楽天ゴールドカードの切り替え時の注意点と4つのメリット徹底解説!

楽天カードをお持ちの方やゴールドカードに興味をお持ちの方が注目する「楽天ゴールドカード」。楽天ゴールドカードを持つメリットがないと言われているのはなぜなのでしょうか。

 この記事でわかること
  • 楽天ゴールドカードの特徴・メリット
  • 楽天ゴールドカードへ切り替える方法
  • 楽天ゴールドカードの家族カードを持つメリット

実際のところ、楽天ゴールドカードはメリットがたくさんあるクレジットカードです。楽天ゴールドカードの嬉しい特典について紹介します。

楽天ゴールドカードの概要

楽天ゴールドカードの概要

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ショッピング保険 ETCカード 家族カード 申込条件
2,200円(税込) 1.00%~5.00% × 原則として20歳以上の安定収入のある方

楽天ゴールドカードとは

年会費わずか2,200円(税込)とゴールドカードにしては珍しく安いコストで持てるのが楽天ゴールドカードです。(家族会員は1名当たり税込550円です。)楽天カードと楽天プレミアムカードの中間グレードとして手軽に保有できます。

誕生月にポイント還元率がUPするプレミアムカードの特典や空港ラウンジの年2回無料利用などもついているので便利です。

楽天ゴールドカードはVISA・Mastercard・JCBの3種類の国際ブランドを利用できます。VISAとMastercardは加盟店が多いので世界中で使えます。海外での支払いにはいつもクレジットカードを使うという人にも便利なカードです。

ポイント還元率

いつでもどこでも1%以上のポイントが還元される楽天ゴールドカードの還元率は1.00%~5.00%。貯まるポイントは楽天ポイントで1ポイント=0.5マイルとしてANAマイルに交換することも可能です。1ポイント=1円相当として使えますから貯めがいがあります。

楽天ゴールドカードを利用し他ショッピングで効率よくポイントを貯められる「ポイントUPモール」は楽天市場です。
通常のショッピングはポイント1倍ですが、楽天カードを利用すればポイント2倍になります。楽天ゴールドカードを利用して楽天市場でショッピングすればポイント還元率は3%に上がるのです
スーパーポイントアッププログラムもポイントを貯めるために見逃せないサービスです。
  • 楽天モバイルの利用:+2倍
  • 楽天市場アプリで月一回以上のショッピング:+1倍
  • 楽天ブックスで月一回1,000円以上の買い物:+1倍
  • 楽天ブランドアベニュー月一回以上のショッピング:+1倍
  • 楽天TV加入+契約更新:+1倍

このように、スーパーポイントアッププログラムを利用すれば普段から9~11倍のポイント還元率を期待できます。

一般の楽天カードに比べてゴールドカードの利用可能額は高いので、メインカードとしてたくさん利用すればポイントをたくさん貯められます。
利用金額の端数が切り捨てられることなく多くのポイントが付与されるのでおすすめです。

楽天ゴールドカードをもつメリット

楽天ゴールドカードをもつメリット

「メリットが少ないゴールドカード」という声も耳にする楽天ゴールドカード。実際のところメリットはあるのでしょうか。楽天カードの中でもゴールドカードに切り替えて利用する主な利点を4つ紹介します。

楽天ゴールドカードのメリット
  • 空港ラウンジサービスを年2回無料で利用できる
  • ETCカードの年会費が無料
  • 利用可能額は最高200万円
  • トラベルデスクの無料サポートを受けられる

では、楽天ゴールドカードのメリットを一つずつ紹介します。

ラウンジが年間2回まで無料で利用可能

楽天ゴールドカードを保有している会員は国内空港ラウンジや海外の空港ラウンジ一部を無料で年2回利用できます。

空港ラウンジでは楽天ゴールドカードと当日の航空券を提示することが条件であり、9月1日~8月31日で一年間となります。

<楽天ゴールドカードで利用可能な空港ラウンジ>

  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台国際空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港セントレア
  • 関西国際空港
  • 伊丹空港
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子鬼太郎空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 徳島阿波おどり空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 大分空港
  • 長崎空港
  • 阿蘇くまもと空港尾
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港
  • 韓国/仁川空港

