生命保険のメリット・デメリット|タイプ別に紹介(掛け捨て・終身)

病気やケガ、死亡などに備えられる生命保険。しかし「生命保険に加入する意味あるのかな?」「掛け捨て型は保険料が安いけど保障をしっかり受けられるのかな?」と考え、加入を迷われている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、生命保険のメリット・デメリットについて、掛け捨て型と終身型の2つに分けて解説します。

生命保険の選び方やおすすめの生命保険商品も合わせて紹介しますので、参考にしてみてくださいね。
あなたや家族に生命保険は必要?

保険のことで迷ったら、一人で悩まずプロに無料で相談・解決!過不足ない最適な保障で自分や家族に安心を。
\保険市場の無料保険相談/
おすすめの保険相談窓口ランキング1位:保険市場

生命保険とは

生命保険とは

生命保険は死亡・病気・ケガなど、万が一の事態に備えるための保険です。どんなに気を付けていても不測の事態は起こりえます。

十分な資産がない場合は、生活が一気に困窮したり必要な治療が受けられなかったりする可能性があります。

生命保険は加入者が保険料を出し合うことで、大きな保障を確保できる仕組み。生命保険文化センターの調査によると生命保険の加入率は約9割。大勢の方が加入していることが分かります。

生命保険の主な保険商品は以下の通りです。

主な保険商品
  • 死亡保険
  • がん保険
  • 医療保険
  • 介護保険
  • 就業不能保険 など

死亡保険

死亡リスクに備えるための保険です。保険期間中に死亡・高度障害になった場合、死亡保険金が支給されます。

安い保険料で大きな保障を確保できる保険商品もあるため、あまり保険にお金を回せないという方でも残された家族への保障を用意できます

死亡保険を考えるならプロに相談無料保険相談窓口
厳選4選をチェック

がん保険

がん保険

がんにかかるさまざまな治療費を保障してくれる保険。入院・通院費用はもちろん、数百万という高額な治療費が見込まれる先進医療費までカバーしてくれるため、安心して治療に専念できます。

特約を付帯すればその他の疾病にも備えられる保険も。がんだけのために保険に入るのはもったいないと感じる方でも利用しやすい保険がそろっています。

がん保険を考えるならプロに相談無料保険相談窓口
厳選4選をチェック

介護保険

国の介護保険制度では保障が不足する部分をカバーできる保険。要介護状態になった場合に保険金が支給されます。

自宅をバリアフリー化する費用や介護サービスの自己負担額の軽減に活用できます。

医療保険

医療保険

公的医療保険制度で不足する部分をカバーできる保険です。

保障内容
  • 入院・手術・通院費用
  • 食事代
  • 差額ベッド代

病気やケガに備えたい方にピッタリです。

医療保険を考えるならプロに相談無料保険相談窓口
厳選4選をチェック

就業不能保険

病気やケガなどで働けなくなったときの収入減少リスクに備えるための保険。会社員の方は傷病手当金がもらえますが、もらえる金額は標準報酬日額の2/3程度です。

傷病手当金だけではこれまでの生活を続けるのは難しい可能性があります。

自営業やフリーランスの方の場合、傷病手当金は支給されません。そのため、万が一の場合には会社員よりも生活の維持が困難になる可能性が高いといえます。

しかし就業不能保険に入っていれば、契約時に設定した保険金を毎月受給可能。自身が働けなくなった場合の生活費に備えたい場合は、就業不能保険に加入しておくのが無難です。

生命保険は2種類ある

生命保険は2種類ある

生命保険には、掛け捨て型終身型の2種類があります。

掛け捨て型

解約返戻金や満期保険金がないタイプの保険です。支払った保険料は積み立てられないため、解約しても満期になってもお金は受け取れません。しかし、その分保険料は安く設定されています

保険期間は一般的に10年・20年といった年数や、55歳・60歳といった年齢で区切られています。

注意!
一生涯保障は受けられないものが多いです。

終身型

一生涯保障を受けられる保険。生きている限り保障が続くため、いつまでも安心して生活をお送りいただけます。更新がないため、保険料は契約時から常に一定です。

将来のことも考慮したうえで保障内容を設定すれば、無理なく大きな保障を確保できます。

解約返戻金もあり、払込期間終了後に解約すれば払込保険料よりも高い返戻金を受け取れることが多いです。

生命保険を考えるならプロに相談無料保険相談窓口
厳選4選をチェック

【掛け捨て】生命保険のメリット

【掛け捨て】生命保険のメリット

メリット
  • 安い保険料で大きな保障を確保できる
  • 見直しがしやすい

1安い保険料で大きな保障を確保できる

掛け捨て型は安い保険料で大きな保障を確保できるのが一番のメリットです。解約返戻金や満期保険金がないため、同じ保障内容でも掛け捨て型の方が保険料は安く設定されています

