rakutenpremiumcard

楽天ゴールドカードが改悪されたとちょっとした騒ぎになって久しい楽天カード。

楽天カードを持つにあたり、楽天プレミアムカードへの切り替えとなる損益分岐点はどのようになるのか気になるところですよね。

今回は、損益分岐点を中心に楽天プレミアムカードのメリットや年会費、また切り替えの際のポイントについても徹底解説します!
楽天ゴールドカードからの切り替えを検討されている方必見です!

楽天プレミアムカードの基本概要

楽天プレミアムカード

  • 楽天プレミアムカードの年会費は?
  • 豪華な入会特典多数

まずは楽天プレミアムカードの基本情報を押さえておきましょう。年会費や代表的な特典をご紹介します。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード楽天プレミアムカードの特徴

特徴1国内外の空港ラウンジ利用可能

特徴2楽天市場の買い物などでポイント4倍

特徴3選べる3つのサービス

ブランド
年会費
ポイント
還元率
審査
発行 申込条件
AMEX
VISA
JCB
MASTER
11,000円(税込) 1~7% 最長2日 1週間~10日程度 20歳以上で安定した収入がある方

楽天プレミアムカードは、楽天市場での買い物はもちろん、海外旅行や出張などでも大きな特典のあるカードです。

楽天プレミアムカードの損益分岐点と切り替え時を徹底解説!

グラフ

楽天プレミアムカードを持つべきか、判断材料としては損益分岐点を知っておくことが大切です。

楽天カードとどちらがお得なのか、ベストな切り替えのタイミングについても解説します。

楽天プレミアムカードの損益分岐点

電卓

楽天プレミアムカードと楽天カードのどちらが自分にとってお得であるかは、気になるポイントでしょう。

通常の還元率は1.0%であり、両者に差はありません。

一方、楽天市場を利用する際には損益分岐点が大きく左右されます。それぞれの付与されるポイント数をを年間利用額で比較してみましょう。

楽天市場での年間利用額 楽天カード
(3%)
楽天プレミアムカード
(5%)
10万円 3,000ポイント 5,000ポイント-年会費11,000円
実質:-6,000ポイント
20万円 6,000ポイント 10,000ポイント-年会費11,000円
実質:-1,000ポイント
30万円 9,000ポイント 15,000ポイント-年会費11,000円
実質:4,000ポイント
40万円 12,000ポイント 20,000ポイント-年会費11,000円
実質:9,000ポイント
55万円 16,500ポイント 27,500ポイント-年会費11,000円
実質:16,500ポイント
60万円 18,000ポイント 30,000ポイント-年会費11,000円
実質:19,000ポイント

上記の表から、損益分岐点は年間利用額55万円であることが分かります。毎月5万円程度利用する予定がある方は、楽天プレミアムカードがお得です。

一方、毎月5万円以下の買い物しか利用しない方にとっては、損をしてしまう可能性があります。

その他、楽天プレミアムカードは誕生月に楽天市場と楽天ブックスでポイント6倍にアップする特典があります。

高額な買い物を誕生月に行うことも、お得度を増やすための手段のひとつです。

楽天プレミアムカードのベストな切り替え時

楽天プレミアムカードに切り替えを考えた際には、どのタイミングがお得なのでしょうか・ベストな切り替え時期を解説します。

1ベストな切り替え時

カレンダー

楽天プレミアムカードは、キャンベーンを活用して切り替えるのがお得です。現在開催中のキャンペーン内容を紹介します。

楽天プレミアムカード切り替えキャンペーン
アメリカン・エキスプレスブランドの楽天プレミアムカードへの切り替えで6,000ポイントプレゼント
キャンベーン期間:2021年6月1日10:00~2021年6月30日9:59
※その他の国際ブランドは3.000ポイントプレゼント(常時開催)

特典は、楽天プレミアムカード申し込み日の翌々月の25日頃に付与されます。時期によってもらえるポイント数が変動するので、お得なタイミングを狙いましょう。

付与されるのは通常ポイントではなく、期間限定ポイントである点も覚えておきましょう。

2楽天プレミアムカードの切り替え方法

スマホ

お持ちの楽天カードを楽天プレミアムカードに切り替えるには、以下の手順で行います。

  1. 「楽天e-NAVI」にログイン
  2. 「カードお申し込み・切替」を選択
  3. 楽天プレミアムカードを選択
  4. クレジットカード番号や有効期限などを入力
  5. 年収などの必要項目を入力
  6. 手続き完了

