【金利比較】おすすめカードローンランキング|利息の計算方法も紹介

カードローンは急遽お金が必要になったとき、まとまったお金を用意しなければいけないときなど、生活の支えになる魅力的なサービスです。

しかし、カードローンを利用する前に金利や利息について事前に理解しておくことは重要です。

そこで今回は、カードローンの金利や利息の計算方法を中心に解説していきます。各カードローンの種類におけるメリット・デメリットなども見ていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

カードローンには必ず金利がかかる

カードローンを利用する際には、キャンペーン等の特別な例外を除き必ず金利がかかります。金利と利息の違いがわからないという方も多いでしょう。

金利 利息を計算するための割合のこと。
利息 お金を返済する時に別途上乗せして支払うお金のこと。
利子ともいう。

金利とは

金利とは利息の割合のことです。カードローンだけに限らず、ローンなどで融資を受けるうえでかかってきます。

貸金や預金に対してパーセンテージで表示されており、金融機関からお金を借りる時に支払う利息を計算するための割合で一般的に1年間の利率を表すことが多いです。

【例】年利が15%のカードローンで1000円を1年間借りた場合
1000円×15%=1500円
よって上記のカードローンでは、1500円を返済する必要があります。

金利が高いほど返済額が膨らむので、事前に確認しておくことが大切になります。

利息とは

利息とは、返済時に借りた額より多く支払う分のお金のことです。利息がいくらになるかは金利によって計算されるため、高金利となるカードローンは避けられる傾向にあります。

以下で金利から利息を計算する方法を学びましょう。

金利から利息を計算する方法

金利の計算式は下記のとおりです。

カードローンの金利計算方法

借入残高×借入利率÷365日(うるう年は366日)×ご利用日数=利息

カードローンの金利を計算する場合、まずは金利がいくらかを確認してください。仮に、金利が18.0%のカードローンで1万円を借り、30日間利用した場合の例をみてみましょう。

【例】金利が18%のカードローンで1万円を借り30日間利用した場合の利息は?
1万円×0.180÷365日×30日≒147円

うるう年の場合は366日で計算するため注意が必要です。

カードローンの金利を種類ごと比較

ここからは、各カードローンの金利について比較していきます。

千葉銀行 1.7%~14.8%
横浜銀行 1.5%~14.6%
スルガ銀行 3.9%~14.9%
イオン銀行 3.8%~13.8%
ソニー銀行 2.5%~13.8%
りそな銀行 3.5%~13.5%
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%

上記のとおり、消費者金融系よりも銀行カードローンの方が低金利に設定されている傾向にあるといえます。上述した金利による利息を考えると、銀行カードローンの方がコストが少なく利用できるでしょう。

カードローンの金利の相場を種類ごとに比較

あくまで目安となりますが、銀行カードローンの金利はだいたい上限金利が14.0%程度といったところです。消費者金融の金利は上限がおよそ18.0%といったところが多くなっています。

銀行カードローンは金利が安い&低い

銀行カードローンとは、その名の通り銀行が提供しているカードローンです。最近ではメガバンク・地方銀行問わずカードローンサービスを実施しており、多くの人が利用しています。

銀行カードローンのメリット・デメリット

主なメリット 主なデメリット
  • 金利が低めな傾向にある
  • 総量規制の対象外
  • 銀行のサービスであるため安心感がある
  • 即日融資に対応していない
  • 審査が厳格と予想できる
  • 口座開設が必要な場合がある
      銀行カードローンのメリット

      まず、大きなメリットは金利が低めな傾向にあることです。金利は低ければ低いほどお得に利用することができます。

      また、銀行カードローンは総量規制の対象外なので年収の3分の1を超える借入が可能です。銀行が提供しているサービスということから、信頼ができて安心という点もメリットとして挙げられます。

      銀行カードローンのデメリット

      一方、銀行カードローンのデメリットは即日融資に対応していないことなどです。銀行カードローンの審査は時間を要するため、申し込みをしたその日のうちに融資を受けることはできません。

      急ぎでお金を借りたい人にはおすすめできません。

      また、審査が厳格と予想できることから、消費者金融では利用できても銀行カードローンでは審査落ちということも考えられます。

      そして、場合によっては銀行口座の開設が必要な場合がありますので、利用するにあたり手続きが面倒と感じるかもしれません。

      【金利比較】銀行カードローンおすすめ人気ランキング

      ここからは、金利が低い銀行カードローンの人気ランキングを見ていきましょう。

      三井住友銀行カードローン

      三井住友銀行カードローンがおすすめな理由

      理由1毎月の返済は2,000円から可能※1

      理由2全国の提携コンビニATMでの利用手数料0円

      理由3WEB完結※4での申し込みに対応

      金利(実質年率) 利用限度額 審査手続スピード 最短融資
      年1.5%~14.5% 10万円~800万円 最短翌営業日※2 最短翌営業日※2
      借入方法 返済方法 WEB完結※3
      カードレス融資
      申込可能年齢
      三井住友銀行ATM
      コンビニATM
      ゆうちょATM
      提携金融機関ATM
      三井住友銀行本支店ATM
      コンビニATM
      ゆうちょATM
      可能 満20歳以上満69歳以下

      三井住友銀行カードローンの金利は?

