みずほ銀行カードローンの審査を解説!借入・返済方法なども紹介

生活費が足りなくなったり突然収入がなくなったり、お金を借りたい理由はさまざまです。そんな時、みずほ銀行カードローンを一つの選択肢として検討される方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、みずほ銀行のカードローンについて詳しく解説していきます。特徴や借入・返済方法、審査基準などを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

みずほ銀行カードローンの基本情報!即日利用できる?

カードローンで借入をするとき、「審査は受かるのか」、「金利はいくらか」のほか「急いでいる場合は即日借入ができるのか」といった、借りるまでのスピードも重要です。

みずほ銀行カードローンのご利用を検討している方は、ぜひ参考になさってください。

みずほ銀行カードローンの基本情報・特徴

金利(実質年率) 保証人 資金使途 利用限度額 取引期間 WEB完結融資 返済方法 借入方法 利用対象者
年2.0%~14.00 不要 自由(事業関連を除く) 10万~800万円 1年間で自動更新 可能
  • 口座引き落とし
  • みずほ銀行窓口
  • コンビニATM
  • みずほダイレクト
  • 口座引き落とし
  • みずほ銀行窓口
  • コンビニATM
  • みずほダイレクト
  • 契約時満20歳以上66歳未満
  • 安定かつ継続した収入が見込める方
  • 株式会社オリエントコーポレーションの保証が受けられる方

出典:https://www.mizuhobank.co.jp/index.html

みずほ銀行カードローンは、金利年2.00〜14.00%・利用限度額800万円のカードローンです。24時間WEBで申し込みが完結。みずほ銀行普通預金のキャッシュカードをカードローンとして利用できます。

みずほ銀行カードローンの特徴は、みずほ銀行でうれしい特典が受けられることです。

うれしい特典の内容
  • みずほ銀行、イオン銀行のATM時間外手数料が無料
  • イーネット銀行(ローソン、ファミマATMで取扱い)の時間外手数料、利用手数料が3/月まで無料
  • みずほダイレクトで他行銀行あて振込手数料3/月まで無料

※上記3点はみずほマイレージクラブ(年会費無料)に加入している方のみ適用されます

さらに、みずほ銀行で住宅ローンの融資を受けている方は年0.5%金利の引下げの優遇があります。返済額は最低2,000円/月です生活に無理なく返済できるカードローンといえます。

みずほ銀行カードローンは即日借入可能?

みずほ銀行カードローンで即日借入はできません。なぜなら、審査結果が最短で翌日(翌営業日)以降だからです。

注意!
また、みずほ銀行の普通預金口座がない方はカードローンは利用できません。

お急ぎの場合は消費者金融をおすすめします。プロミス・アコム・アイフルなど大手消費者金融であれば、最短当日中の借入が可能です。
※お申込みの時間帯等によっては、即日融資にご対応できない場合がございます。

みずほ銀行カードローンの審査は甘い?
審査について詳しく解説

みずほ銀行カードローンの審査基準は公表されていません。みずほ銀行カードローンの申込み条件は以下のとおりです。

みずほ銀行カードローンの申込み条件

  • 契約時、満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定かつ継続した収入の見込める方
  • 保証会社の保証を受けられる方

引用元:https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/card/apply/index.html

みずほ銀行カードローンの審査通過には上記3つの条件を全て満たす必要があります。

もし保証会社の保証を受けられ満2066歳までの年齢を満たしていても、返済能力がないと銀行でみなされれば審査に落ちてしまうことが考えられます。

返済能力は年齢や職種、勤続年数などから安定かつ継続した収入が見込めるかや、個人信用情報から判断されると予測できます。

みずほ銀行カードローンの審査はどのように判断されるのか

審査で重要視されるのは、安定かつ継続した収入が見込めるか・保証会社の保証が受けられるかと予想できます。安定かつ継続した収入が受けられるかは、職種や勤続年数や年齢などから判断されると考えられます。