クレジットカードを切り替える際には、再度審査を受ける必要があります。審査に落ちてしまうとカードを作ることはできないので注意してください。

審査を通過すれば、数日後にカードが手元に届きます。

切り替え前のカードははさみで細かく切って処分してしまいましょう。

3楽天プレミアムカード切り替え時の注意点

PC

クレジットカードを切り替えると、引継がれるものと引き継がれないものがあります。切り替え前に確認しておきましょう。
楽天プレミアムカードに引き継がれるもの
  • 楽天ポイント
  • クレジットカード利用代金の引き落とし銀行口座
  • 楽天ETCカード

楽天ポイントは、クレジットカードではなく楽天IDに紐づいているためです。

一方、以下のものに関しては引き継がれないので注意が必要です。

楽天プレミアムカードに引き継がれないもの
  • 楽天Edy
  • 家族カードは再度申し込みが必要
  • クレジットカード番号は変更される

公共料金の支払いにクレジットカードを登録していた場合、到着後すぐに情報を変更しましょう。

注意!
そのまま放置してしまうと、未納となってしまいます。

楽天プレミアムカードを持つメリット

楽天プレミアムカード

  • 楽天カードよりも高いポイント還元率
  • 選べる3つのサービスコース
  • 楽天カードとメリットを比較する

楽天プレミアムカードを持つメリットを具体的に解説していきます。わかりやすく楽天カードと比較しながら見ていきましょう。

楽天カードとの比較

楽天カード 楽天プレミアムカード
年会費 永久無料 11,000円(税込)
利用限度額 最大100万円 最大300万円
SPUプログラム 最大3倍 最大4倍
楽天グループ
特典
なし お誕生月
サービス
付帯保険 海外旅行
傷害保険
最高200万円
海外旅行
傷害保険
最高5,000万円
国内旅行
傷害保険
最高5,000万円
動産総合保険
最高300万円
優待サービス なし 3つのコースから選択
旅行デスク なし 海外トラベル
デスク
プライオリティ
パス
なし 無料申し込み
可能
国内空港
ラウンジ
なし 主要空港
利用可能

全体的に特典が多く、まったく別次元のカードといってもいいでしょう。とくに海外旅行を中心に、旅行関係に強いカードといえます。

ここで紹介した特典に関してもう少し詳しく説明していきます。

SPUプログラムとは?

楽天プレミアムカード
楽天グループ全体で受けられるサービスで、「スーパー・ポイント・アップ」プログラムの略になります。

楽天グループを利用すればするほどその月のポイント還元率がアップしていき、最大16倍となるサービス。その倍率が通常の楽天カードではプラス3倍のところ、楽天プレミアムカードはプラス4倍になります。

お誕生月サービス

楽天プレミアムカード
毎年申し込み者の誕生日月に限り、楽天市場と楽天ブックスでプレミアムカードを利用すると、最大6倍のポイントが付与されます。

お誕生月サービス
(通常ポイント)1倍+(楽天プレミアムカード特典)4倍+(お誕生月サービス)1倍6倍

優待サービス

楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカードに入会すると、優待サービスを3つのコースからひとつ選ぶことができます

以下、各コースのサービスを紹介しますので、ご自身のライフスタイルにもっとも合ったコースを選択しましょう。

楽天市場コース

楽天市場をよく利用するという方向けのコースで、楽天市場のお買い物でプラス1倍のポイントアップサービスを受けられます。

楽天市場コースのポイント計算

(通常ポイント)1倍+(楽天プレミアムカード特典)4倍+(楽天市場コース)1倍6倍

お誕生月サービスは年間のうち1か月のみ6倍ですが、楽天市場コースを選択すれば1年を通して常に6倍になります。さらに誕生月には7倍のポイントアップとなります。

楽天トラベルコース

旅行が趣味の方、もしくは出張が多い方におすすめなのが楽天トラベルコース。このコースは楽天トラベルでオンライン決済を行うと、プラス1倍のボーナスがつくコースです。

楽天トラベルコースのポイント計算
(通常ポイント)1倍+(楽天プレミアムカード決済)1倍+(楽天トラベルコース)1倍3倍

また手荷物無料配送サービスも付帯。出発時は自宅から空港へ、帰宅時は空港から自宅へ、手荷物ひとつを無料配送してくれるサービスです。

エンタメコース

楽天プレミアムカード

Rakuten TVを多くご利用の方におすすめのコース。Rakuten TVで楽天プレミアムカード決済を利用すると、ポイントがプラス1倍、また楽天ブックスを利用してもポイントがプラス1倍となるコースです。

