ネット証券の投資信託を初心者向けに解説!手順は?手数料は?
 この記事で分かること

ネット証券の投資信託の仕組み

投資信託のメリット

投資信託にかかる手数料

この記事では、ネット証券で投資信託を始める際の初歩的な情報を様々な面から紹介します。
※本記事は、投資信託で必ず利益を上げる方法を解説するものではありません。投資信託は自己の責任において行っていただきますようお願い申し上げます。

初心者が安心して始められるポイントなども説明していくのでぜひご参考に!

投資信託とは?

投資信託とは、投資家たちからの出資金を証券会社などの証券会社が代わりに運用し、利益の一部を投資家に分配する仕組みの投資方法です。

投資のプロが行うので投資上級者の方だけでなく、投資に慣れていない方にも選ばれているのが特徴です。

1投資信託の種類:投資対象

投資信託は色々な種類が用意されているため、投資スタイルと相性の良いものを選ぶことが大切といえます。

 投資対象の種類
  • 株式
  • 公社債
  • 不動産投資信託
  • コモディティ
  • バランス型

株式

投資信託は国内型・国外型といった対象地域と他の金融商品との組み合わせで行います。
投資地域は「国内」「先進国」「新興国」の3つに大きく分けられ、それぞれの地域ごとに情勢を知っておきましょう。

どれにするか迷ったら「国内」がおすすめです。

その理由は?

海外よりも国内の方が身近なので情勢を把握しやすいからです。

先進国の株式は為替変動の影響を受けやすいのが特徴です。新興国はブラジルやインドなどが対象で、リターンが大きいことが多い反面リスクも大きいと考えられるのが特徴です。

投資信託に慣れるまでは国内型株式か先進国株式を選ぶのが無難です。

公社債

  • 公共債:国や地方自治体が発行する債券
  • 民間債:企業や一部の金融機関が発行する債券

不動産投資信託

不動産投資信託は通称「REIT(リート)」とも呼ばれ、名前のとおり不動産に投資をする方法です。
現物の不動産に投資をする場合は多額の費用が必要ですが、投資信託という形なので複数の投資家から資金を募れるため、少額からでも不動産投資が可能です。

コモディティ投資信託

 コモディティとは?

原油・ガソリン・金・農産物の総称。

コモディ取引は世界中で行われていて、インフレの影響で物価が上昇すると、実物資産価格も上昇しやすい傾向にあるのでインフレ時に強い特徴があります。

MM中でも「金」は株価と判断の動きをしやすいので「安定資産」として投資家の間で注目されています。

バランス型

上記で紹介した、株式・公社債・不動産投資信託・コモディティなどに分散をして投資をする方法です。
分散した投資ができるので、1つの投資方法で損失を出した場合、他の方法でそれを上回る利益が出れば全体的な損失リスクを回避できます。

MM資金を分けて投資することになるので手数料は他の方法よりも比較的割高なことが多いです。

2投資信託の種類:運用姿勢

投資信託は2つの運用姿勢によっても分かれています。ここでは運用姿勢それぞれの特徴を解説していきます。

アクティブ型投資信託

アクティブ型投資信託とは?

日経平均株価・TOPIXの平均指数以上の投資成果を狙う投資信託のこと

ファンドマネージャーと呼ばれるプロの運営担当者が対象銘柄や割合を決定します。平均指数以上の大きな成長が期待できるのが特徴です。

プロに依頼するコストが発生する分、後に紹介する「インデックス型投資信託」よりも手数料が高い傾向にあります。

インデックス型投資信託

インデックス型投資信託とは?

日経平均株価やTOPIXの株価にほぼ連動させた成果を目標とする投資信託のこと。

日経平均株価やTOPIXの株価にほぼ連動しているので市場が見えやすいのが特徴です。

インデックス型投資信託はアクティブ型投資信託と同じでプロに運用を任せますが、機械的・均一に投資するので手数料も抑えめなことが多いです。

3投資信託の種類:分配方法

投資信託は「毎月分配型投資信託」と「無分配型投資信託」から選ぶこともできます。

毎月分配型投資信託

毎月分配型投資信託とは?

