すぐお金を借りたい! お金を借りる方法とは?

「今すぐお金を借りたい……」「急遽な出費がかさなってお金が足りない……」などは、誰にでも起こり得ることです。

そこで今回はお金を借りたい方向けに、お金を借りる具体的な方法を紹介します。お金を借りるために必要な審査についても解説しています。

お金を借りたい方必見の内容です。今日中にお金を借りる方法もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

お急ぎの方!!すぐにお金を借りたい方
こちら

最短即日融資可能なおすすめカードローン3選!

1プロミス

プロミス

プロミスの特徴

特徴1はじめてなら30日間まるごと利息ゼロ!

特徴2Web契約なら最短即日融資も可能

特徴3アプリで完結「アプリローン」

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 融資スピード
4.50%〜17.80% 500万円 最短30分 最短30分
借入方法 返済方法 WEB完結 申込可能年齢
  • 口座振込
  • ATM
  • インターネット
  • 口座振替
  • 店頭窓口
  • ATM
可能 20歳〜69歳

プロミスの特徴

プロミスは、オリコン満足度調査で高い評価を得ているカードローンです。土日でも夜間でも原則24時間の振込融資に対応しており、必要なタイミングでいつでも利用できます。

プロミスでは、はじめての方限定で30日間無利息期間を設けています。初回ご利用の翌日から30日以内に返済すれば、利息を支払う必要はありません。

また、Web契約なら最短即日融資も可能です。「アプリローン」を使えば、申し込みから借入までアプリで完結することもできます。

プロミスの審査基準

プロミス公式ページでは、審査について次のように記載しています。

お申込みいただける方の条件は、年齢20歳〜69歳のご本人にで安定した収入がある方です。主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。

引用元:プロミス公式サイト

上記から、20歳〜69歳の方で安定した収入があれば誰でも申し込み可能であることがわかります。おな、詳細な審査基準は公表されていません。

プロミスで最短即日お金を借りたい場合の流れ

プロミスで最短即日でお金を借りたい場合は、次の流れで手続きを行いましょう。

プロミス最短即日融資の流れ
  1. プロミス公式サイトにアクセス
  2. 「お申し込みはこちら」を選択
  3. 必要事項を入力
  4. 「WEBでご契約」を選択
  5. 審査
  6. 必要書類を「アプリ」から送信
  7. 返済方法を選択
  8. アプリにログイン
  9. 振込キャッシングを依頼

プロミスには、24時間最短10秒で振込可能な「瞬フリ」というサービスがあります。瞬フリを利用するためには、夜10時までの指定口座登録が必要です。

プロミスは最短60分での最短即日融資に対応しています。最短即日融資の希望をする場合には、申し込み時間に注意しましょう。

2SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットの特徴

特徴1SMBCグループの安心感

特徴2WEB完結申込対応

特徴3返済するたびにTポイントが貯まる

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 融資スピード
3.00%〜18.00% 800万円 最短30分※1 最短即日※1
借入方法 返済方法 WEB完結 申込可能年齢
  • 口座振込
  • ATM
  • インターネット
  • 口座振替
  • 店頭窓口
  • ATM
可能 20歳〜69歳

※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります 

SMBCモビットの特徴

SMBCモビットは、SMBCグループに所属する会社です。公式ホームページでは、最短10秒で簡易審査結果を表示。少ない項目で融資可能かわかります。

来店不要の最短即日融資にも対応しており、条件と審査次第では当日中の借入が可能です。三井住友銀行やゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行といった、指定の銀行口座を持っていればWEB完結申し込みもできます。

また、SMBCモビットでは、返済するたびにTポイントが貯まる「Tポイントサービス」を実施しています。返済額のうちの利息分200円につき1ポイントを付与。貯まったTポイントは全国の提携店で利用できます。

SMBCモビットの審査基準

SMBCモビットの審査基準は公式ページに次のように記載されています。

年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方。アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です。(当社基準を満たす方)

引用元:SMBCモビット公式サイト

SMBCモビットは、年齢条件を満たしていれば非正規雇用の方でも申し込めます。しかし「当社基準を満たす方」という注意書きがあり、条件を満たしているからと言って必ず審査に通るとは限りません。

SMBCモビットで最短即日お金を借りたい場合の流れ

SMBCモビットで最短即日でお金を借りたい場合には、以下の流れで手続きを進めましょう。

SMBCモビット最短即日融資の流れ
  • SMBCモビット公式ページにアクセス
  • ネットで申し込み
  • 申し込み後、コールセンターに電話
  • 審査
  • メールで審査結果の確認
  • メールに記載されたURLから入会手続きを行う
  • 入会完了メールを受け取る
  • 「振込」もしくは「ローン契約機」から借り入れ

