飲み会でクレジットカードを使うメリットは?おすすめカードも紹介

飲み会の幹事になると、日程調整や参加者の出欠、店選び、当日の進行、支払いなどやるべきことが多いため、「大変そう」などのイメージがあるかもしれません。

しかし、会計時に現金ではなく、クレジットカードを使うことで大量のポイントをゲットできるチャンスでもあります。

「忙しいのに幹事をしなければならない…」とネガティブにならず、プラスになる点を考えてみましょう!

そこで今回は、飲み会でクレジットカードを使うメリット・デメリットや、おすすめのカードを紹介していきます。

飲み会でクレジットカードを使うメリット

飲み会でクレジットカードを使うメリット

飲み会や宴会の幹事となると「日程の調整や予算の決定、参加人数を確定させたら店を選んで…」ととにかく大変だというイメージがある人の方が多いでしょう。

しかし飲み会の幹事にはメリットも存在します。よって、幹事役のチャンスがあれば是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

幹事は大変ではありますが、発言権も大きいのである程度の自由度があるというのがポイントです。

飲み会で幹事をするメリットは、主に以下の4つがあります。

 飲み会でクレジットカードを使うメリット
  • 上司・同僚からの評価が上がる
  • 自分の好きな店を選べる
  • スムーズに支払いができる
  • 支払い金額に応じてポイントが貯まる

ここからは、メリットについて解説していきます。

上司・同僚からの評価が上がる

飲み会でクレジットカードを使うメリット

幹事は大変であるというイメージから、「できればやりたくない」と感じる人も多いかもしれません。

それだけに幹事を進んでやってくれる人というのは頼りになるという印象を持ってもらえるでしょう。

多くの人が参加する企画を任せても滞りなく進行させることのできる人は、人の上に立っても指導力を発揮できるのではないかと期待してもらえる可能性もあります。

 必ずしも「幹事=仕事ができる」ではありません。それでも人がやりたがらないこともやる人や、多くの人が参加する企画を進行できる人というのは貴重な存在に違いありません。

さまざまな条件が課せられた中で企画を滞りなく進行させることは、決して簡単なことではいでしょう。試行錯誤せずに誰にでもできることではありません。

よって、チャンスがあれば自身のスキルアップのためにもやってみるも良いでしょう。

自分の好きな店を選べる

飲み会でクレジットカードを使うメリット

飲み会は必ずしも会社関係という訳ではありません。例えば、友人趣味の仲間と集まる際にも、場合によっては幹事が必要ということもあるでしょう。

[frame-memo text=”その際に自分のおすすめの店や、一度行ってみたかった店を利用する等の選択権があるのも幹事の特権です。”]

自分で店を決められる幹事なら、自分好みの料理が出る店に決めることもできるでしょう。

店選びは1カ月前に済ませると安心

お店の予約はできれば1ヶ月は前に済ませましょう。忘年会など宴会が増えるシーズン前は、特に余裕をもって予約する方が安心です。

また、注文した分をそれぞれ計算して人数で割ってとなると時間もかかり非常に手間ですし、予算オーバーで困ってしまう人もいるでしょう。そこで、料理の予約はあらかじめ料金が分かっているコース料理を選ぶのが無難です。

何月何日何時から飲み会で参加費はいくら、と事前にしっかり決まっていれば参加する側も参加しやすいですね。

スムーズに支払いができる

飲み会でクレジットカードを使うメリット

飲み会の規模によっては、支払い総額が数万円になってしまうケースも珍しくありません。仮に現金で払おうとした場合、参加者から集金をして金額が足りているか確認しなければならないため、会計に時間がかかってしまうでしょう。

レジでの支払い時にも店員が金額の確認をするので、さらに時間がかかってしまいますね。

しかし、クレジットカードを使用すると会計前後の集計時間がかからないため、スムーズに支払いを行うことができます。

支払い金額に応じてポイントが貯まる

飲み会の代金を現金で支払う場合を考えてみましょう。仮に一人3,700円だとして15人分を集めると、千円札や1万円札、硬貨が混在してしまい、確認が難しい状態になってしまいます。

[frame-memo text=”それを考えれば、幹事として店に支払いをする際はクレジットカードにした方がスマートに支払いができるでしょう。”]

さらに、クレジットカードで支払うと金額に応じたポイントも付与されます。

例えば、15人の飲み会で1人あたりの支払額が4,000円だった場合の支払総額は、60,000円です。還元率1%のクレジットカードなら、600円相当分のポイントが付与されることになります。