プライオリティ・パス

楽天プレミアムカード
プライオリティ・パスとは、世界中の主要空港のラウンジを利用できるサービスを提供している会社です。

プライオリティ・パスの会員になるということは、世界148の国の600を超える都市にある1,300以上の空港でラウンジを利用できるということを意味します。

またプライオリティ・パスには3つの会員ランクがありますが、楽天プレミアムカード会員は、この最上級、プレステージ会員と同等のサービスを受けられます。

年会費 ラウンジ無料利用回数
スタンダード
会員
99US$ 0回
スタンダード・
プラス会員
299US$ 年間10回
プレステージ
会員
499US$ 無制限
ラウンジ名義人利用料 ラウンジ同伴者利用料
スタンダード
会員
32US$ 32US$
スタンダード・
プラス会員
年間11回目以降
32US$
プレステージ
会員
無料

プライオリティ・パス会員のサービス内容が上記の通りです。

楽天プレミアムカード会員になると、このプレステージ会員と同等のサービスを受けられる会員に、無料(年会費ナシ)で登録が可能になります。

主要国内空港ラウンジ

楽天プレミアムカード
プライオリティ・パスとは別に、国内(一部海外も含む)空港のラウンジも利用可能です。利用できる空港をご紹介しておきましょう。

地域 空港名
北海道 新千歳空港/函館空港/旭川空港
東北 青森空港/秋田空港/仙台国際空港
北陸 新潟空港/富山空港/小松空港
関東 成田国際空港/羽田空港※
中部 中部国際空港セントレア/富士山静岡空港
近畿 関西国際空港/伊丹空港/神戸空港
中国 岡山空港/広島空港/米子鬼太郎空港/山口宇部空港/出雲縁結び空港
四国 高松空港/松山空港/徳島阿波おどり空港
九州 福岡空港/北九州空港/九州佐賀国際空港/大分空港/長崎空港/阿蘇くまもと空港/宮崎ブーゲンビリア空港/鹿児島空港
沖縄 那覇空港
海外 ハワイ・ダニエル・K・イノウエ国際空港/韓国・仁川空港

※羽田空港国際線旅客ターミナルを除く

国内の多くの空港に加え、旅行者の多いハワイ、韓国の空港でもラウンジを利用し、ゆっくりと飛行機を待てます。

楽天ポイントの利用方法

楽天プレミアムカード

  • 楽天の各種サービスで1pt=1円で充当
  • 他社ポイントに移行
  • パートナー企業で使用

楽天プレミアムカードを利用することで、楽天ポイントを貯めやすくなります

この貯めた楽天ポイントが、実際なにに使えるのかをまとめておきましょう。

楽天の各種サービスで充当

楽天には数多くのサービスがあります。これらのサービスのほとんどで、この楽天ポイントを活用できます

普段の生活で便利に使う
  • 楽天モバイル
  • 楽天ガス
  • 楽天でんき
  • 楽天ビューティー

ネットショッピングで買い物に使う

  • 楽天市場
  • 楽天西友ネットスーパー
  • 楽天Car
  • 楽天ペイアプリ
  • RAXY
  • 楽天ブックス
  • ラクマ
  • 楽天ポイントカード
  • 楽天ペイ(オンライン決済)
  • 楽天オート

ポイントを運用する・貯める・増やす

  • ポイント運用(by PointClub)
  • 楽天証券
  • 楽天カード
  • 楽天銀行
  • 楽天Edy

旅行やアウトドアで得する

  • 楽天トラベル
  • 楽天GORA
  • Vacation STAY(バケーションステイ)
  • 楽天ポイントカード

旅行やアウトドアで得する

  • 楽天ポイント交換グッズ
  • 楽天TV
  • 楽天チケット
  • 楽天デリバリー
  • NBA Rakuten公式
  • 楽天ダウンロード
  • Rakuten Music
  • 楽天写真館
  • 楽天リアルタイムテイクアウト

