仮想通貨

近年話題の仮想通貨(暗号資産)、初めてみたい!と思う方も多いのではないでしょうか。仮想通貨(暗号資産)は自分で取引することもできますが、多くの人は取引所を介して取引をしています。

初心者の方が仮想通貨(暗号資産)を始めるためには、まず取引所探しから!ということですね。

取引所を選ぶ際の判断基準は人それぞれですが、比較する際に見るべきポイントは次が主なものになります。

  • 取り扱っている仮想通貨(暗号資産)の数
  • 手数料の安さ
  • 取引ページやアプリの使いやすさ
これらに着目して初めにおすすめの取引所や、取扱仮想(暗号資産)取扱種類数のランキングをご紹介します。

また、仮想通貨(暗号資産)の基本情報や取引所と販売所の違い、取引所の注意点についてもご紹介していきますよ。

※本記事は、暗号資産取引で必ず利益を生む方法を紹介するものではありません。暗号資産取引は自己の責任において行っていただきますようお願いいたします。


初心者にもおすすめ!仮想通貨取引所5選徹底比較

コインチェック
Coincheck
bitbank
bitFlyer
GMOコイン
DMM Bitcoin
bitbank
ビットフライヤー
GMOコイン
dmmbitcoin
取引所手数料
無料
メイカー:-0.02%
テイカー:0.12%
約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
(単位: BTC)
メイカー:-0.01%
テイカー:0.05%
無料
販売所手数料
無料
無料
無料
無料
無料
レバレッジ
なし
なし
2倍
2倍
2倍
最低取引額
0.005通貨単位以上
(500円相当額以上)
0.0006 BTC
0.00000001BTC
(1円から取引可能)
0.0001 BTC/回
0.001BTC〜
(約1,000円相当)
取引通貨数
15種類
9種類
13種類
14種類
12種類

Coincheck(コインチェック)

初心者にもおすすめ!仮想通貨取引所

Coincheckのおすすめポイントは次のとおりです。

Coincheckのおすすめポイント
  • マネックスのグループ会社なので、セキュリティ体制が万全
  • 取り扱っている仮想通貨16種類が約500円から購入可能!※1
  • アプリにも2段階認証・PINコードロック付きで安心
  • 最短5分で口座解説が完了する
  • 国内仮想通貨取引アプリダウンロード数No,1!※2
  • 購入時は最短10秒、スマホから簡単に買える!

Coincheckで取り扱っている仮想通貨(暗号資産)は16種類になります。これは日本国内で仮想通貨を扱う取引所では国内最多※2です。さらに最低500円から売買ができるため、初心者の方でも始めやすいのがポイントです。

今は東証1部上場企業であるマネックス傘下になり、金融庁にも登録された取引所です。
デメリットとしてあげられるのは、取引所で売買できる仮想通貨(暗号資産)がビットコインだけであるという点です。その他の仮想通貨は販売所を経由する必要がありますので、手数料が少し割高になっています。

Coincheckのアプリについて

初心者にもおすすめ!仮想通貨取引所

Coincheckのアプリでは、仮想通貨(暗号資産)の値動きをチャートによって一目で確認することができます。さらに仮想通貨(暗号資産)ごとにチャット機能が実装されていますので、取引の動向などの情報を交換可能です。

セキュリティ面でもしっかりとした対策がなされています。主に以下の2つの機能で利用者の資産をしっかり守ってくれます。
  • 2段階認証付きのウォレット
  • PINコードロック

