アコムに過払い金請求はできる?条件や手続き方法について解説!

貸金業法が改正される以前にアコムから借入をしていた人は、アコムに過払い金を請求できる可能性があります。

しかし「過払い金請求の条件に該当しているか分からない」という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、アコムに過払い金請求ができる条件や、過払い金が発生しないケースなど、アコムの過払い金について詳しく解説していきます。

かつてアコムから高い金利で借りていたという人はぜひ参考にしてください。

アコムに過払い金が請求できる条件とは?

お金がたくさんあるイメージ

かつて多くの貸金業者で、上限金利20%を超える高い金利での貸付を行っており、その結果返済が困難になる多重債務者が増え、社会問題となりました。

 そのため、2010年6月18日に完全施行された改正貸金業法では、利息制限法の20%を超える金利での貸付を禁止しています。

アコムでも、かつて20%を超える高い金利での貸付を行っていた時期があり、その時期に借入をしていた人はアコムに過払い金が請求できる可能性があります

まずは、アコムに過払い金を請求できる人の条件を確認していきましょう。

アコムと2007年6月17日以前に契約した人

カレンダーの6月

かつてアコムから借入をしていたという人が過払い金について確認するためには「いつ借りていたのか」をまず確認する必要があります。

 アコムでは、2007年6月17日以前に契約を締結していた場合、貸付金利が利息制限法の上限金利を超えている可能性があります。

アコムもこの事実について、2020年に作成された有価証券報告書でも触れています。

当社のローン事業においては、2007年6月17日以前に契約締結したローン商品の貸付金利等は「利息制限法」の上限金利を上回るものがあります。
出典:アコム株式会社 有価証券報告書

アコムとの契約書や明細などが残っている人は、2007年6月17日以前に契約をしたローンがないか、確認してみることをおすすめします。

借入金利が利息制限法を超えている場合

紙の上に置かれた電卓

借入していた時期が分からないという人でも、借入金利が20%超えるなど、現在の利息制限法を超える金利で借りていた場合は、過払い金を請求できる可能性が高いです。

現在の利息制限法で定められている上限金利は下記の通りです。

元本の金額が10万円未満 年20%
元本の金額が10万円以上100万円未満 年18%
元本の金額が100万円以上 年15%

上記の金利以上での貸付を行うと、貸金業法違反として貸金業者は刑事罰の対象となります。

 「契約書や明細書が残っていないから借入金利が分からない」という人でも、アコムから取引履歴を取り寄せれば借入金利を確認することが可能です。

取引履歴の開示請求は、弁護士や司法書士などの専門家に依頼すれば、スムーズに手続きを進めてくれます。

アコムと最初に契約した時期など、おおよその時期が分かれば思い出しておきましょう。

アコムに過払い金が請求できないケース

手にNOと書かれた女性

アコムからの借入があったとしても、すべての人が過払い金を請求できるわけではありません。アコムへ過払い金が請求できない可能性があるケースについて、確認していきましょう。

過払い金の時効が成立している

過払い金には、実は時効があります

 貸金業者で最後に取引をした日(完済日など)から10年経過すると時効が成立し、過払い金を請求できなくなります。

ただし、一度完済をしたあと、同じ貸金業者ですぐに再度借入をしていた場合「連続した取引」と認められる場合があります。

連続した取引と認められた場合は、一度完済した時点から10年で時効ではなく、再度借入した借金を完済した日から10年だと計算してもらえる可能性があります。

複雑な取引履歴の場合は自分では判断できない場合も多いですので、弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

法定内の借入金利で借りている

正義の女神像

先にも紹介したように、アコムでは2007年6月17日以前の借入であれば過払い金が発生している可能性があります。

しかし、はっきりとした借入時期を覚えていない場合、自分では過払い金が発生していると思っていたけれど、実は法廷内の金利で借りていたという可能性もあります。

「いつ借りていたか分からない…」という場合は、アコムから取引履歴を取り寄せることで過払い金の有無が分かります。

アコムの過払い金が発生しないサービス

アコムに関係するサービスの中には、そもそも過払い金が発生しないケースもあります。過払い金の請求対象外となる2つのケースについても確認しておきましょう。

アコムACマスターカードのショッピング利用分

クレジットカードで買い物をしている人物

アコムのACマスターカードを所有している人で、キャッシングではなくショッピング利用に使っている人も多いでしょう。しかし、クレジットカードのショッピング利用分は過払い金の対象にはなりません。

