クレジットカード最強候補の2枚はこの5枚から!|2枚持ちのメリット・デメリット

クレジットカードはほとんどの人が複数持ちしていますが、メインカードにはどのカードを選べばいいのでしょうか。2枚以上のクレジットカードを持つメリットや、選び方について説明します。

 この記事でわかること
  • クレジットカードは2枚持ち以上が最強候補たりえる理由
  • 最強候補のメインカード5選
  • マイルが貯まる最強候補のカード2選

メインカードとサブカードに分けて、クレジットカードを複数持つことが有用であると言える理由について説明します。おすすめしたい最強候補のメインカード5選のクレジットカードをぜひ参考になさってください。

メインカードに選びたい最強候補クレジットカード5選

クレジットカードを2枚持つ場合、メインカードに選びたい最強候補のクレジットカードを5枚ご紹介します。ポイント還元率が高いお得な5つのクレジットカードを厳選しましたので、これから新しくクレジットカードを申し込もうと考えておられる方はぜひ参考になさってください。

1JCB CARD W

おすすめな理由

理由1 ポイント還元率が1.00%以上
理由2 スターバックスでポイントがお得に貯まる
理由3 年会費は永年無料

ポイント還元率が常に1.00%以上になるお得なクレジットカードがJCB CARD Wです。スターバックスでクレジットカードを利用すると貯まるポイントが10倍になります。

MM年会費は永年無料で維持するための費用がかからないのでポイントをざくざくと貯められるでしょう。

JCB CARD Wを海外で利用したショッピングは最高100万円まで補償されます。また、海外にはJCBプラザが設置されており、サポート体制が整っているので海外旅行や留学、出張の予定がある場合に便利なクレジットカードです。

こちらの記事もおすすめ

2dカード

おすすめな理由

理由1 年会費無料
理由2 ケータイ最大1万円の補償つき
理由3 dポイントの2重もらいが可能

ドコモユーザーにとって非常に魅力的なクレジットカードがdカードです。1年間最大1万円のケータイ補償がついているだけでなく、ETCカードの年会費も無料。

MMポイント還元率は常に1.00%以上です。d払いでの支払いは通常店舗が1.5%、ネット店舗が2.0%の還元率となりお得に貯められます。
dカードを利用して貯まったポイントはJALマイルに交換できますし、ケータイ料金の支払いにも充てられます。ドコモでケータイを購入したり、通信契約をしておられる方のメインカードとしておすすめです。

3三井住友デビュープラス

おすすめな理由

理由1 25歳までいつでもポイント2倍
理由2 入会後3か月間はいつでも5倍
理由3 ポイントUPモール経由で最大20倍の還元率

18歳から25歳までのクレジットカードユーザーにおすすめする最強候補のカードは三井住友デビュープラスです。年会費は初年度無料で、1年に1度でも利用すれば次年度以降も無料で利用できます。

MM26歳になると自動的にプライムゴールドカードへ切り替わるシステムになっています。

どのタイミングでカードを利用してもポイント還元率は0.5%以上ですが、ポイントUPモール経由で利用すれば最大20倍のポイント還元を受けることも可能です。また入会後3か月間は5倍のポイントが貯まるのでお得に貯められます。

おすすめな理由

理由1 いつでもポイント2倍
理由2 26歳以降はゴールドカードに自動切り替え
理由3 ポイントアップモールで最大20倍

ブランド 年会費 ポイント
還元率
初年度無料 1.00%~3.00%
18歳~25歳の人向けのクレジットカードです。初年度は年会費無料で、年1回以上利用すれば翌年度も無料になります。
三井住友デビュープラスカードはいつでもポイント2倍。入会後3か月間は5倍貯まるのでお得です。

ポイントUPモールを経由したオンラインショッピングは最大20倍のポイント還元を受けられます。
MM26歳まで継続して利用していれば自動的にプライムゴールドカードは更新され、200ポイントの継続サンクスポイントが付与されます。
ETCカードの年会費は税込550円ですが、年1回以上利用すれば翌年度の年会費は無料になるためおすすめです。

4イオンカードセレクト

おすすめな理由

理由1 銀行金利が優遇されるクレジットカード
理由2 オートチャージサービスもWAONポイントが貯まる
理由3 全国のイオングループ対象店舗で2倍のポイント還元率