      三井住友銀行カードローンの金利は4.0%から14.5%です。

      契約極度額が100万円以下の場合、金利は12.0%から14.5%・100万円超えから200万円以下の場合は、10.0%から12.0%というように金利は変わります。

      審査結果によって変わる可能性は当然ありますが、目安として知っておきましょう。

      ※1 毎月のご返済は、返済時点でのお借入残高によって約定返済金額が設定されます。

      ※2 申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。

      ※3 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結。

      楽天銀行スーパーローン

      楽天銀行スーパーローンがおすすめな理由

      理由1いつもの口座で利用可能

      理由2スマホで申し込み完結

      理由3ネット銀行ならではの安心金利(1.90〜14.50%)

      金利(実質年率) 利用限度額 審査手続スピード 最短融資
      1.90~14.50% 800万円 最短翌営業日 翌営業日以降
      借入方法 返済方法 WEB完結
      カードレス融資
      申込可能年齢
      ・ネットキャッシング
      ・電話キャッシング
      ・提携CD/ATM
      ・口座引き落とし
      全国の提携コンビニATM
      ・インターネット
      ・振り込み
      不可 20〜62歳

      楽天銀行スーパーローンの金利は?

      楽天銀行スーパーローンの金利は、1.90%から14.5%です。金利は800万円の利用限度額であれば1.9%から4.5%と、審査結果によっては下限金利で借り入れができます。

      なお、審査によって多少変更はあるかもしれませんが、基本的に利用限度額が100万円未満の場合は14.5%の金利が適用されると予測できます。

      また、2021年2月24日(水)13:00~2021年04月26日(月)12:59までの期間中のみ、通常金利より金利が半額の年0.95%~7.25%になるキャンペーンを実施中!

      ※弊サイトの申し込み件数とアンケートを元に作成したランキングです。


      即日融資が譲れない方は消費者金融カードローン

      急ぎでお金を用意しなければいけないとき、最短即日融資に対応しているかは非常に重要です。ここからは、最短即日融資は譲れない人におすすめの消費者金融系カードローンのメリットデメリットを見ていきます。
      ※お申込みの時間帯等によっては、即日融資に対応できない場合もございます。

      消費者金融系カードローンのメリット・デメリット

      消費者金融系カードローンの利用を検討している人は、事前にメリットとデメリットを把握しておきましょう。

      主なメリット 主なデメリット
      • 最短即日融資に対応しているところが多い
      • 無利息サービスがあるところが多い
      • 利用できる提携ATMが多い
      • 金利が高めな傾向にある
      • 総量規制の対象となる
          消費者金融系カードローンの主なメリット

          消費者金融系カードローンは最短即日融資に対応しているものが多く、場合によっては申し込みから審査完了まで最短30分・融資を受けるまで最短60分というスピード融資も実現します。

          また、多くの消費者金融系カードローンにある魅力的なサービスが無利息期間を設けていることです。初めて利用した人に限るなど条件はありますが、30日間無利息で利用できるなどのサービスが展開されているところがあります。

          さらに、消費者金融系カードローンは多くのコンビニATMや銀行ATMと提携しているため、さまざまな場所で借入や返済ができる点は非常に魅力的です。

          カードローン初心者に利用しやすいサービス内容は、人気を獲得している理由です。
          消費者金融系カードローンの主なデメリット

          一方で、消費者金融系カードローンのデメリットは金利が高めな傾向にあることです。上限金利では、銀行カードローンが14.0%前後のところが多いところ、消費者金融系カードローンは18.0%前後などが多い傾向にあります。

          また、消費者金融系カードローンは総量規制の対象となりますので、年収の3分の1を超える借入はできません。そのため、まとまったお金を用意したいときに利用できない場合があることは、デメリットといえます。

          【金利比較】消費者金融カードローン人気ランキング

          ここからは、人気の消費者金融系カードローンを見ていきます。

          プロミス

          プロミスがおすすめな理由

          理由1初めてなら30日間利息0円

          理由2最短即日融資に対応

          理由3レディースキャッシングを提供

          金利(実質年率) 利用限度額 審査手続スピード 最短融資
          4.50%~17.80% 500万円 最短30分 最短30分
          借入方法 返済方法 WEB完結
          カードレス融資
          申込可能年齢
          ・指定口座振込
          ・プロミスATM
          ・提携ATM
          ・三井住友銀行ATM
          ・インターネット返済
          ・口座振替
          ・店頭窓口
          ・プロミスATM
          ・コンビニ
          可能 20〜69歳
          ポイント1はじめてなら30日間利息0円