 また、ショッピングのリボ払いは貸金業法ではなく割賦販売法が適用されます。

金利ではなく「手数料」となるため、過払い金を請求することができません。

DCキャッシュワンからの借入

DCキャッシュワンは、三菱UFJフィナンシャル・グループの貸金業者でしたが、2009年にアコムに吸収合併されました。

アコムとの関係がある貸金業者ですが、DCキャッシュワンは利息制限法を超える金利では貸付を行っていませんでした。

そのため、DCキャッシュワンから2007年以前に借入があったとしても、過払い金は発生していません

アコムに過払い金請求をする流れ

書類を作成する男性

条件が合えばアコムに過払い金請求をすることは可能ですが、実際に過払い金請求の手続きをする方法が分からないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、アコムに過払い金請求をしてから返還してもらうまでの手続きの流れを簡単に解説していきます。

できれば弁護士や司法書士などの専門家に手続きを依頼しましょう。

1.アコムから取引履歴を取り寄せる

過払い金請求のためには、過払い金が本当にあるのかを確認するために、具体的な借入金利や金額、借入期間など詳細な情報が記載された「取引履歴」をアコムから取り寄せる必要があります。

取引履歴は、アコムのお客様相談センターに電話をして問い合わせをするか、アコムの店舗に直接出向いて依頼をするといった方法があります。

取引履歴を自力で取り寄せるリスク

書類を揃える男性

アコムに自分で連絡をして取引履歴を取り寄せることは可能ですが、弁護士や司法書士からの依頼を優先させて処理する傾向にあるため、債務者本人からの依頼は後回しにされる可能性があります。

また、アコムから取引履歴を「何のために使うのか」と聞かれた時に「過払い請求のため」と回答してしまうことにもリスクがあります。

 なぜなら、アコムに過払い金請求目的であることを伝えてしまうと、民法705条を理由にして「過払い金があることを知りながら返済を継続した場合は、過払い金請求ができない」と主張される可能性があるためです・

自力で手続きをすることにはこのようなリスクがあるため、できるだけ弁護士や司法書士に依頼することをおすすめします。

2.引き直し計算をする

電卓とペン

アコムから取り寄せた取引履歴を元に、正確な借入期間や借入金利を確認し、現在の利息制限法の金利にもとづく引き直し計算をします。

引き直し計算はネット上に計算ツールがあるため、自力ですることは可能ですが、取引履歴の内容は分かりづらく、素人が正確な過払い金を計算することは困難です。

また、一度完済したあとすぐに再度借入をしているケースなど、複雑な取引履歴の場合は、時効の判断が難しくなります。

正確な過払い金を計算しなければ、アコムとの交渉が不利になってしまうため、過払い金の生産は弁護士や司法書士にお任せするのがおすすめです。

3.過払い金返還請求書を送付する

引き直し計算が完了し、正確な過払い金が計算できたら、過払い金返還請求書引き直し計算書をアコムに送付します。

内容証明郵便など、記録が残る方法で送るようにしましょう。

4.任意交渉か裁判で解決する

握手を交わす人

アコムに過払い金返還請求書が届いたら、アコムの担当者との交渉になります。ただし、自力で交渉してもこちらに不利な条件で交渉が進んでしまうことが多いです。

よって、過払い金に詳しい弁護士や司法書士に依頼して、できるだけ多くの過払い金が返還されるように交渉してもらうことをおすすめします。

 また、アコムとの和解交渉が決裂した場合は、最終的には裁判によって解決することになります。

裁判をすると過払い金が多く返還される可能性がありますが、裁判の費用がかかり、返還までの時間もかかってしまうことを認識しておきましょう。

過払い金請求は弁護士に依頼するのがおすすめ

弁護士バッジが置かれている

先にも解説しているように、過払い金請求の手続きは、できるだけ弁護士に依頼するようにしましょう。

過払い金の手続きを弁護士に依頼するメリットをについて順番に解説していきます。

一時的に督促が止まる

弁護士は、依頼人から依頼を受けるとすぐにアコムに受任通知を送ります。

 受任通知を受け取った債権者はその後督促をすることを禁止されています。

そのため、アコムに返済中の借金が有る場合は、督促を止めることができます。アコムからの督促や返済に悩まされることなく、過払い金請求手続きを進められるというメリットがあります。

