ネット証券 おすすめ 手数料

手軽に投資を始められることが魅力の「ネット証券」。

資産運用意識の高まりや2020年の株価大暴落など、さまざまな社会的背景もあり、現在ネット証券の口座を開設する人が急増しています。

しかし、一括りにネット証券と言っても、大手から中小事業者まで数えきれないほどの証券会社が存在しています。そのため「どのネット証券を選べば良いか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、2021年おすすめのネット証券会社ランキングを紹介。全ネット証券を比較して分かった

  1. 総合人気(口座開設数)ランキング
  2. 1注文ごとの手数料ランキング
  3. 1日定額の手数料ランキング

3つをまとめています。

ランキング内で徹底的に比較する
ネット証券選びの重要項目はこちら
(1)口座開設数 (2)取扱商品 (3)国内株式現物手数料 (4)国内株式信用手数料 (5)外国株式取扱 (6)米国株手数料 (7)NISA手数料無料商品 (8)投資信託本数(ノーロード本数) (9)IPO実績 (10)取引ツール・アプリ種類 (11)ポイント投資 (12)最低投資額

各ネット証券の特徴も解説しています。ネット証券の口座開設を迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

総合人気順!ネット証券
おすすめ比較ランキング

SBI証券

SBI証券のおすすめポイント

ポイント1ネット証券口座開設数No.1

ポイント2取扱商品が豊富

ポイント3Tポイントが貯まる・使える

口座開設数 約570万※1
取扱商品数 iDeCo
NISA
投資信託
国内株式
外国株式
債権
FX
先物・オプション
CFD
金・銀・プラチナ
eワラント
保険
国内株式現物取引手数料
(10万・50万・100万)
0円※2
国内株式信用取引手数料
(10万・50万・100万)
0円※2
外国株式取扱 米国
中国
韓国
ロシア
ベトナム
インドネシア
シンガポール
タイ
マレーシア
米国株式手数料 約定代金の0.495%
NISA手数料無料 国内株式売買手数料
海外ETF買付手数料
投資信託本数
(ノーロード本数)
2,690本(2,634本)
IPO実績※3 82社
取引ツール・アプリ種類 全10種類
ポイント投資 可能(Tポイント)
最低投資額 100円(投信積立)

