生活費の支払いはクレジットカードがお得!おすすめ12選!

クレジットカードは日々の支払いにも利用できます。今回は生活費の支払いにおすすめなクレジットカードを12枚紹介します。

生活費をクレジットカードで支払うのと現金で払うのでは、年間で数万円相当の違いが出ることも珍しくありません。生活費を現金で払っている方はもちろん、今より節約したい方にもおすすめの記事です。

2021年最新生活費おすすめ
クレジットカードはこちら

生活費の支払いはこれ!おすすめクレジットカード12選!

1JCB CARD W

JCB CARD Wの特徴

特徴118歳〜39歳限定カード

特徴2申し込みはWEB完結

特徴3JCBオリジナルシリーズ加盟店利用でポイント最大10倍

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
即日発行 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 審査可能年齢
無料 1.00% 2年間 × 最高100万円(海外) 18歳〜39歳

JCB CARD Wは、言わずと知れた高還元率カードです。JCBオリジナルシリーズ対象カードの中でも還元率が高く、日々の買い物利用におすすめできるカードです。

JCB CARD Wは、JCBオリジナルシリーズ加盟店利用がおすすめです。スターバックスでポイント10倍、Amazonでポイント3倍などポイント獲得倍率アップのチャンスがあります。

年会費永年無料ながら優待加盟店の多さが魅力です。
Oki Dokiランドを経由すれば、ネットショップで最大20倍のポイントを獲得できます。

こちらの記事もおすすめ

2dカード

dカードの特徴

特徴1還元率1.00%

特徴2dカード特約店でボーナスポイント獲得

特徴3iD決済対応

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
即日発行 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 審査可能年齢

無料 1.00% 4年間 × 年間最高100万円 18歳以上

dカードは基本還元率は1.0%以上の年会費無料カードです。ドコモユーザーはもちろんですが、ドコモユーザー以外でも利用可能。iD決済に対応しているため、コンビニやドラッグストアなどでスムーズに支払いできます。

dカードは特約店での利用がおすすめです。例えばエネオスの場合、カード利用金額200円につき1ポイント獲得。特約店なら通常ポイントと合わせて還元率は1.5%までアップします。

d払いと組み合わせることで更に還元率はアップしますよ。

3ANA JCBワイドゴールドカード

ANA JCBワイドゴールドカードはこんなカード

特徴1日々の買い物1,000円につき10マイル貯まる

特徴2搭乗ボーナスマイル25%

特徴3空港ラウンジサービス付帯

ブランド 年会費 ポイント還元率 審査可能年齢
15,400円(税込) 1.00% 20歳以上
ショッピング保険 旅行保険 家族カード ETCカード

ANA JCB ワイドゴールドカードのキャンペーン情報

  • 新規入会&利用で最大115,600マイル相当プレゼント(2021年3月31日まで)

4エポスゴールド

エポスゴールドカードエポスゴールドがおすすめな理由

理由1年間100万円利用で実質還元率1.5%

理由2ポイント有効期限なし

理由3実質年会費無料で持てるゴールドカード

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
優待店・サービス
ポイント
アップ条件
5,000円※1 通常0.50%
最大1.50%※2
・マルイ
・セブンイレブン
・東京電力
・JR東日本※3
・選べるポイントアップショップ(+1.0%以上)
・年間ボーナスポイント(+2,500pt以上)
・マルイ(+0.5%)
・たまるマーケット(+0.5%以上)
ポイント
使い道
ポイント
有効期限
貯まるポイント ポイント対象
電子マネー
申込条件
マルイ割引
・プリペイド移行
・ネット通販割引
・商品券、ギフト券
・他社ポイント移行
・グッズ交換
・寄付
・年会費支払い
無期限 エポスポイント 楽天Edy
モバイルSuica
QUICPay
18歳以上
(高校生を除く)

