低金利 おすすめ

カードローンは使い方次第で生活を豊かにしてくれる便利なサービスです。

今では消費者金融や銀行など、さまざまな企業が提供しているため身近になりつつあります。

そこで今回は、そもそもカードローンとはどういったサービスなのかという基本的な知識をはじめ、金利・審査・おすすめカードローンの紹介などをしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事のポイント
  • カードローンの金利とは?
  • 低金利なカードローンの選び方
  • 審査に通るためのコツ

カードローンを利用する上で大切な金利について学んでいきましょう!

低金利でおすすめな消費者金融カードローン

プロミス

プロミスが1番おすすめな理由

理由1上限金利が17.8%と最も低い

理由2短15秒事前審査で借入可能かわかる

理由3初めてなら30日間利息ゼロ

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
4.50%~17.80% 500万円 最短30分 最短30分
借入方法 返済方法 WEB完結
カードレス融資
申し込み条件
・指定口座振込
・プロミスATM
・提携ATM
・三井住友銀行ATM
・インターネット返済
・口座振替
・店頭窓口
・プロミスATM
・コンビニ
可能 20〜69歳

プロミスは、17.80%という大手消費者金融で最も低い上限金利が最大の特徴です。

プロミス以外の即日融資が可能な消費者金融ではどこも上限金利が18%に設定されています。

他より金利が低いためお得に利用することができますね!
 ※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
 ※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

SMBCモビット

SMBCモビットがおすすめな理由

理由110秒で簡易審査あり

理由2WEB完結可能

理由3最短即日融資可能

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
3.00~18.00% 800万円 最短30分※1 即日※1
借入方法 返済方法 WEB完結
カードレス融資
申し込み条件
・振込キャッシング
・提携ATM
・口座振替
・提携ATM
・銀行振込
・インターネット返済
可能 20〜69歳

※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの最大の特徴は、WEB完結申し込みが可能な点です。

以下の銀行口座を持っている方は、保険証の写真をスマホから撮影するだけで申し込みできます。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

SMBCモビットはWEB完結申し込みができるためおすすめです!

アコム

アコムがおすすめな理由

理由1最短30分審査回答・即日振り込み

理由2最大30日間金利0円

理由3ネットやATMから24時間借入・返済できる

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
3.00~18.00% 800万円 最短30分 即日
借入方法 返済方法 WEB完結
カードレス融資
申し込み条件
・ATM
・振り込み
・インターネット
・アコム ATM
・提携ATM
・店頭窓口
・口座引き落とし
可能 20〜69歳
アコムでは、最短30分で審査結果が得られます。もちろん即日振り込みも可能なためすぐにお金を必要としている方にぴったりです。
また、アコムの店舗や無人契約機を合わせると全国900か所以上もあるためすぐにカードを発行することができます。

自宅への配送物もなしで借入が可能なため周りの人にもバレにくい点も嬉しいポイントです!

オリックス・クレジット

オリックスクレジット カードローン

オリックス・クレジットがおすすめな理由

理由1トップクラスの金利(年)1.7%~17.8%

理由2提携CD・ATMが約173,000台

理由3申込から融資までWEB完結

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
1.7~17.8% 30万円~800万円 最短60分 即日※
借入方法 返済方法 WEB完結
カードレス融資
申し込み条件

・ATM

・振り込み

・インターネット

・口座振替

・振込返済

・提携ATM

可能 20歳以上69歳以下

※平日14:30までに手続き完了の場合

オリックス・クレジットのVIPローンカードなら、最短60分で審査結果が得られます。

特典多数 オリックスVIP
お申し込みはこちら

消費者金融カードローンがおすすめな理由

ここまでは、3つのカードローンを紹介してきました。

消費者金融カードローンがおすすめの理由は以下の通りです。

消費者金融がおすすめの理由
  1. 無利息サービスがあるため使いやすい
  2. 即日融資に対応している場合が多い
ポイント1無利息サービスがあるため使いやすい

