viasoカードの特徴は?メリットやキャンペーン情報など解説

viasoカードは、三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードです。多くの人が利用している人気のクレジットカードで、アニメやご当地の人気キャラクターを起用した券面デザインも魅力的です。

そこで今回は、viasoカードとはどういったカードなのかを知るために概要や特徴について解説していきます。また、ポイントの貯め方やキャンペーン情報なども紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 この記事のポイント
  • viasoカードの概要について理解する
  • viasoカードの機能や特典情報を把握する
  • viasoカードで効率良くポイントを貯める方法について理解する

viasoカードとは

viasoカードの概要について、下記表にまとめています。

申し込み条件 18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA・Mastercard
追加可能なカード 家族カード・ETCカード
締め日 毎月5日締切で、当月27日(金融機関休業日の場合は翌営業日)に指定口座からの自動振替

viasoカードは、本人会員・家族会員ともに年会費無料で利用できます。追加でETCカードの発行もできますが、新規発行手数料として税込み1,100円がかかります。

申し込み条件については、年齢が18歳以上で安定した収入があれば申し込みが可能です。ただし、高校生の場合は申し込みができず、かつ未成年であれば親権者の同意が必要となります。

家族カードの場合は、本人会員の配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上の方であれば申し込み可能です。

MMただし、本人会員の方が学生や未成年の場合は家族カードの発行ができません。

viasoカードの魅力的な特徴

viasoカードの特徴として、下記が挙げられます。

viasoカードの特徴
  • 最短で翌営業日に発行される
  • 券面デザインが豊富

最短で翌営業日発行が可能

viasoカードは、申し込みをしてから最短で翌営業日にカードが発行可能です。急ぎでクレジットカードを手元に用意したい人におすすめで、申し込みから3日から1週間で到着となります。

なお、審査状況によって発行までに要する時間は変わってきますので、あくまで目安として捉えて早めに手続きを進めてください。

券面デザインが豊富

viasoカードは券面デザインが豊富に揃っています。主な起用キャラクターやデザインは下記です。

  • ふなっしー
  • くまもん
  • スヌーピー
  • コウペンちゃん
  • シナモロール
  • ぐでたま
  • マイメロディ
  • トランスフォーマー
  • ラブライブ!
  • ファイナルファンタジー
  • Wake up Girls!
  • けいおん!
  • 浦和レッズ

また、キャラクターは同じでも券面デザインが異なるため、好みのクレジットカードを選びやすいです。

自分が好きなキャラクターや映画、アニメなどのクレジットカードを所持できることも、viasoカードが支持されている理由であり魅力といえます。

viasoカードのポイントについて

ここからは、viasoカードのポイントについて見ていきましょう。

viasoカードのポイントについて4つをCHECK!
  • ポイント還元率について
  • オートキャッシュバック機能とは
  • 還元率アップのお店やサイトについて
  • 日頃の支払いでポイントを貯める

viasoカードのポイント還元率について

viasoカードのポイント還元率は0.5%です。各クレジットカードの還元率を下記表にまとめていますので、比較用として参考にしてみてください。

JCBカード 0.5%
三井住友カード 0.5%
ライフカード 0.5%
楽天カード 1%
dカード 1%
リクルートカード 1.2%
エポスカード 0.5%
Yahoo! JAPANカード 1%

クレジットカード全体としては、平均的な還元率となります。カード利用額1,000円につき5ポイントが還元されます。

オートキャッシュバック機能

viasoカードの大きな特徴として、ポイントのオートキャッシュバック機能が挙げられます。

オートキャッシュバック機能と?
貯まったポイントが自動で口座にキャッシュバックされるサービスです。

手続きも不要で、貯めたポイントを無駄なく使えると好評な機能となっています。ただし、キャッシュバックを受けるには1年以内に1,000ポイントを貯めるという条件を満たしていなければなりません。

