学資保険おすすめ5選を比較|返戻率ランキング・選び方・注意点

「どの学資保険の返戻率が高いのかわからない」と悩んでいませんか?出産を控えていたり子供が生まれたりしたきっかけに、学資保険を検討し始める人も多いでしょう。

子供が将来自分の行きたい学校へ進学できるように、学資保険に加入して効率よく教育資金を貯めたいですよね。そこで今回はおすすめの学資保険を厳選して5つ紹介します。

学資保険の選び方や返戻率を高くする方法についても解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

【あなたや家族に保険は必要?最適な保障は?】

保険のことで迷ったら、一人で悩まずプロに無料で相談・解決!過不足ない最適な保障で自分や家族に安心を。
ほけんのぜんぶの無料保険相談
ほけんのぜんぶ
  • 保険も保険以外のお金のことも相談できる
  • 子育て世代からシニア層まで!幅広い層にニーズあり
  • 相談料無料で24時間265日受付してもらえる
  • 取扱保険会社数30社以上

学資保険おすすめ5選

【日本生命】ニッセイ学資保険

ニッセイ学資保険

特徴
  • 大学の教育資金を計画的に準備できる
  • 受け取りプランを2種類から選べる
  • 払込保険料を上回る教育資金を受給可能

「ニッセイ学資保険」は、大学にかかる費用を計画的に貯蓄できる保険です。大学入学から5年間にわたり学資年金を受け取れるプランと、学資年金に加えて小・中・高校入学時に祝い金をもらえるプランの2つがあります。

受け取りは17歳満期か18歳満期を選べ、大学入学時期に合わせられます。
契約年齢
  • 子供:0歳~6歳
  • 契約者:男性18歳~67歳、女性16歳~67歳
受取期間 17歳満期・18歳満期
払込期間 支払い開始まで・5年・10年

出典:公式サイト

富国生命保険相互会社】フコク生命の学資保険 みらいのつばさ

フコク生命の学資保険 みらいのつばさ

特徴
  • 出産予定日140日前より加入可能
  • 祝い金・満期保険金は成長に合わせて活用可能
  • 祝金は据え置き可能

「コク生命の学資保険 みらいのつばさ」は、貯蓄性を重視した学資保険です。祝い金をもらえるステップ型大学入学時に資金をもらえるジャンプ型の2種類から好きな方ほうを選べます。加入は出産予定日140日前から可能です。

22歳満期のため、大学入学時だけでなく社会人になった時の新生活準備にも役立ちます。

祝い金は据え置きにすることも可能で、必要なときに引き出して活用できます。
契約年齢
  • 子供:出産予定日140日前~7歳まで
  • 契約者:性別・被保険者の契約年齢・保険料払込期間によって異なる
受取期間 22歳満期
払込期間 11歳払込・14歳払込・17歳払込

出典:公式サイト

【明治安田生命】明治安田生命 つみたて学資

【明治安田生命】明治安田生命 つみたて学資

特徴
  • 受取率最大109.0%を実現
  • 大学進学時に確実に教育資金を用意できる
  • 保険料の払込は15歳まで

「明治安田生命 つみたて学資」は、費用がかさむ大学進学時にあわせて教育資金を確実に用意できる保険。受取率は最大109.0%を実現しています。

21歳満期ですが、大学在学の18・19・20歳でも教育資金を受け取れるので、大学在学中にかかる費用も安心です。

保険料払込期間が最長で15歳と、早めに支払いが終わるのも嬉しいポイントです。

※公式サイトより

契約年齢
  • 子供:0歳~満6歳まで
  • 契約者:満18歳~満45歳
受取期間 21歳満期
払込期間 10歳払込・15歳払込

出典:公式サイト

【ソニー生命】学資金準備スクエア

【ソニー生命】学資金準備スクエア

特徴
  • 払込保険料以上の学資金を支給
  • 受け取り方を3タイプから選べる
  • 家計に合わせて細かなプラン設定が可能

「学資金準備スクエア」は、家計の状況に合わせて受取のタイミングや払込方法などを自由に設定できる保険です。受け取り方法はⅠ型・Ⅱ型・Ⅲ型の3種類用意されています。

Ⅰ型なら満期学資金以外に中学や高校入学時に進学学資金、Ⅱ型であれば満期学資金、Ⅲ型は満期学資金以外に大学など進学後から毎年進学学資金が支払われるため、ニーズに合わせられます。

