クレジットカードが払えないときは?

現金を持ち歩かなくても気軽に買い物ができるクレジットカードは、便利なあまりついつい使いすぎてしまいますよね。

ではクレジットカードを使いすぎた結果、請求額が払えない場合どうなるのでしょうか?

この記事では、クレジットカードの請求額を払えない時に起こりうる事態や、10通りの対処法を紹介します。

分割交渉できるのかなど気になるポイントも解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。
クレジットカードの請求額が払えない!
〜 今すぐ返済から解放されたい方へ 〜

「クレジットカードの請求が払えない」と悩んでいる方でも、弁護士に相談すると返済から解放される可能性があります。

実は、クレジットカードに関する悩みでも、無料で相談に応じてくれる弁護士・司法書士事務所があるのです。

中でも当サイトがおすすめしたいのは、何度でも無料で相談できるサンク総合法律事務所です。

サンク総合法律事務所

おすすめできる理由
  • 何度でも納得いくまで無料で相談できる
  • 最短即日で催促をストップできる
  • 全国から24時間365日相談受付
  • 返済額が半減した事例あり!

 

クレジットカードの問題を1日でも早く解決したい方は、無料相談に問い合わせてみてください!

クレジットカードの請求額が払えないとどうなる?

クレジットカードの請求額が払えないとどうなる?

どんな事情であれ、クレジットカードの支払いができなければ様々なペナルティが科せられることがあります。

ここからは、クレジットカードの利用代金が支払えなかったらどうなるのか、考えられる6つの事態について紹介していきましょう。

1. クレジットカードが利用停止となる

クレジットカードの支払日を過ぎても支払いをしていなければ、まずはクレジットカードが利用停止となります。

期日を1日過ぎると停止になる場合もありますが、利用停止日の規定はクレジットカード会社により異なるため、利用しているクレジットカードの利用規約などを必ず確認しておきましょう。

カード会社からの督促を今すぐストップ!
請求額が払えないとき
の対処法はこちら

2. クレジットカードが強制解約になる

クレジットカードが強制解約になる

期限までに支払いができなければ、クレジットカード会社から振込用紙が郵送されたり、電話がかかってきたりと支払いの案内が届きます

それでも支払いをしないままにしておくと、クレジットカード会社から普通郵便にて催促状が送られ、その後も延滞し続けていると内容証明郵便での通知へ変わります。

 内容証明郵便により延滞者へ催促状が届いた記録が残っていれば、「催促状は受け取っていない」と主張しても認められません。

3. 遅延損害金の支払いが発生する

クレジットカードの支払いができなければ、遅延損害金が発生します。

遅延損害金とは?
クレジットカードの支払日に間に合わなかった際に発生する延滞手数料です。

遅延損害金の金利は年20%程度ですが、支払いが遅れるほど高額になります。15万円のクレジットカード代金を10日間延滞した場合の遅延損害金は、以下の通りです。

CHECK
【遅延損害金の求め方】
遅延損害金=クレジットカードの支払額×遅延損害金年率÷365×延滞日数
【遅延損害金年率20%の場合】
150,000×0.2÷365×10=822円

このように上記の条件では、822円の遅延損害金が発生します。
カード会社からの督促を今すぐストップ!
請求額が払えないとき
の対処法はこちら

4. ブラックリストに載る

ブラックリストに載る

数日程度の遅れでは心配ありませんが、クレジットカードの支払いが2~3カ月以上遅れると信用情報に登録され、ブラックリストに載った状態となります。

ブラックリストに載ってしまうと、登録機関である約5年間は新たな借り入れができません

 ブラックリストに載っている間は新たな借り入れはもちろんのこと、クレジットカードの利用や新規作成、ローンへの申し込みもできなくなるため注意をしましょう。

5. 一括請求される

ほとんどのクレジットカードの利用同意書には、「支払いができない場合には料金を一括請求する」という内容が明記されています。

なのでクレジットカードの支払代金が払えなければ、一括請求される可能性もあります。

カード会社からの督促を今すぐストップ!
請求額が払えないとき
の対処法はこちら

6. 財産の差し押さえが行われる

財産が差し押さえられる

クレジットカードを支払えず、一括請求をされてもなお支払いができなければ、裁判に発展する場合もあります。差し押さえの対象となる財産は、不動産・債権などです。

なお、差し押さえの対象外となるものもあります。以下がその一部です。

  • 生活に必要な衣服、家具・寝具、台所用品
  • 生活に必要な3カ月相当の食料・燃料
  • 実印や仕事で必要な印鑑
  • 学習に必要な書籍や器具
  • 著作に関わるもの
 裁判になれば財産の差し押さえが行われ、強制的に給与も差し押さえられる可能性もあります。