※1 エポスカードからの招待入会・年間利用額50万円以上で永年無料
※2 選べるポイントショップ利用時
※3 ポイント優待店・サービスの一部を記載しています

ポイント1年間100万円利用で実質還元率1.5%

エポスゴールド カードは、通常時ポイント還元率0.50%です。

通常時のポイント還元率は一般的なクレジットカードと同じですが、エポスゴールドカードは年間利用額に応じて最大1万円のボーナスポイントが付与されます。

年間利用額:ボーナスポイント

  • 50万円:2,500pt
  • 100万円:10,000pt

カードを年間100万円利用すれば、通常のポイントに加え1万ポイントが加算。実質ポイント還元率1.5%となります。メインカードとして使う方におすすめの1枚です。

ポイント2ポイント有効期限なし

エポスゴールドカードは、ポイントに有効期限が一切ありません

一般的なクレジットカードで貯まるポイントには有効期限があります。

 有効期限を過ぎてしまうと、せっかく貯めたポイントも無効。高還元率カードであっても、ポイントの有効期限が短ければ、あまり良いカードとは言えません。

その点、エポスゴールド カードは、有効期限を気にせずポイントを貯めることが可能。ポイントが無期限で貯まり続けることは、大きなメリットでしょう。

ポイント3実質年会費無料で持てるゴールドカード

エポスゴールド カードは、通常年会費5,000円(税込)がかかります。しかし、以下いずれかの条件を満たせば年会費永年無料で所有可能です。

  • エポスカードからインビテーションが届く(招待状が届く)
  • エポスゴールドカードの年間利用額50万円以上

おすすめは、エポスカードからの招待入会です。エポスカードは年会費永年無料のクレジットカード。18歳以上であれば申し込めます。

 エポスゴールドカードへの招待状を受け取るには、エポスカードを年間50万円以上使うことが条件です。

招待状が届けば、年会費永年無料でエポスゴールドカードを所有できます。

5セブンカード・プラス

セブンカード・プラス

おすすめな理由

理由1 どこで使ってもnanacoポイントがお得に貯まる
理由2 8の付く日は5%OFF・ボーナスポイントプレゼント
理由3 クレジット機能+電子マネーの一体型

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ショッピング保険 ETCカード 家族カード 申込条件
無料 0.50%~1.00%
  • 18歳以上
  • 本人または配偶者に安定した収入が継続的にある方
  • 学生可(高校生を除く)
セブンカード・プラスがおすすめな人
  • セブン&アイグループをよく利用する
  • nanacoポイントを貯めたい
  • 電子マネーとクレジットカード一体型のカードが欲しい
  • 年会費無料&ポイント還元率の高いカードを探している

セブンカード・プラスはいつでもどこからでもnanacoポイントを効率よく貯められるクレジットカードです。nanaco電子マネーにチャージした金額もポイント還元の対象になるクレジットカードでもあります。

セブン&アイグループでセブンカード・プラスを利用すると通常のショッピングよりもお得にポイントが貯まるのでおすすめです。毎月8の付く日に全国のイトーヨーカドーで5%割引になる特典もあります。

セブンカード・プラスは希望に合わせて電子マネー+クレジット一体型と紐付型の2タイプから選択できます。
カードをあまり多く持ちたくない方やnanacoカードを新たに発行したくない方には一体型のクレジットカードがおすすめです。すでにnanacoポイントを貯めているかたは紐付型を選択することもできます。

6ライフカード

ライフカード

ライフカードがおすすめな理由

理由1年会費無料

理由2不正利用への補償付き

理由3お得にポイントが貯まる

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
ポイントの使い道 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 申込条件
無料 0.5% 最大5年間 Vプリカギフトなど × 日本国内在住の18歳以上(高校生除く)で、電話連絡が可能な方

ポイント1年会費無料

ライフカードの年会費は無料です。初年度だけでなく、次年度以降も永年無料なので安心して使うことができます。またはじめてカードを持つ人にとっても使いやすいため、おすすめです。

さらに、ライフカードは家族カードの年会費も永年無料です。家族カードを発行し家計での支出をライフカード に集約すれば、より効率的にポイントを貯められるでしょう。

ポイント2不正利用への保証付き

もしもライフカードを紛失したり盗難にあい、不正利用された場合は損害保証が付きます。

ライフカードに登録した時点で、自動でついてくる会員保証制度となっていますので、盗難・紛失等ありましたらすみやかに連絡するようにしましょう。

ポイント3お得にポイントが貯まるシステム

ライフカードにはお得にポイントが貯まるシステムが充実しています。

ライフカード のポイントプログラムの例
  • 初年度はポイント1.5倍付与
  • 誕生月のショッピングはポイント3倍
  • 年間50万円以上の利用で300ポイントが付与&次年度の基本ポイントが1.5倍

年間200万円以上使う人は、次年度は基本ポイントが2倍となるため、よく使うほどお得にポイントを貯めることが可能です。

ポイント4入会キャンペーンがお得

ライフカード では新規入会プログラムを常時開催しています。お規入会&カード利用に応じて最大10,000円相当のポイント(2,000ポイント)を獲得可能です。

ライフカード新規入会プログラムの内容
  • カード発行で1,000円相当(200ポイント)
  • カードショッピング利用で最大6,000円相当(1,200ポイント)
  • 家族もしくわ友達の紹介で3,000円相当(600ポイント)