※1 2020年10月時点、ネット証券各社公式資料を参照
※2 最安プランを利用した場合

ポイント1ネット証券口座開設数No.1

SBI証券は、業界最大手のネット証券です。

 口座開設数は約570万件※1。利用者数で他のネット証券を圧倒しており、高い人気を集めています。

利用者数の多さは、ネット証券を選ぶ重要な要素です。一般的に多くの人に支持されるネット証券ほど、質の高いサービスが期待できます。

その点、圧倒的な実績を誇るSBI証券は、ぜひ候補に入れおきたいネット証券でしょう。

※1 2020年10月時点・ネット証券会社発表の公式資料を参照しています

ポイント2取扱商品が豊富

SBI証券のメリットは、幅広い商品ラインナップです。

国内株式や投資信託はもちろん、外国株式・iDeCo・NISAなど、様々な商品やサービスを提供しています。

とくに注目はIPO銘柄数」「外国株取扱国数」両方でネット証券1位を獲得していることです。

 2019年IPO銘柄数は、ネット証券ダントツの82銘柄。2020年3月通期の全上場会社数のうち、取扱銘柄は約93.5%にものぼります。

外国株式は米国・中国・韓国をはじめとした、9ヵ国の株式を取扱い。国内株のみ取り扱うネット証券が大多数な中、世界各国の銘柄を購入できます。

さらに、投資信託本数は2,690本です。おなじく業界トップレベルの豊富な品揃えとなっています。

ポイント3Tポイントが貯まる・使える

SBI証券では、Tポイントを使って投資できます。

Tポイント1ポイント=1円として、投資信託の購入が可能。普段の買い物で貯めたポイントを利用できるため、初心者でも気軽に投資デビューできます。

 また、SBI証券を利用するとTポイントが貯まります。

株式の取引手数料や投資信託の保有額など、SBI証券のサービス利用状況に応じてTポイントが付与。貯まったポイントを投資に回すことも可能です。

↓テスト

楽天証券

楽天証券のおすすめポイント

ポイント1高性能取引ツールが無料

ポイント2楽天ポイントが貯まる・使える

ポイント3楽天カード・楽天銀行との併用がお得

口座開設数 約410万※1
取扱商品数 iDeCo
NISA
投資信託
国内株式
外国株式・海外ETF
債権
楽天FX
先物・オプション
バイナリーオプション
楽ラップ
外国為替
保険
金・プラチナ
国内株式現物取引手数料
(10万・50万・100万)
0円・0円・535円※2
国内株式信用取引手数料
(10万・50万・100万)
0円・0円・385円※2
外国株式取扱 米国/中国/アセアン
米国株式手数料 最低0米ドル(2.22米ドル以下)
NISA手数料無料 国内株式売買手数料
投資信託買付手数料
海外ETF買付手数料
投資信託本数
(ノーロード本数)
2,688本(全て無料)
IPO実績※3 26社 
取引ツール・アプリ種類 全7種類
ポイント投資 可能(楽天ポイント)
最低投資額 100円(投資信託)

※1 2020年10月時点、ネット証券各社公式資料を参照
※2 最安プランを利用した場合
※3 2019年

ポイント1高性能取引ツールが無料

楽天証券では、取引ツールを無料提供しています。

代表的な取引ツールは、リアルタイムかつ豊富な情報量と最先端の機能を備える「マーケットスピード2」や、株取引に必要な機能を網羅した高機能アプリ「iSPEED」などです。

さまざま投資スタイルに対応できるのはもちろん、いずれの取引ツールも使いやすさ・機能性の高さに定評があります。

取引ツールは、投資の結果にも影響しかねない重要なものです。高性能の取引ツールが無料で使えることは、楽天証券の強みと言えます。

ポイント2楽天ポイントが貯まる・使える

楽天証券では、楽天ポイントを使って投資できます。

ポイント投資対象商品は「投資信託」「国内株式」「バイナリーオプション」の3つです。ポイントが使えるので、現金を使わずに投資をスタートできます。

既に楽天ポインを貯めている方は、ポイントを元手に投資をはじめてみても良いでしょう。

また、楽天証券では取引内容や各種キャンペーンによって、楽天ポイントが貯まります。

ポイント3楽天カード・楽天銀行との併用がお得

楽天証券は、楽天カード・楽天銀行と相性抜群のネット証券です。

 楽天証券口座と楽天銀行口座を連携すれば、振込手数料・入出金手数料が無料。さらに、楽天銀行の普通預金に優遇金利(0.10%)が適用されます。

また、投信積立の引き落とし方法として、クレジットカード決済が可能。楽天カードを設定すれば、決済額100円あたり1ポイント楽天ポイントが付与されます。

マネックス証券

マネックス証券のおすすめポイント

ポイント1米国株の取扱銘柄が豊富

ポイント2IPOは平等抽選

ポイント3投資信託は全てノーロード(手数料無料)

口座開設数 約187万※1
取扱商品数 iDeCo
NISA
投資信託
国内株式
米国株式
IPO
ETF
FX
暗号資産CFD
債権
信用取引
先物・オプション
中国株
金・プラチナ
ON COMPASS
国内株式現物取引手数料
(10万・50万・100万)
110円・495円・成行注文1,000円/指値注文1,500円※2
国内株式信用取引手数料
(10万・50万・100万)
95円・190円・355円※2
外国株式取扱 米国
中国
米国株式手数料 最低0米ドル(1.11米ドル以下)
NISA手数料無料 国内株式売買手数料
米国株式買付手数料
中国株式買付手数料
投資信託本数
(ノーロード本数)
1,254本(全て無料)
IPO実績※3 45社
取引ツール・アプリ種類 全18種類
ポイント投資 不可
最低投資額 100円(投資信託)

