生命保険の見直しのポイントは?メリットや注意する点を解説

保険に加入するときは「保険の種類」「保険金額」「保険料払込期間」などを吟味して商品を決定します。そのときは最適解と思っていても、時間が経つともっと良い選択肢が思い浮かぶかもしれません。

また、社会保険の仕組みや家庭環境の変化によっても、最適な保険の種類や内容は変わります。生命保険は、そのときに最適な内容になるように見直しを行うことが重要です。

そこで今回は、生命保険見直しのメリットタイミング見直す際のポイントを解説します。保険の料金について気になる人は本記事を参考にしてみてください。

保険の見直し前に知っておきたい注意事項もあわせてご紹介します。

【あなたや家族に保険は必要?最適な保障は?】

保険のことで迷ったら、一人で悩まずプロに無料で相談・解決!過不足ない最適な保障で自分や家族に安心を。
ほけんのぜんぶの無料保険相談
ほけんのぜんぶ
  • 保険も保険以外のお金のことも相談できる
  • 子育て世代からシニア層まで!幅広い層にニーズあり
  • 相談料無料で24時間265日受付してもらえる
  • 取扱保険会社数30社以上

生命保険を見直しするタイミング

更新のタイミングで見直す

ライフプランとは無関係でも、保険の更新のタイミングで確認してみるのも1つの方法です。定期保険など一定期間のみ保障が受けられる保険の場合、更新時の年齢によって保険料が上がることがあります。

保険料が上がるなら、見直す良い機会になるでしょう。

ライフイベントが変わったときに見直す

ポイント1就職した

就職をした

就職したばかりの単身者でも、必要な保障額を準備することは必要です。死亡するリスクは上の年代と比較して低いかもしれませんが、病気やケガで入院・通院する可能性は十分に考えられます。

療養中は傷病手当金などしか受け取れず、収入が減ってしまうことも珍しくありません。医療保険に加入しておくことで、万が一の場合の出費に備えられます。

ポイント2葬儀を行った

また、加入を検討したいのが「終身保険」などの死亡保険です。独身では子どもや配偶者のためにお金を残す必要はありません。ただ、自分の葬儀代くらいは残しておきたいと考えることもあるでしょう。

MM文章日本消費者協会 2017年葬儀についてのアンケート調査によれば、葬儀費用の全国平均は約195万円です。

現在はコンパクトな葬儀が広まっているため、必ずしもここまでの金額が必要かは分かりません。そうは言っても、地域の相場なども参考に必要最小限の葬儀費用は確保しておきたいものです。

終身保険は定期保険より割高ではありますが、加入したタイミングの保険料が一生涯続きます。若いうちに加入しておくことで、年齢を重ねてから加入するより割安な保険料で充実な保障を受けられます。

最新版徹底比較 おすすめの保険相談窓口
6選をチェック!!

結婚した場合

ポイント3結婚した場合

結婚した場合

結婚しても仕事を続ける人が増えており、夫婦共働きも珍しくありません。収入がある人は病気・ケガで長期間にわたって入院して家計に影響を与えることになります。独身のときより医療保険に加入する必要性が増すでしょう。

MM文章死亡保障についても検討が必要です。夫婦どちらかが亡くなると、遺された方は遺族基礎年金や遺族厚生年金を受け取れます。

会社から死亡退職金が受け取ることもあるでしょう。大黒柱に万が一があった直後から必要になるお金から年金や死亡退職金を差し引き、不足する金額を保険で準備をしておきます。

子どもが生まれた場合

ポイント4子供が生まれた場合

子どもが生まれると親としての責任が増します。自分に万が一のことがあった場合は家族の生活費に加えて子どもの教育費用を残すため、定期保険など死亡保障の見直しが必要です。

また、出産に関する保障も欠かせません。出産時は公的な医療保険から子ども1人につき42万円の「出産育児一時金」が受け取れるため、出産費用の大部分を賄うことは可能です。

注意!
しかし帝王切開や切迫早産など、急ぎの手術が必要になることも想定しなければいけません。

妊娠期間中に医療保険に加入することもできますが、妊娠中や出産時のトラブルは保障の対象外になることが多いためです。妊活を始める前に医療保険に加入するのが望ましいといえます。