そのため、保険料を抑えつつ充実した保障を確保することが可能。できる限り安い保険料でリスクをカバーしたい方にピッタリなタイプです。

2見直しがしやすい

掛け捨て型は見直しがしやすいのもメリット。掛け捨て型の場合、保険期間が一定期間で区切られていることが多いです。そのため、ライフステージに合わせて定期的な見直しができます

貯蓄性のある保険では早期に解約すると返戻金が元本割れしたり、満期保険金が受け取れなかったりといったデメリットがあります。しかし、掛け捨て型には解約返戻金や満期保険金がありません。

途中解約しても不利益を被ることがないため、いつでも他の保険へ切り替えられます。

【掛け捨て】生命保険のデメリット

【掛け捨て】生命保険のデメリット

デメリット
  • 一生涯保障を受けられないことが多い
  • 解約返戻金・満期保険金がもらえない

1一生涯保障を受けられないことが多い

最大のデメリットは一生涯保障を受けられないことです。掛け捨て型は年数や年齢で保険期間が区切られているものが一般的で、期間が終了したら更新するか他の保険に加入しないと保障を受けられません。

そのため、一生涯保障を受けたい方には不向きといえます。

2解約返戻金や満期保険金が受け取れない

解約返戻金や満期保険金を受け取れないのもデメリットといえます。貯蓄型の保険では解約時に返戻金をもらえたり、満期に保険金が支給されたりしますが、掛け捨て型の場合はそういったものが一切ありません。

そのため、保険期間中に何も起こらなかった場合、お金は受け取れないことになります。

貯蓄したい方、老後の資金や子供の教育資金に備えたい方などには不向きといえるのでしょう。

【終身】生命保険のメリット

【終身】生命保険のメリット

メリット
  • 一生涯保障を受けられる
  • 保険料が変わらない
  • 解約返戻金がもらえる

1一生涯保障を受けられる

終身型の最大のメリットは一生涯の保障を受けられることです。掛け捨て型の場合は、保険期間が終了したら再契約しないと保障を受けられません。

しかし終身型の場合は一度契約してしまえば、その後はいつ万が一のことがあっても保障を受けることが可能。そのため、いつまでも安心して生活できます。

2保険料が変わらない

また、終身型は契約時から保険料が常に一定です。更新がないため、保険料が途中で上がることはありません

そのため、保険料を負担に感じることなく保障を受け続けられます。

3解約返戻金がもらえる

貯蓄性があることも大きなメリット。終身型は掛け捨て型と違い、保険期間中に解約しても返戻金を受け取れます。

受け取れる金額は保険商品によっても異なりますが、多くの場合、払込期間終了後であれば払込保険料よりも高い返戻金を受け取れることが多いです。

緊急でまとまったお金が必要になった場合にも、解約返戻金を必要資金に充てられます。

【終身】生命保険のデメリット

【終身】生命保険のデメリット

デメリット
  • 保険料が割高
  • 将来保障が不足する可能性がある
  • 見直しがしにくい

1保険料が割高

終身型は貯蓄性があり、かつ一生涯保障も受けられるという便利な保険。しかし、その代わりに保険料が他の保険に比べて割高に設定されています。

そのため、加入時は掛け捨て型よりも高い保険料になってしまうことが多いです。

2将来保障が不足する可能性がある

2つ目のデメリットは将来の保障が不足する可能性があることです。終身型のメリットは一生涯保障が続くこと。しかし現在の保障内容では数年、数十年先の将来のリスクをカバーできない可能性があります。