※1 2020年10月時点、ネット証券各社公式資料を参照
※2 最安プランを利用した場合
※3 2019年

ポイント1米国株の取扱銘柄が豊富

マネックス証券は、米国株式に強みがあるネット証券です。

米国株の取扱銘柄数は3,600超。ネット証券最高水準の銘柄数です。大型銘柄にくわえ、中小型銘柄も豊富に用意しあるため、ここでしか買えない銘柄も多数あります。

 米国株の取引手数料は0米ドルから。約定代金の0.45%と、業界最低水準です。

米国株式投資を検討している方は、ぜひ抑えておきたいネット証券と言えます。

ポイント2IPOは平等抽選

マネックス証券は、IPO投資にも適したネット証券です。

 2019年IPO取扱銘柄数は45社。ネット証券大手5社の中で、SBI証券に次ぐ取扱銘柄数を誇ります。

また、マネックス証券のIPO抽選は完全平等です。公平な抽選を行うため、資金が少ない方やはじめたての方にも十分チャンスがあります。

ポイント3投資信託は全てノーロード

マネックス証券では、1250本以上の投資信託を提供しています。

 マネックス証券の投資信託は全てノーロード。どの投資信託も手数料無料で購入できます。

投資信託の中には100円から投資できるものが1,000本以上。少額から投資を始めたい、初心者にもピッタリです。

松井証券

松井証券のおすすめポイント

ポイント1創業100年以上の実績と信頼

ポイント2一日信用取引手数料0円

ポイント31日の約定代金合計50万円まで手数料無料

口座開設数 約126万※1
取扱商品数 iDeCo
NISA
株式現物取引
株式信用取引
投資信託
IPO
貸株サービス
立合外分売
ベストマッチ
PTS
MMF
先物・オプション取引
FX
ETF・REIT
国内株式現物取引手数料
(10万・50万・100万)
0円・0円・1,100円
国内株式信用取引手数料
(10万・50万・100万)
0円・0円・1,000円
外国株式取扱
米国株式手数料
NISA手数料無料 国内株式売買手数料
投資信託購入手数料
投資信託本数
(ノーロード本数)
1,183本(全て無料)
IPO実績※2 21社
取引ツール・アプリ種類 全17種類
ポイント投資 可能(松井証券ポイント)
最低投資額 100円(投資信託)

※1 2020年10月時点、ネット証券各社公式資料を参照
※2 2019年

ポイント1創業100年以上の実績と信頼

松井証券は、大正7年創業・創業100年以上の老舗証券会社です。

日本で初めてインターネット取引を導入した会社としても知られる松井証券。企業歴史の長さは、それだけ多くの人に支持され続けているということに他なりません。

「お客様の豊かな人生をサポートする」という企業理念は、24時間受付可能なサポート体制をはじめ、業界最低水準の手数料・革新的な金融商品として反映されています。

ポイント2一日信用取引手数料0円

松井証券は、一日信用取引の手数料が0円です。

一日信用取引とは
返済期限が当日のデイトレード専用の信用取引のことです。

松井証券なら一日信用取引の手数料が無料のため、小さな利幅でも確実に利益が残せます。

ツールはスピーディーな取引に長けており、小刻みに1円単位で注文できます。松井証券は、デイトレーダーにもおすすめのネット証券です。

ポイント31日の約定代金合計50万円ま手数料無料

松井証券は、手数料無料で株式投資できます。

 1日の約定代金合計50万円までなら、株式現物投資の売買手数料は0円。信用取引手数料も50万円まで手数料が一切かかりません。

株式投資では、手数料が少ないほど手元に多くの利益が残ります。とくに少額取引を検討している方にとって、松井証券は利用しやすいネット証券と言えるでしょう。

auカブコム証券

auカブコム証券のおすすめポイント

ポイント1安心の三菱UFJフィナンシャル・グループ

ポイント2充実した取引ツールと豊富な情報コンテンツ

ポイント3上場株式を1株から売買できる

口座開設数 約117万※1
取扱商品数 iDeCo
NISA
債権
CFD
先物オプション
FX
投資信託
プチ株
フリーETF
現物株式
信用取引
国内株式現物取引手数料
(10万・50万・100万)
99円・275円・1,089円
国内株式信用取引手数料
(10万・50万・100万)
0円
外国株式取扱
米国株式手数料
NISA手数料無料 国内株式売買手数料
フリーETF
投資信託購入時手数料
投資信託本数
(ノーロード本数)
1,173本(全て無料)
IPO実績※2 24社
取引ツール・アプリ種類 全21種類
ポイント投資 可能(Pontaポイント)
最低投資額 100円(投資信託)