クレジットカードの請求額が払えないときの対処法10選

急に収入が減ってしまったり、まとまった現金が必要となって、クレジットカードの請求額が払えないこともあるかもしれません。

とは言っても上記でご紹介したように、クレジットカードが使えなくなったり、ブラックリストに載ったり、財産が差し押さえられる事態は避けたいものですよね。

クレジットカード

そこで次からは、クレジットカードが払えない時にどうしたら良いか、対処法をご紹介しましょう。

【対処法1】クレジットカード会社に連絡する

まずはクレジットカード会社に直接連絡し、相談しましょう。

支払日まで日にちがあったとしても、払えないと分かった時点で正直に連絡することが大切です。

もちろん正直に連絡したからと言って払わなくていい選択肢はありませんが、無断で支払日を過ぎたり、何度も催促をしてようやく連絡が取れたりするケースに比べると、相手に与える印象が良いことは明らかです。

 「○日までに支払える」と明確な予定とともに相談すると、クレジットカード会社によっては解決策を提示してくれる場合もあります。

【対処法2】ボーナス一括払いをする

「ボーナスまで待ってもらえたら支払えるのに……」という人は、ボーナス一括払いへの変更ができるかどうかクレジットカード会社に確認してみましょう。

利息が発生するリボ払いと比べると、ボーナス一括払いは利息や手数料は不要なため、支払総額が高くなる心配もありません。

 クレジットカード会社によっては、ボーナス一括払いに対応していない場合や、支払い方式の変更ができない場合もあります。

【対処法3】キャッシングやカードローンを利用する

ボタン

クレジットカードの支払い方式の変更では支払えない場合は、キャッシングやカードローンを利用することも可能です。

キャッシングとカードローンには、以下のような違いがあります。

キャッシング クレジットカードやキャッシング専用のカードを使い、コンビニや銀行ATM、インターネットから手軽に借り入れができるサービス。
カードローン クレジット機能のない、キャッシング専用のカードを使ってキャッシングをすること。ただし、クレジットカードと同じく、申し込み時には審査があります。
キャッシングの金利は、ショッピング利用に比べて高く設定されているため、利用する際は規約をしっかりとご確認ください。
60秒で結果がわかる!匿名OK
借金減額診断
はこちら(無料)

【対処法4】勤務先の福利厚生を活用する

会社によっては、福利厚生の一環で低い金利での貸し付けを行っている場合があります。

借入額や返済期間・金利は行っている会社により異なりますが、金融機関から借り入れをするよりも安心できると感じる人もいるのではないでしょうか。

いま一度、会社の福利厚生について確認してみるのもおすすめです。

【対処法5】社会福祉協議会からの融資を受ける

全国社会福祉協議会

新型コロナウイルスの影響を受けて収入が減った場合は、社会福祉協議会(社協)からの融資を受けられる場合もあります。

社会福祉協議会が行っている融資には、以下の2つがあります(2021年2月現在)。

緊急小口資金
(特例貸付)
総合支援資金
(生活支援費)
対象者 新型コロナウイルスの影響による休業などで収入が減り、緊急かつ一時的な生活維持のためのお金が必要な人 新型コロナウイルスの影響による収入減少や失業などで生活に困窮し、日常生活の維持が困難になった人
貸付額 20万円以内 世帯人数が2人以上…月20万円以内

単身…月15万円以内

返済期間 最長2 最長10
利子 なし なし
保証人 不要 不要
申し込み先 ・各市町村の社会福祉協議会
・労働金庫連合会
・取り扱い郵便局
各市町村の社会福祉協議会