審査の結果によっては、モビットカードの受け取りが「郵送のみ」となる場合があります。その場合、モビットカードが届くまでに時間がかかってしまいます。

SMBCモビットでweb完結申し込みするには「三井住友・ゆうちょ・みずほ・三菱UFJ」いずれかの口座が必要です。あわせて確認しておきましょう。

こちらの記事もおすすめ

3アコム

アコム

アコムの特徴

特徴1三菱UFJフィナンシャル・グループ

特徴230日間金利0円

特徴3スマホがあればカードレスで借入可能

金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 融資スピード
3.00%〜18.00% 800万円 最短30分 最短即日
借入方法 返済方法 WEB完結 申込可能年齢
  • 口座振込
  • ATM
  • インターネット
  • 口座振替
  • 店頭窓口
  • ATM
可能 20歳〜69歳

※在籍確認が行われる可能性がございます。

アコムの特徴

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループのカードローンです。はじめての方なら最大30日間金利0円で利用できます。利用限度額は最高800万円。使い途自由で高額なお金を借入れすることを期待できます。

アコムは振込み融資対応のカードローンです。振り込み融資はインターネットや電話から24時間365日申し込み可能。申し込み完了後、楽天銀行に口座をお持ちなら最短1分程度で指定の口座にお金が振り込まれます。

また、アコム公式アプリをインストールすれば、ード不要でセブン銀行ATMからの借入も可能。返済もインターネットから24時間365日できるなど、借入・返済しやすいカードローンです。

アコムの審査基準

アコム公式ページでは、審査基準について次のように記載されています。

20歳以上の安定した収入(アルバイト)と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方。

アコム の申込み条件では属性について言及していません。アコムの基準を満たす方であれば、主婦や学生でも利用できる場合があります。

アコムで最短即日お金を借りたい場合の流れ

アコムで最短即日でお金を借りたい場合には、次の流れで手続きを進めましょう。

アコム最短即日融資の流れ
  • アコム公式ページにアクセス
  • 「このままインターネットでお申し込み」を選択
  • 必要事項を入力
  • 審査
  • 審査結果をメールで受け取る
  • メールに記載されたURLから会員登録手続きを行う
  • 「振込」もしくは「自動契約機(むじんくん)」から借り入れ

アコムでは、土日祝日でも自動契約機ATMから最短即日融資に対応をしています。最寄りの自動契約機の営業時間を確認し、遅くとも営業終了1時間前には手続きしましょう。

アコムは自動契約機と店舗が全国に938ヶ所※1もあります。ATMの設置台数も51,344台ある※2ので、住んでいる場所にかかわらず利用しやすいカードローンといえますね。
※1…2020年3月現在
※2…2020年3月現在の自社ATM、提携ATMの合計

即日・審査なしでお金を借りる方法はある?

即日・審査なしでお金を借りる方法はある?

いますぐお金が必要という方の中には「時間がかかる審査なしでお金を借りたい」という方も多いのではないでしょうか。

しかし、審査なしでお金を借りることは基本的に不可能です。友人や家族以外からお金を借りる場合、ほとんどのケースで賃金業者を利用します。

賃金業者とは

その名の通り「賃金業(お金を貸す事業)」を行っている会社のことです。お金を貸すことで利益を得ることを目的としています。

貸金業者の主要な利益となるのは、利息です。貸金業者はお金を貸す際、金利を設定しています。借りた側は、金利に応じた利息を上乗せして返済しなくてはなりません。

即日・審査なしでお金を借りる方法はある?

賃金業者にとって大きなリスクは「貸したお金が返ってこないこと」です。貸したお金が返ってこない場合、貸金業者に損失が発生します。

貸したお金が返ってこないリスクを事前に防ぐため、賃金業者は審査を実施。その人がしっかりお金を返済できるのか、審査を通して確認しているのです。

審査なしの融資は法律でもNG行為

また、そもそも貸金業者による審査なしの貸付は貸金業法によって禁止されています。貸金業法は、貸金業者が行う融資について次のように定めています。

貸金業法 第13条(返済能力の調査)

第1項 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。

第2項 貸金業者が個人である顧客等と貸付けの契約(極度方式貸付けに係る契約その他の内閣府令で定める貸付けの契約を除く。)を締結しようとする場合には、前項の規定による調査を行うに際し、指定信用情報機関が保有する信用情報を使用しなければならない。

引用元:電子政府の総合窓口”e-GOV

貸金業法 第13条の2

第1項 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合において、前条第1項の規定による調査により、当該貸付けの契約が個人過剰貸付契約その他顧客等の返済能力を超える貸付けの契約と認められるときは、当該貸付けの契約を締結してはならない。

引用元:電子政府の総合窓口”e-GOV

貸金業法では、貸金業者による融資前審査を義務化。返済能力を超える貸付を禁止しています。そのため、法律に従い事業を行っている会社であれば、必ず審査が行われます。

即日・審査なしでお金を借りる方法はある?