また仮想通貨の購入はアプリを使うとなんと最短10秒です。通貨を選択し、購入金額を入力するだけで購入可能なので、スムーズな取引が実現できます。

アプリのデザインは非常にシンプルで、初心者でも上級者でも使いやすいアプリになっています。
※1 2020年9月 金融庁「暗号資産交換業者登録一覧」調べ
※2 対象期間:2018年1月~2019年12月 データ協力:App Annie

bitbank

初心者にもおすすめ!仮想通貨取引所

bitbankのおすすめポイントは次のとおりです。

bitbankのおすすめポイント
  • 24時間いつでもリアルタイムで日本円入金が可能
  • 本人確認書類を登録してから、取引開始まで最短1日
  • 本格的な分析で、プロフェッショナルな取引も可能
  • 仮想通貨取引国内No.1※3

bitbankではいつでもリアルタイムで日本円を入金することができますので、買い時を逃すことなく、仮想通貨の取引ができます。

アカウントの作成もスムーズで、メールアドレスと基本情報の登録は5分もかからずにできてしまいます。そこから、本人確認のために取引開始までは最短1日になります。

20歳以上であれば口座を開設することができます。
市場の状況は24時間365日更新されており、テクニカル分析のツールも豊富なので、プロフェッショナルな取引も可能です。初心者から上級者まで、多くの人に支持されている取引所になります。

bitbankのアプリについて

初心者にもおすすめ!仮想通貨取引所

bitbankは専用のアプリをリリースしています。画像はAndroidですが、iOS版もリリースされています。アプリは初心者でもわかりやすいシンプルなデザインで、ワンタップで仮想通貨を購入、売却することができます。

またユーザーにはセキュリティ面で評価されており、2段階認証携帯SMS認証の導入、出金時は詐欺被害に遭わないために、厳重なチェックがかかるなど、ユーザーからの信頼度が高いアプリになります。

利用者の目に見える対策が多いと、安心感が高まりますね。
また、マーケットに関するニュースを見ることもできるので、ニュースで市場の情報を仕入れて、取引を実行、なんてこともできます。
※3 2021年2月14日時点、CoinMarketCap調べ

bitFlyer

bitflyer

bitFlyerのおすすめポイントは次のとおりです。

  • 世界でもトップクラスのセキュリティシステム※!
  • Tポイントをビットコインに交換、貯めることもできる!
  • 13 種類の人気仮想通貨が100円から少額取引できる!
  • シンプルなホーム画面で、自分の資産がわかりやすい!
  • 手数料のかからない取引が多い!

bitflyerは、アカウント作成や維持手数料はもちろんのこと、販売所全通貨売買手数料も無料※1

さらに、ビットコインやリップルをはじめとする人気の13種類の仮想通貨が100円という少額から売買できることから、初心者にとっても始めやすい点は自信を持っておすすめできます。

土日祝日であっても、スマホアプリやパソコンを使用してどこからでも簡単操作でアクセス可能。操作画面もシンプルで好評を得ています。

bitflyerとTポイント

bitflyerの最大の特徴として、Tポイントを100ポイントからビットコインに交換できる&500円以上のビットコイン決済でTポイントが貯まる点が挙げられます。

投資初心者にとって、貯めたTポイントをビットコインに交換して投資ができるのはとても気軽に始められるきっかけになりますね!
※ Sqreen 社調べ。2018年1月発表、世界140の仮想通貨取引所を対象に調査。

bitFlyerのアプリについて

初心者にもおすすめ!仮想通貨取引所

2020 年上半期アプリダウンロード数国内 No.1※2のbitflyerのアプリは、以下に挙げるメリットがあります。

bitflyerのアプリのメリット
  • 最短即日で仮想通貨の購入が可能

  • 仮想通貨取引が初めての方でも簡単操作で仮想通貨(ビットコイン等)の売買が可能

  • 強固なセキュリティに全力を尽くしている

  • プロ向け仮想通貨(ビットコイン等)取引ツールも利用可能!

bitflyerおよびユーザーが所有する仮想通貨の80%以上はコールドウォレットで保管され、管理は外部のネットワークから隔離しているという強固なセキュリティ施策を展開。
ウイルス・ハッキング対策としてセキュリティの脆弱性を定期的にチェック、さらにセキュリティのアップデートも継続的に行っているため、セキュリティ面において不安はないでしょう。
※1 購入価格と売却価格の差であるスプレッドをお客様にご負担いただいております。
※2 App Ape 調べ

GMOコイン

初心者にもおすすめ!仮想通貨取引所

GMOコインのおすすめポイントは次のとおりです。

  • 入金・出金手数料等が無料!
  • 2種類の取引ツールから選べる!
  • 取引方法を数種類から選べる!