※1 2020年10月時点、ネット証券各社公式資料を参照
※2 2019年

ポイント1安心の三菱UFJファイナンシャル・グループ

auカブコム証券は、国内金融大手三菱UFJファイナンシャル・グループのネット証券です。

経営基盤が安定しているため、信頼度は抜群。自社で取引システムを開発・管理しており、セキュリティ対策・リスク管理も言うことありません。

安心して取引できることは、auカブコム証券の大きなメリットです。

ポイント2充実した取引ツールと方法な情報コンテンツ

auカブコム証券は、高機能な取引ツールに定評があります。

たとえば、auカブコム証券が提供する「kabuステーション」は自社開発の高機能・高速トレーディングツールです。豊富な発注機能や幅広い投資情報を網羅しています。

また、豊富な情報コンテンツにも要注目です。

「カブヨム」では、金融商品のワンポイントなど有益な情報を毎日配信。無料オンラインセミナーも開催されており、初心者でも投資を学べます。

取引ツール・アプリの種類は業界トップクラスの全21種類。豊富なラインナップがあるので、さまざまな投資スタイルに対応可能です。

ポイント3上場株式を1株から購入できる

auカブコム証券では、単元未満株の売買が可能です。

 auカブコム証券の単元未満株式取引は、通常100株や1,000株の株式でも1株から少額売買できます。

一般的な株式投資に必要な資金は約10万円程度。auカブコム証券なら、100分の1の資金から株式投資をスタートできます。

少額投資可能なauカブコム証券は、元手が少ない方や投資ビギナーと相性が良いネット証券です。

1注文ごとの手数料が安い!
ネット証券
おすすめ比較ランキング

ライブスター証券

ライブスター証券のおすすめポイント

ポイント1現物投資の手数料が業界最低水準

ポイント2信用取引手数料無料

ポイント3投資信託を100円から購入できる

取扱商品数 NISA
現物取引
信用取引
先物取引
投資信託
FX
1注文ごと現物取引手数料
(10万・50万・100万)
88円・198円・374円
1注文ごと現物取引手数料
(100万以上)
  • 150万円以下:440円
  • 300万円以下:660円
  • 300万超え:880円
1注文ごと信用取引手数料
(10万・50万・100万)
0円
1注文ごと信用取引手数料
(100万以上)
0円
外国株式取扱
米国株式手数料
NISA手数料無料 投資信託購入時手数料
投資信託本数
(ノーロード本数)
2本(全て無料)
IPO実績 5社
取引ツール・アプリ種類 全4種類
ポイント投資 不可
最低投資額 100円(投資信託)

