プロミスの特徴・審査・金利について詳しく解説

プロミスは国内で大手の部類に入る消費者金融です。CMでもよく聞く名前ですよね。カードローンは使い方次第で生活を豊かにしてくれることから、利用している人は少なくないようです。

そこで今回は、プロミスの特徴や金利について、さらにアプリローンなど魅力的なサービスも解説していきます。気になる利息、借り入れ方法、返済について解説します。

また、口コミから審査基準も調査していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

消費者金融プロミスの特徴

プロミスの特徴

まずは、プロミスの基本情報を解説していきます。

お申し込み条件

・年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方

主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能

金利 4.5%~17.8%
融資限度額 500万円
最短即日融資 可能

プロミスは年齢20歳から69歳の人で、本人に安定した収入があれば主婦・学生・アルバイト・パートなどでも申し込むことが可能です。

金利については4.5%から17.8%となっており、消費者金融カードローンとして他社と比較すると上限金利が若干低めの設定です。

また、融資限度額が500万円となるためまとまった金額の借入が可能ですし、最短即日融資にも対応しているため急ぎで現金を用意しなければいけない場合でも対応できます。
※お申込みの時間帯などによっては、即日融資に対応できない場合もあります。

申込条件として、多くの人が対象となる点は人気を集めている理由といえます。

最短即日融資に対応している

プロミスは最短即日融資に対応しているカードローンです。そのため、急遽まとまった現金が必要となった場合でも対応できる点は大きな特徴といえるでしょう。

なお、最短即日融資を利用するにはWEBでの契約手続きがおすすめです。WEB申し込みでは契約に必要な書類についても、スマートフォンのカメラで撮影をして画像化することで対応できます。

審査時の在籍確認は必須なので、スムーズに手続きを進めるために連絡が繋がるよう準備しておきましょう。

契約時にカード発行を希望しなければ、インターネットサイトにログインをすることでサービスが利用できます。

30日無利息で利用できる

初めてプロミスを利用する人に限り30日間無利息で融資が受けられるサービスを提供しています。なお、無利息サービスを受けるためにはメールアドレスを登録すること、WEB明細を利用することが条件です。

無利息となる期間は初回出金日の翌日から数えて30日間となりますので、事前に把握しておいてください。少額を借入して無利息サービス期間中に完済できる目処がある人にとっては、利息のリスクなく利用できる魅力的なサービスとなります。

女性専用レディースキャッシングを提供

プロミスの特徴として、女性専用の「レディースキャッシングを提供している点が挙げられます。主婦や学生、パートやアルバイトなどさまざまな雇用形態の女性が利用でき、金利についても通常のプロミスカードローンと同じ4.5%から17.8%です。

利用限度額に関しても500万円までとなっていますので、まとまったお金を用意しなければいけない場合でも活用できます。レディースキャッシングではオペレーターも女性が対応しますので、優しい対応が特徴です。

レディースキャッシングは、年齢20歳以上から69歳以下で、本人に安定した収入があれば申し込みできます。


借り入れから返済までの流れを解説

プロミスへの申し込みから借り入れまでの流れ

ここからは、プロミスを利用するにあたっての申し込みから返済までの流れを解説していきます。まず申し込みの方法はWEB・電話・郵送・来店の4種類です。それぞれの特徴を見ていきましょう。

WEB申し込み

パソコンやスマートフォンから申し込みができ、24時間365日受け付けています。必要書類をカメラで撮影してアップロードするだけなので、契約時の手続きも簡単です。

電話申し込み

 

プロミスコールに電話をして申し込みをする方法です。受付は9時から21時までで、土日祝日でも申し込みできます申し込みに必要な名前や生年月日などを聞かれるので、答えるだけと簡単な方法なので機器操作が苦手な人におすすめです。

3郵送申し込み

郵送の場合は、まずインターネット・プロミスコールにて申込書を取り寄せましょう。なお、申込書は店頭窓口にも設置されています。そして、申込書に必要事項を記入したら必要書類のコピーとともに郵送してください