保険料払込方法は、家計にあわせて月払・半年払・年払が選べますよ。
契約年齢
  • 子供:0歳~3歳
  • 契約者:女性16~69歳、男性18~61歳
受取期間 17歳満期・18歳満期、20歳満期・22歳満期
払込期間 10歳払込・15歳払込・17歳払込・18歳払込・20歳払込・22歳払込

出典:公式サイト

【JA共済】こども共済

【JA共済】こども共済

特徴
  • 貯蓄性と保障のバランスが良い
  • 中学・高校・大学プランから選べる
  • 75歳まで契約可能

「こども共済」は、教育資金の貯蓄と万一の保障を兼ね備えた保険です。受け取り期間は中学・高校・大学プランの3種類から選べます。

加入できるお子様の年齢は12歳までとなっているので、学資保険に加入するタイミングを逃してしまった場合にも対応できます。

75歳まで契約可能なので、晩婚・高齢出産でも入りやすい保険です。
契約年齢
  • 子供:0歳~12歳
  • 契約者:75歳
受取期間 14歳満期・15歳満期・17歳満期・18歳満期・22歳満期
払込期間 11歳払込・12歳払込・14歳払込・15歳払込・17歳払込・18歳払込

出典:公式サイト

おすすめ学資保険の返戻率比較ランキング

※このランキング・比較表は2021年9月時点の情報をもとに作成しています。最新の情報とは異なる場合があります。
※このランキング・比較表は本記事で紹介した各生命保険会社の「保険金額200万円・払込期間10年・一括受け取り」の場合における「30歳女性・子供0歳」の月額保険料を比較し作成しています。

学資保険|返戻率の比較表

例)30歳女性・子供0歳:保険金額200万円・払込期間10年
一括受け取りの場合の返戻率※各公式見積りより

【日本生命】
ニッセイ学資保険

107.2%

【富国生命保険相互会社】
フコク生命の学資保険 みらいのつばさ

105.7%

【明治安田生命】
明治安田生命 つみたて学資

104.9%

【ソニー生命】
学資金準備スクエア

103.3%

【JA共済】
こども共済

105.8%

学資保険|返戻率ランキング

1【日本生命】ニッセイ学資保険

【日本生命】ニッセイ学資保険

例)保険金額200万円・払込期間10年・一括受け取りの場合の返戻率※公式見積りより
30歳女性・子供0歳 107.2%
ニッセイ学資保険の特徴
  • 大学の教育資金を計画的に準備できる
  • 受け取りプランを2種類から選べる
  • 払込保険料を上回る教育資金を受給可能

2【JA共済】こども共済

【JA共済】こども共済

例)保険金額200万円・払込期間10年・一括受け取りの場合の返戻率※公式見積りより
30歳女性・子供0歳 105.8%
こども共済の特徴
  • 貯蓄性と保障のバランスが良い
  • 中学・高校・大学プランから選べる
  • 75歳まで契約可能

3【富国生命保険相互会社】フコク生命の学資保険 みらいのつばさ

フコク生命の学資保険 みらいのつばさ

例)保険金額200万円・払込期間10年・一括受け取りの場合の返戻率※公式見積りより
30歳女性・子供0歳 105.7%
フコク生命の学資保険 みらいのつばさの特徴
  • 出産予定日140日前より加入可能
  • 祝い金・満期保険金は成長に合わせて活用可能
  • 祝い金は据え置き可能

 

あなたのご家庭に必要なのは? おすすめの学資保険を
プロが提案(無料)

学資保険の返戻率とは

学資保険の返戻率とは

学資保険の返戻率とは、払込保険料に対してもらえる学資金の割合のことです。契約する時に決めた期間まで継続することで、教育資金が必要となるタイミングや、満期のときに学資金がもらえる仕組みです。

払込保険料に対する学資金の総額は、保険ごとに定められている返戻率により変動します。

例:払込保険料100万円の場合
商品A:返戻率95%→学資金95万円
商品B:返戻率100%→学資金100万円
商品C:返戻率105%→学資金105万円

返戻率が100%未満だった場合、支給額は払込保険料より少ない金額になります。そのため、返戻率100%未満のものを選ぶと金額上では損をします。
払込保険料と同額か、それ以上の金額を受け取りたいなら、返戻率は100以上必要です。

返戻率は高ければ高いほどお得であるといえます。

返戻率の平均はどのくらい?