もし審査なしでお金が借りられる貸金業者がいれば、違法業者です。

注意!
違法業者に一度手を出してしまうと、金銭トラブルに巻き込まれる危険性がありますので、絶対に利用してはいけません。

繰返しになりますが、金融機関からお金を借りるには必ず審査が必要です。正しい知識を持って、正当な手段でお金を調達しましょう。

即日お金を借りたいならカードローンがおすすめ

法律の範囲内でお金を借りる方法はいくつもあります。お金を借りる方法の中でおすすめなのが「カードローン」です。カードローンはいますぐお金が必要な方にも適しています。

ここでは、最短即日お金を借りたい方にカードローンがおすすめな理由を紹介します。いますぐお金が必要という方は、とくに一読してみてください。

1最短即日対応可能

即日お金を借りたいならカードローンがおすすめ

カードローン会社の中には、最短即日融資対応が可能な会社があります。とくに大手消費者金融の多くは最短即日融資に対応しており、今日中にお金を借りられる可能性があります。

カードローン会社 最短融資可能時間
プロミス 最短30分※1
アイフル 最短即日※2
アコム 最短即日※3
レイクALSA 最短60分

※1プロミス「公式サイト」参照
※2アイフル「公式サイト」参照
※3アコム 「公式サイト」参照
※4レイクALSA「公式サイト」参照

ただし、カードローンの利用には審査が必要です。審査に通過しなければお金は借りられませんが、今すぐお金を借りられる可能性がある貴重な存在だといえます。

MM審査に通過したとしても申し込み時間等次第では即日融資できない場合がありあます。カードローンの最短即日融資を希望する方は申し込み時間等も確認しましょう。

2利便性が高い

即日お金を借りたいならカードローンがおすすめ

カードローンを利用する大きなメリットは利便性が高いことです。カードローンには、次のような特徴があります。

カードローン3つの特徴
  • お金の使い途が自由
  • 利用限度額の範囲内で何度も借入できる
  • お金を返したい時に返済日を待たずに返済できる

※一部金融商品によっては上記に該当しないケースもありま

お金を借りたい理由は人それぞれです。カードローンは基本的に利用目的が制限されておらず、お金の使い途は自由です。自分が必要な事や物にお金が使えます。

また、利用額の範囲内で借入・返済を何度も繰り返せます。急にお金が必要になったときでも、柔軟に対応可能。反対にお金に余裕がある月には多めに返済することもできます。

3計画的に返済できる

即日お金を借りたいならカードローンがおすすめ

カードローンは、返済方法が明確です。「毎月〇〇日に〇〇円を返済」と決まっているため、容易に返済スケジュールが立てられます。

また、分割返済できることもカードローンのメリットです。カードローンの返済方法は、大きなお金を少額ずつ複数回に分けて返済するリボ払いが一般的です。

カードローンなら毎月の返済額と返済日が明確なうえ、月々少額ずつの返済でOK。生活に負担のない範囲で、無理なく返済の計画を立てられます。

たとえば、1回で50万円借入しても、毎月1万2〜5千円程度ずつ返済できますよ。

カードローン利用の注意点

カードローン利用の注意点

カードローンの特徴を見てきましたが、主な注意点についても説明します。

カードローン利用の注意点!
  • 目的別ローンに比べて金利が高い傾向にある。
  • 返済額や完済までの期間の調整が必要。
  • 返済期間が長くなると支払総額が増える。
  • 借入限度額内では何度も利用することが可能なため、多重債務に陥る可能性がある。
  • 個人信用情報に影響を及ぼし、他のローン審査に影響が出る可能性が考えられる。
カードローンには便利な特徴がある反面、上に挙げたような注意点も孕んでいます。節度を持った利用を心掛けるようにしましょう。

カードローン選びの5つのポイント

カードローン選びの5つのポイント

ここで、カードローンを選ぶ主なポイントを見ていきます。

 カードローンを選ぶポイント
  • 金利の低さ
  • 申込みのしやすさ
  • 返済のしやすさや返済方法の豊富さ
  • 審査や融資手続のスムーズさ
  • 使いやすさ

自分の属性やニーズ、返済能力に合うカードローンを選ぶことがポイントです

順を追って見ていきましょう。

1金利の低さ

金利とは、借入れた元金に対する利息の割合のことを言います。カードローンのようにある長期にわたって複数回の借り入れと返済を繰り返すことが前提のものは利息金額は大きくなるので、金利は低く抑えることが望ましいです。