4来店での申し込み

来店の場合は、必要書類を持参し自動契約機、またはお客様サービスプラザ(店頭窓口)にて手続きをしてください。スタッフが案内してくれることから手続きをスムーズに進められますので、近くに店舗等がある場合はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

審査

プロミスの審査についてくわしく紹介

審査は、どの申し込み方法でも必ず実施されます。申込情報をもとに審査は行われますが、一般的に基準や内容については公開されていません。なお、プロミスは最短即日融資に対応しているため審査はスピーディーに実施されることが期待できます。

審査は混雑状況によって要する時間が異なりますので、余裕を持って申し込むことをおすすめします。

借り入れ

プロミスではインターネットや電話による口座振込と、近くの店舗や提携ATMでの借入方法があります。インターネットでの振り込みはパソコンやスマートフォンから手軽に利用でき、最短10秒で指定の口座に振り込み可能です。

また、口座振込の場合、振込手数料は0円で24時間利用できるため、非常に使い勝手の良い点が特徴です。プロミスのインターネットによる振り込みが利用できる主な金融機関は下記になります。

利用できる主な金融機関
    • 三井住友銀行
    • 三菱UFJ銀行
    • みずほ銀行
    • ゆうちょ銀行
    • ジャパンネット銀行

その他全国の約200の金融機関24時間365日利用できますので、夜間で急にお金が必要になった場合でも対応できます。そして、プロミスATMでの借入の場合は7時から24時の時間帯であれば利用可能です。

なお、提携ATMは取り扱い可能な時間帯が異なる場合がありますので、問い合わせることをおすすめします。下記がプロミスの主な提携ATMです。

プロミスの主な提携ATM
    • 三井住友銀行
    • ローソン銀行
    • セブン銀行
    • コンビニATM E.net
    • ゆうちょ銀行

全国各地のATMが利用可能なため、急に現金が必要になった際も借入がしやすいです。

提携ATMは基本的に手数料がかかりますが、三井住友銀行ATMのみいつでも手数料は無料です。

返済

プロミスの返済について

プロミスの返済日は、毎月5日・15日・25日・末日から選択できます。選択肢が与えられている点は、都合に合わせやすいため利用者にとっては嬉しいポイントです。また、プロミスの返済方法は下記になります。

プロミスの返済方法
    • インターネット返済
    • 口フリ(口座振替)
    • 店頭窓口
    • 提携ATM
    • コンビニのマルチメディア端末

インターネット返済については、WEBで手続きができる手軽さはもちろん、手数料無料で土日を含め24時間返済可能な点が評価されています。

口フリ(口座振替)についても、来店せずWEBで手続きが可能なため忙しい人におすすめです。店頭窓口での返済は来店しなければいけませんが、返済計画を直接相談できるというメリットがあります。

なお、プロミス・コンビニATMでの返済は身近な場所にあることから、利用しやすいと好評です。

プロミスのアプリローンとは

プロミスのアプリローンとは

プロミスのアプリローンとは、カードなしでスマートフォンから申し込みをして借入ができる便利なサービスです。スマートフォンに無料アプリをダウンロードし、WEB完結にて契約することで契約機や店舗に行くことなく融資が受けられます。

利用までの流れは下記です。

アプリローン利用までの流れ
    1. 新規申し込み
    2. アプリにて書類提出
    3. 審査
    4. 契約手続き
    5. 借入可能

申し込みはフォームに必要事項を入力し、本人確認書類はスマートフォンで撮影をしてアップロードできます。審査については最短1時間で完了し、無事に通過して契約手続きが済めばカードなしで最短で即日融資が受けられます。

プロミス 申込み時のポイント
  1. フリーキャッシング申込時には本人確認書類が必要となります。
  2. 印鑑や保証人、担保は不要です

アプリ会員になると以下のような利点があります。

生体認証でセキュリティ抜群

プロミスのアプリローンは、ログインする際「Web-ID」「カード番号」「生体認証」という3つの方法から選択可能です。

生体認証については指紋・顔・声で本人かを判別してログインをするため、セキュリティの高さはメリットとして挙げられます。

お得なクーポンがある

アプリローン限定のお得なクーポンが発行されており、会員ならではの優待サービスが受けられます。スマートフォンの画面を見せるだけと使い方も簡単なので、ぜひご利用ください。


プロミスの金利は安い?高い?