※2019年

ポイント1現物投資の手数料が業界最低水準

ライブスター証券は、業界最低水準の手数料が最大の特徴です。

国内株式現物取引の1注文ごと手数料は10万円以下88円。50万円以下198円、100万円以下374円です。いずれも大手ネット証券を上回る格安設定となっています。

また、高額取引の手数料が安いこともライブスター証券のメリットです。

300万円を超える手数料は一律880円。かりに1,000万円を超える売買でも880円しか手数料がかかりません。

ポイント2信用取引手数料無料

ライブスター証券の信用取引は、全銘柄の取引手数料が無料です。現引・現渡手数料も無料となっています。

50万円以下、100万円以下など条件付きで手数料無料のネット証券はいくつかありますが、全ての手数料がかからないネット証券はほとんどありません。

信用取引を行う投資家にとっては、大きなメリットがあります。

ポイント3投資信託を100円から購入できる

ライブスター証券では「ひふみプラス」「ひふみワールド+」2種類の投資信託を用意しています。

ひふみワールド+は、小額投資に対応。購入単位が100円以上1円単位となっているため、気軽に購入できます。

毎週1000円ずつの購入や小銭貯金の感覚での購入など、様々なライフスタイルに応じた運用が可能です。

DMM.com証券

DMM.com証券のおすすめポイント

ポイント1業界最低水準の手数料

ポイント2米国株式手数料0円

ポイント3NISA口座対応

取扱商品数 NISA
現物取引
信用取引
米国株式
FX
CFD
競争用馬ファンド取引
1注文ごと現物取引手数料
(10万・50万・100万)
88円・198円・374円
1注文ごと現物取引手数料
(100万円以上)
  • 150万円以下:440円
  • 300万円以下:660円
  • 300万超え:880円
1注文ごと信用取引手数料
(10万・50万・100万)
88円
1注文ごと信用取引手数料
(100万以上)
  • 300万円以下:88円
  • 300万円超え:0円
外国株式取扱 米国株式
米国株式手数料 0円
NISA手数料無料 国内株式売買手数料
投資信託本数
(ノーロード本数)
IPO実績 3社 
取引ツール・アプリ種類 全15種類
ポイント投資 可能(DMM株ポイント)
最低投資額 数万円程度(株式投資)

※2019年

ポイント1業界最低水準の手数料

DMM.com証券は、リーズナブルな手数料が魅力のネット証券です。

国内株式売買手数料は

  • 現物取引50円~
  • 信用取引0円〜

業界最安値水準となっています。

さらに、DMM.com証券では手数料に対して1%の株ポイントを付与。貯まったポイントは1ポイント=1円として、現金に交換したり取引に使ったりできます。

ポイント2米国株式手数料0円

DMM.com証券は、米国株式を取り扱っています。

 米国株式の取引手数料は、約定代金にかかわらず一律0円です。

米国株式の手数料がかからないのは、DMM.comならではの特徴です。米国株式を最もお得に購入できるネット証券と言えるでしょう。

ポイント3NISA口座対応

DMM.com証券は、NISA口座対応のネット証券です。

DMM.com証券のNISA口座・ジュニアNISA口座での取引は、国内株式の売買手数料が無料となっています。

配当金や売却益が非課税になるNISA口座。口座開設手数料、口座維持手数料は無料ですので、まだ持っていない方はNISA口座の開設も検討しましょう。

LINE証券

LINE証券のおすすめポイント

ポイント1買付手数料0円

ポイント21株数百円から投資可能

ポイント3スマホ特化型ネット証券

取扱商品数 国内株式現物取引/国内株式信用取引/投資信託/
1注文ごと現物取引手数料
(10万・50万・100万)
176円・484円・869円(※いずれも買付0円)
1注文ごと現物取引手数料
(100万円以上)
  • 150万円:1,056円(買付0円)
  • 3,000万円:1,661円(買付0円)
  • 3,000万円超え:1,771円(買付0円)
1注文ごと信用取引手数料
(10万・50万・100万)
0円
1注文ごと信用取引手数料
(100万以上)
0円 
外国株式取扱
米国株式手数料
NISA手数料無料 未対応
投資信託本数
(ノーロード本数)
28本(全て無料)
IPO実績
取引ツール・アプリ種類 全1種類
ポイント投資 可能(LINEポイント)
最低投資額 100円(投資信託)