設定された金利を基に利息が計算されるので、カードローンを選ぶ際には下限金利と上限金利の両方を見ておきましょう。

2申し込みのしやすさ

商品によって無人契約機、インターネット、電話、郵送、窓口などの様々な申し込み方法があります。

3返済のしやすさや返済方法の豊富さ

カードローンの返済方法は口座引落しやコンビニATM、インターネットバンキングなど様々です。

カードローンは完済するまで毎月返済することになるので、繰上返済を行ったり決まった日に返済を行ったりするには複数の返済方法を設けている会社を選ぶのが良いですね。

4審査や融資手続のスムーズさ

審査や融資にかかる最短時間は会社ごとに異なります。

中には最短1時間で借り入れ可能な会社もあれば、1~2週間を要する会社もあります。

5使いやすさ

自分のライフスタイルに合ったカードローンを選ぶことが出来ます。例えば、カードローンを選ぶ際には次のような基準があります。
 カードローンを選ぶ基準の例
  • 審査からカード発行までを一貫して行うことが出来る無人契約機の有無
  • 手数料無料で利用出来るケースが多い自社ATMの有無
  • 借入れ・返済の便利性の高さの基準にもなる連携ATMの数
  • 約定返済額の金額
  • 融資上限額の金額

自分のライフスタイルに合ったカードローンを選ぶようにしましょう。

審査なしでお金を借りる3つの方法

審査なしでお金を借りる3つの方法

前述した通り、カードローンでお金を借りるには必ず審査があります。中には「審査落ちが不安」という方もいるのではないでしょうか。

そこで、合法的に審査なしでお金を借りる3つの方法を紹介します。全ての人が利用可能な方法ではありませんが、活用できそうなものがないか確認してみてください。

ゆうちょ銀行(担保自動貸付)

担保自動貸付とは?
定期預金や国債を担保にお金を借りる方法です。

担保自動貸付の利用条件は「定期預金や国債を持っていること」「ゆうちょ銀行の口座を持っていること」の2つです。担保自動貸付では、貯金額の9割(最大300万円)まで借りられます。

質屋

質屋とは?
品物を担保にお金を借りられる事業者のことです。

一般的には、品物の買取価格の7割〜8割程度までお金を借りられます。質屋は審査がないだけでなく、最短即日借入が可能です。今すぐお金を借りたい方にとっては有力な方法でしょう。

ただし、質屋でお金を借りるには、質入れする物が手元にあることが前提条件です。査定する商品の価値によっては、希望額に達しなかったり、お金が借りられなかったりします。

キャッシング(クレジットカード)

クレジットカードのキャッシングとは?
カードを使って現金を引き出せる機能のことです。

クレジットカードには、キャッシング機能が付帯しているものがあります。カード発行時に審査が行われているキャッシング枠については、最初に申し込むときに設定しておけば追加審査なしで借入可能です。

審査に通らないからといって闇金に手を出すのは危険!

審査に通らないからといって闇金に手を出すのは危険!

闇金とは?
闇金とは、出資法その他の法令に違反して高い利息で貸付を行う違法業者のことです。

多くの闇金は甘い言葉で勧誘・多額の融資を行った後に、無理な返済スケジュールで莫大な利息を要求してきます。

カードローンの審査に通らないからといって闇金に手を出すのはNGです。一度闇金を利用してしまうと、後に戻れない状況になり、家族や友人にまで迷惑がかかる可能性もあります。

もしお金の事で困っているのであれば「日本司法支援センター」「日本貸金業協会」「財団法人日本クレジットカウンセリング協会」などが、無料相談を受け付けています。一度相談してみるのもひとつの手です。

また、ヤミ金問題は「警察」「消費者生活センター」「日本弁護士連合会」「日本司法書士連合会」などに相談しましょう。

どれだけお金が必要でも違法でお金を借りる行為は現金です。違法業者の利用は事態を悪化させかねません。お金に関する悩みは一人で抱え込まず、信頼できる施設・人への相談も検討してみてください。

まとめ

今回はお金を借りたい方向けに、お金を借りるいくつかの方法を紹介しました。お金を借りる方法はたくさんありますが、最短即日でお金を借りたい方はカードローンがおすすめです。

最短即日融資可能なカードローンであれば、申込み当日中にお金を借りられる可能性があります。とくに、いますぐお金が必要という方にピッタリでしょう。

ただし、カードローンを利用するためには審査を受けなければいけません。審査落ちが不安な方・審査に通らない方は、「質屋」「担保自動貸付」「クレジットカードのキャッシング」など異なる方法もあります。

ぜひこの記事の内容を参考に、必要なお金を借りる方法をいま一度検討してみてくださいね。

関連記事

人気記事

おすすめ

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事