    ほぼすべての楽天サービスで1ポイント=1円で利用できます。

    楽天市場で買い物して得たポイントを、楽天モバイルの通話料に充てたり、楽天トラベルで使用した旅行代金分のポイントを楽天証券に投資したりと使い道を選べます。

    興味はあるけどお金をかけるのは…、といった部分に使用できるなど、非常に幅広いサービスが魅力です。

    他社ポイントに移行する

    楽天プレミアムカード
    楽天内で多くのサービスがあるだけに、他社のポイントに移行するケースは少ないかもしれませんが、移行できるサービスも存在します。

    Edy

    1楽天ポイント=Edy1円分

    楽天ポイントの中で、期間限定で得たポイント、他社ポイントから楽天ポイントに移行したポイントを除くポイントは、電子マネーEdyにチャージが可能です。

    移行できるのは、使用すると楽天ポイントが貯まる楽天Edyですので、楽天ポイントを貯める→Edyにチャージ→利用分に対応した楽天ポイントが貯まるというループも可能です。

    ANAマイル

    楽天プレミアムカード

    2楽天ポイント=1マイル

    Edy同様、期間限定で獲得したポイントや、他社ポイントから楽天ポイントに移行した分はANAマイルと交換できません。交換に関するルールは以下の通りです。

    • 1度の交換での移行→1,000ポイントまで
    • 1か月で移行できるポイント
      →20,000ポイントまで

    楽天ポイントを大量にANAマイルに移行するのはかなり手間のかかる作業になりますので、楽天ポイントをANAマイルに移行するつもりの方は、こまめに移行しましょう。

    パートナー企業のサービスで活用する

    楽天プレミアムカード
    楽天のパートナー企業が展開するサービスでも楽天ポイントの利用が可能です。

    J.REAGUE ONLINE STORE

    Jリーグのグッズや、各チームのウェアなどをオンラインで購入できるストアでも、楽天ポイントを使用することが可能です。ポイントの使用方法は楽天IDを入力の上、ポイント充当を選ぶだけ。

    無駄な操作なく、簡単に決済が可能です。


    楽天ゴールドカードやゴールドカードから切り替える際のポイント

    楽天プレミアムカード

    現在楽天カードや楽天ゴールドカードなどを利用しており、楽天プレミアムカードに切り替えたいという方も多いかと思います。カードの移行に関して、覚えておきたいポイントをまとめていきましょう

    • 切り替えには審査が必要
    • 自動的に切り替えされるサービスがある
    • 切り替え後手続きが必要なサービスもある

    上記について詳しく解説します。

    切り替え申請時に審査は必須

    楽天プレミアムカード
    現在、楽天カードや楽天ゴールドカードなどを利用している方も、楽天プレミアムカードに切り替える場合、新たに申し込みをして審査を受ける必要があります

    年会費の違いを見ても分かる通り、楽天プレミアムカードに入会するには、楽天カードや楽天ゴールドカードと比較して、より厳しい審査に通過する必要があります。

    とはいえ、初めて申し込む楽天のカードが楽天プレミアムカードである方よりも、楽天カードの利用実績がある方の方が審査には有利な一面もあると想像できます。

    MM一般的にクレジットカードの審査で重視されるのは、収入の額や収入の安定性、そしてこれまでのクレジットカードの利用実績です。
    これまで楽天カードを利用しており、支払いの遅延など大きな問題がないという方は、それなりに有利になると考えられます。
    いずれにせよ審査は必須となりますので、まずは必要書類を用意しておきましょう。

    切り替えで引き継がれるサービス

    楽天プレミアムカード
    同じ楽天が提供しているカードということで、切り替え申し込みの際は新たに手続き不要で引き継がれるサービスがあります。引き継がれるサービスは以下の通りになります。

    自動引継ぎされるサービス
    • ETCカード
    • 楽天ポイント
    • 利用残高
    • 引き落とし口座情報
    • 自動リボサービス
    • 楽天サービス内のクレジットカード情報
    • 楽天e-NAVIのクレジットカード情報
    • WEB明細サービス
    • WEB書面サービス
    • メール配信登録
    • カード利用お知らせメール
    • 第2パスワード

