カードローンの仕組みを詳しく解説!利用方法・返済の仕方は?

これからカードローンを利用しようとお考えの人の中には『カードローンが他のローンと違うところは何?』『何に気を付けたらいい?』『返済はどうすればいい?』といった疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

この記事のポイント
  • 他のローンとの主な違いは『金利と利用限度額』『手数料』『返済方法』
  • 『金利の高さ』『返済の長期化』『他のローン審査への影響』の3点に注意する

以上2点に主に気を付けることで、カードローンは便利で安全に利用できます。

分かりやすく返済方法や利息計算・審査で見られるであろうポイントなども紹介するので要チェックです

カードローンの仕組みについて

消費者金融や銀行などの貸金業者・金融機関が個人向けの融資サービスとして提供している金融商品のことです。

 カードローンのメリット
  • 時間と場所を選ばず借入と返済が可能
  • 無担保や保証人なしで利用できる
  • 利用目的は自由

銀行窓口やコンビニのATMなどで現金を引き出す、あるいはインターネットからアクセスをして自分の口座に振り込むことで利用できます。

入会金・年会費が不要のカードローン会社が多いので、始めやすいのも魅力的です。

メリット1時間と場所を選ばず借入と返済が可能

 カードローンの大きな特徴は、借入・返済できる環境にありさえすれば契約時に決められた利用限度額内で『いつでも好きなときに借入と返済が可能』な点です。

特にコンビニATMやインターネットでも借入・返済ができることも多いので、買い物のついでに利用したり、自宅や出先から利用できるのも魅力です。

そして返済は毎月の返済日を守ればそれ以上にも繰り上げて返済ができるので自由度が高いです。

すぐにまとまった現金が必要になったという時に役立つのがカードローンですね。

メリット2無担保や保証人なしで利用できる

通常ローンは担保や保証人を必要とします。ただし多くのカードローンでは担保や保証人が必要ありません。
なおカードローンによっては『保証会社による保証を受けられる人』と条件を設けているところもあります。

 保証会社とは?

申込者の保証人になってくれる組織のこと。

申し込みの際に書かれてある条件は事前に確認することで契約後のトラブルを防げますよ!

メリット3利用目的は自由

一般的にローンというと「住宅ローン」や「自動車ローン」「教育ローン」といったものが代表的ですが、これらのローンは全て利用目的が限定的です。

それに対してカードローンは「フリーローン」という分類に含まれます。ほとんど全く利用目的を問われないのでどの目的で使用してもOKです(事業性資金等には利用できないところもあります)。

カードローンの利用目的で多いのが「趣味・娯楽費」です。

カードローンとキャッシングとの違いは?

クレジットカードには「キャッシング機能」がついているものがあります。
キャッシング機能を使った借入や返済も可能ですが、主に以下3点の違いからどちらを使うかを選びましょう。

  • 金利と利用限度額
  • 年会費やATM手数料の有無
  • 返済方法

1金利と利用限度額

借入・返済ができるという点ではカードローンと同じですが、『金利』と『利用限度額』において異なります。
※下掲の表は一般的な数値であり、必ずしも全ての商品の金利や限度額が下掲の表に収まることを意味するものではありません。

サービス キャッシング カードローン
金利(目安) 年12.0~18.0% 年2.0~18.0%
限度額(目安) 10~100万円 100~800万円

金利を比べると、キャッシングの方が高めな傾向にあることが分かります。利用限度額においては、カードローンの方が高めな傾向にあります。

キャッシング機能がクレジットカードに付帯されているサービスの1つという位置づけに対し、カードローンは「借入専用のサービス」という位置づけです。

キャッシングかカードローンかで悩んだら借入希望額で選びましょう。

2年会費やATM手数料の有無

クレジットカードは入会金や年会費にお金が必要なものがありますが、カードローンはほぼ間違いなくそれらの料金は発生しません。
※下掲の表は一般的な数値であり、必ずしも全ての商品の入会金や年会費が下掲の表に収まることを意味するものではありません。

サービス キャッシング カードローン
入会金(目安) 0~1000円 0円
年会費(目安) 1000円~ 0円

さらに、クレジットカードのキャッシング利用ではATM手数料が発生することが多いですがカードローンは、多くの会社で自社ATMを全国に設置しており、それを使用した場合ほとんど全ての場合で手数料がかからず利用可能です。

