生命保険とは?しくみや種類、メリットなど

万一のリスクに備えられる生命保険。しかし、保険に入る必要が本当にあるのかと悩んでいる人も多いでしょう。必要のないものには極力お金をかけたくないですよね。

そこで今回は、生命保険のしくみからメリット・デメリットまで分かりやすく解説していきます。

選び方のポイントも解説しますので、保険選びの参考にしてみてくださいね。
生命保険の仕組みを調べているイメージ

生活のなかには、死亡、病気・ケガなど、さまざまなリスクが潜んでいます。生命保険では、保険料を支払うことでさまざまなリスクに直面したときに保険金が支給されます

ここでは、生命保険のしくみと役割について解説します。

生命保険のしくみ

安心な生活を継続するためには、万が一の備えとして、保障を手厚くしておく必要があります。大きな金額を自分の貯金だけで対処するのは難しいと考える人も多いでしょう。

個々で確保するのがなかなか難しい保障も、生命保険であれば用意できます。生命保険は、加入者同士の助け合いによって成り立っているしくみです。

MM生命保険文化センターの調査によると、生命保険の加入率は全体を通して89.8%

約9割の人は何らかの保険に加入していることになります。 多くの加入者が保険料を支払うことで、保険会社には多額のお金が集まります。

個人だけでは確保できない大きな保障も、多くの人に支えられているため、受けられるシステムです。

生命保険の役割

生命保険は助け合いで成り立っている

生命保険は主に死亡や病気・ケガのリスク、将来必要になる費用の備えに活用できます。

1死亡時のリスクに対する備え

パートナーや子どもなど家族がいる人は、自身が死亡した後の家族の生活が心配になりますよね。とくに自身が一家の大黒柱である場合には、死亡により世帯収入が一気に減少し、家族が生活に困窮する可能性が十分考えられます。

独身で守るべき存在がいないという場合でも、死亡後には葬儀代がかかります。

注意!
死亡時のために何も備えを用意していないと、両親や親族に経済的な負担がかかり、生活を圧迫することになりかねません。

しかし生命保険に加入していれば、このようなリスクをカバーできます。万一の際に家族の生活保障ができるのは、大きな魅力といえるでしょう。

生命保険に迷ったら 保険相談窓口
おすすめ6選

2病気やケガのリスクに対する備え

自分に必要な保険を分析している男性
生命保険の中には、自身が病気やケガの治療をした場合に保険金が支給されるものもあります。保険に加入することで、治療にかかる費用負担をカバーできるのです。

MM日本の医療保険制度では、医療費の自己負担が3割に設定されています。

そのため、医療費の総額が100万円の治療を受けた場合にも、実際に負担するのは30万円程度で済みます。さらに公的医療保険制度の中には、費用負担を軽減できる高額療養費制度もあります。

高額療養費制度とは?
医療費の負担が自己負担上限額を超えた場合に、超えた分のお金が戻ってくる制度のこと。一般的な収入の場合、自己負担上限額は8万円程度です。

この金額を超える医療費は国が負担してくれます。通常では100万円かかる治療費だったとしても、支払うお金は8万円程度で済むのです。

注意!
高額療養費制度では保障されない治療もあります。たとえば、がん治療に多い先進医療による治療は、公的医療保険制度が適用されません。

そのため、治療費が大きな負担になり、治療を諦めざるを得なくなる可能性も十分考えられます。生命保険には、このような保険適用外の医療費を保障してくれるものがあります。

生命保険に加入しておくことで、病気やケガの際にかかる経済的な負担を減らし、治療に専念することが可能となるのです。

3将来必要になる費用への備え

将来必要になる備えを検討しているイメージ

生命保険は万一に備えるためだけのものではありません。老後や子どもの教育資金など、将来必要なお金に対する備えの確保にも活用できます。
総務省の調査によると、老後に年金で生活を送る夫婦二人世帯では、毎月3万円程度の赤字になるとされています。※1