GMOコインは口座開設手数料・即時入金手数料・出金手数料・預入、送付手数料が全て無料です。口座開設のハードルが低いため、初心者の方でも始めやすいですね。

取引時には手数料がかかりますが、それでも安めといえます。
また、GMOコインは東証1部上場企業であるGMOインターネット株式会社のグループが運営しています。そのため、セキュリティ体制も非常に信頼できるものになっています。
  • 2段階認証
  • ログイン通知
  • 24時間監視
  • 定期的な脆弱性診断
  • 脆弱性情報収集

これらのサイバー攻撃対策で、安心安全な取引所を実現しています。

また、下記の複数の取引方法から自分にあった取引を選ぶことができます。

  • 現物取引
  • レバレッジ取引
  • 売りから取引可能
  • 複合注文を使った取引

初心者の方には現物取引、上級者には情勢に合わせた取引が可能な複合注文を使った取引、など、自分に合った取引スタイルで、仮想通貨を運用することができます。

GMOコインのアプリについて

初心者にもおすすめ!仮想通貨取引所

GMOコインは専用のスマホアプリがあります。こちらのアプリはシンプルなデザイン直感的な操作を実現しています。初心者の方でも簡単に仮想通貨の購入が可能です。

また、前回の終値から大きな価格変動があった場合には通知でアラートを送ってくれます。価格変動の情報を逃さないため、取引のチャンスを逃すことなく、仮想通貨の運用をすることができます。

現物の売買も暗号資産FX取引も全てこのアプリで完結しますよ。

DMM Bitcoin

初心者にもおすすめ!仮想通貨取引所

DMM Bitcoinのおすすめポイントは次のとおりです。

  • 11種類のレバレッジ、3種類の現物が取引可能
  • LINEでカスタマーサポートを受けられる
  • 取引まで最短1時間!口座開設手続きはスマホで完結

DMM Bitcoinで取り扱っているレバレッジは12種類です。レバレッジ取引においては国内ナンバー1になります。

また、全てが自己責任の仮想通貨。今が売り時なのか、ここからの資産形成に迷う...といった時に、DMM Bitcoinでは、LINEのアカウントでカスタマーサポートを受けることができます。

※出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003754.000002581.html

LINEは自動返信ではなく、有人のアカウントになるので、対応には少し時間がかかる場合があります。
そして、口座開設はスマホで完結します。メールアドレス・本人情報を入力し、スマホのカメラで本人確認書類と自分の顔を撮影すれば、AIが本人確認を行ってくれます。
そこから口座開設審査が行われ、最短1時間で口座開設が完了します。

DMM Bitcoinのアプリについて

初心者にもおすすめ!仮想通貨取引所

DMM Bitcoinにはスマートフォン版取引システムアプリが用意されています。こちらのアプリでは、次の項目を操作することができます。

  • 口座状況
  • レート
  • トレード
  • チャート
  • 入出金
  • 口座振替
  • マーケット
  • レバ手数料/証拠金
  • お問い合わせ

それぞれの操作方法もシンプルで、口コミでもサクサク動くのでストレスなく取引ができるという評価が見受けられます。

外出先からもスムーズなトレードが可能です。

取扱仮想通貨数で取引所をランキング化!