学資保険の返戻率とは

学資保険の返戻率は100%~110%前後が多いですが、保険商品のなかには60%~90%台と低いものもあります。

返戻率は保険商品によって大きな差があるので、選ぶ際にはさまざまな商品を比較検討するのが大切です。

返戻率の計算方法

返戻率が分からない場合、以下の計算式を使えば簡単に割り出せます。

算出方法
満期保険金+祝い金÷払込保険料総額×100%

上記の計算式を使って、気になる学資保険の返戻率を算出して比べてみましょう。

学資保険の正しい4つの選び方

学資保険を選ぶ際のポイントは以下4つです。ここではそれぞれ掘り下げて詳しく紹介します。

1学資保険の加入目的に合った種類を選ぶ

学資保険の正しい3つの選び方

学資保険には、貯蓄型保障型の2種類があります。貯蓄型は、教育資金を貯めることのみを目的にしたものであり、契約者の死亡保障や、子供の医療保障などはついていません。

保障型は、教育資金の貯蓄と保障がセットになったものです。保障内容には、育英年金・契約者死亡時の保障、子供の医療保障などが含まれます。

とにかく子供の教育資金をできるだけ効率よく貯めたい方におすすめといえます。
育英年金とは?
契約者が死亡した場合、保険金額から所定の金額を年金という形で満期まで支給するもの

死亡時には死亡保険金が支給され、子供の医療保障として入院・手術・通院時の給付金が支給されます。手厚い保障がついているため、返戻率は60%〜90%と元本割れしているものが多いです。
万が一にも備えたいなら、保障型も選択肢に入ります。しかし、ほかに加入中の保険で死亡保障がある場合には、これらの保障は不要といえます。

何を目的に学資保険へ加入するのか考えて自分に合う方を選びましょう。

2受け取り期間を決める

学資保険の正しい3つの選び方

保険の種類が決まったら、学資金を受け取るタイミングを考えましょう。

学資金の受け取り期間
  • 大学進学時
  • 大学入学+在学中の4年間
  • 進学するタイミング

大学に進学するタイミングで受け取る

大学進学時に受け取るタイプは、学資金を一括でもらえます。大学進学は子供の教育資金が最も必要になるときです。

文部科学省の調査によると、大学入学時の初年度にかかる費用は国立で817,800円、私立で1,340,000円程度とされています。

大学進学時期の費用を補いたいなら、大学進学時に一括で受け取れる17歳・18歳満期を選ぶのがおすすめです。

大学進学時+在学中4年間

学資保険の正しい3つの選び方

大学初年度にかかるお金も高額ですが、在学中の学費も安くはありませんまた、大学進学を機に一人暮らしを始める場合、家賃や食費なども別途必要です。

大学入学後の資金にも備えたい場合には、大学入学時だけでなく在学中の4年間も支給されるタイプを選びましょう。

進学するたびに受け取る

大学入学時だけでなく、幼稚園・小学校・中学校など進学するごとにお金をもらえる「祝い金」タイプもあります。大学以外でも、進学時には制服代や入学料・教材費などさまざまなお金がかかります。

小学・中学・高校の進学費用にも備えたい方は祝い金タイプがおすすめです。

注意!
ただし祝い金タイプの場合には、大学進学時にもらえる金額はほかのタイプよりも少なくなります。
どのタイミングにもメリット・デメリットはあるので、ニーズに合わせて受け取り方の検討が必要です。