保証会社の審査は「個人信用情報機関」と株式会社オリエントコーポレーションが「自社」で持っている情報で判断されると考えられます。

個人信用情報とは?
その人が過去にした割賦(分割での買い物)での返済状況やクレジットでの借入・返済などの使用状況などです。

例えば、携帯代金(本体代金分割の場合)に滞納や遅延がなかったかとか、他にも車など借入金があれば同じように支払い状況が見られますし、借金の残高などもわかります。自己破産をした場合もわかるようになっています。

MM保証会社は株式会社オリエントコーポレーションです。そのため、過去にオリコのクレジットカードの審査に落ちた方は注意が必要です。

みずほ銀行カードローンの審査の流れ

みずほ銀行カードローンの審査の流れは以下のとおりです。

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 審査結果
  4. 審査後の契約手続き
  5. 利用開始

申し込みから利用開始までだいたい1週間~10日程度かかるようです。審査に必要な書類や審査後の手続きなどを解説していきます。

1申し込み

必要書類:本人確認書類と本人の所得がわかるもの本人確認書類は下記のうち1つです。

  • 運転免許証パスポート(写真およびご住所のページ)
  • 印鑑証明書
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  • 住民票
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード

年収がわかるものは「源泉徴収票」「納税証明書」「住民税決定通知書または課税証明書」のうち1つです。ただし、利用限度額が50万円以下の借入の場合は必要ありません。

2審査

みずほ銀行と保証会社(株式会社オリエントコーポレーション)で審査を行います。

保証会社から本人に申し込み内容について、電話があります。連絡が取れない場合は、申し込みが取り消されてしまう事があるので注意が必要です。

注意!
審査の結果によっては利用限度額が希望より下がってしまう場合があります。

3審査結果

申し込みの方法によって審査結果の連絡にかかる日数が異なります。

申し込み方法別の審査スピード
  • インターネット
    翌営業日以降に、申し込み時に登録したメールアドレス宛てに連絡がきます。
  • 店頭
    翌々営業日以降に結果がわかりますが、連絡方法についてはあらかじめ店頭で確認してください。
  • 電話
    翌々営業日以降に郵送で書類が届きます。契約OKの場合のみ電話でも連絡があります。
  • 郵送
    申込書到着後、翌々営業日以降に郵送で通知されます。

申し込み状況によって審査スピードは異なる場合があります

審査結果を早く知りたい方はネットから申し込みましょう。

4審査完了後の手続き

カードローンの契約に進みます。契約方法は、登録のメールアドレスに連絡もしくは郵送です。指示にしたがって進めていきます。

みずほ銀行の普通預金口座の開設を同時に申し込んだ方は、通帳やキャッシュカードが届きます。みずほ銀行の普通預金口座を開設していない方は、先に開設してください。その後契約に進みます。

5利用開始

キャッシュカードとカードローンを兼用される方は、契約完了後すぐにお手持ちのキャッシュカードで利用できます。カードローン専用カードを申し込まれた方は契約後、1~2週間で専用カードが届きます。

みずほ銀行カードローンの借入方法・返済方法

初めてのカードローンで、いざ契約してもどうやって借りたらいいのかわからない場合や返済方法がわからない場合があると思います。

ここでは、コンビニやみずほダイレクトを使った場合などのやり方を説明していきます。ぜひ参考になさってください。

みずほ銀行カードローンの借入方法

みずほ銀行カードローンの借入方法は、ATMで借り入れる場合やみずほダイレクトで借り入れる場合、スイングサービスを利用する場合の3パターンがあります。詳しくみていきましょう。

1ATMで借入する方法

カードローンボタンを選択し、借りたい金額を入力して借入します。この場合口座の残高は減らず、引き出した金額すべてが借入金となります。

例、みずほ銀行口座残高1万円の場合

  • 「カードローン」ボタン
    ATMから10万円引き出した=借入金10万円
    →口座残高1万円はそのまま口座に残っている
  • 「お引き出し」ボタン
    ATMから10万円引き出した=借入金9万円
    →口座残高1万円はなくなり残高は0円です

お引き出しボタンを押し、手元に欲しい金額を入力して借入します。この場合は自身の口座の残高で不足分が借入金となります。借入可能なATMは「みずほ銀行」と「コンビニATM(イーネット・ローソン銀行・セブン銀行)」です。