それでは本記事でご紹介した取引所を、取り扱っている仮想通貨(暗号資産)の数でランキング化してみましょう。取扱仮想通貨(暗号資産)数は2021年5月時点のものですので、今後ランキングが変動する可能性はあります。

Coincheck
取扱仮想通貨(暗号資産)数:16種類
GMOコイン
取扱仮想通貨(暗号資産)数:12種類
bitFlyer
取扱仮想通貨(暗号資産)数:12種類
DMM bitcoin
取扱仮想通貨(暗号資産)数:12種類
bitbank
取扱仮想通貨(暗号資産)数:9種類
このような結果となりました。実際に取引所を選ぶ際には、仮想通貨(暗号資産)の数だけではなく、セキュリティ面なども考慮しながら選ぶようにしてみてください。
マイナーな仮想通貨(暗号資産)でハイリターンを狙う方などは、ぜひ、取扱仮想通貨(暗号資産)が多い取引所を選んでみてください。

仮想通貨の取引所と販売所の違いを解説!

仮想通貨の取引所と販売所の違いを解説!

仮想通貨(暗号資産)の売買の場には、取引所販売所があります。Coincheckなどの大手取引所には、販売所としての機能が備わっていることも多いです。

これらがどう違うのかがわからない初心者の方も多いと思いますので、基本情報と主なメリットデメリットを解説していきます。

販売所とは

販売所は、仮想通貨(暗号資産)の売買を業者と投資家の間で行うものです。買う場合は書いてある料金を払い仮想通貨(暗号資産)をゲット、売る場合は仮想通貨(暗号資産)を渡してお金をもらいます。

簡単に言えば仮想通貨(暗号資産)のお店のようなものですね。

販売所のメリット

販売所に書かれている値段でそのまま仮想通貨(暗号資産)を買うことができるので、初心者でもわかりやすく購入ができます。
これは自分がその値段で買いたいと思ったタイミングで手に入れることができるので、自分の得になるチャンスを逃しにくいということになります。

販売所のデメリット

販売所は、投資家が仮想通貨(暗号資産)を買う値段よりも、投資家が仮想通貨(暗号資産)を売る値段の方が安くなっています。つまり自分が一度売った仮想通貨(暗号資産)をまた買う場合にはマイナスが出てしまうのです。

販売所は簡単にいえば仮想通貨(暗号資産)を安く買って、高く売ることで利益を出しています。

取引所とは

仮想通貨の取引所と販売所の違いを解説!

取引所とは、仮想通貨(暗号資産)を売りたいと思っている投資家と、仮想通貨(暗号資産)を買いたいと思っている投資家が取引をする場所です。売り手と買い手の条件が一致すれば、取引が成立します。

一対一のやりとりに見えますが、こちらを仲介しているのが取引所です。

取引の際に発生する手数料が、取引所の利益になります。

取引所のメリット

販売所は指定された価格でしか購入ができませんし、販売もできません。しかし、取引所であればマッチする相手さえいれば、自分の好きな金額を設定し売買することができます。

MM
販売所のように売った金額よりも買う金額の方が高くなるということもありませんので、販売所での売買よりもコストの削減ができます。

取引所のデメリット

自分の好きな金額を設定するため、自分の取引の裁量が重要になってきます。初心者だと、この裁量がわからず、難しいと感じることが多いと思います。

また自分が売りたい額に応じてくれる、買い手(逆も然り)がいないと売買は成立しません。

そのため100%自分の希望の取引が成立するわけではありません。

仮想通貨とは?基本情報を改めておさらい!

仮想通貨とは?基本情報を改めておさらい!

キャッシュレス時代といわれている現在、形を持たないけれど、お金と同等の価値があるとして使えるものが増えています。次に挙げるのはその例です。
  • 電子マネー
  • ポイント
  • マイル

仮想通貨(暗号資産)もこれらと一緒で、形を持ちませんが、お金と同じ価値があるとして使うことができます。仮想通貨は(暗号資産)は暗号理論によって、安全性が保証されています。

仮想通貨(暗号資産)はどうやって生まれているのか

仮想通貨とは?基本情報を改めておさらい!