ETCカード年会費が無料

楽天カードのETCカード年会費は通常税込550円ですが、楽天ゴールド会員はETCカードの年会費が永年無料になります。

楽天カードのETCカードは通行料金100円で1ポイントが貯まります。

定期的に高速道路を利用される方は楽天ETCカードを使うことでお得にポイントを貯められるのでお勧めです。
楽天ETCカードの優待サービス

  • 楽天カード×ENEOSでポイント最大1.5倍
  • 楽天マイカー割
  • Fun Pay!でお得な情報ゲット
  • 楽天生命
  • 楽天損保ネット割引25%

少額な通行料金でも楽天ポイントがしっかり貯まる楽天ETCカードはバリエーション豊かな優待サービスを提供しています。

利用可能額は最高200万円

楽天ゴールドカードは利用可能額が200万円になっています。楽天カードは100万円ですから倍になってより多くの用途で利用できるようになっています。

メインカードとして楽天ゴールドカードを使用して、楽天ポイントをたくさん貯めたいと考えている方にとっておすすめのカードと言えるでしょう。
ただし、楽天ゴールドカードをもっているすべての人が200万円利用できるわけではありません。限度額は審査によって決まります。
カード発行前には最低限度額と最高限度額が分かっていますが希望どおりの利用枠を設定されるとは限らないのです。

信用情報に難ありの人が楽天ゴールドに申し込んだ場合、ゴールドカードに関わらず一般カードと変わらない限度額になってしまうこともあることを覚えておきましょう。

トラベルデスクの無料サポート

楽天ゴールドカードを持っていればトラベルデスクの無料サポートを利用できるようになります。ニューヨーク・ホノルル・パリ・ミラノ・上海などの世界で38カ所の現地デスクを利用できます。

海外旅行や留学、出張などを予定しておられるものの不安がぬぐえないという方はトラベルデスクを積極的に使いましょう。
 トラベルデスクの主なサポート内容
  • 緊急時の案内
  • 現地情報の紹介
  • 予約・手配

観光情報を紹介してもらったり、人気のレストランやツアーの予約・手配をサポートしてもらうことができます。少し不安な海外旅行も記憶に残る贅沢な旅にできるのが楽天ゴールドカードの特典です。

<海外優待サービス>

  • 海外レンタカー割引
  • モバイルWi-Fi割引
  • 海外での緊急再発行カード無料

海外旅行損害保険も最高2000万円まで補償されるので安心して海外の旅を楽しめます。

楽天ゴールドカードへの切替がおすすめな人

楽天ゴールドカードへの切替がおすすめな人

年会費無料なのにお得に楽天ポイントを貯められることで人気の高い楽天カード。ゴールドカードに切り替えるとさらにたくさんの特典を受けられます。

しかし、すべての楽天カードユーザーがゴールドカードに切り替えたほうが良いとは言い切れません。

楽天ゴールドカードに切り替えるとETC年会費は税込550円から年会費無料に変わります。
では、楽天ゴールドカードに切り替えることをおすすめできる人は主にどんな人なのでしょうか。
楽天ゴールドカードが向いている人
  • 楽天市場でのショッピングを良くする人
  • 年に2回以上飛行機を使う人
  • 海外に行く機会がある人
  • クレジットカードの限度額を100万円以上にしたい人

上で挙げたような人は楽天ゴールドカードに切り替えるようおすすめします。しかし、楽天ゴールドカードはデザインのバリエーションが少ないので、一般カードと同じような多彩のデザインを求める方は注意してください。

楽天ゴールドカードに切り替えるデメリット・注意点

楽天ゴールドカードに切り替える注意点

楽天ゴールドカードに切り替える際に知っておきたい主なデメリット・ポイントについて紹介します。

楽天ゴールドカードを持っていれば国内の主要空港で1年に2回、無料で空港ラウンジを利用できますが、無制限ではないことが一つのデメリットです。他のゴールドカードと比較して特典の数が少ないというマイナスなイメージを持たれることも多々あります。