※参照:厚生労働省「生活福祉資金貸付制度」

対象者に該当する場合でも、緊急小口資金と総合支援資金を併用することはできません。

【対処法6】生命保険の契約者貸付制度を利用する

貯蓄タイプの生命保険に加入している場合は、契約者貸付制度を利用することで、解約返戻金の一定割合までの貸し付けを受けられます

 保険に加入したまま利用できるため、保障を続けながら現金を用意することが可能です。

貯蓄タイプの保険に加入している人は、保険の担当者への相談や規約の確認をしてみると良いでしょう。

【対処法7】家族や友人に相談する

どうしても自分だけでは現金を用意できない場合は、信頼できる家族や友人に相談して立て替えてもらうという方法もあります。

相談

一時的にお金を貸してもらえれば、ペナルティを受けずに済むため、クレジットカードが利用停止になったり、強制解約されたりする心配もありません。

 しかしたとえ信頼できる間柄であっても、お金の貸し借りをきっかけに関係性が崩れてしまう可能性があります。

立て替えをお願いする際の頼み方に注意し、必ず返済期限を守ることは当然ですが、できるだけ家族や友人に頼らず解決できる方法を探ることも大切です。

【対処法8】フリマアプリやネットオークションで物を売る

「あと少しだけ現金が足りない」という場合は、フリマアプリやネットオークション、買取店などで物を売って現金を得る方法もあります。

iPhone

フリマアプリやネットオークションは、買い手が見つからなければ現金化ができないため、すぐに現金が欲しい場合は買取店に直接持ち込み、その場で売る方法がおすすめ

クレジットカードの支払日まで余裕がある場合は、フリマアプリやネットオークションを活用し、納得した価格で売ると良いでしょう。

60秒で結果がわかる!匿名OK
借金減額診断
はこちら(無料)

【対処法9】質入れを検討する

フリマアプリやネットオークションでは、価値のあるものを売ったとしても、買い手がその価値を分からなければ価値に見合わない安い金額で買い取られてしまうこともありえます。

質入れ

また、大切なものや高価なものは簡単に手放せないという人も多いことでしょう。そんな場合には、質入れを検討するのも一つの手です。

質入れとは?
一時的に質屋に物を預け、それを担保にお金を借りる方法です。定められた期間内に返済すれば、預けたものが返却される仕組みです。

ただし、質入れによってクレジットカードの支払いができたとしても、質入れに返済するお金が用意できなければ結果的に他の手段に頼らざるを得ません。

なので、質入れに返済するお金の目処が立つかどうかも、十分に検討しておく必要があります。
60秒で結果がわかる!匿名OK
借金減額診断
はこちら(無料)

【対処法10】債務整理を検討する

手元に現金がないことを理由にクレジットカードで生活費を払っている人は、クレジットカードの支払いができず、さらに請求額が高くなるという悪循環に陥ってしまいがちです。

弁護士

足りない金額が少しの場合や、急な出費で今月だけ支払いが苦しいときなどは、上記でご紹介した対処法で乗り切ることもできるかもしれません。

 しかし、毎回クレジットカードの支払いに悩んでいたり、いつもクレジットカード会社から催促の連絡を受けたりする場合は、どこかでこの悪循環から抜け出す必要があります。

そんな時に検討したいのが、債務整理です。よく利用される債務整理には、主に以下の3つがあります。

任意
整理
債権者との交渉によって返済総額や月々の返済額を減らしたり、分割回数を増やしたりして、返済の負担を軽減すること
自己
破産
破産法に基づき資産と負債を整理することで、残りの負債をゼロにする法的手続き
個人
再生
債権者との交渉によって負債を大幅に減額し、3~5年かけて分割返済を行う法的手続き

クレジットカードの支払いが難しいときに特におすすめの債務整理は、任意整理です。

任意整理は法的手続きではないため、裁判所を通さずに作業を進めることができます。

なので債務整理を行ったことが、家族や知人・会社などに知られるケースもほとんどありません。また費用も比較的安く済みます。

債務整理は、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。手続きが開始されると、クレジットカード会社からの督促は停止されるので、いま督促に悩んでいる方はぜひ検討してみてください。

クレジットカードに関する相談は弁護士にするのがおすすめ

相談

自分の力ではどうしても解決できないクレジットカードにまつわる相談や、債務整理を検討している場合は、弁護士・司法書士への相談がおすすめです。

弁護士・司法書士に相談することで、以下のようなメリットがあります。
    • 自分の問題にあった最適な解決方法がわかる
    • 自分で手続きを行う手間が省ける
    • クレジットカード会社との交渉を代行してもらえる
    • 手続き開始後、すぐに督促が停止される

自分の問題にあった解決方法がわかる

自分にあった解決策がわかる

「クレジットカードの請求が払えない」などの悩みでも、弁護士や司法書士に相談すると、専門家の立場から的確な解決策を編み出してくれます。

自分の独断でどうにかできると思っても、後々になってトラブルになる可能性もあります。そのため、法の知識や経験がある弁護士・司法書士の指示に従うのが解決の近道といえるでしょう。