ポイント5マイホームを購入した場合

マイホームを購入した場合

住宅を購入した場合、保険金額を減額できる可能性があります。住宅ローンを組む際は、団体信用生命保険に加入することがほとんどです。

返済期間中に債務者が死亡するなど万が一のことがあったとき、団体信用生命保険からローンの残債が一括返済されます。

MM文章自分の死後に住居費がかからない分減額できた死亡保障額の分、保険料を減らすことができます。

死亡保険に加入した独身の時点で賃貸の場合、万が一のことが起きたときに家賃分まで受け取れるような契約のままということもあります。

見直しによって大幅に保険料を減らせる可能性がありますね。

ポイント6子どもが独立した場合

子どもが就職して経済的に独立した場合、学費・養育費などの責任はなくなります。一方で、本格的な老後生活のための備えが別途で必要です。

MM文章医療保険や民間の介護保険など、老後生活の万が一のための保障を考えましょう。子どものために用意していた死亡保障を減らす代わり、自分や配偶者のための医療保険は必要性が増します。

年齢と共にリスクが高まる三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)などを手厚く保障できる医療保険、がん保険を上乗せで加入を検討しましょう。

ポイント7定年(老後)を迎えた

医療費の自己負担は70歳以上で2割、75歳以上では後期高齢者として原則1割になります。ただ、年金生活になった後、医療費・介護費が現役世代よりもかかります。

MM文章病気になるリスクが高くなり、長引くことも多くなるでしょう。自己負担が1~2割に減ると言っても、差額ベッド代や食費などは自己負担です。医療保険への加入は検討したいところです。

退職金をあてにし、老後資金として貯めた貯金から取り崩すと、人生100年時代と呼ばれる現代に当たっては生活費が心もとないます。

ただ、高齢になってからの加入や見直しをすると保険料が高くないます。できるだけ早いタイミングでの加入検討が望ましいでしょう。同じように、民間の介護保険の備えについて本格的に見直しを行います。

最新版徹底比較 おすすめの保険相談窓口
6選をチェック!!

生命保険を見直しするメリット

家計の節約につながる場合がある

家計の節約につながる場合がある

保険の見直しによって、保険料が安くなるケースもあります。たとえば「営業マンに勧められるがままに加入した」ようなケースです。

MM文章加入したときには良い保障内容でも、現状の家庭環境では過剰な保障になっている可能性もあります。

見直しをすることで、もっと新しく安い保険料で、同等の保障が受けられる保険が販売されるということも考えられるでしょう。

見直しのためにアンテナを張っておくことで、より合理的な保障を割安な保険料で得られる可能性があるのです。

その時点で必要と思う最適な保障が得られる

たとえば独身時代に加入した死亡保険の場合は保険金額100~300万円程度、つまり葬儀費用を賄える程度の金額にしていることもあります。

MM文章結婚して子どもができたあとも同じ保険に加入し続けた場合、万が一のことが起きたあとの遺族の生活費や子どもの学費には全く足りません。

そのような事にならないためにも、定期的に保険を見直す習慣を身につけることで、保障不足になる事態を未然に防ぐことが可能です。

 

生命保険を見直しする際のポイント

今の保険はどんな種類か

今の保険はどんな種類か

 保険の種類

  • 一定期間の保障を手厚くする「定期保険」
  • 年金形式で合理的に保険金を受け取れる「収入保障保険」
  • 一生涯にわたる保障を得られる「医療保険」
  • ガンに特化して保障を得られる「がん保険」
  • 働けなくなった場合の収入減少に備える「就業不能保険」

見直しの前に重要なこととして、「今加入している保険を洗い出すこと」があります。ひとくちに保険といっても多くの種類があり、その特徴もさまざまです。

保険の見直しでは、他に良い商品がないかどうかを検討することになります。種類の違いを理解していないと比較ができませんから、種類の把握は必須と言えます。

また、その種類で本当に良いのかどうかも検討したいところです。

ポイント終身保険などの場合は「解約返戻金」の額も確認

終身保険や養老保険など貯蓄性の高い保険の場合、途中解約すると解約返戻金を受け取ることができます。その際の金額はどれくらいなのか確認しましょう。

注意!
ただ、契約から解約までの期間が短い場合は解約返戻金がほとんど受け取れません。受け取れるとしても、すでに払い込んだ保険料が大きく下回ることも考えられます。

見直した結果で「解約」という結論に至った場合でも、受け取れる解約返戻金の額や返戻率が満足できる水準であるかどうかは予め確認しておきましょう。

最新版徹底比較 おすすめの保険相談窓口
6選をチェック!!