毎月の決算で分配金が入る仕組みの投資方法

毎月コンスタントに現金を受け取れるのが大きな特徴です。

注意!
ただし、分配金は利益からだけでなく元本を切り崩して分配を行っている種類もあるので、分配金の内訳を確認しましょう。

無分配型投資信託

無分配型投資信託とは?

投資信託の中でも資産家に利益の分配がされないもの。

投資によって生まれた利益は分配するのではなく、運用会社が判断・再投資による運用を行います。

MM続けて投資していくことで高い最終的な売却価格が高くなることを望めます。

ネット証券で投資信託を始めるコツ

ここではネット証券で投資信託を始める際に抑えておきたい箇所を詳しく紹介していきます。

自分に合った投資スタイルを見つける際にも役立ちますよ。

少額から投資が出来る

投資信託のメリットは少額からもチャレンジできる点が大きな特徴となります。またネット証券であれば店舗証券よりも手数料が安いことがほとんどので、コストをできるだけ抑えた投資が可能になります。

基本的に株を購入する場合は「単元株数」ごとに購入する必要があります。

 単元株数とは?

株式取引で売買に使う単位のこと。1株・100株・1,000株単位が一般的。

仮に1株2,000円で、単元株数100株の銘柄に投資する場合は資金が20万円必要です。

投資信託は事前に投資金を口座に入れておく必要がないだけでなく、なんと1000円未満から購入も可能なのがネット証券で投資信託を行うメリットの1つでもあります。

投資信託がどういったものなのかをお試しで経験できるので初心者にもうれしいです。

初心者でもチャレンジしやすい

通常個人では投資しにくいと感じる銘柄にも挑戦できるのが投資信託のメリットです。
例えば世界的にも大手の企業や、市場動向を読みにくい新興国の個別銘柄なども少額から購入できるのでハードルが高くありません。

少額から始めれば投資に失敗しても損失を少なめに抑えることが可能なのは魅力的です。

分散投資が可能

投資信託は基本的に投資対象が分散されています。そのため様々な投資対象を購入できるので損失を分散させることができます。

もし1つの銘柄の株価が値下がりをしても別の銘柄が値上がりしていれば、投資額全体の損失を少しでも抑えることが可能です。

MM通常の株投資においていくつもの銘柄を購入するために多くの資金が必要ですが、投資家たちから集めた資金を使うので個人でも始めやすいです。

ネット証券の投資信託での注意点

ここではネット証券を使った投資信託を行う際の主な注意点を項目別に解説していきます。

分散投資をしてリスクを回避

ポイントは様々な銘柄への投資にあります。そして投資信託は100円・1000円程度からでもOKなところも!