クレジットカードの問題でも無料で相談ができる弁護士・司法書士事務所があるので、ぜひ問い合わせてみてください。

自分で手続きを行う手間が省ける

たとえクレジットカードの悩みだとしても、自力でどうにかしようとすると諸般の手続きも行わなくてはなりません。必要な書類の用意や提出など、調べることや済ませることも多いです。

しかし弁護士・司法書士事務所に相談すれば、必要な手続きを代わりに担ってくれるので、時間を割くことがなくなります。まずは無料相談から始めるのがおすすめです。

クレジットカード会社との交渉を代行してもらえる

クレジットカード会社との交渉を代行してくれる

クレジットカードの請求額が継続して払えないときは、分割交渉を行うこともあります。しかし、分割交渉の決定権はカード会社が持っているため、自分で交渉を成功させるのは簡単ではありません。

その点を弁護士・司法書士に相談すれば、個人の事情や返済状況などを考慮し、カード会社にしかるべき対応を行ってくれます。クレジットカードの問題なら自分で解決できると思っている方は、一度相談を検討しましょう。

手続きを開始するとすぐ督促が停止される

債務整理を行うと、弁護士・司法書士事務所は債権者に受任通知を送ります。受任通知を送付すると債権者は取り立てができなくなるため、督促が停止されます。

クレジットカードを払えないうえに督促が来てしまっている場合は、弁護士・司法書士事務所に相談しましょう。自力で法的手段をとるよりスムーズかつ確実に解決できるでしょう。

債務整理に強い弁護士・司法書士事務所7選

借金問題を相談するのに、当サイトが特におすすめする弁護士・司法書士事務所は、次の3社です。

おすすめ弁護士・司法書士事務所3選

それぞれの事務所の特徴や費用、おすすめする理由についてはここから詳しく紹介していきます。

サンク総合
法律事務所
東京ロータス
法律事務所
はたの法務事務所
弁護士法人・響
アース法律事務所
ひばり法律事務所
天音総合
法律事務所
サンク総合法律事務所_ロゴ
東京ロータス法律事務所
はたの法務事務所
弁護士法人・響
アース法律事務所
ひばり法律事務所
天音総合法律事務所
実績
相談件数
月600件以上
受任件数
7,000件以上
ノウハウ実績多数
相談件数
20万件以上
メディア出演・掲載実績多数
3,500件以上
2,000件以上
弁護士歴25年以上
メディア出演
実績多数
相談料
何度でも無料
何度でも無料
何度でも無料
何度でも無料
無料
何度でも無料
無料
着手金
1件55,000円
(税込)〜
1件22,000円
(税込)
0円
55,000円
(税込)〜
1件22,000円
(税込)〜
1件22,000円
(税込)
1社55,000円
(税込)〜
分割払い
対応地域
全国
全国
全国
全国
全国
全国
全国
休日対応
応相談
10:00〜19:00
8:30〜21:00
24時間
応相談
×
24時間

サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所のポイント
取り立て・催促を最短即日でストップ
初期費用0円
費用の分割払いOK!手持ち資金がなくても依頼できる
月600件以上の相談実績
24時間365日受付/全国対応の借金専門相談窓口あり
初期費用0円!分割払いOK
サンク総合法律事務所
公式サイトへ
どんな弁護士事務所?

サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)は、借金問題の解決実績が豊富で、問い合わせが月600件以上ある人気な弁護士事務所です。

特徴

人気の理由は、自分が納得いくまで何度でも無料相談ができ、借金に関する質問にわかりやすく答えてくれるから。

新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえて、オンラインや電話での面談も24時間365日全国から受け付けています。

初期費用は0円(契約前まで一切料金がかかりません)かつ費用の分割払いが可能なので、現在手元に十分な資金が欠くても依頼が可能です。

また、家族や職場に知られにくいように配慮してくれたり、女性弁護士が在籍していたりと、誰でも気軽に相談できる環境が整っています。

最短即日で借金の取り立てや催促を止めてくれるので、今すぐ催促から解放されたい方にもおすすめです。

任意整理する場合にかかる費用
完済後の過払い金請求の着手金は、無料です。
着手金
/1件
55,000円〜 報酬金
/1件
11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
回収額の22%

※訴訟による場合は回収額の27.5%。
※金額は全て税込み表示です。

サンク総合法律事務所について
所在地 〒104-0032
東京都中央区八丁堀4-2-2 UUR京橋イーストビル2階
対応業務 債務整理、貸金問題、離婚・相続・遺言、民事事件一般、不動産取引、刑事事件など
出典:サンク総合法律事務所公式サイト

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所のポイント
無料相談のしやすさが魅力
何回でも・土日祝日でも・メール/電話でも・全国各地からでも相談OK!