たとえば、現在よりも物価が上昇した場合。万が一に備えて家族を守るために設定した死亡保険金の金額が不足する可能性があります。

また医療はどんどん進歩しているため、現在の終身医療保険ではカバーできない新たな治療法が増えている可能性もあります。

終身型だけですべてを補おうとするのではなく、掛け捨て型ともあわせてリスクをカバーできるようにすると良いでしょう。

3保険の切り替えがしにくい

終身型は貯蓄性があり解約返戻金を受け取れるのがメリット。しかし、払込期間終了前に解約すると、返戻金が元本割れする可能性があります。

注意!
終身型に加入後、他の保険に切り替えるために解約してしまうと、せっかく払い込んだ保険料が無駄になってしまうことに。
そのため、契約後は他の保険への切り替えがしづらいのもデメリットといえます。終身保険に加入するときは、早期に解約することにならないよう、保障内容をしっかり確認することが大切です。

生命保険が必要か悩んだらプロに無料で相談して解決!

ここまで保険について解説してきましたが、保険は人それぞれ・家庭によって、必要な保障や金額も異なります。もしも保険について迷っているなら、無料の保険相談窓口でプロに相談することをおすすめします。

生命保険は専門分野なので、用語も仕組みも難しいものが多いですよね。

一人で悩まず、今はどの窓口もはオンライン相談を実施していますので、自宅や職場から、空いた時間をみつけて保険や今後の資金、老後生活のことなどもFP資格を持ったプロに無料で相談してみましょう。

 おすすめの保険相談窓口の選び方
  • 相談員の質の高さ
  • 取り扱い保険会社数
  • 相談場所(オンライン、店舗、指定箇所など)
  • アフターフォローの有無

上記に挙げるおすすめの保険相談窓口の選び方から、弊サイトが自信を持っておすすめする保険相談窓口を厳選してご紹介します!

保険市場

保険市場

おすすめの無料保険相談窓口1つ目は「保険市場」です。

保険市場の無料相談おすすめポイント
  • 取扱保険会社数が業界最大級の84社!
  • 東証一部上場企業で、業界のなかでも特に老舗で安心できる
  • オンライン相談可能&人気コンサルタント指名予約可能!
  • 店舗は離島除く全国にあるからフォロー体制も抜群!

無料保険相談の受付はチャットで簡単予約のほか、電話での当日予約も可能。相談件数累計52,000件※1を突破する実績と97.9%※2を超えるお客様満足度が、保険市場の質の高さを物語っています。

出典:公式サイト
※1…2021年8月2日現在

※2…2019年11月~2020年1月の期間中に保険市場 コンサルティングプラザで保険のお申し込みをいただいたお客さまの中で店舗評価アンケートにて満足度を星3つ以上と答えた方の割合

ほけんのぜんぶ

おすすめの無料保険相談窓口2位:ほけんのぜんぶ

2つ目に紹介するおすすめの無料保険相談窓口は「ほけんのぜんぶ」です。

 ほけんのぜんぶの無料相談おすすめポイント
  • 保険の相談だけでなくお金の相談全てが1本化できる!
  • 相談員の100%※1がファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を所持
  • 取扱い保険会社数35社!
  • 保険相談で豪華プレゼントがもらえる!

FPは国家資格と民間資格に分かれていますが、いずれも保険以外にもさまざまな知識を保有するお金の専門家です。ざっと挙げただけでも、以下のような内容を学習します。

  • 保険
  • 税金
  • 相続
  • ライフプランニング
  • 資産運用 など

保険募集人資格だけを持つ相談員と比較して、アドバイスの引き出しが多いことが期待できます。

また、保険の相談をするだけでプレゼントをもらえるのも嬉しいポイントです。FP無料相談の実施後、もれなく以下のようなプレゼントがもらえます。(2021年8月現在)

もれなく選べるプレゼント
  • 新潟県産精米 新之助2kg
  • ウェルチ100%果汁ギフト(9本セット)
  • い・ろ・は・す天然水
  • 久原本家茅乃舎だし8g×12袋入り無添加
  • アンパンマン砂場セット
  • ごっつん防止リュック

出典:公式サイト
※1…入社1年以上のプランナーが対象

マネードクター

3つ目に紹介する無料保険相談窓口は「マネードクター」です。

 マネードクターの保険相談おすすめポイント
  • 完全予約制の訪問型の相談窓口で予約はネット・電話に加えてLINEでもOK!
  • 相談料はもちろん無料で、オンライン相談にも対応!
  • 人生に必要なお金について相談者とプランナーが一緒に考えることができる
  • 一定の基準を満たした経験豊富なファイナンシャルプランナー(FP)のみが在籍!