プロミスの金利について解説

上記でも説明した通り、プロミスの金利は4.5%から17.8%です。銀行カードローンの平均はおよそ14%から15%前後となるため、そこと比較すると高くなります。

しかし、大手消費者金融では上限金利が18%のところが多いため、プロミスは上限金利が若干低めに設定されているのです。下記が、大手消費者金融やメガバンクが提供する主なカードローンの金利を比較した表になります。

アコム 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
三井住友銀行カードローン 年1.5%~14.5%
三菱UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%

金利は審査によって決定されますが、念のため申し込む際は上限金利を想定しておくことをおすすめします。その点から上記の表を見ても、プロミスは上限が低いため安い部類になるでしょう。

銀行カードローンの方が金利は安いですが、即日融資を受けられないというデメリットがあります。トータル的に考えても、プロミスは利用しやすいカードローンです。

審査に通るコツをプロミスの利用者の口コミから調査

プロミスの審査に通るコツを解説

ここからは、プロミスを利用するにあたり審査に通るコツを口コミから調査していきます。

審査に通った人の口コミ・評判

審査に通った人の口コミを調査することで、審査通過の目安を把握できます。

他社の借入は少なくする

プロミスは消費者金融カードローンなので総量規制の対象です。そのため年収の3分の1を超える借入ができません。

口コミでも、総量規制に該当しないよう他社の借入は無し、もしくは少なくしておくべきという声が寄せられていますので、事前に確認しておきましょう。

他社借入が多いと総量規制だけでなく、返済遅延も疑われるリスクがあるため注意しましょう。
希望融資額は少なめにする

申し込み時に希望融資額を低く設定すると、貸し倒れのリスクが軽減されるため審査通過の可能性が高くなることが考えられます

口コミでも「少なめに設定しておいて、実際に審査に通過してから増額申請をすることをおすすめする」という声もありますので、把握しておきましょう。

審査に落ちた人の口コミ・評判

一方で、審査に落ちた人の口コミを見ていきましょう。

金融事故を起こしていると審査落ち濃厚

金融事故とは、自己破産や個人再生などの債務整理のことです。金融事故を起こすと個人信用情報機関に名前が登録されブラックリストとなるため、カードローンの審査通過は非常に厳しいといえます

実際に審査落ちの人の口コミでも、過去に長期滞納をしたなどの経歴を持つ人が少なくないため、普段からお金関係の管理は徹底しておきましょう。

金融事故を起こすとカードローンだけでなく住宅ローンやマイカーローンにも悪影響を及ぼすことが予想されます
虚偽申請は審査落ちの可能性大

審査に受かりたいばかりに、申し込み時に年収を高めに申告したり、雇用形態を誤魔化すなど、虚偽申請をすると審査落ち濃厚と考えられます。審査の時点で虚偽は発覚しますので、きちんと正当な情報で手続きを進めてください。

高額融資を希望すると審査に落ちやすい

 

申し込み時に高額融資を希望すると、返済能力が疑われ場合によっては審査落ちのリスクが高まる可能性があります。上述した通り総量規制に引っかかる場合もありますが、年収とのバランスから滞納の恐れがあるとなれば審査落ちの理由となり得ますので、希望額は低めにしておきましょう。

口コミでも、「プロミスの審査に落ちた。高額融資を希望したが、年収が決して高くないため貸し倒れのリスクを懸念されたのだろう」という声もあります。

まとめ

プロミスについて解説まとめ

この記事では消費者金融カードローンプロミスについて、審査、利息、金利から返済方法までを詳しく解説しました。

プロミスは消費者金融として上限金利が低金利といえ、かつ最短即日融資にも対応していますので利用しやすいカードローンです。会員だけのサービスも行われており、大手というイメージから安心感もあります。

アプリローンというカードレスで利用できるサービスも提供しているなど、使い勝手の良さも人気に繋がっています。審査については、念のため口コミにて評判を調査しておいてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事