受任件数7,000件以上のノウハウを活かして法律問題を解決
電話での問い合わせなら電話代無料
どんな弁護士事務所?
東京ロータス法律事務所は、借金問題や債務整理を得意とする弁護士法人事務所です。

受注件数は7,000件以上と多く、専門ノウハウを活かして借金問題を解決してくれるでしょう。

特徴
東京ロータス法律事務所が大切にしているのは、依頼者からじっくりとヒアリングし、一人一人に合わせた解決策を提案すること。
相談は何回でも無料で土日祝日も対応しているため、相談しやすいことがメリットです。

また電話での問い合わせも無料なので、問い合わせや相談にお金をかけたくない人におすすめできます。

任意整理する場合にかかる費用
相談費用は何度でも無料です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%
その他
諸費用
5,500円  

※訴訟の場合は27.5%。
※金額は全て税込み表示です。

東京ロータス法律事務所について
所在地 〒110-0005
東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応
業務
債務整理、借金問題、離婚相談、相続問題、不動産トラブル、刑事事件など
出典:東京ロータス法律事務所公式サイト

はたの法務事務所

はたの法務事務所
はたの法務事務所のポイント
任意整理の着手金が0円!手持ちがなくても督促停止できる
満足度95.2%◎全国どこでも無料で出張
相談実績20万件以上
ベテラン司法書士在籍だから安心
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
公式サイトへ
どんな司法書士事務所?
はたの法務事務所は、相談実績20万件以上を誇るほど人気の司法書士事務所です。その道40年のベテラン司法書士が在籍していることからか、満足度は95.2%

特徴
相談料・着手金・過払い金調査・全国への出張費は全て無料で、過払い報酬も12.8%〜と、比較的安い費用設定が魅力です。

はたの法務事務所 料金

また、手持ち資金が0円でも今月の支払いからストップさせ、督促を停止することができます。

相談者の「自宅や車は残して借金だけ減らしたい」「誰にも知られずに債務整理したい」といった希望にも沿い、解決への最善策を提案してくれるでしょう。

任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
任意整理する場合にかかる費用
着手金が無料なので依頼しやすいですね。
着手金
/1件
0円 報酬金
/1件
22,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※10万円以下の場合:14%+計算費用11,000円。
※金額は全て税込み表示です。

はたの法務事務所について
所在地 〒167-0051
東京都杉並区荻窪5-16-12 荻窪NKビル5階・6階(東京本店)
対応
業務
債務整理、過払い金請求、相続・贈与関連、不動産・商業登記業務など
任意整理の着手金0円!
はたの法務事務所
に無料相談する
出典:はたの法務事務所公式サイト

弁護士法人・響

弁護士法人響
弁護士法人・響のポイント
問い合わせ・相談実績6万3,000人超
信頼できる実績と専門性が強み
依頼前に費用を明確化!追加費用の可能性も最初に説明アリ
原則356日24時間受付
相談前にまずは無料診断!
弁護士法人・響
借金減額診断はこちら
どんな弁護士事務所?
弁護士法人・響は、東京に2か所と大阪・福岡に事務所を構える弁護士事務所です。

多数の弁護士が在籍し、女性弁護士も複数名いるので、男性弁護士に話しにくい相談でも安心して依頼できます。電話やメールから法律相談の予約ができ、休日も24時間受付しています。

特徴
問い合わせと相談実績は6万3,000件を超えと、実績ある事務所です。基本的に依頼者には1人の弁護士が担当しますが、依頼内容によっては事務所全体と連携・専門家と協議して、解決にあたってくれます。
弁護士法人・響は、必要な費用や追加費用がかかる可能性についても依頼前に説明してくれるため、費用の不安を持ったまま依頼をする必要はありません。

丁寧な対応と、費用の明確化を重視したい人におすすめの事務所です。

相談前にまずは無料診断!
弁護士法人・響
借金減額診断はこちら
任意整理する場合にかかる費用
弁護士法人・響なら、初期費用は必要ありません。
着手金 55,000円〜 報酬金 11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※訴訟の場合は27.5%。
※金額は全て税込み表示です。