注意!
仮に60歳で退職して25年生きるとしても、900万円程度は赤字になるということです。

続いて子どもの教育にかかる費用をみていきましょう。文部科学省の調査によると、子どもが幼稚園~大学卒業までにかかる費用は、公立の場合で800万円程度、私立の場合には2,200万円程度かかるとされています。※2

これらを貯蓄だけで備えるのは難しいと感じる人も多いでしょう。しかし、生命保険には教育費の貯蓄に活用できる保険もあります。

将来に向けた貯蓄の意味でも、生命保険は非常に重要な役割を果たすものといえます。

生命保険の種類は4つ

どの生命保険が必要か調べている男性
生命保険には主に4つの種類があります。

生命保険の種類

  • 生存保険
  • 死亡保険
  • 生死混合保険
  • その他の保険

生存保険とは

保険期間満了を生きて迎えた場合に保険金が支給されるもの。学資保険個人年金保険などがこれに当たります。

1学資保険

子どもの教育費の準備を目的とした保険です。保険料を払い込むことで教育資金が必要になるタイミングで保険金を受け取れます。

2個人年金保険

少しずつ貯金していき最後は芽吹く
老後に必要となる生活資金の準備を目的とした保険。保険料を一定期間払い込むことで、契約当初に設定した年齢に年金が支給されるものです。

年金の受け取り期間があらかじめ決まっている「確定年金」と、一生涯給付を受けられる「終身年金」の2つがあります。

生命保険に迷ったら 保険相談窓口
おすすめ6選

死亡保険とは

契約者が死亡または高度障害になった場合に保険金が支給されるものです。保険期間の長さによって定期保険と終身保険の2つに分けられます。

1定期保険

10年、20年といった一定の期間で保険期間が区切られているものです。掛け捨て型とも呼ばれています。保険期間満了のタイミングで、更新切り替えが必要になります。

注意!
満期金や解約返戻金は基本的にありません。

一生涯保障が続くこともないため、保険料は終身保険よりも割安になっています。

生命保険に迷ったら 保険相談窓口
おすすめ6選

2終身保険

一生涯保障の死亡保険です。保険料は契約当初から一定なので、長期的にみれば定期保険よりも保険料は割安です。保険料の一部が積み立てられていくため、解約返戻金や満期保険金も支給されます。

一定の間とにかく安い保険料で保障を用意したい場合は定期保険、一生涯保障を受けたい人は終身保険がおすすめです。

生死混合保険

自分に合った生命保険を調べている女性

死亡または満期を生きて迎えたときの両方を保障してもらえる保険です。死亡したときには死亡保険金、満了日を生きて迎えたときには満期保険金を受け取れます。代表的なものに養老保険」があります。

その他の保険

死亡リスクではなく、生きているなかで起こりうる病気やケガ、働けなくなるリスクに備えられる保険です。医療保険、介護保険、就業不能保険、収入保障保険などがこれに該当します。

1医療保険

病気やケガの治療費をカバーしてくれる保険です。公的医療保険制度ではカバーできない部分を補えます。

公的医療保険制度でカバーできない費用

  • 差額ベッド代
  • 食事代
  • 先進医療・自由診療代
  • 通院にかかる費用 など

2介護保険

公的な制度では保障されない介護にかかる費用をカバーできる保険です。介護保険制度では、要介護認定に応じた介護サービスが提供されます。基本的に65歳以上でないと介護サービスは受けられません。

MM介護が必要な状態になると、リハビリ・通院・自宅をバリアフリー空間にする費用など、さまざまなお金がかかります。

しかし公的制度の場合、これらの費用に対する保障は受けられません。介護に関わる経済的な負担を軽減してくれるのが、民間の介護保険です。

介護保険に加入すれば、年齢や要介護度にかかわらず給付金を受給できます。

3就業不能保険

働けなくなり悩む男性
働けなくなったときの収入をカバーできる保険です。会社員の場合、病気やケガの治療により働けない間は傷病手当金が支給されます。しかし、傷病手当金の支給額は通常の2/3程度にとどまるため、生活が圧迫される可能性があります。