消費者金融カードローンは、初めてご契約した人に限り30日間無利息などのお得に利用できるサービスを実施しています。

各社で条件は設けられているものの、返済額を抑えるうえで利息0円は非常に魅力的です。

特に、初めてカードローンを利用する場合は不安な気持ちを抱えている場合が多いため、初心者でも気軽に使いやすいサービスといえるでしょう。

年齢さえ満たしていれば学生やフリーター、場合によっては主婦でも申し込みができるなど、使い勝手の良さは人気に繋がっています。

正社員でなくてもカードローンの利用ができる点は嬉しいポイントです!
ポイント2即日融資に対応している場合がある

消費者金融カードローンは、即日融資に対応している会社が多いです。

申し込みから審査まで最短30分、融資まで最短60分などのスピーディーな対応は、急遽お金を用意しなければいけなくなった場合大いに活用できます。

消費者金融カードローンならではの魅力を知っておくことで、各種類から選ぶうえで参考にできます。

消費者金融カードローンはこんな人におすすめ

上記の特徴を踏まえると、消費者金融カードローンがおすすめの人の特徴は以下の通りです。

  • とにかく早く融資を受けたい人
  • 正社員ではないけれど融資を受けたい人
  • 融資の額が少額な人
  • すぐに返済する予定のある人

上記のポイントでも示したように、消費者金融カードローンの大きな特徴として即日融資を受けることが可能な点が挙げられます。

また、無利息で借りられる期間が設けられていることも多く、小額の融資を希望している方には特におすすめです。

上記の特徴に当てはまる方は、消費者金融カードローンから自分にあったものを探してみましょう。

低金利でおすすめな銀行カードローン3選

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンがおすすめな理由

理由1いつもの口座で利用可能

理由2スマホで申し込み完結

理由3ネット銀行ならではの安心金利(1.90〜14.50%)

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
1.90~14.50% 800万円 最短翌営業日 翌営業日以降
借入方法 返済方法 WEB完結
カードレス融資
申し込み条件
・ネットキャッシング
・電話キャッシング
・提携CD/ATM
・口座引き落とし
・提携ATM
・インターネット
・振り込み
不可 20〜62歳
楽天銀行スーパーカードローンは、ネット銀行らしい金利が魅力的なカードローンになっています。
しかも、以下の3点が0円で利用することが可能です。
楽天銀行スーパーローンなら0円で利用可能!
  • 年会費
  • 入会金
  • 提携ATM手数料

ただし、20代の方や正社員でない方、またお急ぎの方は大手の消費者金融に申し込みすることをおすすめします。

また、2021年2月24日(水)13:00~2021年04月26日(月)12:59までの期間中のみ、通常金利より金利が半額の年0.95%~7.25%になるキャンペーンを実施中!

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンがおすすめな理由

理由1「うれしい特典」の最高ステージを適用

理由2キャッシュカードで利用できる

理由3申し込みはWEBから24時間可能

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
2.00〜14.00% 800万円 翌営業日以降 要問い合わせ
借入方法 返済方法 WEB完結
カードレス融資
申し込み条件
・みずほダイレクト
・ATM
・自動引き落とし
・ATM返済
・みずほダイレクト
不可 20〜66歳
次におすすめの銀行カードローンは、みずほ銀行カードローンです。
銀行ならではの安心感に加えて、消費者金融に比べ上限金利・下限金利ともに低い点が魅力。

ただし、審査基準も厳しく最短でも翌営業日以降の融資になってしまうためすぐに融資を受けたい方は注意が必要です。

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローンが1番おすすめな理由

理由1申し込みはスマホ・PCで完結

理由2選べる返済日

理由3利用明細はWEBでチェック

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
2.50~13.80% 800万円 最短60分※1 7日程度
借入方法 返済方法 WEB完結融資 申し込み条件
・提携ATM
・ソニー銀行口座入金
・提携ATM
・口座引き落とし
可能※2 20〜65歳