弁護士法人・響について
所在地 〒169-0074
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階(西新宿オフィス)
対応
業務
債務整理、交通事故、労働問題、離婚相談、相続問題、刑事事件など
相談前にまずは無料診断!
弁護士法人・響
借金減額診断はこちら
出典:弁護士法人・響公式サイト

アース法律事務所

アース法律事務所
アース法律事務所のポイント
全国からの相談受付中!初回相談は無料
元裁判官の弁護士が相談に乗ってくれる
事前予約で夜間や時間外も対応可能
3,500件以上の実績あり
どんな弁護士事務所?

アース法律事務所は、全国から債務整理や借金問題の相談を受け付けている弁護士事務所です。元裁判官の弁護士が在籍しており、プロの目線からサポートしてくれます。

特徴
相談実績は3,500件超。債務整理や過払い金請求などの借金問題はもちろん、不動産関連や相続など取り扱い業務の幅広さが特徴です。

法律事務所の営業時間は平日の10〜19時ですが、電話やメールで事前に連絡すれば、時間調整のうえ土日祝日や夜間など時間外でも対応してくれます。

借金問題であれば初回の相談は無料。30分や1時間単位で費用が発生しないので、じっくりと相談ができます。

アース法律事務所は紹介者がいなくても相談できるので、気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

無料メール相談24時間受付中
アース法律事務所
に無料相談する
任意整理する場合にかかる費用
必要な弁護士費用をオープンにしてくれているので安心ですね。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 11%相当額 過払い
報酬
-

※金額は全て税込み表示です。

アース法律事務所について
所在地 〒105-0004
東京都港区新橋2丁目12-5池伝ビル5階
対応
業務
債務整理、相続、詐欺被害、不動産問題など
無料メール相談24時間受付中
アース法律事務所
に無料相談する
出典:アース法律事務所公式サイト

ひばり(名村)法律事務所

ひばり法律事務所
ひばり(名村)法律事務所のポイント
相談するだけなら無料!
依頼したときだけ費用が発生
かかる費用が明確で不安なく依頼できる
東大法学部卒業・弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が所属
どんな弁護士事務所?
ひばり法律事務所は、事業拡大のために2020年7月に個人事務所(名村法律事務所)から、弁護士法人に組織変更した法律事務所です。

特徴
東大法学部を卒業した弁護士歴25年以上のベテラン弁護士が在籍しており、長年の経験にもとづき様々な相談に応じています。特に、債務整理やネットトラブルを得意とする事務所です。
また、女性弁護士も在籍しているので、女性に相談したいという人も安心して利用できます。

依頼にかかる費用が明確化されているため「弁護士に依頼すると高い」「いくら支払うかわからなくて怖い」という場合にも、不安なく依頼できるでしょう。

過払い請求の着手金は0円で、成功した場合のみ報酬を支払う仕組みです。

任意整理する場合にかかる費用
ひばり法律事務所なら、着手金の分割払いが可能です。
着手金
/1件
22,000円 報酬金
/1件
22,000円
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%
経費 5,500円  

※金額は全て税込み表示です。

ひばり(名村)法律事務所について
所在地 〒130-0022
東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階
対応
業務
債務整理、ネットトラブル、離婚相談、相続問題など
出典:ひばり法律事務所公式サイト

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所
天音総合法律事務所のポイント
相談は何回でも無料!
24時間受付でいつでも相談できる
明確な料金プランと相談の流れで不安解消
依頼には専門チームで対応するので安心して任せられる
どんな弁護士事務所?
天音法律事務所は、債務整理や交通事故を中心に、さまざまな法律問題に対応している法律事務所です。

特徴
弁護士だけでなく医療顧問が付いているなど各専門知識を活かし、依頼には専門チームを作って対応します。専門チームを作ることで、迅速に対応し、早期の解決を目指しています。
依頼者の悩みに寄り添い、満足度を最優先にして成果を上げることを目標としているところが天音法律事務所の魅力です。

初めて弁護士に相談する人の不安を理解し、解決までに依頼者にかかる精神的負担を減らせるように、コミュニケーションを密におこなっています。

任意整理する場合にかかる費用
天音総合法律事務所も、費用が明瞭なので安心して依頼できます。
着手金 55,000円〜 報酬金
/1件
11,000円〜
減額報酬 11% 過払い
報酬
返還額の22%

※訴訟の場合は27.5%。
※金額は全て税込み表示です。

天音総合法律事務所について
所在地 〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
対応
業務
債務整理、交通事故、消費者トラブル、離婚問題、医療事故、労働問題、相続問題など
出典:天音総合法律事務所公式サイト

クレジットカードの請求額が払えないときは分割交渉できる?