※本プログラムは2020年12月25日現在の内容です。予告なく終了することがあるので公式サイトより最新情報を確認してください

ライフカード は年会費永年無料です。カード発行で1,000円相当のポイントがもらえるため、発行するだけでプラスになる1枚といえます。また、ポイントの有効期限は最長5年間。ポイントがすぐに失効する心配もありません。

7JALカード

JALカードがおすすめな理由

理由1特約店では200円=2マイルが貯まる

理由2入会時・搭乗時にボーナスマイル加算

理由3セット申し込みでさらにお得

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ショッピング保険 ETCカード 家族カード 審査対象年齢
2,200円
(税込、原則として初年度無料)
0.50%~1.00% × 18歳以上

「JALカード 普通カード」はJALマイルが0.50%から貯まるクレジットカードです。入会&搭乗でボーナスマイル1,000マイルが貯まります。また、毎年初めての搭乗時にはボーナスマイルが1,000マイルが加算されるカードです。

普段の利用では200円につき1マイルの還元率ですが、特約店を利用すると200円=2マイルが貯まります。
[frame-memo text=”「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に登録すれば1.00%~2.00%の還元率になります。(年会費税込3,300円)”]
JAL Mastercard×JMB WAONカードをセットで利用すれば、クレジットチャージ機能を利用するたびに最大100円=1マイルが貯まります。
また、チャージしたWAONを利用すると200円=1マイルが貯まるので、2重でお得にマイルを貯められるのです。

8アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・カードの特徴

特徴1会員専用旅行サイト

特徴2空港VIPラウンジ年会費無料

特徴3海外旅行先でも日本語対応のホットライン

ブランド
年会費
ポイント
還元率
審査
発行 申込条件
13,200円(税込) 100円で1ポイント 1~3週間程度 1~3週間程度

・パート、アルバイトは申込不可
・日本国内在住

一般的なクレジットカード会社のカード特典を見ると、空港のラウンジが利用できるのはゴールドカード以上のグレードのカードです。

しかしアメリカン・エキスプレス・カードはスタンダードのグリーンカードでも利用できるなど、そのスペックの高さがうかがえます。

アメリカン・エキスプレス・カードはアメリカのクレジットカード会社で、その創立は1850年。

非常に歴史ある会社であり、世界各国でクレジットカードを発行している会社です。

そのため海外旅行や出張などで、世界各国で使用できるカードです。日本国内でも使用できる店は多く、普段使うカードとしても非常に優秀です。

9イオンカード セレクト

イオンカード セレクトの特徴

特徴1イオン系列で5%OFF&ポイント2倍

特徴2WAONオートチャージ対応

特徴3ゴールドカードを年会費無料で作れるチャンス

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
即日発行 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 審査可能年齢
無料 0.50% 2年間 年間最高50万円 18歳以上

イオンカード セレクトは、イオングループが発行しているクレジットカードです。毎月20日・30日のお客様感謝デーは5%OFF、毎月10日のときめきWポイントデーはポイント2倍など、イオングループでお得な特典が受けられます。

カードにはクレジット機能のほか、キャッシュカード機能とWAONチャージ機能が付帯しています。生活の支払いを1枚に集約できるのも魅力です。

イオンカード セレクトを上手に活用すれば、毎月の食費を大きく削減できますね。

10三井住友カードNL(ナンバーレスカード)

三井住友カードNL(ナンバーレスカード)がおすすめな理由

理由1電子マネー、タッチ決済にも対応!

理由2自身で選択したお店3店が常時+0.5%ポイント還元

理由3三井住友カードは海外旅行傷害保険(最高2,000万円)

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
旅行保険 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 審査可能年齢

永年無料 最大5% ~24ヶ月

海外:最高2,000万円※1

満18歳以上(高校生除く)

※1 事前に旅費などを当該カードでクレジット決済することが前提

ポイント1電子マネー、タッチ決済にも対応!

三井住友カードNLでは、以下の電子マネーが利用できます。

  • iD
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • TiTaPa
  • WAON

電子マネーは専用の端末にタッチするだけでサインレスで決済が完了することから、利便性も高く手軽なため近年重宝されている方も多いのではないでしょうか。

利用金額によってはサインや暗証番号が必要となるケースもありますが、利用金額が少ない場合は暗証番号の入力も不要なケースもあり大変スムーズです。

ポイント2自身で選択したお店3店が常時+0.5%ポイント還元

以下のお店で三井住友カード(NL)を利用すると、通常ポイントに加えて利用金額200円につき2%ポイントが還元されます。

  1. セブンイレブン
  2. ファミリーマート
  3. ローソン
  4. マクドナルド

さらに、以下のお店でVisaのタッチ決済またはMastercardコンタクトレスを利用して支払うと、通常のポイント還元0.5%に加えて2.5%、さらに2.5%のポイントが還元されます!

