カードローン 収入証明書

カードローン利用時は収入証明書の提出が必要な場合がある上、審査の際はいくつか提出しなければならない書類があります。そのため、前もって何が必要かを調査して把握し、きちんと準備することで手続きがスムーズに進みます。

そこで今回は、カードローンを利用する際に収入証明書不要でも借入れは可能なのかについて説明し、あわせてカードローンのメリットなどを紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

 この記事のポイント
  • 収入証明書不要でもカードローンは利用できるかを理解できる
  • 収入証明書として有効なものを把握できる
  • カードローンのメリットを把握できる

収入証明書不要でもカードローンは利用できるのか

カードローン収入証明書不要

カードローンを利用するにあたり、返済能力の有無を確認するために収入を証明するものとして、収入証明書の提出が必要になる場合が複数みられます。

しかし、審査において必ずしも提出が必要な訳ではなく提出条件はカードローンを提供する会社によって異なります。下記に収入証明書の提出を求められる例をまとめました。

提出が必要な場合
  • 借入希望額が50万円を超える場合
  • 他社の借入額との合計が100万円を超える場合
  • 既に提出している収入証明書が3年以上経過している場合

借入希望額が50万円を超える場合

申し込みをするにあたって、いくらまで借入可能かを申告する借入希望額を記載する欄があります。

借入したい金額が50万円を超える場合は、提出が必要となりますので用意しましょう。借入したい金額が50万円以下であれば、収入証明書不要で手続きを進めることが可能です。

つまり、高額な借入を希望する際は、しっかりと返済できるだけの収入を得ているかを証明するために提示しなければならないと理解しておきましょう。

会社によっては50万円という線引きではなく、審査の状況によって提出を求められることもあります。

他社の借入額との合計が100万円を超える場合

他社の借入額と希望額との合計が100万円を超える場合は提出が必要です。

カードローンを提供している各社が、ほぼ同じ基準として設けていますので、手続きをする際は念頭に置いたうえで進めていきましょう。

既に提出している収入証明書が3年以上経過している場合

借入額の金額だけでなく、既に収入証明書を提出していたとしても3年以上経過している場合は新たに提出が必要です。

ただし、会社によって取り扱いは異なり提出不要の場合もありますので、事前に公式ホームページなどで詳細をチェックしておきましょう。

収入証明書として認められている書類とは

カードローン収入証明書必要な書類

収入証明書として提出できる書類は以下の通りです。表にして、有効な書類として認めれる条件についても記載していますので、ぜひ参考にしてください。

源泉徴収票 最新年度のもの
市民税・県民税額決定通知書 現在交付されている最新年度のもの
所得証明書 現在交付されている最新年度のもの
確定申告書・青色申告書・収支内訳書 いずれも最新年度のもの
給与明細書 直近2ヶ月分の給与が記載されたもの

各種証明書は、最新年度のものや直近2ヶ月分など条件が定められていますので、提出する際は有効であるかをきちんと確認しておきましょう。

なお、コピーを提出する際は、しっかりと判読できるようにしておきましょう。また、書類にマイナンバーや本籍地が記載されている場合は、塗りつぶすなどをして写らないようにしてください。

消費者金融と銀行のカードローンの取り扱いの違い

消費者金融とカードローンの違い

カードローンを収入証明書不要で利用できるか否かは、消費者金融と銀行のカードローンで取り扱いが異なります。

基本的な提出条件としては、上述した通り借入れたい金額が50万円を超える場合や、他社との借入合計額が100万円を超える場合などです。

しかし、銀行のカードローンに関してはそれぞれでルールを定めている場合もありますので、事前に問い合わせることをおすすめします。

独自のルールを設けている銀行があるため、手間を省く意味でも前もって問い合わせておくといいでしょう。

法律によって取り扱いが異なる

カードローンの利用に関して、消費者金融などの貸金業者を対象とした「貸金業法」という法律があります。返済しきれないほど借入をしてしまう「多重債務者」の増加が深刻化したことによりつくられました。

下記が、貸金業法の内容です。

  • 総量規制
  • 上限金利の引き下げ
  • 貸金業者の規制強化

総量規制とは、年収の3分の1以上の借入ができないという制度です。この規制により、借り過ぎを防止しています。上限金利の引き下げについては、貸金業法ができる以前は上限が29.2%でしたが、以降は最大で20%までに制限されました。

カードローンの金利は借入金額によって異なりますので、利用の仕方によって変動します。

貸金業者の規制強化については、法令順守の助言や指導をする国家資格を有する人を営業所に配置することを定めたものです。

そして、貸金業法は貸金業者を対象にしているため、消費者金融カードローンに該当する法律であり、銀行のカードローンは貸金業法の対象ではありません。

つまり、消費者金融カードローンと銀行のカードローンで法律による制限が異なるため、収入証明書の提出に関してもルールが違ってくるのです。

条件に該当していても収入証明書不要とならない場合

カードローン収入証明必要

なかには、例外として条件を満たしていても収入証明書の提出を求められる場合があります。それはどのような場合なのか把握しておくと良いでしょう。条件を満たしているのに、収入証明書を求められるケースを以下にまとめました。

条件を満たしていても提出を求められる場合
  • 年収が不自然
  • 自営業や個人事業主の場合
  • 収入が安定していないと判断された場合

年収が不自然な場合

カードローンを申し込む場合、申込者の情報として年収を申告しなければいけません。その際、明らかに職業や年齢から考えて不自然と判断された場合は、収入を証明するために提出を求められる場合があります。