3払込期間を決める

学資保険の正しい3つの選び方

学資保険の払込期間は、お子さんの年齢によってさまざまです。例えば10歳払は、子供が10歳に達するまで支払う必要があるものです。

注意!
払込期間が短い場合、一回あたりの保険料は高くなります。無理ない金額でできる限り短期間で払い込めるように、支払える月々の保険料から逆算しましょう。

4返戻率の高さで選ぶ

返戻率100%以上のものは、元本割れのリスクが少ないです。返戻率は保険商品によって大きく異なります。貯蓄型の場合には、返戻率100%以上のものがほとんどです。

MM純粋に貯蓄だけを考えるのであれば、貯蓄型がおすすめです。保障型の場合は商品によって返戻率に大きな差がありますが、ほとんどで元本割れします。しかし保障が手厚いためいざというときに安心です。

保障と返戻率のバランスを考えて、自分にとってコスパの良いものを選びましょう。

学資保険を選ぶ際の2つの注意点

学資保険を選ぶ際の注意点

1.時期によっては加入できなくなる可能性がある

学資保険には子供と契約者それぞれに年齢制限が設けられています。子供は、出産予定日の140日前~6歳までがほとんど。契約者は男性55歳、女性60歳までと規定されているものが多いです。

しかし、加入可能年齢は保険商品によっても異なります。子供が12歳になるまで加入できるものもあれば、3歳までしか加入できないものもあります。

注意!
契約者の年齢上限を40歳にしている商品もあり、晩婚の夫婦や高齢出産の人は注意が必要です。

子供が生まれた後は日々の家事や育児、仕事に追われて保険を考えている余裕がなくなる可能性が高いです。

将来の教育費が不足しないようにするためにも、早い段階で検討しましょう。

2.受け取り期間の設定を間違えると教育資金が不足する可能性がある

学資保険を選ぶ際の注意点

学資保険は子供の教育費に備えるためのものです。しかし、せっかく保険料を払い込んでも受け取り時期の設定を間違えると、教育資金をもらいたいときに受け取れない可能性があります。

特に17歳・18歳満期で設定する場合には注意が必要です。学資保険の満期日は子供の誕生日ではなく、子供の誕生日後、初めてきた保険契約日の前日を指します。

例:子供の誕生日は10月31日、保険契約日が7月1日の場合
子供の誕生日を迎えた後の保険契約日前日は6月30日です。

上記の場合に18歳満期で設定してしまうと、学資金がもらえるのは大学1年生の6月30日になります。一番大事な大学進学時にお金を受け取れないので、満期を17歳に設定する必要があります。
受け取り期間は契約後の変更ができません

うっかり設定を間違えて教育資金が不足することにならないように、契約時はよく確認することが大切です。

返戻率を高くする3つの方法

返戻率を少しでも高くしたいなら、以下3つの方法を検討してみてください。

返戻率を高くする方法

  • 払込期間を短くする
  • できる限り早めに加入する
  • 一括受け取りにする

1払込期間を短くする

返戻率を高くする3つの方法

払込期間を短く設定することが返戻率アップにつながります。長い期間保険会社にお金を預けた場合、保険会社は長期にわたって運用できるメリットがあります。

そのため、払込を短い期間で終了させて満期までの期間を長くすると、返戻率が上がるようになっているのです。

注意!
支払い期間を短くすると、その分1回あたりの保険料は高くなります。

返戻率を高くするために無理に短期払いの設定にするのはおすすめできません。保険料が支払えず途中解約すると、元本割れするリスクが高くなり、教育費のために貯蓄した意味がなくなります。

2早いタイミングで加入する

早めに加入することも返戻率を高める有効な方法のひとつです。早い段階で加入できれば払込期間が早く終わるものでも、無理のない支払いが可能となります。

学資保険は、出産予定日140日前から加入できるものもあります。

余裕を持って教育資金をお得に備えるためには、早めの行動が大切です。

3一括受け取りにする

返戻率を高くする3つの方法

学資保険の受け取り時期は、子供の年齢によってさまざまです。返戻率をできる限り高くしたいのなら、一括タイプがおすすめです。

祝い金は受け取らず、小学校や中学校・高校の教育費は貯蓄で対処するのが良いでしょう。

加入を検討している方必見 学資保険に加入する前にすべきこと

学資保険への加入を検討するなら必ずするべきこと

ここまで保険について解説してきましたが、保険は人それぞれ・家庭によって、必要な保障や金額も異なります。もしも保険やお金のことに困ったり迷っているなら、無料の保険相談窓口でプロに相談することをおすすめします。