財布

結論から述べると、分割交渉は可能です。

クレジットカードの支払い方式を一括払いにしている人はリボ払いに変更し、分割払いができないか交渉してみるのも良いでしょう。

リボ払いとは?
クレジットカードの利用金額や利用回数に関わらず、毎月一定額ずつ返済していく支払い方式を指します。

一括での支払いが難しくても、少額なら支払う余裕のある人は多いはず。

例えば20万円の買い物をした場合、一括払いを選択していれば、クレジットカードの支払い日までに現金で20万円を用意しなければなりません。

しかし、月々5,000円ずつ返済するリボ払いなら、完済までに3年以上かかるとは言え、滞りなく支払うことが可能です。

支払日までに申請すれば、リボ払いへと支払い方式を変更できるケースが多いため、検討してみてください。
 リボ払いでは、利用残高に応じて利息が発生します。よって、一括払いに比べると支払総額が高くなることを理解しておきましょう。

クレジットカード代が払えないときのQ&A

クレジットカード代が払えないときの解決策を教えてください。

クレジットカードの請求額が期日までに払えない場合は、まずクレジットカード会社に連絡しましょう。

支払いの義務から免れることはありませんが、無断で滞納する場合と比べると明らかに印象がよくなります。カード会社によっては解決策を示してくれることもあるようです。

ただ、既に何度も催促されていたり、今後も支払いができない…という方は一度弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。無料で相談を受け付けている場合も多いため、怖がらず一度相談することから始めましょう。

クレジットカードが払えないときはどこに相談すればいい?

まずは、クレジットカード会社に相談してみましょう。「○○日までには払える」といった返済予定を詳しく連絡すれば、解決策を示してくれる場合もあります。

そもそも金銭的問題で支払ができない方は、弁護士や行政書士に相談してみましょう。本サイトでは相談先としてサンク総合法律事務所をおすすめしています。

相談は何度でも無料で、契約後にかかる費用は分割払いが可能です。クレジットカードの請求を含め、あらゆる借金問題の解決策を教えてくれるので、悩んでいる方は一度相談してみるのがおすすめです。

クレジットカードが払えないときは分割交渉できる?

分割交渉は可能です。クレジットカードを一括払いにしていて払えない方は、支払い方法を分割払いやリボ払いに変更するのがおすすめ。

請求額が確定する前に申請する必要があるため、まとまったお金が用意できないと分かった時点で変更しておきましょう。

クレジットカードが払えないとどうなる?

クレジットカードの請求額をしっかり払わないと、クレジットカードの利用ができなくなります。いつの時点で利用停止になるかはカード会社によって異なるため、各社の規定をチェックしてみましょう。

また、期日を大幅に過ぎても一向に支払いがなされない場合は、強制解約となる可能性もあります。カード会社からの催促状や一括請求に対応しなければ、最終的に裁判へ発展してしまうことも。

財産の差し押さえなどもありえるので、クレジットカードの請求額が払えないときは早めに対処しましょう。

クレジットカードのリボ払いが払えないとどうなる?

リボ払いは手数料が高く、毎月の返済額を抑えてしまうと元金がなかなか減らず、いわゆる「リボ地獄」に陥ってしまうことがあります。

返済を滞納したままにすると、カードの利用停止や裁判へ発展するような事態を招くことも。返済がままならない方は、できる限り早めに金融会社へ連絡しましょう。

まとめ

今回は、クレジットカードの支払いができないとどうなるのか、そしてその対処法などについて解説しました。

小さな金額であれ、期日までに支払いができなければ様々なペナルティを受ける可能性があります。

クレジットカードは現金の見えないやり取りだからこそ、自己管理能力が求められます。なので支払いができずに困ることがないよう、普段からきちんと利用額を把握しておくことが大切です。

もしも支払いができないと分かったら、早い段階でクレジットカード会社に分割交渉など相談し、1日でも早く支払いができるよう対処しましょう。

そして、金額が大きくて自分一人では解決できない場合には、弁護士に相談して債務整理も検討してみてください。

※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事