一時的に返済も止めることができます。

引き直し計算で正確な過払い金が把握できる

電卓で計算をする人物

過払い金の請求手続きには、正確な引き直し計算が必要です。

 自分一人で間違った引き直し計算をしてアコムに送っても、まともに交渉してもらえない可能性が高いです。

過払い金請求に詳しい弁護士に依頼をすれば、正確な過払い金の返還額を算出してもらえるでしょう。

アコムとのやり取りを全てお任せできる

過払い金請求は債権者との交渉がカギとなるため、知識に長けた弁護士に交渉をお任せする方がスムーズに手続きが進みます。

 また、自力で交渉するより、過払い金が多く返還される可能性が高いです。

仕事をしながら過払い金の交渉を進めるのはかなり手間がかかるため、すべての交渉を専門家に依頼することで、自分の手間をかけずに手続きを進められるでしょう。

裁判になった場合も対応してもらえる

裁判所のガベル

アコムとの交渉金額にどうしても納得できない場合は、最終的には裁判で決着をつける必要があります

 裁判になった場合でも、弁護士に依頼していればすべての手続きを代わりに進めてもらえます。

裁判の費用は別途必要となりますが、和解交渉よりも多く過払い金が返還される可能性がありますので、費用面や返還額など事前に弁護士とよく相談をしておきましょう。

アコムに過払い金請求をするリスクとは?

リスクと書かれた看板

アコムに過払い金請求手続きをすることにはメリットも多いですが、事前に知っておくべきリスクもいくつか存在します。

アコムに過払い金請求をすると具体的にどのようなリスクが発生するのか、確認していきましょう。

過払い金請求でブラックになるリスク

過払い金請求時に、すでにアコムからの借入を完済している場合は、過払い金請求をしてもブラックになることはありません。

 しかし、まだアコムからの借入が残っている場合で、なおかつ過払い金返還額で借金が完済しない場合、個人信用情報がブラックになる可能性があります。

アコムからの借金が過払い金で完済しない場合「任意整理手続きをした」と判断されてしまう可能性があるためです。

任意整理手続きをした場合、個人信用情報に事故情報として5年間記録が残ります。

長期間ブラック状態になってしまいますので、同様にケースに該当する場合は注意が必要です。

アコムと再度契約できなくなるリスク

ATMを利用する人物

アコムに過払い金請求をして個人信用情報がブラックリストに載ったとしても、約5年が経過すればデータは消えます。

 しかし、アコムの社内データには「過払い金請求をした」という記録が半永久的に残ります。

アコムに過払い金請求手続きをした人は、社内ブラック」状態になる可能性があり、個人信用情報から記録が消えても、しばらく審査に通りづらくなる可能性があります。

二度と利用できないわけではないようですが、過払い金請求後はしばらく他の貸金業者を利用することをおすすめします。

過払い金の返還額が大幅に減るリスク

過払い金の請求手続きを自力で進めた場合、アコムから「ゼロ和解」など、不利な条件で交渉を進められる場合があります。

 早く手続きを終わらせたいからと自分に不利な条件で和解をしてしまうと、本当は返還されるはずだった金額を二度と回収できなくなってしまう可能性があります。

弁護士や司法書士になどに依頼すると費用がかかってしまうため、自分で交渉しようと考える人もいるかもしれません。

しかし、結果的に返還金額が大幅に減ってしまうリスクがあることを認識しておく必要があります。

過払い金請求に強い弁護士・司法書士事務所5選

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所のポイント
受任件数7,000件以上のノウハウを活かして法律問題を解決
無料で何回でも相談できるから相談しやすい
土日祝日も対応し、電話での問い合わせなら電話代無料
どんな弁護士事務所?
東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

受注件数は7,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

特徴
東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。

また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。

任意整理する場合にかかる費用
相談費用は何度でも無料です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

東京ロータス法律事務所について
所在地 〒110-0005
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応
業務
債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
出典:http://tokyo-lawtas.com/

ひばり(名村)法律事務所

ひばり法律事務所
ひばり(名村)法律事務所のポイント
依頼したときだけ費用が発生し、相談するだけなら無料!
かかる費用が明確で不安なく依頼できる
東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
どんな弁護士事務所?
ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

特徴
東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。

任意整理する場合にかかる費用
ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 10% 過払い
報酬
返還額の20%

※金額は全て税込み表示です。

ひばり(名村)法律事務所について
所在地 〒130-0022
東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応
業務
債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
出典:https://hibari-law.net/

はたの法務事務所

はたの法務事務所
はたの法務事務所のポイント
相談実績20万件以上&ベテラン司法書士在籍だから安心
相談料・着手金は0円!手持ちがなくても督促停止できる
満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
公式サイトへ
どんな司法書士事務所?
はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