ショッピングでのポイント還元率だけではなく、銀行金利もお得になるクレジットカードがイオンカードセレクトです。イオン銀行で口座を開設してイオンカードセレクトを利用すれば、普通預金金利が最大年0.10%になります。

MM全国のイオングループ対象店舗で利用すればいつでもポイント2倍。お客様感謝デーはお買い物代金から5%OFFになります。

各種公共料金の支払いや給与振込口座設定などによりさらにポイント還元率が高まります。

キャッシュカード機能と電子マネー機能が一体化しているため利用しやすいでしょう。イオン銀行をメインバンクとして、イオンカードセレクトをメインカードとして利用しやすいです。

こちらの記事もおすすめ

5Orico Card THE POINT

おすすめな理由

理由1 ポイント還元率が1.00%以上
理由2 入会後半年間はポイント還元率が2.00%以上
理由3 年会費永年無料

オリコカード・ザ・ポイントも年会費無料でお得にポイントを貯められるクレジットカードです。ショッピング100円につき1円分のポイントが還元されます。

MM入会後半年間のポイント還元率は2.00%になります。

オリコモールを経由してショッピングを行うとさらに0.5%のポイントが加算されるのでどんどんポイントを貯めて普段の買い物で利用できます。貯まったポイントは500円分から他社ポイントやギフト券に交換できるので便利です。

オリコカードには”iD”と”QUICPay”の電子マネーが搭載されています。電子マネー利用分もポイント加算されるので少額利用でポイントが貯められます。

クレジットカードは2枚持ち以上が最強!?

クレジットカードはいろんな会社が発行しているため、国際ブランドや発行会社によって特長が全く異なります。

自分にとって最強といえるクレジットカードを1枚だけ持っているのもよいのですが、用途や特典次第では2枚持ち以上が有用であるといえます。

クレジットカードを保有している日本の成人人口と現在のクレジットカード発行数から計算すると、一般的にクレジットカードは2~3枚持ちしている人が多いです。

・クレジットカード発行枚数2億9296万枚
・20歳以上の総人口1億505万人
※2020年3月時点

クレジットカードを複数枚持っている人が多いことが確かですが、なぜ2枚以上持つと良いのでしょうか。クレジットカードを2枚以上持つ主なメリット・デメリットを紹介しましょう。

クレジットカードを複数枚持つメリット

 クレジットカードを複数枚持つ主なメリット
  • クレジットカードを使える場所が増えることがある
  • 一枚が使えなくなったときの備えになる
  • ポイントを合算して貯められることがある
  • カードによって異なる特典を複数受けられることがある

クレジットカードは国際ブランドによって利用できる場所が違います。例えば、高いシェア率を誇るVisaを選べば、世界中のほとんどのエリアや店舗で利用可能です。

また、クレジットカードは磁気不良を起こすことがあります。突然クレジットカードが使えないという状況が訪れることもあるのです。

もし、クレジットカードが複数枚あれば、別のカードで代わりに支払いをすることができます。また、メインカードの利用限度額いっぱいまで使ってしまったときの備えとしても利用できるでしょう。

MMクレジットカードの利用額に応じて貯まるポイントの種類が同じであれば、システムによってはポイントを合算して効率よく貯めることもできます。

クレジットカードを複数枚持つデメリット

では、クレジットカードを2枚以上持っていると困ることもあるのでしょうか。

 クレジットカードを複数枚持つ主なデメリット
  • 暗証番号や利用明細の管理が難しい
  • 年会費がかさむことがある
  • 紛失するリスクが高まる

カードがの所有枚数が増えるほど管理が困難になるといえます。カード自体の管理はもちろんのこと、利用明細やポイント、暗証番号や締め日・支払日などカードによって異なるものが多くなるため把握しづらいというデメリットがあるのです。

期間限定ポイントが貯まるクレジットカードは特に、ポイントの失効日を見過ごしてしまうというリスクが高まるので要注意です。
年会費無料のクレジットカードなら問題ありませんが、もし年会費がかかるクレジットカードを何枚もあると毎年、余計な年会費を払わなければならないということもありえます。