パソコンやスマートフォンとネット環境があれば、自宅にいながらオンライン相談が可能です。

また、マネードクターという名称でも分かるとおり、「お金かかりつけ医」としての機能も持っています。具体的には、以下のような相談に対応しています。

マネードクターのライフプランニング
  • 保険プランの提案

  • 保険の見直し

  • 家系の見直し

  • 将来のキャッシュフロー診断

  • 子どもの教育費準備

  • 住宅ローン相談

生活のさまざまなシーンについて何でも相談できる安心感が、マネードクターの強みですね。

※出典:公式サイト

保険無料相談ドットコム

保険無料相談ドットコム

4つ目に紹介するのは「保険無料相談ドットコム」の無料保険相談窓口です。

 保険無料相談ドットコムの保険相談おすすめポイント
  • 電話・オンラインでの保険相談が可能!
  • お客様満足度は驚異の97.6%!
  • 自宅以外の希望の場所を選択可能

無理な勧誘をされていると判断した場合、店舗に連絡することで案内の終了や担当の変更などの対応が即座にとられるのも安心ポイントです。

はじめての相談で「無理な相談をされたらどうしよう……」と感じている人にもおすすめできます。

面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富なのも魅力です。面談後にアンケートを提出することで後日プレゼントを受け取ることができます。

 もらえる豊富なプレゼント(一部抜粋)
  • 新潟県産コシヒカリ2kg
  • 丸大ハム煌彩セット
  • 利久の牛たん真空パック110g
  • 仙台銘菓 萩の月(6個入り)
※出典:公式サイト

生命保険の選び方

生命保険の選び方

1必要な保障内容を決める

生命保険には、死亡保険・医療保険・がん保険・学資保険・個人年金保険などさまざまな種類があります。どれにするかは保険を使って何に備えたいかという目的によって異なります。

子供の教育費に備えたい、老後の生活費に貯めたいなどの希望に合わせて適切な保障内容を決めましょう。

2保険金額を決める

必要な保障内容が決まったら、万が一の場合にも困らない保険金額を考えましょう。たとえば子供の教育費に備える場合は以下の金額が目安になります。

子供の教育費に備える場合の保険金額の目安
幼稚園から大学まで私立で通った場合の教育費は2500万円程度
保険金額は低く設定すると必要な保障を受けられない可能性がありますが、高すぎると保険料の負担が大きく途中で支払えなくなる可能性もあるでしょう

必要な金額を設定するのが大切です。

3保険期間を決める

保険期間には終身型と定期型の2種類があります。子供が成人するまで、自分が退職するまでなど保障を受けたい期間が決まっている場合は定期型がおすすめです。

生きている間は保障を受けながら安心して生活したいという方は終身型を選ぶとよいでしょう。

生命保険が必要か悩んだらプロに相談無料保険相談窓口
厳選4選をチェック

4貯蓄性が必要かどうか考える

貯蓄性が必要かどうかを考えるのも大切です。保険には貯蓄性のあるタイプとないタイプがあります。

貯蓄性があるとは?

解約返戻金満期保険金を受け取れるもののこと。

貯蓄性がないものの場合、解約しても満期を迎えてもお金は受け取れません。どちらを選んだ方がよいかは目的によって異なります。

たとえば、死亡保険金が支給されればよいという方には貯蓄性は不要です。しかし保険を利用して老後の資金や、子供の教育資金にも備えたいといった場合は貯蓄性のある保険を選ぶ必要があります

万が一のときに保障を受けられるだけでよいのか、それとも将来に向けて貯蓄もしたいのかよく考えて決めましょう。

5無理のない保険料かどうか確認する

保険料が無理のない範囲におさまっているかどうかも大切な要素のひとつです。保障を受けるためには決まった期間まで保険料を払い続けなくてはなりません

途中で保険料が支払えず解約せざるを得ない状況になった場合、万が一に備えた保障が受けられなくなってしまいます。

現在だけでなく将来も無理なく支払えるかどうか考えて決めるのが大切です。

生命保険おすすめ3選

【ライフネット生命】かぞくへの保険

【ライフネット生命】かぞくへの保険

特徴
  • 死亡保障に特化
  • お手頃な保険料
  • 健康診断書不要で手続きが簡単

死亡保障に特化した掛け捨て型の保険です。2021年価格.com保険アワード生命保険の部で第一位を獲得しています。

ネット型の保険にして運営コストを削減したことで、お手頃な保険料を実現。たとえば30歳男性が保険期間10年・保険金額500万円で契約した場合、月額保険料は659円(税込)となっています。健康診断書不要で契約手続きも簡単です。