限られたファンドに投資するよりも5つの会社にわける方がどれか1つが損失を出しても他のファンドで利益が出れば総投資額の損失回避に繋がります。

投資に「絶対」はないので、常にリスクを考慮して投資するのが重要です。

手数料は割高

投資信託を選ぶ際に注意してほしいのが「手数料」です。手数料は購入時だけでなく他にも色々な項目で発生します。

購入額が安くても、手数料がかかるせいでトータルで見ると損をしているといったことがないように気を付けましょう。

分配方法に注意

必ずしも「毎月分配型投資信託」が良いとは限りません。
毎月分配型投資信託は、毎月分配が行われるのでお小遣いや生活費の一部として期待できることから人気です。

分配金は元本を切り崩して配られることも。手数料などを含めるとさらに損をしている可能性にもつながります。

分配方式はもちろんのこと、純資産残高や手数料の比較・運営方法についても比較をしていく方が重要です。

ネット証券の投資信託は手数料で比較する

ネット証券を使った投資信託の手数料について解説していきます。損をしないためにも手数料で比較することも重要なポイントです。

1購入時の手数料

投資信託でまず最初にかかるのが「購入時手数料」です。口数や金額によってもまちまちですが、多くの場合全体購入金額の1~3%(+消費税)程度かかります。

MMそのため、もし30万円分の投資信託をする場合は手数料も併せた金額を余分に用意しておくと安心です。

ノーロード投資信託なら購入時手数料が0円!
ネット証券を中心に購入時の手数料が無料になる投資信託があります。

2信託報酬

信託報酬とは「運営管理費」ともいわれ、投資対象を探すための人件費や調査費などを補填する手数料です。

MM良いネット証券を見つけるためには信託報酬よりも多くの利益を出せているかを見ましょう。

3信託財産留保額

信託財産留保額とは、保有している投資信託を売却する際の手数料です。運営途中で売却する場合には他の投資家に負担させるのではなく、解約をする人に負担させる仕組みです。

MM基本的には換金する基準額から0.3%程度が手数料として発生することが多いです。

4その他の手数料

その他の手数料としては以下のようなものが発生します。

  • 監査報酬
  • 税金
  • 解約手数料
監査報酬

監査報酬とは、投資信託がちゃんと運用されているかを監査するための費用です。この費用は投資家が監査法人に対して負担する仕組みになっています

監査は法律によって義務付けられているので、購入時の「目論見書」の記載を必ず確認しましょう。

この費用は保有している間は毎日発生する手数料です。
目論見書とは?

投資対象・手数料・運用方針などをはじめ様々な決まりが記載されている説明書のこと

税金

税金は投資信託の分配金・売却益に対して発生します。ネット証券を使っていると税引前で表示されることが多いですが、実質益を計算する際には税引後で見ていきましょう。

MM課税率は、所得税15%・住民税5%・復興特別所得税0.315%の合計20.315%です(2020年10月時点)。

解約手数料

解約手数料は、信託財産留保額とは別に発生する手数料のことです。これは換金時に発生する事務手数料の意味合いが強いです。

解約手数料が設定されている投資信託は多くはありませんが、購入時に目論見書内に書かれてあるか必ず確認しましょう。

ネット証券で投資信託を始める手順

ここではネット証券で投資信託を始める場合の手順を解説していきます。項目ごとに詳しく説明していくので、初めての人はぜひ参考にしてください。

1運用方針を決める

他の投資と同じように投資信託でも運用方針を決めることが肝心です。

途中で見直しても良いので、できる限り早い段階で自分のスタンスを決めましょう。

例えば「元本:50万円」「10年後に30万円増えていてほしい」といったことが考えられます。
この目標によってリスクやリターンの計算、運用にかかるコストが変わると考えましょう。

2投資信託を決める

扱っている投資信託の種類は証券会社ことに異なります。同じタイプの投資信託であっても会社によっては手数料が違うこともよくあります。

手数料のほかには「投資対象」「純資産額」「運営方針」も総合的に調べていきましょう。

一般的にはネット証券の方が手数料が安いことが多いです。

3ネット証券で口座を開設

投資信託が決まったら、ネット証券で口座を開設します。ネット証券によって口座開設に必要な書類などが異なるので、必ず各公式サイトで確認しましょう。
ネット証券での口座開設手順は以下のとおりです。

  1. ネット証券の公式サイトで申し込む
  2. 届いた口座開設書類に本人確認書類などを同封して返送
  3. 数日後口座開設通知書を受け取る
  4. 通知書に記載されているログインIDとパスワードを使ってログイン

4投資信託を購入する

口座開設ができたら、購入に前もって口座に投資金を入金します。

  • 金額買付:金額指定して購入する方法
  • 積立買付:毎月決まった金額を積み立てて購入する方法
  • 口数買付:口数指定して購入する方法

まとめ

ネット証券での投資信託の選び方・購入方法について解説しました。

ネット証券の投資信託まとめ
  • 投資信託は運用をプロに任せる投資方法
  • 投資信託は100円からなどと少額から始められるところもあるので色々な投資対象に分散して投資できる
  • 投資信託は手数料の種類・内容を見て比較することが重要

以上の3つのポイントに主に気を付けて、投資信託にチャレンジしてみてください。

関連記事

人気記事

おすすめ

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事