注意!
フリーランスや自営業者が働けなくなった場合、傷病手当金はありません。

そのため、収入がゼロになり、生活が一気に成り立たなくなる可能性があります。このような事態に備えられるのが就業不能保険です。働けない日数に応じて毎月給付金が支給されます。

金額は自由に設定できることが多いです。

働いていた頃と同じ金額をカバーできるように給付金額を設定すれば、働けなくなっても安心な収入を維持できます。

4収入保障保険

契約者が保険期間中に死亡した場合に保険金が支給されるものです。
MM契約者の死亡時から保険期間満了までの期間中、年金形式で保険金が支給されます。
保険期間満了に近づくにつれて支給額は減少しますが、保障が不要になる期間にあわせて設定すれば、合理的な保険金額を用意できます

保険期間中、一定額が支給されるわけではないため、保険料は他の保険に比べて割安です。

生命保険は必要か?メリット・デメリット

生命保険について調べている女性

メリット

1万一に備えられる

生命保険に加入する一番のメリットは、万一の事態に備えられることです。生命保険は相互扶助のしくみで成り立っています。

MM多くの人が保険料を支払っているため、万一の際にも自身では確保できない大きな保障を用意できます。

保険にもよりますが、加入するとすぐに保障が開始となるものもあります。

すぐに保障を開始させたい場合には、契約内容をしっかり確認しておきましょう。

2生命保険料控除を受けられる

生命保険料控除を受けられるのも良い点です。

生命保険控除とは?
支払っている保険料の一部を所得控除にできるもの。確定申告・年末調整時に申告すれば、翌年にかかる税金を減らせます。
フリーランスや自営業の人は確定申告で、会社員の人は年末調整で忘れずに申告しましょう。

デメリット

生命保険のデメリットに悩む男性

1途中解約すると損をする可能性がある

保険商品によっては、解約したときに返戻金がもらえるものがあります。

注意!
契約後すぐに解約したり、払込期間中に解約したりすると、返戻金が元本割れする可能性があります。

解約返戻金は解約すればもらえるもののため、将来必要になる資金のための備えとして準備している人も多いです。途中で解約してしまうと損をする可能性が高いので、注意が必要です。

返戻金が払込保険料を上回るまで解約せずにすむように、別で貯蓄を備えておくなどしておきましょう。

2保険料が負担になる

生命保険に加入する際には、保険料がかかります。多くの場合で月額払いになるので、毎月の家計の収支を考慮する必要があるでしょう。

注意!
保険の契約の仕方によっては、保険料が大きな負担になる可能性もあります。

契約をする際にはしっかりと保障が備えられるものにするのはもちろんのこと、保険料が無理のない金額に収まっているかどうかも確認が大切です。

生命保険に迷ったら 保険相談窓口
おすすめ6選

3インフレ時に対応できない可能性がある

大きな保障を確保できる生命保険ですが、ほとんどの生命保険では保険金額を契約当初に設定します。そのため、将来発生する可能性のあるインフレ時に対応できないリスクがあります。

インフレ(インフレーション)とは?
物やサービスの価値が上がることです。現在1,000円で買えるものが将来は1,200円など高くなる可能性があります。

ただし、保険商品の中には市場にあわせて保険金額が変動するものもあります。

定期的に保障内容を見直したり、保険金額が変動する商品に変更したりして、インフレ時にも対応できるようにしておくと安心です。

生命保険の選び方3つ

カフェで生命保険を選んでいる女性
生命保険の選び方にはポイントがあります。自身にピッタリな保険を選べるように、ポイントをしっかり抑えておきましょう。

ライフプランをイメージする

生命保険を選ぶ前にまずライフプランを考えましょう。人生のなかには就職、結婚、出産、定年退職などさまざまなイベントがあります。このようなイベントの中で、自身にこれから起こる可能性のあることを書き出すことが大切です。