生命保険は専門分野なので、用語も仕組みも難しいものが多いですよね。

一人で悩まず、今はどの窓口もオンライン相談も実施していますので、自宅や職場から、空いた時間をみつけて保険や今後の資金、老後生活のことなどもFP資格を持ったプロに無料で相談してみましょう。

 おすすめの保険相談窓口の選び方
  • 相談員の質の高さ
  • 取り扱い保険会社数
  • 相談場所(オンライン、店舗、指定箇所など)
  • アフターフォローの有無

もちろん来店しての相談も可能です。上記に挙げるおすすめの保険相談窓口の選び方から、弊サイトが自信を持っておすすめする保険相談窓口を厳選してご紹介します!

ほけんのぜんぶ
マネードクター
保険無料相談
ドットコム
保険市場
ニアエル
みんなの生命保険アドバイザー
ほけんのぜんぶ
マネードクター
保険無料相談ドットコム
保険市場
ニアエル_ロゴ
みんなの生命保険アドバイザー_ロゴ
取扱保険会社数
38社
31社
22社
84社
-
-
特徴
相談員の100%が
FP資格を所持!
FP1,270名、
MDRT会員612名
が在籍!
お客様満足度
驚異の97.6%!
オンライン相談
実績60,000件
以上!
全国約1,500店舗から30秒で来店予約可能!
相談満足度97%、相談実績40万件以上!
対象地域
全国どこでも可能(離島除く)
全国どこでも可能(離島除く)
一部対応できない地域あり
全国どこでも可能(離島除く)
全国どこでも可能
全国
一部対応外
オンライン保険相談
可能
可能
可能
可能
-
-
キャンペーン
6つの中から選べるプレゼント
5つの中から選べるプレゼント
4つの中から選べるプレゼント
-
-
A5ランク黒毛和牛もれなくプレゼント

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ

まず1番に紹介するおすすめの無料保険相談窓口は「ほけんのぜんぶ」です。

 ほけんのぜんぶの無料相談おすすめポイント
  • 保険の相談だけでなくお金の相談全てが1本化できる!
  • 相談員の100%※1がファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を所持
  • 取扱い保険会社数35社!
  • 保険相談で豪華プレゼントがもらえる!

FPは国家資格と民間資格に分かれていますが、いずれも保険以外にもさまざまな知識を保有するお金の専門家です。ざっと挙げただけでも、以下のような内容を学習します。

  • 保険
  • 税金
  • 相続
  • ライフプランニング
  • 資産運用 など

保険募集人資格だけを持つ相談員と比較して、アドバイスの引き出しが多いことが期待できます。

また、保険の相談をするだけでプレゼントをもらえるのも嬉しいポイントです。FP無料相談の実施後、もれなく以下のようなプレゼントがもらえます。(2022年4月現在)

ほけんのぜんぶ キャンペーン情報

この機会に是非一度、気になっているお金のことや老後資金、教育資金、保険について専門家に相談してみましょう。

出典:公式サイト
※1…入社1年以上のプランナーが対象

マネードクター

2つ目に紹介する無料保険相談窓口は「マネードクター」です。

 マネードクターの保険相談おすすめポイント
  • 完全予約制の訪問型の相談窓口で予約はネット・電話に加えてLINEでもOK!
  • 相談料はもちろん無料で、オンライン相談にも対応!
  • 人生に必要なお金について相談者とプランナーが一緒に考えることができる
  • 一定の基準を満たした経験豊富なファイナンシャルプランナー(FP)のみが在籍!