※2019年

ポイント1買付手数料0円

LINE証券は、国内株式手数料の買付手数料が0円です。株を購入する際の手数料は一切かかりません。

さらに、信用取引売買手数料は全て無料です。うれしい低コストで株式投資が行えます。

ポイント21株数百円から投資可能

LINE証券では、1株数百円から気軽に投資できます。

一般的な株式取引は100株単位での取引ですが、LINE証券は1株単位で取引可能です。1株単位の購入でも配当金を受けたり、条件次第で株主優待を受けたりできます。

LINE証券なら、まとまった資金がない方でも問題ありません。少ない資金で有名企業に投資できます。

ポイント3スマホ特化型ネット証券

LINE証券は、スマホ特化型のネット証券です。

 取引画面は、シンプルなデザイン仕様。初心者にも見やすく、直感的に操作できます。

LINE証券へはLINEアプリから簡単にアクセス可能です。申し込み手続きはLINEで完結。最短翌営業日に口座開設できます。

1日定額の手数料が安い!ネット証券おすすめ比較ランキング

SBI証券

SBI証券のおすすめポイント

ポイント11日100万円まで手数料無料

ポイント2NISA口座での取引手数料は永久に0円

ポイント3充実のマーケット情報が無料

取扱商品数 iDeCo
NISA
投資信託
国内株式
外国株式
債権
FX
先物・オプション
CFD
金・銀・プラチナ
eワラント
保険
1日定額の現物取引手数料
(10万・50万・100万)
0円
1日定額の現物取引手数料
(100万以上)
  • 200万円まで:1,278円
  • 以降100万円増加ごとに:440円
1日定額の信用取引手数料
(10万・50万・100万)
0円
1日定額の信用取引手数料
(100万以上)
  • 200万円まで:964円
  • 以降100万円増加ごとに:440円
  • 3,000万円以上:0円
外国株式取扱 米国
中国
韓国
ロシア
ベトナム
インドネシア
シンガポール
タイ
マレーシア
米国株式手数料 約定代金の0.495%
NISA手数料無料 国内株式売買手数料
海外ETF買付手数料
投資信託本数
(ノーロード本数)
2,690本(2,634本)
IPO実績 82社
取引ツール・アプリ種類 全10種類
ポイント投資 可能(Tポイント)
最低投資額 100円(投信積立)

※2019年

ポイント11日100万円まで手数料無料

SBI証券は、1日の取引金額100万円までの手数料が無料です。

楽天証券・松井証券など、1日定額50万円まで手数料無料のネット証券は複数ありますが、100万円まで手数料無料のネット証券はSBI証券のみです。

初めての方も、少額投資の方も手数料を気にせず投資できます。

ポイント2NISA口座での取引手数料は永久に0円

SBI証券は、NISA口座開設数も断トツのネット証券です。

SBI証券のNISA口座手数料は、

  • 国内株式:売買代金にかかわらず買付・売却ともに0円
  • 海外ETF:買付代金に関わらず買付手数料0円

となっています。

さらに、これらNISA口座での取引手数料は恒久的に0円です。

NISA口座を開設するなら、ぜひ候補に入れておきたいネット証券と言えます。

ポイント3充実のマーケット情報が無料

SBI証券は、充実のマーケット情報が無料で利用可能です。

  • リアルタイム株価
  • チャート
  • 株主優待検索
  • 四季報情報

など、豊富な投資情報が無料で簡単にチェックできます。

専属アナリストや著名アナリストが情報を配信してくれるため、情報の質も言うことありません。

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券のおすすめポイント

ポイント1信用取引・現物取引合計100万円まで手数料無料

ポイント2投資信託の購入時手数料無料

ポイント3高品質な取引ツールと情報が無料

取扱商品数 iDeCo
NISA
国内株現物取引
国内株信用取引
投資信託
先物・オプション取引
FX
CFD
1日定額の現物取引手数料
(10万・50万・100万)
0円・0円・880円
1日定額の現物取引手数料
(100万以上)
100万円増加ごとに:550円
1日定額の信用取引手数料
(10万・50万・100万)
0円・0円・770円
1日定額の信用取引手数料
(100万以上)
  • 200万円まで:1,100円
  • 以降100万円増加ごとに:330円ずつ増加
外国株式取扱
米国株式手数料
NISA手数料無料 投資信託購入時手数料
投資信託本数
(ノーロード本数)
530本(全て無料)
IPO実績 37社
取引ツール・アプリ種類 全26種類
ポイント投資 不可
最低投資額 100円(投資信託)