          プロミスでは、はじめて利用した人を対象に30日間利息0円サービスを実施しています。

          30日間利息0円サービスを利用する条件

          • メールアドレスを登録
          • WEB明細を利用

          少額融資を受けて30日間で返済できる場合、利息0円となれば非常にお得に利用できます。また、プロミスの金利は4.5%から17.8%です。

          ポイント2即日融資に対応

          プロミスはWEB契約をすることで最短即日融資に対応しています。パソコンやスマホから24時間いつでも申し込みができますので、忙しい人でも利用しやすいです。

          急遽現金を用意しなければいけなくなった場合、ぜひプロミスの利用を検討してください。

          ポイント3レディースキャッシングを提供

          プロミスは女性専用のレディースキャッシングを提供しています。主婦・学生・パートの人でも安定した収入があれば申し込み可能で、オペレーターもすべて女性なので安心です。

          SMBCモビット

          SMBCモビットがおすすめな理由

          理由1電話連絡・郵送物なし

          理由2最短即日融資に対応

          理由3金利3.0%〜18.0%

          金利(実質年率) 利用限度額 審査スピード 最短融資
          3.00~18.00% 800万円 最短30分※1 即日※1
          借入方法 返済方法 WEB完結※2
          カードレス融資
          申込可能年齢
          ・振込キャッシング
          全国の提携コンビニATM
          ・口座振替
          全国の提携コンビニATM
          ・銀行振込
          ・インターネット返済
          可能 20〜69歳

          ※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

          ポイント1電話連絡・郵送物なし

          SMBCモビットはWEB完結※2による申し込みに対応しており、電話連絡や郵送物がありません。契約書類もネットで交付されるため、いくらスタッフといえど誰かと顔を合わせたくない人にはおすすめです。

          ※2 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結。

          ポイント2即日融資に対応

          SMBCモビットは、インターネットから申し込みをしてコールセンターに電話連絡をすることで、即日融資※4に対応してくれます。

          急ぎでお金を用意しなければいけない場合でも活用できますので、カードローンの利用を検討している人は選択肢のひとつに入れてみてください。

          ※4  申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

          ポイント3金利3.0%~18.0%

          SMBCモビットの金利は3.0%から18.0%です

          限度額は最高800万円と高額設定となるため、子どもの学費などまとまったお金を用意しなければならないときでも活用できます。

          アコム

          アコムがおすすめな理由

          理由1審査は最短30分

          理由2はじめてなら30日間利息0円

          理由3借入可能か3秒で診断できる

          金利(実質年率) 利用限度額 審査手続スピード 最短融資
          3.00~18.00% 800万円 最短30分 即日
          借入方法 返済方法 WEB完結
          カードレス融資
          申込可能年齢
          ・ATM
          ・振り込み
          ・インターネット
          ・アコム ATM
          ・提携ATM
          ・店頭窓口
          ・口座引き落とし
          可能 20〜69歳
          ポイント1審査は最短30分で完了

          アコムはスムーズな手続での融資に対応しており、最短即日融資を希望する人におすすめです。申し込みから審査完了まで最短30分となり、申し込みは24時間365日可能なため利用しやすいです。

          ポイント2はじめてなら最大30日間利息0円

          アコムでははじめて利用する人に限り、30日間利息0円となります。金利は3.0%から18.0%に設定されており、融資限度額は最高800万円です。

          30日以内に完済できる予定が立っている場合、無利息サービスの対象であれば金利による利息が無利息期間は加算されないためお得に利用できます。

          ポイント3借入可能か3秒で診断できる

          アコムの公式ホームページには、借入可能か診断できる「3秒診断」というサービスがあります。

          年齢・年収・他社の利用状況など簡単な情報を入力するだけで借入可能の目安を診断してくれますので、ぜひ利用してみてください。

          ※弊サイトの申し込み件数とアンケートを元に作成したランキングです。

          カードローンの利息を安くする方法

          ここからは、カードローンの利息を少なくする方法について解説していきます。

          カードローンの利息を安くする主な方法
          • 金利が低いカードローンを選ぶ
          • 繰上げ返済をする

          金利が安いカードローンを選ぶ

          最もわかりやすい方法は、金利が低いカードローンを選択することです。金利が高ければ利息として返済額に加算されますので、できるだけ低金利なサービスを契約しましょう。

          また、金利をチェックする際は上限金利での契約を想定し、下限では選ばないことがポイントです。

          繰上げ返済をする

          カードローンの利息を安くするには、少しでも早く完済することが重要となるため、繰上げ返済を利用することがおすすめです。

          繰上げ返済とは?
          回答 毎月の定められている返済額にプラスアルファの返済をすること

          今月はお金に余裕があるといった場合は、ぜひ繰上げ返済の利用を検討してみてください。

          まとめ

          カードローンの金利と利息は、返済額に関係してくるためきわめて重要です。金利が高ければその分の利息がかかりますので、同じ金額を借り入れても会社によって返済額は異なります。

          またそれぞれのカードローンの特徴は以下のとおりです。

          銀行カードローン 低金利で利用できることが多い
          消費者金融系カードローン 最短即日融資に対応しているところが多い

          事前にそれぞれの特徴を理解し、自分の求めている使い方に合わせて選択していきましょう。

          関連記事

          人気記事

          おすすめ

          ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
          ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
          ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
          ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
          ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
          おすすめの記事