ライフプランを書き出すことで、いつまでにどのくらいの貯蓄が必要なのか、どのくらいの保障を備えておけば良いのかが分かりやすくなります。

必要な保障を考える

インターネットで自分に必要な保険を選んでいる男性
ライフプランを書き出せたら、それをもとに必要な保障を考えましょう。たとえば、将来子どもが欲しいと思っている人は、子どもにかかる教育資金の貯蓄を考える必要があります。

また、自身が働けなくなったら家族の生活が成り立たなくなりそうという場合には収入保障が必要です。

老後の生活資金が不安な場合には、老後の資金形成の手段を考えるなど、自分にとって不安な部分をカバーしてくれるものが良いでしょう。

必要な保障をカバーできる保険を選ぶ

必要な保障が分かったら、あとはその保障を確保できる保険を選べば良いだけです。

MM教育資金に備えたいのなら学資保険、老後の資金を形成したいのであれば個人年金保険を選びましょう。

死亡保険は、独身の場合200万円程度、家族がいる人は自身が亡くなった後の収支バランスを考えて、不足分を保障できるように準備しておくと安心です。

人によって必要な保障が異なるので、すすめられたからと加入するのではなく、しっかり自分に必要か検討するのが大切ですよ。

おすすめ保険相談窓口6選

ここまで保険について解説してきましたが、保険は人それぞれ・家庭によって、必要な保障や金額も異なります。もしも保険やお金のことに困ったり迷っているなら、無料の保険相談窓口でプロに相談することをおすすめします。

生命保険は専門分野なので、用語も仕組みも難しいものが多いですよね。

一人で悩まず、今はどの窓口もオンライン相談も実施していますので、自宅や職場から、空いた時間をみつけて保険や今後の資金、老後生活のことなどもFP資格を持ったプロに無料で相談してみましょう。

 おすすめの保険相談窓口の選び方
  • 相談員の質の高さ
  • 取り扱い保険会社数
  • 相談場所(オンライン、店舗、指定箇所など)
  • アフターフォローの有無

もちろん来店しての相談も可能です。上記に挙げるおすすめの保険相談窓口の選び方から、弊サイトが自信を持っておすすめする保険相談窓口を厳選してご紹介します!

ほけんのぜんぶ
マネードクター
保険無料相談
ドットコム
保険市場
ニアエル
みんなの生命保険アドバイザー
ほけんのぜんぶ
マネードクター
保険無料相談ドットコム
保険市場
ニアエル_ロゴ
みんなの生命保険アドバイザー_ロゴ
取扱保険会社数
38社
31社
22社
84社
-
-
特徴
相談員の100%が
FP資格を所持!
FP1,270名、
MDRT会員612名
が在籍!
お客様満足度
驚異の97.6%!
オンライン相談
実績60,000件
以上!
全国約1,500店舗から30秒で来店予約可能!
相談満足度97%、相談実績40万件以上!
対象地域
全国どこでも可能(離島除く)
全国どこでも可能(離島除く)
一部対応できない地域あり
全国どこでも可能(離島除く)
全国どこでも可能
全国
一部対応外
オンライン保険相談
可能
可能
可能
可能
-
-
キャンペーン
6つの中から選べるプレゼント
5つの中から選べるプレゼント
4つの中から選べるプレゼント
-
-
A5ランク黒毛和牛もれなくプレゼント

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ

まず1番に紹介するおすすめの無料保険相談窓口は「ほけんのぜんぶ」です。

 ほけんのぜんぶの無料相談おすすめポイント
  • 保険の相談だけでなくお金の相談全てが1本化できる!
  • 相談員の100%※1がファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を所持
  • 取扱い保険会社数35社!
  • 保険相談で豪華プレゼントがもらえる!