※2019年

ポイント1信用取引・現物取引合計100万円まで手数料無料

岡三オンライン証券は、株取引最大100万円(現物50万円+信用50万円)まで株式手数料0円です。

1日定額プランの手数料は業界最低水準。現物投資・信用取引ともに50万円まで、取引コストをかけず投資できます。

ポイント2投資信託の購入時手数料無料

岡三オンライン証券は、約530本の投資信託を提供しています。

 全ての投資信託は、いつでも購入時手数料が0円です。

また、岡三オンライン証券では投信移管手数料も実質0円です。

時価合計額が500万円以上の投資信託を移管した場合、発生した移管手数料相当額が証券総合取引口座にキャッシュバックされます。

ポイント3高品質な取引ツールと情報が無料

岡三オンライン証券は、高品質な取引ツールが魅力のネット証券です。

取引ツール・アプリは全20種類以上。優れた操作性と豊富な情報量が魅力の「岡三ネットトレーダーシリーズ」をはじめ、充実したツールを幅広く取り揃えています。

また、投資情報コーナーでは、最新のニュースが配信。アナリストなどの専門家が書いたレポートも閲覧可能です。

最新情報がリアルタイムで入ってくるので、相場の旬のテーマも素早く確認できます。

楽天証券

楽天証券のおすすめポイント

ポイント11日50万円まで手数料無料

ポイント2米国株式手数料は最低0円から

ポイント3NISA国内株式手数料0円

取扱商品数 iDeCo
NISA
投資信託
国内株式
外国株式・海外ETF
債権
楽天FX
先物・オプション
バイナリーオプション
楽ラップ
外国為替
保険
金・プラチナ
1日定額の現物取引手数料
(10万・50万・100万)
0円・0円・943円
1日定額の現物取引手数料
(100万以上)
  • 200万円まで:2,200円
  • 300万円まで:3,300円
  • 以降100万円ごとに:1,100円
1日定額の信用取引手数料
(10万・50万・100万)
0円・0円・943円
1日定額の信用取引手数料
(100万以上)
  • 200万円まで:2,200円
  • 300万円まで:3,300円
  • 以降100万円ごとに:1,100円
外国株式取扱 米国
中国
アセアン
米国株式手数料 最低0米ドル(2.22米ドル以下)
NISA手数料 国内株式売買手数料
投資信託買付手数料
海外ETF買付手数料
投資信託本数
(ノーロード本数)
2,688本(全て無料)
IPO実績 26社 
取引ツール・アプリ種類 全7種類
ポイント投資 可能(楽天ポイント)
最低投資額 100円(投資信託)

※2019年

ポイント11日50万円まで手数料無料

楽天証券は、国内株式手数料が最低0円から。1日50万円なら手数料無料で売買できます。

 現物取引手数料はもちろん、信用取引手数料も1日定額50万円まで手数料0円です。

1注文ごとの手数料も最低55円〜とリーズナブルなため、初心者でも最低限のコストで投資をスタートできます。

ポイント2米国株式手数料は最低0円から

楽天証券は、米国株式を購入できます。

 米国株式手数料は最低0円から。2.22米ドル以下の取引では手数料が一切かかりません。

業界最低水準の低コストで、世界規模の大企業に投資可能です。

ポイント3NISA国内株式手数料0円

楽天証券は、2019年つみたてNISA口座数No.1のネット証券です。

楽天証券のNISA口座は口座開設料・管理料0円。さらに、以下手数料が全て無料となっています。

  • 国内株式売買手数料
  • 投資信託買付手数料
  • 海外ETF買付手数料

リーズナブルに投資できるため、楽天証券はNISA口座の開設もおすすめです。

※2020年10月時点、楽天証券公式ページを参照

まとめ

ここまで、2021年おすすめのネット証券おすすめランキングを紹介してきました。

ネット証券選びでは「手数料」「取引ツール」「取扱商品」などを比較し、少しでも自分の目的にマッチした証券会社を選ぶことが大切です。

ネット証券会社の特徴を把握し、自分に合った証券会社を利用できれば、そのぶん満足度の高い投資が行えます。

ぜひこの記事を参考に、気になったネット証券の口座を開設してみてください。

関連記事

人気記事

おすすめ

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事