2みずほダイレクトで借入する方法

みずほダイレクトとは、みずほ銀行のインターネットバンキングです。使用するにはみずほダイレクトの契約が必要です。テレホンバンキングとモバイルバンキングも使えます。

インターネットバンキング・モバイルバンキングは24時間利用可能ですみずほダイレクトにログイン後、「ローンメニュー」「カードローン取引」から借入できます。

3スイングサービスを使う方法

カードローン専用カードの方は、事前に申し込みが必要です。みずほ銀行カードローンには「自動振替」「自動融資」2つのサービスが付帯しています。

2つの注目サービス
  • 自動振替
    カードローン口座へ入金後、残高がプラスの場合に返済用普通預金口座に自動で入金されるサービス
  • 自動融資
    家賃や公共料金などの引き落としで、返済用普通口座預金に残高が不足する場合に自動で融資されるサービス

キャッシュカード兼用の方は、スイングサービスの自動振替のみ最初から付帯しています。自動融資は申し込みが必要です。

みずほ銀行カードローンの返済方法

みずほ銀行カードローンの返済方法は、基本的に口座から自動引き落としですが、他にも金銭に余裕ができた場合など提携ATMやみずほダイレクトで任意返済する方法があります。詳しくみていきましょう。

1口座からの自動引き落とし

みずほ銀行カードローンは、返済方法として口座からの自動引き落としが可能です。

口座からの自動引き落とし3つのポイント
  • 毎月10日に返済用普通預金口座から引き落としがあります
  • 引き落としの金額(返済額)は、前月10日までの利用残高によって決定されます
  • 引き落としは返済日当日の夜間です

借入金の返済は、返済日の前日までにみずほ銀行の返済用普通預金口座へ返済額以上を入金しておくと自動で引き落としされます。

2ATMで返済する方法

カードを使って提携ATMからの返済も可能です。ATM返済の手順は以下のとおりです。

  1. ATMの「カードローン」ボタンを押す
  2. ご返済(任意返済)へ進む
  3. お金を入金

返済額は1円単位で可能ですが、硬貨の取扱がないATMでは1,000円単位の返済になります返済には、みずほ銀行・コンビニATM(イーネット・ローソン銀行・セブン銀行)が利用可能です。

3みずほダイレクトで返済する方法

みずほダイレクトで返済するには、みずほ銀行のインターネットバンキングサービスの契約があらかじめ必要です。ログイン後「ローンメニュー」「カードローン取引」から返済できます。

みずほ銀行カードローンの返済額・借入残高を確認する方法

みずほ銀行カードローンの返済額・借入残高は、窓口または電話で確認できます。

窓口で確認する方法

みずほ銀行の店舗で詳細な利用状況を把握できます。全国に店舗があるので、近くの店舗を検索して窓口を訪ねましょう。窓口を利用する場合は営業時間を事前に確認しておいてください。

電話で問い合わせる方法

電話で問い合わせる場合は、みずほダイレクト利用カードまたは普通預金通帳が必要です。

みずほ銀行カードローン専用ダイヤル

  • 電話番号
    0120-324-555
  • 受付時間
    月曜日~金曜日:9時~21
    土・日曜日・1231日:9時~17
  • 定休日
    祝日・振替休日、11日~3

電話も受付時間が決まっています。とくに土曜日・日曜日は受付時間が短縮されているので、十分注意しましょう。

みずほ銀行カードローンの返済額

みずほ銀行カードローンの毎月の返済額は残高スライド方式によって決められます。利用限度額によって毎月の返済額が異なります。

例、利用限度額が200万円以上の方

前月10日のご利用残高 毎月の返済額
2千円未満 利用残高
2千円以上20万円以下 2000円
20万円超 40万円以下 4000円

例、利用限度額が200万円未満の方

前月10日のご利用残高 毎月の返済額
2千円未満 利用残高
2千円以上10万円以下 2000円
10万円超 20万円以下 4000円

出典:https://www.faq.mizuhobank.co.jp/faq/show/40?category_id=67&site_domain=default

毎月の返済額は最低2,000円です。生活への負担を抑えて返済できますね。

 

審査が不安な方必見!
簡易審査結果がわかるシミュレーションとは?