パソコンやスマートフォンとネット環境があれば、自宅にいながらオンライン相談が可能です。

また、マネードクターという名称でも分かるとおり、「お金かかりつけ医」としての機能も持っています。具体的には、以下のような相談に対応しています。

マネードクターのライフプランニング
  • 保険プランの提案

  • 保険の見直し

  • 家系の見直し

  • 将来のキャッシュフロー診断

  • 子どもの教育費準備

  • 住宅ローン相談

生活のさまざまなシーンについて何でも相談できる安心感が、マネードクターの強みですね。
マネードクター キャンペーン情報
マネードクターでは、現在以下バナーより無料保険相談をするだけでもれなく豪華賞品のプレゼントを実施しています。
無料保険相談の予約フォームにて選択が可能ですので是非この機会にご利用ください。

※出典:公式サイト

保険無料相談ドットコム

保険無料相談ドットコム

3つ目に紹介するのは「保険無料相談ドットコム」の無料保険相談窓口です。

 保険無料相談ドットコムの保険相談おすすめポイント
  • 電話・オンラインでの保険相談が可能!
  • お客様満足度は驚異の97.6%!
  • 自宅以外の希望の場所を選択可能

無理な勧誘をされていると判断した場合、店舗に連絡することで案内の終了や担当の変更などの対応が即座にとられるのも安心ポイントです。

はじめての相談で「無理な相談をされたらどうしよう……」と感じている人にもおすすめできます。
無料保険相談ドットコムキャンペーン情報

面談後にもらえるプレゼントキャンペーンの商品が豊富なのも魅力です。面談後にアンケートを提出することで後日プレゼントを受け取ることができます。

 もらえる豊富なプレゼント(一部抜粋)
  • 新潟県産コシヒカリ2kg
  • 丸大ハム煌彩セット
  • 利久の牛たん真空パック110g
  • 仙台銘菓 萩の月(6個入り)
※出典:公式サイト

保険市場

保険市場

4つめに紹介するおすすめの無料保険相談窓口は「保険市場」です。

保険市場の無料相談おすすめポイント
  • 取扱保険会社数が業界最大級の84社!
  • 東証一部上場企業で、業界のなかでも特に老舗で安心できる
  • オンライン相談可能&人気コンサルタント指名予約可能!
  • 店舗は離島除く全国にあるからフォロー体制も抜群!

無料保険相談の受付はチャットで簡単予約のほか、電話での当日予約も可能。相談件数累計52,000件※1を突破する実績と97.9%※2を超えるお客様満足度が、保険市場の質の高さを物語っています。

出典:公式サイト
※1…2021年8月2日現在

※2…2019年11月~2020年1月の期間中に保険市場 コンサルティングプラザで保険のお申し込みをいただいたお客さまの中で店舗評価アンケートにて満足度を星3つ以上と答えた方の割合

ニアエル

おすすめの無料保険相談窓口ニアエル

5つめに紹介するおすすめの保険相談窓口はニアエルです。

 ニアエルのおすすめポイント
  • 掲載店舗数NO.1
  • 口コミ総数7,000件の実績
  • 予約まで最短30秒
  • 当日相談もネット予約可能
  • 大手生命保険会社のグループ会社の運営

保険相談ニアエルは保険ショップや相談窓口の掲載店舗数NO.1を誇ります。日本全国に計1,500以上の店舗を用意しているため、いつでも近くの相談窓口で相談できます。

また、ニアエルは日本生命保険相互会社のグループ会社の「株式会社LHL」が運営しています。大手生命保険会社のグループ企業のため、安心して相談できるのも大きな特徴です。

「できるだけ名前を知っている会社に保険相談したい」という方でも問題なく相談できるでしょう。
ニアエル
ニアエルでは、相談者に合った相談窓口の提案をしてくれるのが特徴です。
例えば駐車場が必要な方、小さな子どもを連れている場合はキッズコーナーの有無、シニア世代に合わせた環境など選ぶことができるから、安心して保険やお金の相談ができるでしょう。

みんなの生命保険アドバイザー

おすすめの無料保険相談窓口みんなの保険アドバイザー

6つめに紹介するおすすめの相談窓口は「みんなの生命保険アドバイザー」です。

 みんなの生命保険アドバイザーのおすすめポイント
  • 業歴15年を超える老舗サービス
  • 相談実績40万件以上の実績※1
  • 顧客満足度95%以上※2
  • 登録専門家2,000名以上