楽天ゴールドカードへの切り替え時期はいつがおすすめ?
ゴールドカードへの切り替えキャンペーンをしているときがおすすめ。

楽天カードは常に新規入会キャンペーンをしていてポイントがプレゼントされます。新規入会に限らず、楽天ゴールドカードへの切り替え時にもポイントがプレゼントされるキャンペーンを行っていることがあります。

切替キャンペーン」を行っているときに切り替えを申し込むと、普段より高い還元率でポイントが貯まるのでおすすめ。

ゴールドカードへの切り替えを急いでいないのなら、キャンペーンの時期まで待ってみるのもよいかもしれませんね。

切り替えると家族カードやETCカードはどうなる?
楽天ゴールドカードに切り替えると家族カードは利用できなくなります。

楽天ゴールドカードに切り替える場合は、家族カードを改めて申請する必要があります

未清算残高はどうなる?
未精算残高も引き落とし口座も引き継がれます。

クレジットカードのカード番号・有効期限・セキュリティコード・楽天ポイントカード番号・Edy番号は切替によって変わりますが、登録している個人情報に関しては引き継がれるので心配いりません。

注意!
切替を行うと楽天Edy残高は消滅するので注意しましょう。楽天ゴールドカードに切り替える前には残高を0にして、オートチャージ機能をOFFにしておきます。

家族カードを申し込むメリット

楽天ゴールドカードで家族カードを申し込むメリット

楽天ゴールドカードに切り替えると楽天カードに紐づけていた家族カードは無効となります。では、新たに楽天ゴールドカードの家族カードを発行するべきなのでしょうか。

家族カードのメリット
  • 家族カード利用分も本会員分としてポイントが貯まる
  • 利用明細をまとめて確認できる
  • 請求は本会員の口座からまとめて振替可能
  • ポイントを家族でシェアできる

家族カードを持つことはメリット大です。本カードを発行するよりも簡単な審査で発行できるのですすめ。家族会員と本会員のポイントは50ポイント以上1ポイント単位で移行可能です。

家族カードをつくれば家族全体のカード利用状況を一つにまとめて把握できるので家計のやりくりがしやすくなりますし、カードの使い過ぎなどもすぐに気付くことができるでしょう。
今なら、「家族カード入会キャンペーン」でもれなく1,500ポイント進呈されます。また、家族カード会員にも200ポイントが進呈されるのでお得にポイントを貯められます。

<キャンペーンポイントを受け取る方法>

  1. 楽天ゴールドカード申し込みフォームで家族カードを申し込む
  2. 楽天e-NAVIにログインする
  3. 「キャンペーン特典ポイントを受け取る」をクリック

家族カードを発行できる対象は生計を同一にする配偶者・親・18歳以上の子どもで、楽天ゴールドカードの家族カードは5枚まで発行できます。
家族カードの特徴について2つ詳しく解説しましょう。

家族カードの利用分も本会員の口座から一括引き落とし

楽天ゴールドカードを保有している本会員も家族カードを所有している会員分の利用金額は一括で引き落とされます。家族カードのために新たに口座を開設したり設定したりする必要はありません。

注意!
家族の利用額によっては本会員の利用可能枠のほとんどを占めてしまう可能性があるので注意してください。

ポイントはまとめて本会員に付与

楽天ゴールドカード会員は家族カードの利用分に対して付与されたポイントも利用できます。

楽天カードでは基本的にカード利用合計金額100円ごとに1%がポイント還元されることになっているため、本会員が1カ月8万円を利用し、家族が2万円を利用した場合、合計した10万円に対するポイントが本会員に付与されます。

まとめ

楽天ゴールドカードの特徴やメリットについて解説しました。楽天ゴールドカードは楽天の一般カードに比べてポイントが貯まりやすいので楽天市場や楽天サービスを定期的に利用される方にはとてもメリットの大きなゴールドカードです。

 楽天ゴールドカードはこんな人にオススメ
  • 安い年会費でゴールドカードを持ちたい人
  • 渡航先でサポートを受けたい人
  • 空港ラウンジを無料で利用したい人

楽天市場でいつでもポイント5倍になり、マイルにも交換できる楽天ゴールドカードを使ってお得にポイントを貯めましょう。クレジットカードは支払い能力に応じて賢く使うようにしてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事