みずほ銀行でカードローンを申し込みたいけど、審査に通らなかったら手続きの時間や結果を待っている時間は無駄になってしまいます。そこで紹介したいのが、『みずほ銀行カードローンの簡易診断』です。

『みずほ銀行カードローンの簡易診断』は以下3つを入力し、診断結果ボタンをクリックするだけで結果が表示されます。

  • 年齢
  • 年収
  • 他社で借入があるか?(住宅ローンや自動車ローン除く)

出典:https://www.mizuhobank.co.jp/sp/loan/card/evaluate.html

借入診断の結果は、審査通過できるかの目安となります借入診断の結果を見てから、申し込むか否かを判断するのも良いでしょう。

注意!
ただし、借入診断は本審査の通過を確約するものではありません。あくまで参考程度にとどめましょう。

みずほ銀行カードローンの評判は?気になる口コミを紹介

みずほ銀行カードローンを、実際使用された方の気になる口コミを掲載しています。

実際に使用した感想は、とても参考になります。HPの情報だけでは見えてこないリアルな情報もありますので、参考になさってください。

良い口コミ

使い勝手が良い
金利は消費者金融系に比べると安いと思います。アプリがあり返済シミュレーションができるのも良い点です。1度返済が遅れた時があったのですが、オペレーターの人が優しい対応で安心できました。また、返済日じゃない日に入金すると自動的にカードローンの返済が引き落としされるのが便利です。
女性/40/ 会社員 / 年収400600万円未満
大手ならではの金利で安心
ちょっと大きな買い物をする必要があって利用させていただきました。他に比べて金利が安く、大手ならではの安心感もあったのでここにしました。返済もATMで手軽にできました。
男性/30/パートアルバイト/年収200万円未満
審査はしっかり行われる
審査自体については、難しい印象はありませんでした。 審査の内容は、消費者金融と比べた時には厳しかったと思います。実際に電話が会社の方まで来ましたので、在籍確認もあったかと思います。金額も大きかったので、証明書の提出も求められました。 契約後は、返済方法が複数ありありがたかったです。終始、スタッフの対応が丁寧だったのが良かったです。
男性 / 20 / 個人事業主・自営業 / 年収8001,000万円未満

悪い口コミ

対応がイマイチだった
申込の段階で審査は厳しいというニュアンスを伝えられていて、担当者の態度も上から目線で印象が悪かったです。金額も最短即日借りられるという50万円以下で申し込んだのですが残念です。
女性/30/会社員/年収200400万円未満
審査落ちしました
勤続年数20年以上で持ち家(ローン完済済み)で、年収も500万円以上あるのですが数日後に否決のハガキが送られてきました。返済に遅れたことは一度もないんだけど審査落ちでした。
男性/50/会社員/年収400600万円未満
ネット銀行の方がおすすめ
特に不満があるわけではないのですが、やはりネット銀行のサービスのほうが、金利面でも便利さでも上回っていると感じました。特に他の銀行サービスとの連携が物足りない印象です。
女性/30/会社員/年収600万~800万円未満

口コミで多かった意見は、みずほ銀行カードローンは「審査が厳しい」「審査結果まで時間がかかる」です。金利については「消費者金融よりは安い」「ネット銀行の方が安い」という意見があがりました。

使い勝手やサービス面では、普段からみずほ銀行を利用している方などはおおむね高く評価しており、一方ネット銀行や他社を使っている方は不便さを感じる方もいるようです。

まとめ

最後にみずほ銀行カードローンの特徴をおさらいしておきましょう。

みずほ銀行カードローンのポイント
  • 審査結果は最短でも翌営業日以降
  • 利用にはみずほ銀行の口座開設が必須条件
  • キャッシュカードはカードローンを兼用できる

どの会社にもメリット・デメリットがあります。それぞれの条件を照らし合わせ、自分にあったカードローン会社をみつけましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事