幹事の仕事量に見合うかどうかは人それぞれですが、扱う金額が大きければ大きいほどもらえるポイントも増えるでしょう。

飲み会でクレジットカードを使うデメリット

飲み会でクレジットカードを使うデメリット

上記でも解説したように、飲み会の会計時にクレジットカードで支払いをするといくつかのメリットがあります。

しかし、その反面いくつかのデメリットも存在します。例えば、飲み会でクレジットカードを使うデメリットには以下のようなものがあります。

 飲み会でクレジットカードを使うデメリット
  • ポイントを得ることで、1人だけ得をしていると思われる可能性がある
  • 集金時に金額の誤差が発生する可能性がある
  • クレジットカードの限度額を超えてしまい、払えない可能性がある

では、デメリットを順に解説していきます。

ポイントを得ることで、1人だけ得をしていると思われる可能性がある

飲み会でクレジットカードを使うデメリット

飲み会の会計時にクレジットカードを使用するとスマートに支払いを行えるため、おすすめです。

さらに、先ほども解説したようにクレジットカードの支払金額に応じたポイントも貯まるため、飲み会の規模によっては一度に多くのポイントを得ることもできるでしょう。

注意!
ただし、参加者によってはポイントを得ることで「幹事だけが得をしているのでは?」と感じる人もいるかもしれません。

幹事の手間を考えれば「ポイントくらいもらっても良いのではないか」と考える人も多いかもしれません。しかし、大規模な宴会になってくるとポイントの量も増えるため、付与されるポイントによっては非難されてしまう可能性もあります。

集金時に金額の誤差が発生する可能性がある

飲み会でクレジットカードを使うデメリット

スムーズに会計を済ませようと、参加者から集金する前にクレジットカードで支払いを済ませておこうと考える人もいるかもしれません。

確かに、事前に参加費を定めていない飲み会では、支払いを終えてから一人分の支払額を計算して集金したいケースもあるでしょう。

しかし、後から集金をした場合、実際の支払額と集まった金額に差額が発生する可能性もあります。

したがって、大人数での飲み会をする際には一人あたりの支払金額が明瞭なコースメニューを選んだり、支払い前に集金して誤差が発生していないか確認したりなどの対策を行いましょう。

クレジットカードの限度額を超えてしまい、払えない可能性がある

クレジットカードにはそれぞれ設定された限度額があります。使い過ぎや盗難時の対策でもあるのですが、大規模な飲み会になってくると金額も大きくなります。

よって、クレジットカードの利用状況によっては限度額を超えてしまい、飲み会の代金が支払えない可能性もあります。

事前に自分のカードの限度額を確認しておくと安心ですね。

おすすめのクレジットカード3選

リクルートカード

リクルートカード
リクルートカードがおすすめな理由

理由1 ホットペッパーグルメを使うと人数×50ポイントを進呈
理由2 どこで使っても基本的に還元率1.2%
理由3 貯まったポイントはdポイントやPontaポイントに交換可能

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
旅行保険 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 申込条件
永年無料 1.2% 12カ月

海外:最高2,000万円

海外:最高1,000万円

海外:年間200万円

国内:年間200万円

満18歳以上(高校生を除く)

出典:https://recruit-card.jp/?campaignCd=affa0016

飲み会の幹事役になることを考えると、リクルートカードのサービスは魅力的でしょう。

[frame-memo text=”リクルートカードはリクルートポイントで付与されますが、dポイントかPontaポイントに交換も可能です。”]

貯まったポイントはポンパレモールOisixなどさまざまなサービスで使用できるため、ぜひご活用下さい。

ポイントホットペッパーグルメを有効活用できる

スクリーンショット

ホットペッパーグルメからネット予約・来店をすると、人数×50ポイントが付与されます。

これはホットペッパーグルメに登録されている店舗でなければ使えない方法ですが、自分が幹事なら店を選択できる可能性は高いでしょう。

参加者に喜ばれるお店が見つかれば、非常にメリットの大きいカードだと言えます。

ホットペッパーグルメに登録されている店舗数は75万店を超えています。きっと条件に合うお店も見つかるでしょう。

JCBカードW

JCBカードW
JCBカードWがおすすめな理由

理由1 パートナー店を利用すればポイントは最大11倍
理由2 対象の飲食店ではポイント2倍
理由3 優待サイトを経由するとポイント最大20倍

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
旅行保険 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 申込条件
永年無料 1.0% 24ヶ月

海外:最高2,000万円

海外:年間100万円
18歳以上39歳以下(高校生を除く)

出典:https://www.jcb.co.jp/promotion/ordercard/w/

JCBカードWも飲み会というシチュエーションで考えた時におすすめできる一枚です。還元率1.0%で、「木曽路」「和民」など対象の飲食店を専用サイトで登録してから利用すれば、ポイントが2倍になります。