還元率アップのお店やサイトについて

viasoカードを使いポイントを効率良く貯めるには、VIASO eショップ・特定加盟店での利用がおすすめです。

還元率アップ2つのコツ
  1. VIASO eショップ
  2. 特定加盟店

1VIASO eショップ

VIASO eショップとは、三菱UFJニコスが運営しているネットサイトで、さまざまなショップが掲載されています。

そして、掲載店舗での利用で商品価格の最大10%をボーナスポイントとして還元されます。なお、下記がVIASO eショップに掲載されているショップの一例です。

  • 楽天
  • Yahoo!ショッピング
  • じゃらん
  • ジョーシンWEBショップ
  • 三越伊勢丹
  • AOKI
  • ベルメゾンネット
  • スポーツオーソリティ―
  • ふるさと納税
  • COACH
  • ANAトラベラーズ

公式ホームページには還元率が表記されていますので、マメにチェックをしてお得なショップにて買い物を楽しむのもおすすめです。

VIASO eショップを利用するには、WEB会員サービスである Net Branchへログインをして、専用ページにアクセスする必要があります。

2特定加盟店

また、一例として下記の特定加盟店での利用は通常の2倍ポイントが貯まりますので、ぜひ積極的に支払いに活用しましょう。

  • ETCマークがあるお店
  • NTTドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • Yahoo!BB
  • OCN
  • au one net
  • BIGLOBE
  • ODN

VIASOカードは、ケータイ電話代金やETCの利用でポイントが2倍になります。ポイントを効率よく獲得したい方は、ぜひ利用を意識してみてください。

日頃の支払いでポイントを貯める

viasoカードを日頃の決済に使用することも、効率良くポイントを貯める方法としておすすめです。例として、下記の支払いにviasoカードを使用してみてください。

支払いに使えるシーン
  • 電気料金などの光熱費
  • 定期代金
  • コンビニ
  • 携帯電話料金

光熱費や携帯料金など、毎月固定でかかってくる支払いにviasoカードを使用することで、必然的にポイントを貯められます。また、通勤・通学で必要となる定期代についても、viasoカードで支払うとポイントの獲得が可能です。

その他にも、スーパーでの買い物などの食費やコンビニなど、日常的にお金を使っているシーンは現金ではなくviasoカードを使うようにしましょう。

最近では、税金もクレジットカードで支払える市区町村がありますので、ぜひ可能であればご利用ください。

【注意】ポイントプログラムの対象外となるもの

viasoカードには、ポイント還元の対象とならない支払いがあります。ポイントプログラム対象外となる支払いは以下の通りです。

注意!
・楽天Edyへのチャージ利用分
・モバイルSuicaやスマートICOCAの利用分
・nanacoへのクレジットカードチャージ分
・au PAY残高チャージ分
・ウェブマネー利用分
・JAL Global WALLET クレジットチャージの利用分
・auかんたん決済 au WALLETチャージの利用分

主に電子マネーチャージでは、ポイントが貯まりにくい傾向にあります。電子マネーチャージに使用するクレジットカードはVIASOカード以外を検討するのも良いでしょう。

viasoカードの申し込み方法

viasoカードの申し込みは「オンライン」もしくは「郵送」で行えます。なお、下記が申し込みからカード発行までの流れです。

  1. 会員規約などに同意
  2. ご利用明細ネット切替サービス登録に同意
  3. お客様情報の入力
  4. 申し込み完了
  5. 審査
  6. 発行手続き
  7. カード発行

なお、郵送での申し込む場合は審査通過後に必要書類を返送し、案内状に記載されている書類を確認のうえ、同封の返送用封筒に入れて送付しましょう。

ただし翌日カード発行は、オンライン申し込みに限りますのでご注意ください。

申し込みに必要な書類は?

また、申し込みに必要な本人確認書類は下記です。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 個人番号カード
  • 各種健康保険証
  • 住民票の写し(発行日から6ヶ月以内)

申し込み時の書類と住所が異なる場合は要注意

申し込み時に提出した書類と住所が異なる場合は、下記書類のコピーも必要となります。

  • 電気料金領収書
  • ガス料金領収書
  • 水道料金領収書
  • NHK受信料金領収書
  • 固定電話料金領収書
  • 社会保険料の領収書
  • 国税・地方税の領収書
  • 国税・地方税の納税証明書