※1仮審査の場合
※2初回振込のみ

ソニー銀行カードローンは、銀行カードローンの中でも低金利なカードローンに分類されます。最高金利の13.8%は銀行カードローンの中でも低い設定。

また、セブン銀行やイオン銀行の提携ATMだといつ利用しても手数料が無料な点も嬉しいポイントです。

銀行カードローンがおすすめな理由

銀行系カードローンがおすすめの理由は以下の通りです。

銀行カードローンがおすすめの理由
  1. 消費者金融よりも低金利で借入が可能
  2. 安心して利用可能
ポイント1消費者金融よりも低金利で借入が可能

銀行カードローンは、消費者金融カードローンに比べて上限金利が安く設定されていることがほとんどです。

銀行によっても異なりますが、利息制限法で定められている金利よりも安い金利で借入できることが多いです。

MMただし、銀行系のカードローンは無利息サービスが基本的にないことが多いため注意が必要です。

ポイント2安心して利用可能

銀行カードローンは、馴染み深い銀行がサービスを提供しているため安心感が強いことが特徴です。

消費者金融系カードローンの利用に不安がある方にもおすすめです。

銀行カードローンはこんな人におすすめ

上記の特徴を踏まえると、銀行カードローンがおすすめの人の特徴は以下の通りです。

  • 少しでも安い金利でお金を借りたい人
  • 安心感重視する人
  • 安定した収入がある人
  • 高額の借り入れを希望している人

融資まで多少時間がかかっても、安い金利でお金を借りたい方には銀行カードローンがおすすめです。

最近は、さらに金利が安いネット銀行カードローンも出てきているのでチェックしてみましょう


カードローンとは

カードローンは、大きく分けて下記の種類があります。

消費者金融カードローン 即日融資に対応していることが多い
銀行カードローン 低金利での利用が可能
信販会社カードローン クレジットカードに付帯しているキャッシング機能のこと

カードローンは大きく分けて消費者金融系・銀行・信販系があり、金利や審査基準などに違いがあるのが特徴です。

各種のなかでも、現在ではテレビコマーシャルの影響もあり消費者金融カードローンが身近な存在となっており、金利面でも初めて利用する人を優遇したサービスがあるなどから注目されています。

当サイトで人気 おすすめの低金利
カードローン

カードローンにおける金利とは

カードローンを利用する際、金利による利息がかかってきます。金利は返済額に関係するもので、利息の割合のことです。

パーセントで表示され、消費者金融カードローンで18.0%・銀行カードローンで14.0%程度が多く、金利が高いほど利息がかかるため返済額は大きくなります。

カードローンの金利の計算方法

ここからは具体的に金利の計算方法を解説していきます。

カードローンの金利は、借入額×金利×借入日数÷365の式で導き出すことが可能です。

金利15.0%のカードローンで30万円を借り、180日で返済した場合利息はいくらかかるでしょうか?
回答借入額30万円×金利15.0%×借入日数180日÷365日=22,191円