 JCBが運営しているポイントアップサイトへの登録と設定が必要です。設定に漏れがあるとポイントが付与されないことがあるので、しっかり確認しておきましょう。

※1,000円(税込)につき2ポイントが付与され、『JCBプレモカードOki Doki チャージ』では1ポイント=5円分のチャージができるため、1ポイント=5円相当とした場合に何円分のポイントが還元されるかに基づいてポイント還元率を算出しています。

ポイントポイント優待サイトが充実している

スクリーンショット

JCBにはOki Dokiランドというポイント優待サイトもあり、優待サイトを経由して買い物をするとポイントが最大20倍もらえることもあります。

参加ショップにはRakutenやJTB、さとふるをはじめとするさまざまな店舗が登録しているため、ぜひご活用ください。

優待サイトでは家電や本、ファッション、グルメなどさまざまなカテゴリからショッピングを楽しめますよ。

dカード

dカード
dカードがおすすめな理由

理由1 dポイントカードとd払いの併用でポイント二重取りができる
理由2 特約店の利用でポイントアップ
理由3 ケータイ補償が最大1万円

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
旅行保険 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 申込条件
永年無料 1.0% 48カ月

×

海外:年間100万円
国内:年間100万円
満18歳以上(高校生除く)

出典:https://d-card.jp/st/abouts/d-cardapply.html

dカードは、対象の特約店で使用すればポイント還元率がアップするカードです。

例えば、「伊達の牛たん本舗」では100円(税込)ごとに3%が付与されます。

さらに、dポイント・d払いのどちらにも対応した対象店であれば、カードの提示で貯まるポイントとd払いにすることによって付与されるポイントを二重にもらうことができます。

 参加者の希望を無視した店選びは望ましくありませんが、該当すれば多くのポイントが付与されるためおすすめです。

ポイント大手キャリアならではのサービス

スマートフォン

飲み会以外でのメリットとしては、docomoユーザーの場合にケータイ補償のサービスが付くことが挙げられます。

docomoユーザー以外の方でも、dポイント自体が広く普及しているポイントであることと、ポイントアップサイトを使うことで得られるポイントアップというメリットがあります。

スマホの大手キャリアであるdocomoが提供しているクレジットカードです。docomoユーザーなら特にメリットは大きいでしょう。

よくある質問

飲み会での支払いにおすすめのクレジットカードは?
リクルートカードがおすすめです。リクルートカードでは、ホットペッパーグルメでネット予約をすると利用した人数×50ポイントが付与されるため、飲み会の規模によっては多くのポイントを得られるでしょう。
飲み会の幹事をする時に気を付けることは?
参加者のスケジュール把握や、好みなどに気を付けなければいけません。また開催予定の店舗も1カ月前には予約しておく方が無難でしょう。早めに行動することで、何かトラブルがあっても対処できる可能性は高まります。
飲み会の会計の際に気を付けることは?
集めた現金ではなくカード払いにしているところを見られて「幹事が一人だけポイントを貯めている」など非難を受ける可能性があります。よって、支払いは飲み会が終わる前に早めに済ませておく方が無難でしょう。
飲み会でのクレジットカード払いがおすすめな理由は?
飲み会の参加人数によっては支払い金額が大きくなるため、集金や集計だけで多くの時間を要してしまいます。会計が長引いて他の参加者を待たせてしまうのは良いことではないでしょう。カード払いにしてしまうことでスムーズな支払いをすることができます。
クレジットカードを使うメリットは?
先ほども解説したように、スムーズな会計ができるのはカード払いの大きなメリットです。また、クレジットカードを使えば使うほどポイントが貯まるので、参加者全体の支払いを代表して行う幹事役なら多くのポイントが付与されることでしょう。
飲み会の幹事を頼まれたらやるべき?
多くの人が思っているように、飲み会の幹事役は大変で手間がかかることではあります。しかし、周囲へのアピールはもちろん、自分で開催する店を選べる可能性も高く、カード払いにすることによってポイントが付与されるなどのもメリットがあるのも事実です。よって、経験してみるのも良いのではないでしょうか。
クレジットカードを使う際の注意点は?
クレジットカードの限度額は、事前に確認しておきましょう。また、多くの人が出入りするお店ではクレジットの暗証番号を盗み見られる可能性もあります。よって、支払いの際は周囲にも注意しましょう。

まとめ

今回は、飲み会でクレジットカードを使うメリット・デメリットや、飲み会での支払いにおすすめのクレジットカードを紹介しました。

飲み会の幹事と聞くと「大変そう」「負担が多そう」などというイメージが強いかもしれませんが、実は幹事ならではのメリットもあります。

利用するクレジットカードや飲食店によっては、通常時よりもポイント還元率がアップする場合もあるため、ぜひ活用してみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事