保険料が家計を圧迫していないか

保険料が家計を圧迫していないか

保障内容が必要十分だとしても、保険料が適正かどうかを考えることも必要です。もし払いきれないと感じている場合は、契約内容を見直すことで保険料の負担を引き下げましょう

MM文章たとえば「保険料払込期間を長めに変更する」ことで、毎月の保険料は少なくなります(ただし、保険料の総支払額は高くなることがあります)。

貯蓄性の高い保険では貯蓄部分の保険料を減らし、掛け捨ての金額を増やすことも可能です。必要な保障額は確保しつつ、保険料を削減できる可能性があります。

必要な保障がカバーされているか

そもそも、加入している保険で必要な保障額をカバーできているかは非常に重要です。万が一のことが発生して保険金や給付金を受け取っても、保障額が不足しては意味がありません。

後ほど詳しく解説しますが、ライフスタイルごとに必要な保障をまとめると以下のようになります。
独身 葬儀費用をカバーできる金額
結婚した場合 死亡後の配偶者の生活費
子どもができた場合 死亡後の生活費、子どもの学費
老後 介護費用、医療費をカバーできる保障

さらに、できるだけ具体的な必要保障額をイメージしましょう。たとえば、ひとくちに「学費」といっても、公立に進むか私立に進むかでかかる費用は全く異なります

文部科学省「平成30年度子供の学習費調査の結果について」によると、幼稚園~高等学校までで各1年間に必要になる学費は以下のとおりです。

公立 私立
幼稚園 223,647円 527,916円
小学校 321,281円 1,598,691円
中学校 488,397円 1,406,433円
高等学校 457,380円 969,911円

引用元:文部科学省|平成30年度子供の学習費調査の結果について

また、保険加入当初は「自宅から大学に通う」という前提で計算をしていたとして、実際は自宅外から通学する場合は家賃負担なども考慮した金額に見直す必要があります。

今後のライフプランをイメージして、保障額が適正かを考えましょう。

保険期間は適正か

保険期間は適正か

定期保険など一定期間だけを手厚く保障する保険の場合、契約期間が満了すると更新しない限り保障が受けられなくなります

定期保険に加入する場合、「子どもが独立するまでは手厚く保障したい」などの考えで加入するようにしましょう。保障が必要な時期や保障されている期間が今も適正か、慎重に検討する事が大事です。

更新を前提にする場合、保険料が年齢によって見直されることも考慮する必要があります。

保険料払込期間は今のままで良いのか

保険料払込期間の違いによっても、毎月支払う保険料が全く変わってきます。期間を延ばすか短縮するかによって毎月の料金が変わります。

MM文章たとえば夫婦ともにリタイアする65歳以降に保険料の負担を発生させたくないのなら、60歳や65歳で保険料払込期間が満了するタイプの保険を選択すると良いでしょう。

逆に毎月の保険料を少しでも安く抑えるなら、生涯にわたって保険料を支払う「終身払い」が選択肢になるでしょう。ただ、終身払いの場合は一生保険料を払い続けることになります。

長生きすればするほど、保険料の総支払額が大きくなる点に注意が必要です。

保険金の受取人は今のままで良いのか

保険金の受取人は今のままで良いのか

保険金の受取人が今のままで本当に良いのかも確認しましょう。保険の契約では「契約者」「被保険者」「受取人」の3者が存在します。

3者の関係性によって、万が一のことがあって保険金を受け取った場合に「相続税」「所得税」「贈与税」のどれがかかるかが変わってきます。

契約者 A A A
被保険者 A B B
受取人 B A C
税金の種類 相続税 所得税 贈与税

参考:生命保険文化センター|保険金などを受け取ったときの税金は?

独身時代に加入した保険の場合、受取人が親のままになっていることもあります。契約後に結婚、出産を経ている場合は、受取人が適切であるかは考え直しましょう。

最新版徹底比較 おすすめの保険相談窓口
6選をチェック!!