手数料は1回利用するごとに発生するので、利用回数が多くなるほどコストが増えるといえますね。

3返済方法

  • カードローン:借入額に応じて複数回の返済
  • キャッシング:翌月一括払い

クレジットカードのキャッシングは金額にかかわらず、翌月に一括で返済する必要がありますが、カードローンは借入額や返済回数に応じて毎月の返済額が決まります。

カードローンは「繰り上げ返済」「一括返済」も選ぶことができます。

カードローンの方が柔軟な返済パターンが選べるので無理のない返済計画も立てやすいですね。

カードローンを利用する上での注意点

カードローンの主な注意点
  • 金利(利息)が高め
  • 他のローン審査の際に影響する可能性が考えられる
  • 返済が長期化する可能性

以上の3点を知っておくことと初めての人でも借りやすいですよ!

1金利(利息)が高め

住宅ローンや自動車ローンといった目的別ローンと比べるとカードローンの金利(利息)は高めな傾向にあります。

MMこれはカードローンが無担保・保証人なしで利用できるため「貸し倒れ」のリスクが目的別ローンよりも高いと類型的に考えられることが理由です。

ローンを考える際には、目的別ローンorカードローンどちらがより適切なのかを一度調べてから選びましょう。

2他のローン審査に影響する

カードローンの利用は、他のローン審査に影響する可能性も考慮しましょう。例えば住宅ローンの審査の際には、他のローンがないかが調べられると考えられます。

その理由は?

なぜなら「他のローンの支払いで住宅ローンの支払いが出来ないかもしれない」とみなされることが考えられるからです。

カードローンを利用しているからといって必ずしもどのローン審査も通らないわけではないです。しかし、カードローンの利用自体がプラスに働くことはないと考えられますので注意しましょう。

マイホームや自動車の購入を考えている場合は、カードローンの利用は控えるあるいはそれらのローンが組めてから利用を検討してみるのが良いです。

3返済が長期化する可能性

カードローンの返済は借り入れた元本に「利息」も加えた金額を毎月返済していきます。またカードローンは返済額を幅広く選べるのがメリットではあります。

しかし、返済額を低く設定しすぎてしまうと、それだけ完済までの期間が長くなります。返済期間が長期化するとそれだけ利息の支払いも増えていきます。

返済額の設定は、自分が完済できるまで無理なく返済できる金額である必要があります。場合によっては繰り上げ返済などを行うとより早く完済できます。

【初心者必見】カードローンの申し込みに必要なもの

カードローンの申し込みには次のようないくつかの書類が必要になります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

1本人確認書類

本人確認書類の例
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 在留カード
  • 年金手帳
  • 公共料金の領収書

カードローン会社によって求められる書類が違う可能性があるので、必ず各カードローン会社の公式サイトのチェックを忘れずに!

ローン会社・提出書類によっては2点以上の提出を求められることがあります。

2収入証明書類

収入証明書は、カードローンの希望利用額が50万円を超えるケース、または他社との借入合計額が100万円を超えるケースで提出が求められることが多いです。

収入証明書の例
  • 源泉徴収票:毎年年末に交付される書類
  • 給与明細書:氏名・勤務先・発行年月・給与が明記されているもの
  • 確定申告書:税務署に提出する書類(※税務署の受付印があるもの)
  • 所得証明書:市区町村の役所or税務署でもらえる書類

以上が収入証明書の例ですが、カードローン会社によって必要な書類は異なります。こちらも本人確認書類と同様、申請前には各公式サイトをチェックしましょう。

収入証明書は本人確認書類よりも準備に時間がかかるのが一般的なので時間に余裕をもって用意しておくとスムーズに申し込みができますよ。

カードローンの審査について

カードローンの申し込みから審査の流れはカードローン会社や申込者の状況によって前後することがありますが、基本的に同じ工程をたどります。

カードローン利用までの流れ
  1. WEBや電話・自動契約機から申し込む
  2. 必要書類の提出
  3. 審査・在籍確認
  4. 審査結果の通知・融資開始

1Webや電話・自動契約機から申し込む

カードローンの申し込み方法は公式Webサイトのほかに電話や自動契約機からも可能ですが、利用が多いのが「Webからの申し込み」です。

本人情報・住居状況・勤務先情報・借入状況・希望借入額など必要事項を入力します。

注意!
審査に不利になるかもしれないからといってウソの情報を入力しないように!

