカード

2020年12月1日(火)から始まったキャンペーンで、所定の条件を満たした場合に最大10,000Pontaポイントがもらえます。

対象となる特典は以下の3つです。

①au PAYカードで「au PAY 残高」へチャージ※1 10%還元
②①の適用後にay PAYカードでショッピング利用※2
  • auユーザーは5%還元
  • auユーザー以外は3%還元
③au PAYカードで対象の公共料金支払いまたはETCカードの新規発行&利用 3,000Pontaポイント

ただし、特典の適用を受けるためにはau PAYカードの支払い口座の登録など、所定の条件を満たす必要があります。

※1最大3,500Pontaポイントまで ※2最大3,500Pontaポイントまで

ポイント3貯めたポイントは携帯電話料金の支払いにも使える

auユーザーに最も関係があるのが、au携帯電話料金の支払いに本商品を使うことで貯めたPontaポイントを、au携帯電話料金の支払いに使えるという点です。

このサービスには、以下の3つのコースが用意されています。

  • 3,000ポイントコース(月500円分×6ヶ月充当)
  • 6,000ポイントコース(月1,000円分×6ヶ月充当)
  • 12,000ポイントコース(月2,000円分×6ヶ月充当)

なお、auポイントではこのコースを利用することはできないので、ポイントで携帯電話料金を支払いたい場合は、Pontaポイントへの交換を済ませておきましょう。

貯めたポイントで携帯電話料金を支払えるので嬉しいですね。

よくある質問

携帯電話料金の支払いにおすすめのクレジットカードは?
リクルートカードがおすすめです。ポイント還元率が1.2%のため、携帯電話のプランによっては毎月安定してポイントを貯めることができます。また、貯まったポイントをdポイントやPontaポイントに交換できるのも嬉しいメリットしょう。
携帯電話の利用料金をクレジットカードで支払うメリットは?
なんといっても毎月ポイントが貯まる点でしょう。携帯電話やスマホを利用していれば毎月必ず発生する料金なので、安定して効率良くポイントを貯めることができます。
支払い期限が過ぎた携帯電話料金はクレジットカードで払える?
携帯電話会社や支払い方法によっては可能ですが、できない場合もあるのでご注意ください。詳しくは、各携帯電話会社の契約内容を確認しておきましょう。
携帯電話料金を支払う際、自分にあったクレジットカードの選び方は?
「ポイントが貯めやすいか」「年会費はいくらか」「普段利用するサービスで特典を受けられるか」などを基準に選ぶのがおすすめです。
携帯電話料金をクレジットカード利用する際の注意点は?
クレジットカード全般に言えることですが、有効期限が過ぎていると利用できません。また、利用限度額を超えた請求額には対応できません。
携帯電話料金をクレジットカード払いに変更する方法は?
携帯電話会社にもよりますが、基本的には「Webサイト」「ショップ」「電話・郵送」での申し込みを選べます。いずれの方法も難しくはないので、すぐに手続き可能です。
クレジットカードの有効期限・番号が変わった場合は?
支払い方法の変更手続きを行いましょう。しかし、クレジットカード会社によっては変更・更新すると自動的に携帯電話会社に通知が行く場合もあります。

まとめ

今回は、携帯電話料金の支払いにクレジットカードの利用がおすすめな理由や、おすすめのクレジットカードなどを紹介しました。

クレジットカードを選ぶ際は還元率や年会費も重要ですが、利用している携帯電話のキャリアでポイントを使えるかどうかもぜひチェックしておきましょう。

利用するキャリアに対応したポイントを貯めることができれば、月々の携帯電話料金をポイントで支払うことも可能です。また、携帯電話料金は毎月発生するので、クレジットカード払いにすることで安定してポイントを貯められます。

今回解説した内容を参考に、携帯電話料金の支払いに便利なクレジットカードを見つけてみてはいかがでしょうか。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事