ソラチカカードの年会費やANAマイルの還元率、キャンペーンなど徹底解説!

飛行機によく乗られる方やマイルを貯めている方の中には、「ソラチカカードを作ろうかな」 「ソラチカカードってどんなカードなんだろう」「ポイントはどれくらい貯まるんだろう?」と、思っている方も多いでしょう。

この記事ではソラチカカードの基本情報や年会費、ANAマイルやポイントはどのようになっているのかを解説します。

ソラチカカードとは?基本情報

ソラチカカードとは

1ソラチカカードとは

ソラチカカードとは正式名称「ANA To Me CARD PASMO JCB」といいます。

ソラチカカードは「東京メトロ(モバイルPASMO)」と「ANAマイレージカード」そして「JCBクレジットカード」の3つが合わさったクレジットカードです。由来は空でも地下でも使える、という意味からソラチカカードといわれています。

ソラチカゴールドカード

ソラチカカードには一般ソラチカカードとソラチカゴールドカードの2つのカードに分かれています。

ソラチカゴールドカードと一般ソラチカカードの違いは、貯まるポイントの多さです。

そもそもソラチカカードは何のポイントが貯まるのか、どのように貯めるのか、ソラチカゴールドカードは一般ソラチカカードより具体的にどのくらい貯まるポイントが多いのかは次の項目で解説します。

ソラチカカードのマイル・ポイント還元率について

ソラチカカードは以下のようなポイントやマイルを貯めることができます。

  • Oki Dokiポイント
  • メトロポイント
  • ANAマイル

それぞれについて見ていきましょう。

1Oki Dokiポイント

ソラチカカードでは一般的なクレジットカードと同じようにポイントが貯まります。

Oki DokiポイントはJCBのクレジットカードに共通のポイントで、実店舗はもちろんネットショッピングなどでも、何かを支払う際に貯まるポイントです。

ソラチカカードでは、1,000円ごとに1ポイントが貯まり、還元率は0.5%と計算することができます。

Oki Dokiポイント1ポイントで5円相当のためです。

Oki Dokiポイントはソラチカカードでの支払1回ごとに貯まる訳ではありません。「毎月の合計利用額」に対してポイントが付きます。そのため、100円程度の大きい金額の買い物ではなくてもカードを頻繁に使うのがオススメです。

Oki DokiポイントはモバイルPASMOへのオートチャージをすることでも貯まります。

自分で何も設定しなければ、PASMOの残金が2,000円以下になった時に、PASMOで改札を通ると自動で3,000円チャージされます。残金が○○円以下になった時に、○○円チャージされるという設定は自分で変更することができます。

5,000円チャージすると、Oki Dokiポイントが5ポイント貯まるようになっています。

ポイントの有効期限はカードの種類によって異なるので注意が必要です。

有効期限を過ぎてしまったときは、1カ月単位でポイントが使えなくなっていくため、タイミングを見てこまめに使うのをオススメします。

ポイントの有効期限とカードの種類
ソラチカカード(一般) 獲得日から2年間(24ヵ月間)
ソラチカカードゴールド 獲得日から3年間(36ヵ月間)

たとえば、

MM2021年1月中にソラチカカード(一般)でショッピングした時のポイントは、2023年1月15日まで有効になります。

メトロポイント

ANAマイル

メトロポイントとは、東京メトロに関わることによって貯まるポイントです。ソラチカカードはモバイルPASMOも付与されています。

メトロポイントはメトロポイントPlusに対応している自動販売機で電子マネー(モバイルPASMO)を使用したりすると貯まります。1,000円で5ポイント貯まります。

また、メトロポイントPlusに事前登録をしておけば、メトロポイントが貯まる場合があります。
    • メトロポイントPlusに登録していない場合に貯まるメトロポイント

    東京メトロで定期券を買う際にカードを使用 1,000円で5ポイント

    • メトロポイントPlusに登録している場合に貯まるメトロポイント
    一般ソラチカカード ソラチカゴールドカード
    メトロポイントPlusに対応している自動販売機で電子マネー(モバイルPASMO)を使用 100円で1ポイント 100円で2ポイント
    メトロポイントPlusに加盟している店舗で電子マネー(モバイルPASMO)を使用 200円で1ポイント 200円で2ポイント
    東京メトロで1回乗車するごとに 平日だと5ポイント 平日だと20ポイント
    東京メトロで1回乗車するごとに 休日だと15ポイント 休日だと40ポイント

      ANAマイル

      ソラチカカードには色々なボーナスマイルがあり条件をクリアすると、ANAマイルが貯まります。

      それぞれマイルはどのくらい貰えるかについての表を作成しました。

      ソラチカカード(一般) ソラチカカード(ゴールド)

      通常入会の時に貰えるボーナスマイル

      1000マイル 2000マイル

      継続した時に貰えるボーナスマイル

      1000マイル 2000マイル

      1回搭乗するたびに貰えるボーナスマイル

      10% 25%

      ソラチカカード(ゴールド)とソラチカカード(一般)を比較すると、入会マイルや継続マイルは2倍の2000ポイント、搭乗ボーナスマイルは2.5倍の25%、電子マネー(PASMO)での支払いで貯まるポイントは2倍、東京メトロの電車に一回乗るごとに平日は5倍、休日は約2.7倍お得になっているのが分かります。


      ソラチカカードの年会費はいくら?

      年会費が無料?

      ソラチカカードは、初年度の年会費が無料のクレジットカードです。2年目からは2,200円(税込)です。

      しかし、ソラチカカードでは、上記したとおり毎年ボーナスマイルが取得可能です。

      • 通常入会ボーナスマイルで1,000マイル
      • 継続ボーナスマイルで1,000マイル

        こちらも上記したとおり、1マイルは5円相当です。

        年会費は2年目から税込2,200円はかかりますが、毎年継続ボーナスマイルで1,000マイル取得することができるので、5,000円相当のマイルが貯まることによって、年会費が実質無料だと考えられます。

        実質無料どころか、3,000円相当のマイルがプラスで貯まると考えても良いでしょう。

        注意!

        ただし、ゴールドカードは年会費が本会員15,400円(税込)になるので注意が必要です。

        ソラチカカードのお得なキャンペーン情報まとめ

        ソラチカカードが開催しているお得なキャンペーンには、ANAが主催のものとJCBが主催のものの2種類があります。

        ソラチカカードキャンペーン情報
        • JCB主催!新規入会キャンペーン 最大24,800マイル相当プレゼント!※1
        • スマリボ登録&利用キャンペーンで最大6,000マイル相当プレゼント!※2 
        • キャッシングサービス枠の希望&利用キャンペーンで最大3,180マイル相当プレゼント!※1
        ※1…2021年9月30日まで

        この機会を逃すことなくソラチカカードを作成してみてくださいね!

        まとめ

        ソラチカカードは空でも地下でも使えるクレジットカードです。

        ANAマイルはもちろんのこと、Oki Dokiポイントやメトロポイントまで貯めることができる大変魅力的なクレジットカードであることがわかりました。

        また、年会費は初年度が無料なのも嬉しいですが、2年目からは2,200円発生する年会費が毎年継続することで継続ボーナスマイルで1,000マイルを取得することができるので年会費は実質無料とも考えられますね!

        お得なキャンペーンも実施中な今、ぜひソラチカカードを作成してみてくださいね!
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
        ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
        ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
        おすすめの記事