カードローン会社は独自で申込者の情報を調べるのでウソをついてもすぐに分かってしまいます。さらに申込者自身の信頼性もなくなってしまうのが考えられるので正直に申告しましょう。

ウソをつくと他の条件が良かったとしても審査落ちの原因に繋がる可能性が高いと考えられます。

2必要書類の提出

本人情報などの入力が済んだら、本人確認書類・収入証明書といった必要書類の提出を行います。こちらも審査に使う重要な書類なので必ず忘れずに!

MMWebでの申し込みであれば、スマホやデジカメで写真を撮って、ページにアップロードするだけでOKな会社もあります。

3審査・在籍確認

申し込み情報と提出された書類、そして信用情報機関から開示された情報などを総合的に判断して審査が行われるといわれています。
審査時間は申込内容や希望額・会社にもよりますが、1時間以内に審査結果を出してくれるところもあります。

そして最終的に「在籍確認」を行います。

 在籍確認とは?

申込者が申告した勤務先に電話をかけて実際に在籍しているかを確認する審査過程のこと。

在籍確認は申込者の申告内容にウソがないかを確認するだけでなく、返済能力も判断するために必要な確認事項といえます。

電話がかかってくる際、カードローン会社の名前は出さず、担当者の苗字が使われるので職場の人にバレる心配は少ないです。

4審査結果の通知・融資開始

ローン審査の結果は電話かメールで行われます。無事審査の通過連絡があれば、融資開始の手続きに移ります。

 審査結果までの時間は最短30分と宣伝していても、状況によってはもっとかかることもあるので一概にはいえません。

カードローンの利息の仕組み

カードローンの返済では元金+利息の合計額を毎月支払う事になっています。利息は「利息制限法」によって上限が決められています。

法律で定められた上限を超えない範囲でカードローン会社は独自に利息範囲を設定しています。

借入金額 上限金利(年)
10万円未満 20.00%
10万円以上100万円未満 18.00%
100万円以上 15.00%

カードローンの利息は「実質年率」で表記され、日割り換算で行います。

利息額の計算方法
利息額=借入金額×実質年率×借入日数÷365日
(*うるう年の場合は366日)
例えば20万円を借り入れていて、実質年率が15%・借入日数が60日の場合の利息はおよそ4,931円となります。

公式サイトには利息・返済期間などを簡単に算出できるツールが用意されていることが多いので積極的に活用してみてください。

カードローンの返済方法

  • 自動引き落とし
  • ATMからの返済

返済方法は主に2種類がありますが、自分に合った方法を選ぶことが重要です。

1自動引き落とし

自動引き落としは、カードローンの返済方法としてベーシックなものです。カードローンの申し込み時に登録をした金融口座に、毎月の返済額分を入れておけば支払い期日に自動的に返済額が引き落とされる仕組みです。

MM事前に返済金額を入金しておけばあとは自動的に返済が完了するので、返済忘れのリスクが軽減できます。

2ATMからの返済

カードローン会社の自社ATMまたは提携ATMからも返済が可能です。中でもコンビニの中にある提携ATMであれば、24時間・365日いつでも返済ができます

 ただし、ATMのメンテナンスによっては利用できない時間帯もあるので注意しましょう。

毎月の返済だけでなくボーナスや臨時収入などでお金に余裕ができた時の繰り上げ返済として利用できる方法でもあります。

まとめ

カードローンの仕組みについて詳しく紹介していきました。特に注目してほしいポイントは主に以下の3点です。

カードローンの仕組み
  • カードローンは幅広い目的で利用できる金融商品
  • できるだけ短い期間で完済できる分の借り入れをする
  • 必要書類は事前に準備しておくこと

申し込みから融資開始まで手続が大変スムーズなカードローンは、無理のない返済計画を立てて利用しましょう。

関連記事

人気記事

おすすめ

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事