上記の計算式からわかる通り、金利が高ければ返済額は大きくなりますし、借入期間が長ければ長いほど金利による利息は膨らんでいくのです。

当サイトで人気 おすすめの低金利
カードローン

金利を比較する際に注意すること

金利は返済額に大きく関係してくるため、カードローンを利用するうえで非常に重要であることがわかります。

そのため、できるだけお得に融資を受けるには各社の金利を比較することがおすすめです。

比較する際に注意すべきは、上限金利と下限金利になります。

例えば、大手消費者金融のプロミスを見てみると金利は以下のように表示されています。

下限金利 4.5%
上限金利 17.8%

金利は審査により決定されるため利用者によって異なりますが、初めてカードローンを利用する場合にはほとんど上限金利が適用されると考えておきましょう。

金利が低くなる時は、高額融資を受けられる場合などと限られているため基本的にシュミレーションは上限金利を用いる方が無難です。

当サイトで人気 おすすめの低金利カードローン

低金利なカードローンの審査でチェックされるポイント

カードローンを利用するにあたり、審査に通過しなければ利用できません。

カードローンの審査とは、「きちんと返済してくれる能力がある人、信用できる人」であるかを事前に調査することです。

ここからは、カードローンの審査で見られるポイントを確認していきましょう。

カードローン審査のチェックポイント
  1. 信用情報
  2. 他社からの借入
  3. 勤続年数

1信用情報

カードローンを利用するにあたり、信用情報にキズが付いていないかは極めて重要です。

信用情報とは個人信用情報機関に記録されている、いわば「社会的信用度」をはかる要素になります。

審査では個人信用情報機関に問い合わせをし、特に以下の点をチェックします。

  • 返済遅延や滞納を繰り返していないか
  • 自己破産や債務整理などの金融事故を起こしていないか

    金融事故等を起こしキズが付いている状態はブラックリストに名前が掲載されていることになりますので、審査に通過することは難しいでしょう。

    ブラックリストとして名前が掲載されると、5年から10年はカードローンだけに限らず審査落ちは濃厚となってしまうので注意が必要です。

    当サイトで人気 おすすめの低金利
    カードローン

    2他社からの借入の有無

    カードローンを利用するにあたり、総量規制という法律を把握しておくことが大切です。

    総量規制とは年収の3分の1を超える金額を借り入れることはできないというルールで、貸金業法という法律で定められています。

    年収300万円の場合、トータル100万円を超える借り入れはできないという法律です。

    そのため、審査を受ける際に他社から既に融資を受けている場合は、総量規制に引っかかり審査落ちとなる可能性があるため、他社からの借入額少なくしておくことが審査通過のコツです。

    ただし、他社から借入をしている時点で資金繰りに困っていると判断されかねず、その結果返済能力に乏しいと判断され審査落ちとなることもゼロではありません。

    そのため、なるべく借入はしていない状態で審査に臨むことをおすすめします。

    当サイトで人気 おすすめの低金利
    カードローン

    3勤続年数

    カードローンを利用するうえで、当然ですが貸す側としてはきちんと返済してもらわなければ困ります。そのため、審査において申込者の属性は重要視される要素です。

    職業や年収は返済能力をはかる判断基準になりますので、多いに越したことはありません。

    また、勤続年数が長いことも安定して収入を得ているという判断に繋がりますので、審査に通過するためには押さえておくべきポイントです。

    勤続年数が長いことは、きちんと働いて収入を得ているということだけでなく、安定して働ける環境であるという企業としての信用度にも繋がっています。

    当サイトで人気 おすすめの低金利
    カードローン

    カードローンの金利を比較して相場を知る

    消費者金融・銀行カードローンの金利について比較しやすいよう、下記表にまとめています。

    プロミス 4.5%~17.8%
    アコム 3.0%~18.0%
    SMBCモビット 3.0%~18.0%
    アイフル 3.0%~18.0%
    レイクALSA 4.5%~18.0%
    三菱UFJ銀行 1.8%~14.6%
    三井住友銀行 4.0%~14.5%
    楽天銀行 1.9%~14.5%
    みずほ銀行 2.0%~14.0%

    上記の表からわかる通り、消費者金融と比べた場合、上限金利が低めで利用できます。

    下限金利よりも上限金利の方が消費者金融カードローンと銀行カードローンで異なりますので、利用前にきちんとチェックしておきましょう。

    銀行カードローンは消費者金融と比べた場合、上限金利が低めですが、利息0円サービスなどは実施していませんので利用期間にあわせて選択することも大切です。

    まとめ

    カードローンはまとまったお金をすぐに借り入れることが可能なため便利なサービスですが、使い方を誤れば返済ができず多額の借金を抱えることにもなり兼ねません。

    金利とは何か、それによりかかる利息はどれくらいかなど、計算方法を把握したうえで利用しましょう。

    無理のない返済計画を立てたうえで利用すると、生活を支えてくれる魅力的なサービスになります。

    また、今では消費者金融や銀行カードローンなどさまざまな会社がサービスを展開しています。

    カードローンを初めて利用する方は、1ヶ月利息0円サービスや即日融資が可能な消費者金融がおすすめです!
    いろいろな会社のカードローンを比較して自分にあったものを見つけましょう。

    関連記事

    人気記事

    おすすめ

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事