なお、上記のいずれも6ヶ月以内に発行されたものでなければいけないため、提出の際はご注意ください。

本人確認書類以外の書類が必要な場合は事前に準備しておきましょう。

viasoカードの付帯保険

クレジットカードを所持するうえで、付帯されている保険内容に注目することは非常に重要です。viasoカードは、海外旅行傷害保険が利用付帯しています。補償内容や保険金額について見ていきましょう。

傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害・疫病による治療費用限度額 100万円
賠償責任限度額 2,000万円
携行品の損害限度額 1旅行につき20万円
救援者費用限度額 100万円

なお、上記は一般カード会員の保険金額となり、ゴールドカードであれば障害による死亡や後遺障害で最高5,000万円の保険金額となるなど、さらに手厚い補償が受けられます。

また、家族カードにも海外旅行傷害保険が付帯しており、本人会員と同じ内容の補償が受けられるのもviasoカードの特徴ですよ。

viasoカードのキャッシング利用について

viasoカードは、キャッシング機能も付帯しています。

viasoカードのキャッシング情報

融資利率 実質年率14.94%~17.94%
返済方式 元利一括払い
返済期間・回数 27日~60日(ただし暦による)・1回
担保・保証人 不要
遅延損害金 実質年率20.00%
資金用途 自由(ただし事業資金は除く)

viasoカードのキャッシング利率は、実質年率14.94%から17.94%です。次の項目で他のクレジットカードの金利を比較してみましょう。

各クレジットカードのキャッシング金利は?

下記が各クレジットカードの融資利率です。

三井住友カード 実質年率15%~18%
JCBカード 実質年率15%~18%
楽天カード 実質年率18%
イオンカード 実質年率7.8%~18%
エポスカード 実質年率18%
オリコカード 実質年率15%~18%
ライフカード 実質年率15%~18%
セゾンカード 実質年率12%~18%

一般的なクレジットカードのキャッシング金利は〜18%が平均です。一方、viasoカードののキャシング利率は〜17.94%。他のカードに比べて金利が低いため、キャッシングに適した1枚と言えるでしょう。

viasoカードのキャッシング利用方法は?

なお、借入はATM・CD・インターネットでの口座振込に対応しています。NICOSの表示がある全国の金融機関で利用可能なため、比較的使い勝手が良いサービスといえるでしょう。また、下記コンビニATMでも借入が可能です。

 借入可能なコンビニATM
  • ローソン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ファミリーマート(イーネット)
  • ミニストップ(イオン銀行)

キャッシュレス化が進んでいる時代とはいえ、現金が必要となるシーンもゼロではありません。万が一の事態への備えとして、キャッシングサービスの利用も検討しておきましょう。

viasoカードのキャンペーン情報

viasoカードでは、新規入会特典として最大10,000円がキャッシュバックされるキャンペーンを常時開催(終了未定)しています。

キャッシュバックの期間は、入会をした日から3ヶ月後の末日までです。また、キャッシュバックの特典詳細は下記となります。

viasoカードのキャッシュバックキャンペーン
  • 8,000円キャッシュバック
    会員専用のWEBサービスのIDを登録し、15万円以上ショッピングで利用することが条件
  • 2,000円キャッシュバック
    8,000円キャッシュバックの条件を満たしたうえで登録型リボ「楽Pay」に登録が条件

上記2つのキャンペーンが適用されることで、最大で10,000円のキャッシュバックが受け取り可能です。入会日はカードが届く際の台紙に記載されていますので、対象期間を誤らないよう確認しておきましょう。

まとめ

この記事では、viasoカードについて解説しました。VIASOカードは年会費無料で利用でき、ポイント還元率がアップするお店やネットサイトもあるため、効率よくポイントが貯まります。

この記事のPOINT
  • viasoカードは年会費無料で利用できる
  • viasoカードで貯まるポイントは自動で現金還元される
  • 海外旅行傷害保険が充実した内容となっているため安心

また、オートキャッシュバック機能により自動で引き落とし口座に入金されるのも大きな特徴です。付帯保険も充実していますので、ぜひ新規入会キャンペーンも利用してviasoカードへの入会を検討してみてはいかがでしょうか。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事