FPは国家資格と民間資格に分かれていますが、いずれも保険以外にもさまざまな知識を保有するお金の専門家です。ざっと挙げただけでも、以下のような内容を学習します。

  • 保険
  • 税金
  • 相続
  • ライフプランニング
  • 資産運用 など

保険募集人資格だけを持つ相談員と比較して、アドバイスの引き出しが多いことが期待できます。

また、保険の相談をするだけでプレゼントをもらえるのも嬉しいポイントです。FP無料相談の実施後、もれなく以下のようなプレゼントがもらえます。(2022年4月現在)

ほけんのぜんぶ キャンペーン情報

この機会に是非一度、気になっているお金のことや老後資金、教育資金、保険について専門家に相談してみましょう。

出典:公式サイト
※1…入社1年以上のプランナーが対象

マネードクター

2つ目に紹介する無料保険相談窓口は「マネードクター」です。

 マネードクターの保険相談おすすめポイント
  • 完全予約制の訪問型の相談窓口で予約はネット・電話に加えてLINEでもOK!
  • 相談料はもちろん無料で、オンライン相談にも対応!
  • 人生に必要なお金について相談者とプランナーが一緒に考えることができる
  • 一定の基準を満たした経験豊富なファイナンシャルプランナー(FP)のみが在籍!

パソコンやスマートフォンとネット環境があれば、自宅にいながらオンライン相談が可能です。

また、マネードクターという名称でも分かるとおり、「お金かかりつけ医」としての機能も持っています。具体的には、以下のような相談に対応しています。

マネードクターのライフプランニング
  • 保険プランの提案

  • 保険の見直し

  • 家系の見直し

  • 将来のキャッシュフロー診断

  • 子どもの教育費準備

  • 住宅ローン相談

生活のさまざまなシーンについて何でも相談できる安心感が、マネードクターの強みですね。
マネードクター キャンペーン情報
マネードクターでは、現在以下バナーより無料保険相談をするだけでもれなく豪華賞品のプレゼントを実施しています。
無料保険相談の予約フォームにて選択が可能ですので是非この機会にご利用ください。

※出典:公式サイト

保険無料相談ドットコム

保険無料相談ドットコム

3つ目に紹介するのは「保険無料相談ドットコム」の無料保険相談窓口です。

 保険無料相談ドットコムの保険相談おすすめポイント
  • 電話・オンラインでの保険相談が可能!
  • お客様満足度は驚異の97.6%!
  • 自宅以外の希望の場所を選択可能

無理な勧誘をされていると判断した場合、店舗に連絡することで案内の終了や担当の変更などの対応が即座にとられるのも安心ポイントです。

はじめての相談で「無理な相談をされたらどうしよう……」と感じている人にもおすすめできます。
無料保険相談ドットコムキャンペーン情報

面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富なのも魅力です。面談後にアンケートを提出することで後日プレゼントを受け取ることができます。

 もらえる豊富なプレゼント(一部抜粋)
  • 新潟県産コシヒカリ2kg
  • 丸大ハム煌彩セット
  • 利久の牛たん真空パック110g
  • 仙台銘菓 萩の月(6個入り)
※出典:公式サイト

保険市場

保険市場

4つめに紹介するおすすめの無料保険相談窓口は「保険市場」です。

保険市場の無料相談おすすめポイント
  • 取扱保険会社数が業界最大級の84社!
  • 東証一部上場企業で、業界のなかでも特に老舗で安心できる
  • オンライン相談可能&人気コンサルタント指名予約可能!
  • 店舗は離島除く全国にあるからフォロー体制も抜群!

無料保険相談の受付はチャットで簡単予約のほか、電話での当日予約も可能。相談件数累計52,000件※1を突破する実績と97.9%※2を超えるお客様満足度が、保険市場の質の高さを物語っています。

出典:公式サイト
※1…2021年8月2日現在

※2…2019年11月~2020年1月の期間中に保険市場 コンサルティングプラザで保険のお申し込みをいただいたお客さまの中で店舗評価アンケートにて満足度を星3つ以上と答えた方の割合