特徴
相談料・着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と、比較的安い費用設定が魅力です。
また、手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。

任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
任意整理する場合にかかる費用
着手金が無料なので依頼しやすいですね。
着手金
/1件
0円 報酬金
/1件
20,000円
減額報酬 10% 過払い
報酬
返還額の20%
10万円以下の場合:12.8%+計算費用1万円

※金額は全て税込み表示です。

はたの法務事務所について
所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応
業務
債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
出典:https://hikari-hatano.com/

弁護士法人・響

弁護士法人・響
弁護士法人・響のポイント
問い合わせ・相談実績6万3,000人超!信頼できる実績と専門性が強み
依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
原則356日24時間受付
どんな弁護士事務所?
弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

特徴
問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。

任意整理する場合にかかる費用
弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

弁護士法人・響について
所在地 〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
対応
業務
債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
出典:https://hibiki-law.or.jp/

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所
天音総合法律事務所のポイント
相談は何回でも無料!24時間受付でいつでも相談できる
明確な料金プランと相談の流れで不安解消
依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
どんな弁護士事務所?
天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

特徴
弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。

任意整理する場合にかかる費用
天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
着手金 55,000円〜 報酬金
/1件
11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※金額は全て税込み表示です。

天音総合法律事務所について
所在地 〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
対応
業務
債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
出典:https://amane-law.or.jp/

よくある質問

過払い金請求におすすめの弁護士・司法書士に事務所は?
東京ロータス法律事務所、ひばり(名村)法律無事務所、はたの法務事務所、弁護士法人・響、天音総合法律事務所がおすすめです。いずれも経験豊富な弁護士や司法書士が借金問題の解決に向けてサポートしてくれます。無料相談も実施しているため、ぜひチェックしてみてください
貸金業者は取引履歴の開示請求に必ず応じる?
以前は取引履歴を開示しない貸金業者も存在しましたが、2005年7月に最高裁判所の判決により、貸金業者には取引履歴を開示する義務があることが認められました。現在ではほとんどの貸金業者が取引履歴の開示請求に応じるようになりました。
貸金業者が倒産していても過払い金請求できる?
過払い金請求は倒産している貸金業者に対しては請求することができません。ただし、吸収合併された会社の場合は、現存する会社に請求することができます。アコムは現在(2021年11月)のところ倒産していませんので、過払い金請求をすることが可能です。
生活保護を受けていても過払い金請求できる?
過払い金請求は生活保護を受けていても請求することが可能です。ただし、過払い金が返還された場合は、速やかに福祉事務所に届け出なければなりません。届け出をしない場合、不正受給とみなされる可能性があります。
過払い金が請求できるのは消費者金融だけ?
過払い金は消費者金融のキャッシングだけではなく、クレジットカードのキャッシング利用分も対象になる可能性があります。ただし、銀行カードローンは以前から利息制限法を守って貸付を行っているため、過払い金は発生していません。
弁護士や司法書士に過払い金の相談に行く時に持っていくといいものは?
弁護士や司法書士事務所に過払い金の相談に行くときは、契約書や利用明細書、取引明細書、振込が確認できるものなど、借入時期が分かるものを持参しましょう。過払い金が発生しているかを判断してもらいやすくなります。ただし、書類が一切残っていなくても、アコムに取引履歴の開示請求をすれば契約内容を確認できますので安心して下さい。
過払い金が返還されるまでどのぐらいかかる?
過払い金が返還されるまでには、一般的に3~6カ月近くかかります。取引履歴の開示請求に1~3カ月、その後アコムとの交渉から返還されるまでに2~3カ月程度かかります。ただし、その後訴訟に移行した場合はさらに時間がかかるため注意が必要です。

まとめ

アコムに過払い金請求をする場合、2007年6月17日以前に契約していたか、また過払い金の時効が成立していないかなど条件をしっかりと確認する必要があります。

また、過払い金請求は債権者との交渉が重要となりますので、自力での交渉はおすすめできません。

金利の引き直し計算など専門的な知識が必要なこともありますので、過払い金請求は、弁護士や司法書士などの専門家に依頼しましょう。

自力での交渉よりも過払い金が多く返還され、また手続きが早く終わる可能性もありますので、過払い金が時効を迎える前に、早めの相談をおすすめします。

記事内で紹介した弁護士・司法書士事務所では無料相談も行っているため、「過払い金が発生しているかもしれない」と心当たりのある人はぜひ相談してみてください。

※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事