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • マクドナルド

つまり、通常のポイント0.5%から考えると10倍になるためお得感がかなりありますね。

ポイント3海外旅行傷害保険(最高2,000万円)

旅費などを事前に三井住友カードNLで決済するだけで、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付与されます。

11NA JCBカード ZERO

ANA JCBカード ZEROの特徴

特徴1年会費無料!

特徴2マイルへの以降手数料無料!

特徴3ショッピングガード付帯(海外)

ブランド 年会費 ポイント
還元率
マイル還元率 海外旅行保険 ショッピング保険 搭乗ボーナスマイル 入会・継続マイル 審査可能年齢
無料 0.50% 0.50% 最高100万円(海外) 10% 18歳〜29歳(学生不可)

ANA JCBカード ZEROは、学生を除く18歳〜29歳の方を対象としたANAカードです。カードは最長5年間年会費無料で利用できます。

年会費無料のANAカードは数えるほどしかありません。年会費無料で発行できるというだけで、十分価値のあるカードだといえます。

また、ANA JCBカード ZEROは、ポイントからマイルの移行手数料も無料です。貯まったポイントは手数料を支払うことなくすべてマイルに交換できます。

フライトマイルボーナスもしっかり10%プラスされて貯まります。ANA JCBカード ZEROは、年会費無料でANAマイルを効率よく貯められるおすすめの1枚です。

ANAカードの中でもコスパの良さが光ります。

12楽天カード

楽天カードの特徴

特徴1年会費永年無料

特徴2新規入会&利用で5,000ポイント

特徴3申し込みはオンライン完結

ブランド 年会費 ポイント
還元率
ポイント
有効期限
即日発行 ショッピング保険 ETCカード 家族カード 審査可能年齢
無料 1.00% 1年間 × 18歳以上

楽天カードは年会費永年無料の1枚です。ポイントが非常に貯まりやすく、楽天サービスと合わせて利用すれば、ポイント倍率はどんどんアップ。楽天市場で最大16倍のポイント還元を受けられます。

楽天カードはキャンペーンも魅力です。常時5,000ポイント獲得キャンペーンが行われており、年に数回は最大8,000ポイント獲得のチャンスがあります。

楽天カードへ入会する際は、キャンペーンをうまく活用しましょう。

生活費ってどれくらいかかってるの?

そもそも生活費にはどの程度のお金がかかっているのでしょうか。総務省統計局が2020年に発表したデータによると、賃貸物件で暮らす4人家族の生活費平均は33万円です。

 平均的な4人家族の生活費内訳
  • 食費 約78,000円
  • 水道光熱費 20,000円
  • 家具・家事用品 約12,000円
  • 衣類代 約15,000円
  • 保険医療費 約12,000円
  • 交通費・通信費 約24,000円
  • 自動車維持費 約19,000円
  • 教育費 約34,000円
  • 趣味・娯楽 約24,000円
  • 交際費 約12,000円
  • 生命保険料 約30,000円
  • その他雑費 約50,000円
  • 合計 約330,000円

※総務省統計局「家計調査(家計収支編)2020」を参照

基本的に生活費はすべてクレジット払いに対応しています。還元率1.0%のクレジットカードで支払った場合、月間で3,300円相当分のポイントが貯まることになります。年間で計算すると、40,000円相当分程度得をする計算です。

カードの還元率が上がれば、獲得できるポイントはもっと増えますよ。

生活費の支払いは現金とクレジットカードどっちがお得?

生活費の支払いは現金よりもクレジットカードの方が断然お得といえます。クレジットカードの支払いはポイントを貯められます。家計管理も簡単になるため、家計簿をつける労力を減らすこともできます。

生活費の支払いでクレジットカードを利用する際は、以下4つのポイントを押さえておくことが大切です。

 生活費の支払いに向いているクレジットカードの特徴
  • ポイント還元率は1.00%以上
  • 年会費無料
  • 優待店舗数が多いこと
  • ポイント精算に対応していること

生活費をお得にするには高還元率カードを使うことが前提です。

また、ポイント精算に対応しているカードであれば、貯まったポイントは翌月の生活費の支払いに回すことができます。

カード選びでは自分が利用する店舗での特典にも注目してみてください。

まとめ

今回は生活費の支払いにおすすめなクレジットカードを12枚紹介しました。4人家族の場合には、月間で30万円程度生活費がかかっています。それを現金で払うのとカードで払うのでは大きな違いが生まれることがあります。

生活費をクレジットカードで払うことにはほとんどデメリットがないといえます。生活費を現金で払っている方は、ぜひクレジットカードの利用を検討してみてください。

関連記事

人気記事

おすすめ

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。