私たちが普段使っている現金は、日本銀行で発行されていますね。それでは仮想通貨(暗号資産)はどのように発行され、世の中に出回っているのでしょうか。

仮想通貨はマイニングによって発行され、世の中に出回ります。

MM
仮想通貨(暗号資産)が安全性を保ち続けるためには、世界中で行われている仮想通貨(暗号資産)の取引を記録し、その整合性が取れているのかを確認する作業が必要です。この作業をしてくれた人に報酬として仮想通貨(暗号資産)が譲渡されます。このような取引データの承認作業がマイニングと呼ばれます。

仮想通貨(暗号資産)は鉱石の金に例えられることが多いです。自ら鉱石の金を掘れば、財源を生み出すことができますよね。

仮想通貨(暗号資産)の安全性を保つ、ブロックチェーンとは?

仮想通貨とは?基本情報を改めておさらい!

仮想通貨(暗号資産)が価値を持ち続けている理由には、安全性が保証されているからというものが挙げられます。ほとんどの仮想通貨(暗号資産)の安全性確保のためにはブロックチェーンという仕組みが使われています。

仮想通貨(暗号資産)は非中央集権型になっているのが特徴です。
仮想通貨(暗号資産)は、全ての利用者の記録を全ての利用者が持っています。そのために使われる手法をブロックチェーンといいます。銀行で例えるなら、友達の振り込みや引き落としの情報など、他の人の記録が見れるイメージです。
そのため、誰かがその記録を改ざんして、自分で利益を得ようとした場合、他の人が持っている記録と照らし合わせればすぐにその改ざんがバレるようになっています。
 

こうして仮想通貨(暗号資産)の安全が保証されているのです。
 

仮想通貨の取引所の注意点

仮想通貨の取引所の注意点

仮想通貨(暗号資産)の取引所は、初心者でも簡単に取引をすることができます。しかし、注意点もありますのでご紹介します。取引所の主な注意点は次のとおりです。

  • ハッキングのリスクがある
  • 取引所が責任を負ってくれるわけではない
  • 売買の予定がない仮想通貨(暗号資産)を取引所に置いておくのは危険になり得る

それぞれ詳しく説明していきます。

ハッキングのリスクがある

2018年にCoincheckでハッキング事件がありました。このハッキングで利用者たちの仮想通貨(暗号資産)が流出してしまい、多くの人の資産が一気にゼロになりました。

このように取引所はハッキングの危険と隣合せです。多くの取引所ではセキュリティの強化に力を入れているため、頻繁にハッキングが起こるなんてことはありませんが、リスクがゼロではない、ということは理解しておくべきです。

取引所が責任を負ってくれるわけではない

仮想通貨の取引所の注意点

取引所はあくまでも投資家と投資家を仲介する役割を担っています。そこで行われる取引を保証してくれるわけではないので、もし取引に失敗して損をしてしまったとしても、全て自己責任です。

絶対に元本がマイナスになるようなことはしたくない!という方には、おすすめできません。

売買の予定がない仮想通貨を取引所に置いておくのは危険になり得る

取引所はハッキングのリスクと隣合せです。そのため、売買の予定がない仮想通貨(暗号資産)は取引所からウォレットと呼ばれる仮想通貨(暗号資産)のお財布のようなものに入れておくことをおすすめします。

このウォレットもオンラインのものだと、サイバー攻撃に遭ってしまい暗号資産が流出する危険性が考えられます。

独立型のウォレットなども販売されていますので、万が一の場合に備えたいという方はぜひそちらも検討してみてください。

まとめ

今回はおすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所についてご紹介しました。取引所を選ぶときには、自分が重視したいのはセキュリティなのか、取扱数なのか、手数料なのか、など重視したいポイントを絞って選んでみてください。

また、販売所と取引所の違いについても解説しました。初心者の方はまず販売所で経験を積んでみるのもいいかもしれません。

仮想通貨(暗号資産)はリスクも大きいですが、莫大なリターンを得ることもできます。ぜひ今回ご紹介した取引所で仮想通貨(暗号資産)を取引してみてくださいね。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事