    ここからいくつか解説が必要なものをピックアップして解説しておきましょう。

    利用残高

    一般的にクレジットカードを利用中に退会すると、その時点で残っている残高は一括払いなどの処理が必要です。

    しかし楽天カードなどからの切り替えの場合、残っている残高は新しいカード残高に引き継がれますので、一括払いなどの必要はありません。

    自動リボサービス

    楽天カード利用時に登録していた自動リボルディング払いサービスの情報は、楽天プレミアムカードに切り替えてもそのまま移行可能です。

    注意!
    ただし「リボ残高のおまとめ払い」、「リボお支払いコース」、「お支払方法の変更(あとからリボ・あとから分割)」はカード切り替え後、新たに手続きが必要となりますのでご注意ください。

    楽天サービス内のクレジットカード情報

    楽天プレミアムカード

    楽天市場や楽天ブックスなど、楽天の各種サービス内で登録されている「お買い物で通常使うカード」の登録は、自動的に新規に契約した楽天プレミアムカードの情報に変更されます。

    楽天での買い物は今まで通りの操作で行えますのでご安心ください。

    楽天e-NAVIのクレジットカード情報

    楽天カードの情報など、楽天のさまざまなサービス手続きができる楽天e-NAVI。

    楽天カードなどから楽天プレミアムカードに切り替えた場合、新しいカード番号での登録に切り替わるまである程度時間が必要です。

    MM基本的には切り替え翌日にはクレジットカード情報も切り替わりますが、数日間切り替わらないようであれば、コールセンターなどに連絡して確認しましょう。

    切り替え後手続きが必要なサービス

    楽天プレミアムカード
    カード切り替え後、自身で新たに手続きが必要なサービスもありますので、そのサービスをまとめておきます。

    カード切り替え後手続きが必要なサービス
    • 家族カード
    • Edy残高
    • Edyオートチャージ
    • いつでもEdyチャージ
    • ANAマイレージクラブ機能
    • 各種料金の支払い設定
    • リボ残高のおまとめ払い
    • リボお支払いコース
    • お支払方法の変更
    • ポイントで支払いサービス
    • Apple Pay・Google Pay
    • 本人認証サービス

    こちらもいくつか解説が必要な項目を解説していきます。

    家族カード

    楽天カードなど以前利用していたカードで、家族カードを発行していた方は、カードが切り替わると同時に旧家族カードは使用できなくなりますのでご注意ください。

    Edyに関して

    注意!
    旧カードで貯めていた、登録していたEdy残高は、新しいカードに引継ぎができません。必ず旧カードのEdy残高を使い切ってから切り替えるようにしましょう。

    また旧カードでEdyのオートチャージを設定していた方は、まず旧カードのオートチャージ機能を解除した上で使い切らないと、Edyが自動的に補充されてしまいますので注意が必要です。

    Edy残高自体は、専用機器(楽天Edyリーダー)などがあれば残高以降は可能ですが、お持ちでない方はとくに注意しましょう。

    また楽天プレミアムカードが新規発行された時点では、Edyのオートチャージ機能やいつでもEdyチャージ機能は設定されていませんし、Edy残高もありません。

    Edyを利用される方は、カードが届いてから手続きをするようにしましょう。

    各種料金の支払い

    楽天プレミアムカード

     

    電気やガス、水道といった公共料金や、スマホ料金をカード支払いに設定している方は、楽天プレミアムカードが届いた時点で新たにクレジットカード支払いの設定を行う必要があります

    契約している電力会社やスマホ会社に連絡して再度登録をしておきましょう。

    まとめ

    楽天プレミアムカードは、プライオリティ・パスの無料登録や、ホテルでの優待など、とくに旅行や出張の多い方に便利なサービスが多数あるカードです。

    旅行以外でも楽天ポイント4倍など、買い物でも強い特典があり、さらにライフスタイルに合わせて選べるコースもあり、非常に使いやすいカードといえます。

    • 楽天プレミアムカードは旅行や出張に強い
    • 自分のライフスタイルに合わせて選べる3つのコースがある
    • 楽天カードからの切り替えの際は注意したいポイントがある

    楽天カードから切り替える場合は、Edyに関する設定やリボ払いに関する設定、家族カードの利用など注意すべき点がありますので、しっかり準備してから切り替えを申し込むようにしましょう。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事