生命保険を見直しする前に知っておきたい注意点

自営業は万が一の保障が弱い点に注意

自営業は万が一の保障が弱い点に注意

保険の見直しでは、自分の職業が何なのかによっても用意するべき保障は変わります。大黒柱の働き方は大きく分けて、公務員、会社員、自営業の3つが考えられます。

自営業で生計を立てている人は、公務員や会社員よりも公的な保障が弱い点を考慮して保険を決める必要があります。自営業は社会保障や会社員などと比較して、以下のような懸念点があります。

自営業の懸念点

  • 失業した際に受け取れる雇用保険に加入しない
  • 業務中の病気や怪我で保障される労災保険の加入ができない
  • 扶養の仕組みがないため社会保険料は全額が自己負担
  • 病気やケガで連続4日間以上働けない場合に受け取れる「傷病手当金」が受け取れない
  • 老齢基礎年金しか受け取れないため、将来の年金額が会社員より少ない

このように会社員が受けられる公的保障の対象外になることが多いです。会社員よりも「医療保険」「就業不能保険」「収入保障保険」などに加入する必要性は高いといえます。

最新版徹底比較 おすすめの保険相談窓口
6選をチェック!!

見出し3高利率の保険はそのままにした方が良いことも

高利率の保険はそのままにした方が良いことも

生命保険では、加入した時点で利率が決まります。現在は空前の低金利が続いており、ひと昔前の保険は今よりも高利率であることが一般的でした

MM文章文章利率が高いほど貯蓄型保険に対する解約返戻金や満期保険金の額が増えます。

新しい保険と利率を比較して利率が大きく差が開く場合、そのままの方が良いケースもあるので解約には慎重になったほうがいい場合もあります。

タイミングを誤ると無保険の状態になる

保険では、加入手続きをしたその日から保障が開始されるわけではありません。生命保険契約による保障を受けるためには、以下の3つのステップを全て完了させる必要があります。

タイトル

  • 1:契約の申し込み
  • 2:告知・診査
  • 3:第1回保険料充当金の払込み

ここまでの手続きが完了も、生命保険会社が契約を承諾しないといけません。申し込みした時点で従来の保険を解約した場合、健康状態によって保険への加入ができない可能性もあります。

新しい保険契約が成立したことを確認してから今までの保険を解約するようにしましょう。

ポイントがん保険などで設定されている「免責期間」とは

がん保険などで設定されている「免責期間」とは

がん保険の場合、通常の保険と違って「免責期間」が設定されます。免責期間とは、保険期間が始まった時期から90日(あるいは3ヶ月)などの一定期間、支払い事由に該当しても保障されない期間のことです。

MM文章がん保険だけ免責期間があるのは、加入直後に診断給付金を受け取るような行為が想定されるためです。

がんと診断されなくてもがんに罹患しているかもしれない人が意図的にがん保険に加入し、その後すぐに確定診断を受けることも考えられます。契約者間の公平性を保つという観点から、一定の免責期間が設定されているのです。

一般的には90日間の免責期間が設定されています。がん保険の解約後や成立後、すぐに従来の保険を解約すると、無保険の空白期間が存在してしまいます。

新しいがん保険の免責期間である90日が経過後に、従来の保険を解約するようにしましょう。

解約時期によって受け取れる解約返戻金の金額が異なる

解約時期によって受け取れる解約返戻金の金額が異なる

貯蓄型の保険は解約すると解約返戻金を受け取れます。ただ、いつ解約しても支払った保険料以上の金額を受け取れるわけではありません。

加入してからあまりに早く解約すると、解約返戻金はほとんど受け取れないか、払い込んだ保険料を下回る解約返戻金しか受け取れない場合もあります。

元本割れすることが気になる場合、貯蓄型保険の解約は慎重に決めたいです。

無料保険相談窓口おすすめ6選を徹底比較!

ここまで保険について解説してきましたが、保険は人それぞれ・家庭によって、必要な保障や金額も異なります。もしも保険やお金のことに困ったり迷っているなら、無料の保険相談窓口でプロに相談することをおすすめします。

生命保険は専門分野なので、用語も仕組みも難しいものが多いですよね。

一人で悩まず、今はどの窓口もオンライン相談も実施していますので、自宅や職場から、空いた時間をみつけて保険や今後の資金、老後生活のことなどもFP資格を持ったプロに無料で相談してみましょう。

 おすすめの保険相談窓口の選び方
  • 相談員の質の高さ
  • 取り扱い保険会社数
  • 相談場所(オンライン、店舗、指定箇所など)
  • アフターフォローの有無

もちろん来店しての相談も可能です。上記に挙げるおすすめの保険相談窓口の選び方から、弊サイトが自信を持っておすすめする保険相談窓口を厳選してご紹介します!