ニアエル

おすすめの無料保険相談窓口ニアエル

5つめに紹介するおすすめの保険相談窓口はニアエルです。

 ニアエルのおすすめポイント
  • 掲載店舗数NO.1
  • 口コミ総数7,000件の実績
  • 予約まで最短30秒
  • 当日相談もネット予約可能
  • 大手生命保険会社のグループ会社の運営

保険相談ニアエルは保険ショップや相談窓口の掲載店舗数NO.1を誇ります。日本全国に計1,500以上の店舗を用意しているため、いつでも近くの相談窓口で相談できます。

また、ニアエルは日本生命保険相互会社のグループ会社の「株式会社LHL」が運営しています。大手生命保険会社のグループ企業のため、安心して相談できるのも大きな特徴です。

「できるだけ名前を知っている会社に保険相談したい」という方でも問題なく相談できるでしょう。
ニアエル
ニアエルでは、相談者に合った相談窓口の提案をしてくれるのが特徴です。
例えば駐車場が必要な方、小さな子どもを連れている場合はキッズコーナーの有無、シニア世代に合わせた環境など選ぶことができるから、安心して保険やお金の相談ができるでしょう。

みんなの生命保険アドバイザー

おすすめの無料保険相談窓口みんなの保険アドバイザー

6つめに紹介するおすすめの相談窓口は「みんなの生命保険アドバイザー」です。

 みんなの生命保険アドバイザーのおすすめポイント
  • 業歴15年を超える老舗サービス
  • 相談実績40万件以上の実績※1
  • 顧客満足度95%以上※2
  • 登録専門家2,000名以上

みんなの生命保険アドバイザーは2004年からサービスを開始し、現在業歴15年を超える老舗サービスです。長きにわたって保険相談に携わってきた実績に基づいて、最適な保険を紹介してくれます。

また、登録している専門家は2,000名以上です。全国各地で対応しているため、地方に住んでいる方でも安心して保険相談できるでしょう。

みんなの生命保険アドバイザーキャンペーン情報

また、みんなの生命保険アドバイザーでは2022年7月10日までの期間限定で家計応援キャンペーンを実施中!家計や保険相談を終えたあとアンケートに回答するだけでA5ランクの黒毛和牛がもれなく全員にプレゼントされます。

この機会に家計や保険、老後資金など気になっているお金のことを専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

※1:2019年6月みんなの生命保険アドバイザー調べ
※2:2018年12月みんなの生命保険アドバイザー調べ

よくある質問

生命保険とは?
死亡や病気・ケガなど、さまざまなリスクに備えられる保険です。保険料を支払うことで、万一の際にも安心できる大きな保障を確保できます。
生命保険のしくみを教えてください。
生命保険は、加入者同士の助け合いによって成り立っているものです。多くの加入者が保険料を支払うことで、個々で確保するのが難しい大きな保障も確保できるようになっています。
生命保険にはどんな役割があるんですか?
死亡、病気・ケガのリスク、将来必要になる資金の備えをつくる役割を担っています。
生命保険の種類を教えてください。
大きく分けて生存保険・死亡保険・生死混合保険・その他の保険の4つがあります。
生命保険のメリットはなんですか?
万一の事態にも安心な保障を備えられること、生命保険料控除にて税金を安く抑えられることです。
生命保険のデメリットは?
途中解約すると損をする可能性があること、保険料が負担になること、インフレ時に対応できない可能性があることが挙げられます。
生命保険の選び方を教えてください。
まずライフプランを考えましょう。その後プランの実現に向けて必要な保障を書き出します。最後に必要な保障をカバーできる保険を選ぶとよいでしょう。

まとめ

今回は、生命保険の仕組みからメリット・デメリットまで、分かりやすく解説しました。生命保険は加入者の助け合いによって成り立っている保険です。

死亡時や病気・ケガ、将来に必要な資金の備えなど、万が一に備えられます。ただし途中解約によって損をしたり、インフレ時に対応できなかったりするデメリットもあります。

今後のライフプランを考えたうえで、自身に必要な保障をしっかりカバーできるものを選びましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事