みんなの生命保険アドバイザーは2004年からサービスを開始し、現在業歴15年を超える老舗サービスです。長きにわたって保険相談に携わってきた実績に基づいて、最適な保険を紹介してくれます。

また、登録している専門家は2,000名以上です。全国各地で対応しているため、地方に住んでいる方でも安心して保険相談できるでしょう。

みんなの生命保険アドバイザーキャンペーン情報

また、みんなの生命保険アドバイザーでは2022年7月10日までの期間限定で家計応援キャンペーンを実施中!家計や保険相談を終えたあとアンケートに回答するだけでA5ランクの黒毛和牛がもれなく全員にプレゼントされます。

この機会に家計や保険、老後資金など気になっているお金のことを専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

※1:2019年6月みんなの生命保険アドバイザー調べ
※2:2018年12月みんなの生命保険アドバイザー調べ

学資保険の代わりに教育資金を貯める方法

学資保険のほかにも子供の教育資金を貯める方法はたくさんありますが、以下3つの方法がおすすめです。

教育資金を貯める方法
  • 貯金
  • 保険
  • 資産運用 など

貯金

一番手をつけやすいのは貯金です。元本割れの心配もなく毎月のノルマもありません。お金に余裕がない月は少なめに、余裕のある月は多めになど家計の状況に合わせて自由に貯められます

しかし、自由度の高さから教育資金をしっかり貯められない可能性があるのがデメリットです。

日頃から貯金が苦手な人には不向きな方法なので、貯金が苦手なら学資保険を活用するのは良い手段と言えるでしょう。

保険

保険学資保険の代わりに教育資金を貯める方法

学資保険のほかに教育資金に備えられる保険には、以下のような種類があります。

教育資金の貯蓄に使える保険の種類
  • 個人年金保険
  • 低解約返戻金型終身保険
  • 外貨建て終身保険 など

個人年金保険

「個人年金保険」とは、老後の資金形成をするための保険です。払込期間を短く設定して受け取り期間を子どもの教育費が必要になるタイミングに合わせたり、解約返戻金を受け取ったりすれば教育資金に備えられます。

外貨建て終身保険

「外貨建て終身保険」とは、円よりも利率が高い外貨で運用する終身保険のことです。運用の結果次第で将来の受け取り額が変動します。

MM運用に失敗すると元本割れしてしまうケースもありますが、うまくいけば資金を大きく増やすことが可能です。

子供の教育資金が必要になるまでに運用して、出た利益で教育資金をカバーするのもよいでしょう。

運用で必ず成果を出さないと教育資金が補えないという方は、他の方法で教育資金を確実に確保するのがおすすめです。

低解約返戻金型終身保険

学資保険の代わりに教育資金を貯める方法

「低解約返戻金型終身保険」は、終身型の生命保険です。払込期間中に解約すると元本割れしますが、払込期間終了後は払込保険料よりも大きな返戻金がもらえます。

払込期間を子供の教育費が必要になるタイミングに設定して解約すれば、教育費にあてることが可能です。

資産運用

資産運用も教育資金を調達する良い手段です。資産運用とは、国債や投資信託などでお金を貯める方法のことを言います。投資信託では運用する商品を選べば、プロが運用してくれます。利率は2~5%が一般的です。

貯金をするよりも大きく増やせる可能性が高いのが大きなメリットです。

資産運用は損をしてしまう可能性もあるので、知識を身につけたり日頃からチェックしたりなど、運用には注意しましょう。

まとめ

今回はおすすめの学資保険を5つ紹介しました。学資保険の返戻率は高ければ高いほど、少ない払込保険料で大きな学資金を受け取れます。しかし、返戻率だけで選ぶのはあまり良い方法とはいえません。

目的に合った保険の種類や学資金の受け取り期間・払込方法を選択して、無理なく必要なタイミングで教育資金を備えることが重要です。

学資保険を上手に活用して、将来の教育資金を確保しましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事