カードが多いと、紛失した時に気づきにくいという怖さがあります。紛失したカードによって連絡方法や利用停止のための手続きは異なりますので注意しましょう。

クレジットカードを2枚以上持つときの選び方

クレジットカードを2枚以上持つことは非常に有用な方法です。メリットの多い複数持ちですが、発行するクレジットカードの種類はどのように選べばいいのでしょうか。

メインカードは用途に合わせたカードを選ぶ

どんなクレジットカードを一番に求めているかによってメインカードを選びましょう。例えば、次のような用途があります。

  • ステータス性のあるクレジットカードが欲しい
  • マイルをお得に貯めて海外旅行をしたい
  • 普段のお買い物からお得になるポイント還元率の高いカードが欲しい

メインカードは利用頻度が高く、幅広いシーンで利用するため高いポイント還元率が特徴となっているカードがおすすめです。

サブカードがメインカードにない特徴のあるカードを選ぶ

メインカード以外に作成するクレジットカードはメインカードには付されておらず、自分が必要としている特徴のあるものを選びましょう。例えば、貯まるポイントの種類や付帯保険、特典などに注目できます。

注意!
同時に複数枚のクレジットカードを申し込むと、「お金に困っている」と審査側から判断されてしまう可能性が考えられますので、半年に1枚程度のペースでクレジットカードを増やすようお勧めします。

JALマイルが貯まる最強候補のクレジット カードは?

仕事やプライベートでJAL航空、またはJALサービスを頻繁に利用される方にとって、JALマイルが貯まるクレジットカードはかなり重宝するものです。おすすめのJALカードを紹介します。

JALカード

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ショッピング保険 ETCカード 家族カード 審査対象年齢
2,200円
(税込、原則として初年度無料)
0.50%~1.00% × 18歳以上
 おすすめポイント
  • 特約店では200円=2マイルが貯まる
  • 入会時・搭乗時にボーナスマイル加算
  • セット申し込みでさらにお得

「JALカード 普通カード」はJALマイルが0.50%から貯まるクレジットカードです。入会&搭乗でボーナスマイル1,000マイルが貯まります。また、毎年初めての搭乗時にはボーナスマイルが1,000マイルが加算されるカードです。

普段の利用では200円につき1マイルの還元率ですが、特約店を利用すると200円=2マイルが貯まります。
MM「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に登録すれば1.00%~2.00%の還元率になります。(年会費税込3,300円)
JAL Mastercard×JMB WAONカードをセットで利用すれば、クレジットチャージ機能を利用するたびに最大100円=1マイルが貯まります。
また、チャージしたWAONを利用すると200円=1マイルが貯まるので、2重でお得にマイルを貯められるのです。

ANAマイルが貯まる最強候補のクレジットカードは?

ANA JCB 一般カード

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ショッピング保険 ETCカード 家族カード 審査対象年齢
2,200円
(税込、初年度無料)
1.00%~2.00% 18歳以上
 おすすめポイント
  • ANAマイルがお得に貯まる
  • Oki Dokiポイントのマイル自動移行コースを選べる
  • 旅行に役立つサービス・特典あり

ANA JCB 一般カードはANAマイルをお得に貯められるクレジットカードです。入会&更新時に1,000マイルのボーナスポイントが加算されます。1区間搭乗ごとにマイレージの+10%のマイルが還元

MMOki Dokiポイントプラグラムでは、貯めたポイントを自動的にマイルに移行するか、賞品交換にするのかを選ぶことができます。「マイル自動移行コース」を選択していれば毎月ポイントが自動的にマイル移行されるので便利です。

最高1000万円の旅行傷害保険や機内販売10%引きなどの旅行で役立つ優待サービスが充実しているのでおすすめです。

こちらの記事もおすすめ

まとめ

クレジットカードの便利な使い方は複数持ちです。クレジットカードをメインカードとサブカードに分けて持っていれば用途や特長に合わせて使い分けることができます。

おすすめしたいメインカードを5選と、ANAマイルやJALマイルが貯まるクレジットカードを紹介しました。今後クレジットカードを申し込もうと検討中の方の参考になればうれしいです。

クレジットカードを複数枚持つ場合には、利用金額を常に把握して計画的に支払いを行いましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事