ほけんのぜんぶ
マネードクター
保険無料相談
ドットコム
保険市場
ニアエル
みんなの生命保険アドバイザー
ほけんのぜんぶ
マネードクター
保険無料相談ドットコム
保険市場
ニアエル_ロゴ
みんなの生命保険アドバイザー_ロゴ
取扱保険会社数
38社
31社
22社
84社
-
-
特徴
相談員の100%が
FP資格を所持!
FP1,270名、
MDRT会員612名
が在籍!
お客様満足度
驚異の97.6%!
オンライン相談
実績60,000件
以上!
全国約1,500店舗から30秒で来店予約可能!
相談満足度97%、相談実績40万件以上!
対象地域
全国どこでも可能(離島除く)
全国どこでも可能(離島除く)
一部対応できない地域あり
全国どこでも可能(離島除く)
全国どこでも可能
全国
一部対応外
オンライン保険相談
可能
可能
可能
可能
-
-
キャンペーン
6つの中から選べるプレゼント
5つの中から選べるプレゼント
4つの中から選べるプレゼント
-
-
A5ランク黒毛和牛もれなくプレゼント

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ

まず1番に紹介するおすすめの無料保険相談窓口は「ほけんのぜんぶ」です。

 ほけんのぜんぶの無料相談おすすめポイント
  • 保険の相談だけでなくお金の相談全てが1本化できる!
  • 相談員の100%※1がファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を所持
  • 取扱い保険会社数35社!
  • 保険相談で豪華プレゼントがもらえる!

FPは国家資格と民間資格に分かれていますが、いずれも保険以外にもさまざまな知識を保有するお金の専門家です。ざっと挙げただけでも、以下のような内容を学習します。

  • 保険
  • 税金
  • 相続
  • ライフプランニング
  • 資産運用 など

保険募集人資格だけを持つ相談員と比較して、アドバイスの引き出しが多いことが期待できます。

また、保険の相談をするだけでプレゼントをもらえるのも嬉しいポイントです。FP無料相談の実施後、もれなく以下のようなプレゼントがもらえます。(2022年4月現在)

ほけんのぜんぶ キャンペーン情報

この機会に是非一度、気になっているお金のことや老後資金、教育資金、保険について専門家に相談してみましょう。

出典:公式サイト
※1…入社1年以上のプランナーが対象

マネードクター

2つ目に紹介する無料保険相談窓口は「マネードクター」です。

 マネードクターの保険相談おすすめポイント
  • 完全予約制の訪問型の相談窓口で予約はネット・電話に加えてLINEでもOK!
  • 相談料はもちろん無料で、オンライン相談にも対応!
  • 人生に必要なお金について相談者とプランナーが一緒に考えることができる
  • 一定の基準を満たした経験豊富なファイナンシャルプランナー(FP)のみが在籍!

パソコンやスマートフォンとネット環境があれば、自宅にいながらオンライン相談が可能です。

また、マネードクターという名称でも分かるとおり、「お金かかりつけ医」としての機能も持っています。具体的には、以下のような相談に対応しています。

マネードクターのライフプランニング
  • 保険プランの提案

  • 保険の見直し

  • 家系の見直し

  • 将来のキャッシュフロー診断

  • 子どもの教育費準備

  • 住宅ローン相談

生活のさまざまなシーンについて何でも相談できる安心感が、マネードクターの強みですね。
マネードクター キャンペーン情報
マネードクターでは、現在以下バナーより無料保険相談をするだけでもれなく豪華賞品のプレゼントを実施しています。
無料保険相談の予約フォームにて選択が可能ですので是非この機会にご利用ください。

※出典:公式サイト

保険無料相談ドットコム

保険無料相談ドットコム

3つ目に紹介するのは「保険無料相談ドットコム」の無料保険相談窓口です。

 保険無料相談ドットコムの保険相談おすすめポイント
  • 電話・オンラインでの保険相談が可能!
  • お客様満足度は驚異の97.6%!
  • 自宅以外の希望の場所を選択可能

無理な勧誘をされていると判断した場合、店舗に連絡することで案内の終了や担当の変更などの対応が即座にとられるのも安心ポイントです。

はじめての相談で「無理な相談をされたらどうしよう……」と感じている人にもおすすめできます。
無料保険相談ドットコムキャンペーン情報

面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富なのも魅力です。面談後にアンケートを提出することで後日プレゼントを受け取ることができます。