例えば、アルバイトにも関わらず年収が1,000万円に近い、もしくはそれ以上など、普通では考えにくい場合はいくら収入証明書不要としていても提示を求められるでしょう。

あくまでカードローン会社は審査の一環で証拠を求めているため、疑っている訳ではありません。収入証明書の提出を求められたら、指示に従い用意しましょう。

自営業や個人事業主の場合

自営業や個人事業主の場合、会社に勤めている訳ではないため収入が安定しているとは言いにくいでしょう。

そのため、返済能力の有無を把握する意味から、本来提出が求められるライン以下でも提出をしなければいけない可能性があります。

なお、個人事業主や自営業として働いている人の場合、提出を求められる収入証明書の種類は下記です。

  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 納税証明書
  • 所得証明書

 

提出する書類は公的なものである必要があるので、注意しましょう。

収入が安定していないと判断される場合

いかに収入が安定しているかは審査通過において非常に重要な要素です。そして、申込者の雇用形態がアルバイト、またはパートの場合は、正社員よりも収入が安定していないとみなされかねません。

そのため、審査の際に収入が安定していることを証明するために提出を求められる可能性は高くなります。

毎月の収入に差が生まれやすいなどが審査の時点で発覚した際は、収入証明書の提出を求められることは少なくありません。

クレジットカードのキャッシングは収入証明書不要?

カードローンキャッシング不要

お金を借りられるサービスは、消費者金融や銀行のカードローンだけでなく、クレジットカードのキャッシングサービスもあります。

クレジットカードのキャッシングでは収入証明書不要で申し込みができるか気になりますが、結論を言うと希望額によって異なります。

クレジットカード会社によって取り扱いが異なる場合もありますが、主に下記の条件が設定されていますのでご確認ください。

  • キャッシングの利用枠が50万円以上
  • 他社との借入利用枠の合計が100万円以上
  • 提出した収入証明書が発行日から3年以上経っている

 

ほとんど銀行のカードローンと同じルールが設けられていますので、収入証明書不要で利用できる場合は、上記条件に該当しない少額融資などに限られます。

収入証明書の提出方法

主に収入証明書を提出する方法として下記が挙げられます。

 収入証明書の提出方法
  • スマホ等でアップロードする
  • スマートフォンのアプリで送る
  • FAXで送信する
  • 店頭や自動契約機で提出する
  • 郵送する

アップロードする

公式ホームページにアクセスをすると、収入証明書などの提出書類をアップロードできるメニューが用意されています。

会員ページにログインをすると利用でき、自宅にて簡単に提出できますのでおすすめです。

スマートフォンのアプリで送る

各社の公式ホームページには、収入証明書を撮影して送信するためのQRコードが用意されているケースがあります。

iPhone・Androidのどちらにも対応しているなど、非常に使い勝手が良いのでおすすめの方法です。書類をカメラで撮影して、アプリ内の機能を使って送信するだけなので手間も少ないでしょう。

FAXで送信する

FAXで送信する場合は、各社がしている番号へ送ってください。アプリやインターネット上でのやり取りが不安という人は、ぜひFAXでの提出方法を選択しましょう。

店頭や自動契約機で提出する

近年、各カードローン会社の店舗は多くなっています。そして、店舗の増加に伴い自動契約機も増えているので、自宅付近にある場合は足を運び提出するのもひとつの方法です。

店舗や自動契約機で収入証明書等を提出する場合は、現物もしくはコピーを持参しましょう。

郵送する

店舗には収入証明書等を郵送するための専用封筒が設置されていますので、コピーした書類を入れて郵送することも可能です。なお、店舗が近くにない場合はATMを検索してみてください。

カードローンのメリット

カードローン メリット

カードローンのメリット
  • 現金を手軽に借り入れできる
  • 使途が制限されていない
  • 即日融資に対応している

現金を手軽に借り入れできる

多くの人から寄せられている魅力として、やはり手軽に現金を借入できる点は外せないでしょう。また、利用方法は非常に簡単で、街中のATMや口座への振り込みなど、複数の手段で借入ができます。

最近では専用のアプリも登場しており、スマートフォンから簡単に借入の手続きができるなど、より使い勝手が良くなっています。

今後も、さらに使いやすくなる機能が拡充していく可能性を秘めていますので、その点についてもチェックしておきましょう。

使途が制限されていない

ローンの種類によっては使途が制限されているものがありますが、カードローンの場合は自由に使用できる点は大きなメリットです。

そのため、娯楽や生活費などに活用することで、充実した日々を送ることにも繋がります。ただし、多くの場合は事業資金に使用することは禁止されていますのでご注意ください。

即日融資に対応している

申し込みから融資まで最短60分という即日融資に対応している場合があります。そのため、急ぎで現金を用意しなければならない場合にも対応できることから、万が一の事態に備えることが可能です。

冠婚葬祭やケガ、入院費などをまかなうこともできますので、不測の事態に備えて契約しておくこともおすすめです。

まとめ

この記事では、収入証明書不要でカードローンを利用できるかについて解説しました。

基本的には借入希望額が50万円に満たない、もしくは他社からの借入額との合計が100万円に満たなければ申し込みができます。

しかし、審査の段階で返済能力を有しているか判断するために提出を求められることは少なくありません。

収入証明書として有効なものをきちんと準備することで契約までスムーズに進められるため、事前に調査をして把握しておきましょう。

 この記事のまとめ
  • 借入額によっては収入証明書不要で申し込みは可能
  • 収入が安定してることを証明するために提出を求められる場合がある
  • 銀行カードローンは独自の基準があるため事前に問い合わせるべき
  • 雇用形態によっては例外もあるため注意するべき
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事