※2021価格.com保険アワードよりhttps://hoken.kakaku.com/award/

保障内容 死亡・高度障害保険金
保険期間
  • 年満了:10年・20年・30年
  • 歳満了:65歳・80歳・90歳
保険金額 500万円~1億円まで(51歳以上は300万円から)
契約可能年齢 20歳~70歳
特約 なし
払込期間
  • 年満了:10年・20年・30年
  • 歳満了:65歳・80歳・90歳
満期保険金・配当金 なし
解約返戻金 なし

ライフネット生命がきになったらプロに相談無料保険相談窓口
厳選4選をチェック

出典:https://www.lifenet-seimei.co.jp/product/life/

【オリックス生命】終身保険RISE

【オリックス生命保険株式会社】終身保険RISE

特徴
  • 一生涯の死亡保障
  • 貯蓄性がある
  • お手頃な保険料

死亡リスクを一生涯保障してくれる保険です。保険金額は200万円~5000万円の範囲内で自由に設定可能。払込期間も選べるようになっており、ニーズに合わせて保障内容をカスタマイズできます。

解約返戻金もあるため、死亡保障と同時に子供の教育資金や老後の生活資金の備えとしても活用可能です。

保障内容 死亡・高度障害保険金
保険期間 終身
保険金額 200万円~5000万円まで
契約可能年齢 15歳~75歳
特約
  • リビング・ニーズ特約
  • 介護前払い特約
払込期間
  • 終身払

  • 短期払(10年払済・15年払済・20年払済、50歳・55歳・60歳・65歳・70歳・75歳・80歳払済)

満期保険金・配当金 なし
解約返戻金 あり

オリックス生命が気になったらプロに相談無料保険相談窓口
厳選4選をチェック

出典:https://www.orixlife.co.jp/life/rise/

【チューリッヒ生命】終身医療保険プレミアムDX

【チューリッヒ生命】終身医療保険プレミアムDX

特徴
  • 日帰り入院~長期入院まで保障
  • 7大疾病による入院は日数無制限で保障
  • 特約を付帯して保障内容を自由にカスタマイズ

日帰り入院から長期入院まで保障してくれる医療保険。がんや心疾患、脳血管疾患など、7大疾病による入院は日数無制限で保障してくれます。

特約を付帯することで、通院治療先進医療、病気やケガによる収入減少にも備えることが可能です。

保障内容 入院・手術・放射線治療給付金
保険期間 終身
保険金額
  • 入院給付金:5000円(30日型)・1万円(60日型)・15000円(120日型)
  • 手術給付金:入院中1回につき5万・10万・20万円(入院中以外は1回につき5万円)
  • 放射線治療給付金:1回につき5万円・10万円・20万円
契約可能年齢 6歳~75歳
特約
  • 先進医療特約
  • 7大疾病延長入院特約
  • ストレス性疾病延長特約
  • 退院後通院特約
  • 3大疾病診断給付金特約
  • 3大疾病保険料払込免除特約
  • 入院一時金特約
払込期間
  • 10年

  • 55歳払済・60歳払済・65歳払済・70歳払済・75歳払済

  • 終身払

満期保険金・配当金 なし
解約返戻金 なし

チューリッヒ生命が気になったらプロに相談無料保険相談窓口
厳選4選をチェック

出典:https://www.zurichlife.co.jp/product/category_iryo/shushiniryodx

まとめ

今回は生命保険のメリット・デメリットについて掛け捨て型と終身型の2つに分けて解説しました。保険料を抑えて大きな保障を確保したい方は掛け捨て型一生涯保障を受けたい方や解約返戻金がほしい方は終身型がおすすめです。

保険を選ぶ際には、掛け捨て型か終身型かだけで決めるのではなく、保障内容や保険期間、保険金額が適切かどうか、保険料は無理なく支払える金額かどうかをしっかり確認しましょう。

自身にピッタリな生命保険に加入して、万が一の場合にも安心な保障を手に入れてみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事