 もらえる豊富なプレゼント(一部抜粋)
  • 新潟県産コシヒカリ2kg
  • 丸大ハム煌彩セット
  • 利久の牛たん真空パック110g
  • 仙台銘菓 萩の月(6個入り)
※出典:公式サイト

保険市場

保険市場

4つめに紹介するおすすめの無料保険相談窓口は「保険市場」です。

保険市場の無料相談おすすめポイント
  • 取扱保険会社数が業界最大級の84社!
  • 東証一部上場企業で、業界のなかでも特に老舗で安心できる
  • オンライン相談可能&人気コンサルタント指名予約可能!
  • 店舗は離島除く全国にあるからフォロー体制も抜群!

無料保険相談の受付はチャットで簡単予約のほか、電話での当日予約も可能。相談件数累計52,000件※1を突破する実績と97.9%※2を超えるお客様満足度が、保険市場の質の高さを物語っています。

出典:公式サイト
※1…2021年8月2日現在

※2…2019年11月~2020年1月の期間中に保険市場 コンサルティングプラザで保険のお申し込みをいただいたお客さまの中で店舗評価アンケートにて満足度を星3つ以上と答えた方の割合

ニアエル

おすすめの無料保険相談窓口ニアエル

5つめに紹介するおすすめの保険相談窓口はニアエルです。

 ニアエルのおすすめポイント
  • 掲載店舗数NO.1
  • 口コミ総数7,000件の実績
  • 予約まで最短30秒
  • 当日相談もネット予約可能
  • 大手生命保険会社のグループ会社の運営

保険相談ニアエルは保険ショップや相談窓口の掲載店舗数NO.1を誇ります。日本全国に計1,500以上の店舗を用意しているため、いつでも近くの相談窓口で相談できます。

また、ニアエルは日本生命保険相互会社のグループ会社の「株式会社LHL」が運営しています。大手生命保険会社のグループ企業のため、安心して相談できるのも大きな特徴です。

「できるだけ名前を知っている会社に保険相談したい」という方でも問題なく相談できるでしょう。
ニアエル
ニアエルでは、相談者に合った相談窓口の提案をしてくれるのが特徴です。
例えば駐車場が必要な方、小さな子どもを連れている場合はキッズコーナーの有無、シニア世代に合わせた環境など選ぶことができるから、安心して保険やお金の相談ができるでしょう。

みんなの生命保険アドバイザー

おすすめの無料保険相談窓口みんなの保険アドバイザー

6つめに紹介するおすすめの相談窓口は「みんなの生命保険アドバイザー」です。

 みんなの生命保険アドバイザーのおすすめポイント
  • 業歴15年を超える老舗サービス
  • 相談実績40万件以上の実績※1
  • 顧客満足度95%以上※2
  • 登録専門家2,000名以上

みんなの生命保険アドバイザーは2004年からサービスを開始し、現在業歴15年を超える老舗サービスです。長きにわたって保険相談に携わってきた実績に基づいて、最適な保険を紹介してくれます。

また、登録している専門家は2,000名以上です。全国各地で対応しているため、地方に住んでいる方でも安心して保険相談できるでしょう。

みんなの生命保険アドバイザーキャンペーン情報

また、みんなの生命保険アドバイザーでは2022年7月10日までの期間限定で家計応援キャンペーンを実施中!家計や保険相談を終えたあとアンケートに回答するだけでA5ランクの黒毛和牛がもれなく全員にプレゼントされます。

この機会に家計や保険、老後資金など気になっているお金のことを専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

※1:2019年6月みんなの生命保険アドバイザー調べ
※2:2018年12月みんなの生命保険アドバイザー調べ

まとめ

今回は、生命保険見直しのメリットやタイミング、見直す際のポイントを解説しました。保険を見直すタイミングとしては「保険の更新の時期」「ライフスタイルに変化があったとき」などが考えられます。

また、会社員や公務員と違い、自営業の人は社会保障が弱く、よく保険を見直しておかないともしもの時に備えることができない可能性があります。

また、貯蓄型の保険では、解約の期間の違いによって戻ってくる金額がことんることがありますので、保険はよく見直すと良いでしょう。

結婚や住宅の購入、退職などライフスタイルに変化がある人は、できるだけ早い段階で見直しを検討しましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事